ここから本文です
  • 1

    ここは「PBの第2談話室」の姉妹トピになります。

    あちらは童話やファンタジージュブナイルなど比較的柔らかめの
    読み物を原書で読んで感想や書評を語り合う場所です。

    この第3は同じジャンルで、「ここ教えて!」という質問(Q)と
    それに対する答えプラス先取り予想やキャラに対する
    アツい思い入れ(思い込み?)なんかも語っちゃおうという
    妄想&思い込み歓迎トピです(笑)

    第2でそうだったように本の内容だけでなくそれに関連した
    外国文化や表現法なんかの話もできたらいいなと思ってます。
    (といっても難しい話じゃなくて雑談を楽しく)

    なにぶん、トピ主初体験なので、皆様に御世話になることも多いと思います。
    第2から一緒に引っ越してくる皆様も、ことらから初めて参加の皆様も
    このトピをよろしく御願いいたします!

  • <<
  • 23856 23836
  • >>
  • >>23855

    アザレアさんのメールにあるリンク
    https://plus.google.com/communities/数字がたくさん
    をクリックするとコミュニティーに飛べます。

    双子星さんはまだメンバー登録されていませんので、そこの画面のどこかにコミュニティーに参加要請するためのボタンがあると思います。それを押してください。
    アザレアさんと私に連絡が届きます。

    上の方法でダメだった場合は、アザレアさんか私あてにアカウント名を電子メールで教えてください。こちらから検索してメンバーに追加してみます(この方法はやったことはないのですが、きっとできるはず)。

    それでは~

  • >隊長さん
    お久しぶりです、レスありがとうございます。
    とりあえずアカウントは取得いたしました・・・その先が難しいです。
    どのようにコミュニティを検索すればいいのでしょうか?

  • 双子星さんへ

    がんばってGoogle+にたどり着いてください。
    GoogleはGoogleで使いにくいのですが、こちらよりはまだましですし、他のアプリとの連携なども含めて機能がちょとずつ増えています。
    文字数制限はありません。投稿内容の修正が可能です。写真、動画、ドキュメントの共有が簡単にできます。
    コメントが投稿された時の通知機能が便利です。

    最近の話題は
    ・ロックウッド除霊探偵局 第三巻「虚ろな少年(The Hollow Boy)」
    ・スチームパンク(Steampunk)
    ・ペリカンとアルマジロはペットになるか?
    ・飲んだくれセシリア大魔王様の次なる野望「首都圏制圧」
    ・Fairy Tales シリーズ
    ・Netflixのドラマ、アニメいろいろ(黒執事待ち)
    ・往復2万5千kmのオフ会と往復4千kmのドライブと一日10kmの通勤
    ・通訳、翻訳(頭を使わないで英訳)
    ・英検とTOEIC(来年5月に形式変更)
    ・ホームズ(ドラマ、映画、小説、パロディー)

    などです。

  • 大変ご無沙汰しております・・・何年ぶりでしょうか(大汗)、双子星です。
    お引越しのご連絡をいただいてから、仕事が落ち着いた時にと思いつつ、ずるずると今に至りました・・・。

    先日、久方ぶりに読書タイムが取れましたので、また折をみて皆さんとお話しできればと思っております。
    グーグルさんの使い方がさっぱりわかりませぬが、頑張って年内に突撃できれば・・・。

  • 皆様お久し振りです~ アナでございます。
    やふー君のパスワードを忘れてしまい、2年くらい前からログイン出来なくなってました。
    某所で偶然にもアザレアさんと巡り合う事が出来まして、お知らせメールが『やふー君に』送られていると知りました。その後ありとあらゆる組み合わせでトライしまして、その間何度も出入り禁止の警告を受けw、ようやっと!入れました!(感涙)

    というわけでぐーぐる先生の方はまだ手付かずです。アカウントさえ持ってないもので・・・作りましたらまたご連絡いたします~。

    こちらはもう別荘扱いのようですので、メールにも同じものを送ります。。。取り急ぎご挨拶まで。

  • うずさん、
    隊長がGoogleプラスの方、無事承認してくださってたようです。

    通知をオンにしておくと、スマホやメールで新投稿やリプライの通知がいきますので、ここより便利ですよ…。

  • 私も激しくこ無沙汰です(^-^; 皆様お元気ですか? 私も一応google+に申請かけましたが同じく本名なので拒否されたらどうしましょうとドキドキです…

    昨年はとにかく仕事が忙しすぎて読書どころではなくこちらに投稿できるような話も何もなく過ぎてしまいました。3月からようやく少しゆとりが出てきたのでこれからは何か読みたいなと思ってます。皆さんのログを参考になに読むか決めよう。

    仕事は変わらないのですが明日から本社が浜松町に移転となりまして新オフィスです。久しぶりの高層ビル勤務で色々勝手が違うので今から憂鬱です…

  • ご無沙汰しております〜お花見して酔っぱらいな大魔王です。

    先日、黒魔女さまに教えてもらったお引っ越し先へ参加リクエストしてみたのですが・・・
    思えばアカウントが普通に本名なため、おそらく不審者として訝れているのでしょう ( ´艸`)ムププ

    アカウントの名前って替えられるのかしら??イマイチ、グーグル+の使い方がわかってません(^^;

    あまり登場は出来ないかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • さっきグーグルアカウントを作ってお引越し先にご挨拶に行ってきました。ここの人が見たら分かるように、らっちゃんで登録したのでよろしくお願いします。

  • え、えーと、大変ご無沙汰です。
    いったいいつからサボってたやら。
    お引っ越し先にもまだ行けてません、、、。

    サボってた間に何をしてたかというと、昨年11月末にiPhone6とiPad miniを買ったのでもっぱらゲームアプリ三昧の日々でした。
    読書のためにiPadを買ったのにほとんどタブレットでは読めてなくてダメダメです。
    おまけに機種変のデータ以降で失敗し、iPhone5の音楽データが全部消えて、今は古〜いiPodを細々と使ってます。
    さらに、昨年12月に行ったUSJの写真データが消えたのも悲しかった。
    せっかくシリウスの手配写真とツーショットを撮ったのに。
    最近ようやく新しい端末に慣れてきたところです。遅い、、、。

    英語関係では、先月から友人のイギリス人に頼まれて演劇の訓練法に基づいた英会話のワークショップのお手伝いをしています。
    彼女が日本語ぜんぜんなので、フェイスブックに載せる広告や生徒宛てメールなんかの翻訳をしたり、レッスン中に英語の説明があまりわからない生徒さんがいたら日本語や英語で説明したり、初めて来た人に受講料なんかの説明をしたりいろいろ。
    そういうお手伝いをするかわりに受講料なしでワークショップを受講させてもらってます。ギブアンドテイク。
    彼女もハリポタ大好きな人なので、話してて楽しいです。

    ワークショップもとてもためになる内容ですが、それに加えてお手伝いのあれこれで英語を実際に使う時間が増えたのもいい経験になり、ありがたいなあと思ってます。

    仕事は相変わらず忙しくてバタバタしてますが、次はこんなに間を空けずに来ますので、またよろしくお願いします。

  • あっという間に春が来て、そろそろお花見の季節となりました。明日はお弁当持って公園行ってみます。

    ★カズオ・イシグロ作品
    Kazuo Ishiguroの「The Buried Giant」読み終わりました。10年ぶりの長編は冒険ファンタジーということで、期待を持って読みました。ちょっと微妙だけど、大人向けの重厚さとしみじみした情趣もあって、異色のファンタジーとして楽しめました。

    アーサー王の時代のちょっと後という設定で、ドラゴンや妖精も出てきます。英雄叙事詩のようでもあり伝承民話のようでもあり、それから台詞回しなど舞台劇を思わせる場面もあり・・・。

    まあ結局のところは長年連れ添った夫婦愛のお話ということで、私のようにそこそこの年齢の人は共感できると思うけど、若い人にはどうかなーと思ったり。

  • 2月もそろそろ終わりですね。花粉も飛び始めて、春の雰囲気が感じられるようになってきました。

    さて相変わらず使いにくいtextreamですが、とりあえずこちらに書き込みします。

    ★スティーブン・キング2冊
    Stephen Kingの「Mr. Mercedes」を読み終わった後、同じくStephen Kingの「Revival」に取り掛かり、これも読み終わりました。

    「Mr. Mercedes」の方は3部作の1作目ということのようです。舞台は2010年、米中西部のとある都市。リタイアしたばかりの元刑事Bill Hodgesが主人公。離婚してて独り身、お腹の出たオジさんなのですが、フィリップ・マーロウ的なハードボイルド感を漂わせてて、なかなかカッコ良いのです。警察は退職後のため、独自に恐るべき無差別殺人凶悪犯と対決することになります。彼に協力する仲間が変わってて、利発な黒人少年と、メンタル面でちょっと問題のある女性。この3人チームの連係プレーがいい感じで、楽しめます。

    「Revival」の方はオカルティックなホラーものです。マッド・サイエンティストが出てくるお話で、ちょっと昔のホラー映画みたいな感じ、フランケンシュタイン的な。

    舞台はメイン州のとある田舎町。主人公Jamieの子供の頃からお話が始まります。赴任してきた若い牧師夫妻を襲う悲劇とその後長い年月を経ての再会。元牧師の怪しげな電気治療がやがて奇怪で凄惨な展開へ・・・。

    主人公と年齢的に近いってこともありますが、私には本筋のお話よりもわき道のエピソードの方が面白かったかも。少年時代のバンド活動や初恋のお話、家族の繋がりなど、ちょっと郷愁をそそります。

  • いつの間にか、また表示が変わって新しい投稿が一番上に戻りました。使いにくいのは相変わらずです…。

  • 先日書き込んだのですが、投稿されず、書いた内容が消えたので気持ちがなえてしまって再挑戦できませんでした、アザレアでございます。

    年が明けてからずっと読んでいるのが、90年代に好きでひたすら集めたコージーミステリーのシリーズです。日本でも翻訳され、人気があったシャーロッテ・マクラウドという作家のもので、ピーター・シャンディ教授シリーズです。

    この人はカナダ出身ですが、ニューイングランド地方にずっと住んでおられたようで、ボストンを舞台にしたセーラ・ケリングシリーズと、マサチューセッツ州中央部の架空の郡、バラクラヴァ郡と、そこの農業大学を舞台にしたピーター・シャンディ教授シリーズは特に人気です。80年代に主に書かれましたが、こちらでも人気は根強く、アメリカのコージーミステリーのベスト10に入る人気作家だと思います。

    PBで全部持っているのですが、ひさしぶりに紙の本を手に取ってみたら字が小さくて読みにくい~(笑)。結局三冊目からkoboで購入しなおして読み始めました。シャンディ教授のシリーズは10冊あり、今6冊目のThe Corpse in Oozak's Pondを読んでいますが、昔よりととても短く感じます。今は2日くらいで一冊読めてしまいますが、90年代に読んでいたときはもっと時間がかかりました。

    キャラクターがユニークで、ユーモアたっぷり。殺人事件そのものはかなり血なまぐさいですが、ドタバタコメディの要素もあって楽しいシリーズです。

    日本語でも英語でもお勧めです。考えてみれば、私が英語のペーパーバックをがんがん読むようになったのは、この人の作品がきっかけでした。カンザスに住んでいたとき、ボストンやマサチューセッツ州が恋しくて、この人のシリーズに惹かれたせいもありますが、大人向けの本としては文がこなれていて読みやすかったせいもあると思います。なんとなく懐かしい気持ちで読んでいます。

  • 【Lila/Mr. Mercedes】

    1月も半ばとなりました。今更ですが、今年もよろしくお願いします。

    Google+コミュニティでも試験運用中とのことですが、当面はこちらでも今まで通りに書き込むことにします。

    ★Lila
    Marilynne Robinsonの「Lila」読み終わりました。

    純文学系です。米中西部のとある町を舞台にした連作の三作目。
    宗教がらみでちょっと難しいところはありますが、まあなんとか分かります。

    極貧の環境で放置されていたLilaという少女、幼児の時にDollという浮浪者風女性に連れ去られるところからお話が始まります。なんだかんだといろいろあった末、かなり年の離れた牧師さんと結婚して平穏な暮らしに慣れていくまでのお話。いかにもアメリカ文学らしい、しみじみとした雰囲気はあります。

    ★今読んでいる本
    Stephen Kingの「Mr. Mercedes」読み始めました。

    市主催のジョブフェアに徹夜で並ぶ求職者たち。夜が明けて、朝もやの中から現れたベンツSL500が突如求職者たちの列に突っこんできます。とまあ、いきなりショッキングな場面から始まります。

    スティーヴン・キングは昨年も2冊出して健在ぶりを示してますが、そのうちの一冊です。
    例によって、さりげない仕草など細かな描写で、映画を観てる感じ。

  • 朝起きてテレビをつけるとテレビジャパンで紅白歌合戦。日本と同時放送です(笑)。

    こちらは大晦日、元旦ともにそれほど特別感がなく、元旦も多くのところは通常、仕事に行く人も少なくありません。

    日本では皆様お忙しかったこととお察しします。

    今年もお世話になりました。ありがとうございました。

    来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 【年末のいろいろ】
    さていよいよ2014年も過ぎ去ろうとしています。
    今年携わった仕事のこと、読んだ本のこと、振り返ってみて思うのはやはり月日の経つ速さです。

    ★今年の一冊
    私が今年読んだ英語本は全部で15冊でした。
    ベスト1を選ぶなら隊長と同じく「The Martian」かな。
    和訳も出ましたし、映画化も、ということで今年の一冊はやっぱりコレでしょう。

    ★今読んでいる本
    Marilynne Robinsonの「Lila」を読み始めました。
    舞台は米中西部でしょうか。恵まれない境遇の少女のお話のようです。
    純文学系です。最近、純文学系も良いなあと感じるようになりました。

    ★年末のご挨拶
    今年もお世話になりました。ありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • とりあえず、Googleプラスに非公開のコミュニティを作成しました。以前、Yahoo!グループが廃止になったとき、第3談話室グループをどこかで継続することになった時の通知を希望された方々にはメールを送らせていただきました。

    今のところは非公開ですので、参加は承認が必要になります。一応、ここでのお名前がわかるようにしてリクエストしてくださると助かります。また、投稿内容はコミュニティに参加した人にしか見られません。あとで公開にすることも可能です。

    日本の皆さんは年末でお忙しいと思いますので、年明けに落ち着いてからでもぜひご参加くださいませ~。

  • 【2014読書まとめ】
    2014年も残すところあとわずかとなりました。
    私は、本日が仕事納めです。

    今年読んだ英語の小説は、37冊でした。ほとんどが通勤読書です。

    37冊とはいっても、長編が多いため、文庫本換算だと45~50程度の分量だと思います。



    おもしろかったベスト5は、

    第5位:お買いもの中毒の、Shopaholic to the Stars
    第4位:バーティミアスの、The Ring of Solomon
    第3位:幽体離脱の二部作、If I Stay と Where She Went
    第2位:幽霊退治の二作品、The Screaming Staircase と The Whispering Skull
    第1位:火星サバイバルの、The Martian

    でした。
    おめでとうございます、ぱちぱち。商品は何も出ません。

    その他印象に残ったのは、
    Carl Hiassenのフロリダシリーズ4冊
    Game三部作(Game、Buzz、Bubble)
    Innocence二部作(Innocnece、Wilderness)
    続けて読んだ本に記載があってびっくりした1984
    映画にもなった、The Fault in Our Stars
    ローリングさんの新作The Silkworm
    などです。


    来年は、オッド・トーマス完結編「Saint Odd」でスタートの予定です。

    この投稿は、Yahooボックスに保存している本の表紙の写真を見ながら書いています。

    そのうち時間をみつけてGoogleのフォトアルバムに移しておこうと思っています。



    (あいかわらず上の方が切れて、確認できない状態で投稿ボタンを押すことに...)

  • 暮れも押し迫ってまいりました。寒さが厳しい年末です。

    ★ゴーンガール
    >>Gillian Flynnの「Gone Girl」を読みます(軍曹)

    >映画を見ました。(隊長)

    私も読了しました。面白かったけど、ちょっと毒のあるというか、ブラックな面白さですね。
    じわじわくる怖さです(笑)

    NickとAmyの夫婦が主人公で、章ごとに一人称形式の記述が交互に出てくる形式です。
    最初のうちはAmyの日記の記述も交えて、読者は上手い具合に翻弄されるようになってます。このへん見事でした。

    映画も面白そうなのですが、夫婦で観るのは微妙かなー。

    ★引越し
    私としてはGoogle利用で問題ありません。
    前に動画を貼るのにYoutubeアカウントをsergeant名義で作成してて、その時にGoogleでも作成済みなので。

  • <<
  • 23856 23836
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン