ここから本文です
  • 1

    *****

    今までお世話になった人達への感謝を込めて・・・

    新しい虹をかけていこう

  • <<
  • 207 190
  • >>
  • さがしたさがした・・・

    マイページから何らかの理由で表示されなくなり、そのまんま放置して、ふと今日、思い出して検索して行けた・・・

    今はとあるサイトに入り浸るようになったからココは必要な無いと言えばないかもしれないけど、とあるサイトも言えないこと、自分のキャラがあるから、そんなところはところでのストレスまではいかないけど、何か思うこと、どこにも言えないことを書いてみようかと思う・・・

    杉さんのコンサート、一年ぶりのは「シンフォニーNO,10」
    去年見たコンサートの次のオリジナルアルバムからの全曲ライブになる。

    杉さんがそうやって毎年次々、オリジナルアルバムを時系列で見せてくれ続けてくれるのかな。
    あまり聴かなくなってた、ファンから遠ざかってたアルバムは思い入れがないからニューアルバム聴くつもりで引っ張り出さなきゃな。

  • 目まぐるしい人生の分岐点にあった30代前半の私は音楽をゆっくり聴く余裕が無かったというか、本当は無いわけでなかっただろうに、自ら聴こうとしなかっただけ。音楽鎖国状態で、他も含め過去のも聴いたりライブを見に行く、新たなのを探したりCDを買うとか無かった。杉さんもどうされてるのか?知らなかった。

    この前のステージでおっしゃってた
    「30年前、まさか30年後にこのアルバム全曲を歌うことになるとは思いもよらなかった・・・
    皆さんがいてくれたから続けてこれたんです、ありがとうございます!」

    そうですね、杉さん。私もこんな大勢のファンで立ち見も出てる程、集まられてるのだから、あの頃の杉さんがいかに愛されてたか、今もファンが多いのかを改めて知って驚きと嬉しさでいっぱいになったのです。
    「ミストーン」A面一気、B面一気それぞれ続けて怒涛の演奏歌唱は圧巻。
    当時よりパワーの要るステージングだっただろうに!凄いものでした。
    自分も一緒にほとんどの曲を口ずさんで、よく歌詞を覚えていたことも驚き。

    あの頃、ただただ歌詞カードを見ながら、他事をせずに聴くことに集中しては一緒に歌ったりもよくしたものな、それで30年近いブレイクを経てもまだ覚えていることに感激。

    今還暦で、このままトシを重ねられてあと10年も経つとなると・・・さすがに70ではステージ立てるだろうか?この前見たのとあまり変わらないクオリティーでそのまま、昔の楽曲を歌ってくれるのだろうか?それは・・・いくらファンの私でも残念ながらわからない。パートナー的シンガー、薫さんがまだ若いのに行ってしまったのだから。

    私は杉さんが元気であれば、少し位背中曲がっても、太っても、声が出にくくなっても、現役を続けて欲しい。もしそうなったら見てるのが辛くなるのは仕方がないけど、そのまんま引っ込まれてしまうより納得はできる。現に少し残念なタケカワさんもいるのだし・・・(苦笑)ゴダイゴも久々にこの秋、見に行くから。

    とにかく昔大好きだった歌手達が今も頑張っている姿は励みになるし、トシがトシだけに変な話、ポックリ行かれたら嫌だから、見れる機会がある以上、年一回は最低見に行かなきゃって思う。こんな考えで毎回見に行こうという気持ちも、ナンダカなぁ・・・

    残された時間という感覚になってきているのが悲しいけど現実。ライブを見ている時はあと何回、こんな姿を見せてくれるだろうか?なんて考えはしないけど、終わって数日経ち、こうして思い出していると、その感動と今後を考え、切なくなる自分が少し嫌にもなる。

    杉さんは私の心のずっとアイドル、憧れの男性。いつまでも歌い続けて、永遠の少年でいて欲しい・・・

  • 5月、薫さんトリビュートライブの司会進行役で見て以来、杉さんを見る機会がそんなに空いてないのは珍しい。それまでは一年に一回見るかどうか。ホンマはもっと行きたいのだけど・・・

    ゲストやユニット、オムニバス形式での出演が多い中、一番見たかったワンマンライブ。今回は特別。30年前のオリジナルアルバム「ミストーン」の全曲ライブというのだから!

    「ミストーン」は杉さんのオリジナル中、最も好きなアルバム。
    当日はワクワク・どきどきしっぱなしで、色々なことが手につかなかった。

    他でも昔よくきいたとかのアーティスト、アルバムであっても又聴きなおしたりしない。心に染み付いた思い出、あの頃の感覚はそのまま持っていたいから。
    リアルタイムなコンサートの生音にリンクさせて聴く、あの頃の自分に帰る貴重な機会。

    5月の薫さんトリビュートでもそれを感じたけど、この時はトリビュートなので、薫さんを偲ぶ気持ちが強く、何でもっとライブに行かなかったのか?という、後悔ばかり感じてた。他アーティストの歌う薫さん曲が又違った色合いで楽しめたという見方もあり、自分の中色々な気持ちが出入りした、切なくも見ごたえのある、素晴らしいライブだった。

    で・・・杉さんの今回の場所はホール。
    杉さんの今のポジションではライブハウスが多いのだけど、一人だからテーブル席で相席になるのが苦手なもので。昔はずっとそうだった。10代でも気兼ねなく行けた。

    着席し開演前、暫し昔の杉さんのコンサートを見てた時を思い出し浸っていた。杉さんは私の10代時の憧れ、一番好きな人だった。身近な男性や当時のアイドルには全く興味が無く、男性は杉さんしか興味が無かった。学校の友達や他で同じファンって知り合いがいなかったから、いつも一人でコンサートに行ってた。ところが高校卒業から短大かけての頃、杉さんのコンサートで隣にいた女性と知り合うことになる。きっかけが何だったかが思い出せないが、その女性という言い方も嫌だから女、と言い直すけれど、この女とは後々喧嘩をし、凄く嫌な思いをした。

    話が逸れた。この開演前に杉さんの良き思い出に浸るところが、
    ついでにこのヤな女のことまで思い出してしまったのは不覚。

    そうこうしているうち、開演を迎えた。グレイのスーツにピンクのネクタイ姿の杉さんが登場。なんか昔もこうゆう感じの衣装だったな、御年還暦とは思えない若々しさ。少し頭髪も、以前より増えたような気が・・・
    10年前位から久々に見てはやはりそこは気になっていたのだけど、その頃に見た印象より若返っているんじゃないかな?・・・う~ん素敵!(笑)

    歌声も体型も30年前と変わらない。
    今回、10年前位からのちょくちょく見てた中で、最高レベルの杉さんだった。
    いっぱい頑張ったんでしょう、リハ、歌も何度も歌いなおしていらっしゃったのでしょう。そんな変わらない杉さんの姿に、一曲目から立ち上がってノリノリ。拍手と口を歌に合わせていた。二曲目が少しだけ落ち着いてるから座ったのだけど、この曲の途中から、なんだかこみ上げてきた。そんな切ないバラードではないミディアム調だけど、まだ二曲目で泣くか?!・・・

    何故こみ上げてきたのかわからへん。そしてトーク。相変わらずの面白さ。
    私は若い頃から面白い人がタイプで、顔はイケメン過ぎるのは嫌でそこそこならと・・・で、杉さん(失礼?)。勿論最初は音楽性が気に入った訳だけど、そもそもポップスというのはメロディー、根本の音楽性よりも歌声、歌詞という部分が自分にフィットするかどうかで好きになれるかどうか?ってところが大きい気がする。そこにはその歌手のキャラクターやルックスも大きいだろう。

    中学生で初めてアルバムを聴いた時、ドンピシャだったのだ、曲調、歌声、歌詞、ビジュアル全てが・・・それ迄好きだったゴダイゴ、YMO、佐野元春を超えた感激でいっぱいになった。それからというもの、毎年のオリジナルアルバムのリリース&コンサートツアーの大阪公演へ。ラジオ出演、雑誌掲載ないか?、しょっちゅう本屋の立ち読みやあるものは購入をしていた。当時は毎日、テレビラジオ欄をじっくりチェックしていた、杉さんが出てないかの。

    20代超えた頃から、音楽の好みの変化もあり、杉さんから遠ざかってしまったが、
    それ以降の音楽の好みと比較してみても、一番長期聴き続け、強く好きだったのが杉さんで揺らぎない。

    その頃ふと、杉さん、こうゆう音楽性で声もこうだから、杉さんがこのまんまの音楽で歌手として続けていけるのだろうか?・・・トシ取ってもこの音楽性でのシンガーソングライターは厳しいんじゃないか?と考えたことがあった。もう表舞台から退き、ソングライターかプロデューサー的な裏方になるかも・・・?とか。

  • あっという間に過ぎた半年。
    何一つなし得ていない。

    LAVAをやめて月謝払いで再登録するのに5000円かかると以前書いたが、その直後、私の通える範囲の駅に新店がオープンすることになり、その登録料がタダになるキャンペーンが始まったのだ。その店限定でもない登録もできるので、それなら再登録しようか・・・?と考えたが・・・。何より自分がまず何故、パーソナルトレーニングとLAVAをやめようと思ったか?

    それは断舎利を今年中に終えることが今年の目標だったやろ!

    それをなし得る為には、趣味を一つやめなければ。家に居る時間を増やし、自分の部屋、物と向き合わなければならないのだから。断舎利を真剣に取り組まなければ、ブクブク肥えてしまう。
    要らない洋服も出来る限りリサイクル店に出してしまおう。
    エアロバイク、バランスボール、ストレッチポールもあるのに、ホコリ被っている。
    使わないから、外でスポーツしてお金払ってる、勿体無い。
    部屋をキレイにしてスペース出来れば部屋で出来るんやから。
    一日も早くそんな場所を作る様、頑張ろう!

  • 今まで本気でトレーニングしてきていなかった。

    続けてきて少しは筋肉ついたとか、耐久力ついてきたとか感じていたけれど、最後にやったトレーニング、今までと変わらない強度なはずなのに、結構キツかった。
    「きちんと必要な筋肉を使えるようになったからですよ」と言われた。
    そのトレーニングには、ココの筋肉を使って欲しいという目的があってするのだけど、私の場合、前腿が張っていて、そこそこ筋肉がついている。腹筋を使う、内腿を使うなどの目的のトレーニングをしているのに、前腿で踏ん張れるが故、その他の使いたい筋肉をあまり使えていない状態でトレーニングを続けていたことが多かったのだ。
    鍛えたい部分がきいているか?、尋ねてくれるのでそれできくやり方にしてたけど、回数重ねているうちいつの間にかその、きかない楽なやり方になってたこともしばしば。
    体の使い方のクセはナカナカ抜けない。一年経ってやっと抜けてきたというか、わかってきた。

    もうあそこには行くことは無いのだろうと思うとさびしい。
    けれどこんな自分では向こうだってやりがいなかっただろう。
    やめて、LAVAも頻度が下がる。一回毎3000円のチケットを買って受けるレッスン。
    4回も受けるのなら月謝の会員に戻る。だから受けたいのなら月3回までとした。
    そう変わっていくが本当に私の体、自己管理大丈夫なのか?
    乗馬だけではチト不安。でも断舎利をしなきゃならないのだから、その時間がたっぷり取れるのだから・・・

    自分に向き合うより、家に向き合わなければならなかった、先そうしなきゃいけない。
    今までそれをほっといて自分ばっかり優先して、それでも痩せないって又お金を使う。
    それも流れてく一方で。それがちゃんと自分磨き、向上に繋がっていれば良かったのだけど、すぐ食べ物や休息で甘やかしてしまい、ボディーの変化に至らないのは自業自得。

    だからそうゆう出かけての健康つくり的な行動の継続はやめ、家、部屋に目を向ける。それこそお金かからず部屋をキレイにして自分もキレイになれる。今いる自分の環境から目を背けてはいけない。

    LAVAではキッツイエクササイズを初めて受けた。
    もっと前に受ければ良かった。今頃受けてももう通えないから・・・あ~、ホンマ勿体無かった。部屋がきれいになって自分がどれだけ変わるかわからへんけど、たとえ痩せてもあのレッスンは又受けたい。単にダイエットというより、自己鍛錬や自分のその時の体調バロメーターとかのつもりで。出来ずてんてこまいだった自分が悔しいし。隣でスムーズにカッコ良くこなせてる人を見て、流石!素敵やなぁ~・・・と思ったし、ああいうボディーや、慣れてヘトテトじゃあない様子の人になりたいから。

    そのうちLAVA通いはいつか復活したる!

  • >>200

    LAVAに通っても、食生活、生活習慣を変えなければ痩せはしない。
    かつて通ってたエステは、食事や体重を専用のノートを書き提出し、担当者からのアドバイスを受けて来店時いつも体重測定をしていた。LAVAは個人個人のそうゆう管理は無い。ただ、予約した一日一回のレッスンを受けて帰る、それだけ。

    だから、最大その一日一回のレッスンを受け続けたとしても、後のケアを全くしていないのであれば、大幅な減量、ボディラインの変化というまでには至らない。
    自分でプライベートで何もそれに対して努力できないのであれば、もっと一回一回の来店で、エステまではいかなくても、それに近い効果を感じる、ちゃんと見てくれるところを探していたらあった、同系列のマンツーマン・トレーニングの場所。

    遠いけれど、エステではない、体の歪みを整えてくれるからいいんじゃないかと通っていたが、そこまで厳しくなかった。エステほどの効果はなかった。
    下半身が変わるかと期待したけど・・・、そりゃ家でもしなければ効果ないのであれば、そのノルマを設け、書き綴るなり、その証拠を見せるように強制する位でないと、私は頑張らない。
    だけどいついつまでに絶対痩せなきゃ!っていうのが無いから、自分からそうして、とも言えず。

    過去の厳しいエステはいい勉強になった、ストレス感じたこともあったけど、それでも結果が出ていた。プライベートで運動を全くしなくても、食事だけ気を少しつかってただけで、体重が落ちていってたのだから、やはり凄かった。

    パーソナルトレーニングのところは、人により向き不向きがあるんだと思う。
    ココやったら私の場合、時間かかるやろな・・・と思ったから、3ヶ月経ち半年経ち・・・、担当者は固定ではなかったが、優しく明るい対応の人がほとんどで、合間のおしゃべりなど、時に褒めてくれたりでそこは楽しく、居心地が良かったので、そんな雰囲気で通ってたようなものだった。半年過ぎて、結果出てない。やっぱ、やめようかな・・・でも、エンダモロジーをお得にさせてもらってるし・・・とか、自分向きのトレーニングをしてくれているという点も考えると、効果云々より、ホンマ居心地やら見栄だけで通い続けてたように思う。

    今になってこんな調子じゃあ一生、ココ通っても変わりっこないな、って。
    遠いし、希望どうりの予約日時が取れない、予約の不手際や対応のちょっとしたミスなんかも続いて、私自身、そこにお金を払い続ける気持ちが失せたことも大きい。
    私の時、そうゆう対応になってしまったと思うので、通う人全てが感じることではないだろうから、そこ自体、そんなに悪くないと思う。一応そこへの不満を伝えはしたが。私がプライベートで努力出来なかったり、こうして欲しいという希望を伝えてこなかった私こそ悪かった。本当にプライベートで努力が出来ない人は、厳しいエステやライザップみたいな、徹底的に管理してやってくれるところじゃないと、ダイエットは成功しないんだと。

    結果、一年通いむしろ少し太って、体力だけついた感じ。
    その体力やらも、基本一番通ってるLAVAと、週二回は通ってる乗馬によるところが大きいだろう。月3,4回のそこへ通っている一時間のトレーニングが一体どこまでそこに役立ってきたかはわからない。・・・なんて書いてる、そこへの不満っぽい言葉が失礼やな、って気もする。
    いや失礼。

    本当に私の努力不足。そして、家で本当にしないのであれば3ヶ月程度で見切りつけるべきやった。今月いっぱいで終わるが、最終今度行ったら心から感謝を伝えよう。

    経済的な問題もあるからやめるのだけど、LAVAが一緒についてるので、そこをやめると自動的にLAVAもやめることになる。もしLAVAを続けたいのであれば、どこかの店への契約変更の手続きが必要で、それに5000円が必要なのだと。
    ・・・エッ?!、全部やめてもタダで、コース変更でお金月謝払うのに、その手続き代を5000円も取るの??、変なシステムやなぁ。
    LAVA自体も少し家から遠く、交通費もバカならへんから、近場でヨガを出来るところないか?と探し、見つけたのでそこへ通おうかなぁ?と。でももっと近場にジムあるんやけどね。
    そこも考えては、知り合いに会うだろうとか、顔見知りになったら職場が近いから、職場が店やから会いに来られたら迷惑やなぁ・・・とか、考えすぎてしまってそこに通う決心がつかなかった。
    でもそこが一番安い。一番安い一番近所をあえて避けてしまう変な気持ち。
    経済的なのが一番エエんとちゃうの?って思うのに、何で気がすすめへんのか??

    まぁそうゆうところで知り合いを作りたくないって内心あるかもしれへん。

  • ホットヨガは2年を過ぎ、乗馬はこの秋で3年になる。
    勧誘時、運動嫌いの私に「体力、運動神経なくても大丈夫ですよ!」なんて言われた。
    そこそこの年配者が大勢やっていらっしゃる。そうゆう状況も見て始めたものの、ナカナカ上達しない。乗馬を始めて当然、体力不足を痛感。仕事、家事にも悪影響を及ぼしてく。体力、運動神経無いとやっぱアカンよ。何が「大丈夫ですよ!」や!!とんでもないっつーの。

    ってな訳で、何か他に基本的なトレーニングとか体操いうか、運動神経無い私でも出来て、乗馬にも役立つ別のスポーツって無いかな?って時に見たLAVAの広告。ポイントゲット目当てだったから最初っから入会を考えては無かったのに、コレも行った当日入会をした。

    大体、体験の当日入会すると入会金免除とか、安くって得する様にしてあることが多い。そうゆう習い事を軽い気持ちで体験だけって思ってても、実際その日、入会しないと気持ちもさめてしまうか、結局何もしてないって・・・やっぱり忘れられなくって入会しよう!ってなっても、その時点で少し損をしてるっていうのがネックになってやっぱやめとこう、っていうこともありそう。

    エステはそれで何箇所かは体験だけで逃げてきたけど(高いからあちこちいっぺんに通えないし)、スポーツって、一つやり方とか、ポーズを習得していくものだから、自分にとって絶対損しないものなん。

    エステは通い続けたって、何の得にもならへん。
    通わなくなればおしまい。痩せるためのことを自力ではなく、他力本願でやってくれるところだから。勿論、施術そのものも熱かったし痛かったり・・・に我慢は必要。その我慢も根性いる。じっとしての我慢だから。半裸で寝転びながら押さえつけられ、そんな状況に耐え忍ばなければ痩せないのであれば、体を動かし、自力で筋肉を付けてそのスポーツなりのスキルを身に付けていく方が、絶対心身に良い筈。

    かつてエステに通って痩せはしたけど、終わって結局リバウンドしたことを思うと、やっぱり安く、時間かかっても自分の身に付くスポーツを習っていくことの方が絶対良かった・・・気づくのが遅かった。

    今もエステで痩せた体にはまだまだ遠いけれど、ただ、筋肉は付いたし、姿勢も良くなったし、何より体力が付いたのが嬉しい。冷え性も解消出来た気がする。
    ホットヨガのお陰か、真夏の暑さも全然平気で、熱中症になる気配も無い。むしろ真夏は冷房のきき過ぎた場所が結構あって困る。電車は弱冷房車に乗るし、スーパーも寒い。日焼けもしたくないから、外出時は腕を覆うカッコをしている。半袖はもう要らない。

    先日、LAVAのレッスン、190回目を迎えた。
    別にカウントしてた訳じゃあない。なんと、とある店のスタッフが、そのメッセージカードを書いてくれたのだった!
    「今までこうゆうの、他の店はくれたことないし、100回目でも何も言ってくれへんかったのに!」・・・何て素敵な店やの!!
    LAVAの店で家の一番近所の店。一年経ってもない新目の店だけど、今年の全国大会で全国№1に輝いた店である。ヨガそのものは素晴らしいのは言うまでもないけどその、スタッフの優しさ、心配りに触れて私自身、通ってて心から良かった、感動したという思いを持てた。続けて良かった・・・モチベーションも上がる。

    後、200回目の時も同店舗。カウントをしてもいなくって偶然、同店舗になってこれ又カードをくれた。その店はやはり全国№1!である。ホンマ嬉しい。
    だけど、だけど・・・、申し訳ない。

    「今月いっぱいで辞めるんです」

  • >>198

    どこから本文書くんやろ?・・・で、上の細長い枠に何か書こうとしたら、
    本文用の枠が出てきた!、アレっ?そんなんやったっけ・・・、ホンマ久々やし、こんなちっこかったっけ?って。変わったんかもしれへんけど、ほんま、PCで書くのに、小さく なって書き難いわぁ。まぁ今はスマホ使いの人も増えたし、コレ位でも使う人の多さからすりゃ、ヤフさんからすりゃ問題ないんだろうな。

    又又半年以上ご無沙汰のココ、前の投稿読み返してそう、そう・・・今もおんなじ気持ち。

    LINEで疲れた、既読ナンチャラっていうの、そんなんあるからスマホ持ちたくないねん!
    私の職場も専用があるのだけれど、私はガラケーだから皆への情報は職場で知らせてくれたり、自分で休日に行って確認したりしてる。休日に行くのは次週のシフト確認のため。
    LINEだとわざわざ行かなくても済むけど、そのためだけにスマホにしたくない。
    そのため、っていうよりももっと面倒な情報への返事もしなければいけないこと考えたら、持つことの方がストレスが多くなる。

    確かに出先でPCと同じことが出来れば便利は便利。けど、仕事には使いたくないから、持つとしても職場では使わず、持ってることを内緒にしようと思う。ネットニュース等では、又ガラケーが復活するとか、格安スマホが出てきたりして、どっちが?!、今後どうなる?
    ・・・出来るだけ、ガラケーに頑張って欲しいと思う、今日この頃。

    いやぁ早いものでもう今年も半年を過ぎ、あと残りの半年なんてアッという間に終わる。
    今年は何が目標だったか?は、痩せること、断捨離をし終えること、なのに、何も出来ていない。だからあと残り半年で両方終える様、頑張るのだ!
    痩せるのは痩せようと思わなくても、断捨離をしっかり終えれるのであればその段階で痩せていくはず。断捨離は捨てるだけでなく、その残りの物を大切にする、きちんと分類して収納する、そして、空いた空間を美しくピカピカにする。最終的に見えないところまでキレイにする。

    今までの甘い自分を経つため、する時間を設けたのに、それを無駄使いしてダラダラ過ごした日々。誰かに見てもらわなければ、叱られなければ頑張れないって情け無い。
    そうゆう自分が嫌やから、何とかせなアカンから、ココに書きに来た気がする。
    よく書いてた時って、何がしか目標や希望、努力したいことや反省などを書き込んで、確認してたし、それが少なからず役に立ってたんとちゃうかな。

    書かなくなって、余計怠惰になってるのなら、毎日は無理でも一週間に一回は書いたらどうや?って気がしてきた。曜日決めて。日記がわりの役目としても、後で思い出せるのに役にも立つ。自分を誰も指導してくれない。主人も優しいし、厳しいエステにももう行ってへん。
    厳しくされたら何やら文句の独り言をするクセに、だけど、だけど、それは自分に必要やって内心感じてるからこそ、キレてやめたりもしてこなかった。

    あと半年のリミット。
    今後必ずやり遂げなければならないことを記そう、そして、もう今後週一で書くことも決めよう。もちろん、書くのにも時間を決めて。

  • 前回から、半年以上経ってた。
    もしかしてもう無いかも?と、思う前に何気なく来て、まだある!というのに、嬉しくもなく・・・前のトピの様に、二週間から最高一ヶ月くらいの期間で、落ちてしまう危機感も無く、
    ココの存在を忘れていた。

    そうや、今の私には必要でも無い。
    書いて気持ちを整理したり自分を凹ましたり励ましたり・・・
    ま、話せる人がいないからね(苦笑)
    今だって話せる人はいないけど、仕事量を減らし、ストレスは随分減り、自分の時間も増えた。
    だからホンマは今の方がココを書く余裕あっておかしくないのに、行かないし書かなかったのは、正直、書くことが面倒くさいということ。
    ストレスが減ってそこまでの思いを吐露したい気持ちも無かったからだろう。

    なので以前は忙しくても、書かなきゃ気持ちが・・・という感じだったんだろう。
    そうゆう意味では以前の私ってホンマ、パワフルやったなぁ~と思う。
    だって疲れているのに、面倒ははずなのにココ書きたいって気持ちになって結構やってたもんなぁ。ココ、書くのにも、そこそこ疲れるよ(苦笑)、指、腕、頭、腰・・・、時間も使うし。
    こんなこと、するよりも家事やら大事なことあるのに、それをほっといてでも書きたいって気持ちは相当、元気やったんやなぁ~・・・って。

    あとは、こうゆうネットに書き込むという行為そのものについて、自分でなんか、あまりやろうという気持ちを持てない感覚が強まってきたというか。
    今はスマホ時代で、街を歩けば誰も彼も、スマホを持ち歩いてる。
    私はガラケー。スマホに変えようという気はサラサラ無いけれど、PCを外で使えれば便利だとは思ってたので、タブレットがあればなぁ・・・とは思う。けど、まだ自分には贅沢、勿体無いと思ってる。職場と家が近いし、仕事時間減って、家でネットもし易いのだから。
    そしてこの世、ここ等も含めSNSやLINEとか、実名でのソーシャルメディア、ナンチャラがコミュニケーションツールと当たり前になっている。そうゆう世の流れが嫌なのだ。

    私は古い考え方かもしれないけど、ネットをこうゆう形で使うことが、僅かな楽しみとすれば、自分が誰だかわからない、匿名だから書けるというのにメリットを感じるから。
    そう言いつつも、エゲつない罵詈雑言や、いじめ的なコメントを平気で書く様な人は軽蔑する。
    それはそれそのものが言葉の暴力と思うし、何より、心無いものだから。

    あくまで心ある言葉を書くべき。誰だかわからなくていいから、本音だったり、誰かを傷つけはしない。自分の為だけでもいいけど、誰かが読んでどう思うだろうか?、という少しでも客観視が無ければネットを使うな、とさえ思う。

    さっき私は’古い考えかも’って書いたけど、そう自分を落とす言葉はヤメよう・・・何か、違う?って気がして考え直してみたところ、ネットに対する価値観の一つというべきことかなぁ。
    今ならそう思う人が少なくなってるかもっていう価値観として。

    そしてネットで書くのに少し違和感あるのは、頭で思う言葉は喋る言葉に近いけど、その思いがツラツラ出てくるスピードに指が追いつかなく、タイピングの遅い私自身、ミスタッチも多いからそこでイライラしてしまうってこともまぁ、しんどさの訳かな。
    昔の手紙なんてもう、手書きはもっと遅いから、肉筆になる段階で言葉が削ぎ落とされたりするの。こうゆう書き場ではそうゆう気持ちも持ちつつ、タイピングしては読み返し、やっぱり消したり移動させたり・・・ってよくしてた。情のアナログな揺れ動きの中で、こんがらがってしまい、同じフレーズ周辺でくるくる回って、文章、書くことに疲れちゃうんだな。

    それこそ、もう実際自分一人で部屋で独り言を口に出して喋ってる方がよっぽど楽で気持ちを開放出来て、時間もそこまでかからない訳で、そうすることもまぁまぁある。そうか、そうゆう時間が増えたからココ、必要でもなくなったってコトかな。

    しかし一つ、続けておくメリットはある。記憶の倉庫替わりという存在として。
    自分の気持ち、この時、こんなことがあったんや、こんな気持ちになってたんや、って、やっぱり書き残しておかなければすっかり忘れてしまう。実際、ココに書いてたことなんてほとんど忘れても良いのだけど、頭をあえて使って文章を纏める、ちゃんとした文法で日本語をしたためることで脳を活性化ということもたまに必要だろうしね。

    ・・・って書いてたら以前、一生懸命書いてた自分を思い出した。
    今度、いつ書くかわからへんけど、決して無駄な場所ではない、ということやね。

  • もう、4000文字限度いっぱい、まだまだ続き書いてたのが消えてしまった・・・

    彼らの久しぶりのコンサートを見に行って来たのだけど、昔のファンの頃の思い出も書いてたのが全て真っ白に・・・

    あ~あ、そんな赤裸々に書かなくても、というか、書くと、その関係者が気を悪くする内容だったのも関係あるのかどうか?

    昔、色々複雑な思いを抱いたけれど、もう、今はそんなこと、関係無い。
    ただ、彼らの楽曲の素晴らしさ、竹善さんの歌声の素晴らしさを始め、彼らの確かなプレイ、ン10年経っても色褪せない。変わらない魅力にあふれていたことが私の中、封印が長くって勿体無かった、申し訳なかった・・・ってつくづく思う。

    まだまだ書いていきたい。

  • ここに変わってからほんま、枠はちっちゃいわ、勝手がちゃうから続けたくなくなりそうやけど、でも、唯一の私のつぶやきを綴る場所で残ってるから、消し去りたくはないんよね。

    他を探すのもメンドくさいから、仕方なく続けて、向こうが消すなら消されてそれ迄、っていうことでエエか。

    3月頭、ナニワのライブでの大阪旅行を終え、楽しい気分が終わって日常に戻ったところ、飛び込んできた訃報。須藤薫さん。去年の佐藤博さんに続いて又、大好きなアーティストが・・・

    女性歌手で一番好きやった。去年、ライブを見たし、元気な様子だったのに何で??
    もう、杉さんとのジョイントが見られない、何よりあの可憐で伸びやかで柔らか、優しい歌声を生で聴くことが出来ない。新作も望んでたけど、もう無理なんて・・・

    先週、ご遺族の配慮で、ファンも弔問出来る「送る会」という機会を設けて下さり、出かけた。
    こうゆう機会を設けて下さったことが本当に有難かった。何て優しい、素晴らしい方々。

    言葉がおかしいかもしれないけど、嬉しかった。杉さんをはじめ、松任谷正隆さん、佐野元春さん、松尾清憲さん、伊藤銀次さん、つのだ☆ひろさん(重要な役目であった様で)といった、そうそうたる顔ぶれを同時に見られたことも凄かったのだけど、だからってファンの皆さんがミーハー的に近づいたり、気さくに声をかけるなんてことは無い。当たり前、そうゆう場なんだから。しかし、終わってからは少しの人たちは話しかけていた。私も杉さん、ファンとして声かけたこと無いから、覚えてなんてくれてないだろうけど、でも、薫さんに素晴らしい曲を沢山提供されてきたこと、そして、どの歌手よりも似合う曲を沢山提供され、薫さんの魅力を作ってきたのが杉さんでもあるということを伝えたかったと・・・、話しかけられるチャンスがあったのに、あったのに・・・くそーっ!ビビリ、意気地なしな私。

    薫さんがいたずらっぽく首をかしげ、ピースサインで微笑む姿。
    今迄見たことの無い、プライベートでのスナップ、屈託の無い笑顔の遺影が見えると、こみ上げて抑えきれなくなった。近くのファンの女性は涙もろく、会場に到着するなり泣きじゃくって、式場内部を見えるその状況でも又、大泣きをされていた。私はもらい泣きじゃあなく、自分自身の10代の頃を思い出してズルズルきていた。申し訳ないけど、身内の時より泣いた。

    よく聴いたし歌った。レコード、アナログで買えず、レンタルやエアチェックばかりで楽しんでたけど、それだけに今より全然、純粋に音楽に触れ合い、聴き入ってたあの頃の自分が愛おしく、戻れない寂しさ。音楽が友達みたいだったから、宝物だったから、こころのメンテナンスをしてくれてたから、こんな泣ける存在なんよ。単なる趣味という存在なんかではないのよ。

    まだ薫さんで聴いてない後期の作品もあるし、きちんと思いをレビューで残したいから、私の彼女へのお礼を今後、したためていくのよ・・・、佐藤さんだってまだ途中。

    素晴らしいアーティスト程、早死してしまうみたい。こうゆうこと、続くから、見たいアーティストのライブは又やるやろう・・・なんて先延ばしにせず、知ったら出来るだけ見に行く様、しなくっちゃね。

    天然だった薫さん。天国で死んだこと、気づかずにハミングしてるのかなぁ?って思ったりします。

  • 形式が変わっての初投稿。
    過去タイトルをズラーっと今迄は見られたけど、今そうゆう表示が出来ない様なので、過去を読み返すのに不便になった。今、こうして書いてる本文枠や文字の大きさも小さいし薄いから、こんなんじゃあ続けたいって気になれない。だからって今、ココを消してしまうのはやはりもったいないので、飽きる迄は続けようかと思う。

    以前の掲示板の様に、暫く書かないと落ちて消えてしまうっていうよりは日持ちしそうっていうのが安心かも。でも、それは余計、書くことを遠ざけてしまうことになるのかもしれない。でも、それでもいい。

    私自身、何か人に言えない思い、言い足りない思いがあれば書きたくなるのだから、そのサイクルがどうであれ、少なくとも2ヶ月に一回は書きたくなることがあるかと。それ位、この場所は無くならないんじゃないか?と。「失くしなくない」ってどっか、留めてる。だから、それより早めには見に来るだろうけどな。

    もうすぐ3月。最近の私は楽しいことばかり。
    馬への思いは日に日に増し、なかなか上達しない乗馬、もうすぐの大阪旅行での久々の競馬、そして、音楽、ライブ。仕事の休日が多い分、好きなことばかりにうつつを抜かし、家事疎かなのも相変わらずだけど、帰って3月上旬にある消防点検という恐ろしい訪問が待っている。その為、今から旅行準備と掃除を並行し、休日の今日、正念場という状況なのだ。

    そんな時こんなこと書いてる場合か!
    ・・・その通り。今迄もグリーンチャンネルの馬の映像を見ながらのほほんと過ごしてもうお昼になろうとしてる矢先、こんなんじゃあ行かれへんやん!って状態だから、もうテレビを消し、PCも消し、作業に集中しなければならないのだ。

    頑張ろう!

  • 初詣に行ったら自分が本厄とわかり、祈祷を申し込み、おみくじを引けば出たのは凶。ほんまに厄年のスタートや・・・。何一ついいこと書いてへんかった。

    帰省から帰り、今年の初馬乗り行ったら、それこそ、二頭共お初。
    しかしその二頭共落ち着きのない奴で、馬装から馬場に上がって暫くも、指示と違う動きをしたり、頭をさかんに下げたりして、少し苦労した。
    主人曰く「(私が)姿勢が悪いからや。人が乗ってるって思ってへんで、何かの荷物でも乗せてる位にしか思ってへんか、ナメられてる。」・・・そうか、そやったんやろうな・・・。

    年末行かれへんで、2週間空いたのだけど、それ迄去年後半は週二回は通ってたから、確かにインターバルは空いた方。しかし、それでも、2週間の空きだけでそんなに感覚、鈍ってしまったり姿勢を忘れてしまったりなんて。今迄100鞍以上、1年以上の積み重ねが何やったんや?!と、情けなくなった。

    ああ、これじゃあまだまだ上のクラスに上がれそうもない。こんだけ鞍数、多くてまだこのクラスで伸び悩んでいる人は私位やろう。どんどん、後で入会してきた人に追い越されてしまう。下手くそやから仕方ない。急いで上手くならなくても良いと思ってきたけれども、流石にここまで長期、このクラスに居ると不安になってきて、私より少ない鞍数で上がった主人に色々言われ、先生に毎度同じ注意をされ、憂鬱にもなる。でも、クラブに行って馬を見ると元気になってワクワクする。そこで自分の課題を忘れてしまうのだろうか?馬場に出て騎乗した瞬間にホッとしていてはアカンのや。

    嬉しい気持ちが、馬の背中に居る心地よさからか、今から勉強なのに、気が緩むのかもしれない。「緊張感を持たなアカンで」と主人。ガチガチの緊張はアカンけど、今からレッスンをするから、馬に自分が乗ってて、指示を聞いてくれる様、しっかり馬にわからせる為の姿勢や声かけ、立つ、座る等を少し繰り返して馬にとっては今から「お仕事」という意識を持たせる為のプロセスをキチンとこなさなければいけないのだ。

    しかしながら実際、私のクラスの生徒はそこそこ居るけれど、上のクラスは少し停滞気味の生徒が多く、更に上だとグッと生徒数が減り補助が付かなくなる。そこから上は先生が当たり前だけど、厳しくなる。レッスン頻度が少なくなる=生徒が減少してる様だけど、頻度が少ない分、人数が集中してることも多い。隣の馬場が3つ位上のクラスなので、レッスン中よく見えるけれど、なんか、馬場によって馬自体、そこは上のクラスやから・・・って、わかって合わせて動いてくれてる様、見えなくもない。

    脚、そんな使ってる様見えないけど、実はちゃんとしてるというのは上手い人だからこそ。下手な人程ジタバタするから、馬もいうこと聞かないもの。急に難しくなって挫折したり、なんか、楽しくなくなってきちゃってもう暫くいーかないっ!って人、辞める人も含め、理由はどうであれ、初心者から楽しく馬に乗ってきた人にとって、必ず訪れる「壁」に直面する時が来る。
    私はまだそんなところじゃあない。だってまだもっと、上のクラスで覚えなきゃいけない新しいこと、難しい課題がイッパイあるってわかってるから。だから今の基本がちゃんと出来てなければ上がれない。絶対、ここは適当ではいけない。

    人と比べない。追い越されてもそれは人それぞれだと思って凹んでたらアカン。昔っから何にしても習得が人より遅いんやから、コツコツやっていくしかないんやから。

  • >>1

    今日の私は自滅しっぱなし。

    仕事でのミスは、普段基本の行動を守っていれば防ぐことが出来たミス。
    急ぎ、慌ててしまったことで、確認が不十分となったこと。
    そして、以前、速く出来る方法を教わったにもかかわらず、その方法じゃなく以前からの自己流のやり方をしてしまったこと。二番目は特にマズかった。上司から丁寧に、しっかり教わっておいて、そのやり方をせず案の定、時間がかかっていた。どうしてあの時、教わったやり方をしなかったのだろう・・・?

    その注意を受けてから上がったので、後味が悪く、上がって暫く放心状態になるも、スーパーのタイムサービスがあるので、今のうち買わなきゃっていうことで、頭の中、休みたくても休めない・・・あ〜、早く帰って横になりたい、なんか、甘いもの食べたい・・・と。千円買ったら10%オフのサービス。生鮮食品等、作る食材を買う気になれず。カゴに詰めたものはナント、カップ麺類。他では見かけない品や、他より安いと思しき品に限ってとはいうものの、そんな、千円も買わなきゃっていう程の品達ではない。

    レジ通過の際、900円台であと、もうちょいで千円いっとった。計算ミス。そこから消してもらい売り場に戻り、千円を超えての精算をした。そして家に帰って用事をしてて、もう、ホンマゆっくりしたいし、人ゴミにまみれるのは嫌!という気持ちだから、その後受ける筈だったヨガ、又してもキャンセルしてしもうた。

    こうゆう時だからこそ、ヨガする方がストレス解消になるんとちゃうの?って思うのに・・・

    でも、そこに勝てない、弱い自分。ダラダラゆっくり一人篭って過ごすことでホンマに解消になるんか?って。いつもこうゆう体調、精神状態では逃げる方にいってしまう。それで良かったと思ったこともほぼ無い。なのに何故、逃げてばかりになるのだろうか・・・?

    しかも、そうゆう時は疲れて手を動かしたくないから、簡単に食べられるものや甘いものが購入の中心となる傾向もそうだ。ダイエットなんかとても意識出来る状態じゃあない。炭水化物、油物など、太る食べ物が何より美味しく、そればっかりでも気にせずガンガンいってしまう。

    結果、太って又、自己嫌悪でやはりちゃんとダイエットやバランスを意識した食生活にしなければいけないという、自己管理を行うことが強いられるのだ。そもそも、ストレスが無ければ、好きなものを食べることを最大のストレス解消法とはしないので、栄養バランスを欠くことにならないと思う。

    そうゆう意味でもほんま、ストレスを自分で作り出さない様、その根本から自分の意識、行動を見直していかなければいけない。

  • やる気をなくしかけてた仕事へは少し意欲出たものの、まだ入る時間多くされて、忙しさも変わらずストレスが減ることもない。先週から今週にかけて7連勤になってた。火か水に休み希望しなかったのも失敗だったが、半ドンが今日だけだからキツイ。この真っ最中、ミスをしないか、仕事のペースで注意されないか?が、心配である。

    半ドンの今日、午後から乗馬を計画してたが、あいにくの雨でキャンセルをし、代わりに夕方からのヨガをキャンセル待ち予約をした。その時点で6人待ちだったので無理っぽいかな?、なんて思ってた。しか5時10分には出なきゃいけないので判断は4時50分頃。見ると、キャンセル待ちは2人目迄減っていた。微妙・・・しかしこの時点でまだ荷物の準備をしておらず、これじゃあギリギリに決まるかもしれず、前に行ってやっぱ予約枠に入れんかったこともあり、暗くなった雨空を見てはやはり、行く気になれずにキャンセルした。

    ネットサーフィンをそこで止める気が無いという消極的原因もある。暫くネットしてて5時半頃ヨガの予約見たら、受けようとしかけてたレッスンが余裕で予約出来る様なっていた。いつ、私のキャンセル待ちが本予約になっていたかはわからんようなってしまったけど、行くつもりやったら家出る段階でまだあかんかったとしても、道中で本予約枠に入ってたことになる。

    せやけど、又もや私の気持ちがヨガ向かわんかった。主人の帰宅も遅いというのに。食べたいもん食べ、うたた寝し、又だらだらした過ごし方。ああ、休みが無い中貴重な半ドンやったのに、こんな勿体無い時間の過ごし方して・・・も〜う・・・

    日本では何故人気出ない?って言われてる、PSYの江南スタイルにハマってしまった。最近、ようつべで再生回数最多記録更新したとか。ま、私も10回弱は見てるし(笑)。韓流はなんたらかんたら、批判もされたりしているけれど、私はコンテンツとして楽しめるものなら楽しんで良いと思う。

    PV、曲、そしてPSYのキャラや振り付けも面白い。このPSYって歌手は日本向けにわざわざ売り出していないから日本だけが蚊帳の外みたいなのか。なんか勿体無い。どうも日本では韓流って、ルックスが良くなければ売れないというのだけど、そうゆうところが日本として、ショービズでのまだまだ稚拙さも感じてしまう。コミックシンガーや芸人が出した歌として一発バーン!とイク、イレギュラーなヒットならあるかもしれないけど。

    でもこの曲、お笑いじゃあないんよね。PSYは真剣にやってて、何度か見ているうち、ライブ映像なんかだとカッコ良く見えてくるから不思議。私自身は音楽にしても映像のPVからであろうと、その曲自体良ければ好きになる。たまたまそうゆうルックスしてはった、というだけで、見れば見る程、見慣れて良く見えてくるというのはおかしくないんよ。

    向こうでの野外ライブで多くの観客の熱狂ぶりを見ると、日本のリスナーの音楽嗜好には随分違いがあるのだという感じがする。以前、ココでファンであるパリスマッチの話を書いたこと、思い出すけど、日本のアーティストなのに向こうで人気出て、向こうの音楽番組に出て、日本のホールよりキャパ多いとこでのコンサートが成功している。日本で人気出ないのが何でっていうのは、何となくわかるのだけど。そうゆう側面を鑑みても、どうも、好きになるのが韓国人向きな感性してるのかというか・・・でも、この二例だけだから、考えすぎなのかもしれへんけど。

    そんなパリスマッチも又今年、クリスマスコンサートが去年に続き、日本橋三井ホールで開催されるので楽しみ。そしてその一週間後は・・・ナ、ニ、ワが・・・フュージョンのフェスティバルが数年ぶりに開催!!で出演。これも凄く楽しみ。

    こんな風に音楽のことを考えるとホンマ楽しい。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!