ここから本文です
  • 1

    *****

    早稲田大学ラグビー部「荒ぶる」を歌う日まで☆

    いよいよ9月!
    ラグビーシーズン到来です。
    早稲田大学は昨シーズンから取り組んでいる
    『ワイドライン』戦法に磨きをかけて
    ここ数年の停滞を打開できるでしょうか?
    皆様の御意見&応援メッセージをお寄せ下さい!
    お待ちしてます(^^;)

  • <<
  • 82481 82461
  • >>
  • 82481(最新)

    yf0***** 10月17日 18:13

    トップアスリート入試に合格した小西泰聖君(桐蔭学園高)が、セブンズ・ユースオリンピックで6トライを挙げる大活躍だったようですね。また、楽しみな1年生が入ってきますね。
    斎藤・中野君以降、有望な選手が続々と入部してきますが、リクルーティングに何か大きな変化があったのでしょうか?それとも、それ以前の数年間に何か問題があったのでしょうか?

  • >>82477

    私も、伊勢原まで行きましたが遠かったですね。それはさておき、専修は村田亙監督が指導していますが、非常に
    いいチームでした。東海や大東のような強力外人はおらずFWはそれほどでもありませんが、典型的なBK展開の
    チームでミスも少なくタックルも厳しく好感の持てるチームでした。前半は簡単に桑山君のトライで先制したせいか
    ふわっとしており一発目のタックルが決めきれておらず(この点は隣で取材していたワセスポの学生さんも指摘して
    いたので辛口な記事を書くでしょう)、あれよあれよで一時は21点差となりどうなることかと思いました。終了
    間際にFWで一本とれたのでようやく落ち着いたという印象。後半は、大山おろし?(結構強かった)の風上となり
    展開戦に拘らず、FWも使い(FW戦としては早稲田の方に一日の長あり)、ディフェンスも厳しくなったのと、
    専修にミスが出はじめたこともあり一方的になりました。早稲田のMVPはウイングの安部君でしょうね。足腰の
    強さと巧みなコース取りで4連続トライと出色のできでした。それと法政戦同様にFWのセットプレーはスクラム
    ラインアウトとも安定しておりましたのでこの点は評価できると思います。それと島本君のコンバージョンも
    法政戦同様非常に安定しておりこれも、ジュニアの入替戦に向けては好材料かと
    また公式戦(ジュニア選手権も含めて)デビューは、2年の星谷君(ようやくですね、もっと早く出てくると思い
    ましたが)と1年の原君、2人とも合格点ではないかと思います。日大戦に勝てば入替戦ですのでBチームとして
    のモチベーションも今年は11月下旬まで維持できるので、全体の戦力アップにつながることを期待します。
    去年と一昨年は筑波に負けた時点で昇格の希望が絶たれていたのでそれに比べるといろいろ期待したくなりますね
    (一昨年の場合は、今年に比較してBチームの選手層は極端に薄く、下手すればCへの降格を心配しておりました
    ので)BKはケガ人がAB問わず出てますので、今後新たにケガ人が出ないのを祈るばかりです

  • 専修グランド遠いですね。メンバー構成から危惧したとおり、専修の勤勉なプレーに前半は相当やられた感じが。立教戦のようになるかと心配しましたが、後半は専修が運動量が落ちたのか、早稲田が目が覚めたのかエンジンがかかり勝利。決してほめられる勝ち方ではないですが、層を厚くすると思ってのことでしょう。
    これで残りは日大。取りこぼさず、入替戦に万全を期してほしい。相手は流通経済でしょうかね。

  • ぼちぼちこの辺で終わりにしよう、との配慮、さすが早稲田です。

    みんな、早好田が好きなんだから
    ぐちぐちひきづらないで行きましょう。

  • >>82467

    同意です
    昨年のこのカードも同じ場所でした、で
    昨年は機材不具合で校歌斉唱が中止となるハプニング
    がありました

    あまりに運営が甘い
    今回も音声担当のスキルは酷すぎ
    たのスタジアムでこんなミスは体験したこと無い

    本件、2年連続の運営ミスに対する失笑であり、
    青学の選手を責める材料ではない

  • >>82470

    追伸。
    リーグ戦・対抗戦統合の場合、早慶明の何処かが2部落ちしたらマズイ!という低次元な輩が当然いるでしょうけどね。

    でもサッカーは早慶明だろうと容赦なく下部落ちしますし、箱根駅伝もシード落ちしています。
    それがまた面白いのです。

  • >>82451

    > 対抗戦、リーグ戦を一つにし、一部二部制にすれば宜しい。

    非常に的を得た鋭いご意見です。
    関東の上位と下位の差は大き過ぎますね。
    特に対抗戦。
    日体大・青学大・成蹊大はリーグ戦に行くと2部の下位相当だと思います。
    関東のラグビーが二つに別れた経緯は複雑なようで、既に2グループ体制が定着し、難しいのを承知で案を出させて頂きますね。

    まず、対抗戦・リーグ戦の上位4校を1部。
    次に同様に両リーグの下位4校を2部。
    1部下位2校と2部の上位2校は自動昇降格。
    現在の対抗戦Bとリーグ戦2部はチャレンジリーグとして上位2校と2部下位2校とで入替戦。

    ってなことを勝手に考えてます。

    つまり現在の戦力からすると
    1部・・帝京・早稲田・明治・慶應
    大東・東海・流経・法政

    2部・・筑波・日体・青学・成蹊
    専修・中央・日大・拓殖

    こうすることで100点ゲームは激減するでしょうし、実力が拮抗したチーム同士の試合が増えてラグビー界全体のレベルアップに繋がると思います。また、シーズン初めから僅差のゲームが観られるのは魅力的です。

    まぁ、伝統を重んじる古い早慶明のOB諸氏は
    『リーグ戦の新興勢力の流経・大東なんかと同じ土俵でやるなどプライドが許さない!』って猛反発するでしょうけどね。
    でも本当の大学ラグビーファンなら、胸はずむと思うのですがね。

  • すいません、何度も。ただ、ここはラグビーやスポーツへの見方に関わる興味深い論点で、皆さんの意見を読んでいるといい意味でテンションが上がって色々な想いがよぎってきます。私に賛成しない方々も含めて、読んでくださっている方々に、意見を述べさせて頂けることに深く感謝しつつ、もう一つだけ追記させてください。

    言い古されたことではありますが、「好き」の反対は「嫌悪」ではなく、「無関心」だと思います。サッカーワールドカップ前に叩かれまくっていた時期を振り返って、長谷部選手が「批判はありがたかった。本当に怖かったのは批判を超えた無関心だった。」と言っていたのを思い出します。

    これを思い出したのは、一昨年の対抗戦で早稲田が帝京さんに完膚無きまでに叩きのめされた試合。この年はその前の筑波戦で完勝したため秩父宮はほぼ満員に近い入りだったと思います。

    この時、私が悔しかったのは、チームに罵声を浴びせる声ではなく、試合に関心をなくして別の話題に興じる多数派の観衆でした。

    別にその観客を責めるつもりは全くありません。人それぞれの思い入れで試合を見に来ているわけですから。ただ、覚めた多数の観客の前で最後まで泣きながら必死にタックルにすがる当時一年生の斉藤君や岸岡君が印象的でした。(一昨日の青学の選手はゴール前でハンドオフされて戦意喪失し併走してしまいましたが、彼らは、この二人は帝京の選手にあしらわれながらも必死に足首タックルに行っていました。)

    岸岡君はその後に「ディフェンスが弱い」とマスコミから叩かれていたと思います。

    もちろん他人の私が彼らの気持ちを勝手に代弁することはできないのですが、とても口惜しく悔しい気持ち、身体がバラバラに引きちぎられるような虚無感に襲われたりしたのではないでしょうか。「何のためにラグビーをやっているのか」といった思いにもひょっとしたら駆られたのではないかと思ったりします。

    そういう大敗、挫折を知っているからこそ、点差が開いても部内競争ももちろんあるでしょうが、「手加減するのは相手に無礼」と昔帝京さんからいただいた恩を青学さんに返すように決して手を抜かなかった早稲田の選手たちがいたでしょうし、そういう気持ちが最後は負傷しながらも頑張った中野君の姿勢にも現れていると思います。

    同じ対抗戦に属している以上、強いライバルでなければ早稲田としても困るわけです。そんな状況で、惨敗した青学の選手たちに、慰めてくれる役割の人間も勿論必要でしょうが、果たしてそれだけで十分かは大いに疑問です。

    今、彼らは大敗後のどん底で苦しみを味わっているでしょう。(これでケロッとしていたら本当に見込み無しですが)
    そしてそれは自然なことだし、逆に2年前の早稲田がそうだったように、大きな学びのチャンスでもあるのです。20歳前後の大きな挫折など「買ってでもしろ」というくらい貴重なチャンスになり得ますし、今後のプレー、人生でいくらでも挽回のチャンスはあります。

    逆に若者の底力を舐めていけない。彼らにとって、どん底であり、であればこそ大きな学びのチャンスを奪ってはならない。そう思います。

    とすれば、無関心ではなく、むしろ傷口に塩を塗るように、ゲームでの怠慢を批判する声があっても私はいいと思います。批判の声は期待の裏返しでもあります。彼らは若く、人生はまだまだこれからであり、挽回のチャンスに溢れていることを考えれば、スポーツでそういったどん底を疑似体験できるのは、私はスポーツの教育的側面の一つだと思います。(逆に中高年の方にそういう罵声を浴びせるのは何の価値もないと思いますが)

    ですから、やっぱり私は早稲田一ファンさんの姿勢に(早稲田一ファンさんとは別の理由からかもしれませんが)賛成します。

    青学の諸君、悔しくないのか!這い上がってこい!!です。

  • >>82462

    校歌のせせら笑いは、青学が悪いと言うより運営が悪い。
    1番で切らずに延々と2番を流している事で寧ろ笑って済ませた話ではないでしょうか。
    早稲田もそんなものかと青学で学んでいたので受けられたのでしょう。
    心構えの差には思えませんでした。

    まあ、プレー以外の話ですが。

  • 再び失礼します。

    私は個人的に、表現によって悪い感情を受けてしまう方々もいらっしゃる、ということは理解できますし、それは一つの意見としてあるのだな、という理解はできます。そういう前提でですが。以下はあくまで私個人の意見です。

    ただ、青学の選手に、多少手厳しい批判があっても、彼ら自身の成長やゲームの安全性という意味で推奨されるように感じました。

    といいますのは、前回青学対早稲田の試合を見たのは垣永組の時に三ツ沢でしたが、その時の青学は早稲田と堂々と互角に渡り合う素晴らしいチームでした。
    それが、ここ数年でどうなってしまったのか?という思い、そういう先輩や、最後までファイトしていた選手(フランカーの子は最後までファイトしていたと思います。)、試合に出れない部員に恥ずかしくないのかと奮起を促す気持ちが一つ。

    それから、あれだけテンションが落ちた状態でプレーしていると、青学の選手もそうだし早稲田の選手にとっても、青学の選手の意図しないけれども気持ちが入っていないが故に誘発された危険なプレーで怪我をする可能性があるな、と少なからずヒヤヒヤと心配していた次第です。

    そういうところから、対抗戦方式の見直し論も出てきてしまうのかな・・・と眺めてました。

    そういう思いで私個人は青学の選手への厳しいコメントも、誰かが、できればラグビーの経験者がいうべきことを言ってくれた、ととらえている理由です。

    言い方や言葉遣いについて、直接対面する間柄ならわかるのですが、こういう場所であまり気にされるのはどうかな?と思います。

    このスレは早稲田ラグビーについて語り合う場で、その意味では私も大切に思ってはいますが、逆にそれ以上でもありません。

    私もそういう観点でコメントさせて頂き、時には批判に反論したりもしますが、その底には私に賛成でない人も含めて色々あっていい」が本音です。

    読みたくない方については、無視スレッドに入れてお互いに干渉しあわないのが一番と考えてます。

    あまり言葉遣いとかに気にされて、現実の世界と混同してしまい、それで肝心の早稲田ラグビーについての話題や議論が狭くなってしまうのは面白くないなぁと感じます。

    以上、すいませんでした。

  • 早稲田一ファンさんのコメントは具体的で示唆に富んでいて大好きなんだけどなぁ。
    この前の青学戦のレビューに関しては、一部分ですが、相手へのリスペクトを欠いてしまっていると感じ、ちょっと残念に思いました。
    今回の皆さんの反応を参考に、今後も書き込んで頂けると嬉しいですね。

  • >>82462
    ここに来なけりゃいいとかどういう権限で言っているのですか。年配者みたいだけどあなたより年配者はここには
    多くいると思う。理屈は正しいかもしれないが大柄な言い方には関係ないものでも不快に思う。

  • >>82459

    俺は、この掲示板で、学生スポーツについての道徳を書いてる訳でも無く、早稲田愛を前提に自分が思う『早稲田ラグビー部が「荒ぶる」を歌うまで』と言うタイトルに沿って見解を書いてる。対戦相手をリスペクトしていない?選手への個人攻撃?じゃあ、遡ってよく読んでみたら解ると思うが、あんたが言う程、ひねくれた批判ばかりでは無いと思うがな。早稲田に荒ぶるを歌って貰いたい一心で、良いものは良い。ダメなものはダメと、その理由も俺なりの見解で述べて思う事をハッキリと書いてるだけ。先日の青学との試合も、早稲田ファンからして、青学のザルDFが荒ぶるの為に良い練習になったとは思えないし、校歌斉唱の青学選手のヘラヘラした態度にリスペクトを取れと?あんたはそれをちゃんと見たのか?俺はそれらを現地で見て、帰宅して録画を再度見て感じたから書いてるだけ。それの何が悪くて、何処が学生スポーツの見方が間違ってると言うんだ?俺が理解出来る様に説明してくれ。ただ、青学選手が、これらの態度や大敗戦から悔しさ情けなさを感じて精進し、早稲田を脅かす存在になって、荒ぶるの為に勉強になる対抗戦の相手になって貰ったなら、もちろんリスペクトするさ。俺は帝京や慶応、そして今期の明治の選手達の態度や佇まいには非常に称賛しているし、早稲田ラグビーが、そこに肩を並べている事を非常に喜ばしく思っている。なので、今秋に入ってからは、選手達には、ほぼ称賛の声しか上げてない位、彼等を誇らしく思っている。ただ、荒ぶるを掴むのに、良くないダメだと思う事は、理由も述べて書くだろう。それに、このコミュニティーの方々は、早稲田ラグビーに対して目の肥えた人達が多いので、俺みたいに言葉が悪くても、的を得ているかどうかはキチンと判断して下さるし、バカな見解については、相手にもしない。だから、あんたみたいに偽善者ぶった、薄っぺらい道徳ばかりを説いて肝心の早稲田ラグビーについて、内容のある意見すら延べれ無い輩、俺は大嫌い。ここの掲示板のタイトルの意味を解ってるか?このコミュニティーで、俺に学生スポーツの見方を正せと言うなら、俺が納得行く、早稲田ラグビーの見解を述べた上で、あんたの言う学生スポーツの正しい見方とやらを述べてくれ。御意見期待して待っててやるからさ。それでも、俺の意見を毎回不愉快に感じるなら、ここに来なけりゃ良いだけの話しなんじゃねえの。

  • >>82460

    ご意見ありがとうございます。

    私も試合を観てました。解説の野澤さんの指摘も聞いてました。試合後、一部の青学の選手が悔し涙でしょうか。涙を流してる姿も観ました。
    帝京戦に続き一方的な試合になり、ピッチの上の青学の選手達はさぞ辛かった事でしょう。
    その気持ちを考える時、[DF練習にもならない]とは
    私は口が裂けても言えません。
    それを素晴らしい意見と言うのなら、私には残念ながら理解出来ません。
    厳しい意見はもちろんいいと思いますが、私には意見には聞こえませんでした。

    私は早稲田ラグビー部のファンです。
    一昔前、体の小さい早稲田が、明らかに体の大きい明治に立ち向かう、直向きな早稲田ラグビー部を見てファンになりました。

    それは今も変わりません。
    昔より才能豊かな選手は増えましたが、やっぱり早稲田はどこよりも直向きにいて欲しいと思ってます。そんなシーンを見た時、私は一番嬉しくなります。

    でしゃばりまして、申し訳ありませんでした。

  • <<
  • 82481 82461
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!