ここから本文です

 明日は巻き返して、今年のプラス収支を狙いたいところです。( ゚Д゚)

 まずはVライン予想で 買い目は単複

東京2R 7 ピラータ
     12 オーバーハング

 阪神1R 8 テーオーパートナー
     6 レンブランサ

 函館3R 2 ヴィーヴルサヴィ

 
 最後にアナログ予想  まずは清里特別 単複6 ワシントンレガシー

 前走はスタート五分 砂被りを少し嫌う感じか 徐々にポジション落とすような形にはなったが
外々捌ききってから鬼脚 武藤騎手でVライン刻んでの勝利 成績からすると現状では減量効きないと
1000万下では足りないかもしれないが 差す形で結果が伴っただけに 差し、追い込みの
イメージ強い武藤騎手が継続で再度同じような形になるなら面白いのではないでしょうか?


 次に前後逆にして宝塚記念のほうから  単複15 ゼーヴィント

 本命はゼーヴィント  前走は枠なりにというよりは少し押し込められるような形の内々 
特に工夫泣く回って 直線はモロ詰まり 3分所意識して捌きにいこうとするが捌き切れず 
一応上がり最速は出しているが脚は余す形。 ハンデ差を考えれば悲観するような内容
でもなかったですね。 本来はもっと器用に早目に立ち回れるようなところがあるので、
良績のある右回りで、小回りの内回りコースのほうが合うでしょう。



 最後に花のみちS  単勝3 マテラスカイ

 本命はマテラスカイ  今週の栗東の坂路では1番時計を出していますね。
陣営のコメントを見ても、まぁ間違いなく勝負気配は濃厚ですかね。

 この馬 2走前の橿原Sでは好発から2馬身ほど離す逃げ 直線のみで引き離す形。
 オールダートコースとはいえ 馬場考えるとペースはそこまででもなかったかもしれませんが、
 ただ データでみると 準オープンクラスのダート1200mにおいて2着にコンマ8秒差以上つけた馬は
ここ10年で3頭しかおらず、そのうちテイクアベットは後にサマーチャンピオンを勝ち、
サマーウインドとダノンレジェンドは後にJBCスプリント勝ちまである。 いずれも大出世していることを
考えると、この大差をつけての勝利というのは、非常に重要な指標と言えるでしょう。
 まともに走ればこのメンツ相手には負けないとは思いますが・・・( ゚Д゚)