ここから本文です

ドラマの鬼

  • 11,004
  • 4
  • 2017/07/25 08:29
  • rss
  • 1

    *****

    あなたはテレビドラマが好きですか。

  • <<
  • 11004 10985
  • >>
  • 11004(最新)

    tsu***** 7月25日 08:29

    【ひよっこ #98】
    案の定みね子失恋。
    お金持ちのお坊ちゃんとの恋の成就なりませんでした。

    自分の母の世代は
    母のように病気で子供が産めないと医者に言われなくて
    縁談が破談になった少数の例外を除き
    ほとんどの人(とくにお金持ちのお嬢さま)は
    周囲が決めた見合い婚。
    同じくらいの家格の人と親が決めた結婚する人多かった。

    母の通ったお嬢様学校の同級生たちは
    だいたいお医者様と結婚。
    当時、戦争に負けて華族とか資産家は土地や財産没収され
    竹の子生活。
    経済的に苦しくて安定しているお医者さまと結婚する人ほんと多かった。
    母も破談になったが東大出のお医者さんと婚約していた。

    母が亡き父と結婚したのは
    たまたま入院していた病院で
    同じく腎臓病(尿に蛋白)で入院していた父が
    猛烈にアプローチしたから。
    (亡き父の家は田舎で貧乏な親族たくさんの面倒もみていた面倒な家だったけど、
    一応母の兄(自分の伯父。東大首席卒業。元上場医薬品会社の役員)と
    同じ県下一の進学校で同級生だったこと。
    一応早稲田でて上場企業に勤めていたことも理由)

    母は当時自暴自棄になっていて、
    母の親族も母の先行きに絶望していたので
    とんとん拍子に結婚してしまった。

    その後、子供が産めないと医者がいったのに
    母は妊娠。お医者さんの制止を振り切って
    産んだそう。
    それも3人も。
    でもお医者さんの危惧に反して
    母は亡くならなかったけど。

  • 【睡蓮鉢3っつ】
    今年は睡蓮鉢に厳重に100均で購入した
    金属製の格子に網戸の網を針金で固定したものを
    かぶせているおかげで、めだかや金魚が順調に成育中。
    例年のようにトンボのヤゴに食べられていなくなちゃうこともない。

    600円の金魚がいまだ元気なのははっきりいってうれしい。
    白地に赤の模様が入ったやつ。
    ちょっと丹頂っていう高価な金魚に似ている。

    めだかも子供を産んで小さなチビメダカが泳いでいるが見える。

    次はヤマトヌマエビやドジョウを投入したいと思っている。

  • >>11001

    【温暖化】
    毎日庭にでる自分には温暖化による新顔の虫や鳥が4~5年前から
    よく見かけるようになった。

    蝶ではツマグロヒョウモン。
    パンジーやスミレ類の外敵。
    オレンジ色の華やかな蝶。

    鳥で言えば外来のハッカチョウ。
    台湾あたりから最初は鳴き声のよさから
    飼い鳥として輸入されたそう。
    それが日本の気候に順応して
    逃げたしたのか放されたのか知らないけど
    最初は神戸あたりで繁殖していたものが最近
    関東でもよく見かける。

    ヒアリとかは話題になるが
    こうした地味な虫や鳥の北上
    に時代を感じる。

  • >>11000

    そうそうヒグラシを忘れていた。
    でもヒグラシは珍しくて自分はほとんど見つけたことないので
    忘れていた。

  • 【クマゼミ】
    今朝ゴミ出しして庭の水やりしてたら
    「シネシネシネ」ととても縁起の悪い蝉の鳴き声。
    子供の頃は聞いたとなかった。
    よく見ると庭のサルスベリの木に見慣れない蝉。
    ネットで調べたら「クマゼミ」という蝉。

    昔は関西にしかいなかったそう。
    温暖化の影響で生息域が北上したそう。

    昔は「ミーンミーン」となく青いミンミン蝉。
    「ジー」となく茶色いアブラゼミ。
    「ニー」となく不思議な模様のニンニンゼミ。
    「オーシンツクツクツク」となくツクツクホウシ。
    だいたいこの四種類だったんだけど。

    「クマゼミ」は他の蝉より一回り大きいけど
    色は地味できれいでない。
    鳴き声も縁起悪い。
    なんかやだ。

  • >>10998

    【壇蜜】
    自分は壇蜜をドラマとBSで放送していた久米宏との対談番組でしか
    知らない。
    もうコンビニや本屋でグラビア立ち読みする世代でもないし…。

    だから壇蜜というと、世の中の裏も表もわきまえた
    知的な女性というイメージ。
    ただのインテリよりなんか魅力的。

    世間のもってるイメージとちょっとズレてるかも?

  • 【ウチの夫は仕事ができない #3】
    壇蜜がいいなと思う自分は普通の男性なのだろう。

  • >>10996

    yosiさん
    人はそれぞれ望む死の形があると思うんです。
    最後まで死に立ち向かって苦しい治療を続けることを望む人。
    どうせ亡くなるなら苦しい治療はやめて楽に死を受け入れたいと望む人。

    元気な他人はどうしても死んでいく人を治そうと一生懸命になってしまいます。
    でも死を間際にした人はそんな頑張り望んでいないのかもしれません。
    要はその人の好きなようにさせてあげるというのが自分の考えです。
    楽に死んでいきたい人は苦しみを伴う治療やリハビリは必要ないと思います。

  • TUSさん・・私の場合は同じ病状の方が読むと馬鹿じゃ無いのとか死ぬね~とか・・まぁ透析状態になってから後悔するんだろうけどね

    食事をだんだん減らして体力がなくなっていくままにまかせるそのほうが楽な最後>
    これは人間にとって一番の恐怖です、ある日突然分からないまま亡くなる事が本人にとって一番の逝去です、
    猫の場合は自分の最後が分かるらしく昔は家から居なくなりました、
    私の父は胃癌で病院の大部屋からそろそろ個室に移りましょうかと、最後通告です、その時の父の姿が記憶から消えない、
    TUSさんの理詰な表現はせつな的な部分の裏返しと取れます、
    一生懸命お母さんの面倒を見ているTUSさんを敬服します。

  • 【猫】
    昔、猫を飼っていたことがある。
    妹が勝手に拾ってきて世話は母と自分まかせ。
    18年生きたけれど最後は皮膚がんが進行して死んでしまった。

    近所の獣医につれてったけれど皮膚がんを疑おうともせず
    ただ抗生物質を与えて治そうとした。
    無理矢理口に薬を押し込むと嫌がって
    苦しそうだった。

    最後は何も食べなくなった。
    でも自分はなんとか直そうと口に無理やり
    液状の餌を突っ込んで食べさせた。

    死ぬ前の日
    フラフラしてやっとのこと立ち上がり
    家の外にでようと玄関の戸を開けてくれと乞う姿が哀れだった。

    次の日の朝猫は硬直して玄関で死んでいた。

    どうせ亡くなるなら
    あんなに嫌がってたのになぜ無理やり食べさせたのだろう?
    なぜ外へ出て行って好きな場所で死なせてあげなかったのだろう?

    治そうとせず
    最後は食べさせずにいたほうが
    ゆっくり楽に死んで行けたのでは?

    人間も同じだと思う。
    いずれ歳をとり亡くなる。
    治そうと最後まで頑張るのもいいと思う。

    でも本人が望むならそんなに頑張る必要はない。
    食事をだんだん減らして
    体力がなくなっていくままにまかせる。
    そのほうが楽な最後かもしれない。

  • 【母のぐち】
    今日母が自分に「自分はもう長くない」と言いました。

    母の唯一の仕事は自分が買い物してきたレシートを
    帳面に写す家計簿付けです。
    それがレシート一枚写しただけで疲れてもうできなくなった
    と言います。

    自分はどうリアクションしていいか
    わからず「かわいそうに。よしよし。」
    と子供をあやすように慰めました。

  • 【黒皮の手帖 #1】
    米倉で視聴率とった松本清張「黒皮の手帖」を
    事務所の後輩:武井咲がリメイク。
    SNSに顧客情報をアップしてしまう不祥事とか
    ちょこちょこ今の要素をとりこみつつ
    ストーリーの大筋は昔どおり。っていうか原作どおり
    だと思う。

    実をいうを自分はキャバレーとかクラブとか
    生まれてこのかた一度もいったことない。
    そしてそのことを後悔したこともない。

    長い間長蛇の列に時間つぶして
    あっという間に終わってしまう
    ジェットコースターなどと同じように、
    自分にとってただ女の子にちやほやされて
    お酒を飲むだけで馬鹿高いお金をとられるのは
    時間の無駄。
    そんな時間あったら本読むかドラマ観てたい。

    ああいった高級クラブでなにか儲けの情報とか
    得られるのだったらもちろん行ってもいいと
    思うけどね。

  • >>10988

    yosiさんの選択を尊重します>有難う~今、朝の3時・・ようやく胃と腸と胆嚢がグルグル、ギュウギュウと凄い音を立て始めた、まるで詰まってた水道管が開通した感じです、かなり以前に書いたと思うけど遠い友の所へ行く約束をしていたのにお祭りで誘われ飲んでしまった、この状態になるのを覚悟で行って来ました、友は76歳、かなり年上だが大事な友です、友はいつものペースでお酒を飲み始めた、私は用意してくれていたカンビーを1本飲んで後は焼酎を薄くしてお付き合いです、いつものパターンでスナックに行く事になり坂道を登りスナックのかなり急な階段を上り到着、即、カラオケですが友のお酒が止まらない、友の体重95kg私は体を壊してから55kg帰りが大変でした、76歳いずれこの状態になる事がわかっていましたが又遊びに行きます、もう飲み方を変えないと来ないよ~と上から目線で説教します、イヒ自分の事は棚に上げて・・さて又、寝るとしますかぁ~

  • 最近うちの庭はアメリカフヨウの大きな白花がたくさん咲き誇っています。
    ただ残念なのは母が午前中は苦手で、母が庭を観る頃には
    アメリカ芙蓉はしぼんでしまいます。
    夕方には白いオシロイバナがちょこちょこ咲くだけ。

    思い返せばこのアメリカ芙蓉は自分が学生時代に三株サカタのタネの通販で
    購入したもの。
    当初ピンクと白と赤の三色セットだったのだけどいつのまにか白だけになってしまいました。
    その頃通販はいい加減で赤色のものは最初から入っていなくて、
    でも苦情いれるのが面倒だったのでそのまま。
    唯一のピンクはその頃存命だった父が知り合いに勝手に送りも物にしてしまい、
    残ったのは白株だけ。
    それが増えていまは白いアメリカ芙蓉が7株以上。

    母に朝立派な子供の顔ほどの大きさのアメリカ芙蓉観てほしいな…。

  • >>10988

    自分にできるのはアドバイスと
    愚痴を聴いて見守ることだけです。
    本当に無力な自分です。

  • 【過保護のカホコ #2】
    カホコは仕事をすることの意味から考える。
    なんか池上彰みたいに仕事をすることそして
    自立することについて
    わかりやすいように説明してくれるドラマ?

    「他人を喜ばせる仕事をしたい」だって。
    これってけっこう難しい。
    人は支払った対価よりも価値の高いものを受けたと
    思う時喜ぶ。
    対価相当だと当たり前。
    対価よりも劣ってると損したと思い怒る。

    一番喜ぶのはタダ働きのボランティア。
    でもそれって仕事じゃないか…。

  • >>10987

    母は頭が痛いといってるだけで医者へは
    相変わらず行こうとしません。
    痛みを紛らわすためにテレビやラジオを一生懸命観たり聴いたり
    しています。寝ているとき以外は。
    話しかけると頭が痛いといって最近拒否られます。

    yosiさんも御身体を大切に。
    でもこればっかりは本人の選択なんで
    自分は母に対するのと同じように
    yosiさんの選択を尊重します。

  • お母さん落ち着いたかな?私はお祭りで調子に乗り3日酔い
    のまま普通食を食べてしまった、暑さと少し飲んでも痛みが無かったので気が緩んで多めに飲んでしまった、又入院した時の痛みを想像しながら入院状態を自分で作っています、昨日食事無し、今日から一週間お粥です、又、石灰化が進むかな・・懲りないね

  • >>10984

    【雷雨】
    今年は関東地方雨が少ない。
    だから雷雨は久しぶり。
    本来季節の風物詩。

    母など亡き父が親しくしていた東大出の元人事課長の
    人が今頃雷に怯え布団かぶってるんじゃないかとか
    言って笑っていた。
    (人のいい元人事課長の人は父のお気に入りの人。
    父がやたらまとわりついていた。その人は雷が
    大の苦手で一度など雷怖いとうちに電話かかってきた
    ことも…)

  • 【僕たちがやりました #1】
    自分のような歳とった者にはなんか遠い世界のお話し。
    とりあえずパイセン目線でドラマみてる。
    窪田正孝っていつまで高校生役やるんだろう?

  • <<
  • 11004 10985
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン