ここから本文です
現在位置:

井戸端音楽会

  • 5,512
  • 15
  • 2018/02/20 15:54
  • rss
  • <<
  • 5512 5493
  • >>
  • 5512(最新)

    花散る里 2月20日 15:54

    >>5504

    >リッポンくんは試合終わったので、残りの日程でフィギュアのキャスターするみたいですね!!
    ピッタリですね、楽しみ^^

    そのお仕事は「オファーは光栄に思うけれど、特派員になれば選手村を出なけれならないから受けることはできない」と丁寧にお断りしたようです。

    「僕は国の代表で、チームUSAの一員であることを愛している。自分の試合の時、仲間が傍にいてくれたことがとても励みになったので、自分も選手村に残って今度は自分が仲間を支えたいから」って

    NBCからのオファーの話を聞いて、最初、わたしも、わ~話し上手なアダムくんにぴったり。これでまた一段と人気上昇、引退後も安泰ね~とはしゃいだけれど、
    断わりの理由を聞いて、アダムくんはわたしよりずっと冷静で賢明だわ~と唸った。

    そして、アダムくんの現役続行の意向は変わらないようだと嬉しくなった
    オリンピックの夢を叶えて満足し、現役引退を考えてるなら、引退後の次のステージへの橋渡しとなりそうな美味しい申し出だけど
    これを受ければ、米スケ連やジャッジからもそう見做されてしまう怖れ大ですからね。

    アンチにも「メダルもとってないのにスター気取りで浮ついてる。オリンピックを自分の人気取りの利用してる。代表に相応しくない」等と叩かれかねず、その非難に根拠を与えてしまう。
    NBCにしても、いま旬のアダム君の話題性と人気を利用して、オリンピック放送を更に盛りあげたいだけで、オリンピック後の約束なんかなにも示してはいないわけだから

    目の前のギャラより、チームUSAへの献身をアピールし「信頼」と「好感」を得るのが正解。
    間髪いれずにケリーママさんが自身のツイッターにこんな写真をアップ。いい連携プレーだ。(^^;)

    井戸端音楽会 >リッポンくんは試合終わったので、残りの日程でフィギュアのキャスターするみたいですね!! ピッタリで

  • >>5509

    私の好みなどはどうでもいいので横に置いといて、白人社会の中でも綺麗系であるのは間違いないでしょう。
    アメリカ人でそう言う人はごく一握りで、大半は外見にも体重にも無頓着な人や素朴過ぎる人がその他大勢って感じです。
    全体的に見れば日本人の方が全体的に皆さん小奇麗にしていてオシャレかな。

    今までフィギュア自体の認知度が低かったのが、オリンピック出場でメディアの露出が増えて、認知度が上がったということでしょう。
    プラス、ゲイアスリートとしてのやり取りが注目を浴びたからね~^^

    これでサポート企業が増えれば幸いです^^

  • >>5509

    男子個人の競技の前に、
    ブリトニー・スピアーズがリッポン君にツイでエールを送ってくれてるんだけど
    翻訳機能の日本語が???( ̄▽ ̄)??で

    ブリトニー・スピアーズが

    「Hey @Adaripp.... I just wanted let you know that I am a fan, I am not in denial, and that you are THE MOST FUN!! Keep making us all smile at the #WinterOlympics and good luck today ✨⛸」

    それに対してリッポン君が

    「RipponさんがBritney Spearsをリツイートしました

    I could feel you on the ice with me @britneyspears. I now have an OVERWHELMING desire to post Instagram fashion shows, google stock imagines of corn, and paint on the balcony of my dorm in the Olympic village. Thank you for not being in denial, LOVE YOU ❤️❤️❤️」

  • >>5503

    リッポン君の顔立ちは
    舞さんの目にはさほど好みでなく「欧米にはよくある顔」程度に見えるのかもしれませんが
    その立ち居振る舞いも欧米人なら普通に身につけているマナー程度にみえるのかもしれませんが
    オリンピック前~現在までの記事での紹介のされ方や、TV出演時の司会者やコメンテーターの反応やコメントetcから伺い知るに
    欧米人の顔を見慣れたアメリカ人の目から見ても、リッポン君の顔立ちや立ち居振る舞いは、際立って魅力的なものにうつっているようだ。もちろん個々人の好みがありますから、わたし同様に、そう評価する人が沢山いるみたいですよ~ってことで(^^

    リッポン君のことを「プリンスチャーミング」って称している記事には個人的にニマニマしてしまった。「魅力的な男性」を意味する一般的呼称とは知ってますが、この呼称は、最近は、特に若い人の間ではあまり使われてないようだし、でも、わたしと同じ世代のアメリカ人はアダムの曲のヒットやPVを覚えていて、記事書いた人も、同じアダムって名前から、それ連想したのかしら?と
    この歌の主張は「嘲笑をおそれることはない。自分のなりたいものになろう」ですから。

    アメリカ人の目から見てもやっぱりと判断するのは
    アダムくんがオリンピック選手としてTVやネット記事で紹介される度に、リッポンインスタのフォロワー数がうなぎのぼりで、アメリカ人選手についての記事やTVインタを目にしているのは、わたしのような外国人ファンを除けば当然大多数はアメリカ人なわけで
    アダムリッポンを目にする→リッポンインスタを見る→フォローする てなる方が多いようです
    少し前にアシュリーを超えたって書き込んだら、その数日後にはジョニー・ウィアーのそれを超えて
    今朝ついに50万人を突破してしまった。

    あちらでは、「America's Sweetheart♥」などと称されはじめているらしい。

    男子個人のフリーが終わった17日に
    TIMEはこんなタイトルの記事をアップした
    "He's the winner of the Olympics." Adam Rippon stole everyone's hearts during the Olympics

  • >>5506

    やはり作家の方なども、この現実のストーリーをもしもマンガの設定にしたとしたら、
    出来すぎでNG食らうだろうとツイートしてましたww

    あと、羽生さんのショートとフリーの得点を足して、数の占いのやり方で分解して足して行くと、
    羽生さんの運命数の「33」と合致するそうだ(*_*)

    やっぱり仕組まれてましたよねww

    でも、ジャンプもスピンも変形ランジもいつもの羽生さんではなかったよ。
    それはファンの人達はすぐ分かった。

    ほぼ戻っていると言っても、最高潮の状態には戻り切っていないんだなあ~と思っていたけど、
    全然治っていなくて鎮痛剤飲んで、それも良く効かなくなってて、時折「うっ汗」と痛みが走りながらの状態だったとは(涙
    痛さなんて全然感じさせてなかったよね^^;
    凄い人だ(涙

    だからフリーも最後まで持つか怖かった、祈っていました(涙
    最後の3Lzはもう涙涙
    どんなに痛かったことでしょう、怪我した時と同じような降り方で(号泣
    怖かった^^;

    いつも冷静沈着な感じなネイサンが泣くなんて(涙
    PV会場、羽生さんファンが大半だけど、それでもほぼみんな、真剣にネイサン応援していましたよ!
    頑張れ~~!!って、ジャンプ降りるたび、「よっしゃ~~~!!」
    やりきった時は、「よくやった、よくやった」って^^
    ネイサンの涙にもらい泣きしてた人多数。

    確かにこの感じ、ソチ羽生さんのフリーや、それ以前の羽生さんへの応援に似てるw
    体力のない羽生さんに、頑張れ、頑張れ、後少し!!
    って拳握って応援していたような感じですね^^

    しかしグリーンルームのネイサンが抜かれると、魂が抜けたようになっていたのに大爆笑w
    出しきったよね~~^^

    本当に伝説の場面でしたよね、リアルタイムで見れてなんてラッキーなんだろう^^

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>5504

    今回の羽生さんのバラ1は完璧でしたね。
    衣装、表情、緩急全てが文句なしの完成美でした。💖
    セイメイさんは鬼気迫っていて、あれは魔物も退散しますわ。

    いつもは不敵な落ち着きをみせるネイサンが初めて18歳にみえました。
    やっぱりオリンピックは、他の大会とは別物なんだな~
    金メダル候補と見做されることで凄まじい重圧がかかってしまったんだな~と 分かります。
    初めて、ネイサンを真剣に応援しちゃいましたよ。拳握って「頑張れ、負けるな、最後まで心折れるな」って、ちょうど、まだ体力がなくて後半心配だった頃の羽生さんをそんな風に応援していた頃のように・・・懐かしい・・・^^
    ショート中途半端な失敗で、フリーでの挽回で金が期待される場所に留まるのではなく、
    まさかの大失敗で、下位グループに沈んだことが、かえってフリーでの大快挙に繋がったんだと思います。この経験が彼の次の4年間を後押ししてくれるでしょう。

    で、あっという間に、羽生さんと同様に「やっぱり化け物だわ!Σ(゚Д゚)」の領域にお戻りになってしまわれた。( ̄▽ ̄)ノ~~~バイバイ

    怪物ネイサンさえ、押しつぶされかけた「金メダル候補の一人としてオリンピックに臨むという重圧」をそれも一番プレッシャーのかかる最終滑走で全く感じさせなかった昌磨くん
    オリンピックも他の競技会の延長上にある一つの大会にすぎないと見做せる脅威の鈍感力www
    共感はされないかもしれないが、大物や~と感心されて、面白がられていますよねwww
    うちでも、羽生君やネイサンとの対比や、インタビューでの受け答えでの、微妙にピントが外れている様が、「こいつキャラがたってるな~」とウケております。

    >しかし羽生さんの場合今回のオリンピックは符合が多すぎる。

    天上界で誰かが台本書いてるんじゃないのか?φ(゚д゚).。oO

    符号の多すぎも震災以降の波瀾万丈ストーリーも、怪我を抱えての状態での今回の演技の出来栄えも
    編集から、「この展開はありえね~!ここまでやるとリアリティーがなくなるので修正」とダメ出しがはいりそうなレベルで現実離れしてる。もはや「凄い」としか言いようがない
    そんな「伝説」の場面に立ち会ってきたことは、光栄です。b(^^

  • >>5502

    国家事業として各分野でのオリンピック候補生を育成している国ですから
    メダル候補と目されていたボーヤンには、国が全面的なバックアップをしている筈ですが?
    超有名振付師ローリーニコルの指導で演技力を表現力をアップさせてきていますが、その為の海外での滞在費や派遣費など、フィギュアで成績を上げる為の費用を個人で負担しているとは考えにくい。
    だから靴については本人の好みなのかも?費用的に厳しいからということは無いと思われます。
    でも、選手は国のものと考えてるような体制ですから、家族のフォローまではしてくれないかもですね。ボーヤンのお母様のご苦労がしのばれます。(・_;)

    家族の渡航費まではフォローしてくれないのは、他の国の協会や奨学金制度も同様だと思われます。
    チェコのミハルくんは奥さんがピョンチャンに応援に行く為の費用を
    そしてアダムくんの弟の親友が、アダムくんの親兄弟がピョンチャンにいけるようにとクラウドファンディングで支援金を募ってましたからね。
    両方には、無理だけどアダムくんの方にはわたしも自分にしては大奮発で協力しましたもの
    その結果、どちらもピョンチャンに行けて会場で応援できたそうで、良かった(^^♪

    ボーヤン君も国の期待にもファンの期待にも応えるだけの成長を見せて、オリンピックで彼の最高を見せることができたのだから、国も国民も、メダルだけに拘らずに、中国男子シングル歴代最高順位を獲得したボーヤンくんを他の競技のメダリストと同様に称賛してあげて欲しいですね。(^^

  • >>5501

    私ももう羽生さんの4年来の願いが叶って、思い残すことはなく、魂抜けてますww
    もう祭りの後状態です(笑)

    しかし羽生さんの場合今回のオリンピックは符合が多すぎる。

    2/16はショパンの最後の演奏の日。
    2/17は怪我をしてから100日目。
    取った金メダルは冬季オリンピック通算1000個目。
    ショートの得点が111。

    安倍晴明の二人の息子は、
    「安倍吉平」(長男)と
    「安倍吉昌」(次男)。
        ↑
    ここが「平昌」になっているという^^

    代替会場リンクの色が途中から紫になって、まるでSEIMEIとお揃いにしたような色合いだもんだから、
    SEIMEI衣装の映えること映えること^^

    韓国か中国からのコメントで、「羽生の、羽生による、羽生のためのオリンピックだった」
    ランビ様「氷に立った瞬間から場を支配していた」
    などなど^^

    リッポンくんは試合終わったので、残りの日程でフィギュアのキャスターするみたいですね!!
    ピッタリですね、楽しみ^^

  • オリンピックに特別な思いはない、銀メダルを大事にする気はない、
    カバンのどっかに入ってると思う、
    なんて発言を聞くと、
    申し訳ないけどメダルはボーヤンに取って欲しかった気がする(涙

    賞金もあるし、それによってボーヤンのサポート体制が充実するかもしれないから(涙

    はにゅさんは怪我を乗り越えて(実はまだ乗り越えていないけど)の優勝と言うこともあるのか、幼いころからの夢が叶ったからか、
    スホランも大事そうに胸に抱え、金メダルも、大事そうにそっと包んで何度も触って眺めたり、
    そう言う本当に大事そうに嬉しそうにしている姿勢が、たくさんの人の心に共感を呼ぶと思う(涙

    アメリカ男子みんな立派だった!!
    りっぽんくん、団体からほぼパーフェクト!!
    本当に立派で涙出ました。
    8K放送でぜひリッポンくん見てね。
    目を逸らしたくなるような美男子であるww
    って本物を見たんだからご存じだと思いますけど、
    リンクでの輝きね^^

    PVの8Kは、カメラが全く地上派とは別物で、もっと低い地点にあるので、
    本当に演技が良く見える&リアル。

    たまたま、ラトデ二くんがジャッジ方向にアピールする時、8Kカメラにバッチリ向いていて、
    カワイイラトデにくんのドアップアピールに、PV観客がきゃああああ~~~とハート乱舞になったのは言うまでもありませんw

    はにゅさんはもうひたすら美しかった^^

  • >>5500

    羽生さんオリンピック2連覇、金メダルヤッタぁ~~~~!!!涙涙

    >舞さんはライブビューイングで大興奮の大号泣したのでしょうか?
    日本W表彰台で会場大盛り上がりだったでしょうね^^

    はい、ショートフリーと連日PV観戦、応援フラッグやプーさんやお守り持参で、
    会場と同じように応援してきました^^
    会場も大盛り上がり、本当に現地に居るようでしたよ^^
    んでNHKに取材までされちゃいましたww

    ショートの日の夜に放映されたそうなんですけど、私は未だに見つけられていないw

    帰れば帰ったで、生出演だの会見だので怒涛のビデオ録画!!
    twitterチェックしつつの録画しまくりでも~~魂抜けてます^^;

    しかしはにゅさんのけがは決して治癒しておらず、ある意味自分の選手生命をかけて、強い痛み止めを服用の上での出場+あの演技で、
    嬉しいけどその壮絶さに胸が潰れそう(涙
    でもきっとちゃんと足が治って復活してくれると信じてる!!
    この先やりたいことを考えてもスケートしか浮かばないって言うくらい、
    大好きなスケートだから。

    PVはすべてが鮮明にリアルに、ほぼ立体映像に近く、音もサラウンドなので、会場のど真ん中に居るみたい。
    VRですよあれはw

    その迫力たるやすさまじく、選手ごとのエッジワークからジャンプ踏切、着氷まで目の前で見ているように鮮明!!
    ジャッジもこれ見た方がいいw

    そんなんだから、ネイサンの魂の演技に泣き(会場、ネイサンに凄い応援でしたよ!!このままじゃ可哀想、真央ちゃんみたいにフリーで会心の演技を!!ってみんな期待してた!)、ビンスに泣き、
    ネイサンは華僑の少年の映画の曲でしたっけ、きっと多くの華僑の人達の魂が入っていた。

    そしてボーヤンに泣きToT
    ボーヤンのお母さん、仕事を辞めて毎回試合に自費で駆けつけているそう。
    費用を抑えるために粗末な食事に耐えたりT _ T

    そして知ったんだけど、ボーヤンの靴EDEAだけど、
    うちの娘の履いてる靴のすぐ上位のグレードのやつ。

    うちの娘ですら、そっち買おうかどうしようか~~って悩んだ程度のグレードの物を
    4Lzプラス複数4回転ジャンパーが履いているって^^;

    費用的に厳しいんでしょうけど、アイスフライやピアノより格段に重いし、足首サポート機能も落ちる^^;
    足首が心配だよ~~涙
    うえーん!!みたいな。

  • >>5500

    わたしは、アダムくんが念願のオリンピックで
    彼の満足できる形で大きなミスなく演技をやり遂げて
    競技を終えることができますようにと、ずっとそれだけ願っていたので、
    今は、ホッとして、脱力してます。

    まだアイスダンスも女子個人も残っているけれど
    それに、普段は見ないような、でもオリンピックでは注目してしまう他の競技も目白押しで、
    まだまだオリンピックは続くんだけど
    な~んかもう、オリンピックが終わった後のような「祭りの後」の気分ですWWW

  • オリンピック男子フィギュア、
    わたしは一人でTV観戦でしたが
    舞さんはライブビューイングで大興奮の大号泣したのでしょうか?
    日本W表彰台で会場大盛り上がりだったでしょうね^^
    羽生さんオリンピック連覇おめでとうございます。

    井戸端音楽会 オリンピック男子フィギュア、 わたしは一人でTV観戦でしたが 舞さんはライブビューイングで大興奮の大

  • >>5497

    選手にとってトラウマになるような指導をするコーチに問題がありそうですね。

    確かにロシアは褒めて育てるというよりも厳しく指摘してやらせる方式ですね。
    褒めることはあまりなくて。
    言葉も辛辣だったらキツイ^^;

    ジョニーはTV出演の時も、「決まった時間にしか食べ物は食べないようにしてるの」と言って飲み物しか頼みませんでしたね。

    太いとジャンプが回れないのであれば、伊藤みどりさんは?(笑)
    もちろんとても小柄な方だから太いうちに入らないのでしょうが、
    筋肉は相当に凄かったです。
    宇野くんが似ている感じ、パワー系。

    ガビーもムキムキで、幅のすごいジャンプ跳んでいますね。

    多回転しにくい人は、軸が細くなっていないと言うか、
    頭が反っていたりで回転軸が揺れていて一本になってない気がします。
    ボーヤンは例外(笑)

    その軸が細くならないのも上半身のガッチリ度具合に左右されてしまうのか?
    下半身はあんまり関係ない様な気がしますが^^;

    しかしロクに食事もとらないであのような激しい運動をするのは、
    身体に良いはずがありませんし、考えただけでも苦しそうでゾッとします^^;

  • >>5497

    全部目を通していないですが、そう言う内容なのですね。
    完全に病的な拒食症(食べたくても身体が受け付けない)に陥っていなくて本当に良かったです。

    さっとんもりっぽんくんも骨折でそれに気づいたのは良かった。
    もしかするとメドちゃんもそうだったのかも。
    実物はとても細かったです、妖精の様でしたし。

    今の様にジャンプ偏重で行くなら、体型と体質で上位選手になる可能性があるかが決まってしまいそうですが、
    平昌後にルール改正もあるそうなので、期待するしかないかな^^;

    ただスポーツや芸術において、体型や体質によりトップになれるかどうかが決まってしまう分野は確かにあり、
    それに外れた人は相当な苦労をするか、別分野を目指すか。。って事にもなっていますよね。

    バレーボールもバスケットボールも、数少ない例外を除き、身長がないことには話になりませんし、
    バレエなども最たるもので、筋肉質でほっそりした体型を保つことに加え、
    プリマになるには容姿(顔やスタイル、骨格)も問われますよね。

    それと似たようなものかもしれません。

    逆に民族的な特徴が有利に働く競技もありますよね、短距離走の黒人系とか。

    フィギュアは欧米で発達した競技なのに、欧米人体型が向かないとしたら、何とも皮肉な事ですね^^;

    体操やフィギュアはどうも身長が伸びなくなる競技でもあるようです、
    成長期に筋力を酷使するとそうなるのか?
    本当かどうかは分かりませんが。

    ちなみに娘も私より身長が低いです^^;
    さっとんに似た体形で、少し背が高いくらい。

    思いっきり食べているのに、体重は40キロ丁度を上下するくらい。
    私よりははるかに好きなものを思いっきり食べているから、本当に体質。
    まあ自然食を心掛けていたので、何かに偏ることもなく、自然とバランス良い食事は出来ているかも?
    フィギュア向き体質だけど、選手になる気は皆無w

  • >>5496

    アダムくんが骨折した時、それが転倒でとかの大きな衝撃によっておきたわけではなかったので、
    彼は、これまで自分に課してきた食事制限によって自分の身体にダメージが蓄積していたことに気付き、骨折からのいち早い回復の為にも、食事を見直す必要があると判断した。ダイエットの専門家に教わった方法を捨て、専門医と共に食事の改善に取り組んだ結果、驚異的なスピードで回復し
    今シーズンの開始に間に合っただけでなく、以前より疲労しなくなったとも。
    アダムリッポンは「わたしは以前より痩せていません」と誇らしそうに胸を開いてみせて
    それが今シーズンの成功の理由だと語った。

    って内容でした。
    これはアダムくんに関してだけの部分ですが、
    この記事には既に引退した選手、ボイタノやジェレミー・アボットやジョニー・ウィアー等も現役時代の過酷な摂食制限の実態等についても紹介し
    表に出ないだけで多くの選手が、不健康な食事制限を自分に課したり、コーチに課されたりしていて皆それに気づいているが、普通、現役時代は、自分のことも他の選手のことも、摂食障害に気付いていても語ることはしないとも

    また、ロシアでは、コーチが侮蔑的な言葉で選手の体型にダメ出しをして、痩せさせるということは当たり前に行われているそうです。
    その後、ラファはアメリカで受けたコーチングのセミナーで、それは虐待に当たるということを学び
    今では選手を傷つけない言い回しを覚えたそうだが、
    それでも体型の大きい選手をどうしたらより高く飛ばせることができるのか?の答えは未だ見つけてないのだそう

    なかなか読み応えのある記事でした。

    >羽生さんはこの点でもなんて恵まれているんだろう😅💦

    そうだね。何よりも遺伝子的に体型に恵まれている。
    ネイサンやボーヤンもそうだし、男子としては極端に背の低い昌磨君や織田君もそう。
    フィギュアシングルってスポーツの進化が、このままジャンプの高難度化の方向を目指すのだとしたら、元々の骨格が細くて欧米人のように大きな筋肉の付きにくい、アジア系の選手か
    または、まだ筋肉も骨格も軽い少年少女の方が体型的には有利なのは確かでしょう。

  • >>5495

    この記事全部読んだんだけど「拒食症」って言葉のイメージとはちょっと違うかな

    「拒食症」って訳されると、日本人の多くは「食べたくても身体がうけつけない」とか「食べ吐き」等、食欲をコントロールできないイメージがあって、
    鈴木明子さんは、当にその症状だったのだけれど
    そしてこのツィートのように、過程をすっとばしてざっくりした要約をすると、そんな状態を想像してしまうけれど、

    アダムくんのは、さっとんと同じで、自分に課していた食事制限によって疲労骨折に至った。
    それで食生活を見直し、「摂食障害」(食生活の偏りによって身体に障害が出た状態)を克服した
    ってことで、リプちゃんのも、ジェイソンの疲労骨折もそうなのかもね
    (グレイシーは鬱とかもあったようだからもう少し重いのかもだけど)

    そしてこの記事は、選手達がコーチの言葉によって「自分に過酷な食事制限をすること」を促されてしまう実態を指摘している。

    アダムくんは、十代の頃、当時のコーチに「下半身が太いので高難度のジャンプが飛べない」と言われた。母親は自分の息子が水溶性の野菜しか口にしてないのに気づいた。彼女もダンサーだった頃、トマトをレタスでくるんだだけのをサンドイッチと称して食べるような食生活で体型を維持していたことがあったので、その危険に気付けた。彼女自身は、カーペンターズのカレンが拒食症で亡くなったニュースにショックを受けて、そんな食生活を辞めたのだそう。彼女は息子にタンパク質を取ることがどんなに大事か説いてきかせた。賢明な母親の助言を受け入れた賢明なアダムくんは野菜だけでなくタンパク質を取り入れ、筋肉がついて逞しくなり、そこでラファの「横に大きくなった」の駄目出しくらっちゃったというわけだ。
    「薄いパン3枚とコーヒーのみ」だったのは、ラファに「横に大きくなった」と指摘され「テディーベア」呼ばわりされないですむ状態まで短期間で急激に身体を絞った時のエピソードです。
    ずっと薄いパンとコーヒーだけの食生活を続けては、あのような筋肉は維持できません。
    その後アダムくんなりに工夫して栄養のバランスをとりながらカロリーの低い食生活を工夫したり、シーズンのオンとオフの切り替えをしていたようなのだが、

    より高難度のジャンプを飛ぶためにより細くは、フィギュア選手の宿命となってしまってることにも
    記事は触れ問題提起をしている。

  • りっぽんくん拒食症にも苦しんでいたんだね😭
    克服は本当に立派😭
    骨折はやっぱりそれが原因だったのかも💦

    リプちゃんもそうだし、さっとんは余り食べないようにしていた程度とは言え、やはり食事バランス大事💦

    羽生さんはこの点でもなんて恵まれているんだろう😅💦

    井戸端音楽会 りっぽんくん拒食症にも苦しんでいたんだね😭 克服は本当に立派😭 骨折はやっぱりそれが原因だったのかも

  • >>5490

    そうそう、皆でせ~~~の!!の筈が、Pさんフライングww
    嬉しかったんだろうなあ^^

    やっぱりずっとプレッシャーがあってあまりキャラを表に出せなかったのかも。
    選手間では知られていたのでしょうけど。

    以前書きましたが、あのグリーンルームで、演技終えた羽生さんが、
    「~と~(ジャンプ)、出来たぜ~~~!!」みたいに息巻いて入ってきたとき、
    宇野くんに話しかけてたかもだけど、Pさん居る所でも緊張なくいつも通り喋っていて、
    それをPさん、「Good、Good!!」(そかそか、良かったね!!)ってにこにこ聞いてあげてたところで、
    若い男の子にたいして優しいお兄さん、
    アレ?Pさんて別に気難しいキャラじゃないね?!
    みたいに思いましたから^^

    今回自身でも大きな4T完璧に成功などなど、素晴らしいFSで、
    プラス仲間にも後押しされての金メダル、
    こんなに嬉しいのってなかったんじゃないかな^^

    リッポンくんも、
    「Adam Rippon - Olympic Medalist!!って、なああああ~~~んてカワイイ響きなの~~♪♪」(sounds cute)
    ってツイートしてましたねww

    リッポンくんにはcuteが最上級の褒め言葉なのねww
    まるっきり日本語でいう、「カワイイ~~」とドンピシャw

    良い意味でのオネエ系の言葉使いと雰囲気がありますね^^
    エッジケース係りの子の所は、
    「きゃあ!!大丈夫??、可哀想に、ありがとうね、チュッ!」
    って感じですね^^

  • <<
  • 5512 5493
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順