ここから本文です
現在位置:
  • 1

     旧車のレストアに興味がある方、今何をレストアしていて、どんな部品が入手できずに困っているとか、何の部品を流用したとか、アイデアや体験談、お聞かせ下さい。
     当方は、フェアレディーSR2台(内1台はSP311)、スバル360、TE−27、B110、KPGC−10、S−30とやってきましたが、最近は部品探しに時間が掛かったりするのに気力が伴わず、80年代以降の物に集中しております。GX−61、KP−61、AW−11・・・旧車って呼びませんね?失礼しました。
     また、完全オリジナルに戻す正当派レストアも限界があり(かなりいい加減な性格)色々と付け替え、載せ換え改造しては悦に入ったことも有りますので、どんな意見でも書き込んで下さい。

  • <<
  • 67329 67310
  • >>
  • 67329(最新)

    rad***** 9月19日 07:00

    >>67328

    >これも、鼻自体がどうの、という話ではなく脳がそう反応しているのです。

    本当にそうならよいのでしょうけど、残念ながら世の趨勢で禁煙に進んでますし
    健康診断では必ず喫煙履歴を調べられます。
    気のせいでは無いようです(笑)

    嗅覚で事故を未然に防いだこともあり、敏感なのは良いことですよ。

  • >>67327

    犬の嗅覚は種類によって人の1000倍から1億倍だそうです。

    ところが、私が以前から書いているとおり、匂いというものは鼻を通して脳が判断しているので、意識して嗅ぐことをしない限り匂わない様です。

    寝ている犬の近くに食べ物を置いても反応しないのはそのため。

    目で見て、耳で聞いて、鼻で匂って、舌で感じる、しかし全ては脳が支配し、意識が左右する。ここが肝心です。

    気持ちの持ちようという事は疎かにはできません。愛煙家のもとで飼われている犬は地獄のような苦しみ?決してそうでは無いのです。

    自分の体臭と他人の体臭、嫌悪感を抱くのは必ず後者です。自分の体臭は知らぬうちに常時嗅いでいるので、その匂いのパターンを脳が覚えて、ある程度のフィルタリングをしているのでしょう。

    そこから外れたパターンは、違和感を感じる。他人だという事を意識するんですね。他人に敵対心、警戒心、或いは嫌いな人という確定した印象を持つとその匂いが我慢ならなくなります。

    これも、鼻自体がどうの、という話ではなく脳がそう反応しているのです。思い込み、擦り込み、それらで時として過剰な反応をするのは、催眠術で鉛筆を「真っ赤になった火箸」と言って腕に押し付けると、そこに水ぶくれができるという事があるほど、威力がある、効果があるものなんです。

  • >>67326

    >・・・本当に嗅覚が犬並みなんですね。

    はい、そして頭は鳥並です。
    三歩歩くと以前のことは忘れてしまう(笑)

    昨日も食堂でタバコ吸う人が居て、
    家に帰ってからも衣服から臭って来るのが嫌でたまりませんでした。
    仕方なく、着替える時もあります。
    早いとこ、公共の場の喫煙を法律で禁止して欲しいですね。

    >前の車の排気は勿論、煙草の煙等匂ったことがありません。

    知らぬが仏、幸福かもしれません(笑)
    最近のディーゼル車は排気ガス処理してるので、燃料の臭いでなく
    酸の臭いがして気持ち悪いです。

  • >>67325

    >前車がタバコ吸ってると臭ってくる(笑)
    ・・・本当に嗅覚が犬並みなんですね。周囲の緑の香りや草の臭い、そういった物は香る時が有りますが、前の車の排気は勿論、煙草の煙等匂ったことがありません。排気もディーゼルや2ストなら匂いますけどね。

    私も顔に風が辺りのはあまり好きではないです。髪が乱れるのも良くない。でも、偶にはそういうのもいいかなと思う時が有ります。

    そんなとき、風の音と、当たる風の勢いなどで、香り、匂いなどの感覚は何処かに行ってしまっています。

  • >>67321

    >窓を開けて走って助手席に置いた伝票が飛んで行ったことがあるけど、天窓だと大丈夫みたいな気がします。

    換気の最大効果は、室内をぐるっと空気が廻って出て行くのですから、
    伝票は無事では済みません(笑)
    前の窓から空気を入れて、後部窓や天井から抜けてくと
    オープンカーに乗った気分が味わえます。
    私個人は顔に風が当たるのが嫌いなので、滅多にやりませんでした。それに
    前車がタバコ吸ってると臭ってくる(笑)

  • 昔のサンルーフは故障した際に閉めないと雨が入ったり、防犯上も問題なので手回しのハンドルが付けられていたりしましたが、今のはあまり見かけません。故障したらすぐ車屋さんに持ってゆくのかな。

    工具を差し込んで回せるようにはしているんでしょうけどね。

    駆動するモーターではなく、スライドさせる機構、ワイヤーやギアなどが壊れて動かなくなるサンルーフも昔はよくありました。屋根裏ですから物凄い過熱をされて機構部品も傷みやすかったのでしょう。

    まあ、現在の物はそういった歴史と経験を経て、完成度が向上してきているのでしょうけどね。

  • >>67321

    最近のはSUVにも1BOX(もうこんな呼び方はしないでミニバンと呼ぶのかな)にもサンルーフは付いています。

    高級装備というものの一つに数えられているんでしょう。本革シート、革巻きステアリング、或いは皮とウッドのコンビステアリングにサンルーフ。これ見よがしに高級グレードに装備されるんで、オプションで有ればついつい選びたくなる・・・。

    まあ、あれが必要か?となると実際には価格だけではなく重量面からも、故障面からも、無い方が良い装備ではあるはずなんですが。

  • >>67320

    欧州では曇り空が多い、からっと晴れ渡る天気が少ない、そういった地域も多く、サンルーフやカフェテリアで日差しを楽しむという文化が有ります。オープントップもその端的な例でしょう。

    大型のサルーンには、ほぼ標準で装備されています。勿論その分販売価格を上げるという付加価値戦略の一端でもあります。

    ティルトの機構が付いている物、ガラストップで日差しだけ、或いはフルオープンにして風を感じる、様々な使い方が出来る物も多いです。

    付いてても若干天井が低いだけで邪魔には鳴りませんが、屋根に重い物が載っている分重心は高くなります。

    錆の問題以外では今回のように雨漏りですね。シール部分から必ず雨水は侵入しますが、内部に設けられた溝の部分を伝ってドレンへ導かれて車外へというのがちゃんと設計されています。

    しかし、この雨水が雨水だけではなく、長年積もった塵、埃、土などを一緒にドレンへと導くのでこの辺りで蓄積されてしまうと詰まります。

    出来る限りこのドレンの入り口は広く大きく作るべきなんですが、小さな穴が開いているだけで、こんなところに水がそうそう入ってこないだろうという設計の者は、年月の経過とともに必ず詰まりますね。駐車環境にもよりますが、郊外の露天の駐車環境ですと間違いなく詰まると思います。

    日本では日光を積極的に浴びなくても困らない程、日照条件が悪い地域は無いですから、サンルーフはあくまでもファッションでしょうね。

    誰かさんのように、走る時には風を感じたいというなら、オープントップの方がすっきりして気持ちが良いです。

  • >>67320

    一度だけサンルーフの車に乗りましたが、雨漏りも無く
    開けると開放的で排気も良く快適でした。

    窓を開けて走って助手席に置いた伝票が飛んで行ったことがあるけど、天窓だと大丈夫みたいな気がします。
    セダンはRT40コロナを最後に所有したことがないから縁がない装置ですが。

  • >>67318

    >やはり、付けるものではなかったかな(笑)

    一度だけサンルーフの車に乗りましたが、雨漏りも無く
    開けると開放的で排気も良く快適でした。
    新車で買うとなると、それにお金出してまで着けようとは思いません。

  • Ford Sierra RS Cosworth、泣く子も黙るRS500ではありませんが、今となっては現存しているだけで「おおっ!」と思ってしまうほどの車。

    倉庫にやってきました。どうも調子が悪いとおっしゃるが、Fordの車ですし、設計開発拠点はドイツ、生産はどこかな?まあとにかくあの頃でも良く壊れる車でしたから、何十年も経て壊れないはずがない(笑)。

    コンピューター関連だと厄介ですが、今回は単純に燃料ポンプでした。

    でもまあ、よく乗り続けていたもんですね。或いは人の手を経て今日まで残してこられたものです。

    よくまあ乗ったものだ、と言えばずいぶん昔に倉庫から出て行ったセンチュリーGZG50ですが、当時の若い衆、今は中年に近づいていますが、まだ乗り続けていました。走行距離はなんと30万キロ。どこを走ったらそこまで伸びるの?というほどの距離ですが、まだ乗るそうです。

    都合3台ほど倉庫から嫁いで、今倉庫にもう一台GZG50は有りますが、87,000㎞。彼のに比べたらまだまだ慣らしが終わった程度でしょうか。いやはや驚きました。

  • 昔は、サンルーフの淵の部分が良く錆びました。

    あんな物付けるもんじゃない、と後から改めて思うのですが、時すでに遅し。

    しかし最近は錆よりも雨漏りの原因になる方が多いほど、ボディー側の錆対策はしっかりと出来ているようですね。

    先日も、助手席の足元が濡れる、という事からエバポレーターのドレンの詰まりを疑ったり、フロントガラスの付け根部分を一生懸命水かけしたりとやってゆくと、最終的に残ったのがサンルーフのドレン詰まりによるオーバーフローでした。

    やはり、付けるものではなかったかな(笑)

  • >>67313

    距離走った個体はリアフェンダー周辺から腐るのがお約束です。
    フロントと違い、インナーパネルが無いので泥がたまりやすいですから。

  • >>67314

    >はずした方の処分にこまるのも要因です。壊れてしまったのなら有無をいわず交換ですが。
    ・・・私もそう思いました。

    例えば左右でクリア度が違っているので、くすんでいる方を交換したいとして購入します。交換した古いくすんだ部品はどうするか?

    割れたり、とにかく検査を受けたい、実用できるように何とかしたい、そういう人もいらっしゃるでしょうから、また売れば良いと思うのです。

    求めるレベルの違いで部品はまた生かされる。但し、そのレベルの違いで価格も違うでしょうけどね。捨てるよりはマシでしょう。

  • >>67313

    サニー、カローラ、シビックといったファミリーカーの場合、安く作る必要があります。そして燃費の良さなど実用性を競うので、鉄板も薄いですし、塗装も薄いですね。

    KPもそうですが、ちゃんと手入れしてあげていないと、すぐに錆が出ますし、かなり気にしていても、色んな所から腐食も含めて出てきます。

    塗装がブクブクと浮いて来たり。リアゲートの下部なんてのは水抜きの穴が開いて居たりします。という事は裏に水が通る部分があったりするわけで、そこが時間と共に内側から錆びて来ていたりします。

    AE86のハッチバックのテールゲートエンドもそうですし、GX61のトランクリッドのテールレンズに近いモール部分もそうです。

    錆が浮いてきます。錆は車が古くなると避けられない現象ですね。

    でも見つけた時にすぐ手当てする、治す、塗装したり磨いたりだけでも違ってきます。

    古い車を汚くボロボロに乗っているのは、みっともない気がします。旧い車をそれこそピカピカにして乗っていると、新車に乗っている以上に格好が良い。

    この落差は非常に大きいですよ。

  • >>67313

    マーチ嬢のオメメを入れ替えようかと中古を参照したら、圧倒的に左目の出品が多いです。右を当てる事故の結果だと思うけど。デミオ君のオメメも右目のステーが折れてた。
    両目の輝きが気に入ったのが無かったので沙汰やみ。はずした方の処分にこまるのも要因です。壊れてしまったのなら有無をいわず交換ですが。

  • >>67312

    錆が目につくのは、ご近所さんのサニー。給油リッド?フタの下縁から赤錆色がたれてます。他人事ながらなんとかしてあげたい、けど実用上は問題ナシ。
    左後ろだから気にならないともいえますが、こっちに尻を向けてるので気になります
    四十五年ほどのうちクルマが入れ替わったのは1回だけ、何年物か?不明です。

  • >>67311

    確かに涼しくなってきましたね。

    冷房の効いた部屋に入っても、極端に涼しいとは思わなくなってきました。秋がすぐそこまで来ていますね。

    車も最近のは下地がしっかりとメッキ鋼板になっているからでしょうか、昔ほどボディーがボロボロになる車を見かけなくなりました。

    ボロボロになるまで乗らなくなったという事も大きいのでしょうけれど。

    私も体と頭が錆びつかないようにしっかりとトレーニングを続けていますが、例えば一発のラップタイムは全盛期から大きくは落ちない所で維持できるものの、持久力がダメですね。

    何週かしてくるとタイムがばらつきますし、所々で狙ったラインをうまくトレースできなかったり、車体の修正が遅れて大きく姿勢を乱したり。

    若い時はもっと集中できましたが、今はダメですね。その代わりある程度のペースに落として走ると、確実に安定してタイムが刻めます。

    という事は、やはり最高の状態を無理なく維持できているのではなく、必死でそのタイムを出しているという余裕のない状態になっているんでしょうね。

    ジムワークでも130㎏のベンチプレス。出来るのは出来るんですが、無理なく回数を重ねるためにはもっと落としたものでやらないとダメになりました。

    簡単な所では1秒に約2回、つまり1分で120回出来た腕立て伏せ。今でもおよそ1分で120回は出来ます。体重が増えていることを考えると立派なものです(笑)。

    しかしそこから先。若い時はそのまま200回も突破していましたし、調子が良ければ「はあはあ」言いながらでも300回を連続でこなせました。

    今は120回というのが終わると目標達成でそこで終了。息を整えて次は80回、また息を整えて50回。250回で完全に腕立て伏せは終了になります。

    もうすぐ100回もできなくなるんでしょうね・・・。

  • >>67310

    福岡もドンヨリと雨上がりの空ですが涼しくなりましたね。
    ランニングには良いようです。

    自転車はカーボンやチタン、アルミ、ステンなどがほとんどで錆びは出ませんが、工具がスチールなのでボルトの頭に錆びが移るようなのとブレーキやシフトワイヤーがダメになりやすいです。特にアウターワイヤーです。

    肉体にサビが出ないようにすることが一番ですけどね(笑)

  • 土日はあいにくの天気です。近くの地域では集中豪雨が有った様子。こちらは何もないただの弱い雨がぱらつくだけの天候ですから感謝すべきかもしれませんが、折角日本に帰って来ての休日、晴天を期待してたところなのでがっかり。

    雨の日はレイン対応のタイヤを履かせたKPかRX8が主力戦闘機になるんですが、いずれにしても気持ちよくは走らせることが出来ません。

    早く秋晴れの気持ちの良い週末が来ないかな・・・。

  • <<
  • 67329 67310
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!