ここから本文です
  • 1

    *****

    どこか行きたい・・・・

    旅の予定はありませんか?
    もうすでに 行ってらしたとか・・・・
    ここにこんないい所が・・・とか
    行ってみたいところがあるの!とか


    いろいろ お話できたらいいな
    珍道中あれこれ お待ちしてます。

  • <<
  • 26394 26369
  • >>
  • 26394(最新)

    ララ 4月29日 07:39

    27日の続き。
    阿闍梨餅の話題を書いたので京都へ行ったから阿闍梨餅を買ってみようと思いました。
    多分高島屋にあったのを記憶していました。
    ばら売りもしていたので3個だけ買いました。
    たくさん買ったら皆食べてしまうから。
    1個の値段が安いのでびっくり、これであのこだわりなんですね。
    詩仙堂へ入る前に上の五大神社のベンチでペットボトルのお茶と一緒に1個食べました。
    つくり方は回転焼きのようなものですが、上品です。
    1個は軽く食べられるほどの大きさでこだわりの餡は甘さは抑えてありました。
    皮は炭酸でふくらしたようなものノではなく、水あめが入っているんでしょうかもっちリとした食感。
    甘いもの好きの人なら何個でも食べてしまいそうです。

    詩仙堂の帰り国道の角に丁稚羊羹お店があります。
    そこの若主人の奥さんがパティシエだったので、その店でお洋菓子を作って売り始めました。
    『人生の楽園』という番組で取り上げられていました。
    27に通りかかると喫茶コーナーができていました。
    食べてみたかったけれど阿闍梨餅を食べたばかりなので、また次にしようと思いました。

  • そのあとは四条の高島屋に入っているお蕎麦屋さんへ。
    最初はいつも行列を作っている路地の奥の天ぷらの店に行こうと思っていましたが、写真で見るとアナゴ3個の丼は私には重い。
    詩仙堂へ行くので出町柳あたりでお蕎麦屋さんを検索しましたが、ぴったりくるところがなかったので京阪の四条で途中下車しての食事となりました。
    味は普通よりはおいしかったです。
    しかし当麻寺のそばに勝るものはありません。

    詩仙堂へ~
    美術展を見た後なので詩仙堂への登り道がきつい。
    拝観の仕方が変わっていて建物から履物はいて庭に出るのができなくなり、いったん建物と門の外に出て横から庭に入ります。
    庭だけだったら拝観料を払わなくてもわからないなぁ。
    そんなさもしいことをする気はありませんが。
    今は山吹・シャガ・それに白藤が咲き始め芳香があたりに漂っていました。
    でもどうしてでしょう?
    前ほど感性を揺さぶられない、創造力があまり働かない。
    奈良の自然の山・田園風景が年々好きになり、京都の風景であまり感動しなくなってきています。
    そして樹齢300年・千年の桜を見た後では天才庭師が作ったどんなにすばらしい寺の庭園でもそれは人工のものにすぎないような感じがして。

    それから河原町まで戻って、さすがにきついかと思いつつ烏丸まで歩いてイノダコーヒーを飲んで帰りました。
    今日もよく歩きました。

  • 今日海北友松展へ行ってきました!
    8時過ぎに家を出て博物館に着いたのが9時40分。
    開場したばかりのせいか少しだけ並んでいて何十人かまとめて入場でしたが、待ち時間5分ほどでした。
    そばにいるのは韓国の観光客の人たちで皆声が大きい、
    この人たちとは離れなきゃと思いました。

    そこでokkoちゃん方式・・まずは一番の目的の最晩年「月下渓流図屏風」を見に行きました。
    最初はエレベーターで3階に導かれますが、逆流して階段で1階まで降りて絵の前に。
    最初の入場者もここまで来ていないので、ただ一人絵を鑑賞することができました。
    まるで悟りを開いたように余分なものをすべてそぎ落とした余白の美。
    日本の春の穏やかな柔らかい風景が描かれています。
    小さいたんぽぽや土筆がいとおしいです。

    それ以外はなんといっても建仁寺の雲龍図です。
    その顔の迫力
    墨の線の力強さと雲にかすんでいる部分の墨のぼかし。 
    他にもいっぱいいいなと思うものがありました。

    私はどうもokkoちゃんのようにうまく絵の感想を書けません。
    だから本当はokkoちゃんが先に行って、私が行きたくなって後を追いかけるのがいいのですが。
    行くのにハードりが高いかもしれないけれど、もし言ったら絶対思い切っていってよかったと思うでしょう。
    今日は混んでませんでした。
    GWhももちろんすごい人でしょう。
    そしてそのあとの平日も期日が迫ってくるので混むでしょうね。
    博物館を出たのは11時前でした。

  • okkoチャンへメールを2個送ってみました。
    アドレスが見当たりませんという返信はないのでアドレスは生きているようです。
    しかしokkoちゃんがそれを見れる状態にあるかどうかはわかりません。
    そのことをここで知らせてください。

    思いついた手段は使えることを確認しました。
    メールが無理ならその方法をお知らせします。

    私も26389削除しておきます。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • okkoちゃんは海北友松展に行くと言っていたけれど、そろそろかな?
    私は他に遠出をしたので行かないつもりでしたが、日曜美術館を見てその素晴らしさを知り、見に行きたくなりました。
    特に晩年の絵。
    藤はまた来年、再来年に見れるかもしれないけれど、海北友松展はチャンスは今回だけでしょう。
    そちらを優先することにしました。
    いつ行くとは書きませんが近日中に行きます・

    混み具合が気になります。
    博物館のツイッターでリアルタイムで込み具合を知らせてくれるのを見つけました。
    次投稿行で貼り付けますね。

  • お昼前八重桜が並んでいるところに散歩に行きました。
    その道沿いの家に藤が咲き始めたところでした。
    それで思い出しました!
    野田藤の季節だ!
    今の今まですっかり忘れてしまっていました。
    今年は桜が遅かったけれど藤はどうでしょうか?
    行きたいけれど、他に行きたいところができてしまって無理かな。
    行くとしたら今週末ですね。

  • 年長というだけで、なんで偉いのかさっぱりわからない。
    要するに、「馬齢を重ねただけ」の人(笑)
    男性に多いですね、ヒエラルキーの中で生きてきてるから。
    でも面体を見るところ、組織の中で上に行った人とは、到底思えません。
    アホラシ。
    でも嫌われたらとことん突っ込んできそうでエライコッチャから、当たらず障らずでいきます。

  • 会計は人のお金を預かっているので緊張しますね。
    間違ったら大変。
    私なら最近スーパーでもプリペイド式で万札がいつになっても細かくならないので、喜んで万札に変えるけどねぇ。
    みんながほかの人の手間を考えて少しだけ気を使ってくれると仕事もスムーズにいくのにね。
    万札プラス端数の千円札だけだったら各組の合計は一発で点検できて、後は組の全部の合計をすれば済むのにね。
    うちは組長に当たる人にあらかじめ領収書を渡しているので、それだけでも助かるでしょう。

    そういうタイプの人はいますね。
    反対意見であっても意見を戦わす場なんだから言うのはいいけれど、要領を得ないググダグダでは。。
    それと自分が年長だとそれだけで偉いと思って、年下の人に横柄な言い方をする人・・・やっぱり男性に多いでしょうか。

  • くじ引きで今年度の町会の後期会計になって、昨日は初めての組長会議でした。

    会長や、副会長と並んで、前期、後期の会計は正面に座ります。(~.~;

    各組長に1年分の超会費を集めていただいたものを、会計が集める日でもあります。
    前期会計の担当ですが、当然、後期会計の私もサポートします。電卓を持って行きました。

    町会は会長も、全ての役員もくじで当たっただけですし、何しろ初めてのことですから、初心者です。
    組長は22人ほどでしたが、一人、うるさいおっさん(おじいさん)がいました。(; ;)
    「何かご意見は・・」と会長が言ったら、グダグダグダグダ訳のわからない意見を主張します。
    もちろんまっとうで簡潔な意見なら歓迎ですが、グダグダグダグダ。
    それも上から目線の偉そうな口のきき方にカチンときます。敬語というものがあるのを知らんのか!!!!!
    説明しても「わからん」
    当然役員皆が敬語なのに、いい大人が、余所の方に、「わからん」などという物言いがありましょうか

    無視するわけにもいかないので、応答していたら、どんどんどんどん時間が過ぎて行きます。
    土曜日の貴重な夜7時からの会合です。みんなウンザリ

    きっと、自分の存在を認められたい寂しい爺さんなのでしょう
    どこにもクレーマーは存在するものですね。
    この爺さんは、きっとまた来月もこんな調子なのでしょう。はぁ〜〜・・・・・

    やっとこさ終わったら、次は町会費を班ごとに順に持ってきていただいて、会計が数えて、領収書を書いてお渡しする仕事。
    各戸3000円なので、それに戸数をかけて計算するのですが、会計の手間を配慮して、組長さんが万札にしてくれればいいものを、千円札のままの方が多く、それが数十万円分なのですから数えるのに時間と手間のかかること! 
    いろんな反面教師がいます。

    合わなかったら、また初めから数え直して、やり直しです。ゾッ
    一発で計算が合ったので、残っていた会長、副会長、会計二人で思わずバンザーイ!と言い合いました(笑)

    夫は会合で遅くなるので、車での迎えもなく、夜の道を歩いて帰ったらもう9時前。
    人様のお金を扱うので緊張して、とても疲れていてお茶でも飲んでホッとリラックスしたいけど、そんな時間じゃ、もうお茶を飲むのは体にもダイエットにも最悪。ガマン・ガマン。
    せめて暖かいお風呂にポチャンと浸かって、自分に"ごくろうさま"と言ってあげました。

  • >>26378

    ありがとう~

    聞いてもらってすっとしました。

    もう聞いてもらったので26376削除しました。

  • 抑えて我慢して・・怒りのパワーが自分に向かうから、内側に籠って本当に疲れますよね。

    でも
    >「食事中ですからそういう話が長く続くのは困る」と言いました。
    それはよかった! 拍手。
    言わないとわかりません。言ってもわからないけど(笑)

    その人のことで、先日書いたイタリアンに行った「元親友の、親友」(ややこし(爆)をまざまざと思い出しました。

    あれほど嫌っていた仲でも、年のせいか、それなりに仲良くなっていて、最後は十年ほど前に会ったのですが、違和感・・というか、先ほど話した同じことばかり繰り返して言うので、"ヘンだな。ちょっと認知が入ってきてる・・"と思いました。

    ある有名なホテルのフレンチを楽しんだ後、ゆったりとしたロビーで話をしました。
    そこで、彼女の話が「恥じらいや慎みや嗜み」というものがまるでなく、女性特有の身体状況の事を言うのに、あまりにアケスケすぎる事に愕然としました。それも辺り構わず大声で話すのです。
    女性同士だからいいと言うものではありません。

    近くの席によその若い女性達がいたのですが、当然聞こえるのに平然と大声で表現します。

    私はあまりに恥ずかしく、その方達に申し訳なく、オロオロして「ちょっと、控えてよ」
    と嗜めたのですが、「本当の事なんだから構わないじゃない」と平然としていました。
    昔からお嬢様で、そんな事を言ったこともなく、その時でも、とても綺麗で、リッチな外見のままなので、却って怖かったです。
    その時、これは本当に変だ"と実感しました。
    やっぱりその後、アルツハイマーになりました。

    私見ですが、認知が入ると、そういうデリケートな「恥じらい」「配慮」というものがなくなるのが一番顕著だと思うのです。

    その方も軽い認知がかかってきているのじゃないかしらん????

  • 素敵なシチュエーションの店で、味はお墨付きなんですね。
    たまでいいからそういう店に行って普段の生活と違う夢を味わうことは必要ですね。

    友人も不思議なもの…学生時代一番親しかった人と今はずっと会わなくなっています。
    境遇や時間が合わなくなって。
    若いときには見えなかった友人のかたくななところ、自分の家族だけ大事にするところが見えて来ました。
    一生懸命生きているのはわかるので、腹は立たないのですが。
    okkoちゃんのように長く会わなくなって再び会うようになって新しい友人関係になる場合もあるのね。

    今日は自治会のOB会でした。
    いつも同じ和食の店、メンバーの一人が働いている店で割引があります。
    デザートも1個のところ3個でした。
    でもお腹がいっぱい。
    帰ってきたら何を話したか忘れるような内容の会話です。
    でもいろいろ情報が入るのでそれなりの意味はあると思って行っています。

  • 昨日は大学時代の友人と五ヶ月ぶりにランチしてきました。

    色々なところを考えたのだけど、慎ましい一人暮らしの彼女には非日常なオシャレな雰囲気がいいと思って、とあるビルの30階にある眺望のいいイタリアレストランを予約しました
    大阪で一番と言われるイタリアンの、少しカジュアルにした2番目のお店です。
    二日前で無理かと思ったのですが、窓際の席を予約できました。嬉しい♪

    味は保証つきなのは知っているし、西梅田界隈のビル街を見下ろすロケーションもサービスも最高です。

    こういうお店でメニューを見て注文するのに、なんだかオドオドしていて、私の注文と同じものを真似するのがおかしくて、"○○ちゃんの好きなものを選べばいいのに"と言うと、"慣れないんだもん"とのこと。

    そうかぁ〜、たまにはこういう雰囲気の場所に引っ張り出さないとネ・・と思いました。
    代わり映えのない日常に埋没して、くすんだままになってしまうよ。
    背筋をしゃんと伸ばして、優雅にお食事しましょ。

    グラスワインをお願いして、

    前菜はスープ仕立ての春野菜
    ホタルイカと新キャベツのペペロンチーニ
    アブラメのポワレ レモンバターソース
    ティラミスとカラメルアイスクリーム

    どれも春らしくて美味しいものでした。
    アブラメのポワレに添えたアスパラガスの切り方が新鮮で、"コレやって見よう"と思いました。

    春の青い空をバックに高いビルからの景観を楽しみながら、お話もお食事も弾みました。
    高校・大学時代の親友。
    疎遠になって遠ざかって、色々ありながら・・彼女は鬱になって、回復して何十年の時を超えて、また廻り廻って二人でこうしてお食事していることの不思議さを思いました。

    "△△子さえいたらいいわ"との彼女の言葉に、素知らぬ風でやり過ごしたけど、正直驚きました。
    大学時代にそうだったらずっと親密なままでいられて、お嬢様すぎて世間知らず過ぎて、ずっと独身だった彼女の運命も変わっていたのかもネ・・と二人で話しました
    私が側にいたなら、きっと彼女が結婚する方向に仕向けていたもの(笑)

    彼女は服飾を大学で教えていたオシャレが好きな人なので、近くにある私の好きなブランドの一番オシャレなフラッグショップに行って、気になっていたパンツを探しました。
    お目当のものはありましたが、これさえ驚くほどの値段なのに、困ったことに上着まであったのです。アチャ!!

    上着を着た途端、一瞬顔がパッと明るくなったほど似合うのです。えらい伏兵!!ドウスンネン!!
    値札を見たら、メがテン。(・・
    パンツより桁がまだ一つ上がってる・・・はぁ〜〜退散して考えよ
    (これでその夜から悩みができた(笑)

    その後、チョコレートの専門店で素晴らしく美味しいホットチョコレートをいただきました。
    すごいカロリーなのに、なんと、カップにたっぷりあって、同じくらいの量のお代わりの器まで付いていました

    ワタクシ、ダイエットなんてやってましたっけ???????

  • 例年だったら今頃赤穂御崎に飛んでいくのだけど、あれだけの桜を見てもう行くエネルギーーがたまっていないというか、満足感でいっぱいですぐには行けない。
    行きのタクシーの運転手さんが近くにも人があまり知らないしだれ桜の名所があるのですよと教えてくれました。
    音で聞いただけでは覚えられなくて家に帰って調べて見ると、梧真寺というところ。
    樹齢200年。
    千年桜へ行くバス路線の少し手前のバス停から徒歩10分。
    ここなら11:58→13:44のバスでも行って来れます。

    宇陀市の観光のHPで調べると宇陀市は桜の古木の宝庫です!
    辺鄙で開発があまりなかったので残ったのでしょう。
    室生寺から歩いて30分の西光寺のしだれ桜が300年。
    又兵衛桜と大宇陀の間にある天益寺のしだれ桜は350年。
    (知らなかった、多分又兵衛桜とは満開の時期が違う)
    ここは数年前火事で建物が焼けてしまい(放火らしい)再建を願ってコンサートをして募金活動をしています。
    来年はこの3つのうちどこかへ行こう!

    奈良の友人からメールが来て突然膝の故障になったそうです。
    まずは老化現象が下地にあり、それから近くのスーパーがなくなり自転車で片道20分の買い物・園芸が好きでしゃがんだり立ったりの作業をやり過ぎたのが原因らしい。
    友人のそのまた友人が元気印でよく出かけていた人なのに同じ症状で突然歩けなくなったらしい。
    これを聞いてよく歩ける私だっていつどうなるやら。
    行けるうちにいろいろ行っておかなければ。

  • >>26369

    本当に行った人でないとわからない素晴らしい情報、ありがとう!! コピペして取り置きました。
    報道ステーションは見ていませんでした。
    もし見ていたら、現地でばったり会ったりしてね(笑)

    又兵衛桜より、そちらの方が、私たちの感性にはピッタリですね。
    今年はもう無理だろうし、彼岸花はイノシシに根こそぎ荒らされて数年前の美しさはなさそうです。
    来年、是非とも行きたいな。

    出会うべくして出会ったとしか思えない素晴らしい桜と女性たちでしたね。
    その芦屋の女性、友達になりたい心地(笑)

  • バス停で会った人の中の二人連れと思ったのは榛原駅でタクシーに相乗りしたそうで、一人は台湾からの60代初めの女性。
    退職後日本が好きでたびたび訪れているそうで、滞在期間は1ケ月以上。
    東京5回、京都8回とか。
    一年の半分は旅しているのではないでしょうか。
    日本人でも行かないような所全部行っています。
    安いホテルに滞在して旅しています。
    特に花をめぐるのが好きなようです。
    アイパットをもって写真をいっぱい撮って、情報も得られますね。
    日本語は単語は少し知っているが会話をするのは無理ですが、日本式漢字を紙に書いてくれると何とか意思疎通ができます。
    お母さんは戦前生まれで、日本語教師をしているそうです。
    女一人の外国の旅すごいですが、日本は治安がいいからできるのですね。
    帰りの電車ではしばらく一緒で、蒸しパンを半分もらったりしました

    他には芦屋から来たという女性。
    11:58のバスで来て、13:44のバスで帰るから滞在時間は15分ほどでしょうが、やっぱりTVを見て行かなければと思ってきたそうです。
    芦屋マダムらしく外歩きの服装なのにお洒落でほれぼれしました。
    芦屋に住んでいるけれど出身が東京でちゃきちゃきの江戸っ子のさっぱりした性格の人。
    千年桜は普通は車で来る人で夫婦だったり家族れ、それなのにここへバスを使ってくる女性は皆一人旅の達人でした。
    皆いろいろ行ってます。
    バスを待っている間旅の話・東京と大阪の気質の違い、はては安倍政権の批判まで飛び出し・・みな同じ感性を持っているので話の合うこと!
    目茶苦茶楽しい時間でした。
    芦屋マダムとは鶴橋まで一緒で話をしましたが、旅のこと・友人との付き合い方などぴったり感性が合ってびっくりするくらい。
    竹田城も行ってきたんですって。
    一人旅する女性は少数なので
    「私変人と言われているの、でもその方がつるんでいるだけのような人が近づいてこないのでいいわ」と
    ご主人を去年亡くされたそうで、TVを見て「主人が行けて言ってくれる気がした、これからもっと出かけるわ」と。
    芦屋マダムは鶴橋を探索するというのでそこで別れました。

    桜と素敵な出会い・・最高の旅でした。
    きっと何年経っても思い出すでしょう。
    今日の方が天気がいいですが、今日行ったら昨日の人たちには会えなかった、昨日でよかったと思いました。

  • okkoちゃんがいつか仏隆寺に彼岸花か桜を見に行くときのために情報を書いておきます。
    高井バス停からの道はずっと登り坂で最後の3分の1がさらに登りがきつくなり相当大変です。
    時間配分のこともあり、行きはタクシーに乗るのがお勧めです(所要時間15分)。
    帰りのバス停で仕入れた情報では榛原駅に来るタクシーは2台しかないそうで、電車が着いた時間を見計らって現れると思うので、タクシーを見かけたらすぐ乗るのが賢明です。
    そのためにはお弁当は出発駅などで買っておくこと。

    仏隆寺のトイレは石段を上った山門の左にあります。
    この石段が狭くて風情があり、この両側に彼岸花がたくさん咲いていたら圧巻でしょうが、今年は回復するでしょうか?
    このあたりに自動販売機はありません。
    お弁当を食べれそうなところは対岸の水車小屋とか適当にあります。
    ここへは車で来る人がほとんどでしたが、無料の駐車場は台数が少なく、皆狭い道の片側に駐車するので観光のマイクロバスが入れないほどでした。
    随分下の私設の駐車所は500円。

    高井バス停の近くの橋を渡った右に小さい産直の店があり山菜などを売っていました。
    ここにトイレ・自動販売機があります。

    千年桜の幹・・すごいです。

    どこか行きたい・・・・ okkoちゃんがいつか仏隆寺に彼岸花か桜を見に行くときのために情報を書いておきます。 高井バス停から

  • <<
  • 26394 26369
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順