ここから本文です

ICO代行業務の指摘ありがとうございます。
以下のように修正しました。

2018年8月期決算材料

強気材料
・買収したペイデザイン、メタップスプラス、SMARTCON、SPIKEなどが
 買収2期目になりシナジー効果、 構造改革初期コストがなくなる点
・2017年9月の買収は台湾広告企業1社のみでIFRS、M&A諸費用などの臨時経費2.8億円が減額される期待
・決済事業の仮想通貨業界の参入による収益上振れ期待
・赤字事業だったSPIKEの1億超え黒字達成(社長インタビューで確認済)
・ニチガス、JTBの売上が1年丸ごと計上できる期待
・SMARTCONの売上を純額計上から総額計上に変更
・SMARTCONの失効益繰り越し1.8億円の部分的収益計上
・前期第4四半期に計上したコインルーム2.9億円の初期コストがなくなる
・プラスコインICOによるイーサリアム取得(当時のレートで11億円)
・イーサリアム32600枚、プラスコインの持ち分の評価益計上
・韓国上場企業2社、最大1800億ウォンのICO代行による成功報酬期待
 今後、新規ICO業務を代行するたびに調達価格の20%が収益になる期待
・pringの本格始動とJコインとの連動化期待
・好調らしい民泊事業の利益貢献

弱気材料は
・仮想通貨業界の制度不透明化
・コインルームの先行費用と韓国仮想通貨業界の不透明化
・タイムバンクの先行費用と不透明化
・pringの先行費用と始動時期の不透明化
・2017年12月の本社引越費用

以上、メタップスペイメントの絶好調により決済事業のみで10億円超の利益
ICO11億円
仮想通貨評価益30~50億円
ICO代行業務の報酬10~30億円
以上が利益貢献
コインルーム運営費、タイムバンク、pringの初期費用をカバーし
2018年8月期 経常利益50億 予想
ちなみにモルスタ荒木君は5.9億円の赤字予想
荒木君 勝負だ!

6172 - (株)メタップス ICO代行業務の指摘ありがとうございます。  以下のように修正しました。  2018年8月期決算材料