ここから本文です
  • 1

    *****

    どこか行きたい・・・・

    旅の予定はありませんか?
    もうすでに 行ってらしたとか・・・・
    ここにこんないい所が・・・とか
    行ってみたいところがあるの!とか


    いろいろ お話できたらいいな
    珍道中あれこれ お待ちしてます。

  • <<
  • 26826 26804
  • >>
  • 26826(最新)

    ララ 10月17日 11:10

    こんなに雨が続くと洗濯物が乾かなくて困ります。
    仕方がないので浴室乾燥で乾かしています。
    そろそろ冬物に変えて行って夏の余所行きの衣類で洗濯できるものを洗濯したいのですが、できません。
    季節外でしまうときは日に当ててカラッとしてから収納したいので。
    夏物はジャケットでも家で洗えるものもあります。
    結構たくさん洗うものがあるのですが、まったく進みません。
    当分快晴はないようですね。。

    今日もまだ雨が降っているのに阪神とDNEの試合はするのかな?
    日程的にしなければいけないのでしょうが、先日の試合のような泥仕合はあまりに選手が可哀そうです。
    ひどいコンディションでどちらが勝ち進んでもすっきりしません。
    と言って中止にして阪神が自動的にファイナルに進んでもDNE ファンが納得しないかも。

  • >その先生も、そんな申し出を受けたらひどく落ち込まれるでしょうね。たまらない

    先生も普通に落ち込むだけでなく、目の病気を抱えているのでそのせいかと思って落ち込んだらと思うとたまりません。
    しかしカルチャーのように一人いくらと決まって習っているのではなく、先生へのお礼が決まっているので人数が少なくなればこういう問題は必ず起きます。
    これからも一人減りまた一人減りになるのは目に見えているからどうしようもない。

    なんか楽しい話題ないかなぁ~

  • >>26823

    >私の行っている水彩画教室、今年になって足腰の病気になって休む人、亡くなられた人など、どんどん人が減っています。
    >ということで先生もいつかは目がもっと悪くなって教えられない日が来るし、人数が減って経済的に立ち行かないからと12月で先生に教えていただくのを終了したいと申し出るしかないということになりました

    ため息が出る。切ない。
    その先生も、そんな申し出を受けたらひどく落ち込まれるでしょうね。たまらない。

    >しかしまあ、どんなことでも永遠はなくいつか終わりが来る・・みんな年取ってきたからね。。

    私、最近、ひしひしとその事を感じています。
    何でも終わりが来るのよね。
    それもバタバタバタバタ、芝居の暗転みたいに、続いて来る。

  • 秋になったら陽が当たったり、陰ったりした部分の錦秋の錦の山の時間ごとの変容にポカーンと口を開けて見とれてしまい、夫に注意されることがあります(笑)

    それほど見事なの

    だからか、十月も十一月も予約がいっぱいで取れていません。(; ;)

  • >>26819

    okkoちゃんが行くゴルフ場はあんな山並みが重なったところにあるのね。
    気持ちいいでしょうね。

    五条の奥や熊野や十津川の奥や皆あんな風景ですね。

    番組に出てきた集落も素敵でしたが、そこに住むのはやっぱり無理ですね。
    生まれてからそこで暮らすか、結婚してすぐ住んでいればいいことがたくさんあって素敵な所でしょうが。

  • >>26818

    NHKの五条は面白かった。教えてくれてありがとう。
    あのお餅屋さんが出ていましたね!

    私がゴルフをしているのは、あの五条の山の上です。いいところでしょ。
    ちょうど町と天空の集落との中間くらいのところにゴルフ場があり、あんな山々を見ながらラウンドするの。
    そりゃ驚くほど綺麗だし、行く途中で運が良ければ素晴らしい雲海が見えます。
    今からは山々の紅葉して行く様子が、とても美しいです。

  • >>26811

    新聞のTV欄を見ていたらTV大阪18:30からの『おとな旅』も五条です!
    重なるのね。
    こちらは食べ物中心なので,okkoちゃんが予約を取ったお店が出て来るかな。
    私が五条まで誰かと食事をしにくことはないけれど,どんな店が出て来るのか放送が楽しみです。

    NHKの方は15分くらいは町のことをしていましたね。
    あとは熊野古道を思わせるような山奥の天空のいくつかの集落のお話でした。

  • 私の行っている水彩画教室、今年になって足腰の病気になって休む人、亡くなられた人など、どんどん人が減っています。
    それで今集めている会費では先生の謝礼とお歳暮などの費用を賄えなくなってきました。
    1年前には言いにくいけれど、生徒が減ったのを理由にお中元お歳暮のお金を少なくしていただきました。
    それでも今の人数では月々の先生への費用が足りないのです。
    お中元お歳暮は別で集めるとしてもです。
    この1年間はかなりたまっていたものから補充してきたしたが、これがあと数ケ月で底を尽きます。
    これは予想がつきますから、2ケ月前に会費を500円値上げしました・
    しかし500円アップでは数ケ月後には足らなくなるのは私にはすぐわかったら1000円アップの意見を言ったのですが、他の人は1000円アップはきついと言う意見が多く500円アップに仮決まりでした。

    昨日のお稽古のあとのランチで、12月には赤字になるのが解ったと誰かが(私にはわかっていたけれど)
    このまま教室を続けるには①会費を大幅アップか、
    ②先生への謝礼を少なくしてもらうか

    ②は無理だと思います。
    人数は少なくなっても先生の拘束時間は同じ、花瓶や花や果物や重い荷物をキャリバッグに入れてバスで来て下さる手間はおなじ。
    ①公民館的施設で安い会費だから来ている人ばかりなのでカルチャー並みの金額になったら意味がないのです。
    そして先生は段々目が悪くなり色の区別がつきにくくなっているし、同じ金額を出すのなら本当のカルチャーへ行きますね。

    ということで先生もいつかは目がもっと悪くなって教えられない日が来るし、人数が減って経済的に立ち行かないからと12月で先生に教えていただくのを終了したいと申し出るしかないということになりました。
    あとは自主講座として続ける。
    昨日は幹事をしてくれる人が欠席なので決定ではありませんが、これしかないでしょう残念ですが。。
    先生は今のうちにと熱心に細かく絵を描くテクニックを教えてくれます。
    先生の説明の時間が長くて絵を描く時間が少なくなるくらいです。
    先生の言うことは頭ではわかるがその通りに手が動かないのが悔しいです。
    でも前よりは描き方のコツが解ってきました。

    しかしまあ、どんなことでも永遠はなくいつか終わりが来る・・みんな年取ってきたからね。。

  • >>26815

    重要な情報ありがとう!
    私は今週自治会OB会の前に10時開店と同時に入ってOB会の待ち合わせ時間に間に合うように地下鉄に乗ってと思ったけれど、これは駄目だわ。
    教えてもらわなかったら当日行って諦めて、どこかで時間をつぶすことのなってたでしょう。

    すごい人気なのね。
    他に行く日もないので諦めることになりそうです。
    静岡へのお墓参りも今週秋ずっと天気が悪い。
    雨がふってはお墓の清掃ができない。
    直前まで天気を調べていくかどうか決めるしかない。
    こちらも今週を外すと月末まで無理かも

  • 昨日、葛飾北斎の展覧会に出かけました。
    空いている時に見ようと、開場の十分前に着くべく、出発時間まで慎重に調べて行きました。

    まだデパートも開く前に、すぐ横のホテルの下に行ったら嫌な予感。
    まだ早い時間なのに、人がエレベーターの乗り場にゾロゾロ入って行くのです。

    何台か待ってエレベーターに乗って、ホテルの階に降りると、ナンダコレ!!!と思うほどの人で溢れていました。まだ開場前なのに、右に当日の切符を買う列、左に展覧会に入る列。
    "切符を買うのにどれだけの時間かかる? その後、また展覧会に入るこの長い長い列に並ぶの?!と思ったら、もう踵を返してクルリと回れ右してしまいました。
    お客さんも大阪のおばさん調の方が多くガヤガヤと話をしていて、あれでは中に入っても、私語がすごくて気持のいい美術鑑賞は無理だと思いました。

    早くから家を出てあまりに馬鹿らしいので、せめては・・とデパートでお気に入りのブティックを見たけど欲しいものはなくて、収穫は例の菓子パン二個(爆)

    平日の朝、開場前でこの有様だから、lalaさん、葛飾北斎展は要注意。

  • >>26813

    ウワォ! 偶然ね!
    五条は昔行った眠っていたような時から、随分変わってきているみたいですよ
    あの五条の街中には和食のオーベルジュもできたの。
    どちらも地の新鮮な材料や野菜をふんだんに使っているみたい。
    地域振興にもなって,いいことね。

    その番組、私も録画して見ます。ありがとう

  • 偶然同じ五条の話!
    五条にそんな素敵なオーベルジュがあるのですね
    しかも同時投稿だよ♪

  • 14日10:05~10:49
    総合テレビで「ええトコ」が五条市です。
    これは田舎のええトコを紹介する番組で食べ物のことが多いです。
    私も最近は見ていないけれど、予告編で次は五条だと知りました。
    多分五条の山の中の生活紹介が中心でしょうが、最初にあの五条の町並みを少しだけ紹介すると思う。
    録画しています。

  • >>26809

    よかったね。
    幹事役は日程のすり合わせが済むとホッとします。

    私も例の町会の三人で会っていたのが、今年一人が30分ほどのご主人の実家の跡に家を建てて引っ越された上、ご主人が体調を悪くしてなかなか出にくくなってしまいました。

    テレビで「夢のカタチ」を見ていて、五条に有名なフレンチ店が経営しているオーベルジュがあることを知って、その友達に言ったら、行きたいと言ったので、予約しようとしましたが予約殺到で電話がかからない上、その友達の空いている日、レストランの空きがある日・・のすり合わせに、大変でした。
    随分と不便なところだし、高価なのに、飛鳥や奈良見物がてら東京などからたくさんくるみたいです。
    十月の初めに電話して、予約が取れたのは一ヶ月以上先です。

    本来のオーベルジュ業務の泊まりもほとんど予約がいっぱいで、土日は全然取れない
    いつも行くゴルフ場と距離的に離れていないので、美味しかったら、夫とゴルフの帰りに泊まってみたいねと言っています。
    素晴らしい景色を眺めながらの部屋でのフレンチスタイルの朝食という、オーベルジュならではのシステムに前から一度は・・と憧れているのです。
    そのオーベルジュでは部屋の広いテラスでの朝食だそうです。夏や冬ならどうするんだろう?

    お墓まいりも行きたいけど、途方にくれるほど遠いんだよねぇ〜〜
    姉のことを優先させないといけないし・・

  • もう一人の友人からも返事が来て二つのうち一つが都合がよかったようで、日が決まりました♪
    セーフ~って感じ。
    ほっとしました。
    これで他の予定を組めます・
    静岡も行きたいしね。

  • >>26807

    会えば話が弾むしとても楽しいのだけどね。
    日を決めるまでのハードルが今までより高くなってきている。
    40代にヨガの講座で知り合って長い付き合いです。
    40代のころはよくいろいろなところに行ったわ。
    花もよく見に行った。
    しかし二人とも他のお稽古をしたり、お孫さんができたり、他の人と出かけるとか忙しくなって、3人の都合を合わせるのが大変。
    今までの経験から金曜日が都合が合わせやすいけれど、私は月2回は水彩画で駄目、4月10月は自治会OB会が金曜日に入る。
    今回土日も含めることにして2週間の間の都合を聞いたのだけど、一人の友人からは電話があって3っつ都合のいい日を聞きました。
    しかしそのうちの1日は金曜日で私は駄目な日・・駄目な日はメールに書いたのだけど、見落としたらしい。
    もう一人の友人にその2つの候補の日を再びメールで知らせたけれど、その人も忙しいからどうなるかわからない。


    楽しかったけれど旅行の疲れが出ているのかも。
    毎日寒暖の差が激しいので風邪をひきやすいですね。
    気をつけて

  • >>26806

    うん、グループで会うのは声かけ役が大変で面倒にもなるし、誘われた方も、もしかして声をかけられたので気が進まなくても義理で行く・・とかの、循環になっていることがあって、すごく難しいよね。
    互いに気を使って、自縄自縛的になってくる。
    会いたくて会うのならいいけど、!おつきあい"なら嫌よね、
    延び延びになってくるのは、そう言う面もあると思う。

    私はlalaさんの昨日の書き込みで、「そうだ明日葛飾北斎展に行こう!」と思って、混雑を避けるために開館と同時に入るつもり満々だったのに、朝から土砂降りの大雨でやめちゃった。
    明日、もう一度トライする!

    先日、診断書をもらってきてあるから、姉の入院保険請求の手続きに郵便局にも行かないといけない。
    代理人だから、呆れるほどすごくややこしいんだよね〜
    でも、こんな朝なのに、なんだかすごく眠たいの。
    さっき居間のソファーに横になった途端、瞬間で眠ってしまうの。どうなってんだ??
    もしかして、lalaさんみたいに風邪の症状かも。喉がグリグリと腫れてる。

  • >>26805

    上質な生地なのでワイドでも体に沿って綺麗な線が出ますね。
    ワイドパンツは着こなしが難しそうで持っていません。
    ワイドパンツに合わせてトップスも変わってくるしね。

    風邪はほぼ治りました。
    かかりかけの時イソジンでうがいしたのがよかったみたい。
    今日なら外出しても大丈夫でしょうが、最初から行くと思っていないと無理ですね。
    引き続き家で静養です。

    三人グループで会っている友人に昨日やっとメールをしました。
    1月にあった時半年に1回くらいにしたいねと言ったのに、7月ごろは検査が入り、真夏が過ぎてからと思っているうちに、お葬式・風邪と伸び伸び。
    まだ返事が来ません。
    私もしょっちゅうメールのやり取りをしないので次の日までメールが来たことに気がつかない時もあります。
    しばらく待ってみます。
    2人とも段々忙しく日程調節が難しいです。
    私が声かけ役なんですが、正直言って面倒な気持ちになることも。

  • 二日目、早朝ベッドで目を覚ましたら、広い窓越しに青く輝く英虞湾が広がっています。

    呼んであったタクシーに乗ってゴルフ場に行っても、昨日のままゴルフ用品を置いてあるロッカーを使えるのでラクチン。
    ショットは、よりよかった。(#^.^#)
    なのにスコアは変わりません(爆) ゴルフとはマカ不思議なり
    キャディーさんが以前も着いてくれた人で、夫の評価ではこのゴルフ場で二本の指に入る人らしく、本当に気持よくラウンドできました。
    ただ・・前に大きなコンペがあって、不慣れな人も多く、結構プレーが詰まって待つ時間が多いのが残念でした
    上手な人ほど、リズムに乗れないのです。
    従って、私はカンケイありません(爆)

    部屋に戻って、気持ちのいいお風呂に入って汗を流し、火照った顔にパックをして、夜の美味しいディナーを思い浮かべながら、ベッドの白いシーツにくるまって午睡するのが最高に気分いいのです。
    あまりの気持ち良さに寝過ごしてはいけないので目覚ましをかけました。

    ディナーの服装は、イタリアのお気に入りのブランドのタバコブラウンのシルクのブラウスに、同じタバコブラウンのバージンウールのワイドパンツ。
    ワイドパンツなのでそのハング感を活かすために7センチのヒールのタバコブラウンのブーティーです。
    シンプルそのもので、カッティングと、とても良質の素材を活かしたい私の好みにピッタリです。
    ワイドパンツなのでそのハング感を活かすために7センチのヒールです。

    金のシャネルの揺れるイヤリングと大ぶりのバングルをつけます。
    丸くて平たい茶色の樹脂とブロンズ色の金属を組み合わせた大振りなネックレスをします。
    何十年も前に一目惚れしたネックレスですが、まるでこの服装の為に存在したみたいにピッタリで、お互いを引き立てあうのです。
    i phoneで接写しようとしたら、なぜか近づくとブロンズの色が、急に灰色がかって彩度が落ちて、色が全く違ってしまうのが残念です。銀色に見えている部分は輝くゴールドなのです

    さぁ、レストランに向かったら、顔なじみの○氏が入り口で笑顔いっぱいで待ち構えてくれていました。
    ソムリエと言いたいのですが、若い最初知った時はソムリエだったのですが、もう今やそんなものではない。
    このホテルチェーン全体の食の総括者です。
    席に案内されて、毎年のいつもの席に座ります。
    真っ暗な英虞湾の夜の海の対岸のホテルの灯が綺麗です。
    まずは、ミモザカクテルを注文して乾杯。
    「今年もここにこれて、ゴルフもできたね、ありがとう」と夫に言います。

    ワインは私たちの好みを知る○氏が毎年、一番のオススメを選んで用意してくださっています。
    これを初めて味わうのも楽しみの一つです。

    ○アミューズ ブーシュ 鯛の切り身のスモーク。
    ○海の幸と野菜のムース 甲殻類のジュレと共に
    新鮮そのものの車海老、鮑、生うに、キャビアがふんだんに散りばめられていて、至福でした。
    ○伊勢海老のコンソメの冷たいジュレ
    この伊勢海老から取ったコンソメのジュレは、ここでしかいただけないので、何がなんでも外せません。メニューでは伊勢海老のクリームスープでしたが、変えていただきました。
    口の中に入れたら溶けていく伊勢海老の香りいっぱいのジュレに、もう、目が細ーくなってしまいます。
    ○伊勢海老のアメリカンソース
    ○鮑ステーキ 二種類の香草ソース

    選んでくださった白ワインの香りと、極上の鮑や伊勢海老を最上の腕前で昇華させたお料理とのマッチングはもう・・ため息が出るほどの、この上ないお味です。

    あまりの美味しさにワインが進む、進む(笑)
    「もう最近はそんなに飲まないですよ」と言っていたのに、前菜だけで、もう1本飲んでしまいました。
    「ほぉらね・・」と笑いながら、○氏はちゃんともう1本用意してくれていたワインを持ってきてくれました。
    二人で二本、コワッ

    デザートは夫の大好きなアマレットのアイスクリーム。
    私たちが訪れる時には、必ず用意してくれています。
    だからいつも他の方たちとは、デザートは違うのです(笑)
    年に一度だけ味わえる楽しみ。

    日中は夫と一緒にゴルフのプレーを楽しみ、夜は至福のお料理をいただき、幸せな一日でした。
    これでまた、明後日からの姉のことでも頑張れる。

    どこか行きたい・・・・ 二日目、早朝ベッドで目を覚ましたら、広い窓越しに青く輝く英虞湾が広がっています。  呼んであったタク

  • 二日目、早朝ベッドで目を覚ましたら、広い窓越しに青く輝く英虞湾が広がっています。

    呼んであったタクシーに乗ってゴルフ場に行っても、昨日のままゴルフ用品を置いてあるロッカーを使えるのでラクチン。ウェアはこの前の日記の写真の右側のものです

    ショットは、よりよかった。(#^.^#)
    なのにスコアは変わりません(爆) ゴルフとはマカ不思議なり
    キャディーさんが以前も着いてくれた人で、夫の評価ではこのゴルフ場で二本の指に入る人らしく、本当に気持よくラウンドできました。
    ただ・・前に大きなコンペがあって、不慣れな人も多く、結構プレーが詰まって待つ時間が多いのが残念でした
    上手な人ほど、リズムに乗れないのです。
    従って、私はカンケイありません(爆)

    部屋に戻って、気持ちのいいお風呂に入って汗を流し、火照った顔にパックをして、夜の美味しいディナーを思い浮かべながら、ベッドの白いシーツにくるまって午睡するのが最高に気分いいのです。
    あまりの気持ち良さに寝過ごしてはいけないので目覚ましをかけました。

    ディナーの服装は、イタリアのお気に入りのブランドのタバコブラウンのシルクのブラウスに、同じタバコブラウンのバージンウールのワイドパンツ。
    ワイドパンツなのでそのハング感を活かすために7センチのヒールのタバコブラウンのブーティーです。
    シンプルそのもので、カッティングと、とても良質の素材を活かしたい私の好みにピッタリです。
    ワイドパンツなのでそのハング感を活かすために7センチのヒールです。

    金のシャネルの揺れるイヤリングと大ぶりのバングルをつけます。
    丸くて平たい茶色の樹脂とブロンズ色の金属を組み合わせた大振りなネックレスをします。
    何十年も前に一目惚れしたネックレスですが、まるでこの服装の為に存在したみたいにピッタリで、お互いを引き立てあうのです。
    i phoneで接写しようとしたら、なぜか近づくとブロンズの色が、急に灰色がかって彩度が落ちて、色が全く違ってしまうのが残念です。銀色に見えている部分は輝くゴールドなのです

    さぁ、レストランに向かったら、顔なじみの○氏が入り口で笑顔いっぱいで待ち構えてくれていました。
    ソムリエと言いたいのですが、若い最初知った時はソムリエだったのですが、もう今やそんなものではない。
    このホテルチェーン全体の食の総括者です。
    席に案内されて、毎年のいつもの席に座ります。
    真っ暗な英虞湾の夜の海の対岸のホテルの灯が綺麗です。
    まずは、ミモザカクテルを注文して乾杯。
    「今年もここにこれて、ゴルフもできたね、ありがとう」と夫に言います。

    ワインは私たちの好みを知る○氏が毎年、一番のオススメを選んで用意してくださっています。
    これを初めて味わうのも楽しみの一つです。

    ○アミューズ ブーシュ 鯛の切り身のスモーク。
    ○海の幸と野菜のムース 甲殻類のジュレと共に
    新鮮そのものの車海老、鮑、生うに、キャビアがふんだんに散りばめられていて、至福でした。
    ○伊勢海老のコンソメの冷たいジュレ
    この伊勢海老から取ったコンソメのジュレは、ここでしかいただけないので、何がなんでも外せません。メニューでは伊勢海老のクリームスープでしたが、変えていただきました。
    口の中に入れたら溶けていく伊勢海老の香りいっぱいのジュレに、もう、目が細ーくなってしまいます。
    ○伊勢海老のアメリカンソース
    ○鮑ステーキ 二種類の香草ソース

    選んでくださった白ワインの香りと、極上の鮑や伊勢海老を最上の腕前で昇華させたお料理とのマッチングはもう・・ため息が出るほどの、この上ないお味です。

    あまりの美味しさにワインが進む、進む(笑)
    「もう最近はそんなに飲まないですよ」と言っていたのに、前菜だけで、もう1本飲んでしまいました。
    「ほぉらね・・」と笑いながら、○氏はちゃんともう1本用意してくれていたワインを持ってきてくれました。
    二人で二本、コワッ

    デザートは夫の大好きなアマレットのアイスクリーム。
    私たちが訪れる時には、必ず用意してくれています。
    だからいつも他の方たちとは、デザートは違うのです(笑)
    年に一度だけ味わえる楽しみ。

    日中は夫と一緒にゴルフのプレーを楽しみ、夜は至福のお料理をいただき、幸せな一日でした。
    これでまた、明後日からの姉のことでも頑張れる。

    どこか行きたい・・・・ 二日目、早朝ベッドで目を覚ましたら、広い窓越しに青く輝く英虞湾が広がっています。  呼んであったタク

  • <<
  • 26826 26804
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン