ここから本文です
現在位置:
  • 1

     旧車のレストアに興味がある方、今何をレストアしていて、どんな部品が入手できずに困っているとか、何の部品を流用したとか、アイデアや体験談、お聞かせ下さい。
     当方は、フェアレディーSR2台(内1台はSP311)、スバル360、TE−27、B110、KPGC−10、S−30とやってきましたが、最近は部品探しに時間が掛かったりするのに気力が伴わず、80年代以降の物に集中しております。GX−61、KP−61、AW−11・・・旧車って呼びませんね?失礼しました。
     また、完全オリジナルに戻す正当派レストアも限界があり(かなりいい加減な性格)色々と付け替え、載せ換え改造しては悦に入ったことも有りますので、どんな意見でも書き込んで下さい。

  • <<
  • 62428 62409
  • >>
  • 62428(最新)

    rad***** 4月29日 09:06

    >>62427

    >車種は勿論ですが、年式、距離、グレード、装備にオプション、色、同じでないと乗らない、と。

    それはもう弱い者虐めでしかありませんね。

    では、こちらも
    一万円札の番号、自分の気に入ったのだけが集まったら支払う。
    いくら高額でも良いけど、全て集まるまで待って欲しいと、交渉してはいかがでしょうか(笑)
    そんなことしてたら、お互い寿命が尽きます。

    あるいは、幾ら高額でも良いけど
    年式、距離、グレード、装備にオプション、色、同じなのを見つけてきて下さい
    と条件を付ける(笑)

    まるで、かぐや姫が花婿候補に望んだ課題と一緒!
    無い物ねだり

  • >>62426

    まさに。

    わが子の様に名前を付けて可愛がっているかの如く、とにかく保険会社がいくら常識的な説明をしても、頑として受け入れないようです。

    車種は勿論ですが、年式、距離、グレード、装備にオプション、色、同じでないと乗らない、と。

    たぶん、法的な立場での判断が降りて強制終了になるでしょうけどね。

  • >>62425

    >壊されなかったらあと何年でも気に入って乗っていたのに、って言われて本当に困っていましたね。

    本当に厄介な人ですね。
    車は移動手段の道具です。
    事故にも遭えば、壊れもする。
    そんなに大切な物なら、不活性ガスで充満した部屋に保存して於いて欲しい(笑)

  • >>62424

    >ペットも交通事故の時は物扱いされるように、思いなどを評価してたらとんでもない賠償額になります。
    ・・・ですから保険会社は一定の金額以上は応じませんが、相手もそれでは折れないので話が付きません。

    不足分を本人が足して和解に持ってゆこうとしていますが、どうなったのかは聞いて居ません。

    同じものを持って来いというのと同じなんですが、その同じものがもうないので厄介です。

    色を探しても装備が違う、装備を探しても色が気に入らない、あの装備、このオプション、全てが一緒でないと納得しない、だって壊したのはあなたでしょう?という考えなんです。

    壊されなかったらあと何年でも気に入って乗っていたのに、って言われて本当に困っていましたね。

  • >>62423

    >ところが、相手の車は特別限定の色で、いろんなオプションを付けている一台。そして購入したころからそれでデートに行ったりしていて、現在結婚しているその時代を一緒に過ごしてきたので、とても思い入れが強いのだとか。

    こうした人は厄介です。
    社会的に言えば、車は十数年で価値が無くなる耐久消費財です。
    ペットも交通事故の時は物扱いされるように、思いなどを評価してたらとんでもない
    賠償額になります。

    最近は中古車ばかりに乗ってるせいか、ぶつけられても
    自分に怪我さえ無きゃ良し。
    相手責任の場合は、直してくれたら良し。
    いくら好きな車でも、十年もすれば飽きます(笑)

    新車が出て来ても、そうした自分の気持ちの変化を知ってしまうと
    大金出して買う気が無くなってきてます。

  • >>62421

    事故は大変です。

    私も知人が事故を起こしましたが、保険で簡単に話が付くと思っていたら、全然話がまとまらない。

    知人がぶつけた格好なので、彼の保険で支払うのですが、相手の車がもう古いので修理ではなく全損扱いで査定額に少々の上積みしか出ない。

    ところが、相手の車は特別限定の色で、いろんなオプションを付けている一台。そして購入したころからそれでデートに行ったりしていて、現在結婚しているその時代を一緒に過ごしてきたので、とても思い入れが強いのだとか。

    思い切り壊れているのでもう修理より買い替えだと、全損処理をしようとしても応じない。もちろん修理は出来ないこともないだろうけどとんでもない金額になる、そして結局はあそこもここも同じじゃないと、オプションとかで取りつけた部品はもう今では手に入らなかったり、まあとにかく面倒なのだそうです。

    事故は起こしても、巻き込まれても、怪我がないのがまずは一番ですが、そのあともこうした弁償、補償というのが厄介ですね。事故を起こすのだけは本当にご免被りたいです。

    マイナス等級の方はライセンスの返上というか取り消しをしないといけないかもしれません。運転不適合者に免許が発行されていること自体が問題です。いくら生活が有ると言っても、周囲に対する迷惑の度合いを考えると、危険だと思います。

  • >>62420

    以前書きましたが、33のGTRが「マイナス21秒ロマン」と宣伝した、NurburgringのNordschleifeにおける市販車での8分切は、当時衝撃的でした。

    外国の、それも特別なスポーツカーのみが成し得る7分台。それを、国産のスカイラインを名乗る車がやっちゃう、やってのける。GTRは当時から世界の自動車メーカーに衝撃を与えました。

    近年、SEAT Leon ST Cupra R280が、FF車として初めて8分を切りました。それまでのタイトル保持者Renaultは、その威信に掛けてMegane RS 275 Trophy-Rという、2人乗り(後部座席無し)特別仕様車を仕立ててその記録を抜き去り、FF最速を取り戻しました。

    古いとはいえGTRの、4WDのGTRのタイムを抜くFFなんて、出てくるわけが無かろうと思ったんですが、出てきちゃいましたね。

    で、市販車のFFとなると黙っていないのがホンダ。CIVIC Type-RでこのMegane RSの記録を塗り替えました。そうすると欧州の威信にかけてVWがGolf GTI Clubsport S(最初のSEAT Leonも、GOLFと同じプラットフォームの車種です)ほんのわずかですがCIVICの記録を塗り替えました。

    CIVICはもう挑戦しないだろうと、一度世界一を証明したので、他のサーキットの記録を作って後は黙って見ているだろうと思っていましたら、なんと先日新型CIVIC Type-Rが、このGOLFの記録を大幅に塗り替えました。

    https://youtu.be/O2v6RcMtnnU

    もはや信じられない速さです。GOLFが更新したのは50秒台から49秒台へほんの僅かでしたが、今回のType-Rは43秒台。もちろんVWもRenaultも、必死でこのタイムの後進に新しいモデルの特別仕様車を仕立てて挑戦することでしょうけど、まあすごい。

    という、こんなことを峠で真似してはいけませんね。サーキットでもこのタイムは危ない。一つ間違えると命がないです。Nordschleifeは誰でも走る事が出来るコースで、私も何度か走りましたが8分を切る走りは本当に冷や冷やものです。思いっきり速く走れるマシンで、8分30秒から9分ぐらいで攻めるのが一番楽で面白い。

    プロのドライバーにならなくてよかったと思っています。

  • >>62419

    >保険会社が契約しないようなマイナス等級の人もいます。

    知り合いが事故に逢い、相手がそうした無保険者でした。
    尋常な話も通じないそうです。

    今流行りの通販保険、保険料はとても安く宣伝してます。
    事故を起こさない優良な顧客ばかりを取り込んでるように見え
    互助の保険の趣旨から外れてるように思えます。

  • >>62418

    >下ってきたその車が、そういった状態でうまくコントロールしていたかどうか、それはよくわかりませんが(笑)。

    閉鎖されていて、監視員が見守ってるようなサーキットならその走りでも構いませんが、
    限界を超えれば周囲を巻き込んで事故となる公道ではやってはいけない行為です。
    カーブの先に車が停まってたなんて事も有り得ますからね。

  • >>62417

    そうですね。

    そういう人は少なからずいます。

    保険会社が契約しないようなマイナス等級の人もいます。

    どうしてそれだけ事故るの?というほど雑というか荒いというか、全く注意しないというか、もはや不適合としか言いようがないですね。

  • >>62416

    番組の効果音は「そう感じさせること」と重視していますから、本当にそういう音がするかどうかは二の次になります。

    刑事が現場に到着する際に、車は必ずそういった音をさせていますね。そういう演出なんです。

    キーってのはsqueal:スキール音と呼ばれています。完全にスリップしている時にもそういう音がしますが、グリップを失う瞬間にも同じ音がします。

    実は、物理の世界では静摩擦と動摩擦という考え方に基づいて、グリップしている限界が最大グリップと呼ばれるんですが、経験上スリップを始める瞬間が最大グリップのように感じています。

    軽くsquealを発する状態、これで旋回できれば最も大きな横Gを受けて曲がれます。車体がその状態を維持できる限界、それがsquealを発生し始めるぎりぎりの所。

    軽くsquealを伴って旋回できればもうそれ以上は危険です。完全にスピンアウトします。

    勿論、ステアリングを抉って無理やりタイヤが鳴いていることもありますから、一概に音だけでは決められません。

    制動も軽くsquealが出ている状態でグーッと止まるのが最も制動距離が短いです。完全に滑っている状態はダメですよ、出るか出ないかの先にあるほんの少し鳴いている、その状態です。

    下ってきたその車が、そういった状態でうまくコントロールしていたかどうか、それはよくわかりませんが(笑)。

  • >>62414

    >事故が起きてからでは遅い。そうなった際の精神状態で考えると、どうしてこんなタイヤで走ってたんだ、どうして交換しなかったんだ、もっと品質の良いタイヤを選んでおけば、などと後悔しても役に立ちません。

    後悔すればまだしも、また同じ事を繰り返したり
    「オレは何も悪いことしてない」って人も居るのでは?(笑)
    実際に事故現場に立ち会っても、そうした人居ました。

    本当は
    こうした人を運転から排除できたら事故はぐっと減るはずですが
    判別方法が無いですね。

  • >>62414

    >事故が起きてからでは遅い。そうなった際の精神状態で考えると、どうしてこんなタイヤで走ってたんだ、どうして交換しなかったんだ、もっと品質の良いタイヤを選んでおけば、などと後悔しても役に立ちません。

    テレビ番組の刑事物では、車がカーブを曲がったり停止する時に必ず「キー」って効果音が出てました。
    鳴るほどの速度でも無いのに「お約束」だったのでしょう(笑)

    峠道を上ってたら、カーブを下ってくる車から「キー」ってタイヤ音が出てました。
    見からに速度超過。
    あんな運転してたら、長生きできませんね。
    事故を起こせば、回りも巻き込む事に。

    今流行りのエコカーですから、純正タイヤだとしたら、エコタイヤを履いてるはず。
    スポーツタイヤとはグリップに格段の差があるでしょう。

  • >>62413

    Hydroplaningと呼ばれる現象ですね。

    学生の頃ですが、当時の大ヒットしたマツダ・ファミリア(もちろん赤のXG)に載せてもらって、中国自動車道を走ってました。宝塚の辺りだったかな。

    大雨で、上り勾配。100km/h程度は出ていたと思うのですが、途中で激しくエンジン回転が上昇したり戻ったりを何度か繰り返していました。

    真っすぐ上っている状態でも、水の膜に乗って空転していたんでしょうね。

    タイヤはADVANのHF-D。でももうかなり山が無くなっていました。いまでこそ笑い話ですが、怖いもの知らずと言う事だったんでしょうね。その空転を面白がっていましたから。

    雨の怖さ、雪の怖さ、コントロールできない領域に入ったら本当に怖い。自然になるようにしかならない。ちゃんと自分の意思で車が思い通りに操縦できる環境下に留めておかないと危険だと言う事を、常日頃経験させておかないと大きな事故に発展してしまいます。

    事故を起こした人の多くが、まさかこんなことになるとは、と思っていることでしょう。車間距離もそうですし、速度もそう、ちゃんとコントロールできる範囲と、そうではないのに今まで何もなかったことで誤解したり過信したりというのが有るんでしょう。

  • >>62412

    心理学の先生が申しておりましたが、人は何もない状態の、つまり非常事態ではない安定した精神状態の時には、とにかくすべてが安心安全の方へ意識が行くので、例えばタイヤでも安い物でも問題なかろうと、減ってきてもまだまだ使えるだろうと、金銭面、経済的な判断というのが渋くなりがちなのだそうです。

    ところが、火事で家が無くなった、事故で車が全損した、大きな出費が必要となった際には、命が有っただけましだとかより悪い状態を考えて現在の自分を救おうとするのだそうです。

    事故が起きてからでは遅い。そうなった際の精神状態で考えると、どうしてこんなタイヤで走ってたんだ、どうして交換しなかったんだ、もっと品質の良いタイヤを選んでおけば、などと後悔しても役に立ちません。

    事故で負う大きな代償に比べればわずかな差。良く書きますように、その時に支払った金額をいつまでも覚えていることが難しいほど、普段の生活の中で動いている金額です。

    タイヤは命を乗せている。万が一の時の「あと1mあったら」という安全性能を買えたのだと思えば、本当に安いものです。

  • >>62410

    >雨や荒れた路面、緊張感が高まります。

    今ではそんな事は有りませんが、昔の中央自動車道のIC付近は
    雨の日に深い水たまりが出来てました。
    そこをモーターボート状態で走りきるのです(笑)
    プアなタイヤですから、排水もしっかりできなかったのでしょうね。

    今では適正な路面整備や排水溝、それに
    浸透性舗装などで、随分と良くなりました。

  • >>62410

    >逆に、プアなタイヤを履くと、グリップしている感覚が薄いので、真っすぐ走っていても何だか安定した感じがしません。

    今考えたら、若い頃はタイヤまで気が回らなくて
    恐いタイヤを履いてました。
    妻の車も初期のエコタイヤで、高速道路で恐い思いをしました。

    今回のタイヤは高値に見合った価値を感じてます。

    我が家の車、今の所新品に近いタイヤばかりです。
    これが一斉に交換時期となったら、恐い(笑)
    買った時に付いてた鉄ホイールと組合わされたのも、何らかの事態用に保管してます。

  • 最近、倉庫に古い車がまた舞い込むことに。

    95年式のSL500、99年式S500、そして88年式190E 2.3-16 、とまあMercedesのオンパレード。S500のみが自走可能で、SL500と190E 2.3-16 は動きません。前者は燃料系に問題が有り(台風の際に水が入ったとか)、後者は電気系統ですが原因不明とか。

    S500は簡単に点検を済ませて、掃除した程度ですぐ使えるんですが、オーナーがお歳でもう乗れないと処分を頼まれ、というより持って帰ってほしいと言われて、SL500はご主人が執念で治すと言ってたが、修理でシュテルンとご自宅を2度ほど往復しても結局完治せず、そのまま放置しているとご主人が病気で他界。奥様が処分したいが、思い出が有るのでどなたか乗り継いでくだされば、と。

    190E 2.3-16 は息子さんが大事に乗っていたけど、海外赴任が長期化し、もうエンジンも掛からなくなっているので処分したいと言ったら、息子さんは何年先になるかわからないけど帰国したら乗りたいから何とかできないか、と。

    もう一台、94年式のW124 E400が有るんですが、これがまたややこしい車で、フロントフェンダーをはじめ500Eルックに変えている車体。これも不動車状態で引き取り依頼が有ります。引き取りって、そういう業者でもないのに・・・。

    どうしましょうね、古いMercedesショップが出来ちゃいます。SL500と190E 2.3-16 が治ったらE400も引き取る約束になっていますが、修理を急ぐべきなのか、のんびり取り組むべきなのか・・・。

    しかし、「最善か無か」という基本理念で車を作っていた時代のMercedesは今見てもしっかりできている気がします。

  • >>62409

    良いタイヤを履くと本当に安心して走る事が出来ます。

    逆に、プアなタイヤを履くと、グリップしている感覚が薄いので、真っすぐ走っていても何だか安定した感じがしません。

    恐ろしくなる時が有ります。

    雨や荒れた路面、緊張感が高まります。

    ちゃんとしたタイヤ、高性能のタイヤ、その良さは「安心して走る事が出来る」これが最高の魅力であり履くメリットです。

  • 新調した扁平率45%のタイヤで峠道を越えてみました。
    安定してます。
    走りやさんがこうしたタイヤを履くのが理解できました。

    これはコンフォートタイヤですが、スポーツタイヤならもっと限界が高いでしょうね。
    もっとも、静かに走りたい私には合いません。
    スペアタイヤも揃えたので、ローテーションしてけば
    廃車まで持ちそうです。

  • <<
  • 62428 62409
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア