ここから本文です
  • 朝日新聞 朝刊 2005年2月25日の31ページ 生活欄。お薬手帳の重要さと処方箋薬局の報酬の記事に明らかに誤解を招く記事が載っている。しかし、いくら電話しても、書留で抗議しても何の回答も謝罪もない。 高齢者の皆さんのお考えをお聞きしたい。

    ▼ 薬手帳に貼るシールと管理費用について。下記の通りの記事が載っている

    「そこで、昨年4月、改めて制度改正があった。薬剤師がシールを直接貼れば、薬局は1回410円の指導料を得られるが、シールを渡すだけならば340円に減るようになった」と書かれており、その横には図解で、服薬指導の←340円となっいている。

    私の判断では、 服薬指導のみなら340円 シールを貼ると410円となる。と判断した。

    そこで私はケチな話で興趣だが、薬手帳は持っていたがシールだけもらって70円浮かそうと思い手帳を忘れた。といい、 自分で貼ろうとしたら、 シールは渡せないとのことになった
    。 薬局側は金が欲しいから340円(34点)の請求書をくれた。シール代はとっていないということになるから理屈は一応理解できるが、しかし問題が残る。

    もし 本人が別の病院でDrに処方箋をもらい、 シールの貼っていない手帳で別の処方箋薬局に行った時、 そこの処方箋薬局ではシールがないから知らずに薬をだした場合で、 万一
    飲み合わせの悪い薬で副作用を起こしたら誰が責任をとるのか? 疑問に思う。

    それで、記事が間違っていると指摘する為、朝日新聞社に書留で抗議したが音沙汰なし。

    無責任な書き方ではないかと思うのだが、みなさんはどう思いますか? 

    ▼ 私は 都内 近隣の処方箋薬局に電話して調べたら、それぞれ処方箋薬局の判断で、次の3つの方法でやっていることを確認した

    1 シールを渡さない所   1件
    2 手帳を忘れた方には別の紙に貼り手渡しする   2件
    3 340円の指導料だけでシールを貼ってくれるように言い伝え渡すところ 3件

    処方箋薬局も戸惑っていることがわかる。

    最後に・・・これは 明らかに 朝日新聞の記事の誤りだと思う。 それに真摯に対応しない
    新聞社の態度にも怒りを覚える。 朝日は今後一切購読禁止とした。

  • <<
  • 14 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ