ここから本文です

☆文章練習帳☆

  • 64
  • 0
  • 2017/03/10 00:45
  • rss
  • 文章を書くのが苦手です。
    だらだらとただ意味も無く長くなったり、
    結局何を書きたかったのか分からなくなったり。

    書いている本人がこんな感じなので、
    相手には殆ど伝えたいことが伝わっていないように思えます。

    すっきりと要点が分かりやすく読みやすく伝わりやすい文章に憧れます。
    どうやったらそういう文章が書けるようになるのか模索中ですが、
    ここを練習帳代わりに、
    テーマを限定せずにその都度思ったことを書きながら、
    練習になったらいいなとスレッドを作りました。

    同じように思われている方がいらしたら、良かったらお使いくださいね。

  • <<
  • 63 41
  • >>
  • 高い音と赤い光

     音階ソとシの高い繰り返しの音色が近づいてくる。
     わたしが呼んだ、白い車。
     あちら側に行くのをやめたからには、血だまりの中にいることはできない。
     
     強い、叱責するような現実からの声。
     助けに来た腕を、跡がつくほどの力で握りしめる。
     無線で連絡を取る声を、他人事のように聞いた。
     荷物のように病院内を運ばれ、検査の機械の中に押し込まれる。
     割れた額はちくちくと針と糸で縫い合わされる。
     
     小さい一人部屋の中、腰と手をベッドに縛り付けられる。
     わずかな緩みの中で動かせる手をぷらぷらと振った。
     化膿止めだと大きな錠剤を口の中に押し込まれた。
     熱が出るからと氷枕を頭の下にいれてくれた。
     ずいぶん鉄のにおいがする枕だと思った。
     気持ち悪くて頭を振って気がついた。
     それは、頭にこびりついた、自分の血のにおいだった。

     天井に貼られた紙製のひまわりが、笑っていた。

  • 主催者のかたは、もう投稿なされないのですね。ちょっと残念です。
    いろいろな人がいらっしゃるから、気持ちの良い場所を保つのは難しいです。
    書くことに停滞気味だったので、とりあえず思いつくままここに吐き出してみようと思います。
    この場を作ってくださったことに感謝します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    夏の日
     
     壊れてしまったわたしは、人の目が怖くなっていた。
     いつもの夏と同じく、お中元をもって訪れた親類に何食わぬ顔をして挨拶をし、
     部屋の奥に引きこもった。
     わたしの笑顔はぎこちなく歪んではいなかっただろうか。
     遠い親戚が家人と近況を交換しあい玄関を出るまで、部屋をぐるぐると歩き回る 足は、止まることがなかった。
     
     壁にぺたりと背中をつけて、昼下がりの庭を眺める。
     ナスとキュウリが水の粒を弾いている。
     自分の家の庭がこんなふうになっていたのを、わたしは知らなかった。

     いってきますの声に、いつものようにいってらっしゃいと返した。
     今日は決行の日だ。
     鴨居にかけてひっぱった荷造り用のヒモは、体重をかけるとあっけなく切れた。
     夕飯のメニューを変更するようにわたしは次の手を考える。
     薄いピンクのストールを洋服ダンスから取り出した。
     喉が絞まると咳が出そうになり、大層苦しい。 
     頭がガンガンとし、汗が大量に噴き出した。
     やっぱりやめようと思ったときに、バランスを崩し、高いところから落ちた。

     自分の状況が少しの間、呑み込めない。
     ボダダッと落ちる、大量の血液。
     鼻血が出ていると鼻に手をあててもなんともない。
     目の前の床に相変わらず滴る赤いいろ。
     額に手を当てると、ぱっくりと割れた肉に触れた。
     何秒かかの躊躇のあと、わたしは外に走り出す。

     それは、生まれ変わりへの、第一歩。

  • はすです。こういうのは初めてです。文章を書くことが好きなので、
    仲間に入れていただけると嬉しいです。
    また、書き込みします。

  • うんちくの向こうには私が居る。
    感動が私を動かしていた。
    桜の美しさを語る私は、富士の山頂から朝日を眺め
    それまでの経緯を体感しているはずだった。
    私は何を求め、何を行動できるのか
    自身へ問い続けながら、過ちを繰り返す。
    いっそ、肉体を殺し、過ちを問い続けることも
    できただろう。
    しかし、そうしたら、その痛みから私は
    自分を見つめることができないだろう。
    亡霊のように、痛みの意味を探すに違いない。

    桜の木の下で花弁が顔に落ちてくる。
    人の顔が浮かぶ。
    何故か、涙が溢れる。
    憧れと愛おしさが脳裏へ逐電する。
    そうだ。
    君、無くして、誰を語るというのか。
    その想いを私は選択しよう。

  • >>57

    森村さん。

    私はレスが欲しくてこのスレッドを作ったのではありません。
    文章の練習のために興味のあること、ふっと思ったことを
    題材に練習しているだけです。

    前にも評論は結構と申し上げたと思います。
    お願いですから、書いたものに返信しないでいただけますか?

    正直とても嫌な感じを受けます。
    このようなことを申し上げるのは大人げないと思うのですが、
    あなたの投稿には優しさを感じられないのです。
    ただそこに自分自身の自信だけがあり、人を思いやる気持ちが感じられないのです。

    もうこのスレッドに投稿するのはこれで最後にしようと思っていますが、
    もし今後、どなたかがこの場所を練習の場としてお使いになる場合、
    スレッドの趣旨を尊重していただけると幸いです。

    スレッドにはスレッドの趣旨があります。
    あなたにも嫌だなと感じることがあると同様、
    人にも嫌だなと感じることが当然あるんです。
    その辺をもう少しお考えいただきたく思います。

  • >>54

    平滑なグラスの表面に
    あえて傷を刻みこむのが
    カットグラス(切り子)であり、グラスリッツェンで・・

    【綺麗】じゃないですか。


    カメオしかり
    インタリオしかり
    篆刻しかり・・

  • >>56

    と言ってる割には、

    【文章が閉塞してる】【自己完結しちゃってる】雰囲気濃厚〜で。


    もっとこう、

    「画面の向こうで見ている(んだろう)誰か」に向けて

    「語りかける」ような口調だと、

    レスもつくんじゃあ ありますまいか。

  • 自分の心に従って気持ちを吐露すれば人を傷つける。

    だから心に閉じ込めて相手を思えば自分を傷つける。

    きっと完全に自分も他人も傷つけずにいられることはできないのだろうけど、

    なるべく傷つけることなく思いやりの中で語れる自分の思いもあるのだと思う。

    そういう心を言葉にできたら・・・いいのに・・・。

  • 私は未だに自分の「心」に対して、いろいろと悩むことがある。

    それは同世代の人間から見るとまるで思春期の子供の用に映るらしく

    よくバカにされることがある。

    大人になって時間を重ねて人生を重ねると

    心は定まってくるんだろうか?

    こんな風に幾つになってもまだ自分の心を持て余す自分は

    情けない人間なんだろうか。

    きっと私は何歳になってもずっとこのままで、

    いつも自分を責めたり後悔したりの繰り返しだと思う。

    でもそういう人間は、大人になり切れていない未熟者として

    残念な人間と映るのだろうか。

    同年代の人たちの心の中を覗いたわけじゃないけど、

    みんなはどんな風に思い生きているんだろう。

    せめて少しでも年齢相応の生き方がしたい。

  • あぁ、もう人間なんか嫌いって思うことがある。

    でも本当はそれは、他人に対する嫌悪感じゃなくて

    自分に対する嫌悪感なんだ。

    私は自分のこと分かっているようで分かっていない。

    どんな育ち方したら、こんな性格になるんだろうって

    まるで他人事のように思う時がある。

    どうしたら自分を肯定して生きていけるのかな・・・。

    私の心の中には自分を否定する自分がいて、

    どんな時もどんな些細なことでも自分を責めてばかり。

    疲れる・・・。

    人の失敗は許せるのに、

    どうして自分の失敗は許せないんだろう。

    もしかしたら心の底では、人の失敗も許せていないんだろうか。

    きっと私の価値観は歪んでいるんだと思う。

    私という入れ物に入っていることが苦しくてたまらなく感じる時がある。

    時々だけど・・・。

  • >>46

    アッそうか^^

    何か・・・忙しいところを・・・ジャマしたみたいに・・・

    催促をしたみたいで・・・ゴメンなさい^^

    トントンさんどうように・・・オーケンさんも・・・楽しみにしています^^

    オーケンさんの習作を読んだ感想は・・・

    何か・・・混沌な世界へと進んで行くようなところ・・・

    何か・・・未知なる世界へと進んで行くようなところは・・・

    1Q84を・・・月が二つある世界を思いだいました^^

    急かすわけではないので・・・遠くから・・・続きを楽しみにしています^^

    また・・・遠くから、応援しています^^

    ー風に吹かれてー

  • >>45

    スレッドタイトルにあるように文章の練習のために書きました。とくに続きは考えてません。今は応募用の作品に取りかかっているので時間もとれないですね。また練習がしたくなったら続きを書くかもしれませんし、新しいものを書くのかもしれません。書くのは、あくまで自分の練習のためですね。

  • >>37

     ここで目覚める前の最後の映像は牛乳がたっぷりのひと皿のシリアルである。
     その日は残業で帰宅がいつもよりは遅くなった。玄関の扉を開けると家中にポトフの良い香りが立ちこめている。妻の得意料理のひとつで、食材のひとつひとつが通常よりもかなり大きいのが特徴だった。
    ――ポトフだね
     と、キッチンにいる妻の背中にわたしはいった。
    ――そう、ポトフよ。あなたの好きな
     と、振り返りもせずに妻はそういった。
     しかし、腹を空かせ、テーブルで待っていたわたしの前に置かれたのは、白いお皿に入ったケロッグ・コーン・フロストだった。

    /////////////////////////////

    オーケンさん^^

    >、ポトフよ。あなたの好きな と、振り返りもせずに妻はそういった。
    > しかし、腹を空かせ、テーブルで待っていたわたしの前に置かれたのは、
    >白いお皿に入ったケロッグ・コーン・フロストだった。

    で・・・始まったお話は・・・何処へ行き着くのでしょうか?

    つづきを待っています^^

    > 日本は自動販売機の設置台数が世界一多い国だ。
    ・・・
    >その光景が頭の中でひろがったとたん、なにかが引っかかるような気がした。

    ここで・・・終わってるが・・・

    つづきはないの?

    ー風に吹かれてー

  • >>43

    レスをありがとう^^

    前回は・・・古い順をクリックし、No.5まで読み・・・

                           N0.5にレスをつけました^^

    今回は・・・朝、寝床で・・・布団のなかで・・・
    (横着でゴメン^^)

    スマホで新着順をクリックしてN0.1まで・・・

    オーケンさんの習作も逆読みで・・・すべて読み^^

    今は・・・pcで別ウィンドウで確認しながら・・・デスクで・・・

                       レスを付けています♪

    で・・・

    No.8 ニュースを読んで(記憶は脳の外にある?)

    にレスをつけることにしました^^

    別ウィンドウにN0.8を出しそれを見ながら・・・

                       ここにN0.8のレスをつけます^^

    俺にとって・・・脳の仕組みは・・・

            宇宙の仕組み同様に・・・興味深いテーマ^^

    前から・・・末梢神経も脳(本店)の出張先と考えていたので・・・

    >ー記憶は脳の外にある? 頭部を切断されたプラナリアが以前の記憶をー
    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130808/wir13080814000001-n1.htm

    も・・・大だいダイ納得^^

    >感情による記憶など、そういった記憶も

    そう喜怒哀楽も記憶される^^

    何かのキッカケで爺さん婆さんの喜怒哀楽が自分に蘇える^^

    ただ・・・自覚できないだけで(笑)

    話を大きくすれば・・・・

               人類の意思意志は受け継がれると思う^^

    話を小さくすれば・・・・

               嫁vs姑の感情は古今東西変わらない(笑)

    >プラナリアのように提供者の記憶(心)も、どこかに残るのだとしたら

    楽しくなる^^

    脳の仕組みについては・・・まだまだ話したいが・・・

    (夢と脳、幸福感と脳、訓練と脳、シナプス連結・・・^^)

    今回はこれで止める^^

    小梅さん^^

    知識情報の提供をありがとう^^

    >これもまた飛躍しすぎでしょうが・・・^^;

    牛の涎、飛躍・・・大好きです♪

    小梅さんと掲示板に感謝をこめて♪

         気分はいつでも・・・前進\( ̄へ ̄\( ̄へ ̄\( ̄へ ̄

                               ―風に吹かれて―

  • >>42

    励ましや暖かなコメントをお寄せくださり、
    本当にありがとうございます。

    それなのに、ご親切にコメントをお寄せいただいた方
    一人ひとりに返信できませんこと申し訳なく思っております。

    暖かなコメント、嬉しく拝読しております。

    よかったら、文章練習帳として、これからも
    この場所を自分のための練習帳としてお使いいただければ幸いです。

  • 議事録、憲法など・・・他に数学など・・・

    と、文学とでは・・・表現方法、書き方で・・・異なるのは当然^^

    もちろん・・・俳句など・・・絞り込む形式美がある^^

    表現方法は・・・良い悪いではなく・・・好き嫌いだな^^

    とくに・・・趣味においては(笑)

    ー風に吹かれてー

    サタズバを見ながらききながら^^

  • >>40

    ◆ 批評は 不要でしたね。

    ◆ 以降 投稿はいたしません。
    ◆ 失礼いたしました。

  • <<
  • 63 41
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン