ここから本文です

真夜中の秘宝館

  • 2,452
  • 2
  • 2017/06/16 05:22
  • rss
  • 1

    *****

    さて、はばかりながら、「真夜中」シリーズの第三弾であります。
    相変わらずの発作的な立ち上げでございます。
    ついては、あくまで不定期、かつ気まぐれに独演会など催す次第です。
    もの好きな方だけおつき合い下さい。もの好きではない方はせいぜい一瞥
    するだけにおとどめおき下さい。その程度の与太トピであります。

    まあ、何か取っかかりがあったら、突っ込んでやって下さい。
    以上、簡単ながらご挨拶ということで。

  • <<
  • 2452 2430
  • >>
  • 2452(最新)

    葛飾八兵衛 6月16日 05:22

    >>2451

    ※誕生日

    うめさん、あんがとー。
    かみさんには服をプレゼントし、手づくりの海鮮キッシュとメロンを食わせました。
    結構まっとうな亭主だな。

    館長、東京にやってきたときにサービスしまっせ。(笑)

  • ※お誕生日、おめでとうございます!

    館長さん、八兵衛さんの奥様、
    お誕生日おめでとうございます~(*^_^*)

    今年がお二人にとって
    素敵な年になりますように。

    花束のかわりというわけではないのですが、
    うちの庭に咲いてる紫陽花の写真です。

    真夜中の秘宝館 ※お誕生日、おめでとうございます!  館長さん、八兵衛さんの奥様、 お誕生日おめでとうございます~(

  • >>2447

    あ、お帰りなさい。退院おめでとうございます。
    そういえばメール来ていたのに……。遅い反応になってしまって、(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ スミマセヌ。
    あちらでは、また返事もせずに放置してしまいました。(;^_^A アセアセ・・・

    出所飯はイマイチだったのかなぁ。楽しみにしていた節があったのにそれは残念でしたね。

    そういえば、9月末頃、草津から栃木へ夫婦で旅行する事が決まったのだけれど、草津から
    那須へ移動する際にランチは餃子市で食べる事が決まりましただぁ。
    那須でチェックインする前の移動途中なので、バタバタしながらでお昼に立ち寄るだけと
    なりそうですが、そういえば館長さん方面なんだなと。
    もう、主人は食べる場所も決めてるみたいです。せっかくだから餃子で有名なところの本店へ
    行こうという事になりました。(笑) 過去に社員旅行で食べたところがあるのだとか……。
    昨年行けなかった銀婚旅行を今年行う事になったのでした。
    那須の方は何度か足を向けているのだけれど、私は宇都宮の方は初めて……。
    餃子市を堪能しようと思います。(笑) ランチのみですが……。

    その後、カロリー控えめを守って、健康的な生活されておりますか?
    頑張って下さいね。でも、良かったです。無事に退院出来て……。

  • >>2447

    ※おかえりなさい

    おつとめ、ご苦労様でした。無事に刑期をつとめあげたのですな。(笑)

    二十年も以前だけど、退院するとすぐに焼き肉屋に飛び込んだ。ふぬけた味つけの病院食にうんざりしていたのだ。
    夢にまで見たカルビとタンとロース。
    ところが、しょっぱくて食べられない。一か月以上の入院でわたしの舌は赤児にもどっていた。娑婆の食事が塩のかたまりであることを知った。
    これからは塩分控えめの食生活にしよう。酒もたばこもやめようじゃないか。俺はうまれかわったのだ。
    そんな決心は三日と続かなかった。(笑)

    館長、退院おめでとー。

  • >>2446

    ※出所しました

     どこぞのしけた老いぼれと房を共にし、度重なる看守(看護婦)の干渉に辟易し、味ない飯の無味乾燥さに食傷した…はっきり言って、あんまり愉快ではない日々でしたが、取り合えず務め上げて本日、昼前に娑婆に出てきた次第であります。ところで、兄ぃ、御書状確かに届きました。ただ、一瞥して「何だ、こんだけかよ。私はあんなに書いたじゃないかよ」と心中で舌打ちした次第(笑)。ともあれ、務めの前半は先に郵送した手記に書いたような状況だったのですね。汚い字に辟易したと思うけど。「たんぽぽ房」と言っても第三者は何のことかわからないだろうけど、私の入院した病院ではなぜか各房に花の名前がつけられているのですね。さくらとかさざんかとかカトレアとか。私が収容された房が「たんぽぽ」だったのよ。こういう趣向を誰が考えたのでしょうな。ともあれ、刑期満了した者から順々に出所していく。私が昨日まで占めていた場所が空いたわけだが、それも一時的なこと。ほどなくして新たな収容者がやってくる。処理しても処理しても尽きることなく入所してくる。さながら生ごみのごとし。医療の現場とはごみ処理と図式が酷似していると気づいたのは六年前のことでした。

     で、兄ぃ、娑婆に出た暁には「出所飯」を食おうと前々から決めていたのであります。昔「幸せの黄色いハンカチ」という映画があったでしょう。うろおぼえですが、高倉健演ずる主人公が出所後に大衆食堂と思しき飯屋で、カツ丼とラーメンとビールを注文したようですが違っていたかな。うまそうにきゅっとビールを干すシーンが印象的であった。病院飯というものはその患者の病状によって何かしら制限がかかっているものです。当然ながら、一種の機能食であるから、味は二の次三の次。まあ、私の場合、立場上、酒は飲むわけにはいかないけれど、出所当日くらい「娑婆の味」を堪能しても罰は当りますまい。が、残念ながら、そういう雰囲気の飯屋が近場にないのです。いや、そういう店が市内のどこにあるかさえ定かではない。どこにでもある外食産業のチェーン店しか見当たらないのであります。まさかファミリーレストランで出所飯というわけにはいきますまい。結局、とあるラーメン屋でラーメン+餃子半ライスというところで妥協したけど、何とも様にならない出所飯でございました。もちろん、娑婆飯は今日限り。明日からはカロリー制限を守らなければ。

  • ※マルテの手記

    北関東の「タンポポ房」から不思議な手記が届いた。投獄日誌である。

    雑居房には彼のほかに全損I爺と半損S爺がいる。彼はいま、人生終盤の縮図を凝視している。
    手記は小説風だがストーリーはない。臭い飯の日々メニューが気になるらしく、克明に記録されている。そして、I爺とS爺の奇怪な毎日が写生されている。「教養とは、独りでひまつぶしができることだ」とほざいている。

    さて、返信をどうしようか。
    手紙を書いたとしてもその頃彼は出所しているかもしれない。とりあえず、この場に手記到着の旨を書き込んでおこう。

  • >>2444

    > ※連絡事項

    > 復活の日を待っております。浄いからだになってもどっていらっしゃい。

    そうですね。
    お帰りを待ちましょう。

    私は、以前に贈ったコップを持ってってくださいねーと
    言ったけど、
    ちゃんと持っていったかな。
    使ってくれてるといいけど( ´~`)ゞ

  • ※連絡事項

    日頃からの悪行により、館長が投獄され……じゃなくて、入院しました。

    いまだに書き込みがないということは、病院はネット環境がととのっていないようですな。
    復活の日を待っております。浄いからだになってもどっていらっしゃい。

    ところで、命の蔓を持っていったかな。
    着物の襟にぬいつけておけと言ったけど。(笑)

  • ※破獄

    ずいぶんと以前だけど、緒形拳と津川雅彦のドラマを観たことがある。あのときは録画して10回くらい鑑賞した。吉村昭の原作も3回くらい読んだ。
    昨夜、ドラマを観た。半分だけながめて録画、残りは後日にする。
    つまり、そういうことである。

  • >>2440

    ※しっとく

    メーカー希望小売価格よりも実際はかなり安いですよ。
    うちの近くのスーパーだと週に一度は98円ざんす。
    納豆は賞味期限ギリギリのほうが健康的効果があるので、買っとくざんす。(笑)

  • >>2439

    ※かっとく

    「くっとく」の次だと
    やはり「買っとく」。。。となりますよねぇ~。
    続けないと効果もでないでしょうが、普通の納豆より、たしかに値段が高いですねー。

  • >>2438

    ※くっとく

    特許納豆菌と乳酸菌がなんとか、なんだそうです。
    普通の納豆より少しだけ値段が高い。
    でも、薬を服用するよりはいいんじゃないかなあ。
    試してみる価値はあると思いますよ。木こりの呪いレベルによりますが。(笑)

  • >>2437

    ※なっとく

    納豆のどんな成分で花粉症が改善されるんでしょうね。
    さっそく花粉症の息子にいってみようかな。
    納豆食って納得ー。だといいんですけど。

  • >>2436

    ※ナットー

    納豆メーカーで最大手なんじゃないかな。発売されて2カ月くらいなので検索すればわかると思います。わたしの場合は効果があったようですなあ。
    うちの近くならスーパーにもセブンにもありますので、結構売れてるんじゃないかと。
    商品名はウケますね。

    煎餅、まだまだたくさんありますよ。かみさん、リスの貯食みたいにしてます。そのうちに煎餅の樹がはえて、煎餅の実がなるんじゃないかと。(笑)

  • >>2435

    ※どこのメーカー?

     たかが納豆ごときで花粉症が改善するもんかね。以前「毎日、納豆を一パック食うと何たらかんたら」というガセネタが流布したことがあったけど、その類ではないでしょうな。私にとっては意味のある情報ではないけれど、この業病に悩んでいる同病の士は兄ぃにお尋ねあるべし。しかし、「国民病」とまで言われるようになったのは、木こりを絞め殺した悪い先祖を持っている人がたくさんいるのだろう。それ故、杉の木が手入れされずに放置されることになり、その結果、杉花粉が飛び交うようになった…まあ、因果はめぐる糸車というやつよ(笑)。

     さて、はなはだ私事ですが、本日「こんにゃく麺」というやつを買ってきたのであります。いや、もちろん、以前から売っているけど、今日スープつきの代物を見つけたので「おっ」と思った次第です。ラーメン、うどん、パスタ等、小麦粉でつくった麺はそろそろやめたほうがいいのではないか、と思っていた矢先のことであります。粉食ってのは血糖値が上がりやすいからねえ。この頃、とかくカロリーが気になる。とにかく、炭水化物の摂取を控え、よりカロリーの低いものに替えていかなければなりません。所詮、糖尿病の食餌療法というのは「入るを制して、出を促す」ことに尽きるんだよな。食欲のまま無造作にばくばく食っていたら、悪くなることはあっても良くなるわけがない。唯一の救いは私はあんまり食うことに興味のない男だということかな。私にとって、食うことはあまりやりたくない義務に過ぎない。ところで、兄ぃ、一斗缶煎餅まだ残ってる? あれだって炭水化物には変わりがないからねえ、とご内儀にお伝え下さい(笑)。

  • ※朗報

    騙されたつもりで一カ月ちょっと試してみた。
    耳鼻咽喉科にも行っていないし、市販の鼻炎薬も服用していない。
    新発売の納豆である。
    驚いた。感動した。わたしは納豆カンパニーの回し者ではない。
    食生活や生活習慣の改善も要因かもしれないが、十数年苦しんだ花粉症がほとんど消えた。例年の症状を10としたら、1くらいのものだ。マスクなっていらないやい。
    これは、すごい!
    そう、すごいのだ。

  • >>2432

    ※まあね

     小ぎれいに包装しているものもあるんですが、形式よりも実質を重んじるという点で我々は認識を同じうしていると思うので、一斗缶煎餅にしました。やっぱり、量が少ないとさびしいからね。残量のことは考えずに無造作にばりばり食えるほうがいいと思いまして。あんだけあれば半月はもつでしょう。あの手の一斗缶って今日日は珍しいですよね。確かに、昔は灯油の容器としてありふれたものだったんですが。それはともかく、あの謎のメールは何であろうか。ご内儀ご自身が打ったものか、それとも、兄ぃが代筆したものか。ともあれ、ご内儀によろしくお伝え下さい。考えてみると、私もガキの時分は甘い菓子はあまり好きではなく、煎餅等のしょっぱい菓子が好みであったようです。ご内儀と嗜好が一致したのは単なる偶然だと思いますが。ともあれ、気長にご賞味ありたく存じます。

  • ※御礼

    かみさんの大好物が館長から届いた。
    1リットルの涙ならぬ一斗缶の「日光おかき」だ。かみさんが帰ってきたら、きっと、狂喜乱舞で1リットルの涙だ。
    驚いた。
    感動した。
    館長、どうもありがとう。

  • >>2428

    ※なるほどね

     そうか、何だか反応ねえな…と思っていたら、兄ぃも締め切り抱えている立場だったっけね。三月末締め切りの賞は多いもんね。無意味な悪あがきを繰り返すあきらめの悪いやつらがほかにもいると思うと、内心「内職ご苦労さん」とからかい気味の気分になりますな。おそらく今年も誰からも朗報は聞かれないと思うけど、せいぜい頑張れとおざなりの励ましの言葉でも送っておきましょうか。実際、私は当面は関係がないからね(笑)。しかし、兄ぃ、六月末って明言したら何に応募するかばれちゃうじゃないですか。制限枚数が少なすぎるので、私は応募しませんけどね。ところで最近、何か応募できる賞はないか改めて調べてみたんだけど、何にもない。「歴史群像」ってのが枚数的におあつらえ向きだったのですが、これはもうやっていないらしい。あとは年末締め切りの「朝日時代小説大賞」くらいしかないですねえ。枚数的に書き増す必要があるけど、今そういう気力ないしねえ。まあ、そんなことはどうでもいいや。それにしても、我が餃子市の駅前ってそんなにカオスですかね。確かに、餃子屋が妙にのさばっているな、という実感はあるけど、それほどのワンダーランドとも思えんのですが。それよりも、駅ビルのみやげもの屋で売っている珍品のほうがよほどアナーキーだと思うけどな。

     で、メールの話題をこっちに引っ張ってくるけど、一応まだ腎臓は異常はありません。確かに透析を受けるようになったら悲惨だもんね。兄ぃの言われるように、命を永らえるための緊急的措置であって、透析すること自体が徐々に身体をむしばんでいく。まあ、私の場合は、不摂生も多少はあるけど基本的に遺伝病ですからね。死ぬまで薬で対処するしかない。半年ごとに眼底検査も受けていますし…その意味では、当面は大丈夫なのでしょう。が、今この時も血管が障害されているというのも事実なんですよね。高血糖、高脂血症を過去どれくらい放置していたか、ということが問題ですね。血管がどれくらい痛んでいるかということですな。それに次第では循環器系の病気で急死するリスクも高い、ということになりますか。ともあれ、私もそろそろ年貢の納め時でして、医者の指示に逆らうという選択はありません。糖尿性腎症ってのもあるからね。年取ってから病院に透析に通うってのは私はいやですからね。ともあれ、しばらく娑婆とおさらば、ということになりますな。

  • ※ワンオク

    かみさん、朱鷺メッセのコンサートに行った。新幹線に乗って。
    うちのかみさん、大学時代にドラムをやっていた(いまもやっている)。ピアノ弾いて入学して打楽器専攻である。
    なんでもワンオクのドラムは上手いんだそうだ。
    まあ、たまには気晴らしも大切でしょうな。

    で、今夜はおいらひとりなのだ。
    羽が伸びちゃうよな。
    デビルウイング!

    あれはだれだ、だれだ、だれだ、
    デビルマン!(笑)

  • <<
  • 2452 2430
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア