ここから本文です
  • 1

    *****

    オリジナルのPCエンジン版が1994年5月27日に発売されて以来、いわゆる「恋愛シミュレーションゲーム」の代表的シリーズとしてお馴染みの「ときめきメモリアル」について、いろいろに楽しく話していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    今後のシリーズ展開に関する新情報はもちろん、ご存知の通り、ナンバリングタイトル、女子が主人公のGirl's Sideシリーズ、その他数多くの外伝的ソフト、ドラマCDやラジオ番組やアニメなどのメディアミックス的展開やイベント、そして各作品を彩るたくさんの素敵な楽曲やライブなどなど、様々な切り口があると思いますので、気軽に書き込んで下さい。

    人それぞれに思い入れや解釈が異なるのは当然ですから、書き込むときのマナーは「他者への配慮を忘れない」ことだけです。


    だから、皆様、「ときめきメモリアル」の話をしましょう!

  • <<
  • 599 579
  • >>
  • 599(最新)

    地球惑星 11月21日 16:33

    【『1』の鏡さん&『4』の柳さん、ハッピーバースデー♪】[後編]

     お待たせしました~、後編で~す。

    柳さん:「……とおっしゃると、どんな?」
    鏡さん:「あなたの胸をやたらと見たり、何度もプールや海に誘ったりする男子、いないかしらね~?」
    柳さん:「言われてみると、たしかに……」
    (地球惑星の反応)
     ギクッ、ギクッ!

    鏡さん:「その人、あなたの胸目当てよ。気を付けた方が良いわ」
    柳さん:「そうなんですか?」
    鏡さん:「その通りよ!」
    (地球惑星の反応)
     そ、そんな……

     後日。
    地球惑星:「あ~あ、もう柳さんをプールとかに誘えない……orz」

     その時、ケータイが鳴る。プルルル・・・!
    地球惑星:「はい、地球惑星です」
    柳さん:「地球惑星クンね。今から、駅前に来て」
    地球惑星:「う、うん……」

     駅前にて。地球惑星が出向くと、迎える柳さんであった。
    柳さん:「(笑顔で)今からプールに行こう、地球惑星クン」
    地球惑星:「う、うん……」

     プールにて。
    柳さん:「はい、このビキニ、最高でしょ?(言って、マイクロビキニ姿でこちらに向かう)」
    地球惑星:「うっ!(鼻血を吹く)」
    ・・・・・・・

    (目を覚ました地球惑星)
     何だ? 夢だったのか……

     後日、きらめき高校にて。
    柳さん:「そういえば、地球惑星クン。最近、プールとかに誘ってくれないけど、なぜ?」
    地球惑星:「そ、……それは言えない」
    (♪チャンチャン)

  • >>597

    ↓訂正(^^ゞ

    ×:11月13日は『1』の鏡魅羅さんの、同18日は『4』の柳冨美子さんの、それぞれ誕生日です。

    ○:11月15日は『1』の鏡魅羅さんの、同18日は『4』の柳冨美子さんの、それぞれ誕生日です。

    でした、、、、、、、、(汗

  • 【『1』の鏡さん&『4』の柳さん、ハッピーバースデー♪】(1日遅れ)[前編]

     11月13日は『1』の鏡魅羅さんの、同18日は『4』の柳冨美子さんの、それぞれ誕生日です。カキコが遅れてすみませんが、ハッピーバースデー♪ 毎度おなじみの地球惑星でございます(^_^)

     さて、では恒例の「妄想」で~す。

       ☆

     地球惑星はTVを見てた。柳冨美子さんが放送部での活動を評価され、特別司会者として出演する、との事なので、見ることに決めたのだった。

    (番組内)
    柳さん:「さて、今日は私の通ってる高校・きらめき高校のOGである、アラサー・グラビアアイドルの鏡魅羅さんに、ゲストとして出演してもらうことになりました。鏡さ~ん」
    鏡さん:「はい。私鏡魅羅ですわよ(と言い、水着姿で登場)」
    柳さん:「鏡さんはアラサーなのに、相変わらずきれいな顔・スタイルですね。失礼ですが、何か秘訣でもあるのですかぁ?」
    鏡さん:「顔は芸能人の商売道具なので、毎日の美顔を欠かさないのよ。スタイルも、毎日の運動を欠かさないわ。胸が垂れたりしないように、ね」
    柳さん:「それは大変ですね。でも、ちゃんと有効になってるのですから、素晴らしいと思いますよ」
    鏡さん:「ありがとう。でも、あなたもスタイルが良さそうね。この道のプロだから、制服を着てても判るわ」
    柳さん:「(顔を赤らめて)や、やだぁ、褒めて下さるのは光栄ですけど、そんな風にストレートに言われると、ちょっと……」
    鏡さん:「そうそう、そんなあなた、もしかしてやたらと胸に視線を向ける男子、学校内にいないかしら?」

    (番組を見ていた地球惑星の反応)
     ギクッ、も、もしかして、俺?
    ([後編]に続きます。今日はタイムアップゆえ、ここまでです。また後日m(_ _)m)

  • 【『予告』:次回のバースデー・カキコ、二人分まとめます】

     11月15日は『1』の鏡さんの、11月18日は『4』の柳さんの誕生日ですが、11月18日に、両者まとめたバースデー・カキコをする予定でございます。
     例の「妄想」の構想が固まって来ましたので( ̄ー ̄)
     では、その日にご期待下さいませ(^^)/^^

  • 【『1』の朝日奈さんについての妄想カキコ(後編)で~す♪】

     お待たせいたしましたm(_ _)m
     では、「後編」で~す♪

     クレーンは朝日奈さんのぬいぐるみを持ち上げ始めた。すると、朝日奈さんは上に持ち上げられていった。
     そして、彼女は、ゲームセンターの天井に吸い込まれるようにして、姿を消したのであった。
    ・・・・・・・

     朝日奈さんは、ずいぶん大きな受け皿(クレーン・ゲームのマシーンの)にポトリ、と入れられた、という事実に驚き、さらにマシーンは大きく、ゲームコーナーは広く・天井も高く、周囲の人たちも大きく、(…以下略)
     受け皿から降りてきた朝日奈さんは、大きくなった地球惑星&紐緒さんに抗議した。
    朝日奈さん:「あ~! あたしをワナにはめたわね、地球惑星クン! さては、これを仕掛けたのは紐緒さんでしょ?(怒)」
    地球惑星(大):「ははは。俺と紐緒さんの二人で考えた、ブラックユーモアだよ(笑) 紐緒さんが開発した、『「取ると、ぬいぐるみにされる」装置を、クレーンゲームに仕掛けたのさ( ̄― ̄)』
    紐緒さん(大):「そうよ。あたしの科学力ならば、こういうのはお茶の子さいさいよ( ̄― ̄)」
    朝日奈さん:「超むかつく~! あたしを人体実験したりして!(怒)」 元の体に戻してよ~!」
    地球惑星(大):「じゃあ、戻してあげるから、その場で逆立ちして」
    朝日奈さん:(逆立ちをして)「こう?」
    紐緒さん(大):(凹面鏡を出して)「そうそう、では、「ぬいぐるみにされた人を元に戻す」凹面鏡(筆者注:凹面鏡は、姿が倒立して大きく映ります)で、元に戻してあげるわ」
     凹面鏡に吸い込まれた朝日奈さんは、再び吐き出されて、元の人間に戻った。
    朝日奈さん:「あ~、助かった。でも、こんなことを企んだ地球惑星クンには、罰として、流行りの店で、最も美味しいスイーツをおごってもらうわよ(-_-;;)
    地球惑星:「ああ、もちろん!(笑)」
    (♪チャンチャン)

  • 【『1』の朝日奈さんについての妄想カキコ(前編)で~す♪】

     お待たせいたしましたm(_ _)m
     先日予告した通り、『1』の朝日奈夕子さんについての「妄想」で~す♪ 今夜は「前編だけ」ですよ。

     ゲームセンターで朝日奈さんとデートを始めた地球惑星であった。彼女の好み通り、クレーンゲーム・コーナーへ。すると、そこにはゲームセンターの店員と同じ制服を着た紐緒結奈さんがいた。
    朝日奈さん:「あれ? 紐緒さんじゃあないの。ここでバイト?」
    紐緒さん:「ええ。研究を進めるための資金が不足してるので、3日前からここでバイトよ。ねえ、地球惑星クン」
    地球惑星:「そうそう。先日、その話は聞いてたんだ」
    朝日奈さん:「どうしてあたしに教えてくれなかったの? 超むかつく!」
    紐緒さん:「地球惑星クンが朝日奈さんとここに来ることを知ってたのよ。ねえ、地球惑星クン( ̄― ̄)」
    地球惑星:「そうそう。ねえ、紐緒さん( ̄― ̄)」
    朝日奈さん:「何を二人で ニヤニヤしてんの? 超ぶきみ……」
    地球惑星:「まあまあ、そんなことは気にしないで、例によって、朝日奈さんのクレーンゲーム達人ぶりを見せてほしいな(^_^)」
    朝日奈さん:「じゃあ、見てなさいよ、あたしのクレーンゲームの腕を」
    地球惑星:「じゃあ、このぬいぐるみの山の中でも特別に可愛さが輝いてる、あの朝日奈さんのぬいぐるみを取ってごらん?( ̄― ̄)」
    朝日奈さん:「わかったわ。見てなさいよー」
     そう言うと、コイン投入口に200円を入れて、クレーンゲームを開始した
    ・・・・・・・

     そして、朝日奈さんは、朝日奈さんのぬいぐるみを、クレーンでつかむことに成功した。しかし、その時!!
    朝日奈さん:「痛! 誰かが背中をつかんでる! あ、さては地球惑星クンでしょう。邪魔しないで、超むかつく!」
    地球惑星:「あれ? 俺は横に立ってるだけだよ~」
    朝日奈さん:「じゃあ、誰?」
     クレーンは朝日奈さんのぬいぐるみを持ち上げ始めた。すると・・・・・・・
    (「後編」に続きます)

  • 【『1』の朝日奈さん、ハッピーバースデー♪】

     今日は『1』の朝日奈夕子さんの誕生日です。ハッピーバースデー・朝日奈さん♪ 毎度おなじみの地球惑星でございま~す( ̄∇ ̄)V

     では、恒例の「妄想」……と行きたいところですが、まだ頭の中で文案がまとまってくれません(≧≦)
     よって、近日中に「妄想」カキコをする予定で~す。ご期待下さいませ(^_^)

  • 【『1』の片桐さん、ハッピーバースデー♪】

     今日は『1』の片桐彩子さんの誕生日です。ハッピーバースデー・片桐さん♪ 毎度おなじみの地球惑星でございま~す( ̄∇ ̄)V

     では、恒例の「妄想」で~す♪

     美術部室にて。物理の教科書のあるページを読みながらウンウンうなる片桐さんであった。それを見かけた地球惑星は、彼女に話しかけた。
    地球惑星:「何を、物理の教科書を見ながら脂汗をかいてるの、片桐さん?」
    片桐さん:「いや、今日習った、不確定性原理ってのが、どうしても納得できなくて……ほら、『ある粒子の位置をより正確に決定する程、その運動量を正確に知ることができなくなり、逆もまた同様である』っていう、あれよ。じゃあ、情報は何が制御しているというのかしら? 物質・エネルギーだけでは説明つかないわ」
    地球惑星:「なーんだ。そんな初歩的なところでつまずいてたの(^^ゞ あれは、物質・エネルギー・情報の三角形では説明したことにはならないんだよ」
    片桐さん:「というと?」
    地球惑星:「もう一次元上げて、物質・エネルギー・情報・心の三角錐で考えると、すぐ解るよ。つまり、物質・エネルギーに加えて『心』が情報を制御してる、という風に」
    片桐さん:「オー、グレイト! その説明で、電光石火で解ったわ。だから、物理の先生は『不確定性原理が、唯物論の限界を証明し、唯物論・唯心論の二つの考え方を、われわれに認めさせる結果となった』と言ってたのね」
    地球惑星:「そうそう。つまり、平面的にしか考えれないようでは思考は浅くなる。立体的思考こそが、新しい考え方の理解につながる、という訳さ」
    片桐さん:「サンキュー。今度の文化祭に出展する絵のアイディアが浮かんだわ」
     こうして、今年の文化祭の最優秀賞には、美術部の片桐さんの絵・「恋愛の三角錐」が選ばれたのでした。
    (♪めでたし、めでたし)

  • >【♪もういくつ寝ると、『1』の片桐さんの誕生日~】

     あと3回寝ると、『1』の片桐さんの誕生日で~す♪

  • 【♪もういくつ寝ると、『1』の片桐さんの誕生日~】

     9月30日は、『1』の片桐彩子さんの誕生日です。
     では、カウントダウン開始~♪♪

  • 【『2』の一文字さん、ハッピーバースデー♪】

     今日は『2』の一文字茜さんの誕生日です。ハッピーバースデー・一文字さん♪ 毎度おなじみの地球惑星でございま~す( ̄∇ ̄)V

     さて、恒例の「妄想」はネタ切れゆえに省かせていただき、その代わりに『2』のキャラについて考察をいたしますね。
     『2』は巨乳キャラの宝庫ですねえ( ̄ー ̄) 今日が誕生日の一文字さんを筆頭に、水無月さん・八重さん・華澄先生・白雪真帆さんと、5人も存在します。
     中でも一文字さんは最高ですね☆ 童顔・低身長・巨乳と三拍子そろった名キャラですから( ̄ー ̄)」

     一文字さん:「ちょっと、地球惑星クン。心の中で思ってることを、口に出してるわよ(-_-;;)」
    地球惑星:「しまった・・・!(赤面)」
    一文字さん:「ぼ、ボクのムネを話題にしたりして(-_-;;) ち、地球惑星クンのバカ―!」
     バキッ
    地球惑星:「わー!」
    (一文字さんのパンチを食らった地球惑星は、飛んでいきましたとさ。チャンチャン♪ あれれ? これは「妄想」ですね。「妄想」はネタ切れゆえに省くと言っておいて、言行不一致ですね(^^ゞ)

  • >>585

    >【♪もういくつ寝ると、『2』の一文字さんの誕生日~】

     あと5回寝ると、『2』の一文字さんの誕生日で~す♪

  • >>585

    >【♪もういくつ寝ると、『2』の一文字さんの誕生日~】

     あと9回寝ると、『2』の一文字さんの誕生日で~す♪

  • 【♪もういくつ寝ると、『2』の一文字さんの誕生日~】

     9月10日は、『2』の一文字茜さんの誕生日です。
     では、カウントダウン開始~♪♪

  • >>582

    【お久しぶりで~す(^_^)】

     riki_kasaさんですか。お久しぶりですね。
     しばらく、ほとんど私ばかりがカキコしてて、レスして下さる人がいなくて寂しい思いをしておりました(T_T) なので、久しぶりの新規カキコをどうもです(^_^)

    >今はアニオタではないリアル嫁(アニメに偏見はないです)と結婚して・・・

     現在では、『ときメモ』ユーザーの多くは既婚のようですね。

    >たま~にときメモソングを車で聴いたり、PS2でときメモ2本編をプレイしたりしてます・・・www

     その事でお尋ねいたしたいことがございます。
     「『ときメモ2』本編」のEVS(エモーショナルボイスシステム)は、PS2でも正常に機能しますか?
     以前、ネット上で(「ガセ」か「本当」かは確認できなかったです)「『ときメモ2』のEVS(エモーショナルボイスシステム)はPS2では正常に作動しない」という書き込みを読んだ記憶がありますので。
     そこのところは、どうなのでしょうか? PS2でもちゃんと機能しますか? 教えていただきたいですm(_ _)m

  • すげ~久しぶりに書き込みをします。


    ・・・・・まだ、この掲示板があったとは思いませんでした・・・(^^;


    今はアニオタではないリアル嫁(アニメに偏見はないです)と結婚して・・・
    全くアニオタをしていないですが(苦笑)たま~にときメモソングを車で聴いたり
    PS2でときメモ2本編をプレイしたりしてます・・・www

  • 【『4』の郡山先輩、ハッピーバースデー♪】(二日遅れ)

     一昨日(7月14日)は『4』の郡山知姫先輩の誕生日でした。二日遅れでスミマセンが、ハッピーバースデー郡山先輩~☆

     では、恒例の「妄想」で~す

       ☆

     化学部部室にて。試験管に試薬を入れつつ反応を確かめる郡山先輩。それを見ながら実験ノートに記入する地球惑星であった。

    郡山先輩:「後輩君、明日はまたしても一人でプールに行くの? 暗い青春ね。まあ、例によって巨乳お目当てだろうけど・・・(^^ゞ」
    地球惑星:(よだれを拭いながら)「バレてましたか(^^ゞ でも、最近は僕らよりも低年齢の巨乳小中学生もけっこう存在するので、プールは目の保養の格好のスポットですよ( ̄ー ̄)」(※「素」の地球惑星は、決してこんなロリコンなんかじゃあありません。誤解の無いように!!(^^ゞ)
    郡山先輩:「ならば、このサプリをあげるから、プールの更衣室で飲んでから、プールに入場なさい。これは、バストサイズが逆転して見えるサプリよ( ̄ー ̄)」
    地球惑星:「わーい\(^o^)/ ありがとうございます、郡山先輩☆(心の中で:へへへ。という事は、グラマーなおネエさんのバストサイズは小さく見える代わりに、年端もいかぬ女子小学生のバストサイズは大きく見えるんだな( ̄ー ̄) これは、素晴らしいサプリをもらったものだ(^_^)」
    ・・・・

     翌日、プールの更衣室でサプリを飲んだ地球惑星は、ワクワクしながらプールに入場した。
    地球惑星:「さて、そろそろサプリの効果が効いてくるころだぞ( ̄ー ̄) では、あちらの女子小学生の方を見るか。どれどれ?」
     しかし、女子小学生のバストサイズは、通常よりも小さく、いや、それどころか高学年の子まで含めて、胸はぺったんこに見えたのであった。
    地球惑星:「変だなあ・・・? では、あちらの大学生のグループの方を見てみよう」
     すると、女子大生のおネエさんは成人男性みたいな筋骨隆々とした体に見え、男子大学生のおニイさんは巨乳に見えた。
    地球惑星:「そ、そんなぁ・・・?!」
    ・・・・・

     その次の日、化学部部室にて。
    地球惑星:「こ、郡山先輩、あんまりな仕打ちだよ?(-_-)」
    郡山先輩:「ふふ、スケベな後輩君には良い薬になったでしょ?( ̄ー ̄)」
    (♪チャンチャン)

  • 【次回のカキコは、『4』の郡山先輩の誕生日(7月14日)の予定】

     次回のカキコは、『4』の郡山知姫先輩の誕生日(7月14日)の予定とさせていただきますね。では、ご期待くださませ~(^^)/^^

  • 【『1』の紐緒さん、ハッピーバースデー♪】(一日早く)

     明日(7月7日)は『1』の紐緒結奈さんの誕生日です。一日早いですが、ハッピーバースデー紐緒さん~☆

     では、恒例の「妄想」で~す(今回は、「お堅い話題」にさせていただきますね)。

      ☆

    地球惑星(心の中で:あ~あ、もうすぐ期末テストだというのに、物理の勉強がはかどらない(≧≦) 教科書の電磁気の章、どうしても公式を覚えきれなくて、苦しい!(≧≦) まあ、図書室に行って、コツコツ勉強するか・・・)
     図書室に入ったところ、紐緒さんが何やら難しい数式が満載の本を読みながら、ノートをとっていた。
    (以下の会話は、図書室なので、小声で交わされたものです)
    地球惑星:「紐緒さん、キミも物理の勉強?」
    紐緒さん:「そうよ。ベクトル解析の本を読みながら、物理の電磁気分野で満点を取る用意をしてるのよ」
    地球惑星:「ベクトル解析?? それって、大学2年次で習う、ベクトルの微分じゃん。そんな難しい事を勉強してるの??」
    紐緒さん:「そうよ。まあ、勉強というか、復習よ。あたしはこの位、高校に上がったころには既に覚えてたわ」
    地球惑星:「で、それを読みながら電磁気の勉強?」
    紐緒さん:「そう。電磁気を完璧にマスターするには、ベクトル解析から入るのが王道よ」
    地球惑星:「じゃあ、それをマスターすれば、物理の電磁気、いちいちたくさんの公式を覚えずとも、根底から理解できるって訳?」
    紐緒さん:「そうよ。科学部員ならば、この位はマスターして、やっと一人前よ。あたしが先生役をやるから、地球惑星クンは物理のノートを開いて」
    地球惑星:「ははあ、紐緒先生m(_ _)m」
    ・・・・・・・

    紐緒さん:「……という訳よ。どう?」
    地球惑星:「目から鱗(うろこ)ものだよ。ありがとう、紐緒さん」
    紐緒さん:「じゃあ、今度の期末試験では、仲良く満点を取るのよ」
    地球惑星:「うん(^_^)」
    紐緒さん:「でも、今の分の謝礼として、今度の科学部の合宿では、あなたには大いに働いでもらうからね」
    地球惑星:「ははあ、紐緒閣下m(_ _)m」
    紐緒さん:「それでよろしい( ̄ー ̄)」
    (♪チャンチャン)

  • <<
  • 599 579
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順