ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

     皆さんメンテにかなり興味がおありのようで、面白い意見が色々と飛び交ってますよね。
     メンテと言えば無くてはならないのが工具。町中で簡単に手に入る物から高価な物、特殊な物、有名無名、こんな工具が気に入っているとか、こんな便利な物があるとか、工具おたく、工具自慢の方、是非書き込みお願いします。

  • <<
  • 38057 38037
  • >>
  • 38057(最新)

    Daiseikoh 3月29日 08:12

    >>38054

    これもまた先のお話と同じです。

    背を高くして居住性を追及した初代。これはこれでよいコンセプトでした。

    しかし転倒する。

    高速での旋回で転倒する事故は、モータースポーツのホンダのイメージとして良くないと、今度は徹底して低くしようと言う設計に出ます。

    お陰でGAシティーはジムカーナA1クラスの無敵のマシンになりました。A1クラスでA2クラスのタイムまで食ってしまうほど速かった。

    あれもアレでそういう構想で作られた車なんです。

    楽しい車は初代。速い車は二代目。基本コンセプトも狙いも違う。

    ホンダでもキープコンセプトの車ってのがあります。二台続けて似た様な形。チームではなく基本コンセプトの違いです。

  • >>38053

    必ずしもそうとは限りません。

    思い出してください。日産セドリック。30、32、34はデザインがブーだと書いてきました。Y32に乗っていらっしゃったことを知った上でです。

    31、33は秀作です。坂本龍一も「今度のセドリックはいいね」と31のCMで言ってましたが(笑)美しかった。33のグランツーリスモなどセドグロの歴史上最も美しいと言えます。

    それがモデルが代わるとどうしてああなるのか?

    多分デザインチームが異なるんでしょう。率いている人は同じかもしれませんが発案者、基本コンセプトを提唱する人が違う。

    また、モデルによってはヒットした車のコンセプトを引き継ぐように指示されるんで、暖めている案をそのまま具現化できないで消化不良に成っちゃう。

    430でヒットしたのですが、Y30はそれを妙に引き継いだ消化不良のようなデザインです。330は美しかったが、それをシルエットはそのままに直線基調に変えた430は発想も実践も素晴らしかった。

    Y30はエンジンもV型に一新したので新たな路線で出て行くべきだったんです。ATも4速になりましたしね。

    デザイナーが考えていることと会社としての商品企画、その時代背景、様々なものがおり重なって出来上がっているのでそう単純な話しでもないのです。

  • >>38052

    >AAシティとGAシティなんか極端な例です。

    背高のっぽが急にぺっちゃんこになりましたね。
    物作りのポリシーの無さを感じました。

    その後の変遷を見ると、海外向けの並みのセダンへと変わっていったようですね。
    三代目以降は全く知らなかった。

  • >>38052

    >トヨタと違い開発チームを総入れ替えするのが多く、成功したモデルの次の世代が
    >まるっきり変わるのは珍しくありません。

    それで、モデルチェンジでデザインががらりと変わるのですね。

    前世代の車の良かった所、悪かった所の引き継ぎは上手くできてるのだろうか。
    ユーザーからしたら、同じ名前なら
    何らかの継承が有ると、錯覚しますからね。

  • >>38050

    ホンダは昔からそうですよ。
    トヨタと違い開発チームを総入れ替えするのが多く、成功したモデルの次の世代が
    まるっきり変わるのは珍しくありません。
    AAシティとGAシティなんか極端な例です。

  • >>38050

    >それにしても、ドイツのサプライヤーはすごいですね。
    ・・・BOSCHは長らく電装の世界No.1でしたが、近年Continentalに抜かれました。

    Continentalは元々はタイヤ事業を展開する会社でした。しかし、MotorolaAGという電装ブランドを買収し、SiemensVDOを買収し、いまや電装関連の世界でNo.1に成っています。

    あちらではこうした買収、M&Aにより事業を多角化、拡大、そして違った分野に転換してゆくと言うのが少なくありません。

    携帯電話で長らく世界一だったNOKIAも元々は製紙会社。そしてタイヤ屋さんの事業がメインに成ってゆき、電話と電信用ケーブル事業を拡大し、そこから携帯電話事業へ乗り出します。

    会社の深刻な経営危機に直面し、ここで思い切って各事業を売却し、携帯電話事業に絞ると共に、Motorolaと真っ向勝負するのではなく、次世代のデジタル時代にフォーカスし全資本をそこに投資します。

    これが大当たり。アナログに拘っていたMotorolaを抜き世界一になると磐石の体制で独走状態。世界中の部品サプライヤーはNOKIAを向いて仕事をしていると言われたほどになりました。

    スマートフォンの台頭に、「あんなもの」と居に関しなかったのが災いし、そして慌てて追従するもAndroidOSやiOSなどより、自分たちのSymbian OSの方が優れていると、結局は潮目を読み違えて失速。

    この先、BOSCHやContiだけではなく、Magneti MarelliやDENSOなどがどのような勢力図を書き換えてゆくのか、気に成るところです。

    現在CarelloもWeberもSolexも、Magneti Marelliの傘下に収まるブランドに成っています。

  • >>38049

    >本だのものづくりは息づいていると思っているんですが、確かに結果がでていませんからね。

    ・・・社長になると、先代とは違うことをしないと己を認めてもらえないという
    罠にはまってしまいがちです。ホンダの販売台数を増やし盤石たる体勢を作る。
    そう気負い込んだのでしょうが、組織の力量を超えた目標設定は、どうしても
    無理を伴いがちです。もちろん、世の中の動きが速く、チンタラ待っている訳には
    行かないという事情もあるのでしょう。

    でも、三菱じゃないけれど、組織のリソースを超えた目標設定は難行苦行を超えて
    組織の弱体化を招きかねません。この辺のさじ加減をどうするか、組織の長となった
    人達にとって悩ましい問題でしょう。実績を上げないとダメ社長と言われますからね。

    持てるリソースをフルに生かす、さらに効率が上がるような組織体勢に持って行く
    のが本道なのでしょうが、解決策を示さずに発破をかけると、東芝じゃないけれど、
    三菱じゃないけれど、下のものは無理せざるを得ず。短期目標達成のために、組織
    の長期成長力を削ぐことになりかねません。

    ま、新体制になったホンダは、品質管理をしっかりと行うことでしょうが、
    それと同時に、組織全体が前向きに動ける仕組みや心理的背景を作らねば
    なりません。それができたら、元々技術力はあるのですから、復活できる
    のではないかと思う訳で。

    それにしても、ドイツのサプライヤーはすごいですね。コンチネンタルや
    ボッシュなど、本来の業態を超えた先進的技術力を持っていますし、
    世界各国の自動車メーカーに技術を売り込むことで、確固たる地位を
    築いているように思います。PCがOSとCPUの巨大企業に握られ、PC
    メーカーはただの商品提供者になってしまいましたが、これと同じ
    ようなことが起きないとも限らず。そうなれば、自動車メーカーは
    薄利多売を強いられることになります(巨大サプライヤーから同じ技術
    を導入すれば、同じような車しか出てこないから、値段勝負にならざるを得ず)。

    私的には各メーカーが特色ある車を提供し、消費者はその好みに応じて色んな
    車種の中から好みの車を選べるというのが理想なのですが、どうなるんでしょうね。
    自動運転、衝突安全、環境問題。この3つをどこのサプライヤーがダントツで
    握ることやら。

  • >>38046

    そうなんですか。私は未だ本だのものづくりは息づいていると思っているんですが、確かに結果がでていませんからね。

    BMWのモータースポーツ部門に居た方が、負けて一番悔しくなかったというか、負けても納得できたのがホンダだったと言ってました。

    そういう話ももう昔話なんですかね・・・。寂しいですね。

  • >>38045

    自動車税を支払うとすれば、通知が届く住所が必要なので、移動しまわっているという形ですと、自己申告で請求前に支払いに行くという処理でしょうかね。

    キャンピングカーで生活をしている方はいらっしゃるようですが、様々な登録と言うか郵便を中心としてやり取り、そういったものはどうやってるんですかね。

    私は車中泊、キャンプと言うのは昔からそんなにしてみたいという気持ちが強く無かったです。仕方なくそうなった、というレース前のトランスポーターの中での仮眠ってのは種類も目的も違いますしね。

  • >>38044

    以前書いたと思いますが、家内がそういった感じです。

    自然は好き。旅先で眺める景観は素晴らしいと思っていますし、空気も綺麗で、風も心地よい。

    しかし、そこで自然と触れ合って生活する必要は無く、ちゃんとした建物の中で快適な生活が出来るというのがあっての自然を満喫と言うものだそうです。

    ですからキャンプ、テントとなると論外でまず一緒に行くという行動を起してくれません。

    郊外に移り住む、そんなことはありえない世界。時々訪れるからこそ良いのですよ、と言い聞かされています。

  • >>38043

    >ホンダだけが飛び抜けた技術を持ったり、モノづくりをしているわけではない
    ・・・最近の自動車作りにはサプライヤーの力が大きく影響しているようです。
    なので、使うサプライヤーが同じなら同じような車にしかならない。
    スタイル以外の差別化要因が少なくなっているのが現代の自動車産業です。

    ドイツではインダストリー4なる国を挙げてのプロジェクトで、産官学が一体に
    なって技術開発し、それらの成果は参加している自動車会社に優先的に使用させる
    ようです。なので、シャチハタのスタンプみたいに似たような技術の車が出てくる。

    当のホンダは、「ポン付けのホンダ」と揶揄されるような状態のようです。
    立派な研究所を持っているにもかかわらず、自力開発では追いつかず、
    サプライヤーの持ってくる技術を買ってはポンと乗っけている。

    これは業界の噂によると、先代社長が新車開発をやたらと急がせたツケなのだそう。
    フィットがシェフラーからロボタイズドMTの技術を導入したけれど、これと
    ハイブリッド技術を統合制御するのに難渋し、リコールの嵐となったのは記憶に
    新しいことでござんす。噂によれば、技術の核心部分を知られたくないシェフラーが
    技術情報をなかなか出さず、ホンダは推測に基づいて開発しなければならなかったそう。

    業界他社も、ホンダから聞こえてくるうめき声に、「大丈夫かよ?」と気をもんで
    開発状況を見守っていたらしい。ま、噂に過ぎませんので話半分で聞いていてください。

  • >>38044

    >林の中でホテル並みの宿泊施設に併設された囲炉裏端なんてのもあるようですね
    ・・・随分昔にみたマンガで、キャンピングカーに乗れば税金を払わないで済む
    と書かれていたのを思い出しました。

    なぜなら、税務署がやって来ても、場所を変えることが出来るので、差し押さえが
    出来ない! ま、自動車税は払わざるを得ないのでしょうが、風来坊なので、
    ちょっとした場所さえあれば、それなりの生活が出来そうです。

  • >>38042

    >キャンピングカーで乗り付ける人の中にも、自然は満喫しつつ、身の回りは都会の生活そのままと言う事で楽しんでらっしゃる方も少なくないとか。

    林の中でホテル並みの宿泊施設に併設された囲炉裏端なんてのもあるようですね。

    いきなり、本格的キャンプでは逃げ帰る人もいるやも(笑)
    虫は居るし、トイレも野原、寝袋の下は石だらけ!
    食事作りに失敗すれば空腹のまま。

  • >>38041

    トータルデザインと言う事で、中々難しくなっている現代のF1。

    パワーだけあれば勝てるという時代は終わり、パワーとそこそこの燃料消費率というのでも勝てない、大きさと重量バランスとモーターとパッケージバランス、そういった世界では本当に難しいでしょうね。

    シビックのTypeRが、NurburgringのFF最速タイムを叩き出しても、過ぎに塗り替えられてしまう現実。ホンダだけが飛び抜けた技術を持ったり、モノづくりをしているわけではないと言う事ですし、現にそういったレギュレーションの中でMercedesなどが圧倒的に速い車を作り上げています。

  • >>38040

    キャンピングカーで乗り付ける人の中にも、自然は満喫しつつ、身の回りは都会の生活そのままと言う事で楽しんでらっしゃる方も少なくないとか。

    今では飯盒で米を焚くなんてのは流行らないのかもしれませんね。

  • マクラーレンホンダ、苦渋の幕開けのようです。

    もうすぐF1開幕戦オーストラリアグランプリの決勝戦が始まるようですが、
    このレーズ、事故等が起きない限り上位には進めそうもありません。

    では何が起きているか?なぜマクラーレンホンダは遅いのか?
    そのことについて書かれたものがあります。

     https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/motorsports/motorsports/2017/03/25/f1___split_4/index.php

    まあ、F1は、生き馬の目を抜くような世界ですから、何でもありの
    ちちんぷいぷいなのでしょうね。

  • >>38039

    >しかし、ああいう車を買う方のほとんどはアウトドアを満喫するなんている趣味と程遠いような気がします。

    初めてのキャンプで、道具は家庭のを使うってのに向いていそうです。
    キャンプにはそれ専用の道具が有り、それは商用電源は使いません。
    それらを選んで買ったり、上手く使いこなす所に面白みが有ります。
    また、キャンプ道具は
    災害時に使える物が多いです。
    テントなどはその典型ですね。

  • >>38038

    EVやPHVなどが家庭の電源をバックアップできるとか言う使い方ではなく、それこそアウトドアの電源として活用できるというのが最も便利でしょう。

    しかし使い過ぎると、その場所から戻ってこれなくなる(笑)。PHVの場合はまだエンジンが有りますから救えますが。

    しかし、ああいう車を買う方のほとんどはアウトドアを満喫するなんている趣味と程遠いような気がします。

    ですから単なる燃費が良い車、経済的な車で終わるんでしょうね。

    しかし、ああいう車の普及で発電機もコンバーターも出番なしになってゆきます。

  • >>38035

    >コンバーターの出番はそうそうありません。

    有れば便利と買ってはみたものの、役だったのは一度だけでした。
    野で活動する人には良いのかも。

  • >>38034

    配達が嫌になって、年賀状をドブに捨てて新聞に載っていた人もいらっしゃいました。

    そういう気持になるのでしょうね。

    年賀状や暑中見舞い、年々減っているようです。

    メールやLINEなどで済ませる世代、人口が増えてきているのでしょうね。

  • <<
  • 38057 38037
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア