ここから本文です

素敵な50代

  • 174
  • 0
  • 2018/04/18 14:28
  • rss
  • 1

    *****

    一日 一回くらいだけど、ここで話ができたらと思って。

     元気にも、楽しげにもできないかもしれませんが、
      ゆっくり穏やかにのんびりと。
     
     それでもよかったらお話しませんか。

  • <<
  • 174 144
  • >>
  • 174(最新)

    うみ 4月18日 14:28

    今年も桜の季節がやってきて、
    あっという間に桜は散っていきました。
     この生活になって、一年が過ぎました。
     この一年はなんて長かったのでしょう。
    新しい土地で、新しい生活を、
    いちから始めることが、もう若くはない私にとって、
    こんなに長く感じるなんて思ってもいませんでした。
     いつの頃からか、一年はあっという間と感じていたのに、
     去年からのこの一年は本当に長く感じました。

      二人で生きることを選んだ二人です。
    熱烈にこの人がいいという感情で一緒になったわけでなく、
    この人ならばやっていけるだろうと始めた生活。
    たくさん夫に支えてもらっています。
    夫は私の存在を
    「ホッとする」と言ってくれます。

    別れると選択したこと、
    再婚すると選択したこと
     これで良かったと感じております。

     今、夫婦が元に戻りそうもない方や、
     冷えた夫婦を続けている方は、
      そのまま続けることもありですが、
      別の道をいくこともできます。
     どの道を行っても大変ではあるから
     どの道を行くかを自分が選択するということなのだと思うのです。
     人のせいにしない自分の選択したところを歩きたいですね。

  • すみません、名前を間違えて本当に申し訳ありません。
    グルコミンサン 鮫肝油 さんですね。失礼しました。

  • こんばんは、グルコサミン 鮫肝油さん。はじめまして。
    のんびり返信で申し訳ありません。
     
     そうですね。色々な人がいるのでしょうね。
     色々な生き方や考え方があるのでしょう。
     
     私も私の思いを時々ここで呟いています。
     ただ、それだけ。。。です。

     どうぞよろしくお願い致します。
                  うみ

  •  2017年も今月で終わります。
    早いと感じてます。
    ものすごく色々なことがあったので。
    生活が落ち着いてきた気がします。
     夫との生活。
     私の思ってること たくさん言葉にしてきました。
     言葉にしないと伝わらないことがこんなにあるんだと
     この年になって実感しております。
     
     そして、ひとつひとつに
     夫がどれだけ心をかけてくれているかも
     とてもよくわかります。
     夫もこの生活を大切に思ってくれているのだと。

    前にも書いたかと思いますが、
    夫との暮らしは、燃えるような愛とか恋とかから始まったものでなく
    現代版出会いのようにして始まった関係ですが。
    熟年だからこそ築いていける、そんな二人の関係。
     もしも、熟年結婚?再婚?を考えている方がいたら、
     ぜひ 今一歩進めてほしい、勇気を出して出会ってほしいと思います。

    そして。
    今、不倫している方がいたら。
    夫婦関係を終わりにして、
    しっかりと離婚をして、
    そして、その愛なり恋を始めてほしいと願っています。

  • 夏らしくない?青空のない日々が続いております。

    この暮らしを始めて4か月。
    仕事に忙殺される毎日の中で、夫婦関係を築いております。

    独りで暮らしたほうがたぶん・・・楽っだったことが一杯あるのだろうけれど、
    2人で暮らしていることの有難さ、いっぱいあります。

    何よりも、気づかされることが一杯です。

    離婚して、気持ちがぐちゃぐちゃ グタグタだったころに、
    ある方に、
    元夫との間で見せてきた貴女ではない貴女が、
    違う人とでは出てくるってことがあるから。
    人は向き合う人で違う自分が顔を見せて
    違う自分を歩けるんじゃないかな。。って。言われました。

    根本的な部分では私という人間が
    大きく変わるわけではないのですけれど、
    確かに 現夫と向き合っている私は以前とは違う気がしています。
    こういう関係ってあるんだなって
    以前とは違う生活をしています。

    現夫は私のことをどんな風に思っているんだろう・・と
    気になりますが。

  • こんにちは。
    今日はとても良いお天気ですね。
    桜の花も一気に開くでしょうね。楽しみです。

    婚姻届け 出しました。
    二人で一緒に役所へ行って出してきました。
    この年になると、婚姻届け出すだけではすまず、
    ほかにも色々と手続きが。
    でも、すべてその日のうちにOK。
     あとは、通帳の改称とかカードとか。やることが満載です。
     仕事を休んでいる間にできることはやってしまわなければ。

    新しい生活って なかなか馴染むまでに時間かかりそうです。
    ゆっくり、二人で作り上げていくって、こういうことを言うんだな~~って、
    しみじみと思います。
     今まで培ったそれぞれの生活習慣があって、
     それこそもう、お互いに55年以上
     それを、お互いに摺合せしながら、ちょうどいいところを探しながらの
     毎日の生活。

     勢いだけではどうにもなりません。
     
     一人で生きていこうと思えば、生きていけた二人が出会って、
     60歳も近くに見えてきた二人が、
     また誰かと生活を共にしようって。
     それもわざわざ籍を入れて。
      籍を入れずに良い距離で付き合っていくこともできたはず。
      私たちはそこを選択しませんでした。
     
     それぞれが やりたいことを持っていて、
     仕事も持っていて、
     互いの時間や生活パターンに合わせることは難しそうなのに、
     それでも一緒に住んで籍を入れることを選択しました。 

      最近、彼に恋している自分に気づきました。
      今頃ですか?と言われそうですが。。。
       でも、燃え上がるような想いではないのです。
      
      こんな感覚の恋もあるんですねえ。

  • こんばんわ。
    独り言のようなこのスレッドですが。。

    入籍日が決まりました。
    近く、お相手のご両親に挨拶に行きます。
    私の両親はすでに他界し、
    私が位牌を守っております。
     この正月に私の既に独立した子供たちと
     お相手は顔合わせをしました。
     子供たちは 母さんの好きなように、
     母さんを幸せにしてくれるなら、
     ということでした。

    この年になって プロポーズ。。。
    でも、嬉しかったです。
    嵐の「One love」歌ってくれたのです。
    100年は無理だろうけど、20年か30年くらいはねって。

    相変わらず静かな時間が流れる二人ですが。

  • こんばんは。

    ミスチルのCD ついに買ってしまいました。
    このところ、ミスチル漬けになっております。

    まあミスチルに限らず、音楽漬けになっています。

    みらいさん、
    幸せに過ごしているかどうか・・・
    毎日 とりあえず日常を過ごしているので、
    幸せとはそういうものでしょうか。

     人を許せないという思い、
     決して許さないと強く思う
     そんな感情が今はとても苦しい。

  • 何度聞いてもいいです!

    「しるし」 ミスチル

    最初からこうなることが決まっていたみたいに
    違うテンポで刻む鼓動を互いが聞いてる
    どんな言葉を選んでも どこか嘘っぽいんだ
    左脳に書いた手紙 ぐちゃぐちゃに丸めて捨てる

    心の声は君に届くのかな?
    沈黙の歌に乗って...

    ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた
    そのどれもが素晴しくて 僕は愛を思い知るんだ
    「半信半疑=傷つかない為の予防線」を
    今、微妙なニュアンスで君は示そうとしている

    「おんなじ顔をしてる」と誰かが冷やかした写真
    僕らは似ているのかなぁ? それとも似てきたのかなぁ?
    面倒臭いって思うくらいに真面目に向き合っていた
    軽はずみだった自分をうらやましくなるほどに

    心の声は誰が聞くこともない
    それもいい その方がいい

    ダーリンダーリン いろんな顔を持つ君を知ってるよ
    何をして過ごしていたって 思いだして苦しくなるんだ
    カレンダーに記入したいくつもの記念日より
    小刻みに 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす

    泣いたり笑ったり 不安定な想いだけど
    それが君と僕のしるし

    ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた
    共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ
    ダーリンダーリン Oh My darling
    狂おしく 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす
    ダーリンダーリン

  • こんばんわ。

    みらいさん、こんばんわ。
    素敵な50代 いきましょう。
    どうぞよろしく。

    10代の頃のような、
    ドキドキするようなこともなく、
    時めきもないけれど、
    これからの人生を二人でどうやって
    佳き時間にしていこうかと、
    ひとつひとつ想いを話しています。

    それぞれが長年築いた生き方のようなもの
    それはもう、なかなか崩せるものでもなく、
    それでも、お互いに、
    まちがいなくどうしたら相手を幸せにできるのだろうと、
    思っていることは確かなこと。
     そこには 温かな思いやりという気持ちが流れています。

    愛していると言葉にして、
    突っ走るばかりが 愛ではないのだと。
     彼の腕の中でそんな風に思う穏やかな時間がいい。

  • 外は 台風が通り過ぎるとかで、
    雨が強くなりつつあります。
     
    とても久しぶりのコメントになってしまいました。
    なぜ?なら。。。
     この4年近く。
     夫の不倫発覚以来、色々あって。
     私の知っている夫から
     どんどんかけ離れて行って。
     そして、今年。
     ようやく?離婚して出ていってほしいと言えました。
     30年以上続いた婚姻関係に終止符。
     元夫は今、その女性と暮らしています。
    私には、仮面夫婦は出来なかったのです。
    とても元夫を大切に思っていましたので、
    なんとか。。。と思っていましたが。
    燃え上がる二人にはかける水はなかったようです。
     見て見ぬふりをし続ければ、
     私は経済的にも 色々な安定した生活にも
     支障はなかったでしょう。
     おそらく、それが賢明な、50代女性の生き方だったかもしれません。
    でも。。私には出来なかったのです。
    自分に嘘をついて生きることが。

     離婚は本当に大変。
     3カ月で10㎏も体重が減り、
     とてもスリムになりました(苦笑
     兄弟や、子供たち、友人たちがたくさん助けてくれて
     今ようやく前に進み始めております。

     そして。
     なぜまた、ここに書き込みしたのか?って。
     元夫と別れて。
     一度は 死も考えて。 
     そして。今があって。
     世の中は、テレビでも週刊誌でも、掲示板でも
     不倫の激しい恋の話。
     燃えるんだろうな。。。
      
      その想いではない話をしたかったから。
      
     元夫と別れて。
     縁あって、ある方とお付き合いを始めました。
     とても静かな とてもゆっくりとした
     50代独身の男女の関係。
     
      伴侶に嘘ついて、
      燃え上がるような恋でなく、
      こんな関係もあるよって伝えたくて。
      それから、応援してほしくて・・かな。
                     うみ

  • 先日 ある方が私にさりげなく言ってくれたことなのですが。

    80の父が 80年はあっという間だった と最後の頃に話してくれた。
    自分がその年齢になった時同じように思うのだろうか。
     嬉しいこともあっという間に過ぎて行くけれど
     悲しいこともまたあっという間に過ぎて行くから。

    そんなことを話してくれました。
    渦中にある時は、どこまでも続くように思うけれど、
    あっという間に過ぎて行く と
    いつか思える時が来るのかと思うと
    なんだか、とってもしみじみとしてしまいました。

     なんとも言えない想いがこみあげてきます。
                        うみ

  • 春に書き込みして、夏が飛んじゃって、秋だねえ。
    今日は雨ふり。
    肌寒い。

     出かけるのに雨やんでくれないかな。
                   うみ

  • 一年少しぶりに ここへ書き込みに来ました。
    そうか。就職して一年たったんだな。
    そのほかにも
    たくさんの人に出会って、
    たくさんの人の話 うかがってきたなあ。
     たくさんの人の 人生を垣間見たなあ。

  • こんにちわ。
    ものすご~~くひっさびさの投稿になってしまいました。
    就活して、仕事決まり、
    バタバタしておりました。
     ほかにも 色々。
    放置しておけばよかったかなあ。。。
                 うみ

  • こんばんわ。

     どんなご縁があってか、
     ふとしたことで出会いはある。
     ほんの2カ月足らずだけれど、
     彼女が なんとか自死することなく
     現状を生きて、次へと命をつないだことに
      少しは手をかせたのだろうか。
      明日 彼女は新しい場所へと移っていく。
     
     では皆様。また明日。お会いできましたらお付き合いください。
                     うみ

  • 此処を開いてくださった皆様
    こんばんわ

    最近 片道1時間圏内なら、
    どこへいくにもできる限り歩いております。
     仕事やめて以来 めっきり運動不足
     一日 8時間は動きまわっていたので、
     片道1時間でも 足りないくらいですけどね。

     では皆様、明日またお会いできましたら、
     お付き合いください。
                    うみ

  • こんばんわ。

     今日は とても寒い一日でした。
     それでも、心は温かです。

     ご自分の家で最後を迎えられる方は
     確かに 幸せなのかもしれません。
     でも、報道でそれが絶対幸福のように放映されることが、
     どんなに多くの方々の心を惑わせているのかと
     そんな風にも思います。

    長生きすることが 幸せ のように報道されることもあります。
    けれど、ある方がこのように切々と語ってくださいました。
     長生きすることは幸せなんだと思って生きてきたが、
     本当にそうなんだろうか。
     最近 私はそのことに疑問を持っているんだがね。
     こんな風に生きていて、本当に幸せなんだろうか。
    と。

     人それぞれに 幸せの捉え方はあるでしょう。
     けれど、メディアに操作されないようにしたいものです。
     
    家族が これ以上面倒みられないと、
    山の中の特養に(すぐには入れるところを探した結果)入居することになり、
     それを、不幸と感じるか
     それを、不幸とは感じないか
    それだけでも、その方のそれからの時間が違ってきてしまう。

    独居で独りで死んで往くことを
    不幸と思うか、それでも、それを自分の生き方とするか、
    それもその人その人の捉え方ですね。
     
     立派なホームに入居したからと言って、
     私は 不満と愚痴と絶望で苦しむ方々をみました。

    先日、ある女性が身支度されるのを見守り、
    気丈にされる言葉を聴かせていただき、
     思わず涙を流してしまいました。
     
     それでは皆様 また明日。お会いできましたらお付き合いください。
                          うみ

  • こんばんわ。

    毎日、う〜んと唸っている気もしますが。

     もう死にたい 
     生きていてもなにも良いことない。

     何人の方からこの言葉を聞いても
     慣れることなんてできませんねえ。
      慣れたらもっと怖い気もしますけれどね。

     こうやったら死ねるよね、
     ああやったら死ねるよね
      繰り返し繰り返し言葉を重ねて
      苦しさへ抵抗されている。
     私は、と言えば、ただただそれを聴く。
     こんな時 言葉はただただ私の胸の中でくるくると渦を巻いて、
     その方の、辛さだけが私の体中を包んでいく。

     手をさすり、腕をさすり、背をさすり、
     唯一できることは、
     私の想いを伝えられるのは行為だけになる。
      また来るよ
      また来てね
     送ってくれる笑顔に ホッとする。
     
     他人の人生のほんの少しのところに関わることの、
     なんとも言えない瞬間でもある。

       また明日。お会いできましたらお付き合いください。
                          うみ

  • こんにちわ

    午前中 裁縫しながらテレビ見ていると、
    テレビで、体罰についての何やら放映していました。
     なんだか。
     やっと日本でも、学校内での体罰に関する声が上がったかあ、
     と言う感じがしています。
    それも、一人の若い命を犠牲にして。
    今までも大切な命が犠牲になってたんですけれどねえ。

     運動部の強いところでは、なんとなく当たり前のようでしたよね。
     そうでないところもきっと、あると思いたいです。
     手を出さなくても、罵声・叱責・怒声・侮辱な~んていうのは
     もちろんありますよね。
      周りの大人って、子供が鍛えられて、なんて言っていませんでしたっけ?

     子供の虐待や、パワハラ、DVなどと
     同じように思えるのです。
      それなのに、今までそこに関わっている大人たちが、
      子供のため とかいって行っていることが恐ろしい。
     やっている側は、そんなつもりはなかったとか言うあたりも、
     虐待やパワハラやDVと 変わりないですね。

     そして、やられている側も、いつの間にか
     自分を責めてしまう
     と言うあたりも同じ。

    人って、けなしたり叱ったりしては力が発揮できない。
    その人自身が大切にされて(甘やかしではない)、
    初めて、力が出るのではないでしょうか。
     日本てずっと、叱って育てる文化で、
     今、ようやくほめて育てる文化に変わろうとしていますね。

    施設で高齢者とお会いすると、
    一人ひとりの方が、どんなに大切にされたいという欲求が強いかに
    驚かされますし、哀しくなります。
     施設にたどり着くまで大切にされると言うことを知らなかったのかなあと。
    真に大切にされる ということを
    一人ひとりの方に味わってほしいなあとつくづく思わされます。
                          
    では、また明日。お会いできましたらお付き合いください。

  • <<
  • 174 144
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順