ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 131 109
  • >>
  • 131(最新)

    cooh 2017年3月26日 00:52

    キングオブロックと呼ばれたチャック・ベリーが亡くなりました。
    チャック・ベリーと映画と言うと、このシーン。
    本人は出てきませんが、主人公のマーティーが過去へ戻り、自分を助けてくれたバンドのギタリストの替わりにプロムで演奏するシーンです。
    マーティーにとってはオールディーズなのですが、当時はまだ発売さえされていない「Johnny Be Goode」を選びます♪
    初めて聴く音楽に驚く生徒たちですが、そのリズムの良さに次々と踊り始めます。そして手をケガしたギタリストがチャック・ベリーに電話をして「新しい曲を探していただろう、これだよ!」と電話越しに曲を聴かせる……そんなありえないけれども、本当に楽しいシーンです😃

    🔜🔜  https://youtu.be/S1i5coU-0_Q

  • [トップガン]は映画のタイトルです。
    アメリカ海軍が全面的に協力して作られたので、このテーマ曲の映像や作品中のミグとの戦闘シーンなど、当時敵対していたソ連がこのトップガンの映像を研究してトムキャットF14戦闘機を調べた、という逸話も残ってます。
    ということで、やはりケニー·ロギンスが歌うテーマも載せておきましょう♬♬◁◁https://youtu.be/58QOBqAWNzE

  • >>127

    トップガン?
    サンディエゴのあのスナックバーに行ったことがある。
    ダウンタウンのサンタフェ駅から赤いトローリーで行くこともできる。

  • 「トップガン」からもう1曲は、映画の中で印象的に流れていたギターソロのANTHEM🎵という曲です。
    映画の映像とともに作られてますので、見たら思い出しますよ(^.^)

    >> https://youtu.be/zCTJmXrgsFg

  • スレのテーマの年代、80年~90年代は映画のサントラ曲が大ヒットした時代でもあります。特に一作の映画で3曲も4曲もヒットが生まれ、MTVで流されて、それを見た人がまた映画館へ……という好循環で洋画全盛時代でした(昨年は映画全体に占める洋画の割合は、30%まで落ちています)
    なのでしばらく大ヒットした映画から、そのテーマ曲などを中心に載せていきたいと思ってます。

    まず1曲目はトム・クルーズ主演で世界的にヒットした「トップガン」から、ケニー・ロギンスの歌うテーマ曲ではなく、ベルリンのTake My Breath Away🎵を。
    トム・クルーズは50歳を超えた今でもスタントマンをほとんど使わずに、ビルから垂直にかけ降りるシーンや、ジェット機の外からドアにしがみついて空中に飛び上がるシーンに挑戦しているので、スーパーマンのようなイメージがあるのですが、デレクシアという文字を読む障碍を子どものころから持っています。そのため、脚本も読むのではなく人に読んでもらってそれを暗記するという、かなり時間と根気のいる作業を繰り返しています。
    あのすごい肉体と人気を維持するには、日頃のこんな努力があったわけですね。

    >> https://youtu.be/r5h5JrzJMtQ

    80年代・90年代の曲をもう1度 スレのテーマの年代、80年~90年代は映画のサントラ曲が大ヒットした時代でもあります。特に一作の映画

  • ムッシュかまやつこと、かまやつひろしが亡くなりました。
    小学校か中学校の学生のときか、初めてテレビで見たときからひょうひょうとした雰囲気で、なんとも言えない味のある人でした。
    亡くなった人の曲を聴くのが供養になる、と言うので今日はこの吉田拓郎が作り、ムッシュかまやつが歌って大ヒットした曲を聴きたいと思います。

    この曲の歌詞は大人になると、いろいろと考えさせられます。特に「家庭教師のガラじゃない。こども相手に人の道、人生などを説く男。」という詞が好きです🎵
    拓郎との2006年のつま恋ライブから
    我が良き友よ🎵です。
    >> https://youtu.be/2va2GuF3Uig

  • もう1曲、デュランデュランを。
    これはドラマ仕立てで楽しいPVです。
    当時、有線やラジオ、夜中のMTVでこれでもか!というほど流れてました。
    テンポがすごくいい曲ですね✨
    👀Hungry Like The Wolf
    >> https://youtu.be/oOg5VxrRTi0

  • 今日載せるのは、78年にバンドを結成、その後80年代から90年代にかけて、アメリカだけでなく日本でも熱狂的な人気を誇ったデュランデュランです✨
    80年代はじめまで、音楽雑誌でのバンドの人気投票は“1位クィーン”これがあたりまえでした。そのクィーンをはじめて抜いて、長きにわたって1位だったのが、このデュランデュランです。
    その外見からアイドル的なバンドだと思われがちですが(日本でも最初はそういうイメージでした)曲を聴いてもらえればわかるとおり、新しいものをどんどん採り入れて独創的な音楽です。
    特にこのリフレックス🎵は、PVがとても凝っていてスクリーンから水が溢れるシーンは当時、どうやって撮ったの❓❔と話題になりました。
    なによりも今でも活動を続けていて、先日の「ベストヒットUSA」に出演してたのは、うれしい😃🎶ことです。

    >> https://youtu.be/oDnNF5cHCdo

    80年代・90年代の曲をもう1度 今日載せるのは、78年にバンドを結成、その後80年代から90年代にかけて、アメリカだけでなく日本でも

  • >>122

    >この展開と同じように終われて教会に逃げ込み、
    この展開と同じように「追われて」の間違いです💦

    80年代・90年代の曲をもう1度 >この展開と同じように終われて教会に逃げ込み、 この展開と同じように「追われて」の間違いです💦

  • そろそろ暖かくなって春になってほしいのですが、なかなかですね。
    しばらくこちらを休んでましたけど、春に向けて再開します🎵

    先日、アレサ・フランクリンが次のアルバムを出してからの引退を発表しました。年齢的にドクターストップが前からかかっていたことは報道されてたのでしかたがないのですが、これほど音程を自由自在に操り、どんな曲でも歌える人はなかなかいないので惜しいです。

    1曲、ローリングストーンズのジャンピンジャック・フラッシュをカバーした映像があるのですが、ギターがストーンズのキース・リチャーズとロン・ウッドです🎸
    特にキース・リチャーズはプロデューサー役も兼ねているらしく、楽しんで撮影してるのが伝わってきますね。
    もう一人、この映像を盛り上げているのが女優のウーピー・ゴールドバーグ。「天使にラブソングを」という映画で、この展開と同じように終われて教会に逃げ込み、シスターに扮するというシーンがあるので、それのバックコーラス版ですね。

    アレサ・フランクリンのパワフルな歌声、キース・リチャーズとロン・ウッドのギター、そしてウーピー・ゴールドバーグの楽しい演技が見れるという、価値のあるビデオです🎵
    >> https://youtu.be/dQkrLpwj1vk

  • 明けましておめでとうございます🌅
    今年も80~90年代の曲を中心に載せていきますので、よろしくお願いします🌸

    年末の紅白でTOKIOが宙船🎵を歌ってるのを見て、聴きたくなったのが中島みゆきです。
    彼女の宙船🎵は、投げ出すように歌うので迫力がすごいのですが、自分の映画スレッドに載せたので、こちらへは「同情するなら金をくれ❕❗」という安達祐実のセリフで大ヒットした「家なき子」の主題歌、空と君の間に🎵です。
    この曲は、このドラマの主題歌としても知られていますが、日本の歴史上カルト教団が起こした最大の事件である一連のオウム真理教事件でも有名になってしまいました。
    地下鉄サリン事件を起こす前、家族を奪われた人たちが集団訴訟を起こしたのですが、その時のテーマ曲としてこの🎵空と君の間に🎵を使ったからです。この曲の詞の力強さが勇気づけたのでしょう。しかし、ラジオ曲にはこの曲を流すなというクレームが連日あり、中島みゆきの所属事務所にも嫌がらせがあったようですね。
    あらためて聴いてみるとこの曲なは、そんな弾圧にはびくともしない力強さがあるのがわかります。
    絢香をはじめ多くの人がカバーしていることでも知られてます。

    >> https://youtu.be/tTnU8FNBWmo

    80年代・90年代の曲をもう1度 明けましておめでとうございます🌅 今年も80~90年代の曲を中心に載せていきますので、よろしくお願い

  • しばらく映画スレッドのイベントに時間を割いてたので、こちらはご無沙汰してました。
    一段落したので、また曲を載せていきたいと思います。

    今日はレコード大賞発表の日。今年は文春砲が“エグザイルの事務所がレコード大賞の運営局に三代目J Soul Brothersに大賞をとらせるため、一億円を払った”という報道を請求書の写真と共に報道したため、ほとんどの人は落胆または、やっぱりか⤵という感じで見たかもわかりません。
    それが原因なのかわかりませんが、大賞はとてもさわやかで、頑張ってる印象の西野カナが授賞しました💮🌸🌸
    今はグループが多い中、小さい体で頑張ってる彼女に好感を持ってる人は多いでしょう。
    今日は年代を2016年にして、この西野カナのこの曲を載せたいと思います。
    >> https://youtu.be/2At44XJndlA

  • >>115

    broさん、こんばんはー。
    このNHK*ホールのコンサートは、テレビのSong'sでも一部を放送してましたけど、陽水がパワフルですよね。

    ところで、僕の映画スレッドで「好きな特撮キャラの人気投票」をやってます。
    もし興味があったら、cooをクリック(タップ)して映画スレにお越しください(^.^)
    お待ちしています🎵

  • こんばんわ。
    ASKAのことは今でも毎日テレビで報道されますけど、曲はほんとうに良い曲が多かっただけに残念です。
    実刑になるので恐らく、もうテレビの歌番組への復帰は無理だろうと言われてました。
    チャゲ・アスは2度コンサートに行って、思い出のあるグループだけになんとも言えません。

    井上揚水の曲を載せてられましたけど、デビューしたときはホントに他の人とぜんぜん違う雰囲気で、見た目もサングラスにボサボサ頭で長身。そしてあの声。一度見て曲を聞いただけで忘れられなかったのを覚えています。
    曲は「都会では自殺する若者が増えている」なんていう歌詞だったので(笑)
    揚水の初期の曲で、氷の世界です。
    ・・・https://www.youtube.com/watch?v=lDrtcWkQsMU

  • >>113

    研ナオコ、char、上田正樹、桑名正博、ジョー山中、内藤やす子らが捕まりましたね、あ、「ロックンロール!!」の内田裕也も(笑)
    >
    この挙がった名前の歌手らは、そのあともそれなりに売れてるから、元々実力はあったんですよね。当時はまだまだ価値が高かったレコード大賞の新人賞をとった清水健太郎なんか、4回も5回も捕まってて、次があってもニュースにならんでしょう。


    リバーサイドホテルは、陽水らしい独特の雰囲気と、面白い歌詞が好きです。特にバスが一日中走ってタイヤをすり減らして、もう走れないなんて、ありえない😅
    でも陽水が歌うとそんな、ありえないおかしい光景がオシャレに思えてくるから不思議ですよ。

    陽水といっしょにフォーライフレコードを創った吉田拓郎の落陽🎵です。
    つま恋のライブなんですが、ファンの間では「最高のライブのひとつ」という評価のようですね。
    たしかに声に力があり、こんなライブを見たら引き込まれるでしょう🎸
    >> https://youtu.be/MJt5RVMVilQ

    80年代・90年代の曲をもう1度 研ナオコ、char、上田正樹、桑名正博、ジョー山中、内藤やす子らが捕まりましたね、あ、「ロックンロー

  • >>112

    僕が「タイマ」というのを初めて知ったのは井上陽水がそれで御用になってです。
    「カクセーザイ」というのも丁度そのころ岩城洸一が捕まってほぼ同時ぐらいに知りました。
    いずれも子供の頃です。

    それからというものたて続けに研ナオコ、char、上田正樹、桑名正博、ジョー山中、内藤やす子らが捕まりましたね、あ、「ロックンロール!!」の内田裕也も(笑)

    実は陽水や桑名や上田らはそれで知りました。
    ただ、その頃は芸能界復帰ってわりと早かった覚えがあります、何事もなかったように。

    今はなかなか復帰出来ない雰囲気になってますね、それだけ罪の重さが認識されるようになっているんでしょう。

    その「マヤク」からもう完全に足を洗ってる井上陽水の80年代のヒット曲です。
    「リバーサイドホテル」

    > https://www.youtube.com/watch?v=1KxT05_vkZY

  • >>111


    > ミスチルの桜井とのライブです(’-’*)♪
    > はじまりはいつも雨🎵
    > >> https://youtu.be/DVye5MEZiW0

    このライブ、ご覧になったかたは気づいたと思いますが、最初に桜井が歌って、そのあとにASKAが歌い始めたときに桜井が「わぁー、うまいなぁ。」という感じで、勝てないというような表情をするんですよ。
    これだけの歌唱力だけでなく、いい曲を作る力がありながら💊に頼っていたというのは、もう言葉がないです😢

  • ASKA、もうここまで悪いとは……
    残念ながら実刑が確定ですねぇ😥
    本人が自分で選んだ結果だから、この結末はどうしようもないです。
    でも、いい曲がたくさんあるんですよ。曲には罪はないのでASKAのシングルを載せておきます。
    ミスチルの桜井とのライブです(’-’*)♪
    はじまりはいつも雨🎵
    >> https://youtu.be/DVye5MEZiW0

  • ホイットニーのところでカバー曲のことをコメントしましたけど、この曲もいろいろな人がカバーをしています。
    僕が初めて聴いたのは中学生のころ、それからあとも違う人の声で何曲も聴いてます。
    今日は聴き比べてもらおうと、元曲のニルソンが歌う“without you🎵”と、レコードの枚数では、それを超えてしまったマライア・キャリーの同じ曲を載せてみます。
    今週末はもう12月、彼女が歌うクリスマスソングが世界中で流れるのでしょう⛄🎄✨

    ハリー・ニルソン🎵
    >> https://youtu.be/2D15ptOr3sk
    マライア・キャリー🎼
    >> https://youtu.be/Hat1Hc9SNwE
    結局、どちらもいいアレンジなんですけどね(^.^)

    80年代・90年代の曲をもう1度 ホイットニーのところでカバー曲のことをコメントしましたけど、この曲もいろいろな人がカバーをしています

  • >>108

    亀🐢レスですいません💦
    僕の結婚式の仲人をしてくれたかたが、レコード会社の人でいろいろな伝説的な歌手の話を聞いたことがあります。
    美空ひばりは、伝説どおり気難しい人で歌の天才。食事はいつも炊きたてのご飯がないと機嫌が悪くなるから、滞在先には炊飯ジャーを用意させていつでも炊きたてのご飯を作れるように準備していたそうです。
    それである日のレコーディングのこと。ビルの中のスタジオで音あわせをしていると美空ひばりが風の音がすると言うんです。でも、誰の耳にもそんな音は聞こえない。本人は、その音が気になってしかたないといので、みんなで他の階を見回ったら、3階上の非常階段の扉が開いていたそうで、そこにいた人らは美空ひばりの並みの人たちには聞こえない聴力の高さに驚いたそうです。

    で、ボブ・ディランなんですが、この人はもう支離滅裂で思うこと・言うことがコロコロ変わる……だから、大変だったそうですよ。外国の大物タレントは、だいたいそんな人が多いらしいのですが、ボブ・ディランはとにかく神経が繊細で、悪気なく思ったことを注文するほうだから、いろいろと走り回ったようです。
    あの高い声で言うことがコロコロ変わる……相手をするほうは、なかなか大変だったと思います
    (*´ω`*)

  • <<
  • 131 109
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順