ここから本文です
  • 1

    *****

    本田 圭佑
    2008年-2009年シーズン
    VVVキャプテン 得点多数

    ますます今後の活躍に期待が高まります。
    日本の未来を明るくしてくれるでしょう!

    応援します。

  • <<
  • 9091 9046
  • >>
  • 9091(最新)

    hid***** 1月24日 12:49

    選択肢としての4−4−2。 2

    とにかく

    4−3−3に比べると

    より感性じゃなくて理性でプレイすべきじゃないかな。

    ひたすら

    冷静に、クレバーに、組織的に。

    ファーストセットよりセカンドセットのほうが4−4−2には向いては居るよなぁ。

  • 選択肢としての4−4−2

    そこは否定しないが。

    ここまでコダワル必要があるのかどうか。

    超疑問だよ。

    しかも、できてねーだろこれ。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?7

    とにもかくにも、コレクティブ。

    そんな気がする。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?6

    個人的にフォメのバランス的には

       大迫 北川

            伊東
      塩谷 富安
    佐々木 槙野三浦 室屋   
        シュミット

    こうしたいが・・、選手のキャラクターを考えると

       大迫 北川
             伊東 
     乾        
        塩谷 富安
    佐々木 槙野三浦 室屋   
        シュミット

    むしろこっちかなと・・

    やや変則的だけど、そこは乾に頑張って貰うしかないか、2Tなので余計に左右のバランスに気をつける事が大事になるだろうか。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?5

    変形4−4−2の動きはどうなんだろう・・

       大迫 北川
     乾       ↑  
     ↓      伊東
       塩谷→富安→
    佐々木 槙野三浦 室屋   
        シュミット

    とか

       大迫 北川
     ↑      伊東   
     乾      ↓
      ←塩谷←富安
    佐々木 槙野三浦 室屋   
        シュミット

    とかで揺さぶる事になるのかな・・、急造チームでやるには少しややこしいか。

    まぁどのみち、本日は無理せず地味に行くのが良いと思うわ。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?4

    一番ダメなのは選手それぞれがやりたい事や意識がズレてバラバラになることなので。

    このタイミングでは無理は出来ないし、独断で全体のバランスを崩すべきでもない。

    古典的4−4−2でも、モダン4−4−2でも。

    両翼とボランチとか、チームの意識の共有をしっかりとしてコレクティブに戦うことが一番大事かな。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?3

    4−4−2はなぜリバイバルしたのか?

    もちろん俺にはわからない、俺はおそらく本田が演出担当したであろうイラク戦の給水までの4−4−2を口を開けて、なかなかいいじゃん、と言っていただけなのだ。

    だが、ここ数日、ライプツィヒとナポリのフォメ図を見てみた、おそらくこれは

    定石と前衛

    4−4−2と4−3−3

    2Tと3T

    そのあいだをとったものだ。鍵は逆足左ウイング、そして利足右ウイングだ。なかなか合理的判断だと思う、いかにもコスパに優れそうな枯れたチョイスだ、背伸びし過ぎないクレバーさ、程よい身の丈感が漂う。これは4−4−2でありながら4−4−2ではない、4−4−2⇒4−3−3⇒リファイン4−4−2、そういうものだろう、それは当然だが単純な4−4−2への先祖帰りではない筈だ、表記上は4−4−2でも似て非なるものだろう、内実は4−3−3の左右非対称版とも言えそうだ、逆への字型の3Tとも言える。

    両翼逆足3Tと比較すると、1st、2nd、3rdの位置関係が・・

    この場合、1stはCF、2ndはST、3rdは左翼ですよ。

    その位置関係が両翼逆足3Tと比較すると反時計時計回りに少しずれる。ここでサンプル。本日予想されるスタメンで組むとフォメ図的には・・

       大迫 北川
    乾        伊東
       塩谷 富安?      
    佐々木 槙野三浦 室屋
        シュミット

    となるが
     
       大迫 北川

            伊東
      塩谷 富安
    佐々木 槙野三浦 室屋   
        シュミット

    大雑把に言うとこうなるか、鍵はもちろん乾のバランス感覚と伊東の守備。

    でも、変形4−3−3、変形4−4−2として意識してやってないと思うので・・

    急にやるのは無理だろうな。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?2

    使い古された4−4−2、どうしていくつかのクラブがこの古臭いフォメで結果を残すことが出来たのか?

    リファインしたからだろう、現代のエッセンスを加え、洗練し無駄を削ぎ落とす。

    具体的にどうしたか、プロが丁寧に研究すればわかるはずだね。

    やったの??

    中島ありバージョンの4−4−2は成功したと思って居るのだろう、俺はアレも未完成だと思う。

    現在の中島抜きのAセットとBセット、偶然の要素が強い。狙って無い、考えてない、わかってない、そうとしか見えない。

    森保は2019年の4−4−2を運用出来ていない。わかってないなら十分研究してからやればいい。

    森保の4−4−2のチャレンジの仕方は良いと思わない、これじゃしてないと思う。

    漫然としてる。

    4−3−3も毛嫌いせずにやっておけば、こんな事にならなかっただろう。

    4−4−2にこだわりFW枠に4人も使ってしまった事が大きく響いている。

    4人の中でトップ下が出来るのは大迫のみ、それでもFW型トップ下であり、代表で上手く行くは未知数の部分が大きい。

    2Tを頭ごなしに否定する気は無い、だが軸足は3Tに置くべきだったと考える。

    森保は安全思考に見えて、それでさえ無い、4−3−3から4−4−2への変換は大きすぎるほど大きい。

    それにこだわり続け、しかも失敗するのなら、周囲はそこから目を逸らすべきじゃない。

  • ベトナム戦の最大のポイントはVARなのか?

    最大は4−4−2でしょ。

    最大の課題は4−4−2をものに出来るかどうか。別にこだわる必要はないが森保本人が相当そこにこだわっているからね。

    ザケロニは3バックに執着はしなかった、だが森保は2Tに執着しながら成功してない。

    ここが最大のポイントだ、ここまでこだわりながら機能させることが出来ないなら、判断を下すべきだ。

    代表は2T系3T系、ゴチャゴチャになりながらも4−4−2は長い事十分に機能させる形ではやってないと認識してる、ここまで2Tにカジを切ったのは最近では記憶に無い、10年以上無かった事。

    絶対に出来ないとは今のとこ思わない、でも出来てない、出来ないなら無理にやる必要はないと思っているが、無理してやってる、変えようともしない。

    俺の中では既に森保は過去のダメだった監督たちに並び立つ存在になってる。代表監督として相当ダメな監督なのだろう。問題はそこから変わるかどうか、そこを見たいと思っている、だが今の森保采配はう☆ん☆ちだと思ってる。

    まず、監督としての能力がサッカー人の全てでは無いと思う。

    だが

    西野も森保もJリーグで監督として通用しなくなった人ではないのか?、オファーはあったのか?どうしてJリーグの中古品しか来ないのか?いつもお下がりだ、Jリーグで優秀な監督が代表監督として優秀とは限らない、ではJリーグでやれない監督に代表監督をやれるのか?ガラパゴスとクラブ思考の毒を持ち、その上国内でも限界が見えた人ではないのか?、代表監督はJリーグで古くなり「型落ち」になった監督に仕切れる存在か?

    代表監督は国内人材が良いと言う意見はわかる、今の所外人監督は難しいだろう、だからといって森保采配に目をつぶるのはおかしい、何のための日本人監督なのか忘れてはいけない、そのほうが代表のポテンシャルを効率よく発揮できるからでは無かったのか?

    森保はそうじゃない。

    今のところはね。

  • サウジ戦、そしてベトナム戦。

    日本の攻撃は良くなかった。守備も攻撃に焦り崩れた時があった、そして中東の笛、それでもサウジは勝てなかった。

    ヘディング弾で代表が先制したが、メンバーはエアバトルを強化したメンバー構成でもなかった、でもとれた。

    サウジは強くなかった、ポゼッションサッカーにありがちな鉄板パターンの弱点を少しつつくだけで事足りた。

    危なかったのは森保采配に原因がある。

    次はベトナム戦、監督はK国の人らしい、彼らは日本代表に異状な感心を持っている、弱点も研究してるだろう。

    代表の出来損ないの4−4−2の弱点は?

    ひとつ思いつくのは、攻めあぐねたあげくに焦ってしまい守備のバランスを崩す事だろうか、左右両サイドに違った弱点が心配される、右は伊東の守備、左は乾が攻め急いだら隙を狙われるかもしれない。

    ベトナムが辛抱強く守れば代表は焦ると思うので俺ならそこ狙うかな、辛抱して守って、焦って隙を見せたらそこで点をとって、そしたら余計に焦るから、頑張って守りながら逆襲して2点目も頂きマンモス?

    サウジ戦では我慢はある程度出来ていた、4−4−2は4−3−3に比べてだいぶ我慢が必要に見える。

    4−4−2のチョイスと完成度に大きな疑問があるが、やるならキッチリやって勝っていかないと。

    そういうことですね。

  • 南野、見れば見るほど。3

    どうしてこんなにボールを持ったら焦る選手になってしまったのか?タテに急ぐ気持ちがプレイの邪魔をするのか。

    何かの事情で数年前とはスタイルが変わって居るようだ。

    それが良くなっているように見えない。

  • 南野、見れば見るほど。2

    南野と言う名前はだいぶ前から有望株として有名だったはずだ。

    前から、こういう難しい選手だったのだろうか?元からこういうタイプだったのか、ザルツブルグに長居し過ぎてこうなったのか。
    いずれにしても、ここまでゴリ押しする理由が良くわからない。周囲も何もアドバイスしないでチヤホヤするだけとは、なんとも残念な事だ。

    レッドブルブラジル ⇒ ザルツブルグ ⇒ ライプツィヒ

    RB(レッドブル)で繋がりのあるクラブ、この中でザルツブルグ(ダイヤ4−4−2)とライプツィヒ(4−4−2)を比較すると、ひとつだけツブシが来ないポジションがあるのがわかるだろうか、もちろんトップ下だ。

    俺が何を言いたいのかわかる人も居るだろうか。南野はそこにハマってしまったのかも知れないと考えている。メッシやデブライネや中島はそこに落下しない、はみ出るから。若い頃の香川は良い意味でハマる、そこでピタッとくる、そのかわり他のポジで苦労した。南野はどちらでも無い。かなりニッチな選手になってしまったように感じる。

    俺には早期にリハビリが必要な状態に見える。

  • 南野、見れば見るほど。

    本当に起用しにくい選手だ、見えてこない、この選手のバックにアディダスが付いたこと、この選手を協会やサッカー業界がゴリ押しまくってる現状を考えると非常に悩ましい問題だ、この選手の起用を今後強制される心配があるのに、何処で機能するかわからない、というか今の所ピタッとくるポジが無い。

    10番じゃない、9・5番のセンスも感じない、9番でもない。ポストは無い、ボールも持てない、攻撃の連携もかなり悪い、レフティが苦手なのかと思ったが連携自体が全体的に良くない、ハイボールに強くない、浮き玉の処理も上手くない、守備陣から出てきたボールを落ち着かせる事がほとんど出来てない、ハイボールで処理するのか地面に落として処理するのか等の判断も悪いように見える、「受け手」としての能力も「出し手」としての能力も低い。期待できるのは守備力とスタミナとシュートの射程範囲内(広くない)でのプレイ、特に攻撃面の不足が目立ちすぎる。

    これは所属クラブが国内に置いて格下を相手にする事が多いという「所属クラブの立ち位置」と、そこでOMF?でポジ争いし、攻撃面で個の結果を求める「南野の立ち位置」、2つが大きく影響していると考える。優位な環境でボールが回ってる中でそこに入っていってシュートを決めればよいのかも知れない、代表では中島がその環境を作ってくれたのだろう、だが試合のレベルがあがれば問題が出てくると思う。どうも良い起用法が見つからない。

    起用法の候補として有力だと考えられるスパサブ起用でも有効な展開は限られると思う、カウンターで効いてくるようなタレントには見えない、クロスボールに強いようにも見えない、ショートパスを繋いで南野に決めさせる以外のところでの活躍がイメージできない。STとして見ればサポート能力に不足を感じる、CFとしてみても色々足りない。

    森保がここまで執着する意図が見えてこない、俺は相当難しいと思うよ。

  • 森保ジャパンはサナギなのか?

    それともこのまま終わるのか?

    森保采配の暗黒面。
    基本的なところでは変化は未だに見られない、親善5試合からサウジ戦に至るまで、攻撃陣のファーストセットを最初から固定してしまった、よくわからないお祭り騒ぎの原因を作り、その後ほころびが出ても、たとえ1ミリでもそれを変えようとしない、その頑固な態度には呆れるしかない、大きな権力(三菱古河)に首根っこを抑えられているのか、スポンサー圧力もしくはスポンサーへの忖度なのか、個人的な好みにひた走っているのか、どれにしても特定の選手に対する異状な執着はそろそろ隠せなくなってきている、三菱系(キリン)とアディダス系の選手には今後も注意が必要だろう、基本的には彼らが優秀であることは間違いがない筈だが過大評価は良くない。確かにスポンサーは大事だがそのせいで代表が弱くなるのはおかしい。いつもの事だがフォーメーションに「名前」を適当に放り込むだけの代表に「また」なっている。

    努力してポジティブに評価する。
    準決勝からどんな改良が行われるのか?そこに注目している。今の所、監督采配に大きな変化はない、森保采配のアクティブ面での印象はかなり悪い、森保采配では無く状況が今パッシブ、ディフェンス局面だと思えば我慢するしか無いだろうか。そう思いこむ事が救いであるがこういう状況になる事は良いとは思わない。GL3試合でスカッドに問題があることが浮き彫りになりスタメン再考の必要性がクローズアップされた、私はそこで森保のアクションを見たかったが代表はサウジ戦と中2日のベトナム戦を控えていた、それは2つのセットが必要であるという事を示している、スカッドを変更する場合はわずかな時間でファーストセットとセカンドセットを構築しないといけない、それを避けたと考えれば、この期に及んでも守りの姿勢の森保は面白くはないが理解できないこともない、だが行動するタイミングを先延ばしにしてそのまま終わったら、森保が行動しなかった部分だけで森保を判断しなければならない、あそこで勝てばこうするはずだった、ではダメだと思う。

    実際に森保が準決勝でどうするのか準々決勝に勝たないと見れないが、準決勝に進んでも森保によって改良されたスカッドを見られる保証があるかと言えば無い。

  • 獅子座さん。

    そう言えば、最近親知らず抜いたんだっけか・・

    親知らずって、実は難しいんだよね。

    俺も昔抜いた時、普通の歯科でたらい回しにされて

    中途半端に処置されて困ってしまって、ガキの頃行ってた歯科医に逃げ込んだ。

    そしたら

    大病院の「口腔外科」

    を紹介してくれた。

    親知らずは普通の「歯科」では手に負えない事があるから

    「難しいタイプの親知らず」の方は気を付けましょう。

  • 俺式、君が代。(我流) 4

    「2」で書いた内容ですが・・


    1、まず歌う前に心を作る。
    心を整えるのだ。自分の家族、人々、何気ない街角の風景でもよし、日本の歴史とか山河とか、何でも良し、自分が大事に思う日本を心に抱くべし。

    2、音色を奏でる楽器となれ。魂持つ楽器となるのだ。
    歌詞の意味は忘れる、歌詞は忘れちゃだめです。

    3、一音入魂
    ひとつひとつの音を丁寧に、心を込めて、「き」「み」「が」「よ」とひとつひとつの音を愛でながら奏でるべし。


    という内容でした。問題は2です、2で楽器となると書きましたが、楽器にも色々ありますので、ピアノとかバイオリンとかギターになれと言われても困るでしょう、イメージしにくいかも知れない無い、と最近思いました。私がここでイメージしているのは西洋楽器ではありません、日本の伝統楽器です、雅楽ですね。そこを書いてなかったなと。漠然と雅楽のイメージなのですが、具体的に言えばどの楽器だろうと少し調べたら「ヒチリキ」(篳篥)の音色が一番イメージに近いようです、それもそのはず、「ヒチリキ」は人の声を表すとされる楽器だそうです、ユニークな楽器ですね。まぁヒチリキともイコールではないですが、全体的なイメージは雅楽、君が代は古代の和歌なので、どこかで雅楽と重なるとしてもそれは偶然では無いでしょう。

    君が代を歌うとき現代の歌謡に慣れている我々はどうしても戸惑いを覚えるのではないでしょうか、君が代の歌の長さに対して歌詞の少なさと、リズムの平坦さから来る違和感です、西洋の影響を強く受けた現代の我々には古代の和歌である君が代は特殊なものに感じられるはずです、それは洋服と古代日本の装束のあいだのギャップのようなものかもしれません、まぁ昔の移動手段、ギッシャですからね、牛車です、まさにスローライフ?です。

    現代の歌と違う、だから歌唱方も違うのだと思います、正式なところは調べていませんが(手抜きw)、そう考えるのが合理的です、YTBに平安時代の和歌の集いで歌人たちが歌う姿の動画でもあれば話が早いですが、さすがにそうはいきません。

    ふぅ

    今夜はこれぐらいにしとくか。

  • 俺式、君が代。(我流) 3

    「君が代」に自信の無い、ちよつぴりシヤイな門下生の皆さん。

    ごきげんYOう。

    パート1、パート2に引き続きワタクシ、今回も師範役をつとめさせて頂きます。

    さて

    秘かに君が代に苦手意識を持つ俺達の俺達による俺達のための君が代

    を考案し、「俺式、君が代。(我流)&同2」 を投稿したのは、もう半年前となりました。

    なぜ今「3」を書くのか?不審に思う人も居るでしょう。

    失礼しました、大事なこと書き忘れてたみたい。

    わざとじゃないですよ。

    でも最近

    「あれじゃ、わかんねーな多分」

    と思った。

    いやぁ、気付くの遅いなぁー

    参りましたね。

    本来、君が代はネタとしてはW杯本番用ですが、ここもう閉鎖だし、書いとくかと。

    続くけど期待はしないで。

  • けが人多いなぁ。

    まぁ、W杯本番はどうしても、みんな無理するから、こんなもんじゃなくなる可能性も高い。

    だからして、けが人が出たら出たで、それなりに対処しなければ。

    中島浅野守田は素早い判断で地味にチームを助けたね。

    最近取り上げる事の多いYTBの獅子座ロジカルさんも動きが止まってるので、どうしたのかなと思ったら傷んで休養中だそうです。

    最近の代表戦後の

    漫談+ロジカル解説

    の融合は斬新、画期的かつ凄く面白かっただけに残念です。

    消耗戦ですが、本番はまだまだ先、みんな体を大事に頑張ってください。

    私は頑張りません。

    ここ閉鎖なのでw

  • サウジ戦のスタメン。11

    ふう、手に汗をにぎりそうになりつつも部屋が寒くてそこまでいかずだが、ドキドキな展開ではあったね。

    とりあえず

    コンビニでも行ってくるか・・



    得点、富安かいっ

    攻撃陣なにやってんの〜

    まぁでも

    攻めを焦っての失点はしなかったから

    まぁまぁ良しとしますか。

  • サウジ戦のスタメン。10

    勝った。

    良かった。

    コレクティブになってきた?

    守備良くなったね。

    でも危ないとこもあった。

    攻撃は相変わらずゴチャゴチャ。

  • <<
  • 9091 9046
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順