ここから本文です
  • 1

    *****

    キャンピングカーに乗ってる人、いままで行ってよかった所や、あると便利なもの、
    Pキャンプをするのに選ぶ場所とか気をつけてることなど教えてください。

    もうすぐキャンピングカーがくるので
    いろんな所に行きたいです。
    http://www.medias.ne.jp/~rusk/top.html

  • <<
  • 9451 9432
  • >>
  • 9451(最新)

    メカニック 9月13日 23:31

    >>9450

    イノブタは非常に鼻が利くといわれています、嫌いな臭いは人間の臭い、散髪屋に行って髪の毛をもらい、ストッキングに入れて出そうなところに下げておくといいらしい。
    もう一つ荒らされる畑にイノブタが嫌いな植物レモングラスを植えるとよいとも聞きました。
    私のカナダの友人はチェコから移住してきたボヘミアンです、ハンティングが趣味で一時はトラップライン(自分の狩猟地域)を持っていたほど、そこでいろんな野生動物を狩猟して肉を食べ、皮をはいでハドソンベイというイギリスの会社についこの前まで売っていました。熊、鹿、ビーバー、ミンクいまでも彼の家の冷凍庫にはいろんなブッシュミートが入っています。熊は固かった、鹿はおいしい。

    バンクーバーもすっかり秋になり、雨が多くなりました、今年は松茸が豊作になりそうです。
    来週晴れそうなので紅鮭の遡上と見に行く予定です、帰りに温泉に入ります。

    キャンピングカー&Pキャンプの部屋 イノブタは非常に鼻が利くといわれています、嫌いな臭いは人間の臭い、散髪屋に行って髪の毛をもらい、スト

  • >>9449

    確かに 食べると 養殖のような物でなく 自然で 走っているから 美味しいかも?
    狩猟を生業とできるような 補助金が出れば こぞって 山に出かけるでしょうが。
    それにしても 増えていて 今夜も 二匹 🐗坊が 前の畑に
    あいにくの雨で 畑も 柔らかくなっているからでしょう。
    石や懐中電灯で 驚かしても 直ぐに 帰ってきます。
    庭に散布して 臭いが 少々では 消えないような物があれば 来なくなるとは思います。
    我が家の キャンピングカーも 昨日 軽油とガソリンを 満タンにして 車庫に アウトリガーで 浮けています。
    今週は 町内の一斉清掃で 翌日は 仕事
    来週は 何処かに 行きたいですね。リンゴ狩りや梨狩り・ブドウ狩りなど 孫が 喜ぶような場所探しです。

  • >>9448

    解決方法は人間が食べるといいのに、北海道ではエゾシカが増えて農業被害が出ている、大学の先生が狩猟して食べようと提案した。
    琵琶湖では馬鹿な人間がバスを放流し、増えて在来種を食い尽くしている、これも取って食べようとしている。
    アメリカではライオンフィッシュが異常に増えて東部海岸ではこれを取って食べようと運動している。
    ミシシッピ川では中国の真鯉が増えて在来種を食い尽くしている。

  • >>9447

    そうでしたか。
    広島県が 元凶の元?
    本来のいのししは 4~6頭らしいのですが。
    今夜も 前の隣の畑に うり坊が 出て 畑の中の ミミズを掘っています。
    懐中電灯で 照らせば 逃げますが 直ぐに 戻ってきます。
    我が家の畑には 被害がないのですが、目の前で 煙草を吸いに出ると 目が合います。
    周りの畑や田んぼは メッシュで囲まれて 入れないように していますし、私も いつも来る方向に フェンスを置いて 入れないようにはしていますが。
    体長は 500mm 高さ 350mmですが、一晩で 30坪の畑を 掘り返します。

  • >>9446

    イノブタの被害は人災だと父に聞きました、倉橋で養殖を始めた人がいた、しかしそのイノブタが逃げてしまった、村の人は駆除しようとしたが持ち主がおれのイノブタだからダメだと阻止した。
    天敵のいないイノブタは繁殖力が強いのであっという間に島中に増え、農業被害が出た、隣村では捕獲したイノブタに必死の反撃にあい命を落とした人も出た。
    養殖の許可を与えた県や、持ち主は告訴すべきだと思う。
    現在田舎では人間が鉄のオリの中で農業している、本末転倒だ。

  • >>9445

    人間の食べ物を知った熊は栄養不足で冬眠中に死んでしまうそうです。
    北陸や東北 北海道の雪の多い所では 当然 冬眠するのでしょうが、此処 中国地方なら 冬眠しないのでは?
    当然 冬でも 食べ物がある 里山近くの民家に
    軒下の玉ねぎやカボチャ ジャガイモなどを食べるんでしょうね。
    日本では 町中に現れた場合は 捕獲して 山に運んで 放ちますが すぐに 戻って来ます。
    人間や家畜に被害を 及ぼした場合は 射殺されます。
    天敵がいない熊や いのししは どんどん数が増えていきます。
    もっとも 今町に居るいのししは イノブタらしいので 一回に10匹 年に2~3回出産するそうです。
    昔のように 山を掃除して 炊き物を集めなくなり 山と村の間の境界線里山が 無くなって 山から村になっているので 姿を見られずに 出れるからでしょう。
    困ったものです。

  • >>9444

    熊と言えば昔カナダの国立公園ではよく出ました、グレーシア国立公園で日本から来た友人とキャンプ場でキャンプ。そのよるレンジャーから熊の話を聞く、「熊が出てくると思ってはいけない、あなた達が熊の生息地にやってきたのだから」といわれた。
    次の朝テーブルに食料を出して食べていた、そしたら友人が飛び上がってキャンピングカーに入った、後ろを指さすので見てみたら5メートルくらいのところに黒熊が。レンジャーから聞いた通り、食料をすべて箱に入れて車に入った、熊はテーブルの上を見て食べるものがないとわかると次のテーブルに。
    二日後バンフとジャスパーのキャンプ場を探していたら女性が道路で震えている、近づいてみたら食事の準備ができた後熊に荒らされていた、熊はテーブルに上がりすべてをひっくり返して食べている。
    その夜外が騒がしいので見ていると熊が3匹出てきて、ゴミ箱をあさっている、親熊が子熊を大きなゴミ箱に入れ、子熊が食べ物をつかんだら引っ張り出して食べていた、一匹がトイレのドアの前に座って食べ始めた、中の人が出ようとしたが熊を見てドアを閉めた、せん珍詰めです。

    現在の国立公園はすべてのゴミを公園外で処理するようになって熊はあまり出なくなりました。人間の食べ物を知った熊は栄養不足で冬眠中に死んでしまうそうです。

  • >>9443

    そうでしたか。
    確かに 北海道観光は レンタカーやバイクが 多いですね。
    函館には 港の傍に キャンピングカーレンタルの会社も あります。
    摩周湖 言われるように、霧に包まれていましたが、突然 晴れ 中ほどの島が 見えました。
    写真を撮っていたら 又 霧の中に
    万博は 学校から 行っていましたが、しょうもない 住友未来館とか カナダ館 アメリカ館の月の石は 見たと思いますが 記憶にありません。
    そのカナダ館 移設して 此処福山に ありましたが、いつの間にか 無くなりました。
    北海道では ジンギスカンと スーパーで肉や野菜を買い 道沿いの大きなパーキングで 焼肉
    余り 車も通らなく 夕方になり 周りは 薄暗くなりましたが、風がきついので IHを外に持ち出して 調理は外で こんなところで焼肉したら、熊が 臭いで来るかもと言ったら 家族全員車内に避難
    言い出した私が 焼く係 何もありませんでしたが、さすがに 暗闇 多少の恐怖は 無かったとは 言えませんでしたが。

  • >>9442

    私が初めて北海道に行ったのは1970年大阪万博のとき、二号線を夜走って大坂について万博に行ってみたら「辛抱と長蛇の万博」1日でギブアップ。
    伊丹から飛行機で千歳へ、レンタカーを借りて道東を一周しました。
    摩周湖ではヒーターが必要だった。

  • >>9440

    ごめんなさい。
    自分のトピに かまけていました。
    北海道は 未婚時代に 750ccで 一度 それから ハイエースSロングハイルーフのキャンピングカーで 一つ前の ローザキャンピングカー 今のファイターキャンピングカーでの 合計 4回
    ハイエースで行った時には 夕張メロン城や夕張炭鉱記念館 全盛期でした。
    幸せの黄色いハンカチの 撮影された家も 山の下から 歩いて上がりましたが、今は 車で頂上まで 行けます。
    その時に NTTの携帯電話(デジタル)の車で充電できる物を買おうといろいろ探しましたが 札幌にしか 置いていなくて わざわざ そこまで買いに行きましたが、 店員さんが 不思議そうに どうして車で充電を?初めて 売れるのですが?と そんな時代でした。
    言われるように 北海道は でっかいどうで 走行車線も本土に比べて 車幅が広いし そんなに信号もありませんでした。
    今は 道央道が出来て 東西の移動が 楽になりました。
    初めて 北海道に上陸して 感じたのは、100キロで走っていても 後ろの軽のおばさんに クラクションを鳴らされ 左から信号が 赤なのに 突っ込んで 二車線道路の左側を走っていた私は 心配で ブレーキ 右側を追い越していった車と 目の前で衝突しました。
    幾分か 破片が 当たりましたが 双方に怪我が無かったのを確認して 立ち去りましたが。
    車の相談など あれば 何時でも どうぞ。
    私で分からなければ 周りに 詳しい方も いますので 聞いて お答えしますよ。
    私は みんカラ(みんなのカーライフ・車のSNS)に 属していて こちらには いろいろ 掲載していますので、時間があれば まほろば2006で 検索されたら 良いですよ。
    れっしーさんへ まほろば2006より

  • レッシーさん始めまして、メカニックです。キャンピングカーは改造したものですか。
    普通モーターホームはトラックのシャーシーに家を乗せます。
    必要な情報はトラックの配線図、ホームの配線図両方があると修理しやすい。
    そして道具、電気は目に見えませんからテスターや電球の入ったプローブがあるとどこに電気が来ているかわかります。
    基本的には回路はサーキットと呼ばれ、バッテリーのマイナスから電子が出てプラスに帰ってくる、電流はその逆に考えます、理由は電子はマイナスなので。
    車は12V、ホームは12Vと100V二つの回路があるので注意、ホームにはホーム用のバッテリーがある。

  •  まほろばさん、メカニックさん 初めまして
    れっしーと申します。
    キャンカーにカヤックを積んであちらこちらの海・湖に浮かべて楽しんでいます。
    車を自分ではいじれない私としては、参考になる話ばかりです。
    自分の車の電気系のトラブルぐらい自分で直せるようになりたいと思っています。

    2年連続で、四国・中国地方を巡っていましたが
    今年は、北海道へ行ってきました。
    ご自分で車を作り込んでいらっしゃる方がたくさんいらっしゃいました。
    お話を聞こうかと思いましたが、チャンスがなく帰ってきてしまいました。

    北海道、3回目になります。
    車の流れが速いのとギャップが大きく車が大きく跳ねるところが時々あったのでドキドキでした。
    今回のキャラバンが一番思い出に残るものでした。

    いろいろ教えてください。
    よろしくお願いします。

  • そうですね。
    アメリカは 銃社会 それを忘れていました。
    ちょこっと お金持ちなら 狙われるかも?
    治安が悪くなったとは 言いながら 日本は 安全ですから。
    次の 写真も 期待しています。

    キャンピングカー&Pキャンプの部屋 そうですね。 アメリカは 銃社会 それを忘れていました。 ちょこっと お金持ちなら 狙われるかも?

  • 無制限というわけではありません、トレラーは重量1.4トンまでなら家で作って書類をもっていけば保険を買いナンバープレートもらえます。それ以上は検査があり合格するとVINをもらえます。
    自動車は自作で最高速60km/h以下なら自分で登録できる、それ以上速い車は車検がある。

    お金儲けはアメリカの方が面白い、友人は日本で趣味でレーシングカーを作っていた、アメリカに留学しエンジニアになり発明、機械の製造をメキシコで行い、日本に輸出、モーターホームを日本に輸出、日本からアメリカに輸出したい会社のコンサルタント、許可申請代理などしています。

    私はカナダに来てなんとかアメリカに移住を考えていました、サンフランシスコに友人がいたし、ロスに遠い親戚がいましたから。しかし毎年冬にアメリカに行って感じたのは殺人は多すぎる、銃が多すぎる。
    カルフォルニアでまず聞かれるのは年間いくらもうけているか、あの人は年間何億儲けた、そんな話ばかり、アメリカでヒーローは金額で決まる。サンフランシスコの市長がホモの三角関係で銃殺されたのもそのころ。
    安心して生活できるカナダを選びました。

    次の写真は自作のトレーラーを作ったときにもらえるナンバープレートです、最初のUはユービルトの意味。

    キャンピングカー&Pキャンプの部屋 無制限というわけではありません、トレラーは重量1.4トンまでなら家で作って書類をもっていけば保険を買

  • そうなんですか?
    それでは 器用な人が スクラップから 車を製作して 明らかに おかしいと思えるような車であれば OK?
    軽トラックに ログハウス風の部屋を作り 週末だけ ボディーに乗せて 走られるキャンパーも 増えてはいます。
    面倒な キャンピングカー登録しないで 居住空間があれば 好い私は それも ありかと 思います。
    いろいろ 規制が厳しい日本では そこまでには 到達できないでしょうね。
    ただ 私が 矛盾していると思ったのは トレーラー 牽引車の重量で トレーラーも限定されると思っていたら、 トレーラーの方が 長くて 重くても 大丈夫って どうなんだろうと思います。
    実際 高速や一般道では 引っ張れば 燃費が悪くても 早く走らなくても 良いのでしょうが、キャンプ地など 急な坂を下りながら カーブを降りていく場合 道路が 乾燥していれば いいのですが、キャンプ地って 湿っていたり 落ち葉や苔が生えていたりして とても滑りやす こんな時に 大丈夫って 思います。
    トレーラーに押されて ジャックナイフ現象が 事例は報告されないでしょうが、結構 自己責任で解決されているような気がします。
    基本的に自由だが責任は自分で取ってくれというのがこちらです。私が もう少し若ければ そちらで 楽しめて商売も出来たかもしれませんね。

    キャンピングカー&Pキャンプの部屋 そうなんですか? それでは 器用な人が スクラップから 車を製作して 明らかに おかしいと思えるよう

  • 走行中に警察に止められるのは外から見ただけだからあまり効果はないようです、煙を出しながら走る車、バックミラーが壊れている、ブレーキライト、ヘッドライト(日中でも走行中は点いていなければならない)など。

    最近よくあるのが廃棄処分された車を再生して売っているもの、前部が壊れたものと後部が壊れたものを真ん中で切って、いい部分を溶接してある、真っ直ぐに走らなかったり事故でまた半分になる、これは警察官でもわからない。

    最初の内装を見たとき病院の検診室を連想したのですが、あっていました。

    こちらでは車の車高を変えたりフェンダー、スポイラーは全く問題ありません、車の床下にブルーの電気が点くものは規制されました。
    この前キャンプ場ですごいのを見ました、トラックの荷台にログハウスを建てていました、ジプシーの家のようなデザインのも。
    荷物を載せて引っ張るトレーラーは家で自作しても登録できます。
    飛行機も自分の家で作ってそれを飛ばすこともできる。
    基本的に自由だが責任は自分で取ってくれというのがこちらです。

  • 水上機ですが 瀬戸内海の内海町だったか この近所で 遊覧飛行をしています、両側にフロートが付いているので 直ぐわかります。しかし 福山で 遊覧飛行のヘリコプターは 採算が合わなくて 閉めました。
    誰が見ても危険な車とは おおよそ日本で走っていて 多少 OHフェンダーやスポイラー装着位なら OKですかね?
    国内の規制は 厳しくなり 古くなれば自動車税も年々 増します。
    今のファイターもキャンピングカーでエンジンが8200ccなので 自動車税は9万円強になりますが、高速や仁意保険など 普通車扱いなので 救われていますが。
    駐車場やフェリーは 中型料金ですけど 観光地ではバス優先で 一番観光地に近い所に駐車させてくれますけど、周りの大型バスに比べて 何と貧弱な事か それと やはりベースが検診車なので 検診車ですか? そう言われますね。
    写真のは 購入前の姿ですが、私的には 気に入っていたのですが、妻が嫌がって 塗装代を出すからと 無地になりました。

    キャンピングカー&Pキャンプの部屋 水上機ですが 瀬戸内海の内海町だったか この近所で 遊覧飛行をしています、両側にフロートが付いている

  • カナダの場合車検がない分、誰が見ても危険な車はすべて警察官の判断で止められる、その場で運転不可能な切符を切られます、修理工場に引っ張っていかなければならない、免許を持った整備士が修理してその証拠書類を警察に持って行ってやっと運転できるようになる。

    日本の規制は独自なのか、それとも外国から入れたものか、カナダから見ていると首をかしげることが多い。
    水上機を瀬戸内海で飛ばしたくて広島の第三セクターが作ったマリーナで聞いてみました、3時間後に返事がきました。
    なんと「前例がないのでダメだ」と。
    次に村の漁業組合の会長に乗り降りのため桟橋を使わせてもらえないかと聞いたら「わし一人で決められないからダメだ」と。両方とも税金を使って作ったものなのに。
    航空法を読んでみると「住民からノイズの苦情が出たらダメだ」と書いてある、日本で自家用飛行機が少ないのも理解できた。カナダの友人が日本で飛行機をレンタルして飛行途中の空港で食事に降りたら不時着扱いで厳重注意されたそうです。

  • 随分 規制が緩やかなのが 良いですね。
    それと 聞いた話ですが、整備不良で道路で 故障した場合 罰金が高いとか?
    日本も 同じように 規制が緩和されれば 良いのですが、車検や定期点検などの 項目で 成り立っている今は 無理でしょうね。
    しかし 海外のスーパーカー輸入で 車高も地上から80mm以上とか 排気音もかなり大きくても良くなりましたが、どうなんでしょうね。
    昔は 新車のような状態に戻さないと ダメで トランクの荷物や 車内の飾りまで 外していたのに
    話は 変わりますが 私のファイター サブエンジンクーラーは ダイハツの昔のシャレード ディーゼルエンジン1000cc三気筒で 意外と静かなのですが、オナン発電機 ガソリン 4.5Kwは かなり賑やかですし、排気ガスの臭いが 国産に比べて 大きさも大きく 重量もあり 音もうるさいので SAや道の駅では 大型車スペースに 停めています。

    キャンピングカー&Pキャンプの部屋 随分 規制が緩やかなのが 良いですね。 それと 聞いた話ですが、整備不良で道路で 故障した場合 罰金

  • 見ましたが内装を見るのは初めてです
    カナダの場合州を越えてたり、アメリカから輸入したときに検査があります、LPGの検査、走行中にヘッドライトが点くことなど。
    車検はありません、出来る人は自分で修理します、保険は乗用車と同じ、免許は普通免許、カナダの場合エアーブレーキを乗る場合は筆記テストとドライイビングテストがあります。
    アメリカでは油圧ブレーキと同じ免許です。

    アメリカの友人はバスをコンバートしたディーゼル車をもっています、キャタピラーのエンジンがついて、リアーエンジン(プッシャーと呼ぶ)船と同じ音がします。発電機もディーゼルなのでうるさい。
    運転席が低く平らなので部屋の中が広い。

    話は違いますがアメリカのオートキャンピングのルーツはフォードのモデルTだそうです、フォードはキャデラック、オールズモビル、ポンティアックなどの高級車に対して労働者が買える1台500ドルの車を大量生産した。
    儲けは1台売って1ドルだったそうです。しかしものすごい量売れた。
    休みには家族でピクニックに、中には遠出するひとも、しかし道路がまだ整備されていなかった、ぬかるみにはまった車を助け出すのは農家の馬だったそうです。政府はやっと道路整備に着手。
    鶏が先か卵が先か ですね。

    いつの世も価格破壊をする人は成功しているみたいですね、日本橋にんべん、ダイソウ、青山など

  • <<
  • 9451 9432
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!