ここから本文です

2時間ドラマ(新)

  • 1,737
  • 1
  • 2018/04/21 07:41
  • rss
  • 1

    *****

    特に説明はいたしません。仕事で忙しかった後、3連休でスキーに行って
    いた間に落ちていたので復旧しただけですので(笑)。

    皆さんよろしくお願いいたします。

  • <<
  • 1737 1712
  • >>
  • 1737(最新)

    onn***** 4月21日 07:41

    2018/4/xx/探偵物語-斉藤工さん・二階堂ふみさん

    大昔、松田優作さん・薬師丸ひろ子さんがやった、
    探偵物語。
    全然記憶にないけど、ま、薬師丸さんが松田さんに恋をして、
    に決まってますね。
    アイドル映画ですね。

    で、テレビ版リメイクですか。
    アイドルテレビですね。
    録画したけど、見なくてもいいな、と思って、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    見たら、意外な掘り出し物。

    事件は結構、本格的で、
    密室殺人。
    二階堂さんがあっさり見破った、
    と思ったら、最後のピースが。

    あれだけ協力的だった吹越さんが
    意外や意外。
    僕蔵さんは濡れ衣でした。

    しかし、長谷川京子さん、
    警察で拳銃、盗めるんだ。
    って、ここ、どこの警察?
    警視庁じゃないですよね。

    事件は本格的な一方、
    二階堂さん・斎藤さんのラブラブは、
    なかなか可愛いけど、
    しかし、年の差がなあ。

    最後、かけっこ、
    おいおい、空港で走っちゃいけないよ、
    危ないよ。

    おしまい

  • 2018/4/xx-沢村一樹さん、警視庁IR

    IRって何でしょう?
    Investor Relations?
    Integrated 何とか?
    Information何とか?
    よく分かりません。

    パソコンをぴこぴこやっているのは1人だけ。
    みんな(伊藤歩さんとか、尾美さんとか)、
    足で稼いでいます。

    事件の方は、
    5年前に死んだはずの、一朗太の奥さんが、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    生きているはず、ないですね。
    身代わりです。
    でも、殺人ではなくて、事故でした。
    眼鏡で似せていました。

    死んだ女性と一朗太は
    面識はないに等しいです。

    生き残った女性と一朗太のご対面が、
    結局、なかったですよね。残念。

    ベトナムでの5年前の事件と
    今とを、沢村さんのチームがつなぎ合わせました。

    おとりになります!
    見たいな時、
    みんなが敬礼して、大笑い。

    全体的に、なかなか、いいドラマでした。

    ますたけしさんがエリートなのは分かるけど、
    河西さんがエリートで大笑いでした。
    やっぱ、だじゃれ刑事が似合います。

    おしまい

  • 2018/4/9/月-内藤さんの十津川

    にせ十津川の正体は、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    津田さんで、
    被害者女性のお兄さんだったわけで、
    必死の思いで犯人探し。
    鬼気迫るものがありました、
    と思ったら、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    お兄さんというのは嘘で、
    お兄さんは死んでいて、
    津田さんは彼氏でした。
    愛する彼女を殺されて、
    必死の思いで犯人探し。
    鬼気迫るものがありました。
    と思ったら、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    津田さんが犯人の自作自演。
    愛する彼女の浮気性が許せなくて、
    殺しちゃって、
    十津川警部に挑戦状、
    と思ったら、
    おいおい、勘違い殺人。
    彼女は津田さんの子を
    妊娠していました。
    とてつもない展開でした。

    おしまい

  • 2018/4/9/月-十津川

    にせ十津川の正体は?

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    津田かんじさんでした。
    2日間で1時間33分見ましたが、
    3時間ものだから、まだ半分ちょい。
    やっぱ、2時間でお願いします。

    続く

  • 2018/4/9/月-十津川警部

    ま~た3時間です。
    ちと、長いので、
    2時間でお願いします。

    まだ、最初の方しか見ていないのですが、

    ま~た、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ま~た、にせの十津川警部です。
    前はそっくりさんの中国人でしたが、
    今回は?

    続く

  • 2018/3/xx--竹の内さん、上戸あやさん

    テレビ東京系の、おふざけなし、
    ガチガチ真面目の2時間ドラマ。

    竹の内さんと上戸あやさんが新聞記者です。
    7年前、誤報の原因と作ったとして、
    すっ飛ばされたけど、
    7年後、挽回のチャンス。

    あ、7年前、竹の内さんは奥さんを亡くしています。
    娘ちゃんは、おばあちゃんが育てています。

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    本社にいる木下ほうかさんは、
    良い者か、悪者か、よく分かりませんでしたが、
    どうやら、悪者だったようで、
    もっと協力的であって欲しかったです。

    竹の内さんが熱くて、
    上戸さんも完全に影響されちゃって、
    で、第3の新人君も熱くなっちゃって、
    トリオでいい感じでした。

    目撃証言をした長身の人が、
    竹ノ内さんの娘ちゃんを見ていて、
    こいつが真犯人か!?と思ったら、
    そんなことはなくて、
    とってもいい人でした。

    しかし、サッカーには行かなくちゃいかんだろ。
    と思ったら、最後は、娘ちゃんはサッカー選手でした。

    最後の直前で、上戸さんが警視庁担当になって、
    それを言いに、山梨へ行って、
    お!ラブラブか!?と思ったら、
    それはありませんでした。

    松重さんが珍しく白髪で、エリートでした。
    たまにはいいと思います。

    途中で、上戸さんが7年前の女の子を訪ねて、
    女の子の方から振り返って、
    「新聞記者さんですよね。」ってのが、
    すっごく良かったです。

    おしまい

  • 2018/3/29/木-中村俊介さんの浅見光彦

    中村さんが演じるのは今回が最後だそうです。
    いきなり、浅見が殺人。
    そっくりさんに決まってますね。

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    そっくりさんに決まっているけど、
    あんまり、それを意識させなかったので、
    入れ替わりとか、そういうのに気がつきませんでしたが、
    スピードとチューしたのは偽者だったようです。
    でも、偽者は本気でスピードに惚れたようです。
    しかし、殺されちゃうのは可哀想過ぎる。

    やられた時、
    「おいおい、刺されないで、
     ナイフをやっつければいいだろ!
     今まで、どんだけ、修羅場をくぐり抜けてきたんだよ!?」
    と思っちゃいましたが、

    死んだことは間違いないようなので、
    「ああ、本当に最終回か!?」と思ったら、
    あっさり、本物は生きていました。

    しかし、まあ、警察も彼の策に協力するとはびっくり。
    田中健さんは脇が甘過ぎ。
    佐久間部長!

    野際陽子さん、合掌。

    おしまい

  • 2018/4/1/日曜-京都南署、鑑識、美里ちゃん

    田中美里ちゃんが鑑識です。
    ねんじさんと朝晴君と美里ちゃんの
    3人だけのように見えますが、
    間違いなく、3人以外にもいます。
    でも、台詞はなく、
    後姿だけです。

    事件は音楽大学系。

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    小倉さんが名無しの権兵衛で
    刑事課に電話して、
    その電話を美里ちゃんが取って、

    で、なぜ、小倉さんにたどり着けたのか?
    それが謎。

    音楽大学を舞台に
    幼馴染に脅迫されて、
    という、
    ちょっと、悲しいお話。

    岡田さんが教授でしたが、殺されちゃいました。
    桜井さんが学長でしたが、横領してました。

    刑事課長の黒田さんがいつも、いい味、出してます。
    主任刑事の東さんもいい味出してます。
    その相棒の伊東さんもいい味出してます。
    科捜研の小林さんもいい味出してます。
    ん?
    南署の科捜研なのか?
    府警本部の科捜研なのか?
    マリ子君は?

    岡田さんを殺した真犯人登場には
    びっくりしました。

    おしまい

  • 2018/3/xx-黒木瞳さん・沢村一樹さん

    黒木瞳さんが数年ぶりに復帰の大女優役、
    沢村さんが腕利き刑事でガチンコ対決。
    怪しい人がいっぱい。
    怪しくないのは、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    怪しくないのは、
    沢村さんの助手的な荒川よしよしさん。
    ゆるい感じの刑事さんで
    あまちゃん以来、好きです。

    事件の方は
    連続殺人事件ですが、
    背景には、黒木さんの養子3人の復讐?
    いやいや、黒木さん自身の復讐?
    みたいな、みたいな。

    いやあ、やっぱ、養子を手放しちゃ、
    いかんでしょう。

    おしまい

  • 2018/3/24/土-アガサ・クリスティ、あまみゆうきさん

    土日、2夜連続で、アガサ・クリスティ原作物。
    土曜は、あまみゆうきさんが主演です。
    日曜は、沢村一輝さん(一樹さん?)主演です。

    で、土曜ですが、
    あっちゃんが出てました。
    オリラジではなく、
    AKBです。
    スーパー家政婦だそうです。
    元は文部官僚って言ってたかな?

    草笛さん、橋爪功さん、西田敏行さん、原さちえさん、石黒賢さん、
    などなど。

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    西田敏行さんが、嫌~な老人役で、
    全然、似合わない。

    石黒さんがヘビースモーキング医者で、
    全然、似合わない。

    原さんが、石黒さんに惚れていて、
    ちょっと、ふにゃふにゃしていて、
    全然、似合わない。

    う~ん、なんだか、違うなあ、
    って感じでした。

    あまみさんはかっこいいけど、
    今は探偵?
    警察OBだけど、
    なんか、しっくり来ない感じ。
    ちょっと残念な2時間ドラマでした。

    おしまい

  • 2018/3/22/木-科捜研、沢口VS正臣VS西岡

    科捜研のシーズン最終回は2時間でした。
    沢口さんを指名してきた近藤正臣さん、
    死んだと思われていたけど、
    生きていて、西岡さんのテロ仲間かと思ったら、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    西岡さんの、副大統領暗殺の、
    指南役かと思ったら、
    阻止役でした。
    なぜ?

    副大統領夫人が元妻?
    かと思ったら、
    別に離婚しているわけではなかった、
    とか。
    今、ウィキで調べたら、
    ネタバレになっています。
    いかんなあ。

    さて、2時間、
    なかなか面白かったです。
    でも、我らが西岡徳馬さんの出番が
    ちと、少なかったです。

    沢口さんは本当に綺麗です。

    おしまい

  • 2018/3/xx/水曜-不倫調査3

    池上さんの姪っ子が藤谷美紀さん。
    和美、じゃないのね。
    大昔、いや、数年前の上司が、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    大和田ばくさんで
    不倫関係だったってんで、大笑い。
    岡江さん、黙ってていいのか?
    と思ったら、

    奥さんは大場久美子さんでした。
    ちょっとしか出なかったけど、
    存在感、なかなかでした。
    お葬式で怒っていました。

    爽やかな太川陽介さんが、なかなか、デス、でした。

    おしまい

  • 2018/3/xx/火曜-不倫調査2

    池上さんの不倫調査を連続放送していて、
    パート2の録画を昨日見ました。
    随分前に正放送したもので、
    神田さんと池上さんは、今も若いけど、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    平泉さんは今とは随分違って、
    昔は若いけど、
    今はだいぶ、キャー。

    羽場さん、秋本さん、いしのさん、など、
    2時間ドラマ業界の皆さんがレギュラー出演。

    秋本さんが平泉さん前で、
    マッ●になるなんて、
    素晴らしい!

    羽場さんは、いい者も悪者も、
    また、今回のような、しょうもない者も
    素晴らしくうまいです。

    おしまい

  • 2018/3/金土日-相棒、じゅんちゃん、草刈・笹野

    金土日の3日間×1つずつ=2時間物を3つ、見ました。
    金:相棒の最終回、2時間スペシャル
    土:高田じゅんちゃんの横道刑事
    日:草刈・笹野と少年探偵団

    相棒は殺人事件ではなくて、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    エスカレーターから突き落とし?
    容疑者は警視庁の6人。
    落とした相手が悪かった、
    被害者女性の実家は、やくざ。
    お母さんが恐かったです。
    嫌な奴をやっつける時、いじめる時は、
    そいつの実家が何か、確認するべきですね。

    高田じゅんちゃんは、
    おふざけを基本的には封印して、
    いぶまさとう課長の指揮の下、
    林君と女の子と連係プレーで良かったです。

    高橋英樹さんとのコンビでは、
    芝居勘が悪い!みたいな感じで、
    高橋さんに怒られている、って、
    どっかに書いてありましたが、

    今回の単独主演物では、
    なかなかよかったです。

    大好きなふけさんが
    早々にやられちゃって、残念だったし、

    大好きな林君の刑事ぶりも
    なかなかだけど、
    でも、カバン持ち歩いている刑事ってのは、
    ちょっと変。
    刑事は手ぶらでしょう。

    草刈・笹野と少年探偵団は、
    別世界(100資格女)では、
    上司と部下が
    笹野さんと草刈さんですが、

    こっちの世界では、
    草刈さんが伝説の刑事、
    笹野さんが伝説の泥棒、
    少年探偵団を導いていました。

    継父である湯江さんが
    なかなかいい味、出していました。

    少年探偵団なんて、
    リアリティゼロだし、
    あの!黒谷さんが、
    こんな役ってのも、変ですが、

    女の子の「目を覚ませ!」とか、
    その子の空手とかは、なかなかでした。

    おしまい

  • 2018/3/12/月曜名作-小泉孝太郎さん、ミステリー作家

    大好きな孝太郎さんの、ミステリー作家シリーズ第2弾です。
    ま、1は見ていないのですが、

    孝太郎さんは大好きですが、
    本作は、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    本作は、正直言って、
    全く面白くありませんでした。
    なぜ、面白くなかったのか?
    恐竜並みに小さな脳みそで考えたのですが、

    孝太郎さんはとってもいい人です。
    その、いい人さが強調されるためには、
    周りの、それほど良くない人の、孝太郎さんとのコントラスト、
    あるいは、その、良くない人が、孝太郎さんに感化されて、
    良くなっていく、みたいな、そういうのが必要だと思うのです。

    でも、今回、孝太郎さんの周りの人、
    家政婦さん、編集者さんが最初っから孝太郎さん大好きで、
    おまけに、刑事さんまでが最初っから孝太郎さん大好きで、
    捜査状況をペラペラ喋っちゃって。
    島の駐在さんも最初っから孝太郎さんに協力的で、
    昔の捜査資料を見せてくれちゃうし。

    孝太郎さんと敵対する悪人はどうでもいいんです。
    孝太郎さんの周りの、悪人ではないけど、
    それほど良くもない人が、孝太郎さんに感化されるのがいいんです。
    なんてことを思った今回でした。

    小柳るみこさんが不気味でした。
    雛形あきこさんはきれいでした。
    でも、死んじゃうのは良くない。
    まあ、3人殺しているから死刑は免れないだろうけど、

    一応、逮捕されて、「刑務所から見守っているわ」、
    くらいで終わりにして欲しかったです。
    死んじゃあ、かわいそう過ぎる。

    おしまい

  • 2018/3/5/月-窓際太郎

    例によって、太郎が研修と称して、
    特命を帯びて、潜入捜査です。
    しかし、今回、椿さんがアッサリ、
    「影の調査官です、潜入です。」みたいなことを
    所轄税務署の女性統括官に言っちゃいました。

    今回、出色なのは、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    小松の大親分が
    お笑いなし、
    大物政治家をシリアスに演じていました。
    なかなかでした。
    白髪も立派でした。

    あと、新沼けんじさんが
    太郎にわんこそばを202杯、食べさせました。

    あと、床嶋さんは綺麗です。

    ご当地アイドルは、ちと、無理がありました。

    今回が33作目だから、
    34、35、36と続けて、
    2時間ドラマの記録を更新することでしょう。

    おしまい

  • 2018/3/5/月-池上さんの不倫調査

    先週、今週、BSで、
    池上さんの不倫調査の連続再放送です。
    先週月曜日が第1作です。
    山村紅葉さんがいません。
    第2作をチラッと見たら、
    第2作から紅葉さん登場です。

    で、第1作ですが、
    池上さんの幼馴染の手塚さんが京都に戻ってきて、
    未亡人で、
    喘息息子さん(小5?)がいて、
    その息子さんが下校途中で喘息の発作で、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    発作直後にお葬式のシーンで、
    お父さんのお葬式の回想か?と思ったら、
    息子さんのお葬式で驚愕しました。
    かわいそう過ぎる。
    復讐して良し!

    おしまい

  • 2018/3/4/日曜ワイド-戸田恵子管理官

    アンパンマン的明るいキャラクターの戸田さんが
    管理官に抜擢されて、

    でも、部下3人だけとの連係プレー。
    所轄署を管理監督することはありませんでした。

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    自殺したと思われた社員の、
    不倫愛人と思われた女性が、
    ちと、怪しい、と思ったら、
    案の定でした。

    黒幕は神尾さん。
    蛍さんが忠実な部下でしたが、
    正義の心を持っていて、

    あと、もう1人、
    若者が、こっちは自殺未遂で、
    正義の心を持っていて、

    2人ともアッサリ自白していて、
    神尾さん、アウト。

    しかし、寝言で「お母ちゃま」とか何とかは
    どうでもいいです。

    モト冬樹さんが
    いつもは癖のある刑事ですが、
    今回は、穏やかな刑事で、よかったです。

    おしまい

  • 2018/3/4/日曜ワイド-戸田恵子管理官

    まだ半分しか見ていないけど、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    主婦戸田恵子さんが
    異例の抜擢で管理官へ。
    コメディタッチで
    リアリティないけど、
    なかなかの感じです。

    後半が楽しみ。

    続く

  • 2018/2/26/月曜-浅見光彦

    平岡ゆうた君の、浅見の第2弾です。
    妹さんは、12年前に焼死しているんだ、
    と思ったら、

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    ネタバレ回避

    焼死の前に殺人でした。
    まあ、真犯人は事故!
    と言っていましたが、
    真犯人は、なんと、県警のエリート警部。
    管理官、じゃないみたい?
    とにかく、交番巡査から初めて、
    警部になって、
    年上刑事をあごで使っているエリート、
    子供ちゃんもいるみたいですが、

    しかし、まあ、現職警察官が、
    大昔に殺人!?
    その時点で警察官になること、
    諦めろよ!

    と思ったら、
    現職警部のまま、殺人!
    あのなあ。
    なんとも、後味の悪い話です。

    B作さんは、いいです。
    B作っていう、おふざけな名前だから、
    元はお笑いなんでしょうけど、
    ここ数年、いい味の役者さんです。
    でも、敏腕刑事ということではなく、
    あんまり、周りからリスペクトされていないのが、
    残念です。

    この人の娘さんが出戻りで、
    とっても素敵な人で、
    浅見の嫁に!とB作さんが言っているのに、
    娘ちゃんが辞退しちゃって、残念。
    後見人みたいのが丘さんでしたが、
    ちょい役でした。

    署長の大和田さんもチョイ役でした。
    しかし、署長だから結構偉いんじゃないの?
    警部(殺人犯)にペコペコするか?
    ここ、ちょっと、設定が弱いかも。

    おしまい

  • <<
  • 1737 1712
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託