ここから本文です
  • 1

    *****

    女子の代表のトピックスがあってもいいのかなと
    思って作りました
    男子以上に活躍が目覚しいなでしこジャパン
    悲願の優勝を目指して、みんなで応援しましょう

  • <<
  • 7433 7413
  • >>
  • 7433(最新)

    sj2***** 12月17日 13:42

    北朝鮮、日本と比べてスピード、カラダのきれはるかにうわまわっている、
    しぬほど練習しているであろうことが想像できる。
    はっきりいって、日本の選手は死ぬ気で練習しているとはおもえない。
    残念ではあるが、日本は横パス、キーパーへのリターンパスばかりで、
    せめの姿勢がまるでなし。
    一対一の勝負をする選手もほとんどいない。
    くやしいが、
    これじゃかてるわけない><;

  • 男子もそうだが、日本代表の選手はすべて平均点の選手ばかりでいきおい足元へのパスプレーに終始してしまう。
    前にパスを出そうとするとすぐ引っかかるので、横パスやバックパスのオンパレード。ただ、パスをまわしているだけでまったく点が取れる気がしない。

    高さがありポストの出来る選手とか、スピードでぶっちぎれる選手、ドリブルがうまくて、あわよくばペナルティエリア付近でファールがもらえる選手とかの武器を持った選手がほとんどいない。
    これだったら、誰にも負けないといった武器を持った選手は日本代表にはほとんどいない。

    だから観ていて点が取れる気がしないし、手数をかけるだけですごくまどろっこしいんだよね。昨日の男子の試合でもフィジカルが強くて背の高い川又が入った時だけは希望が持てた。

    なでしこもそこそこパス出しがうまいチビッコばかり集めても、試合になればいつもながらのパスまわしに終始するだけだろう。

    まあ、誰にも負けない武器を持った選手、そんな選手がいたらとっくの昔に代表に呼んでるって?。
    そんな選手が出てこないのは、日本の少年、少女への育成方法がおかしいからだ。

  • >>7429

    > それからtobeusagiさん、
    > ちなみに海堀ですが「2017年5月2日、熊本ルネサンスに選手兼コーチとして入団。

    おやまあ、現役復帰してたんだ。とっくにセカンドキャリアに向けて歩き出しているのかと思ってました。やっぱサッカーを捨てきれないんだね。だったら派手に引退宣言なんかしなきゃ良いのに。

    てか、GKはもう沢山だが、サッカー自体は好きってことか・・・。
    たしかに、W杯優勝の時は神がかってたけど、その後、ぼろくそに叩かれた時期があったからね(私もぼろくそに言っちゃったっけ・・・汗)。

    それにしても、GKからFWに転向って、あり得んでしょう(笑)。

  • 北朝鮮女子を参考にするなら、やはりあの安定した守備が手本になるかと思います。
    体格がしっかりしてフィジカルが強い。相手の攻撃に追従できる走力もある。
    そして、北朝鮮だからと舐めてはいけないのがポジショニングの良さ。
    相手に攪乱されることなく、最小限の動きでしっかりとブロックできる位置を取り、相手に合わせて微調整する。これ男子代表でも世界レベルに届いてないポイントだから。
    北朝鮮女子の監督さんは、かなり守備戦術のセンスいいと思います。
    日本の守備は、よくバタつきます。どうすれば、最小限の動きで安定した守備ができるのか?しっかり考えてほしいです。やれている国があるのだから、それは出来るのです。
    出来ない原因は何か?も見つける方がいいですね。
    たぶん、広い視野で相手を観察して相手の意図を感じ取り、早めの動き出しで対応する意識の有無でしょうか?
    男子の例だと、Jリーグのクラブでは数人のゲームメイカー的な存在が居て、彼らの指示に従ったり、動きを合わせていればOKなんですが、代表チームや欧州強豪リーグでは全員必須の能力となります。全員が広い視野を持ち、未来視的な予測能力を持っていないと敵の動きに対応しきれなくなります。それで慌ててバタつくのですね。
    北朝鮮の守備陣は、そういう能力を持っているかもしれません。そうでないと、ああいう安定感のある守備は発揮できないはずです。
    ピッチ上で広い視野を持って敵味方の動きを把握し、先の展開を読むことは、普段からクラブでやっていないと身に着きません。クラブでゲームメイカーさんに依存してませんか? 自分で見て自分で判断してますか?
    まずは、そういう自分たちの確認から始めればどうでしょう?

    女子も世界のレベルが急激に上がってますから、代表全員がゲームメイカー・レベルの視野と先読み能力がないと、たぶん勝てなくなっています。
    体格や走力で勝てない相手と戦っても、勝つ可能性を残そうと思うなら、そういったインテリジェンスを持たないと対等以上に戦うことは無理です。
    相手も同じ能力がありますから、半端な能力では勝てませんよ。

  • >>7420

    それからtobeusagiさん、
    ちなみに海堀ですが「2017年5月2日、熊本ルネサンスに選手兼コーチとして入団。『(GKとして)散々やられたので、点を取りたい』とFWに転向した」って情報も有りますが、その後どうなったかは「?」です。
    ちょっとびっくりですが・・・(笑)

  • 先日も書きましたが、自分は「中・韓に勝ち、北朝鮮に負けの2勝1敗で御の字」という
    見方だったので、この負けは仕方ないか。
    しかし、前半は悪くは無かった、なんというかダレてない締まった好ゲームで
    すごく時間が過ぎるのが早く感じた。
    35分過ぎた辺りで「へっ?もうそんな経った?」って感じ、同時に「スコアレスドローか1-1のドローかな・・・」って思えて(完全に外れましたが)DFは健闘してるが、得点の気配が感じられなかった。

    DFは、「北朝鮮はパワーとスピードに長け~云々」と言われながらも、スピードでブッちぎられ、ってシーンは無かったように見えた。
    攻撃は、ゴール前でスピーディーにシュートが撃てていない。
    ワンタッチで良い位置にボールをコントロール出来ていない。
    2タッチ、3タッチするんじゃ、そりゃ相手もきっちり寄せて来て撃てなくもならぁな。
    結果、すごくシュートの少ない試合になってしまった。

    で失点ですが、1点目はtobeusgiさんも言ってるようにGK池田に甘さが有った印象。
    ディフェンスが2人寄せてるだけにシュートが来るとの予測では無かったか?
    そして問題の2点目。右サイド高木がブロックに行くがかわされる。
    高木はそれまで健闘してたけど、ここは中途半端だったか。
    でゴール前に入れられるが宇津木が競って相手FWはボールをコントロール出来ず左へ流れ、
    フリーの選手がシュート、と。
    この選手をフリーにしてしまったのは隅田。
    並走してたのに、ペナに入る手前でなぜかスピード緩めて独走させてしまってる。
    言葉は悪いし個人攻撃になってしまうが、あれは最低最悪のプレーだった。
    恐らく、本人も大反省だと思う(してなかったら救いようがないかも)から金輪際あんなプレーは無くしてもらいたい。

    最後に、気になったのは岩渕の表情。インタビューで反省とか決意とか語ってるんだけど、
    なぜいつも半笑いっぽく締りが無く見えてしまうんだろう?
    勝手な憶測で申し訳ないが、本人は深刻・真剣なつもりでもまだそこまで深刻に捉えてないのか?
    本っ当に深刻・真剣ならもっと引き締まった表情・目つきになりそうなもんだがなぁ・・・。
    こう感じるのはオレだけでしょうか・・・・・?

    とにかく本番はW杯予選になるアジアカップなので、しっかり検証・反省をして結果を出して欲しいと思います。

  • >>7425

    >それにしても、北朝鮮がワールドカップ最終予選前に敗退しているとは 気の毒としかいいようがないね、

    まったくいいチームで信じがたい。

  • 噂では、前代表の宮間さんら数人の主力選手が若手との壁を作って意思疎通を欠き若手の台頭を阻んだ、というのは本当でしょうか?それならば、それに次ぐ世代が育っていないこともうなずけます。
     早く何とかしないと、あのなでしこ人気もバブルで終わってしまいますね。

  • >>7423

    > 北朝鮮は実力的には欧州レベルですね。

    その通りですね。
    自陣でボール奪取したらサイドに素早く送り、ウイングの走力に任せて縦にドリブル突破して 相手DFがゴール前手薄と見ると 勢いよくクロスを放り込んで正確且つ強烈なシュートを放つ。間違いなくドイツやアメリカとやっても いい勝負するでしょうね。
    高倉さんは、“前半はそこそこやれた” と言っていたが、実は、北は前半 韓国戦や中国戦で見せていた上記のようなサッカーをせず、サイドから早めに中央へ緩いパスを送り 中央から縦のスルーパスを出して攻めて来ていた。これに、足の速い鮫島が適切に対応していたため得点出来なかっただけである。それは北の作戦だったのではないか?
    後半は、得意のカウンターサッカーの理想形とも言うべき攻めでナデシコを破壊してしまったというわけである。




    > 高倉はFIFA U-17大会で優勝したのは素晴らしい実績です。しかしなでしこが年代を上げていくと国際大会で苦戦するのは【フィジカル】が原因なのは周知のとおり。140、150cm台の選手ではきつい。

    高倉さんになってから、日テレ組をベースにいろんな選手を試してきたが 結果的には
    ミッドフィルダーやフォワードで見つけ出した新戦力は 櫨まどか ただ一人 。
    165cm以上ある攻撃的な選手を発掘しようとしてこなかったことが今の状況に陥っている原因である。探せば、櫨 以上の選手が必ず見つかるはず。
    今からでも遅くない。

    それにしても、北朝鮮がワールドカップ最終予選前に敗退しているとは 気の毒としかいいようがないね、

  • 後出しジャンケン的考察

    もし仮に、引き分け狙いなら(逆の立場)、3バックに見せかけて実質5バックでラインディフェンス。北朝鮮のサイド攻撃サイドチェンジを封じる作戦を取れたでしょう。
    さらに、北朝鮮の完璧4バックを横に散らす両サイドのパス交換でポゼション維持・・・・

    ただ、今回の決勝は引き分け以上が求められていたため、ど真ん中突破の得意なFWを外す訳にはいかなかったのでしょう。結局、相手ディフェンスの速いパス回しに疲れてしまいました。

    このように、優勝するにはそこに至るタクティクスがあるわけで、北朝鮮チームはそれが出来ていたという点で勝負アリだったのかも知れませんね。

    少年少女サッカーチームの指導者の皆様には、とても参考になった試合だったと思います。

  • 北朝鮮戦 0-2

    北朝鮮は実力的には欧州レベルですね。育成にハンパない気迫を感じました。今の北朝鮮はICBMの問題で国際的にE-1大会で無様な試合をする訳は許されず、ましてや3連覇がかかっているなら当然です。

    今のなでしこリーグの現状(選手への待遇)を考えると厳しいことはいえなくなる。アルバイトで生計を立てている選手にはよくやったとしか言えなくなる。それでも感想としては監督は男の監督がいいという印象を受けた。高倉はFIFA U-17大会で優勝したのは素晴らしい実績です。しかしなでしこが年代を上げていくと国際大会で苦戦するのは【フィジカル】が原因なのは周知のとおり。140、150cm台の選手ではきつい。技術的には問題ないのだろうが実践は肉弾戦であり、長い手足でのブロックやドリブルしながら思ったより遠くからのタックルなど、経験や技術が不足している。大柄選手に対するブロック技術が不足しているのだ。実践的な指導力として男の監督の方が指導力は上と考える。北朝鮮戦は、【フィジカル】の対象法でなでしこは完敗した。なでしこを育成するなら男子大学生(2部クラス)との試合を増やすなど対策をすべきである。
    優勝できなかったのは残念であるが、準優勝は見事であり、よくやったと思います。

  • GKといえば福元が最高だったね。現在も神戸で現役だが。
    GKとしての技術だけでなく、大声で味方にコーチングしたり、鼓舞する姿はGKとしてうってつけの存在だった。
    ただ、背が低いのがGKとして致命的で最大の弱点だったが。

    昨日の敗戦で高倉監督の能力に疑問符の意見が多いが、昨日の試合、采配どうのとか言えるレベルではなかったように思える。北とは個人の能力差が大きすぎた。

    攻守に起点となる澤のような選手もいなければ、正確な長短のロングパスを繰り出せフリーキックの名手宮間もいない、前線でボールキープ、ポストの出来る大儀見のような選手もいない。
    将棋でいえば、飛車角、金銀落ちで桂馬、香車、歩のみで対局しているようなもの。

    気になるのは、女子サッカーが普及してくればくるほど、澤のような選手が出て来なくなるのではということだ。
    澤は決してうまい選手ではない。自分でもシュートはヘタでPKはやりたくないと言っているし、ドリブルは苦手だと言っている。スピードもそれほどあるほうではない。澤の強みは攻守にわたり、1対1で決して負けない身体の強さと、攻守にわたり大事なポイントへ顔を出せる的確さだ。それのできるクレバーなサッカーセンスと無尽蔵のスタミナを持っている。

    女子サッカーが普及すればするほど個で勝負できる選手がなかなか出にくくなるんじゃないかと危惧しているところだ。パス出しがうまくて、そこそこテクニックのあるチビッコばかりのなでしこになるんでは危惧している。

    まあ、何年後かしらないが、澤監督になるのは確実なので、その時までなでしこの復活を待つとするか。
    もっとも、澤監督になって、自分のような選手を具現化しようとしても、ひ弱な選手ばかりで実現不可能ということもありえるのかもしれないが。

  • 今大会、表立って大きな破綻は見せなかったが、GKの弱体ぶりも気になっています。

    一応、池田が守護神ということになっているけど、今大会、池田のファインセーブで救われたっていうケースは皆無だよね。

    逆に、韓国戦だったかでPKの場面があったけど、コースは読めたのに、止められないでゴールを許してしまったし、中途半端なパンチングで、相手の二次攻撃を許してしまったりで、不安を感じさせる場面も多かったように思う。今日の北の先制ゴールも、一応、DFの二人が右側のコースを消してはいたんだから、左サイドに対するケア不足と言われても仕方がない。

    池田って、コースの読みとか、飛び出しのタイミングは悪くないんだけど、上半身をもっと鍛える必要があるんじゃなかろうか?・・・なんて、私はGKはまったく未経験だから、偉そうなことは言えないんですけどね(笑)。

    じゃあ、代わりに誰がいるかというと、誰も挙げられないのが今のなでしこのお寒い現状。期待の山根も、とうとう呼ばれなくなっちゃったしねえ・・・。

    いっそ、海堀に現役復帰してもらいますか?(笑)

  • 私は隅田という選手を今まであまり評価していなかったが、今日の北朝鮮戦を見て、高倉監督がなぜ隅田を起用したがるのかが少しわかった気がした。

    この子、地味なんだけど、ピンチに対する嗅覚は、結構、鋭いんだよね。最終ラインの手前で、機敏な動き出しで、ピンチを未然に防ぐ場面が何度もあったよね。

    ツーボランチで行く場合、阪口のような攻撃的な選手と組ませる時に、宇津木にしても、猶本にしても、杉田にしても、彼女たち自体が攻撃参加したがるタイプだから、二人とも攻撃的タイプだと、守備のバランスが崩れる懸念が大きい。

    その点、隅田なら、アンカー的にピンチの芽を摘んでくれるから、阪口と組ませやすいんじゃないかな。高倉監督は、多分、そう考えているような気がする。

  • 対北朝鮮戦、私はそれほど悪い出来だったとは思わないな。

    少なくとも、先制ゴールを奪われるまでは互角の戦いをしていたと思う。

    先制ゴールを奪われてからは、焦りからか、ガタガタと崩れてしまった。北は、日本側の焦りを見抜いたように、ボールを意識的に大きく展開して、日本の守備陣形を完全に崩して、2点目のゴールで勝負あった。

    原因は、高倉監督自身も認めているように、選手交代によって攻守のバランスが崩れてしまったことだろう。この試合に関しては、高倉監督の選手交代はまったく機能していなかった。

    そもそも、大事な一戦に、中心戦力である岩淵と中島を分断(中島を後半から投入)したことが理解に苦しむ。ゴール前の崩しを、岩淵または中島に一人だけで荷を負わせるのは、守備の固い北朝鮮相手では、荷が重すぎる。二人が組めば、ゴール前で変化をつけられて、得点チャンスが生まれたのではないだろうか。

    籾木や中里にジョーカー的な役割りはムリだよ。この試合でも、高倉監督の日テレ組に対する過大評価が感じられるのは、私だけだろうか・・・?

  • 高倉監督で大丈夫なのか? 高倉なでしこ発足以来、毎度おなじみのゲームが続く。選手の配置も疑問符がつく。むろん選手選びも。何か無理に佐々木色を払拭しようとしていないか。
    一体全体、過去の課題はいつ修正されるのだろう。足もとのパスに終始して、動きの中でのサッカーができていない。そのパスすら通らない。
    もちろん選手にも大いに問題はある。真ん中を固めているのに、真ん中ばかり攻めている。相手が大きいからなのか、ほとんどサイドの攻撃が見られない。ならば2列目からの飛び出しなど、変化技すらできない。要するに、攻撃の形が見えないのだ。
    高倉監督は何を教え、どう導きたいのか。そしてそれは伝わっているのか。
    高倉監督で大丈夫なのか?

  • 決勝の相手北朝鮮は、守備はほぼ完璧。男子に比べて体力走力の少ない女子においてサイド以外は長いランはさせない方が良く、コンパクトな4-4-2(4-4-1-1)は見事でしたね。
    なでしこは間伸びした陣形、パススピードの遅さ、自陣からの展開に時間がかかり過ぎ、これらの欠点を修正した上で、今回の北朝鮮チームに近いサッカーを築き上げれば良いのではないでしょうか。

    目指す正しい目標が出来た事が収穫でした。勝者に祝福を。

  • 北朝鮮戦 雑感

    久しぶりにコメントしてみましょうか。

    なでしこJAPANが余りにも楽しくないサッカーをしているので胸が痛みます。
    なぜ楽しくないのか、それは目的や狙いが無い人任せのサッカーをしているからです。
    DFは人が動くより遅いパスでボールをスライドさせますが、もちろんスペースやフリー
    になる選手もいません。意味合いを理解して下さい。
    SBはサイドのMFにパスを出すかCBに戻すかの選択肢しかありません。あなたの視野が
    狭くてもう一つ前が見えません。言葉を話す口が有るのだからFWに指示を出し
    ましょう、FWにもどうしたいのか聞きましょう。裏なのか開いたスペースに走りたいのか。

    あなた達のよく言ってる自由にやろう。ではアバウトすぎて意志疎通出来ません。

    若い選手たちは勘違いしないようにしましょう。あなた達も11分の1です。0.7や0.8では
    足りないのです。ひとのサポートが無いと出来ないのなら代表に来ないで下さい。
    ミスして空見上げてチームの為になりますか。
    そんなヒマがあったら下手なのだから他人より走って下さい。

    こんな状況を作っている高倉さん、ベレーザの中里をボランチで使いつづけて、
    現在何を得ましたか? この大会では、ベレーザの隅田をボランチで使い何かを得ましたか?
    同じ間違いを2度繰り返す人はバカですよ。監督になって何試合もし、センターラインの選手が
    まだフワフワした状況で今まで何を目的に何を見て来たのか。

    チームの方針や軸がブレているので出来る選手も出来なくなっている。椛木や櫨 は個人技の
    テクニックは高い選手です。ただボールが来ても何をすべきなのかが解らないから1テンポ遅れて
    パスを出した選手に返すかツブされるかのどちらかしか出来てない。

    日本の選手は監督が試合の前に守備を教えれば80%位の確率で、シュート数が減ったり得点が減る。
    今日の試合を観てまったく得点する気を感じなかった、得点が無かったのは事実だが 得点する気すら
    感じなかった。 熱を感じない試合だった。

    ほぼ0点みたいな試合だったが、田中がようやく自立した。代表のスタートラインに立った。

    北朝鮮代表の方が本気を感じた。

    また、たぶんこう言う。 いや絶対言う。 「修正して。。」 便利な言葉だ。

    スローインで、毎回出す所無くて相手ボールになる。そしてカウンターくらう。
    その事が何も感じない人間は、修正しない。 そんな事もあるさ、今度は成功するさ、で終わる。

    理詰めで考えて、反復練習しないと 修正は出来ない。

    GKは守備で1番指示を出さないといけない。1試合ずーっとしゃべり続けろ。不安なら尚更

    10番が1.5倍の働きをしても、ベレーザからバーターでくっついて来た満たない選手に足を引っ張られ
    悲しい限りだ。考えない 走らない 自らのプレーに責任を持たない とりあえず親方に出しておけば、、、。

    この監督には、優秀なブレーンが必要だな。YESマンしか周りにイナイ気がする。

  • この惨敗は想定内だったが、
    この結果を受けて川澄の代表復帰の可能性が増えたし、
    フィジカルの強いダンプカーのような斎藤あかね なども見直してもらえるかもしれないし、澤さんだって現役復帰しちゃうかも?
    北は本当に強いのだから そんなに落ち込むことはないが、日テレチビッコ組は来期ナデシコリーグではチンタラパス交換サッカーからの脱却をしないといけないでしょう。


    横山 岩渕

    中島 阪口 櫨 川澄

    鮫島 宇津木 熊谷 近賀

    池田

    控え
    FW: 田中、中里
    MF: 長谷川、澤穂希、斎藤あかね
    DF : 大矢、北川、三宅、清水、

  • 東アジア、北朝鮮戦。
    勝てる気配をまったく感じられない一戦でした。

    基本的に走力差がある。体格差ばかり目立つけど、走力差もある。
    それだけじゃなくて、相手に動きに対応する動き出しのタイミングも遅い。
    次のパスコースを完全に読まれているから、相手の動き出しが速く、しかも加速力も日本より上。さらに、味方を探して足元にパスをするから、ボールが転がっているうちに受け手に敵が迫る。
    現在のサッカーは、まずどちらかが攻める。それに反応して相手は邪魔をする。ボールを奪ったら攻守交替。これをくり返しながら、どこかで相手を出し抜いて得点する。
    相手よりも反応速度・対応速度が劣っていれば勝利の芽は無い。

    体格差が大きいから走力差は仕方がないとしても、相手のパスコースを読んで早く動き出すようなインテリジェンスまで負けているのは情けない。代表戦でそれを見ると「日本人って頭悪かったっけ?」と認識させられるのが一番悔しい・・個人的には。

    まずは視野を広く持って、相手を観察する。動きを見て狙いを読んで邪魔をし、チャンスがあればボールを奪う。相手もこちらに同じことをしてくる。その凌ぎ合いで負けては試合に負けてしまう。少なくともイーブンで戦わないと・・。
    しかし、イーブンの凌ぎ合いが出来たとしても、どこかで相手を出し抜かないと得点には繋がらない。充分な状況でシュートをするには、出し抜いて一瞬だけ開くシュートコースを狙うしかない。今日はそんなチャンスはなかった。攻めるプロセスで簡単に読まれるようなプレイをしていたから、相手はこちらより素早く邪魔できるわけだ。

    味方の位置を狙って足元へのパスばかりするのは大きな問題。
    パスが届くには時間がかかるし、相手が読みやすく素早く邪魔しに来るし、受け手はボールが来るまで前へ進めない。下手すれば奪われる。味方より少し相手ゴール側に近いスペースでパスを繋げば、相手を一瞬出し抜けるし、その一瞬を数回連続して初めてシュートコースが開くようなチャンスを作れる。
    ま、そういう相手に対する駆け引きを考えてプレイしている選手は見えなかった。
    こんなサッカーしてたら負けます。
    この選手たち、アンダーエイジの頃に世界でも抜け出した能力があるように見えたのだが、進化せず、むしろ退化してるように見えるのは気のせいかな?

  • <<
  • 7433 7413
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順