ここから本文です

糖尿病に負けないぞ

  • 1,500
  • 3
  • 2017/09/08 09:20
  • rss
  • 1

    *****

    今日、総合病院で診察を受け食後2時間後血糖値178ヘモグロビンA1c9.9でした。次回検診までに9.0に下げないと入院が必要とのことで頑張ります。罹患してから12年。54歳で本気で「病気」と立ち向かいます。同じ病気で頑張っていらっしゃる方と励まし合いながらと思っています。

  • <<
  • 1500 1474
  • >>
  • 1500(最新)

    tak***** 9月8日 09:20

    はじめまして

    境界型糖尿病のについておうかがいします。

    僕は以前から甘いものが好きで毎日お菓子を食後に必ず食べます

    そんなこともあって5年くらい前から3ヶ月に一度くらい献血をして糖尿病の指標でもあるグリコアルブミンを常にチェックしてました。

    とくにこれまでグリコアルブミンの数値は変動がなくほとんどが13.1程度で13.5以上にいったことはありません

    しかし2ヶ月前に健康診断でヘモグロビンc1値が5.9とでてやや高めの数値がでました。
    血糖値は85でした

    ヘモグロビンc1値とグリコアルブミンはどちらが糖尿病の指標として正しいのでしょうか?

    ちなみに献血と健康診断の日は1週間くらいの差です

    またヘモグロビンc1値が5.9だと境界型糖尿病なのでしょうか?


    よろしくお願い致します

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 飛蚊症になったようです。これは糖尿病がひどくなったって事でしょうか?心配になってきました。失明したくはないです。

  • 私は、糖尿病の病院とは、オサラバしました^^ 病院に長く通院して、病院が勧めるままの、カロリー計算と薬でずっと治療していましたが、悪化するばかりでした。
    ひどい時は、空腹時血糖値が345、ヘモグロビンA1Cが10.5でした。

    病院から、インシュリン注射を勧められ、悩んでる時に完全糖質制限に出会いました、藁をもすがる思いで 
    徹底的に糖質制限をしました。そしたら、今までのカロリー制限などが一体何なんだと思う位に、どんどん数字が落ちて行きました!!

    それから1年、空腹時の血糖値が110前後、、ヘモグロビンA1Cが6位までに収まっています。

    4ヶ月前からは、もう、病院にも行っていません、処方された薬は、一応、個人輸入の薬屋さんで 購入していますが
    なるべく飲まないようにしています。

    病院は、金儲けのために絶対に完全糖質制限の事は、言いません。糖尿病は、完全糖質制限で簡単に症状を抑えられます。病院の薬漬けにされるより余程、健康的だと思います^^

    糖質制限に出会わなければ、今頃は、3食 インシュリン注射でした。。。。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 糖尿病の診断をうけて、毎日本当に体にだるさがあり
    毎日が辛くなりました。薬も増えてお金もかさみました。
    数ヶ月前にこの情報をみて
    http://byoukikenkou1.web.fc2.com/
    半信半疑で生活習慣変えてみたら本気で良くなってきました。
    かなり驚いていますしお医者さんも驚いていますが、体の力って凄いんですね

  • >>1486

    本当にそうですね 
    私も大好きなご飯やうどん お好み焼きをやめました。
    血糖も下がりました。

  • >>1487

    私も3か月前にインシュリン打ってても 上下が激しくて 炭水化物抜きの生活に変えたら落ち着きました。食後毎回リンゴを二分の一食べています。リンゴがいいように思いますよ。
    それとこれを読んで下さい。
    http://www.nagayoku.com/solution/relation/

  • 私は大分県国東半島で霊芝を栽培しています。
    大量生産はせず、自然にできる霊芝になるべく近づけるため、原木露地栽培に挑戦しています。

    私に霊芝づくりを教えてくれた人が糖尿病でした。インシュリンを打つのがいやで霊芝づくりを始めたそうです。ヘモグロビンA1c8.9が今は5.6だそうです。薬は飲んでいません。その方によると薬では糖尿病を完治できないそうです。もちろん食事にはとても気を使っています。

    生産量は少ないので、たくさんお客さんがいるわけではありませんが、私の霊芝を愛飲していただいている方は、がんや糖尿病、高血圧といった慢性病に悩む方で、どの方も病気は快方に向かい、中にはがんが消失した方もいます。糖尿病の人では、霊芝の煎じ汁を飲むようになってから、1年ほどでヘモグロビンA1cの値が正常になり、インシュリン注射から離脱した人が2人がいます。

    霊芝は自然物であり、一人ひとり状況は違うので一概には言えませんが、試してみる価値はあると思います。

    もし興味がありましたらご一報ください。
    詳しくは「養生研究室」で検索してみてください。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>1486

    わたしの経験(実測値)からいえば、生姜焼き定食でごはんを一膳食べたら食後血糖値は455まで上昇。
    次の日、ごはんを食べずにおかずだけの場合は食後血糖値は162でした。

    ラーメンの場合は麺を食べたときは389でした。
    同じスープと具で糖質0麺を食べた結果は155。

    カレーライスやパンケーキや食パン等でも試してみましたが、結果はすべて同じでした。
    私の場合はパンが一番血糖値が上がるようでした。

    炭水化物を1/2~から、できれば1/3まで減らして、
    その分肉や野菜を多く摂るようにするだけで糖尿病は改善できます。
    一日の糖質摂取量を20~30gにするだけで血糖値はほぼ正常を維持できるのです。

    論より証拠、実践するにしくはなし。

  • >>1482

    糖質制限は劇的な効果がありますよ。
    私はA1Cが12.0前後で、空腹時血糖値は400を超えていましたが、
    糖質制限開始3か月でA1C5.2~5.8、血糖値は80~90と全くの正常値になりました。

    糖質制限と言っても、主食といわれているご飯やパンや麺類を止めるだけ。
    あとは、なるべく糖質の少ない食品を摂るようにします。
    「食品別糖質量」というハンドブックを参考にしました。

    最初は食費がかかると思いましたが、慣れてくると小食になり、3か月で8㎏も体重が減りました。
    ダイエットにも劇的な効果があります。

    また、糖質をとらないことで他の病気になるという心配は無用です。
    人類は元々採取狩猟生活をしていて、炭水化物を恒常的に摂るという習慣はありませんでした。
    農耕を始めた約1万年くらい前からの習慣なのです。

    第一、カナダのイヌイット(エスキモー)やアフリカのマサイ族などは近年まで農耕文化はありませんでしたので、
    炭水化物は極端に摂取していませんでした。しかし、なんの差しさわりもなく生活していたのです。

    むしろ、近年になって炭水化物を摂取するようになってから、文明病に悩まされることになったといいます。
    「糖質制限善悪論」などは論より証拠、結論は自身で実践してみてからでも遅くはありません。

    一部の医師(糖尿病学会の関係者)や厚生省の役人などは既得権益の関係上、「糖質制限」は危険だ!
    などと、主張していますが、実践していない者の意見は聞かない方がよろしいでしよう。
    糖質制限が世の中に広まって糖尿病患者が減れば、利益を失う医者や製薬会社や役人も多くいるのですから。

    まずは、食前と食事開始後2時間の血糖値を測ることから始めましょう。
    主食を摂った時と、摂らなかった時の血糖値をみれば愕然とすることうけあいです。
    糖質を摂らなければ血糖値は絶対に上がりませんから。

    カロリー制限など無駄な努力です。
    糖質制限の絶大な効果に驚くことは保障できますよ。

    詳しいやり方は、質問してくだされば、わたしの経験からお話しできます。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>1481

    私も「糖質制限」食事療法で糖尿は完治しましたよ。
    最悪の時は、空腹時血糖値が400超、ヘモグロビンA1Cが11.6でした。
    糖質制限開始からわずか3か月で、A1Cは5.2~5.8と糖尿とは完全におさらばしました。

    糖尿病は不治の病なんかでは絶対にありません。
    ごはん、パン、麺類等の炭水化物(糖質)を制限するだけで短期間であっさりと簡単に治ってします。

    糖質を制限したら低血糖とか他の病気にならないかとか、安全なのかという心配は全く御無用です。
    欧米では研究が進んでいて、スタンダードな食事療法となっています。

    第一、一か月以上断食して低血糖で倒れたなどという話は聞いたことがありませんしね。
    糖質を摂取しなくても、ちゃんと体内で代替物質が生産されるからなのです。
    ロシアでは有名な断食専門の病院があり、安全であらゆる病状を回復させる効果があることが実証されています。
    糖質制限もいわゆる断食療法の一種らしく、似たような効果があるのだと思います。

    糖質制限をやっていて心配なのは、炭水化物を摂取しないがゆえに何か他の病気にならないか?
    ということぐらいでしたが、炭水化物は学術的にも不要であると証明されています。

    「炭水化物が人類を滅ぼす」夏井睦著 で専門的な知識を得られたら納得できるでしょう。
    Ⅱ型糖尿病は短期間で必ず完治しますよ。

    また、Dr.江部康二先生は日本における「糖質制限療法」の第一人者です。
    書籍も数多く出版されていますから、ご参考までに。

    まずは実践にしくはなし、たった一か月で目を見張る効果が現われますよ。
    ただし、インシュリン注射や薬を飲んでいる方は低血糖状態に要注意です。
    毎日、食前と食後2時間の血糖値を計測して低血糖には十分注意をすることです。
    それくらい劇的に血糖値は下がります。

    何か質問があれば、経験者としてわかる範囲ではお答えいたします。

  • 久し振りに覗きましたが、、、
    あれ〜?
    皆さん糖質制限してないのかなぁ?

    私は糖質制限で糖尿病とさよならしました。
    今は薬なしでA1cが5.5。

    血糖値を上げるには「糖質のみ」
    タンパク質や脂質では絶対上がりません。

    三大栄養素の
    タンパク質
    脂質
    糖質
    の内、糖質を摂らなくても「ケトン体」でブドウ糖の役目をします。

    Facebookの「糖質制限グループ」では延べ1万人が参加。
    皆さん勉強して肉食べまくって糖尿病を克服しています。

    2型糖尿病は100%治ります(肝臓機能が低下していたら難しいけど)
    皆さん糖質制限を勉強して下さい。

    透析寸前の患者さんが東京国際マラソンに参加しました。
    従来の治療ではあり得ません。

    糖質制限の権威「江部先生」で検索して調べて下さい。

  • 遊び半分でなく本当に血糖コントロールをしないと合併症になります。私自身コントロールしてたつもりが今はもう透析一歩手前です。元には戻れません。a1cは6%以内に。

  • >>1475

    糖尿病新薬で脳梗塞12例、使用注意呼びかけ

     今年4月以降に相次いで発売された糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」で様々な副作用が報告されている問題で、日本糖尿病学会は29日、報告された副作用件数は、今月17日までに脳梗塞12例、低血糖114例、皮膚症状が500例以上に達したと発表した。(読売新聞)

  • >>1473

    糖尿病はそもそも今西洋医学の治療法は完全間違っている。糖尿病本当の原因は内脏器官の慢性衰竭、1、血液の量が少ないため、血糖値が高く見える;2、血液の中、水分の量が少ない、3、胰岛素が足りない、摂取した糖分はうまく転換することできなくなる。
    ということは内臓を補うは大切なの。簡単の方法で紹介します、ご参考してください。
    1、西洋人参を食べる。
    2翻白草一日20gを煎じてお茶にして
    3朝空腹で、きな粉をお湯で溶かして、飲む。

    西洋医学のやり方で、一方血糖値が下がったと見えますが、もう一方、目が見えないのは必ず腎臓、肝臓は傷され、体はどんどん悪い道に進んでしまう。

  • <<
  • 1500 1474
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン