ここから本文です

関東学院を応援しよう

  • 52,202
  • 26
  • 2018/04/24 02:40
  • rss
  • 1

    *****

    関東学院を応援しよう

    2連覇の学生王者なのにトピックがないのはちょっと寂しいですね。
    カントーファンのみなさん、今年も優勝して是非3連覇を達成するよう
    応援しましょう。
    ちなみに、ちょっと前(6月?)のラグビー祭での新歓試合見ましたが、1年生達の凄さに驚きました。あの中からレギュラーが出現してもおかしくないと思いました。
    秋の試合は、できるだけ応援に行きます。

  • <<
  • 52202 52183
  • >>
  • 52202(最新)

    kakefuakinobu 4月24日 02:40

    taka kouさんがセブンスのYouTubeアップロードしてくれています。
    留学生の日大相手にナイスゲームじゃないですか。
    いよいよ2018年度が開幕しました。
    小出選手のラン、古賀選手のトリッキーなパス。
    楽しめました。

  • リーグ戦セブンズ、丸一日観戦してきました。
    選手の皆さん、連覇できませんでしたが皆の強い気持ちが伝わってきました。
    有難うございます。これからの春季大会に期待してます。
    御疲れ様でした。

    ところで、拓殖大学工学部棟と実験棟なるものが素晴らしく在りました。
    文科系のみの大学だったはずですがいつのまにか総合大学になったのですね。
    そりゃ高尾という地でこれだけ素晴らしいキャンパス創れば偏差値も上がる
    なと思いました。しかし、関東学院の伝統は長いです。誇りです。
    多くの優秀な人材を輩出してます。ここで感じたのは今の時代、皆が文武ともに
    共存共生の体系をとっているということ。もはや偏差値云々の時代ではない。
    関東学院のキャンパスも素晴らしいが、拓殖大学のキャンパスも素晴らしい。
    なんか新緑の穏やかな気候とマッチして今日は気持ち良かったです。
    拓殖大学の皆様、有難うございました。

  • W杯のキャンプは一般公開されるのでしょうか。
    可能なら釜利谷に見学に行きたいですね。

    アイルランドはジョー・シュミット監督。
    鬼軍曹と言われる厳しい指導。ヒットラーをもじって
    選手達からは「シュミットラー」と呼ばれ恐れられている。
    どんだけ怖いのか実際に見てみたい。
    あとはキックとパスの天才、若き司令塔ジョイ・カーベリー。

    スコットランドはやはりヨーロッパ最強のFBと言われる
    スチュアートホッグ。
    キレキレのランを目の当たりにしたい。

    全国のまだ進路先で悩んでいる高校生ラガーメンたちへ。
    ぜひ関東学院を進路先に選んで間近で世界のスター達を
    見てください、いっしょに選手やファンにおもてなしを
    してください、練習の手伝いをしてください、サインを
    もらってください、一緒に写真を撮ってもらってください、
    絆を深めてください、
    そして世界トップレベルのラグビースキルを盗んでください。
    宜しくお願いします。

  • さて、関東学院にとっては大変なプレゼントとなりましたが
    同時に必ず達成しなければならないノルマが課せられました。
    そう、昨年末二部に降格したことです。
    ホストユニバーシティが二部のチームでは話になりません。
    ここは一丸となって一年で一部復帰をしなければなりません。
    そして万全の体制と笑顔で両チームを迎え入れましょう。

  • こうなると俄然、アイルランド(世界ランク4位)とスコットランド(世界ランク5位)を
    応援したくなります。両国とも日本(世界ランク11位)と同じプールA。
    5チームのうち上位2チームが決勝トーナメント進出なのでベストは日本と上記いずれかの
    チームでしょうか。
    そしてそのままアイルランドかスコットランドが優勝したら「釜利谷の支援と応援のおかげだぜ」と
    完全に 第二の我が家 となるでしょう。
    がんばれニッポン! アイルランド! スコットランド!

  • ワールドラグビーのビル・ボーモント会長は「ラグビーワールドカップ2019日本大会は、日本の皆さんが大会に積極的に関わり、開催国としてチームやファンに格別なおもてなしができる一生に一度の機会となります。キャンプ地はチームが大会期間を過ごすうえでの要となる場所であり、故郷から遠く離れた第二の我が家となります。また、大会がより多くの人や地域と関わり、絆を深めていくきっかけにもなります。大会に向けて整備が進んだインフラは、地域にとって末永く利益をもたらすことでしょう」とコメント。

    ラグビーワールドカップは4年に一度、しかし開催国にとっては一生に一度のビッグイベント。
    ホストシティの横浜市、そしてホストユニバーシティの関東学院大学、
    さてさてどのような「お・も・て・な・し」で受け入れをし絆を深めていくのでしょうか。
    考えるだけで楽しみです。

  • 今日の神奈川新聞によると来年2019年のW杯の「公認キャンプ地」が
    多数エントリーしていた中から横浜市に決定したとのこと。
    そしてなんとそのグラウンドは「関東学院大学」を使用することに。
    しかも大変なことにキャンプをはるチームが世界上位の
    アイルランドとスコットランドの2チーム!
    世界最高峰のスターたちが釜利谷に陣取りあのグラウンドを駆け巡るのです。
    これは大変な事件です、興奮が収まりません。
    天然芝のグラウンド3面、ランニングするトラック、グランドを俯瞰できる
    スタンドとスタンド屋上、駐車場完備。
    横浜でこれほどの設備は類を見ないので釜利谷が選ばれるのは当然のこと
    ですがやはり嬉しい限りです。
    W杯が日本のスタジアムで見られる、と日本のラグビー界は騒いでいますが
    関東学院の選手は自分たちのグラウンドで毎日目の前で見られます。
    当然、練習のお手伝いなども発生すると思います。
    関東学院ラグビー部の学生がうらやましいです。
    ラグビー人生で大きな財産になることでしょう。

    練習風景が全世界に流れますが、「釜利谷」だと??になりますが
    ちょうどネーミングライツ中の「GION ATHLETE PARK」なら
    素直になじんでいただけるのではないでしょうか。
    GIONさんは先見の明がありました。

  • その昔、大学選手権決勝で早稲田に敗れた春口監督は早稲田の祝勝会に
    単身乗り込み、お祝いと次年度のリベンジを誓いました。
    逆に大学選手権決勝で関東学院に敗れた清宮監督も関東学院の祝勝会に
    飛び入り参加しお祝いと次年度のリベンジを誓いました。
    敵将の熱いスピーチをきき学生たちは改めて自分たちのモチベーションを
    必然と燃えたぎらせられたとのこと。

    その昔、まだ一部に上がりたてのころ、大学主催で早稲田の宿沢広朗氏を
    講師に招きラグビー講演会が開催された。大講堂に鈴なりの学生を集め
    早稲田ラグビーそしてジャパンラグビーの話が展開された。
    そして最後に「関東学院ラグビー部はこれから間違いなく強くなりますよ。
    もしかしたら早稲田を負かす日もくるかもしれない」と締めくくった。
    一般学生たちはそのリップサービスに失笑していました。
    しかし後になってみれば新興校ながら努力しているリクルート、万全の練習施設の建設、
    そして敵校の人間に教えを請うという姿勢の講師依頼セッティングの本気度、
    これらの要因から宿沢氏はリップサービスではなくこういう大学がでてきて本当に
    うれしく本音で語っていたのかもしれません。
    そして数年後、打倒早稲田は現実のものとなった。
    実はこの講演の時、後ろの席に座っていたビー部部員は失笑するどころか
    真剣な眼差しでその話に聞き入っていたのを今でも覚えています。

    監督、コーチ、OBは毎日学生に指導してくれています。
    しかし時にはこれらのように対岸の大学から関東の感想、アドバイスをいただく
    機会を設けてもよいのではないでしょうか。
    以前は大東、法政また早慶明とライバル視する大学がありましたが最近はライバル校が
    見当たらず孤独な戦いが続き学生のモチベーションも保ちづらくなっている感じがします。

    過日、中央大の小野澤選手にコーチングを仰ぐセッティングがされましたがぜひこの流れを
    継続していただきたいと思います。

  • 本日付の読売新聞に六浦中女子部の矢崎さんの記事が掲載されていました。
    なぜこの時期に?と思いますが、小野澤選手のコーチングがきっかけでしょうか。
    日本代表が目標とのことで応援したいと思います。

    練習施設は充実しているので大学でもぜひ女子部の用意をお願いしたい。
    高校まで指導して他へ進学されるのはしのびないです。
    林広大氏も大学のコーチに就任したことですし、良い機会では。

  • >>52191

    ttp://1985443116.at.webry.info/201112/article_11.html

    早稲田に勝利したときの感動の涙です。
    今の一年生は知らないでしょう。
    ぜひふたたびこの夢舞台で選手と板井監督の涙をみたいものです。

  • >>52190

    小野澤選手は早稲田も教えてくれましたよ。分け隔てなくていいですね。

  • >52186

    ttp://www.kgu-rugby.net/blog_my_top/blog_id=2&date=2011-12

    最後の公式戦対帝京、早稲田は2011年の大学選手権になるのでしょうか。
    もう7年も経ちますか。
    劇的勝利に選手もOBも興奮している様子がみてとれます。
    やはり早稲田と戦いたいものですね。
    そうすれば一気にムードが盛り上がりそうです。

  • 元日本代表の小野澤選手が女子部と中等部のコーチングをしてくださいました。
    静岡聖光学院、中央大学と縁がなかったと思いますがよくぞ受けてください
    ました。誰の企画でしょうか、グッジョブです。
    世代的には本人たちより親御さんたちのほうが興奮したのではないでしょうか。
    これを機会に高等部、大学の臨時コーチングもお願いしたいところです。
    集合写真もみんないい笑顔をしています。

  • 公式の「選手紹介」が誤作動かどうかわかりませんが微妙に更新され始めていますw
    在校生はまだ昨年のままですが新入生の内容は楽しみです。
    まずは「抱負」に注目したいと思います。
    例年見ていますと怖い先輩に気を使っているのでしょうか
    「体作りから始めます」
    「チームに貢献できるように頑張ります」
    とおとなしめの選手が多いですがそういう選手はなかなか一本目に出てこない
    ケースが多いように思います。

    「一年目から試合に出ます!」
    「今年で一部に昇格させます!」
    といったコメントからも自分にプレッシャーをかけ
    気合の入った選手が多くなれば嬉しいですが。

  • 遅まきながら北川選手お疲れ様でした。

    「今までの人生の中で一番のターニングポイントですか?
    やっぱり、大学選びの時ですね。自分がどういうラグビーをしたいのかしっかりと考えたとき、楽しくて、楽で、優勝出来るラグビーをしたいと思ったので、ただネームバリューのある大学に進学するという事ではなく、それが出来る大学を選んで進学したときがターニングポイントでした。」

    このコメントはカントーファンにとって最高の言葉です。
    本当にカントーに入学してくれてありがとうございました。

  • 早いもので2週間後には春季ゲームが始まります。
    ここでまた希望するファンサービス。
    シーズン前半は選手の顔と名前が一致しません。
    秩父宮や三ツ沢では選手交代の度に場内アナウンスで
    説明がありますが釜利谷ではそれがありません。
    キックオフ前にメンバー表を配布していただき大変
    助かるのですが、春季はゲーム中頻繁にゾロゾロ選手交代が
    あります。
    しかし背番号は決まっていないし普段と違うポジションに
    入ることも多く、誰がどこのポジションでプレーしているのか
    スタンドのファンが置いてけぼりになることが少なくありません。
    釜利谷には立派なスコアボードがありますが、それを改修しろと
    までは言いません。
    その前に一枚板を立てかけ選手の名前を手書きした紙をフックに
    かける程度のものでいいので設置をお願いしたい。
    交代の度にマネージャーさんが紙をフックにかけ
    「新人の〇〇くんがINします、みなさんどうぞ彼のプレーを
     見てこれから応援してあげてください!」
    というようにしてくれたら嬉しいです。

  • 夢は言葉にすると叶うと言われます。

    その昔、春口青年監督は同好会レベルの部員を前に
    「俺はいつか早稲田と戦えるチームにするぞ」
    と言葉を告げる。
    「うひゃひゃひゃ、また春さん、大きな風呂敷広げてるよ」
    監督と同年代の学生たちは大笑いするだけでした。
    しかしその後、早稲田と戦うどころか早稲田に勝てるチームに
    成長しました。

    そして先日の新入生説明会での板井監督の言葉。
    「今年、一部昇格。君たちが4年生の時、赤いジャージ、
     もしくはエンジのジャージと夢舞台で戦いたい」
    ぜひ夢をかなえていただきたいと思います。

  • 今週の週刊文春で伊集院静氏のコラム。
    「大学を終えてからの人生が大切。大きな企業の副社長になった人や
     商いをきちんとしている人には、実は現役の時控えであった選手が
     多いのです。黙々と目の前の仕事、目標をこなし、志を決して
     捨てない強い精神力を彼等はクラブ活動の時に獲得していたのです。」

    私の職場にも某大学の控えだったラガーマンがいますが、体力面では
    もちろん精神面でもしっかりしているし、学生時代の経験談も豊富で
    いつでも中心社員です。

    43名の新入生は何があっても4年間クラブ活動をやり遂げて43名全員で
    卒業していただきたいと思います。

  • >>52181

    北川選手、カントー産の誇れるフィニッシャーでした。
    相手に触れられ転びそうになりながら転ばずに前傾姿勢のまま
    トライまで持っていくプレーにはしびれました。
    後継者の韋駄天ウィング出現してほしいです。
    北川選手の引退試合など行われないのでしょうか。
    最後のお礼応援をしたいものです。

  • >>52182

    帝京大学さんとの練習試合が何本めであろうと
    9連覇している最強大学チームと闘うことに意義
    があると思う。
    そういう意識改革できる試合をどんどんして貰って
    チームを強くして欲しい。勿論、勝負だから徹底して
    勝ちに拘って欲しい。
    そうした強い意志と情熱がチームを変える。

    頑張れ!!関東学院大学ラグビー部!!

  • <<
  • 52202 52183
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託