ここから本文です
  • 1

    赤い花 白い花


    赤い花 摘んで 
    あの人にあげたい
    赤い花 赤い花 赤い花
    あの人の髪に 咲いてて おくれ


    白い雲浮かぶ 大きな青い空
    黄金の太陽は輝き
    銀色の浜辺で シンデレラ城をつくる
    君のやわらかな髪に
    赤い花を さして あげたい



    白い花 摘んで
    あの人にあげたい
    白い花 白い花 白い花
    あの人の胸に 咲いて おくれ
    いつまでも美しく
    いつまでも清らかに
    季節とともに
    咲いてて おくれ


       ☆彡=========☆彡==========☆彡


    西からの風が心地よい
    <おもちゃ箱>のなかに何が入っているんだろう?

    ちょっぴり、お茶目なヒトなんだろうナ〜

    (*^-^*)ノ~~マタネーのねんのねんのね

  • <<
  • 1378 1359
  • >>
  • 1378(最新)

    Bunny 7月15日 20:21

     
     10歳未満のすっちょいなお嬢さんたちへ

     三橋美智也さんの『会津磐梯山』を再投稿しておきまっせ。歌い手によって、「ちょいさーちょいさー」という合いの手を入れてるが、<すっちょい、すっちょい、すっちょいな」がコミカルで朗らかで和やかな郷土色が感じられる。

     YouTubeに福島の盆踊りがアップされてましたよ。
     小学生のときに近所の中学生のおねーちゃんに盆踊りに連れて行ってもらったことがある。金魚すくいもあったけど、金魚ではなくゴムボールをすくってたと思う。今は盆踊りも金魚すくいもありゃしまへん。

     徳川家への忠義を果たすために「官軍」と戦わねばならなかったんですね。白虎隊は少年で組織されており、会津の悲哀がありますね。

    夏休みでしょう。
    どないしてはるんですか?

    https://youtu.be/fBkl1AkRBKU

    チョットね、赤い花と白い花を!    10歳未満のすっちょいなお嬢さんたちへ   三橋美智也さんの『会津磐梯山』を再投稿しておきまっ

  •  ワタシはこんなにも美しいのよ、しかも善人で優しいと云わんばかりに花を添付する。花を愛する者に極悪人はいないだろうという想定をされてるかもしれない。その上に博学で聡明な教養と学識を有してることを示そうと著名な人士の格言や科学者哲学者の著作物を紹介する。難解なハナシをしたがっている。

     ブログや掲示板はじいさんばあさんたちのおしゃべり広場であり自慢大会の場となっているので、何もかもがにわかに信じがたく引いてしまう。匿名で無料で責任をとらなくて済むお遊びをしてるのだろうと思ってしまう。

    「暑くなりましたわね」
    「溶けてしまいそうですわ」
     これが、おばはんたちの日常の挨拶になってる。会話に展開はなくうわべだけの不思議な挨拶を交わしてる。理解できない他の惑星の言葉であろうか?どっちゃでもよろしいんどすけど、アンタはアイスクリームか、と突っ込んでみたくなるんどすえ。

    ソフトクリームが食べたくなりましたわね。

    チョットね、赤い花と白い花を!  ワタシはこんなにも美しいのよ、しかも善人で優しいと云わんばかりに花を添付する。花を愛する者に極悪人

  • https://youtu.be/kZcyRLtwUVY

    NERIMABOY君へ電話をかけれど繋がらず、メールを送信すれど返信がなく、気になっていた。
    しかも夢見が悪く(不安+心配)×100の心理状況であった。今朝になって電話がかかった。あくびをしながら電話をかけてくる。行儀の悪さはワタシに似てしまったようだ。仕事が忙しくなり、飲み会も付きわななければならないらしい。芸能人が多いので、それも仕事と割り切っているという。

    ――こっちも暑いで38度はあるみたい、
     とのことのようだ。西日本の雨による災害をニュースで見るけど、西日本の領域に神戸は入ってるのか、東京へ来て西日本という言葉をよく耳にするという。家に居るときは関東といえば東京をはじめ東北を含む東日本全域を含んでいたので西日本という語感に神戸は含まれず災害状況がわからなかったという。

    元気にしてるから心配しないで、と電話を終えた。

    花の都、東京へ行ってみっか!

    チョットね、赤い花と白い花を! https://youtu.be/kZcyRLtwUVY  NERIMABOY君へ電話をかけれど繋が

  • おはよー

     今朝はスニーカーをはいて公園へ散歩に出かけた。走ってみようかと思ったのである。バイクは風をきって走るので涼やかな風をうける。公園に着くや朝からの夏の日差しは強く、軽くウオーミングアップするだけで汗ばんできた。短パンにスニーカ姿で走る準備はしてきたが、この暑さでは走る気力が無くなる。

    震災前は須磨の浜辺へ行くのにチャリンコで5分ほどであった。その後、引っ越しをしたので今では3、40分はかかる。それでも行きたいと思った。海へ飛び込んでみたい。その前に海水パンツをどこへ置いたのか探さねばならない。

    こんな海水パンツはいかがどすか?
    ウチのではおへんのんどすえ。

    チョットね、赤い花と白い花を! おはよー    今朝はスニーカーをはいて公園へ散歩に出かけた。走ってみようかと思ったのである。バイク


  •  夏は暑い。当たり前のことだが、その代わり冬は寒い。これからが夏本番かもしれず眠れぬ熱帯夜があるかも。歩いていても直射日光を浴びる。ワタシはバイクに乗ってお買い物へ出かける。ヘルメット着用なので、うだるような熱さを感じる。サウナ風呂に入ってるような汗が流れる。信号待ちになると、これでもかと太陽が意地悪をしてくる。バイクに乗りたいと思わなくなる。

     夕陽が沈み今日も一日が終えようとしてる。
     楽しみはワールドカップ三位決定戦のイングランド:ベルギー戦。
     趣味らしきものがないということもあるが、今はサッカー観戦しかおまへんな~。


    https://www.youtube.com/attribution_link?a=7DfBHTnQO5M&u=/watch?v=LQougIu5X60&feature=share

  •  株式投資やFXを勧誘し、儲けバナシをしてるブログとパクリ小説や自慢をするための著名人の言葉を引用転載してるブログ、掲示板、自称詩人は立ち入らないでください。信頼するものがないからです。

    こんな言葉があります。
    <君子危うきに近寄らず>(バニー君)

    チョットね、赤い花と白い花を!  株式投資やFXを勧誘し、儲けバナシをしてるブログとパクリ小説や自慢をするための著名人の言葉を引用転

  • 一般的なことであり私的なことなのだが、学生時代を振り返る時といえば、若く美しい青春時代を想起するのではなかろうか。思い出は美しいものであり、そっとしておきたい宝物かもしれない。一般的なことではなかろうか。ところが、美しい思い出があんましとないのである。時代の空気の流れは灰色をしており、太陽の光が遮られているような暗雲がかかっているような時代であった。講義のほとんどが休講となり、学生運動が盛んになり始めていた。いつしか大講義へは出席しなくなりパチンコへよく通った。あっという間にこずかいがなくなっていた。学食の素うどん30円が一か月の食費であった。書物やお金の貸し借りもあったが、一度貸すと永久に戻らないもんおであった。誰が学校へ来てるのか出席してるのかを知るために小クラスだけは出席する。この授業だけは点呼をとっていたからである。お金に困ると小クラスへ出席していた。学生運動を行う友の心情も理解できたが、それ以上のものでもそれ以下のものでもなかった。ほとんど全員がお金に困っていた貧乏学生である。借りに行ったワタシから借りようとしていた。

     サッカー部の連中と遊ぶのが楽しく面白かった。わいわいがやがやと議論を交わしながら酒を飲む。国体とは何ぞや、明治維新は革命と言えるのか、人生とは、如何に生きるべきか、といった話題を喚きあっていた。サッカーしか知らいであろうと思っていた友が大きく手の届かない別の世界の大人に見えた。お会計時になると更に騒がしくなる。割り勘で飲むがお金が足らないのである。どのように払ったのか覚えていない。無銭飲食ではないが店主さんに頭を平謝りに下げまくり勘弁してもらったことはある。後日にキャプテンが払ったであろう。恋の告白タイムもあった。これが一番おもしろかった。お腹がねじれるほどに笑った。キッスの経験も述べねばならなかった。
    (あいつが、まさか)
     という驚きとどのようにキッスするのか想像すると笑いが止まらなくなる。

     無感動、無気力、無責任という言葉が学生の間で流行っていた時期である。今も同じではなかろうか。ブログを開けたときに感じる。ということは、ウチは進歩してまへんのんか?

    よいしょのどっこいしょどすえ

    チョットね、赤い花と白い花を! 一般的なことであり私的なことなのだが、学生時代を振り返る時といえば、若く美しい青春時代を想起するので

  •  相性という占い本や週刊誌雑誌などでよく目にする観念論用語を用いてるのを散見する。思想が確立できないのか、したくないのであろう。大人としての振る舞いができないのかもしれない。大人としての責任を果たしたくないので、友達や恋人を一刀両断に切り裂く言葉として用いてる。これほどわがままで都合の良い言葉があるものだ。要は排外主義者であろう。相性という言葉で差別主義者である醜いドス黒い精神をカモフラージュする心理の表出でしかないものであろう。ごまかすのための花を添付してる。

    チョットね、赤い花と白い花を!  相性という占い本や週刊誌雑誌などでよく目にする観念論用語を用いてるのを散見する。思想が確立できない

  • 神戸の元町、三宮周辺を歩いてると若者たちが小さな机を路上に設置し、針金のようなもので造った指輪やブローチを販売してるのを見る。道路交通法に触れると思うが、人々は楽しそうに見物してる。真珠細工のネックレスもあればダイアモンドに似せた指輪もある。とても精巧にできているがまがい物でありホンモノではない。若い女性がキャーキャーと買い求めている。

     音楽、スポーツ、芸能、芸術の分野にいたるまでホンモノか偽物かの判別がしずらくなっている。と云えば、少しきこえは良くなるが混とんとして秩序を逸失してしまった世界とも言える。まことに賑やかで騒々しい時代である。
    <石炭もダイアモンドも炭素やおまへんか、同じやで、なんか文句あるんどすか>
    と開き直られると、確かに返す言葉はありまへんけど、騙されてるようでしっくりしまへんし失望感が生じる。

     三宮周辺を歩いたのは震災後の10年、20年も前のことであり、現在はどうなっているのかはわからない。移り行く景観、移り行く季節のなかで心も揺らいでいたかもしれない。

    凛としたものが欲しい。

    チョットね、赤い花と白い花を! 神戸の元町、三宮周辺を歩いてると若者たちが小さな机を路上に設置し、針金のようなもので造った指輪やブロ

  • 1+1=2であることの証明を10進歩、2進歩で説明してはる投稿がありましたね。そういった解き方、考え方もあるだろうし、リスペクトもしますますが、ほんの少しお遊びを入れた解答を望んでいた。問うていたのは、ブログのなかで知り合った<10歳未満>の女の子たちで小学校2、3年ではなかろうかと思う。

    *赤い絵の具に赤い絵の具を足しても赤い絵の具である。
     ゆえに1+1=は算術的には2でもあるが、同質的解釈は1とも考えられる、という思考の遊戯がしたかったのである。子供たちの<遊び心>に触れてみたかった、ということですねん。

     ちゃんちゃん

    チョットね、赤い花と白い花を! 1+1=2であることの証明を10進歩、2進歩で説明してはる投稿がありましたね。そういった解き方、考え

  • https://www.youtube.com/watch?v=l_a1zgftXPM

    添付した曲は、『last night I had a dream』という曲です。

     ――昨夜、とても奇妙な夢を見たんだ、男たちが部屋に集まり書類にサインをして、戦や争いを終結することに同意する調印をしてた。多くの人々が銃や軍服を路上に放り捨て、踊りまわり喜んでいる、という内容の歌です。

     軽快なバンジョーの響きが心地いいし、昨夜ワタシも夢を見たので、この曲を思い出し投稿してる。simon and garfunkelは高校生の頃から好きなアーティストでもあり、よく聴いていた。

     ワタシの夢は、旅先の知らない街で迷子になり路地裏を歩き、はやく家に帰ろうと彷徨う夢であった。
    早くにベッドに入り眠りのなかにいたのに、深夜に目が覚めることが多く、時間がわからずいつも時計を探してる。時刻を知ると、時間の概念が疑わしく混乱してる。それでも朝だとはわかってる。一日の始まりの朝なのに迎え方が健康的ではおまへん。

    チミは、どうなんどすか?

    チョットね、赤い花と白い花を! https://www.youtube.com/watch?v=l_a1zgftXPM  添付した曲

  • 1+1=2を証明するものは、十進法である。
    二進法では、1+0=1である。
    数の概念は、代数を数式化することで、軌条の便宜を図るものである。
    演算の理由が、進法を短縮したのは効率を図るためだった。
    しかし、それが演算の効率を阻害する。
    二進法が、十進法の概念を受け入れなかったのだ。
    矛盾が、生まれてしまう。

  •  新しく携帯電話を買った。といっても、ワタシではなく長男坊である、光沢のある水色が鮮やかで機能も豊富らしい。齧りかけの林檎のロゴマークのアップル社のiPhoneを譲ってくれた。NERIMABOY君からの電話はiPhoneでキャッチしてたので、めっちゃめっちゃ喜びましたぜよ。しばらくしてiPhoneを貸して、と言う。旧式の携帯電話のデーターを取り込むためだという。旧式もWIFI機能があるのでインターネットもできるという。この段階まで、
    <ふ~ん、そうなん>
     という理解できない納得をしてた。これでNERIMABOY君へ携帯で電話できるね、と聞くと、受けることはできるがかけることはできないという、連絡はできないということである。
    <なんでやねーん、ちっとも意味ねーな>
     という疑問ばかりでんがな。カメラとして使えばとお勧めである。

     ワタシも新規に携帯電話を買えばいいのに、必然性がなくパソコンで充分である、と思ってまんがな。

    でんがなまんがなやで~!

    チョットね、赤い花と白い花を!  新しく携帯電話を買った。といっても、ワタシではなく長男坊である、光沢のある水色が鮮やかで機能も豊富

  • ブログや掲示板に実名で投稿されてる方はいてはるんやろうか。いてはったらおせーてちょんまげ!

    匿名が悪いとも思いまへんが、信憑性が要するハナシになると信用信頼できるものではない。
    ブログや掲示板が嘘を書いても自慢をしても許される場であるからに相違あるまい。


    おせーてちょんまげ!

    チョットね、赤い花と白い花を! ブログや掲示板に実名で投稿されてる方はいてはるんやろうか。いてはったらおせーてちょんまげ!  匿名が

  • シェイクスピアは悲劇は喜劇だと述べてるが、それらの言葉をパクリ、
    得意になってせせら笑ってるパクリ専用の時代が生じるとは想像しなかったろうと思う。

    シェイクスピアもびっくりどすえ!

    チョットね、赤い花と白い花を! シェイクスピアは悲劇は喜劇だと述べてるが、それらの言葉をパクリ、 得意になってせせら笑ってるパクリ専

  • 10歳未満のすっちょいなお嬢さんたちへ
     
    小学校の算数では1+1=2、と教わる。なぜ、2になるのかは教わらない。自然数は教わらなくても健康な頭脳と五本の指と自然界を見てるとわかるからであろう。

    そこで、なんで2になるのかを考えてみたことがある。哲学的な思考展開することでワタシなりの方程式を解いてみた。説明をする前に、チミたちの答えをおせーて欲しい。

    眠くなってきたので寝まする。

    チョットね、赤い花と白い花を! 10歳未満のすっちょいなお嬢さんたちへ   小学校の算数では1+1=2、と教わる。なぜ、2になるのか

  • ヤフーおばはん検閲で投稿できなかったモノ。

     誰しもが作家となれるし、詩人と称することも可能なブログの世界なれど、信じることも信頼することも出来ずにいる。自慢をするためのじいさんばあさんたちのよもやまハナシと思っている。小説の紹介もあるが読んでみたいと思ったことも投稿ブログを開けてみようとも思えずにいる。

     モノを書くことは誰しもができるが、誰しもが作家や詩人になれるものでもないであろう。売れっ子作家になり高額な印税収入があるのならば別問題であるが、書店や出版業界が経営不振な困難な時代に職業として生計を営むことも難しく可能なんだろうかと思ってる。(パトロンでもいてはるんやろうか?)

     そんなことは、どうでもよくてモノを書きと称しておれば知的で芸活動をしてるような幻想の世界のなかで夢心地に居ることは可能である。つまり非現実的なままごと遊びを楽しんでるかもしれない。他者に迷惑をかけてるものではないだけに認識としては善人な芸術家でおられる。商業主義優先のブログや掲示板はそれらの欲望を満たしてくれる媒体でもある。無数に飛び交うフェイク情報も自慢バナシもそのようだ。気が狂いそうな世の中をつくってしまったのだろうか。同じアホなら踊らにゃ損という利害を美意識においてるのだろうか。真剣に考え、それに触れるとヤフー検閲おばはん憲兵に引っかかって投稿を遮られている。実務能力がないからかもしれない。ヒトは自由をもとめ平和を渇望してきたのに、どこかでボタンの掛け違いをしてしまったかのようだ。政治の責任は大きい。

    眠れぬ夜、とれたボタン付けをしてみよう。

    チョットね、赤い花と白い花を! ヤフーおばはん検閲で投稿できなかったモノ。   誰しもが作家となれるし、詩人と称することも可能なブロ

  •  スタップ細胞で有名になった女性研究者がいた。ノーベル賞が確実視されるもので人類の未来と希望に光明がさしていた。科学雑誌Natureへ博士論文まで出していた。日本中が大騒ぎし、テレビ、新聞、雑誌は煽りに煽りたてていた。記者会見による質疑があり、この女性から科学的は裏付けが怪しいものだと思った。スタップ細胞は在ります、存在します、というものでしかなかった。200回以上の成功例があるとも言うが、それを示すデータも論拠もないことが明らかにされつつあった。世界的に権威がある香港チームが小保方さんの論文を参考に実証研究をし、スタップ細胞が存在しないことを発表していた。小保方さんの方法論では不可能であり、誰がやっても、どんな研究機関が深めても無駄である、時間の浪費とまで語っていた。

     日本のマスコミだけがお祭り騒ぎで小保方さんを神輿に担いでいた。マスコミの取材姿勢も問題であったが国民の関心事も異様で異常なものがあった。どうして、そんな社会現象が起こったのか、理研は小保方さん擁護であるのだが、総括もしてないのかもしれない。小保方さんの上司が自殺するに至ってはおふざけで済む問題ではないのにマスメディアの報道は人々の関心を他の方向へ向けていた。今は何事もなかったかのように見えるが、早稲田大学の博士課程論文にも疑惑がのこり、若い次世代の研究者たちの膨らむ夢と希望をしぼませた後遺症がのこってしまった。

     科学論文研究は誰がやっても同じ実験結果が出てこなければならないものである。そんな基本的なことの検証も行われていないのだろう。のちにIPS細胞がノーベル賞を受賞したが、このIPS細胞と差し変えた疑いもあり窃盗でも訴えられている。

     てなことを思い起こしてるが、かっぽう着姿で研究させてる写真も演出であったと疑われている。詐欺師みたいなハナシに国民は酔ってしまたのだろう。政治経済もおかしいが、おかしな時代である。

     フランスサッカーも少しみておきまっさ。
    んじゃ、おやちゅめなさい

    ぶぁ~い ぶぁ~い

    チョットね、赤い花と白い花を!  スタップ細胞で有名になった女性研究者がいた。ノーベル賞が確実視されるもので人類の未来と希望に光明が

  • 洗濯籠二杯分を洗濯機に放り込み朝から洗濯をしてた。ベランダに物干し二本を建ててるが干す場所が無くなり、レンガつくりの書棚を利用してる。大きな洗濯機を買っておいてよかった。毛布なら二三枚は洗えるし布団も洗える。洗剤以外にいつも重曹を入れる。体臭や油を除去してくれ真っ白にしてくれる。重曹は通販で購入してたが、近所のグリーンガーデンにも置いてた。5kg490円で安かった。送料が不要なので、よっしゃー!と思いましたぜよ。

     ワールドカップも余すところフランス対クロアチアの決勝戦と三位決定戦だけになりましたね。心密かにクロアチアを応援してた。疲弊した国民に勇気と希望を与えたことを思うと部外者ながら喜んでいる。よくぞ強豪を倒し勝ち進んできたと思う。こn勢いで頂点を極め疲弊した国民に勇気と希望を与えむることを望む。

    クロアチア2:イングランド1のスコアであった。素晴らしいゲームだった。

    クロアチア、勝利おめでとう!

    チョットね、赤い花と白い花を! 洗濯籠二杯分を洗濯機に放り込み朝から洗濯をしてた。ベランダに物干し二本を建ててるが干す場所が無くなり

  •  クーラーの効きすぎで寒くて目が覚めた。サッカー観戦をしようと思っていたので、これでOK。日本時間では朝の三時、ロシアの会場ではクロアチア対イングランドの準決勝が行われていた。三試合連続の延長を戦っているクロアチアは蓄積した疲労のなかで心は燃えていた。数万、数十億;という世界の人がテレビや会場で見守っている。

     日本は敗退してるためかサッカー熱は冷めてしまい以前ほどの盛り上がったテレビ解説も報道も消えてしまった。ヒトの嗜好によるものであろう。サッカーを愛する人もいれば嫌う人もいることであろう。そんなものかもしれない。サッカーが好きだという人のなかには経験者が多いと思う。その経験から美点を論じている。そうでない人はタバコや酒と同じように百害あって一利なしの論を述べる。惚れた女のあばたがえくぼに見えるほうが余裕があるように思えるが、嫌う人は難癖をつけ嫌う感情を超え憎しみや憎悪を駆り立てる。趣味や嗜好というものは、ヒトのそんな感情が移入されやすいのであろう。

    民族紛争で傷ついたクロアチア国民に勇気を与えた勝利を思うと熱くなるものがある。
    たかがサッカー、されどサッカー哉.

    チョットね、赤い花と白い花を!  クーラーの効きすぎで寒くて目が覚めた。サッカー観戦をしようと思っていたので、これでOK。日本時間で

  • <<
  • 1378 1359
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順