ここから本文です
  • <<
  • 14 1
  • >>
  • 14(最新)

    534772 6月9日 02:18

    >>2

    これは外向的な者と内向的な者の心の声
    誰もが行きたい高校や行きたい大学にストレートで行ければ、これは発生しない。
    誰にもわかるように一つ一つを丁寧に教えて望む学力をつけさせること。
    他のストレスも子供には与えないこと。
    これは、外向的な者と内向的な者の心の声だ。
    原因となっているストレスや嫌なことや悩みの相談を聞くべきだ。


    ~ 一般の学校の風景 ~

    雷神「学校では知能テストの結果は教えません。(頭の悪い人にはある程度までしかできないのです。ある程度は諦めて下さい。)」
     and(or) 風神
     and(or) 魔人
     and(or)家庭の問題
    ※雷神、風神、魔神:大人達が子供達に与える様々なストレス
     
    ↓ (攻撃)

    ヤンチャ系(外向的人)「ちくしょー!!!ムカつくぜー!!!!」
    控え目系(内向的人)「はぁ~~↓僕ってダメなヤツなんだなぁ~~↓はぁ~↓」



    ヤンチャ系「なんか、お前を見てるといつも、イジイジしていてムカつくんだよなぁ~~~~!!!オラーーッ!」

    ↓ (攻撃)

    控え目系「やめて!やめてよ!痛いよ~~↓やめて!」



    控え目系「先生!○○君にやられてるんです。助けて下さい!」



    雷神「まさか。そんなの出鱈目だろ?でも、わかった。注意しておきます。」



    雷神「コラ!!!また、悪さをしやがって!!!お前は人の痛みがわからないのか?酷いヤツだ!!最低だ!!お前は人間のクズだ!!!バカもの!!!!!!!」



    ヤンチャ系「・・・・・・。」



    ヤンチャ系「お前、チクッただろ?あれほどチクるなと言っておいたのに。オラオラオラーーーーーーッ!!!」



    控え目系「やめて!!!やめてよ!!!!!やめて!!!!!!!」

    ↓ (学校を卒業して、数年後)

    元ヤンチャ系「あのときは悪かったな。」
    元控え目系「しかたないよ。子供だったんだから。」

    ↓ (雷神化)

    雷神(元ヤンチャ系・元控え目系)「コラ!!!イジメをするな!!バカもの!!!!!恥ずかしくないのか!!!!!!!」



    ヤンチャ系「ちくしょーーー!!!!ムカつくぜ!!!!オラーーーーーーッ!!!!!!」



    控え目系「やめて!!!やめてよ!!!!やめて!!!!!」

    ↓ (無限ループ∞)




    > 【Re: クラスの人間関係はヤンチャ系(外向的)と繊細系(内向的)とに分かれている】こんにちは
    > >特性見極め、重視すべきだ。それが深刻なイジメ問題も解決する。
    > アホ言っちゃいけ無いょ。先生見抜けないから起きているのだょ。
    > 起きている現実、直るて立て書いてください。

  • オレがここに書き込んだことを全て、取り下げる。

  • >>4

    たった2つしかないなら問題は起きない。
    図太い神経してるが根暗ヲタな子。
    チャラチャラして明るそうだがちょっとした事で落ち込む子。
    時運の弱さに気付かれないために攻撃的になるツッパリな子。
    超勉強家だが明るくてクラスの中心な子。
    十人十色、生徒を分断することは個性に線を引くことになる。
    それは個人の中の可能性に蓋をして成長の方向性を第三者が決めてしまうことになる。
    また2つに分けることは反目を生むだけ。

    いじめを無くすためには教師も親も強くならないといけない。

    子供を理解するでもなく、ただやみくもに過保護になり[自分の分身]のような扱いになっていることに気付かない親。
    「先生」であることを忘れるほど生徒に臆し、コミュニケーションを放棄しつつある教師。
    悪いことをしたための拳骨さえも体罰とする過保護なバカ親。
    自分の将来を安泰にするためにも静かに運営したい、生徒のことより親の意見を中心に考えたい馬鹿な学校側。

    それら全てが問題。

  • >>1

    こんにちは
    >特性見極め、重視すべきだ。それが深刻なイジメ問題も解決する。
    アホ言っちゃいけ無いょ。先生見抜けないから起きているのだょ。
    起きている現実、直るて立て書いてください。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン