ここから本文です
  • 1

    *****

    首(頚椎)から下の内臓以外の症状を幅広く扱う整形外科。
    他の科の専門トピは目にするのに、何故か整形外科関連は民間療法や東洋医学のトピばかり。

    整形外科疾患でお悩みの方、是非ご相談ください。
    レスは多少遅れるかもしれませんが、ご了承ください。
    手術治療、保存的治療、薬に関すること、後遺症の不安、答えられる範囲でお答えします。

  • <<
  • 16382 16363
  • >>
  • 16382(最新)

    コトコト 6月18日 22:12

    すみません
    後縦靭帯骨化症と線維筋痛症についてお伺いしたいのですが

    永年線維筋痛症でペインクリニックのトリガーポイント注射治療をしてます
    2年ほど前に頸椎と胸椎に小さな骨化症が見つかり経過観察だったのですが
    去年末に下半身のシビレと突っ張り、痛み、股関節のシビレ
    頸部の突っ張り痛み、背中の痛み、両手のシビレの症状が強くなり
    CT検査の結果、進行しているとの事でしたが
    線維筋痛症と腰痛症症状が有るし、まだ小さいので手術はしないで
    難病申請だけして、リハビリをしながら経過観察する事になりました

    そこで質問なんですが
    この難病の対処療法にペインクリニックの治療は該当しないのでしょうか?

    ペインクリニックでは星状節神経ブロック注射とトリガーポイント注射治療を
    していますが、担当医は線維筋痛症の治療でやってるので不該当と言われます
    (整形外科の担当医は合併症として線維筋痛症と診断書に記載されてます)
    どちらも痛み症状の有る病気だと思うので、該当すると思うのですが

    よろしくお願いします

  • 沼津市立病院の整形外科で見て貰いましたが原因が判らず夜になると肩や足が吊り激怒の辛さ。弁護士に等級を貰い。手術をと考えていましたが等級× これからどうやって残りの人生生きて行くのやら。 「交通事故で脊髄損傷」10対0 もうすぐ3年。

                     悔しい。
               人生終わり

  • >>16379

    ありがとうございます、。

    左の方の膝ですが、

    伸ばしても、まげても、ひねっても
    圧をかけると、どう動いても、ミシミシ?ギシギシ?こすれる音がします。

    半月板がこすれている音の可能性たかいですか?
    めくれた半月板が、動作で、ずれてしまうことがあると言われましたが、
    このこすれる音と、半月板が二枚にずれてしまうなんて恐ろしいことがおこる前兆なのか、
    左に負荷をかけると、こすれたおとがします。
    よろしくないことですか。
    気にしなくても、だいじょうぶでしょうか?

    動揺せい有りと、入力されてたんですが、関係ありますか?
    ちなみに、右膝は、動揺せいなしでした。

  • >>16378

    <結局は、水平断裂も、変性断裂と同じなのですか?>

    あなたの場合はそういう結論です。
    変性断裂が必ずしも水平断裂だけを起こすわけではないですからね。

    <右半月板は、詰まったら除去すると言われた理由は、左膝とは、
    違い水平断裂と、変性断裂が混雑しているから、縫合ではなく、除去だと言われたのでしょうか?>

    そうなんでしょうね。

    <膝の先生が、半月板損傷で水平断裂変性断裂と告げられたのに、主治医の先生は、膝内症?>

    正しくは膝内障です。
    つまり膝関節内障害の略なんですが、半月板損傷も膝内障の一つで、
    他には軟骨損傷とか十字靱帯損傷なども膝内障に含まれます。

  • >>16377

    2年前に、左外側半月板損傷したときは、MR画像説明の画像では、横切り?外側、内側の半月板が両方見える取り方で、
    外側半月板の黒いところの真ん中あたりに、三角の亀裂?が見えて、MRの先生?からのデータには、外側靭帯損傷、外側半月板水平断裂、水が溜まっていると、記入されていたらしく、よみあげて主治医の先生ご自身も、画像確認し、うなずかれて縫合手術やなと口にされたのを覚えています。
    そのとき、装具を作る際の診断しょには、半月板変性とかかれました。

    MRI技士さん、先生?は、水平断裂と判断されて、主治医の先生は、うなずかれたのに変性とかかれたのは、
    結局は、水平断裂も、変性断裂と同じなのですか?



    今回傷めた右外側半月板は、一度膝専門の先生に診てもらった後に、その画像を主治医の先生にみせました。
    膝の先生から見せてもらった画像は、一枚は左膝のときのような、黒い半月板の真ん中に、白い線が(左は三角っぽい線でした)走っていて、水平断裂だと、いわれましま。画像をおくりながら、二枚目にとめて見せられたのが、黒い半月が、ほとんど白くぼやけている箇所のを、指されて、変性?ぼろぼろになっていると説明されました。
    素人的に理解したのが、右半月板は、詰まったら除去すると言われた理由は、
    左膝とは、違い水平断裂と、変性断裂が混雑しているから、縫合ではなく、除去だと言われたのでしょうか?

    それと、もうひとつ気になったのが、今回の右膝への装具の
    診断しょには、膝内症とかかれました。
    膝の先生が、半月板損傷で水平断裂変性断裂と告げられたのに、主治医の先生は、膝内症?

    どうちがうのでしょうか?

  • >>16376

    <先生に、よっては見解が違ったりしますか?>

    多少は違いがあるでしょう。

    < 全ページを、必ず診てくださるものですか?
    それとも、ランダムに診て判断されるものでしょうか。>

    基本的にはすべての画像に眼を通しますが、何を重点的に見るかは異なりますよ。

  • >>16375

    MRI画像は、たくさんページ?っていうのでしょうか、、がありますが、先生に、よっては見解が違ったりしますか?
    全ページを、必ず診てくださるものですか?
    それとも、ランダムに診て判断されるものでしょうか。見落とされたり、、

    右側の半月板損傷への意見が違ったので、不安です。
    確認されていた、画像や。わたし向けに停止画像での説明された画像が、違って。
    反応も違った感じで困惑してます。

  • >>16374

    <再生医療の実験台にみずから手をあげることは難しいのでしょうか?>

    そうですねえ、まだ臨床試験には至っていない名愛が多いのですよ。

    <わたしと同じことを考える患者さんは、きっと、沢山いらっしゃるのでしょうね>

    はい、その通りです。
    しかし臨床試験の対象になる患者さんの選択には、かなりいろいろな条件が必要ですし、
    医療者側の都合が患者さん側の御希望とは異なっていることが多いはずです。

  • >>16372

    先生方も夢なんですね、そのひとことで、なぜだか、距離が縮まったようで
    少し安心しました。ありがとうございます。

    先生、
    ちなみに、再生医療の実験台にみずから手をあげることは難しいのでしょうか?

    わたしと同じことを考える患者さんは、きっと、沢山いらっしゃるのでしょうね、、、

  • >>16371

    <調べると筋肉の中や骨との間に骨が形成されることがあり、初期治療しないと治すのが難しくなると読みました。>

    何をどう調べられたのか判りませんが、指ではあり得ないことです。
    第一、指の中には筋肉は存在しません。

    <このまま様子を見ても大丈夫なのでしょうか?>

    さあ、判らないですねえ。
    関節そのものにダメージがあるのか、あるいは固定していたために関節が硬くなったのか、
    実際に見てみないと何とも言えないです。

  • >>16370

    <なかなか、治らないことで、あれもこれもできないと思うより。
    この状況でも、今できている範囲を、良し!!と考えなさいと、先生に言われたことがあります。骨大工先生は、この意見賛同なさいますか?>

    はい、非常に良い考え方です。

    <また、ある整形の先生に、それも全く別の先生お二人に、同じことを言われた経験があります。
    骨折やったらなー、骨やったらなー、治してあげれるのに。くっ付けてあげれるのにな〰️。
    関節だけはな〰️、軟骨だけはな〰️、と。
    この意見は、骨大工先生も同じですか?>

    そうですねえ、まあそういうことは言えますね。
    軟骨再生は整形外科の夢なんですよ。

  • 3週間ほど前に右手小指を打撲しました。
    すぐには病院には行かずに湿布を貼って安静にしていました。
    2,3日で腫れはひきましたが第1関節のあたりが紫色の痣ができ、小指全体が力を入れたり曲げようとすると痛みがあったので発生後10日ぐらいに近くの整形外科に受診しました。レントゲンと問診の結果骨に異常はなく、指も痛いながら少しは曲げることもできたので、打撲と判断され湿布を貼って様子を見て下さいと言われました。しかし更に9日たっても痣は赤くなり消えそうになっているのですが第2関節が抑えても痛みは殆どないのですが曲げると強い痛みがあり、我慢して曲げても突っ張る感じがして以前ほど曲げることができません。
    少し不安になり調べると筋肉の中や骨との間に骨が形成されることがあり、初期治療しないと治すのが難しくなると読みました。
    このまま様子を見ても大丈夫なのでしょうか?

  • >>16367

    年々左右差がまします。

    もともとは、腰椎ヘルニアの症状が右足に出ている影響?で、右足が細くなってたんですが、
    続々と左側の関節を傷め、左足がやせてきました。
    この先だいじょうぶなものか、心配です。

    整形外科患者の相談窓口 年々左右差がまします。  もともとは、腰椎ヘルニアの症状が右足に出ている影響?で、右足が細くなってた

  • >>16367

    ありがとうございます。

    手の痛みは、頚椎からの症状だと、思いこんでたら実際は、CM関節の亜脱臼だったとか!

    腰椎からの症状だと、思っていた足首の痛みは、関節の変形と、靭帯損傷だったとか!
    膝も、しかり使痛みか、腰からであって欲しかったのに、半月板損傷脱臼とか!

    痛みの出どころが、あまりにも複雑で、きっと先生も、消去方?でないと判断つかないのかなーと、思ううちに、悪い関節が20年の間に着々と増えました。

    なかなか、治らないことで、あれもこれもできないと思うより。
    この状況でも、今できている範囲を、良し!!と考えなさいと、先生に言われたことがあります。骨大工先生は、この意見賛同なさいますか?

    また、ある整形の先生に、それも全く別の先生お二人に、同じことを言われた経験があります。
    骨折やったらなー、骨やったらなー、治してあげれるのに。くっ付けてあげれるのにな〰️。
    関節だけはな〰️、軟骨だけはな〰️、と。
    この意見は、骨大工先生も同じですか?

  • >>16366

    <甲状腺腫瘍の摘出で頸椎をそらし4時間持ちますか 万が一 下半身不随に成る事も有りと先生に言われました リスクが大きすぎます>

    MRI画像を見られての話なんでしょうか?
    整形外科医はどう言っているのですか?

  • >>16364

    <これは、頚に近いから手の感覚の異常は、頚椎ヘルニアでの症状で、
    足の感覚の異常は腰に近いから、腰椎ヘルニアでの症状と
    単純に考えてよいのでしょうか?>

    さあ、判りません。
    感覚異常の原因は脊椎だけではありませんからね。

    <反射の反応がないということは、頚椎ではく、腰椎ヘルニアのほうの圧迫が原因であると判断できるということですか?>

    反射が低下しているかどうかは非常に判断が難しいですから、何とも言えないです。

    <それは、今となって感じますが、脊髄の圧迫まで達してなくて、良かったな。
    腱反射が亢進?高くなってなくて、神経根の症状で良かったな
    腰椎ヘルニアの症状で、ひと安心と言う意味だったのかと、、理解できてきました。

    それとも、間違った解釈をしておりますでしょうか?>

    これはまあ間違ってはいないでしょう。

  • 甲状腺腫瘍の摘出で頸椎をそらし4時間持ちますか 万が一 下半身不随に成る事も有りと先生に言われました リスクが大きすぎます 迷っています。

  • >>16363

    ということは、反射の反応がないということは、頚椎ではく、腰椎ヘルニアのほうの圧迫が原因であると判断できるということですか?


    それと、反射を、調べられたときに
    先生が、頚椎ヘルニアでの圧迫は
    神経根の症状で良かったなと、言われたような、
    記憶があります。

    それは、今となって感じますが、脊髄の圧迫まで達してなくて、良かったな。
    腱反射が亢進?高くなってなくて、神経根の症状で良かったな
    腰椎ヘルニアの症状で、ひと安心と言う意味だったのかと、、理解できてきました。

    それとも、間違った解釈をしておりますでしょうか?

  • >>16363

    腰椎も、頚椎も患っていると、ややこしいのですね、、。
    どちらからの痛みなのか、痺れなのか、、、。

    いろんなところの苦痛を聞いて下さり、お答えいただいて感謝しきれません。

    どこの痛みが、どこからきていて、どうつながっているのか、絡まりすぎていてほどけない感じです。

    ずっと、気づきながら気づかないふりをしていたことがあります。

    右手の感覚が、おかしいと感じます。
    左手のひらで、ものに触れた感覚と、
    右手のひらとは、ちがうのです。

    左手は、素直に鋭敏に感じます。右手のひらは、鈍く、右手とは明らかに感覚がちがうのです。


    そうなると、感じ方のちがいは、右足と、左足でもかなり、ちがいます。
    一番わかりやすく言うと、砂利道をあるくと、左足は、砂利を直接感じ気がしますが
    、右足は、タオルか、毛布を一枚引いた上から足をのせた感じ、感覚がにぶいです。


    これは、頚に近いから手の感覚の異常は、頚椎ヘルニアでの症状で、

    足の感覚の異常は腰に近いから、腰椎ヘルニアでの症状と
    単純に考えてよいのでしょうか?

  • >>16362

    <鍵反射に異常があったということは、反応しなかった、ということは、
    つまり脊髄に異常がおこるほどの圧迫があると言うことなのですね。>

    いえ、違います。
    下肢の腱反射の中枢(脊髄の)は頚椎ではなく、腰椎ですから頚髄の圧迫が高度である、ということはあり得ないのです。
    先に書いたように、頚椎疾患を疑って下肢の反射を調べる場合は、反射が亢進している下層ではないかを見ているだけです。

    <それイコール手術であるとは、限らないのですか?>

    そういう話ではありません。

    <時折痛みますが、横に長く溝のようにくぼんでいます。筋肉の断裂ですか?>

    おそらくそうでしょう。

    <治らないものなのか、放置していて支障はないのでしょうか?>

    きちんと整形外科で診てもらってください。

  • <<
  • 16382 16363
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ