ここから本文です
  • 下記1、2、3、4の何れか一つが立証された場合、関係者(校長または、担当教師)は、「いじめ」防止対策推進法違反に問われ、法に照らし厳正に処罰される可能性が有る。
     
    1、担任教師は生徒と「生活記録ノート」をやりとりし、「いじめ」状況を把握しているにもかかわらず、担任教師から学年主任、校長に報告していなかった。
     
    2、校長は「いじめ」が有った事を2014年に把握していたにもかかわらず、教育委員会に報告していなかった。
     
    3、校長は「いじめ」防止対策推進法や、その基本方針を教員に周知させる研修などの実施をする義務あるに係わらず怠った。
     
    4、「いじめ」被害生徒への担当教師の不適切な対応が、「いじめ」被害生徒を追い詰め、自殺の原因になった。
      
    関係者をマスコミ攻勢から守る、自殺などしない様に、身柄確保などに素早い対応が必要で有る。
     
    世を悲観して自殺した少年に深い哀悼の誠を奉げます。
     
    子どもでもわかるように「いじめ防止法」を解説
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuimafumi/20130624-00025936/
     
    参照 http://ameblo.jp/clark1826/entry-12048516279.html
         
    <いじめ相談の電話窓口>
    ○「児童相談所」
     電話番号 189
     年中無休、24時間
       
    ○「24時間子供SOSダイヤル」
     電話番号 0570-0-78310 
     年中無休、24時間
     
    ○「チャイルドライン」
     電話番号 0120-99-7777
     月〜土曜日の午後4〜9時(18歳まで)
      
    ○「子どもの人権110番」
     電話番号  0120-007-110
     平日の午前8時半〜午後5時15分

  • <<
  • 9 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順