ここから本文です
  • 1

    *****

    私の持論を騙るトピがありますので、趣旨を少し変えてお話します。

  • <<
  • 8777 8757
  • >>
  • 8777(最新)

    kan***** 7月13日 08:31

    >>8776

    おはようございます、adsさん。
      そうですよね~。今は、働くにしてもいろいろな働き方がありますからね~。
      インターネットというのがありますからね~。在宅勤務もありですよね~。
      ITは、いつも時間と追いかけっこですからね~。((´∀`))ケラケラ
      僕も、在宅で少しの時間で出来る仕事があればしてみたいという気持ちも少しはありますが~。((´∀`))ケラケラ
      ITといっても色々な仕事がありますからね~。((´∀`))ケラケラ
      僕んPような大型の汎用コンピューターの開発なんて、過去の遺物のようなもんです!((´∀`))ケラケラ
      今は、分散型の簡易言語が主流なんですかね~???((´∀`))ケラケラ
      ただシステムの考え方は、変わってないと思いますけどね~。

      今日は、これから「健康マージャン」です。毎週金曜日にしてます。
      ほとんどは僕より年上ですけどね~。88歳のば~ちゃんが来てますよ!
      まあ、なんとか打っていますけどね~。((´∀`))ケラケラ

  • >>8775

    こんばんは、委員長。
    働き方にバリエーションがあるものですね。今の私のような働き方は、働き盛りの人には全く良いかとがないのでしょうが、私のような年寄りにはありがたいです。在宅勤務と言うか、月ぎめの外注と言うか、とても助かっています。昨日のように突然の付き添いによる休みにしても、時間がやりくりできれば、全くOKなのです。幸いに前日夜中の12時過ぎまで頑張って、メール添付で図面を送っていたので、ある意味フリーの状態でした。納期も特に決まっているわけではありませんし、ある程度マイペースです。時間がかかりすぎれば、当然支払い側は文句になるでしょうが、仕事に苦痛を感じない私は頑張ってしまいますので、十分大丈夫です。
    その計画もう少し見直して、容積を増やそうと考えていたら、あれはもういいからと言うことで、もう今日は次の計画がやってきました。今日は下仕事(準備仕事)をこなして、明日は現地と役所に行ってきます。来週の頭には、計画をまとめるつもりです。
    仕事より余暇が好きな人には、向いていない働き方ですね。

  • >>8774

    こんにちは、adsさん。
      僕が社員時代(委員長をした会社)の会社は、IT会社とはいっても親会社は保険会社だったので、
      派遣会社のようなことはありませんでした。組合も保険会社の労組でしたので!(各保険子会社の労組組合が
      集まった下部組織ありました)
      それに比べると雲泥の差です。契約社員の世界は、「お金」が大好きな人がたくさんいますし、その執着の度合  いが高いですね~。あまりなじめなかったのが本音です!
      生活の為なら仕方ないですけどね~。((´∀`))ケラケラ
      2次請、3次請なんてのは当たり前ですしね~。
      1次請は、1部上場の企業の子会社とか関連会社がすべて取りしきっている状態ですから~。
      まあ元々、仕事を出すのが1部上場会社ですから、その付き合いもあって受ける会社もお付き合いのある会社
      となるわけでして~。
      企業の黒い部分ですけどね~。
      今は、笑い話ですけどね~。((´∀`))ケラケラ

  • >>8773

    こんにちは、委員長。
    委員長の暖かいお気遣いのお言葉、ありがとうございます。確かに年を取るのは自分だけでなく、連れ添いの健康にも目を配らなければと、今回身に沁みました。
    IT業界も結構ブラックなのですね。確かに世間で言う人気仕事も、実は裏は大変な職場環境であったりするものです。私の選んだ建築家(私はこの言葉はあまり好きではないのですが、今回はこの方が通りがいいと思い)もそのような業種ですね。一握りの才能あふれたスターは別として、その他大勢は結構悲惨な生活を余儀なくされています。でも他からはそうは見えないようで、憧れの職業の一つのように思われているようです。高校の最初の同期会があったときに、クラスが同じだったけれど、あまり付き合いがなかった、と言うより、あまり気が合わなかったのが、やたら寄ってくる。その時、自分には全く分からなかったのだけれど、後になってそういうことだったのか、とわかりました。
    彼は学生時代に美術が好きでその面では活躍していたと思います。展覧会なんかでも賞を取ったりしていましたから。その彼が皆さん誰でも名前を知っている、一流企業に勤務していたのです。結構いい待遇だったと思われます。その彼がその同期会の5年後頃に家具職人としてのアトリエを開いた、とはがきが来たのです。
    一流会社に勤めていても、創作的仕事をしたい。その思いから、その道にいる(と彼が思った)私に近づき、その道絵の情報が欲しかったのだなあ、とわかりました。
    その時に私が思ったのは、なんてもったいない。大企業の勤めをどぶに捨てるような暴挙を、と思いました。せいぜい日曜大工の範囲に収めておくべきと、この世界の一端を知っている私は思ったものです。
    その後彼がどうなったかは全く分かりません。現在の日本は職人の仕事を大事にしていません。こちらも一部のスターはいるでしょうが、どんなにいい仕事をしても、その評価は高いものではありません。
    その後家具のコンクールで入賞したとか、そのような話は聞きません。会う機会があったなら彼にその後の話を聞いてみたいと思いますが、非常ンプライドの高い彼が、真実を話してくれるでしょうか。疑問ですね。

  • >>8772

    おはようございます、adsさん。
      元気で体が動くうちは少しでも働いたほうがいいと思いますよ~。
      派遣のIT業界は、人使いがあらくてね~。ヽ(`Д´)ノプンプン
      人を大切に扱わない傾向にあるんですよね~。労基法も守らないのはあたりまえ~ですからね~。
      実態を知っているだけにしり込みしますね~。((´∀`))ケラケラ
      とりあえず、今はのんびり過ごします!

      それより大事にいたらなくてよかったですね~。
      でも高血圧は、気をつけたほうがいいですね~。
      僕も、会社に行っていたころ「たばこ」&「酒」で降圧剤を飲んでいた時期があります。
      今は、「たばこ」もやめたし、「酒」の量も減らしたたので降圧剤の服用していません!
      今は、ストレスもなくのんびりとすごしているせいか健康状態は良ですね~。((´∀`))ケラケラ
      Ⅰ型もうまくコントロールできているようだし~。((´∀`))ケラケラ

  • >>8771

    こんばんは、委員長。
    そうですか、やはり技術を持っていると、世間は話してくれないんですね。お体の調子に合わせて、ご検討ください。
    私の場合は、経済的な理由ももちろんありますが、世間のお役に立てることの喜び、また、仕事に熱中できる幸せ、それと、ある程度のストレスをもって、動き回り、それによる混交維持の目論見等、いろいろの理由で居間だ働いています。
    今朝がた家内が起きて、4時ころからめまいがすると、体調の不良を訴えてきた。このところの無理な勤務、睡眠不足(この原因は私の働き方と、うまくかみ合わ和ないことが原因でもあるようです。それに低血圧で売っていた、完所の血圧が3月の健康診断で、血圧が高いと指摘され、今まで120前後の血圧が、140から180を動くようんなりました。早速血圧を測ると、なんと220超え。
    ひょっとして脳梗塞の症状かと心配し、聖マリアンヌ病院に行きました。いつもは家内が私の健康管理についてきてくれていますし、私も家内の体調が心配ですし、めまいで途中で倒れたら大変と、私もサポートしました。
    最初何かにかかったらいいかの相談から入り、神経内科→CT→耳鼻科と回ることになりました。CTは脳梗塞を心配する私らの希望を聞いていただいたのです。
    結果、CTはじめ神経内科の方は問題なし。原因は良性発作性頭位めまい症とのこと。



    まあ大事に至らなくて
    良かった良かったです。これも加齢により起こりやすいとか。わかりやすく言うと、耳垢が三半規管に落っこちることのようです。

    予防の体操もありました。
    https://style.nikkei.com/article/DGXKZO00214220Y6A420C1TZQ001

    糖尿は神様の肩たたき こんばんは、委員長。 そうですか、やはり技術を持っていると、世間は話してくれないんですね。お体の調子

  • >>8769

    こんにちは、adsさん。
      そういえば、先ほど僕にも昔の派遣会社から、ITの仕事があるんですけど、どうでか~?
      TELがありました!((´∀`))ケラケラ
      向こうも、一旦リタイヤした元部長で65歳だそうです。60以上の人をパートで探しているらしいです。
      まあ丁重におことわりするようなお話にしたんですが~。また、別口があれば連絡するそうです!
      うそだか、ほんとだかね~?((´∀`))ケラケラ

      各駅旅は近場は行きつくしたので、とりあえず20日過ぎに朝早く出る「八王子→松本」に乗ろうかなあ~
      と思っています。帰りは、長野経由で「しなの鉄道」で軽井沢経由で帰ってこようかと思っています。
      遅くなりそうだったら、途中から北陸新幹線で!
      かなり強硬軍ですけどね~。((´∀`))ケラケラ

  • 最近ゆーみんさんを見かけませんね。お元気ならばいいのですが。暇つぶしトピの方にも顔出しされていないようです。雨も心配ですが、お父様のお亡くなりになって、気持ちが落ち込んだのでしょうか、心配です。

  • >>8768

    おはようございます、委員長。おはようございます、には少し遅すぎるかもしれませんが、今事務所についたということで。
    暑くなりましたね。エアコンを入れて、汗を曳かせないと、何も始められない塩梅です。でも梅雨の湿気よりは、暑いけれどさわやかさを感じます。

    旅のご予定、楽しみですね。今回はどちら方面を予定されているのですか。楽しい旅報告、よろしくお願いいたします。

    在宅勤務的な働き方をしていただいていますので、作業時間や場所は自由ですが、納期までには納めなければなりません。と言っても納期が決まって医はいないのですが、早いことに越したことはありません。と言うことで居間のマンション計画、日影と天空率を今日中に片付けないと。と言うことで頑張ります。汗も曳いてきました。

  • >>8767

    こんにちは、adsさん。
      そうでしたか。勘違いで良かったです!
      今年も、もうすぐ各駅停車(青春18切符)の時期ですのでまた行ったらお知らせしますね~。
      (*^▽^*)

  • >>8766

    こんにちは、委員長。お久ぶりですね。雨が上がったら、すっかり夏の天気になりました。各地で水害大変ですね。
    ゆーみんさんはたしか三重県にお住まいだったと思います。私の義理の妹のところの割と近くだったと思います。

  • こんにちわ、ads0699さん。
      お久しぶりです。
      突然ではありますが、「ゆーみんさん」のところは、どうなんですかね?
      わずかな記憶によると、確か「岡山県」ではありませんでしたか?
      僕の勘違いであればいいのですが。

                                          金子

  • 今、東京医科大病院は新しい病院を建築中です。

    これが完成するときにも、まだくたばらないで生きていたいですね。

    http://skyskysky.net/construction/202025.html

    糖尿は神様の肩たたき 今、東京医科大病院は新しい病院を建築中です。  これが完成するときにも、まだくたばらないで生きていた

  • 糖尿でお世話になっている東京医科大病院ですが、残念なことが発生しています。一番許せないのは税金の配分を託されている役人の私利私欲を測ったということです。その権限は国民から託されているだけなのに、なんか自分の力だと、勘違いも甚だしい。まるで後進国の役人のよう。

  • >>8762

    雨の被害、被災された方にはお見舞い申し上げます。
    梅雨が明けたと思ったら、忘れ物を取りに戻ったのでしょうか。あちこちで大きな被害を出しています。

    昨日一昨日と注射をしないでお昼をいただいたので、今日は忘れないぞと、注射したら、普段は蚊に刺されたように、なんの痛みもないのに、さっきは運悪く、神経の真上を狙ったようです。ちょっと痛かったですね。ひょっとして今年初めてではないでしょうか。そのくらい普段は痛みがないのです。
    注射されている皆さんはいかがでしょうか。

  • マスコミの劣化を感じます。今朝のNHKを見ていたら、某教祖の死刑執行を報じ、そのあと番組変更をして大騒ぎを始めました。その時点で「馬鹿者!!」と思い、CSに切り替えました。
    こんなことをして何になるのか。自分たちは何のために仕事をしているのかを考えないのだろうか。
    私は見比べていないので、なんとも言えないが、東テレの報道姿勢を褒める記事を見つけ、まさに我が意を得たりと思ったところです。ジャーナリストは何をしなければならないかをよく考えていただきたい。

    https://www.j-cast.com/2018/07/06333183.html

  • 先日、自民党の二階幹事長が少子化問題をめぐり「この頃、子供を産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」と述べた。「みんな食うや食わずの戦中・戦後の時代に『子供を産んだら大変だから、産まないようにしよう』と言った人はいない、子供をたくさん産み、国が栄え、発展していく方向にしよう」と呼びかけた。

    これに対してマスコミの批判が起こったが、私は彼の行っていることは尤もだと思います。もちろん子供のいない家庭を決して批判はしていない。そうでなくて、自分たちのその時の幸せのために、こどもを作らない選択をすることに対する批判であったはずです。それは夫婦の問題であり、子供を作る作らないは本人たちの自由であるとマスコミは言う。それならば老後のみじめな生活は嫌だから、自殺するのも自由であっていいし、殺したいほど憎らしい人を殺すのだって自由であるべきではないでしょうか。それならば社会が混乱するとか、多分言うでしょうが、子供を作らないことが、自分たちの幸せと考えること自体が、大きく社会をゆがめていくのです。もちろん戦時中のように、戦争のために産めよ増やせよ、ではありません。社会を発展させる、と言うよりは、衰退させないために人口は均一に維持していかなければなりません。そうしなければ、あえて子供を作らない家族が(いない家族ではありません)年を取って、十分な幸せを得られるでしょうか。
    また、昨今の風潮として、貧乏だから学校にいけない。結婚できない。と言う若者が多くいるように、思います。
    それは詭弁です。貧乏のせいにしないでもらいたい。私は高校卒業以降、親に学費等を出してもらっていません。
    そんな事情で、家内と結婚式は上げていません。それでも結構長持ちしています。最初は6時一間のアパートで、共同炊事場、共同トイレ、風呂なしと言うお粗末な部屋でした。家具は何もなくミカン箱に板を載せたところで食事をしました。それでも夢があって、幸せでした。お風呂に一緒に行って、帰りは待たされたという歌詞がある神田川の歌そっくりです。
    昔から言いますよね。「一人口は食えなくても、二人口は食える」まさしくその通りです。若い方々、頑張りましょう。

    https://www.youtube.com/watch?v=95CyCAwgYkE

  • 今日は昨日より少し暑さが穏やかになりましたね。気温が上がると変なところに影響が出ますが、先日話をしました、スマホ以外に、実は我が家の照明に影響が出ます。と言いますのは中古住宅を購入した25年くらい前に、廊下とトイレに人感センサー付のスイッチに交換したのです。1個1000円くらいの少し高いものですが、それを4か所付けました。と言うことで我が家のトイレと廊下を歩くときはスイッチを気にすることなく、ただ歩けばいいのです。ただしトイレは永くじっとしていると、期限切れで暗くなります。そのために、時々手を動かしたりしなければなりません。家内はそれを嫌って天井の照明をつけてしまいます。と言うのは人感センサースイッチは人がいるところでないと作動しませんから外側のトイレ天井照明は人感センサーにはできないのです。サイワなことに我が家のトイレの手洗いの前にブラケット(壁付け)照明がありましたので、それを人感センサーにしたのです。で途中で切れることで家内は廊下のスイッチを入れて、トイレに入り、出るときは必ずと言っていいほど、切り忘れているのです。その対策として現在は天井照明の電球を5wのLED電球にしました。これなら1日中つけっぱなしでも3円60銭ですから、私も気になりません。同じように外部の照明も夜中中つけておきますので、こちらも5WのLED照明にしてあります。
    あと人感センサーにできなかった(新築時ではないために)階段も消し忘れが多いので、こちらは10wのLEDにして夜寝るとき以外つけておくことが多くなりました。

    最初に熱くなるとなんで照明で困ったことが起きるのか。それは人感センサーの感度が悪くなって、なかなかつきにくいことが起きるのです。人感センサーは人体から出る赤外線に反応するために、暑くなると壁などから出る赤外線量が増え、人体の赤外線が感知しにくくなるということです。まああまり気にするほど感度が落ちるということではないのですが。冬などは猫が歩いても反応して明かりがついたりします。

  • 話は変わりますが、先日天空率と言うのをお見せいたしました。その中で私が気が付いていた、建物等に蓋のない状態でしたが、やっと二のある書き方が習得できました。できれば何でもないことなのですが、できるまでには試行錯誤が必要でした。先ほどの試行錯誤で思い出し、その成果を披露いたします。間違いはポリライン(専門用語ですみません。つなげると一塊になるという線の意?)を2次元で作り、それを3次元にして引き延ばしていたのです。正しくは3次元の状態でポリラインを作り、それを引き延ばすということだったのです。わかってしまえば、簡単なことだったのです。
    また先日はバックが黒でしたが、見やすいように白にしました。私は普段黒のバックで仕事をしていて、それに慣れているのですが、最近は設計に黒い線以外に、カラーの表現がふえたこともあり、若い方々は白いバックで最初から書くようになったようです。私はまだまだ白いバックで図面を書くことは抵抗が多すぎます。本当になれと言うものは恐ろしいですね。自分体が習ったものは、それが正しいと思い込む。考え方を変えることができない。「軍隊を持つと戦争になる。→軍隊は外国につけ入れられないように備えるものであり、平和を維持するものである」や。「糖尿は病気であるから、病気として治療しなければならない。→糖尿は加齢により機能が劣化する、自然の摂理によるものだから、手入れ的治療を行うべきである」など。

    いかがでしょうか。

    糖尿は神様の肩たたき 話は変わりますが、先日天空率と言うのをお見せいたしました。その中で私が気が付いていた、建物等に蓋のな

  • >>8756

    その他のグラフです。こちらはエクセルを使って作ったグラフを張り付けたものですが、だんだん劣化しているように感じています。こちらも勉強して、きれいにしたいのですが、今すぐにとはいきません。

    糖尿は神様の肩たたき その他のグラフです。こちらはエクセルを使って作ったグラフを張り付けたものですが、だんだん劣化している

  • <<
  • 8777 8757
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ