ここから本文です
  • 1

    *****

    どこか行きたい・・・・

    旅の予定はありませんか?
    もうすでに 行ってらしたとか・・・・
    ここにこんないい所が・・・とか
    行ってみたいところがあるの!とか


    いろいろ お話できたらいいな
    珍道中あれこれ お待ちしてます。

  • <<
  • 26532 26509
  • >>
  • 26532(最新)

    ララ 6月22日 19:54

    >>26531

    映画の上映時間はお昼時を挟んだ中途半端な時間が多いですね。
    あのピザの店は一人で入る店ではないし。
    映画館のあるビルに飲食店があるでしょうが、初めてのところをうろうろ探すのもね。

    水曜日の未明の大雨で一晩で60個も沙羅の花が落ちてしまいました。
    開きかけのものも落ちて悔しい。
    でも今日は20個咲きました。
    陽が段々射してきたのできれいに開いていました。

  • 見たみた、あの谷町界隈の「ヤドカリ」のテレビ。若者らしい発想だな・・とびっくりした(笑)
    数年前よね。

    昨日は、お姑さんのところに行って経理をして、今日はのんびり過ごしています。

    あの梅田のシネマで見ごたえのある素晴らしい映画をやっているそうなので、明日にでも行こうかな・・と思っていますが
    それに上映時間がすごく、半端。
    11時半開演なんて、終わって1時半。家に帰ってお昼も食べられないわ。
    それから梅田に行って食べるにしても、時間が遅い。
    あそこはとにかく、遠いんだよね〜〜  たかが映画で一日潰れる。

  • >アァ、あの阪急百貨店の上で大々的な着物フェアをしていましたよ。

    そうだったのですね。
    もっと近くで帯締め帯揚げなど小物の組み合わせを見て見たかったですが、じろじろ見るのは失礼だから遠くからでした。
    個室に入って行かれました。

    スープカレーでなくスパイスカレーです。
    ごはんが黄色いスパイスライスだからスパイスカレーというのかな。
    カレーのルーもお客さまに出すとなれば難しいでしょうが、他の料理店い比べればメニューがシンプルですね。
    「やどかり」と言って何のことかと思ったら、夜だけの営業の居酒屋などを昼間だけ借りてカレーの店を営業することを言うそうです。
    「借り」と「カリー」を懸けてます。
    一から開店するのに比べたら調理器具は使わせてもらい、ルーは自宅で作っておいて持ち込む、賃料を払う。
    それで成功したら自分の店を持つらしいです。
    そんな夢を持つ若い人が集まったのが裏谷四。
    TVで取り上げられて数年・・そのころの店がどれだけ残っているのか。

  • >>26526

    アァ、あの阪急百貨店の上で大々的な着物フェアをしていましたよ。
    着物の美術館みたいなのも出ていました。
    本物の着物を着た方がたくさんいました。私の見たのは女性ばっかりだったけど。
    この季節に本物の着物を着る・・というのは、着物好きの中でも相当凝った人です。
    着物の季節感や決まりは半端ないですもの。
    男性も、きっとそれの関係者でしょう。どんなだろう、見て見たかった。

    谷町にわざわざ行って探し出し、スープカレーを食べるのに、30分も並んだのですか!!!?
    ラーメンやパンケーキでもものすごい行列のできている店がありますね。
    みなさんの意欲にあっけに取られます。
    もともと、スープカレーとは庶民的そのものでしょうから、綺麗でもないでしょうし、接客・調理・お金の受け取りは普通でしょうね。

    シャンデリアテーブルに行ってみたいです。

  • レストランはホテルのロビーのようなところで案内されるまでソファーに座って待ちます。
    そこで着物姿の人たちが集まってきました。
    女性はやや年配の方もいましたが、男性は若い男の子と言った風情の人ばかり。
    男性の着物姿は珍しいので目立ちます。
    皆さん着物の着付けが完璧です。
    一部の隙も無いとはこのこと。
    夏らしい地味だけれどしゃれた柄です。
    どういう団体でしょう?
    着物着つけの団体?それとも呉服屋さん?
    男性の歩き方は洋服のときと全然違います。
    心もち猫背というか腰を低くして歩く感じ。
    呉服屋の若旦那の歩き方です。
    とにかく見ているだけで保養で、遠巻きに眺めていました。

  • 別トピで阪急百貨店のシャンデリアテーブルというレストランが話題に出ました。
    2006年まであった阪急百貨店前の旧梅田駅コンコースのドーム天井を店で再現し、シャンデリアを移し、有名な建築家が作ったタイルの壁画は保存され、レストランの両端にはめ込まれました。
    話を聞いてランチがおいしいからではなくインテリアがとても見たくなりました。
    誰かと一緒と思ったらいつになるかわかりません。

    そこで梅田に戻り、シャンデリアテーブルでお茶をすべく1時ごろ店の中を覗いて一人でも入れそうかどうか偵察です。
    満席ではなくこれなら入れそうです。
    少しお腹を空かすために1時半まで待って店に入りました。
    入った印象はHPでドーム型の写真からイメージしたよりはカジュアルでした。
    一人で入っても大丈夫です。
    何よりあのシャンデリア、天井のデザイン・横の半月形のタイルの絵・・・かつての阪急梅田駅を彷彿させます。
    懐かしさでいっぱいです。
    私が子供のころ住んでいたのは大阪の南の方だから、日常的に阪急電車を使うことはなかったけれど子供のころ見た梅田駅構内がそこにありました。
    子供時代にタイムスリップしました。
    本当に使われていたシャンデリアの豪華さ!
    ケーキが来るまでちょっと遅かったけれど、いらいらすることもなく天井を眺めていました。

    2時頃になっても満席にはならなかったのでカフェとしては案外穴場かもしれませんね。
    百貨店の喫茶の店は2時過ぎたら行列です。
    メニューはイチ押しというエンゼルケーキ何とかにしました。
    何のことはないシフォンケーキです。
    私はこってりしたものは食べれないのでちょうどよかったです、量が私には多め。

    またタイムスリップしたくなったら行くことにします。

  • 昨日は私にしては珍しくグルメのためのお出かけでした・
    まずは先日500円n商品券が当たったので梅地下のプチシャンゼリゼ通りというところでタンクトップを買いました。
    ここは若い人向けのリーズナブルなカジュアルな店があるところです。

    それから11時まではデパートで時間をつぶし、スパイスカレーの激戦地・・裏谷四へ
    数年前ブームになったのですが、わざわざ谷四までは行けなくて今日思い切って行ってみました。
    その中で一番有名な店。
    地下鉄谷町4丁目駅と堺筋本町駅の中間にあります。
    地下鉄から地上に出ると縦横の道路が走っているので、方向感覚のいい私でも一瞬どちらが北か分からなくなります。
    近くまでは来ているのですが、目印が見つからず初めてスマホを使いました。
    少し迷って開店の11時半5分過ぎに行くともう7人並んでます!
    つまり今店にいる人は開店30分以上前に待っていた人。
    狭い店で店主一人で切り盛りしています。
    暑い中待つこと30分。

    カレーは肉カレー(タコのぶつ切りとキーマ)か野菜カレー(豆・ブロッコリー・菜の花)
    私は前の海鮮丼がトラウマになっているので野菜カレーにしました。
    ご飯は白ご飯か黄色のスパイスライスを選べます。
    私はスパイスライスの方。
    カレーは今まで食べたことのないような香辛料がきいていて薫り高いです。
    おいしかったですが、好奇心から一度だけでいいようです。
    谷四までわざわざお昼を食べには行けません。
    そして店主が接客調理お金の受け取りを一人でしていますから、潔癖症の人は無理ですね。
    決して綺麗な店ではありません。
    帰りは堺筋本町に出ました。
    その方が解りやすかったですね。

  • >>26522

    >カクテルが濃かったので次にビールを注文したのに、勝手にバーテンダーに交渉してカクテルを注文し、私が一口口をつけたビールと交換です。
    >こういうの嫌でしょ。

    ゲッ! めっちゃイヤ。「何、スカしてんだよ!」と軽蔑する。
    なんか、ねっとりした視線や空気まで感じてしまうのよね。

    お寺の住職!? 最低。でもわかる気がする。

    こういう人って、結局女性を蔑視してるよね。

  • 高校の同級生と言ってもその後の人生はいろいろですね。
    私の周囲はみな真面目な人ばかりですが、先日高校の同窓会に行ってびっくりしました、
    高3の時一緒だった男性で、そのころから型破りなところがありました。
    大学になってからも私のクラブの展覧会に来てくれたりしたのですが、好意を持っていてくれることは気が付いていましたが、悪いけれど対象外でした。

    でも何十年ぶりに同窓会で会ったから懐かしくて声を掛けました。
    二次会でバーへ行って隣でした。
    何となくくどかれ風…つまり遊び人なんです。
    カクテルが濃かったので次にビールを注文したのに、勝手にバーテンダーに交渉してカクテルを注文し、私が一口口をつけたビールと交換です。
    こういうの嫌でしょ。
    そこはトリスバーなんでカクテルはあまりなくしぶしぶ作ってくれる感じで、やっぱり濃かったので飲めませんでした。
    最初にカクテルを進める時にスクリュードライバーどう?というところなんかいかにも手慣れている感じでしょ。
    奥さんとは別居して愛人がいると言っていたし。。
    その人とある有名なお寺の住職です。
    お坊さんというより経営者でしたね。

    もう古希にならんとする同窓生同士、告白するにも爽やかに場の色どりにしたいですよね。

  • >>26519

    麻は皺が困るというイメージですが、それで皺があまり出ないというのはよほど上等なんですね。

    ソフトクリームはこれかな?というのを検索しましたが、あの値段を出すならケーキを食べると思いました。

  • 昨日は、夫と夫の高校時代の同級生二人とゴルフのラウンドでした。
    梅雨入りしたというのに、抜けるような青空と爽やかな風に吹かれて、萌える新緑の山を眺めながら駆け回って来ました
    アァ、気持ちよかったぁ〜〜

    お一人は夫の高校時代の親友で、私もよく知っている気持いい人ですし、もう一人は前回のコンペで初めて会って同窓生とわかってびっくりし、それ以来の2度目

    その人は前回の初参加のコンペで優勝しました
    上手な男性3人に混じって、私は別次元の玉転がしです(笑)

    先日、夫に教えてもらった打ち方を、
    「え?そんなの変だよ!」とか思う心を抑えて、ただただ信じるようにしてコースでやって見ましたが、できた時の気持ちよさったらない!
    よく飛ぶし、まっすぐ飛ぶ。アンリャ
    まさにゴルフは錯覚のスポーツです。
    他から見るのと、自分が思うのは違う。
    自分が良かれと思ってやっているのが、別の迷路に突き進んでいることが多いのです

    何度も回ったお友達にも、ナイスショットの声をかけられ、「上手くなったな〜」と言われました。ちなみにその方は、前半36で印刷通りに廻られました。ビックリ

    毎回、上手く行けばいいのですが、私の大の苦手の池を
    前にすると突然挙動不審になって振り方がわからなくなっちゃう(笑) 
    みんなに、"別人28号"と笑われました。
    せっかく上手く行っていたのに、普通に打てばなんでもないほんの小さな池が怖くて、池ポチャ(>.<)あ〜ぁ
    ハーフ50を切れそうだったのに、52になっちゃった

    前からの友人はバツイチなのを知っていましたが、お昼ご飯を食べながら、いろんな話をしたら、ナント新しい人はバツ2なのだそうです! ビックリ
    バツ付きの人ばっかり、一体どうなってんだ!???

    聞いてると若い時から今もなんだか奔放な生活みたいで、この人本当に夫と同級生なのか!!??とあっけにとられました
    同窓生とは言っても、クラスも一緒になったこともないし、夫には顔も名前も全然記憶にないのです。
    もしクラスが一緒になっていても、決して友達にはならなかったに違いありません。

    私の周囲でこんな人見聞きしたことがありませんし、真面目で地道で平凡な生活を送っている夫と、同級生で、同じ年数生きていてもこんな人生があるのだ・・と思いました
    私の心の中で密かにバツが付きました(笑)

    午後からも結構ショットが良くて、スカッと飛ぶので気持のいいのなんの。(パターが良くないから、スコアには結びつかないけど)
    やっぱりゴルフはショット次第で楽しさが全然違います。
    ゴルフには厳しい夫も「今日は、なかなかよかったよ」と言ってくれました。
    午後は49。
    前半の池ポチャさえなければ100切りだったのに・・・グスン。

    途中に新しくできた大規模な道の駅に入ってみました。
    規模も大きくて、県の特産品や地元のとても新鮮な野菜を売っていました。
    みずみずしく若い間引き菜の大根葉っぱやお野菜をたくさん買い込み、自然いっぱいの山で平飼いのされた新鮮そうな卵もゲットしてニコニコ
    オシャレしたゴルフの帰りなのに所帯染みていること(笑)

    帰宅してお風呂に入り、冷房の効いた居間のソファに寝転んで、陽に当たって火照った顔にパックをしながらテレビでゴルフを観戦しました。
    "天国じゃぁ〜"と叫びたいほどのなんたる心地よさ。

    最高の気候と天気の下で楽しいゴルフをした一日の夕食は「今日は二人ともいいゴルフができたね」と満足の乾杯から始まりました。

    ○鯛のカルパッチョ
    ガラスのお皿に敷いた千切りの胡瓜に、薄切りにした鯛の身の白い部分と赤い部分の美しいこと
    夫が「写真を撮らなくていいの?」と言ってくれたのですが、もう疲れてるからそこまでは無理(笑)
    ○グレープフルーツとレタスのサラダ
    ○スパゲッティボンゴレ

    きりりと冷やした白ワインは、シャルドネでした。
    夫と一緒に、楽しくて、幸せな休日でした。

  • >>26518

    見た途端、欲しくなったほど惚れ込んだのです。
    試すだけ・・と袖に手を通してみたら、途端に顔がパッと華やいで見えたのに驚いたほどです。

    あのマックスマーラの中でも、限られたフラッグショップだけでしか扱わないファーストラインのもので、
    普段の私なら決して手が出ないものでしたが、その頃あの姉の件でのストレスのどん底だったので、そんな時でもこれが欲しいと思っている自分にビックリしたし、あまりに可哀想な私への労いの気分だったのです

    出口のないストレスのはけ口だったのですね。
    カードの請求が来た時、夫がウワッってびっくりしてました(笑)

    すごく上等のしっかりした麻なので、打ち込みが密でシワにもほとんどならないのです。さすがです。
    パンツの横のラインや襟や袖口に茶色のステッチがあるので、バッグも白に焦茶の持ち手や被せがついたものを持っていたので合わせました。
    白にと焦茶というのは、私の一番好きな取り合わせです。
    ヨーロッパもそうですが、日本の民家にも多いですよね。白い漆喰に壁に焦茶の梁など。昔の建物でも、すごくモダンだと思う。

    このソフトクリームはお勧めしない。
    ある有名人が関西に来たら必ず食べると言っていたので、楽しみにして行ったのですが、がっくり。

  • >>26515

    ものすごくお洒落な服!
    白の上下でしかもパンツスーツというのは勇気がいると思います。
    ブランドの服だからこそOKですね。

    随分前に麻が流行したことがありました。今は見かけません。
    糸に麻が少し混じったものはあるでしょうが。
    麻を着るなら上等なものでないと駄目ですね。

    梅地下の有名なソフトクリーム知らないわ。
    ソフトクリームは割と好きです。
    一度だけなら食べてみたいです。

    お友達は気持が前向きになってよかった。
    きっと病的が鬱は脱したのね。

  • 木曜日に大学時代の友達と、ランチをしました。
    昨年の初夏、数年ぶりに会って以来、二ヶ月に一度は、会うようになっています。
    十年以上前から鬱で、何事にも後ろ向きで、消極的だった彼女が、「楽しかった、月に一度は会いたいね」と意外な事を言ったので、これはチャンス!と彼女を家から外に引っ張り出す為にも極力会うことにしています。

    随分明るくなりました。もう鬱の感じはありません。
    まだまだ自分自身に自信がないので、気のついたいいところは褒めることにしています。

    いつも、一人暮らしの家や仲良しの親戚関係ばかりのとても狭い範囲の気を使わない生活なので、ちょっと気を張る、晴れがましい非日常の空気の中で背筋を伸ばして刺激したいので、おしゃれなレストランを予約しました
    以前案内して、彼女もとても気に入っているのです。

    彼女は約束のデパートに、とってもオシャレして現れました。綺麗でした。ヨカッタ

    ファッション関係の大学の先生だったので、もともとファッションに興味がある彼女が相手だし、シェフもソムリエも馴染みのレストランで、きっと出迎えか見送りをしてくれるので、私は、イタリアから届いたマックスマーラの白の麻のパンツスーツを初めて着ました。初夏の麻の白づくめ。うん、気持ちいい。
    ほんの少しだけ、白にこげ茶を効かせました。
    彼女は見るなり、「なんて素晴らしいの!」と言ってくれました。

    前回は「気を使わないように」と個室をお願いしたのですが、いろんなオシャレをした人達や雰囲気の中で食べて欲しいので、今回はもう普通の席。

    グラスワインを傾け、いろんな話をしながら、ランチをいただきました。
    前菜は車海老と帆立貝柱
    添えてあるラタトゥイユ風のお野菜とソースが素晴らしかった
    主菜は鴨のローストでした

    「○○子はストレートだから、すごく気持ちいい」と言われました
    「そうだね、昔からずっとこう。だから昔はよく誤解されたけど」と言ったら、彼女も「そうだよね」と笑っていました。
    裏の裏を読むような女子トークはずっと苦手でした(笑)
    そんな私が、女の園を泳ぐのは大変でした(笑) 
    あっちでゴッツン、こっちでゴッツンで、仲間はずれだったあの頃を思い出しました。
    それでも自分流でしか生きられないブキッチョさ(笑)
    アァ、今は、生きやすいわぁ・・

    梅田の地下街に行き、巷で評判らしい究極の高級ソフトクリームというものを食べましたが、自分でカウンターで受け取って、粗末なテーブルで食べ、食べたものを返却するような店だし、肝心の味も何が美味しいのやらさっぱりわかりませんでした。
    食べログと言うのもあてにならない。アハハ

    もう何も食べたくも、飲みたくもないので、デパートの上にあるイベントのホール階段状のところに並んで座って、いっぱいオシャベリしました。
    学生時代に戻ったみたいで楽しかったです。

    そうそう、先日、お兄さんが新潟の造り酒屋の主人にご招待されたので、「○○子がお酒が好きだから買って来て」と頼んでくれて、三年も雪室の中で貯蔵して作る珍しいお酒をプレゼントしてくれました。嬉しいナ
    お兄さんには、私はお酒飲みとして、インプットされちゃった(笑)

    今夜はそのお酒で、ハモの落としをいただきます。♪
    先ほど、紀州の梅干しを潰して、梅肉ソースを作りました。

    どこか行きたい・・・・ 木曜日に大学時代の友達と、ランチをしました。 昨年の初夏、数年ぶりに会って以来、二ヶ月に一度は、会う

  • 木曜日に大学時代の友達と、ランチをしました。
    昨年の初夏、数年ぶりに会って以来、二ヶ月に一度は、会うようになっています。
    十年以上前から鬱で、何事にも後ろ向きで、消極的だった彼女が、「楽しかった、月に一度は会いたいね」と意外な事を言ったので、これはチャンス!と彼女を家から外に引っ張り出す為にも極力会うことにしています。

    随分明るくなりました。もう鬱の感じはありません。
    まだまだ自分自身に自信がないので、気のついたいいところは褒めることにしています。

    いつも、一人暮らしの家や仲良しの親戚関係ばかりのとても狭い範囲の気を使わない生活なので、ちょっと気を張る、晴れがましい非日常の空気の中で背筋を伸ばして刺激したいので、おしゃれなレストランを予約しました
    以前案内して、彼女もとても気に入っているのです。

    彼女は約束のデパートに、とってもオシャレして現れました。綺麗でした。ヨカッタ

    ファッション関係の大学の先生だったので、もともとファッションに興味がある彼女が相手だし、シェフもソムリエも馴染みのレストランで、きっと出迎えか見送りをしてくれるので、私は、イタリアから届いたマックスマーラの白の麻のパンツスーツを初めて着ました。初夏の麻の白づくめ。うん、気持ちいい。
    ほんの少しだけ、白にこげ茶を効かせました。
    彼女は見るなり、「なんて素晴らしいの!」と言ってくれました。

    前回は「気を使わないように」と個室をお願いしたのですが、いろんなオシャレをした人達や雰囲気の中で食べて欲しいので、今回はもう普通の席。

    グラスワインを傾け、いろんな話をしながら、ランチをいただきました。
    前菜は車海老と帆立貝柱
    添えてあるラタトゥイユ風のお野菜とソースが素晴らしかった
    主菜は鴨のローストでした

    「○○子はストレートだから、すごく気持ちいい」と言われました
    「そうだね、昔からずっとこう。だから昔はよく誤解されたけど」と言ったら、彼女も「そうだよね」と笑っていました。
    裏の裏を読むような女子トークはずっと苦手でした(笑)
    そんな私が、女の園を泳ぐのは大変でした(笑) 
    あっちでゴッツン、こっちでゴッツンで、仲間はずれだったあの頃を思い出しました。
    それでも自分流でしか生きられないブキッチョさ(笑)
    アァ、今は、生きやすいわぁ・・

    梅田の地下街に行き、巷で評判らしい究極の高級ソフトクリームというものを食べましたが、自分でカウンターで受け取って、粗末なテーブルで食べ、食べたものを返却するような店だし、肝心の味も何が美味しいのやらさっぱりわかりませんでした。
    食べログと言うのもあてにならない。アハハ

    もう何も食べたくも、飲みたくもないので、デパートの上にあるイベントのホール階段状のところに並んで座って、いっぱいオシャベリしました。
    学生時代に戻ったみたいで楽しかったです。

    そうそう、先日、お兄さんが新潟の造り酒屋の主人にご招待されたので、「○○子がお酒が好きだから買って来て」と頼んでくれて、三年も雪室の中で貯蔵して作る珍しいお酒をプレゼントしてくれました。嬉しいナ
    お兄さんには、私はお酒飲みとして、インプットされちゃった(笑)

    今夜はそのお酒で、ハモの落としをいただきます。♪
    先ほど、紀州の梅干しを潰して、梅肉ソースを作りました。

  • >>26512

    主人が握り寿司が食べたいなと言い出して時があって、調べたことがありました。
    梅田駅に近い庶民的な店で、でもおいしいと口コミのある店を見つけましたが、夜しかやっていません。
    そういう店が多いですね。
    主人は夜わざわざ出かけるのは嫌というし、立ち消えに。
    老夫婦が長年やっている店だそうで、そのうち閉店しちゃうかも。

    だから年2回静岡に行くとして申し訳ないけれどその時私だけ楽しむことにします。
    さすが静岡は昼でもやっているおいしい店が多そうです。
    別の店に挑戦してみるのもいいな。

  • >>26511

    ずっとお寿司が食べたい・・と思ってるから、ウラヤマシーーーーー!!
    アナゴ、ウニ、トロ、、ヒラメのエンガワ・・・ウゥゥ・・目の前に浮かんでくる(笑)

    お寿司屋さんって、都会ではお昼にやっているところがほとんどないから、困るんだよね。
    仕方なく、夜に出向くとして、候補の店は二つほどネットで探してあるのだけど、もし外れた場合を考えると無駄な投資になるのがオソロシくてなかなか踏み出すことができません(笑)

    そうよね、いくら胃が弱いとしても、食べ過ぎでそこまで長引くとは思えない。
    軽い食中毒だったのかもね。

  • お寿司屋さんは12時10分ごろ入ったのでかろうじてカウンターの席が空いていました。
    去年と同じ季節のおすすめ握り。

    生シラスの軍艦巻きが静岡ならでは。
    あとウニ・
    アナゴ・・おいしかった~
    中とろ
    サヨリ
    ハマチ
    太刀魚の炙り・・これは皮が固くて食べれなかった
    最後に残した卵焼きがお腹がいっぱいで何とか口にいれました。

    海鮮丼を食べて胃腸の調子が悪くなったのがトラウマになっているから、よく噛んで食べるようにしました。
    今度は大丈夫。
    あの時胃腸の症状もきつかったし、もしかしてただの消化不良じゃなくて食中毒っぽかったのかな。

  • >>26509

    あの番組で私の知っている風景が出るかなと見ていました。
    お墓も、母の実家も葵区です。
    母の実家(商家)の町にも鶴瓶が行ったので写らないかなと思ったけれど漆の店や紋屋さんが写っただけ。
    でも名前を聞いただけで懐かしかった。
    駿府城跡公園に入って暑いので上着を脱ごうと思ったら、まだエプロンしたままでした(恥)

    櫓で江戸時代の駿府の町のジオラマを見ると、私の実家の菩提寺は武家屋敷があったあたりのようで、きっと由緒あるお寺なんでしょうね。
    それぞれの町の名前も江戸時代のまま。
    平和になってから整備された城下町だから京都のように碁盤の目のような道で区切られています。

  • >>26506

    御墓参りに行かれたのですね。それは良かった。
    するべきことをし終えると、なんだか心が落ち着きますね。

    あの番組、私も見ていて、駿府城跡公園の映像も見ました。
    高橋一生って人、ヌード写真も出して"すごく色っぽい"と今、評判の人だったので、なんか、セクシーを前面に出してイヤラシイのかな・・と偏見の目で見ていましたが、思っていたのと全然違って闊達で明るい人でした。

    徳川の世になって整備されたお城とか、もっと下がって戦後に復元されたお城は面白くありませんね。
    魂がない。

    なるほど、お寿司もちゃんと食べたのですね(笑)

    抽選券4枚で、1枚が商品券なら、素晴らしいです。
    お肉をもらったって、美味しくないかもよ(笑)

  • <<
  • 26532 26509
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア