ここから本文です
  • 一週間位前愛犬が足を痛がり、近くの病院に診察を受け肉離れと診察を受け、念のために平成動物病院に検査のため連れて行き診察を受けました。そのとき担当した医師はH先生お若い医師でした、血液検査の結果急性関節炎とのことで入院。治療としてステロイド治療を開始しました。しかしうちの子は腎臓が弱かったせいでステロイドを使用したことにより免疫が急激に低下し急性肝炎を発症、その後もステロイドを使用したことにより肺炎併発し、本日死亡しました。最後の二日で様子がおかしいと気がつき、セカンドピニオンの病院に連れて行き集中検査を受けステロイドの異常注入が発覚、検査の甘さがこのような事態をおこした人為的ミスと指摘され発覚。あんなにピンピンしていたのに、あっという間に行ってしまいました、いまだに疑問で納得がいきません。この病院は設備受け入れ態勢についてはよいのでしょうが、キャリアの薄い若い担当医が多く誤診され愛犬を失った私としてはもっと管理体制に改善願いたいものです。もう少しきちんとした細やかな検査をしてから治療を開始していただけたならこのようなことにはなりませんでした。悔やんでも悔やみきれません。動物病院のありかた本当に疑問です。皆さん愛犬診察はセカンドピニオンの医師をもつことでこのようなミスを防げますが、現在悲しみのふちにいます。このような場合どうすればよいものでしょうか意見お聞かせ頂ければ幸いです。

  • <<
  • 264 1
  • >>
  • 264(最新)

    PICHITO 4月11日 00:02

    先日平成動物病院に入院していた私の愛犬が理不尽なかたちで亡くなりました。この投稿サイトを見て愕然としました。私の愛犬も亡くなる15日前に元気はありましたが、ごはんを食べなくなり病院へ連れて行くと重度慢性腎臓病と診断され、毎日点滴に通い数値が少し落ち着いたので食事や点滴で1,2年は望めるとの事でしたが、3日後またごはんを食べず、白い泡(石鹸を泡立た様な)の嘔吐し、慌てて病院へ行き3,4日入院して静脈点滴した方が薬の効きが良いとの事でそうする事に。入院当日夜に面会時凄く元気を取り戻して安心しましたが翌日の夜急変し、会いに行った時にはぐったりで膵炎を発症しDIC(全身血栓)で危険な状態と言われ、唐突に言われた病状に耳を疑いました。とにかく危険で助かる見込みが無いのであれば、家に連れて帰ろうと思いましたが、すぐに輸血をしたら持ちなおす確率は五分五分と聞き非常に迷った結果 輸血を決断、しかしその翌朝に状態が悪くなったと連絡があり、家に連れて帰る為に会いに行った時は立ち上がって私たちを探してるようでしたが、連れて来られた時にはほとんど意識も無く虫の息状態でした。15分前に会った時との余りの変わり様に何があったの?!と思いましたが、先生が「清算は後でいいのですぐ連れて帰った方がいいと、車で病院を出て3分後に息を引き取りました。
    ①調べたらDIC発症すると、輸血してもほぼ助かる見込みは無いと(問い質すと、上手くいけばという意味だったと言われた) ②原因が腎臓病では無く"膵炎"でした、誤診では?と聞くと腎臓病も膵炎も治療内容は同じですと。泡の嘔吐が膵炎の症状でした)
    ③死ぬ5ヶ月前、診察に行った時に体重が半年で4.1kg→3.5kgに心配で何処か悪いのでは?と言ったら、年齢も10歳と高齢なので食も細くなるし、体重も減るものだと言われて終わり。
    ④死ぬ3ヶ月前、美容院で歯磨きした3日後口臭と肛門臭が気になり病院へ、歯周病かもと肛門絞り処置で終わり。(今思うと腎臓病の尿毒素だったのでは)
    早期に発見出来るタイミングが何度もあったのに何故誰一人として病気を疑う獣医がいなかったのか?そう問いただすと、結局"タラレバ”の話になってしまうと…言われました。
    平成動物病院の獣医に対して不信感でいっぱいです。
    ひとりでも多くの人にこの事実を知った上で平成動物病院に通うか考えてほしいです。

  • >>1

    かわいそうに。お悔やみ申し上げます。僕は、ブリーダーをやってるんですが、確かに、h病院は、評判がブリーダー仲間内では、評判悪いデス誤診は、しょっちゅうだし、避妊しに行って帰らぬ子になったりひどい体制です。インターン若い先生に任せて考えもんですノルマがあるみたいで過度の診療がまかり通って完全お金儲けに走ってます八事にも分院だしたし。〕やはり病院は、院長とお話がてきるところがいいと思います。裁判もひとつの選択肢かと。その子は、帰って来ませがとりあえず天国に、行った子に謝罪が、欲しいですね。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 【医療ミスの被害者です】
    私の愛猫もステロイドの被害者です。
    獣医師によりステロイドで後遺症を負って毒殺されてしまいました。
    ステロイドなどを使う西洋医学の動物病院は沢山の被害者が出ています。
    他の危険な化学薬品、手術などで沢山の動物が亡くなってしまっています。
    毒物も平気で飼い主に無許可で、影で乱用しています。
    ナラシノ動物愛護病院の被害者です。
    獣医師による医療行為は全て違法です。

    どうしたら良いか。
    お答えがとても難しいです。
    遺族はとても悲しいですよね。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア