ここから本文です

ドラマの鬼

  • 11,203
  • 4
  • 2018/01/17 08:35
  • rss
  • 1

    *****

    あなたはテレビドラマが好きですか。

  • <<
  • 11203 11184
  • >>
  • 11203(最新)

    tsu***** 1月17日 08:35

    【熟睡】
    今朝がたは久しぶりに暖かく、熟睡できた。
    熟睡すると気持ちがよい。
    寝床から起きるのもいつもより簡単。
    5時半にすっきりしてすぐ起きれた。
    おかげで今朝の家事もとんとん拍子。
    早く終えることができた。

    一年中このくらいの気温だったらいいのに…。

  • 【コメディー】
    先日放送された「もみ消して冬」と今晩放送された「海月姫」。
    冬クールのドラマの中で期待。
    コメディって明るい気分にさせてくれるし、気分転換できて
    心のオアシス。
    単調な日常生活を忘れさせてくれる。
    笑いって健康にもいいんだって。

  • >>11200

    【裸族】
    芸能人とくにアイドル系に家では裸とか
    よく聞くけど、それって電気暖房一日中
    それも広い家の中でしているっていう
    金持ちアピールなんだね。

    芸能人はいそがしくてめったに家に帰ってこない
    だろうけど、寝ている間だけ電気暖房していても
    月3万はでていくだろう。

  • 【寒い】
    朝4時頃寒さで目覚める今日この頃。
    睡眠負債がたまってきて、
    これは身体に悪いなと、
    フリース一枚多く着て寝ることにした。

    布団二枚に毛布一枚。
    〇二クロのヒートテックの上下。
    さらに〇二クロのフリースとワークパンツ。
    さらにさらに〇ニクロの綿入りベスト。
    ほとんどそのまま外出できる。
    火事とかあったとき逃げやすいだろう。
    それでもまだ朝方は少し寒くて熟睡できない。

    お金持ちは電気代気にせずに夜中暖房いれるんだろうな。
    でも母の部屋だけは朝4時から6時までタイマーで暖房が入るように
    設定している。

  • 【99.9 season II #1】
    キムタクがやってた「ヒーロー」の松潤弁護士バージョン?
    こまかな現場調査で真実を求める点とか芯になってる部分が似てる。

    前回のヒロインは榮倉奈々だったけど
    結婚して仕事控えてるのか留学した設定になっていて
    今回のヒロインは木村文乃。

    事件を再現して検証していくくだりは前回と同じ。
    新たな真実がどんどん明らかになっていき
    最後に必ず逆転勝訴ですっきりカタルシス。

  • >>11197

    【ドラマ】
    「相棒」もそのあとの新ドラマも
    母の叱責が心に残って全然頭に入ってこなかった。

  • 【母怒る】
    母は久しぶりに今晩シャワーを浴びた。
    そのあと自分は風呂場を掃除して
    母の部屋をのぞいたら、
    母がうつぶせに倒れていて
    パニック発作に伴う過呼吸で身体が全く動かない状態。

    母は何度も助けてと叫んだらしい。
    電話の内線機能で呼び出したらしい。

    でも風呂場には何も聞こえなかった。

    「この馬鹿野郎。役立たず。耳が悪いのじゃないの?」
    とさんざん叱られた。

    もうそろそろ要介護認定してもらって
    シャワー浴びるのに手助けが必要なのだろうと思った。
    今度市役所に連絡して手続きとか訊いてみようと思った。

  • 【昔話】
    母は口を開けば昔の話を何度も何度も繰り返す。
    それもいい思い出話でなく悪い思い出ばかり。

    先日もテレビでバスガイドが出ていたので
    昔はバズガイドって女性の花型職業だったんだってね
    と母に話をふった。

    そしたら母は自分がまだ小さな子供の頃
    両手に子供三人かかえて、
    さらに父の両親の介護をしてアップアップの頃、
    小学校時代一番劣等生だった同級生が
    バスガイドとしてテキパキ働いているのを
    街で見かけてひどく落ち込んだとぐちりだした。

    母は戦後間もなくの小学校時代
    いつも成績トップの級長だったそう。
    だからクラスで一人だけお嬢様たちが通う
    カトリック系の学校(県内でもお金持ちの
    お嬢様だけが通うエスカレーター式学校)に
    お受験してはいれたそう。

    でもそれが間違いだったとそのバスガイドの同級生を
    見て気づかされたんだって。
    そんなキリスト教系のお嬢様学校へ中学から大学まで
    通っていたため、男性のことも世間のことも知らずに
    のほほんと生きてきて、
    結婚してはじめて現実というものを思い知らされたそう。

    父と結婚して初めてこんな平気で嘘つける人や
    お金に汚い人がいることを知ったそう。

    なんか毎日母のぐちを聞いているとなんか自分も
    落ち込んでくる…。

  • 【猫の日めくりカレンダー】
    今年も昨年同様猫の日めくりカレンダーをネットで買って
    母の寝床の横に置いた。
    母が今日がいつかわかるように。

    今晩恒例のマッサージをしていると
    母はじっと目詰めるカレンダーのネコ写真
    をみつめていた。
    その猫は高い岩の上にすくっと座って
    自分の縄張り全体を三感(視覚、聴覚、臭覚)を
    使って監視しているよう。

    母にマッサージをしながらそのことを言った。
    そして多分この猫は何も恐れるものがないから
    こんな目立つ高いところにいるんだろうねと続けた。

    鳥だってカラスやトビ、百舌鳥など肉食の強い鳥が
    電信柱の一番高いところにとまっている。

    弱いすずめやメジロ、シジュウカラは梅の木の中を
    ぴょんぴょん枝から枝へ飛び移るだけ。

    すると母が昔は雀がたくさん電信柱に列を作ってとまっていたもの
    と一言。

    昔は田んぼが多かったし、カラスも今ほどいなかったからねと言うと、
    母がスズメの数が減ったんじゃないの?と返してきた。

    数はそんなにかわっていないと思うよと自分は言う。
    この前買い物からの帰り道に足元にすずめが近づいてきたこと
    を話した。
    多分自分が両手に荷物いっぱい持っていたから
    大丈夫と思ってちかづいてきたんじゃないの?

    母はただ「そう」と言って会話が終わった。

    いつもの母と自分の何気ない普通の会話。

  • 【あかぎれ】
    この季節洗い物がつらい。
    手はガサガサ。
    寝る前にハンドクリームはかかせない。
    やはり冷たい水を避けてお湯を使うから手の脂分がなくなって
    こうなってしまうのだろうか?

  • 【DOCTORS 最強の名医 新春SP】
    最近医療もののドラマが多いせいで
    過去に連ドラで観ていたこのドラマのストーリーが
    思い出せず、とりあえず母のマッサージしながら
    観ることに。

    そしてあ~あの中年オボッチャマ医者(高嶋弟演)が
    変な顔する演技でみせるドラマか…と思い出した。

    高嶋弟の伯母でダメ病院の院長役は昨年亡くなった野際陽子。
    今回は院長辞めてブータンに移住したという設定で写真だけの出演。
    代わりに高嶋弟の過保護な母親役で松坂慶子出演。

    今回野際に代わって院長になった高嶋弟が
    期待どおりダメ院長ぶりを発揮。
    高嶋弟が周囲の嘲笑を一身に集めるなか
    有能な外科イケメン医:沢村一樹が
    彼を手のひらの上で踊らせて
    患者と病院を守るストーリー。

    久しぶりだけど
    これはこれでなかなか面白いドラマ。

  • 【相棒16 元旦SP】
    相棒VS公安情報局(鶴見慎吾)。

    三人の天才少年ハッカーを拉致して
    自分たちの権力強化のために
    重要人物の秘密をハッキングさせて
    その秘密を使って脅迫して
    政治を裏から支配しようとしていた
    鶴見慎吾を杉下右京がやっつけた。

    恒例の警察内の内幕話。

    自分はこれを母の寝室で
    母に今年初のマッサージをしながら
    観ていた。
    ちなみに母は本日午後妹夫婦と甥がやってきて
    久しぶりに起き上がってずいぶん話したため
    その後頭痛に悩まされ、アイスノンを頭に
    乗っけて「相棒」どころでなかった。

    自分は母が心配で異例の1時間30分という
    長時間マッサージを「相棒」観ながら、
    さらに母の愚痴を聴きながら母にほどこした。
    (母はずっと頭が痛い痛いと言いながら、
    自分の頭がどうかなってしまったと繰り返す。
    喪中の甥に年賀状だして喪中でない甥に年賀状出さなかった
    勘違いや、昔同じ鞄を別に気に入っていなかったのに
    うっかり二度家ってしまったとか
    マッサージの間中「相棒」観ずにずっと言っていた。)

    自分は薬飲むのずいぶん遅くなってしまった。
    出していないところから来た年賀状を印刷して
    早めに出そうと思っていたけど本日は
    妹の相手とか疲れた。

    もう寝よう。
    おやすみなさい。

  • 【あけましておめでとうございます】
    本年も宜しくお願いいたします。
    お気に入りに登録されている方特に感謝です。

    日頃、持病に悩まされながら母の介護を一人でしていると
    なにかとぐちがたまります。
    そのはけぐちみたいに使ってしまって…。
    それでも読んでくれる方には感謝です。

    ドラマの鬼 【あけましておめでとうございます】 本年も宜しくお願いいたします。 お気に入りに登録されている方特に

  • 【忙しかった】
    本日は師走ということでホント忙しかった。
    普段の家事に+正月用の料理の準備や買い物。

    ダイコンとニンジンのなますは母が好きなので
    クッ〇パッド見てつくった。

    柚子のなかみ蜂蜜漬けにしまったので
    柚子の汁は檸檬汁で代用した。
    柚子は皮だけは千切りにしたものを冷凍庫に
    入れておいたのでそれを使った。

    塩は母のために「やさ塩」。
    砂糖は「パルスイート」。

    味は母に味見してもらってOKもらった。
    「やった!」

    塩カズノコの塩抜きも気をつかった。
    塩をぬきすぎて味がなくなったらダメなので
    しょっちゅう味見しいしいちょうどいい塩梅になるまで
    待った。そのあとで鰹節振りかけてポン酢かけて母に
    味見してもらった。
    そしたら母がOKだしてくれてほんとうれしかった。

    それから明日のお雑煮用に煮干し、昆布、しいたけのしん、
    蓮根の皮で出汁とってタッパに保存。

    蓮根は適当な多きさに切って
    電子レンジでチン。
    タッパに保存して明日のお雑煮に利用。

    里芋も同じように下ごしらえして保存。

    こうすれば明日は少し楽ができる。

  • 【紅白歌合戦】
    今のところ福山雅治の「巴学園」が一番
    詞が心に響いた。

    どうも歌を評価するときにどうしても
    曲よりも詞にドラマがあるかどうかに
    重点が置かれてしまう。

    当然ドラマ主題歌が好き。
    でも乃木坂なんチャラかんちゃらの
    「不協和音」の詞にもドラマを感じて
    よかった。

    前半の歌手の中には歌よりも
    バックダンサー(千手観音踊り)や
    ケンダマギネス挑戦なんかに重きが行って
    歌なんかどうでもよいようなものもあったけど
    あれは時間の無駄だからやめたほうがよいね。
    歌だけでは間が持たないなら
    そんな歌手は紅白にださないほうがよいと思う。

  • 【買い物】
    年がおしつまると食べ物の値段が高くなる。
    特に三つ葉。
    そしえ小松菜、みょうが。

    母も自分も小食でそんなに食べないから
    少しあればいいんだけど
    それでも高い。

    正月なんてなくていいと思ってしまう。

    そうそう、正月にはお年寄りが餅をのどに
    つまらせて亡くなるケースが増えるとか。
    5分以内に処置しないと窒息死。
    母にとっては最期のお雑煮になるかも
    知れないのでお餅を細かく切って
    汁にも片栗粉をまぜて
    嚥下や喉つまりを予防しなくては。

  • 【クリスマスカード】
    三通だしたうち二通しかかえってこなかった。
    そりゃ、ぶつけ本番で修正液だらけのカ-ド贈られたら
    怒る人もいるでしょう。まして二通はかえって来たことが不思議な
    くらい。寛容な人っているんですよね。

    かえって来なかった人は旦那さんが父のイギリス時代の部下だった人の
    奥さん。
    ずいぶん年下の綺麗だった奥さんで、旦那さんは蝶よ花よと
    なんでも奥さん言いなりでつくしまくっていた。
    だから奥さんは寛容さに欠ける甘えん坊体質。

    まあ亡き父とは亡旦那さん繋がりで
    直接関係があったわけでもないから
    いいのかな?

  • 「逃げ恥 一挙再放送」
    「逃げるは恥だが役に立つ」が大晦日に一挙再放送される。
    今年度のドラマでよいドラマだったのでこの際
    録画してDVDで保存しようと思う。

    特にあのダンスがよかった。
    その後似たようなダンスを使ったドラマもあったけど
    コロンブスの卵じゃないけど
    最初が一番。

    それにしても状況が変わるたびに話し合いを
    して決めていくというが気に入った。

    自分の両親なんて父が専制君主。
    どんな不条理な決定でも意見を
    言おうものなら「くわしてやっている」の
    一言で全部却下。
    旗色が悪くなるとDVに訴えるのが当然な
    家庭だった。

    父は上手くやっていると思っていたのかもしれない。
    でも母や兄そして自分には父への負の感情が
    たまりまくった。

    例外として妹だけはひいきされて
    特別待遇。
    妹には嫌われないようにとなんでもいうことを
    きく父。
    唯一妹にはよい父だったらしい。

  • 【みかん】
    今の季節といえば「みかん」。
    貴重なビタミンC源。
    同時にみかんの筋や袋、皮にはビタミンPが含まれている。
    ビタミンPはビタミンCの吸収をよくしてくれるし、
    身体を暖めてくれるビタミンC以上に身体によいビタミン。

    だから毎年自分と母は一日一人三つ以上の朝昼晩と食べる習慣がある。
    ビタミンCの欠点は食いだめができず、
    一度にたくさん摂ると尿と一緒に排出されてしまうところ。
    だから一個づつ時間を空けて薬のように食べる。

    そんな「みかん」が今年はピンチ。
    気候のせいでみかんが不作。
    みかんの価格は高騰。
    いつもは298円で一袋のみかんが498円で売っていたり。
    いつもはディスカウントストアで一箱で安く沢山売っていたが
    今年それはなし。

    仕方なく今年は一日2個で我慢。
    その代わり妹の旦那の実家から送ってきたレモンを
    蜂蜜漬けにしてヨーグルトに混ぜて補完。

    そうそう毎日一人一個食べていた柿もそろそろ終わり。
    果物大好きな自分はとても残念。

    でもポンカンやはっさくは平年どおりのできだそう。
    ちょっと楽しみ。

  • 【今クールのドラマ】
    やはり「陸王」と「ドクターX」だった。
    最後にスッキリさせてくれるところが共通点。
    自分のなかでこういったカタルシスへの需要が一番。
    いまさら暗い人間ドラマなんて観る気しない。

  • <<
  • 11203 11184
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン