ここから本文です
  • 1

    *****

    今まで大の猫好きでした。正直、愛犬家の気持ちなんて理解できませんでした。2年前、愛猫を恐ろしい伝染病でなくし、悲しんでいたところ、思いがけず今の愛犬と出会い、一目ぼれで購入し、最初は初めての犬との暮らしに戸惑いながらも、たくさん本を読んだり犬について勉強していくうちに
    犬の可愛さにはまってしまいました。もっと早く、犬好きになっていたら・・・犬の寿命を考えると、これから何匹の犬を飼えるだろう、と悔しいです。もちろん今でも猫も好きなんですが、犬と猫を一緒に飼うほどのゆとりもなく・・・。多頭飼いにも興味ありますが、未知の世界です。
    ネコ派、イヌ派という言葉がありますが、いままで猫猫猫、とゆってた自分が信じられません。
    小型犬を飼っていますが、大型犬も飼ってみたい!
    あと、今思えば、収容所で殺処分をまっている犬や、里親を探してる犬とのご縁もありだったなとも思います。ペットショップで買うのではなく、飼い主を探してる犬を引き受けるというご縁。今だから言える事ですが、そんな思いもあります。
    私のように、大のネコ派から大のイヌ派に転身した方、またネコとイヌを同居させてる方、お話したいです!

  • <<
  • 874 874
  • >>
  • 874(最新)

    musasi 2014年5月27日 15:52

    我が家にもいつも犬か猫がいました。犬は雑種の室外飼いでしたが縁あって八年前に8ヶ月のシェルティをネットの里親探しのサイトでもらってきて、現在に至っています。とても賢い犬でトイレなども3日で覚え加増同然に過ごしています。1年後に娘が友人からやはりシェルティを預かり飼い始めましたが7歳で我が家に来た時は初老に入りかけていましたが、仲良く過ごしていました。それから1年後娘がボーダーコリーをほしがりペットショップで購入し3びきがとても仲良く過ごしていました、何処に行くのも家族と一緒に連れて行き、いろんな製薬があるけどそれ以上の癒しをもらっていましたが、恒例のシェルティが今年の1月に腎臓を悪くして治療をしながら暮らしていたのですが、4月8日に急変して介護の回もなく10日に病院に連れて行ったのですが、娘の腕の中で息を引き取りました。
    残された二匹も何か感じたのか未だに以前の元気がありません。
    庭の済に埋葬をして、お墓の周りには花をたくさん植えて毎朝他の二盗を連れて拝んでいます。
    他当該は私も躊躇したのです。どうしても愛情が偏るようなきがして。でもそんなことはお構いなくワンコ達はいっぱいの愛情を持って接してくれます。
    こちらが可愛がればそれだけ癒してくれますね。最初からいるシェルティは現在9歳、後何円一緒にいられるかと思うと眠るときはいっぱい抱きしめて同じベッドで眠っています。
    犬か決して裏切らない飼い主を信じています。信頼関係を大切にしたいと思います。

    もっと早くに犬好きになりたかった・・・。 我が家にもいつも犬か猫がいました。犬は雑種の室外飼いでしたが縁あって八年前に8ヶ月のシェルティをネッ

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ