ここから本文です
  • 1

    *****

    一人息子が結婚して孫が産まれたけど嫁さんは実家に通い詰めています。

    孫の面倒も見ることなくこれといった趣味もなく暇な毎日を過ごしています。

    今の時代は息子だけしかいない親は孤独ですね〜

                                

  • <<
  • 14220 14200
  • >>
  • 14220(最新)

    kumi 6月23日 16:29

    ぽかちゃん、るるさん、こんにちは。

    こちらは また朝から雨降りです。
    梅雨の蒸し暑さはなく ひんやりしています。


    るるさんもご主人様とお別れして15年になるんですね。

    辛い日々でしたね・・

    私もふと、振り返ります。

    その日から ここまで
    どんな風に過ごして来たのだろうか・・

    ある日突然、病気を知り、死んでもなお 苦しみもがく。

    いつの間にやら平穏を手に入れ、また、新たな苦悩がやってくる。

    だったら、
    初めから
    恋することなく、愛することなく、結婚することなく、家族になることなく、

    なんにも手に入れなければ、こんな苦悩に喘ぐことなかったのに・・

    それでも、また人を愛してしまうです。なんでだろうね・・?

  • >>14218

    kumiさんこんばんは。
    今日は暑かったですね。

    お墓のこと、
    >「そんなに慌てなくてもいい。ちょうどいいようになる」
    同感です。
    私もどうしても土の中に収める気になれず、七回忌を過ぎるまで自宅の居間に居てもらいました。
    夫の一番居たい場所は家だとしか思えなかったので。
    ご友人の方と同じように母などにはいろいろ言われましたが、私も夜な夜な遺骨を抱いて泣いていました。
    同じなんですね。

    今は自宅から徒歩5分のお寺さんに眠っています。
    心のままに・・で良いのかなと思います。

    るる

  • >>14215

    ぽかちゃん、お墓のことでご両親さまと
    もめていて悲しいですね・・

    私の偏った意見ですが、結論からいうと、
    「そんなに慌てなくてもいい。ちょうどいいようになる」と思います。

    信仰深い友人でさえ、
    数年間、ご主人の遺骨をお仏壇に置いて供養をしていました。

    ひとりになった彼女は、「納骨したくない。気が済むまでこのままで」と
    毎日、毎日、遺骨にしがみついて泣いていました。
    「あなたが、することしないから、なかなか立ち上がれないのよ。息子も成仏できないし早くお墓に入れて上げて」
    と亡きご主人の年老いたお母さまにお彼岸やお盆のたびに
    叱られていました。

    もちろん、彼女は気になるので
    霊園の広告を見るたびに見学に行っていましたが、踏み切れない。

    そんなこんなで1年過ぎ、2年過ぎでしたが
    法事がきっかけで、
    導かれるようにご先祖の隣の空き墓地に決まりました。

    2時間もかかりますが
    お参りする気持ちのある人はどんなに遠くても行くですね。

    その姿を子供が見ていたのか、ぶつぶつ言いながらも乗せて行ってくれるそうです。

  • こんにちは。

    ぽかちゃん、本当に大きな傷を負っているのと同じですね。
    どうぞ、無理をしないでくださいね。

    るるさん、初めまして。来てくれてありがとうございます。


    つい最近、近所で奥様を亡くされた
    私と同じ年のご主人様とスーパーで会いました。。
    「ほんまに辛い・・・知らぬ間に妻を探している自分がいる。嫁がいる人が羨ましくてしょうがないよ・・」

    私に振り絞るような声で話してくれたのが
    今でも耳に残っています。


    夫婦の死別は本当に辛いものですね・・


    ぽかちゃん、仕事はしんどいけど
    家でひとりで過ごすよりいいのかも知れません。

    そして辛いとき、るるさんが過ごされたように、
    よく似た環境の方々とお話しするのが一番の癒しのように思います。

    人はどうしても友人、身内でさえ自分と比べてしまうものです。
    それぞれが、どんな苦労をしていようと悲しんでいようと
    私以上の辛い人はいないんじゃないかと思ったものでした。

    ようやく時間が経ったとき、それぞれに時期が違っただけで
    相当の苦労や悲しみがあったことに気が付きました。


    そして、満場のスタジアムにいる人も一人残らず
    いつか消えていなくなる・・私も・・


    どうぞ、ここで良かったら、心のままに書いてください。

  • こんにちは。
    久しぶりの晴れですが、暑いですね。

    ぽかぽかさんお仕事お疲れ様です。
    体調はいかがですか?

    夫が亡くなった頃どうしていたのか、思い出そうとしてもあまり記憶がありません。
    ただ夜電気を消せないで、ずっとテレビをつけたままにしていたことは覚えています。
    半年ほど過ぎて働き始めましたが、通勤途中に突然涙が溢れて止まらなくなったりして、心も体もボロボロだったのだと思います。

    その頃とある掲示板で同じ頃に連れ合いを亡くした方々と知り合いました。
    40代や50代で連れ合いを亡くした人なんて近くに居なくて、本当に助けられました。
    幸いに日帰りのできる距離だったこともあり、ランチをしたり、旅行に行ったり。
    最初の頃は何を話してもお互いに涙涙‥でしたが、この頃は笑い声が多くなりました。
    なかには再婚をされた方やお付き合いをされている方もいますが、それでも夫が一番!と皆んな思っています。
    やはり死別と離別とは思いも違いますしね。

    親族や友人とのお付き合いも夫のいる頃に比べて狭くなりましたが、それも仕方ないと思っています。

    体が弱ると心も弱ります。
    どうぞご無理をなさいませんように。

    あまり参考にならなくてごめんなさいね。

    るる

  • >>14214

    こんにちは。
    kumiさん、るるさん ご心配ありがとうございます。
    先週は、月火木土とパートに行き今週は月火金土なので昨日今日はお休みです。
    パートをしながらも皆ここにいる人たちは皆ご主人がいるんだろうな・・とふとした時に思います。

    パートの時は大丈夫ですが、家にいる時は急に泣いたりします。
    情緒不安定です。

    るるさんも15年前にご主人を亡くされたのですね。
    つらかったですね。
    その頃はどのように過ごされていたんでしょうか?
    ネットで「主人を亡くしました」で検索するとご主人を亡くされた方の悲しみの体験がたくさん出てきます。
    ほとんどの方はなかなかこの悲しみから抜け出せないでいます。
    やはり時間なのか・・
    あとは1人であることの不安、経済的や自分の健康など。
    2人でいればどちらかが具合が悪くなれば頼れますが、1人ではやはり不安です。
    うちは息子も離れたとこにいますので、ちょっと来てというわけにもいかず。

    今は毎日をやり過ごすことで精一杯です。


    kumiさん、パートは結構大変です。
    以前の私なら辞めているかもしれませんが、今回は頑張らないと。
    今まで甘ちゃんで生きてきたので主人がいないとやはり大変です。

    実家の両親はまだ墓地も買ってなかったので(主人は壻です)、葬儀をやったのでお寺は決まってますが墓地の場所で意見が合わず、四十九日以来会っていません。
    というか四十九日の翌日に実家に行ったら墓地の場所で揉めてそのままです。
    保険が入ったのだからとお金をあてにされていて、こちらもこれからの生活もあるし両親でありながら連れ合いを亡くした悲しみはわからないようです。
    何と悲しいことか。

    今はそんな感じです。

  • kumiさん、ぽかぽかさん、初めまして。
    夫を見送って15年になる、るると申します。

    ぽかぽかさんご主人様を亡くされたばかりなのですね。
    お悔やみを申し上げます。

    まだ四十九日が過ぎたばかりですと、心に大けがをしたような状態かと思います。
    配偶者を亡くすのは人生最大のストレスと聞きます。
    いろいろ不安なお気持ちはよくわかりますが、どうぞご無理をなさいませんように。。
    今はご自分のことを大事にしてくださいね。

    ぽかぽかさんが少しでもお元気になれますことをお祈りしています。

    突然に失礼致しました。

    るる

  • >>14211

    ぽかちゃん、こんばんは。

    雨がしとしと降っています。

    お仕事はだいぶ慣れてきましたか?
    足腰の痛みはだいじょうぶですか?

    遅くても夜帰ってくるのとは訳がちがう。
    経済的不安も重なる。それでも、生きていかないといけない。

    本当にそうですね・・
    想像を遥かに超えた苦しい現実に胸が痛みます。

    ポカちゃんの情緒を支えてくれる人はそばにいますか?

    息子家族、親、姉妹、友人・・・

    私は辛いとき、同じ境遇の人と出会いました。

    どうにもならないことなのに
    おしゃべりすることで傷を舐めあうように癒されていたのを思い出します。

  • >>14211

    こんばんは

    夜は少しひんやりします。

    ぽかちゃん、仕事を始めたんですね。
    家で一人過ごすより良いことだと思いますが
    大丈夫ですか・・

    私たち夫婦もご主人さまと同じ年齢です。
    お互いの別れはそう遠くない時期にくる
    例外のない現実です。
    しかも、時が過ぎるスピードは時速80キロぐらいで
    翌日にたどり着きます。

    だからもう、孤独な姑だ!
    なんて嘆くのはバカバカしくなりました。
    もともと孤独なのにね。

    嫁姑なんて家族であっての立場。
    我が家には存在しない。

    私には残り時間が僅かしかないから
    もっと自分のことを考えなきゃと
    ぶれてたことに気が付きました。

  • >>14209

    こんにちは。
    くみさん、ありがとう。
    1年間、本当に大変でしたが、神様が1年間一緒にいなさい今まで一緒にいる時間が少なかったんだからとのことだったのでしょう。
    まだまだこれから一緒に楽しい時間を共にできるはずの年齢なのに。
    おかしな病気になってしまって残念です。

    今週からパートを始めました。
    週に4日、朝9時から夕方4時までで食品会社の賞味期限つけや、検品、梱包です。
    立ち仕事なので腰が痛くなります。
    月曜日、火曜日と行って今日はやすみです。
    明日また行きます。
    主人がいないとやはり色々と心細いです。
    遅くても夜帰ってくるのと訳が違います。
    やはり一番心配なのは経済的なことです。
    結婚してから主人を頼りに生きてきたので不安なことがたくさんです。
    私は今57才なので人生まだ20年くらいはあります。
    病気にならなければですが。
    今は主人の思い出のものを見ては涙が出たり不安定なところがありますが毎日頑張って生きるしかありません。

  • >>14209

    こんにちは。

    こちらは雨です。

    高齢者といわれるようになって 徐々に色んな症状がでてきた。

    皮膚科でも内科でも不明の両腕の湿疹で
    今年は半そでが着れない。
    顔もしみなのかイボなのか分からないし、髪の毛も薄くなり
    足首は歩くと時々に痛みだし、
    脳は判断力、記憶力低下で「それそれ。あれあれ」と言葉も出てこない。

    心だって
    少しのことで傷つきやすくなり、回復も長引く。
    馴染み深い人と会いたくなる。

    第一、いつまで生きれるんだろう?
    いつ死ぬんだろう?

    同級生たちも
    病気と寿命の話は必ずでる。

    南海トラフ巨大地震発生率30年以内70%~80%

    大災害を経験するだけでも認知症になりやすいらしい。


    「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき・・」
    ラジオの言葉が耳にのこる。

  • >>14208

    おはようございます。

    ぽかちゃん、レビー小体型認知症を調べました。
    本当に辛くて厳しい現実でしたね・・

    それでも、1年間の在宅での医療ができたのは
    他でもないぽかちゃんの温かい心があったからこそだと思います。

    今はひとりで坂道を登っているような苦しい日々かも知れませんが、
    焦らず心の赴くままに
    ぽかちゃん自身の心身を休ませることに専念してくださいね。

    ぽかちゃんの幸せを祈っています。

  • >>14203

    こんばんは。
    くみさん、ご心配ありがとうございます。
    一昨日、四十九日でした。
    主人はレビー小体型認知症でした。
    おそらく発症は先一昨年あたりです。
    職場でミスをするようになったようで社長などに○○君ぼけていると言われていたようです。
    家ではまったくわかりませんでした。
    一昨年になってレビー特有の色々な体の症状が出てきましたが、それでも内科的な検査ばかりしていました。
    昨年5月に会社から休職するように言われて、一緒にいるようになって初めておかしいと思うようになりました。
    約1年は毎日一緒に過ごし病院には2週間に1回行ってレビーの治療(進行を遅らせる)をしましたが、どんどん進行してしまい、誤えん性肺炎になって入院しました。
    そして6日で亡くなってしまいました。
    主人も病気になってしんどかったと思います。
    でも、最期まで頑張りました。
    私は主人につらくあたってしまうことが度々でした。
    こんなに早く逝ってしまうなら、もう少し優しくしてあげたらよかったと思っています。
    残念です。
    主人の動画を観ては涙がこぼれます。
    私しか理解してあげる人はいないのにね。

  • >>14206

    おはようございます。

    こちらは、いいお天気です。

    暑いけど みなと公園へウオーキングしに行きます。

    公園の散歩、
    ウインドウショッピングなどなど、

    落ち込んだり、気分がふさいだりしても

    外へでると なんとなく力が湧いているようです。


    今日も、行ってきます。

  • >>14202

    ぽかちやん、大丈夫ですか…

    大丈夫なんかじゃないよね。

    食事はできていますか?

    眠れていますか?

  • >>14201

    めぐさん、えがおさん、お久しぶりです。

    せっかく来てくださっていたのに
    放置したままで本当にごめんなさいです。

  • >>14202

    私、ここを放置したままどれぐらい経ったでしょうか。
    掲示板の文字だけで
    色々と思い出されて怖くて来れないし書けませんでした。

    たまたま今夜、新着通知が目に留まったので
    開いてみました。

    ぽかちゃん・・・
    ご主人様が・・そんな・・
    急だったんですね・・辛かったですね・・・・

    ぽかちゃんは私とよく似た家庭環境なので
    想像できても
    慰めの言葉なんて見つかりません。

    ごめんね・・

    でも、よく来てくれました。ありがとう・・

  • >>14199

    くみさん、本当に久しぶりです。
    まったくスレ違いですが、なんとなくここに行きつきました。
    主人が4月20日に肺炎で亡くなりました。
    66才でした。
    誕生日の12日後に亡くなりました。
    明日、四十九日の法要をやります。
    今はただただ気持ちが不安定で寂しさと心細い気持ちでいっぱいです。
    元気でいることが何よりです。
    では。

  • こんにちは
    続いていたんですね 私も仲間に入れてください
    久しぶりにパソコン起動してみました  動くかあなって心配するほどご無沙汰でした
    ブログ書いたり書き込みしたら ネット検索楽しんだり 花の季節はデジカメもって出かけました
    最近は仕事以外何にもしなくなった 気がします
    じめじめですがこの季節の先はじりじりの夏 私夏は苦手 体に機能が全停止するくらい苦手なんです
    木々の緑が一番きれいな季節ですから目には優しいですね

    めぐ

  • >>14199

    kumi さん今晩わーーー6月になりましたね。
    今日は、寒い1日でした
    そうですね~~~いくらでも身体を動かしてた方が
    体的には、いいのかなあ~と思ったりして 頑張ってます。
    未だ 年金生活には ちと早いかなあ~ 旅行もしたいしね
     女性は、職種を選ばなければ 4時間~5時間程度のパートのお仕事は
    いくらでもありますよ。。。自分の心と体に合わせて働くのもいいだろうし
    家で のんびりと過ごすのも  それぞれの人生ですからね。
     (景気は不安定・生活不安定・天気まで不安定・安定してるのは
      我が体重だけかな(^^♪)

  • <<
  • 14220 14200
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ