ここから本文です
  • 1

    *****

    はじめまして。
    もうすぐ85歳になる姑。近所に別居ですが、毎日顔は見せて、1日おきに姑が家に夕食を食べに来るといった感じです。
    耳は遠いし、頑固だし・・・いろいろ注意しなきゃならないこともあるんです。でも私が思い切って「こうしたほうが、いいんじゃない?」とか言っても全く聞く耳持たず。都合が悪ければ話を変えたり、怒って言い訳みたいにしてきたり・・・
    みなさんどうしてますか?はっきり言う派ですか?適当にほっておく派ですか?
    今回はお正月のお餅です。かなりの量、残ったお餅がカビまるけで冷蔵庫にはいってるんです。一人なのにたくさんないとダメみたいで、冷凍とかせず、そのままストーブバンバンの部屋においてるのでカビがはえて当然だと思います。これまでも買う量を減らしたら?とか、冷凍したら?とか、カビのはえたお餅は食べちゃダメだよ!とか、何度も何度も言ってきました。
    でもどうしても言うこと聞いてくれないし、ほかっておきましたが、でも今回、カビカビのお餅を見て、これを食べるのかと思うと恐ろしくなって、黙っていることに罪悪感を感じて何とか食べないように言おうという気持ちと、言っても「お餅のカビは大丈夫。とって食べるからいいの。」と返事が返ってくることがわかっているだけに迷ってしまいます。みなさんこんな時どうしたらいいと思われますか?

  • <<
  • 1287 1268
  • >>
  • 1287(最新)

    ari***** 1月20日 03:46

    >>1286

    おばあちゃんは、
    さんざん可愛がってやったのに、
    小遣いだってお年玉だってお祝いだってやってきたのに、
    なんで、こんな仕打ちをされなきゃなんないのかね。
    と、親戚のおばさんたちに言ったようだ。

    おばあちゃんの可愛がったとはどんなことなのか、
    私は聞いてみた。
    お金のことと、おやつをくれたことを言った。
    お金は、おじいちゃんの稼いだお金だ。
    おばあちゃんが、自分の貯金から引き出して出したことはない。
    おやつは、お客さんが多かったので、
    常に茶菓子をストックしてある。
    湿気てきたお菓子や、おじいちゃんが好きな菓子の余りを
    くれてきたのだ。
    わざわざ、孫が好きなものを買ってくれたわけではない。

    主人の弟たちの子供たちには、
    お祝いのたびに、何十万も渡している。
    だが、うちの娘たちには一万円だ。
    おじいちゃんが亡くなってからは、おばあちゃんはへそくりしてきた貯金から
    外孫に渡している。
    なので、私たちの前では
    「あー、どんどん私の金が減っちまあよ!」
    と、当てつけのように言ってくる。

    私の娘たちは、おばあちゃんのこの本性を知っているから、
    お金を貰おうとはしない。断るのだ。

    どうしたら、このような性格になるのか。
    育ってきた環境に問題があるのか、、、

    とにかく、心に温かみがない。
    自分の世間からの評価を重視する。
    そう、童話のおしゃれなカラスのようだ。
    キレイにすることは欠かさない。
    が、中身は、、、。

    孫が可愛いと思うなら、
    自然と抱きかかえ、撫でたり、さすったり、ほおずりしたりと
    スキンシップするものではと思うのだが、
    おばあちゃんはやらないのだ。
    ところが、他所の人の前では、わざとらしく近寄りわざとらしい声を出し
    て手を握りさすったりするのだ。
    娘たちは固まる。

    変な変わったおばあちゃんだとしか思えないのだ。

    このおばあちゃんの心を変えるのは、
    やはり無理なのかと思ってしまう、、、。
    生きているうちに、私の娘たちのために気づいて変わってほしいと
    思うのですが、、、。

    はあ~とため息が出てしまう。

  • >>1285

    こんばんわ。

    朝かと思ったのですが、まだ早すぎる時間。
    目が覚めたので、、、パソコンを開けました。

    sora_umiさん、
    咽頭炎はつらかったですね。
    私も風邪をひくと、喉が痛み、声がかすれて痛くなります。
    仕事をしていたときは、接客業でレジ打ちもしていたので、
    声が出ず、職場の先輩が代わってくれていました。
    トローチとのど飴は、欠かさないようにストックしてあります。

    高齢になってきたせいなのか、喉の潤いが足りないことを感ずる日が増えて、
    のど飴を口に入れるときが多くなりました。
    そういえば、小さいときや勤めているときに、年配の先輩たちから、
    よく飴をもらったことを思い出しました。
    とうとう私も、その年代になったのだなと。
    主人も飴を口に入れる回数が多いです。
    食卓の上に、キャンディーボックスを置いてあるのですが、
    減るのが早いです。

    インフルエンザ、、、ニュースで聞いて気になっております。
    通院があるので、マスクは欠かせません。
    おばあちゃんにも気を付けるようにと言っているのですが、
    マスクを付けようとしません。
    少し熱があるとか喉がいがらっぽいと大騒ぎ。
    主人のせいにします。
    主人は予防のためにマスクをしているのにです。
    絶対に、長電話が原因だと思います。
    大きな声でずーっと何時間も電話をしていますから。

    おじいちゃんが、生前、よくおばあちゃんに

    「おまえは、べらべらと余計なことを言うな!」

    と怒っていました。

    私も同じ思いです。
    次女への赤ちゃんの催促する言葉には、ほんとうに怒りました。
    今、思い出してもつらいです。

    おばあちゃんみたいに簡単に妊娠する人は、
    理解できないようだ。
    おばあちゃんは、妊娠しやすいということで、
    四人目を妊娠した時に堕胎手術をし、
    避妊手術もしたとのことだ。

    妊娠は、妻だけの問題ではない。
    旦那さんにもかかわる問題だということも理解できないのだ。

    私は、主人のプライドを傷つけないように、
    凄く気を使い、基礎体温をつけて、
    やっと二人の娘たちを授かった。
    連日連日、赤ちゃんはまだできないのか。
    おまえが上手に誘え。どう作るのか教えてやろうか。
    などなどと、どれだけ嫌なことを言われ続けたか、、、。

    それなのに、私の娘たちを可愛がりもせず、
    頼んでも、できない無理と言って、、、
    なんで今更、、、

  • 2019年始まって、もう半月たってしまいました。
    大変遅くなりましたが、、、
    今年もよろしくお願いします。
    久しぶりに熱が出て、インフルエンザか?と思いましたが
    咽頭炎でした。
    確かに熱の出る前から喉が異常に痛かったです。
    インフルもとても流行ってます。
    近所のお嫁さんもインフルになり、そのご主人、子供もなったのですが、
    おばあちゃんだけは元気だそうです。
    うちのおばあちゃんも元気です。
    どこもおばあちゃん達は元気なようです4( ´∀` )ありがたいことですが・・・

    アリスさんところのおばあちゃん、
    ご自分の親戚にいろいろお話して
    その親戚から次女さんのところに御祝いが届くのですね。
    そういうことを話したいんでしょうね。
    で、なんとなく御祝いをしなきゃいけない感じに親戚の方もなるんでしょうね。
    それを頂いた次女さんは???なあに?って感じで・・
    それでもお礼を言ったり、お返しをしたりしなければならない・・・
    そんなことはおばあちゃんには関係ないんでしょうね。

    私は似たようなことを思いだしました。
    それは私が長男を産んだ時、
    おばあちゃんは自分の知っているありとあらゆる人に電話をかけ、
    ○○病院だから見に行ってやって!
    と言ったようです。
    出産後の入院中はいろいろとやることが多く、病室にいないことが多く
    授乳室から戻ってくると知らないお客さん。
    沐浴から戻ってくると知らないお客さん。
    また、おばあちゃんのお姉さん達がぞろぞろ賑やかに来て
    私の母に「この子の着るものは私達がちゃんと着せますから!」と
    何かよくわからない先制攻撃みたいなことを言われたり。
    (その後、一度も洋服等いただいたことはありませんし、特に関わりありません)
    とにかく、おばあちゃんの電話によって集まってくる人達にバタバタでした。
    おばあちゃんのお姉さん達は好きで来たわけですが、
    なかには、私に「電話をもらって行ってやって!って言われたから来たけど、
    産後にごめんなさいね。」と言ってくれた方もありました。
    おばあちゃんの自分勝手な気持ちに多くの人が振り回されたんです。

    アリスさんのところとはお孫さんのことだし、
    それも嫁がれたとなると複雑ですよね。
    余分なことはほんとつつしんでほしいですね。

  • こんにちは。

    相手の気持ちになって話をする。
    相手の気持ちになって行動をする。

    これが出来ない、我が家のおばあちゃん。

    そう、相手を知らぬ間に
    傷つけたり、困らせたりだ。

    気が付かないのだ。

    自分自身は、誰かを喜ばせて
    お礼を言われた。
    あー嬉しいと喜んでいる。

    が、違う。

    出しゃばりが余計なことをして、、、、

    どうして、自分の身の程をわきまえないのか。

    私の娘たちが生まれてから今まで、
    ここの親戚の人たちは、お祝いをしてくれた?
    誰のせいで、親戚との付き合いがぎくしゃくとなったの?
    おじいちゃんが亡くなって、あなたはおじいちゃんの悪口を言って、
    付き合いが始まりだした親戚がある。
    どれだけおじいちゃんは、おばあちゃんをかばい、
    おばあちゃんの出来ないことをやってきてやって、、、
    今更、なんで嫁に行った次女に、
    うちを継いだわけではない次女に、
    いちいち何かを送るわけ?
    どんな人なのかも知らないおばあちゃんの姉妹から、
    お祝いを頂いても
    戸惑うばかりだ。
    おまけに、赤ちゃんはまだか、生まれたらと言っている。

    普通に口に出して言う言葉ではないのに。

    私だけでなく、私の娘にまで赤ちゃん赤ちゃんと。
    どこまで、人を傷つけるのか、、、、、。
    いくら、注意をしても理解しないおばあちゃん。
    おばあちゃんの姉妹もだ。

    なんで、嫁に行った娘にまで、、、
    許せない。
    悪気が無くても許せない。
    説明して、二度と余計なことをしないように、
    傷つけるようなことをするなときつく言った。

    気まぐれでやりたい様にやらないでほしい。

    なんで頭も心も足りないのか。
    バカにつける薬はないのか、、、と
    ほんとうに思うのです。

    果てしなく出るため息と涙です。


  • あけまして
     おめでとうございます。

    新しい年を迎えられました。
    今年は、もっと心の成長をしなければならない年と思っております。
    認知症が始まっていると言われたおばあちゃんと、
    私たちは暮らしていかなければなりません。
    これ以上認知症が進まないように、
    市が行っている高齢者の体操への参加を勧めたのですが、
    「そんなもん、やだよ!
     やりたくもないし行きたくもない!」
    と、即答。

    とにかく、主人と話し合った結果は、
    怒っても無駄なこと。
    穏やかにして、困ってきたときには相談できる人に相談をして
    対処していこうと。
    心に溜まったことは、口に出して話していこう。
    老人介護のヘルパーが足りなくなり、
    外国の方々の力に頼らなければならなくなってきている日本。
    本当にこれでいいのでしょうか?

    長生き、、、

    おじいちゃんが亡くなって、
    自分の好きな知人と出かけて遊んで贅沢なものを食べて、
    これが私の生きがいだからと言って、
    家の中の家事はほぼやらないで、
    朝から電話ばかり、
    家族と一緒に食事もしない、
    そして、認知症、、、

    ほんとうにこれでいいの?
    おばあちゃん、あなたの人生、、、。

    と、伝えたい。

  • >>1281

    こんばんは。
    私も今日までだと思い、
    焦ってここへ来ました。
    どうも、1月28日までのようですね。

    紅白歌合戦を、
    眠い目を凝らして娘と見ています。
    先程、娘は眠さに負け、寝室へ行きました。

    2018年を振り返って思うことは、
    無事に過ごせたことに感謝です。
    それには、ここでの投稿ができたことは大きいことです。
    誰にも言うことが出来ずに、
    姑への思いを書き留めることで、
    自分を前に向け、心を平静にして付き合えて来れました。

    こんなにも、
    sora_umiさんちのおばあちゃんと似ていることに驚きました。
    お互い、逃げずに、家族なんだからと理解して、
    おかしな人だと思いながらも、
    口に出せずに、何十年も嫁を務めているんですよね。
    ここまでくると、泣けて笑えるおばあちゃんと思えます。
    こんな人にはなるまいと言う思いが、
    自分を保てたと思います。

    ほんとうに、sora_umiさん、
    ここでの書き込みをさせていただき感謝しかありません。

    あと少しの間ですが、
    来年もよろしくお願いします。

    次女のことでは、けじめを付けました。
    次女のためです。
    嫁いだ先で、可愛がっていただき、
    次女は、こちらにいたときと違って少し重い責任感が取れて、
    甘えてしまっているようです。
    こちらへも、ご主人の出張の度に帰省して来てのんびりとして、、、

    私は、これではなかなか、あちらの嫁としての務めが、、、と思うようになり、、、
    この12月は、次女に印籠を渡しました。

    私も主人も、今度こそ腹をくくり、
    しっかりと支え合って暮らそうと決めました。
    なぜか、私は少し気が楽になりました。

    というのも、次女が、ご主人のご両親を慕う言葉を言ったことで、
    安心したのです。
    この時だと思い、もうこちらへは甘えに来ないようにと伝えました。

    sora_umiさん、
    いい年をお迎えください。
    お互い体に気を付けて過ごしましょうね。

  • あれ?ごめんなさい。
    1月28日までですか?
    なんか12月末で終わりかと思ってました。
    もう少し続けれるのですね(*^_^*)

  • >>1278

    いえいえ、うちのおばあちゃんも一人で警察に行く!と言ってましたが、
    どう考えても無理なのでついて行きました。
    肩からかけるカバンや、リュックサックはダメ!というのも同じです(*^-^*)
    そういう姿の同じ年代の人をみかけると
    「あんな格好はしたくない!あんなおかしな・・・」とか、
    もっとひどい言い方をします。
    本当にアリスさんのところのおばあちゃんとうちのおばあちゃん、
    よく似ていますよね。
    ここの場所で、アリスさんと出会え、
    何かある度に聞いていただき、
    アドバイスをもらったり、同感してもらえて気持ちが楽になったり、
    本当にいろいろありがとうございました。
    アリスさん、体に気をつけて無理なさらにようにしてくださいね。
    おばあちゃんのことはご主人にまかせて、
    お嬢さんのこと第一です!わが子が一番!
    今年もあと二日。それでここも終わってしまうんですよね。
    さみしいです。また、どこかでお会いしたいです。
    でも無理かな~?
    でも、もしかどこかでsora_umiって見かけたら私です。
    そこでまたお話したいです・・・

  • >>1276

    sora_umiさんちのおばあちゃんの実家は、
    自営業だったんですね。
    それも雇っている人が多かったのですね。
    そこの娘さんだったのなら、分からなくもない気がします。
    嫁いできても、変わらなかったのですね。

    人を上に見たり、下に見たりとするのは、
    うちのおばあちゃんもひどいですよ。
    態度と言葉が、ビックリするのですが、
    あからさまに変わるのです。
    おじいちゃんが亡くなって8年経ちましたが、
    未だに、おじいちゃんの奥さんだと言う意識が強く、高慢な態度と言葉遣いを
    するのです。
    何を勘違いしているの!
    なんです。
    皆様のおかげでという意識が薄いのです。
    主人と私は、
    こんなおばあちゃんが恥ずかしいと思うのと、滑稽な人に見えて。
    主人が注意をしても、理解できないようで。
    おばあちゃんが努力して、知識を身に着けて、人のために尽力を
    注いだのではありません。
    財力もです。
    あまりにも、考えもなしにお金を使うので、主人が注意をしたのです。
    ところがおばあちゃんは
    「私の金だ、あんたにあーだこーだと言われる筋じゃないよ!」
    と。
    主人が
    「おやじが残した金だ。おふくろが苦労して貯めた金じゃねえじゃんか。
     大事に使えよ。」
    と。
    おばあちゃんは、声を小さくして
    「わたしだって、、、わたしも一緒になって、、、働いたよ、、、」
    とぼそぼそと言ったのです。
    主人は
    「ほんとか?違あだろう?」
    と。
    おばあちゃんは、そそくさとその場から離れて行ったと。

    遊びを覚えてしまったおばあちゃん、
    どんどん大事にしなければならないものを見誤っております。

  • >>1277

    おはようございます。
    まだ暗い朝です。
    昨日に、録画予約しておいたTV番組を
    コタツに入り見ています。
    主にドラマですが。
    ドラマの中の言葉で、胸に響く言葉があり感動してしまいます。
    下○ロケットの社長さんの言う言葉は、毎回、改めて人として生きるにはと思い直され、
    勇気をもらえます。
    そして、NH○のアシガー○。懐かしい。まとめて短くしての再放送。
    癒されました。
    いよいよ、今夜、特別ドラマだ。
    楽しみです。
    その時間に見れますように。
    一応、予約録画はしておきました。

    sora_umiさん、
    おばあちゃんの落とし物。
    警察に一緒に行くことを頼られて良かったですね。
    大騒ぎをしなかったことも良かったです。
    良識をちゃんとお持ちのおばあちゃんです。

    うちのおばあちゃんも、お財布を落とすというか、
    置きどこ忘れが多すぎるのです。
    自分が悪いのに、大騒ぎをして誰かのせいにする。
    情けないですよ。
    私には頼りません。
    そう、主人を振り回します。
    主人だけでなく、立ち寄ったスーパーや他の店もです。
    常習です。名前が知られております。
    数時間して、スーパーのサービスカウンターから電話があり、
    落とし物として届けられたと。
    直ぐに取りに行きます。本人確認を持ってです。
    どれだけの人に迷惑をかけるか。
    格好を気にして、ハンドバックしか持たない。
    財布を出すときに、必ずどこかに置いてから取り出す。
    支払いを済ませ、財布を仕舞い、店員さんから買った物を受け取る。
    そう、どういう訳か、ハンドバックを手に持つことを忘れるのだ。
    ひどいときは、買ったものまで忘れてくる。
    何しにスーパーへ行ったのとなる。

    それで、主人と私は考えた。
    肩から斜めにかけるショルダーバッグを持てば、置忘れが無くなると。
    買った物も、リュックサックに入れれば忘れないと。
    それのが楽でしょ。
    と、伝えたが、、、おばあちゃんは
    調子よくわかったわかったと言うが、、、
    そんな、婆さんくさいことができるかと意地を張り、
    聞きはしない。

    見かけよりも、他所の人に不快な思いを与えていることを気にしてよ
    と伝えても、おばあちゃんは
    「わりいね、婆さんは迷惑かけるもんだから。」
    と、にまあ~と笑顔で、反省もせず開き直って言う。

    どうしょうもない婆さんとなっています、うちのおばあちゃんは。

  • こんにちは!
    うちのおばあちゃん、お財布をなくしたことを内緒にしていたのですが、
    警察に届けられてると電話をもらって、一人で行けないので
    私達に話すことにしたのです。
    お友達と(同じ年の90歳)バスに乗ってデパートへ出かけ、そこで落としてきたのです。
    その日に無くなってることに自分で気づいていたのに
    ずっと黙っていたんです。
    すぐ話してくれたら、デパートに取りに行くだけですんだのに・・・
    デパートの椅子の下にあったのを店員さんがみつけてくれたそうです。
    何も連絡がないので、警察に届けられ、
    お財布の中に歯医者さんの診察券があったので、
    警察から歯科医院に電話して、その歯科医院からおばあちゃんのところに電話があったのです。
    でも、おばあちゃん、電話がどこからかかってきたのかとかは聞き取れてなく、
    警察にお財布が届けられたことだけがわかったのです。
    デパートにはバスで行けても警察にはタクシーで行きました。
    もちろん私も一緒に行きましたが。
    結構大きな警察署の自動ドアのところまで乗りつけ、
    降りたら警察官に「こんにちは!」と立派にご挨拶!
    もう恥ずかしというより、ボケたおばあちゃんの付き添いです!みたいな感じでいました(*^-^*)
    無事に現金も戻ってきました。
    自分の失敗はこんな感じで隠そうとするんですよね(;´Д`)困ったものです。

  • 途中で送信してしまいました。

    そして、人のことを上に見たり、下に見たり・・・
    そういう感じが普段話をしている時もうかがえます。
    なんか、とても残念ですね。

  • こんにちは!
    今、アリスさんのを読ませてもらってて、
    思わず笑えてきました。
    なぜって、私が書いてるのを読んでるの?って思うほど、
    うちのおばあちゃんも病院での様子、親戚を振り回しかなり図々しく色々お世話になること、
    あと、言葉がきたないこと・・・
    いっしょです!(*^-^*)
    主人も亡くなったおじいちゃんもきたない言葉は使いません。
    おばあちゃんだけ・・・
    うちのおばあちゃんは「自分の家は鉄工所で
    小僧さん、洗濯ばあさん、飯炊きばあさんがござって、
    その人らは下の方でごはん食って、わしらは上の方で食っただに!」
    (おばあちゃんの言葉のまま)
    と得意げによく話します。
    子供の頃からそういう言葉を使っていたこと、
    そして

  • >>1273

    こんにちは。
    気温が高くて、なんだか変だな?
    と思っております。
    冬に入ったのに、まだ、コートを着た日がありません。
    春になって咲き始める花が、もう咲いてしまっております。
    大丈夫なのかな地球は、、、。

    sora_umiさんのおっしゃることは、
    私も同感です。


    主人が私に
    「うちのおふくろは、こんなにも勝手がつええとは思わなかったよ。
     周りの人に迷惑がかかっていることにも気づきゃあしにゃあ。
     何も考えていにゃあ。
     おふくろの性格ってこんなんだったか?ってがっかりしちまあ。
     病院の待合所で、並んで座ってたって、じっと座って待っていにゃあ。 
     自分の番がまだかと、行ったり来たりと落ち着きがねえ。
     静かにしてろと言っても聞きゃあしねえ。

     昨日は、○○(弟の名)のお義母さんに頼んで、朝の9時半に迎えに来てもらって、
     眼医者に連れてってもらって、
     その帰りに、おやじの妹さんの○○おばさんの所へ寄らせて、
     夕方の4時半に帰ってきてんだぞ。
     どんだけ、人を振り回してんだか。
     
     おばさんちに迷惑ばっかかけて、嫌んなっちまあ。
     わりいなあって思うよ。
     
     それによ、昨夜、
     テレビを見てたら、裁縫箱を持ってきて、なんか知れねえけど、
     なんか縫ってんだよ。
     それが、うまく縫えねえのかなんなのか、
     急によ、でけぇ声出して、
     こんちくしょー!!!
     うまくできやしねえ!!!
     って、きたねえ言葉で言うだよ。
     まったく、がっかりしちまあ。
     
     どうも、怒りっぽくなってらあ。」

    私は
    「私もあなたも、きたない言葉って言わないもんね。
     だから、なおのこと、自分のおふくろが、、、って思っちゃうよね。
     どういう家庭で育てられたんだろう?
     ほんとうに、おやじは、おふくろのどこに惚れたんだろう?って
     思っちゃうでしょ?」

    主人が
    「ああ。
     従兄弟会に初めて行ったときに、○○さんが、
     俺のおやじとおふくろは、あの当時にしては大恋愛をして結婚したんだぞって、
     言ったんだけど、頭をかしげちまあよ。」

    私は
    「おばあちゃんの甥子さんだよね。たぶん、おばあちゃんが大げさに言ったことを
      うのみにしたのかも。」

    主人
    「あり得るな、おやじはそういうことは言わねえしな。

  • 本当に今のお年寄りは恵まれていると思います。
    そんなことを言うと叱られちゃうかなぁ?
    確かに戦中戦後の大変な時代を生き抜いてきたので
    そういう面では大変だったでしょう。
    でも老後は特に医療面では、
    恵まれていると思います。
    飲まない薬まで予備にもらってきて
    ドンドンたまっています。
    クリニックには先生とお話をするために行き、
    それを楽しみに3週間に一度通院しています。
    「先生元気でね!」とまるでお友達のようです。
    こんな人と本当に病気で来ている患者さんと一緒の病院というのは
    どうなのかなぁと思います。
    定期的にお薬をもらいに行く元気で遊び感覚で病院に行く人には
    それ専用のクリニックを用意したほうが、
    本当に病気の人が早く診察してもらえると思います。

  • おはようございます。

    朝冷えが、だんだんと耐えられなくなってきています。
    コタツに入っての朝食となりました。

    おばあちゃんの胃カメラの検査結果は、
    大丈夫でした。
    主人は、毎年も検査をするなんて、、、何か病気でもあるのか?と気になり、
    今回は、おばあちゃんの送迎だけでなく、
    医師に会い、話を聞いてきました。(かかりつけの病院ではない)
    「何もないですよ。とてもきれいな胃ですよ。
     安心してください。」
    とおっしゃって下さったとのことです。

    主人は
    「おふくろが、毎年、検査をしてくださいって言われたからやんなきゃと
     言ったのですが、大丈夫なら毎年でなくてもいいのでは。」
    と聞いたのです。

    医師は
    「市の検査は、本人の希望で行うのです。私が毎年受けたほうがいいとは
     言っておりません。あくまでも本人の希望ですよ。」
    と、言い終わると、
    直ぐに、おばあちゃんが
    「いいだよ!私が受けたくて受けてんだから!
    毎年受ければ安心じゃ!」
    と、言ったのです。

    また、おばあちゃんは、
    主人に嘘を言い、振り回しました。
    はあ~とため息。

    胃の自覚症状もなく、
    普段、傷みかかったものを食べても、お腹を壊さず、
    清潔にしてない台所で食事を作り、食べてきている。
    外食が好きで、その量は多いのでは?と思うのに、
    全部食べてくる。それでも、足りなくて、食べ物屋さんには失礼でしょ。
    やってはいけないでしょ。というのに、焼きおにぎりを、
    参加者の分までたくさん作って持っていき、そこでみんなに配り、
    食べてくるのです。
    食べ過ぎなのでは?と思っていても、
    お腹を壊すことはないのです。
    こんなにも、丈夫な胃腸なのに、
    安く受信できるからと、毎年、受信しているのです。
    この、定期検診の補助金が、どこから出ているのか、、、
    考えもしない。

    主人は、そのこともおばあちゃんに伝えたのです。
    理解できないのだ。

    定期検診、、、ほんとうに受信しなければならない人たちに
    受けていただきたい。
    こう書くと、いけないのかもしれないが、、、。
    お年寄りの病院への受診率を見ると、、、。
    病院へかからないように、健康に過ごす生活改善を指導するようにしたら、
    日本の医療費は減って、ほんとうの健康な身体と心になるのでは
    と思うのです。

  • もうひとつ、別の話ですが。

    主人が、ずっと気になっていたことを、
    やっと、おばあちゃんに言えたことです。

    先日、おばあちゃんの誕生日を祝いました。
    数日早くやったのです。
    先週に、おばあちゃんから
    「19日に胃カメラの検査があるから、誕生日のごちそうはいいから、
     いらないから。」
    と言われたのです。

    毎年、秋に胃カメラの検査を受けるのです。
    バリウム検査が辛いからということてで、胃カメラにしてもらっているのです。
    何か、胃の病気をしたわけでもありません。
    医師に勧められたわけでもありません。
    市の胃がん予防の検査を受けるためです。
    希望者のみです。
    そう、いくらか自己負担です。
    毎年って、、、と思っています。

    主人は、42歳の時に、胃と十二指腸の切除手術をしていますが、
    術後5年経ってからは、2年ごとでの検査でいいとなりました。
    私も胃炎と胃潰瘍を患っていましたが、
    勤めを辞めて、数年したころに治りました。
    それからは、胃カメラの検査は無くなりました。

    私たちがこうなのに、
    胃腸の病気を全くしないおばあちゃんが、
    毎年胃カメラの検査って、、、おかしくない?
    と、主人と言っております。

    なぜ、今月に検査を申し込んだのか?
    と気になりました。

    その誕生日の祝いの時に、
    おばあちゃんの大好きなお寿司を出前してもらったのです。
    おばあちゃんが
    「割りばしを使わないでくれるかな。それを取っておきたいから。
     こっちの箸をとってくるから、こっちを使って。ねっ。」
    と、言って、箸をキッチンのボードの棚まで取りに行き、
    渡したのです。

    主人が
    「おふくろ、手を洗っておいで。
     食事の前には、ちゃんと手を洗おうや。」
    と言ったのです。

    おばあちゃんは、目をぱちくりとして、主人を見ていましたが、
    手を洗いに洗面所へ行ったのです。

    そして、主人は、おばあちゃんから渡された箸を、
    キッチンの流しで洗ったのです。

    食事の前に、手を洗うということが当たり前のことなのに、
    おばあちゃんはやらないのです。
    トイレに行っても、手を洗わずに、ズボンを上げながら出てきて、
    キッチンの流しまであちこちを触りながら来て、
    石鹸を使わずに、バシャバシャとするだけで、
    エプロンかズボンでパパっと拭くのです。

    主人は、それが嫌なことで、、、。
    やっと、この間、おばあちゃんに言えたのです。

  • >>1269

    おはようございます。

    sora_umiさんちのおばあちゃんも、
    うちのおばあちゃんと一緒ですね。
    ほんとうに似ています。

    このところ、うちのおばあちゃんおとなしい。
    来客者も来ない。
    おとなしいのも、なんだか気になる。
    主人との朝食の時の会話。
    数日前のことなんですが。

    ショックな、落ち込むと言うか、はあ~と情けなくなるということを
    聞きました。
    私たちの長女の病気を気遣って、
    おばあちゃんに、主人が注意をしてきた。
    でも、それは、こんな時間に掃除機を使うか?というような
    非常識な騒音を立てることに対してだ。
    電話の長っぱなし。そう、耳の聞こえが悪いので、
    大声の話し声が何時間も。
    戸の開け閉めの、乱暴に大きな音をたてることなどだ。

    そう、おばあちゃんにすれば
    「なんで、わたしばっかが不自由な思いをして暮らさなきゃ
     なんないのかね!
    ○○(私の長女の名)を入院させることはできないのかね!」
    と、言ってきたとのことだ。

    呆れる。
    力が抜ける。
    やはり、人としての情が無さすぎる。
    私の娘たちのおばあちゃんがこんな人なのかと、
    まざまざと思わざるを得ない。

    亡くなったおじいちゃんを、
    緩和病棟に入院させてしまった時のことが蘇える。

    どこまで、自分のことしか考えることができないのか。

    主人は
    「おりぁあ、あまりにも、、、あり得ねえよな、、、
     これが、俺のおふくろなのか、、、。」
    と、つらそうに言ったのです。

    私も
    「そうだね、、、
     ほんとうに、○○(長女の名)と○○(次女の名)にとってのおばあちゃんが、、、
     こんなにも優しさに欠けているとは、、、
     やっぱり、、、
     おばあちゃんが、パパには悪いけれど、許せない、、、。」

    主人は
    「俺もだよ、、、。」

    私は
    「おばあちゃんは、親からの愛情をもらってないのかな、、、。
     なんで、こんな酷いことが言えるんだろう。
     その人の身になって、自分に置き換えて、考えられないんだろう、、、。
     どういう育てられ方をしてきたんだろう、、、。」

    主人
    「俺は、おふくろの親を知らねえんだよな。
     思い出してみても、会ったことがねえんだよな。
     ってか、おふくろの方の親戚も知らねえんだよな。」


    「おばあちゃんが、嫁いだ先を飛び出したことで、
     付き合いが出来なくなったのかもしれないね、、、。」

    と。

  • こんにちは!
    本当に陽が沈むのが早くなりましたね。
    一日が短くなってしまいます。

    アリスさんのおばあちゃんの
    「ああ、そうだね。」と返事だけというお話
    家も全く同じです。
    どうしても注意しなければならない時、
    「こうしたほうがいいよ!」とか「こうしてね!」と言うと
    「そうだ、そうだ。」といい加減に返事だけします。
    「わかった?」と念を押しても
    「わかった、わかった」と返事だけで
    全くこちらの思いは伝わっていなくて
    どこまでも自分のやりたいようにします。
    そして私達に隠れてやるようになるので
    かえってわからなくなってしまうことも、、、
    よく言えば、芯が通ってる、ぶれない、、、、
    ということなんでしょうけど、
    本当に困りますね(*´Д`)

  • おはようございます。
    まだ暗い朝です。
    寒いと感じます。

    昨日に録画した番組を見ました。
    やはり、ドラマの途中、途中に入るCMが邪魔と思ってしまいます。
    最初と最後にまとめての宣伝とはならないのかと。

    秋に入り、晴れている日が少ないように思う。
    陽が沈むのが早くなったので、洗濯物がすっきりと乾かない。

    聞こえが遠くなったおばあちゃん、
    昨日は、洗濯機からすごい音が響く。
    なんだ?なんだ?
    何かが洗濯槽の中に入っているよね、、、?
    おばあちゃんは気にしていない、、、。
    主人が、脱衣所へ向かい、
    そこにある洗濯機のスイッチを止めた。
    蓋を開けて、手を中に入れて
    何かと探した。
    ヘアブラシが、、、なぜ、この中に?

    おばあちゃんが、脱衣所に入ってきた。
    「あー、そのうちに音が止むかと思ったけど、
     なんだ、そんなもんが入ってたかね。
     そこに置いといたくしが洗うもんと一緒に入っちまっただね。」

    主人
    「洗濯機が壊れたらどうする?
     洗うものをひとつひとつ見てから入れたらどうだ。
     それと、洗面所の周りに出しっぱなしにしないで、
     片づけたらこんなことにはならないんだぞ。」
    と、穏やかに伝えたが、

    おばあちゃんは
    「ああ、そうだね。」
    と、返事をしても片づけないとのこと。

    コンセントに差し込んだままのヘアドライヤーとヘアーカールブラシ。
    洗面所の鏡の周りにあるポケット棚には、化粧品やクリームなどが、
    たくさんぎゅうぎゅうに押し込んである。
    引き出しの中にも、入っている。
    使うものだけ置けばいいのに。
    なんで、こんなに。
    腰と膝が痛いということで、洗面台の前には、椅子が置いてあるが、
    使ったタオルがたくさん掛けられている。
    バスタオルは、毎日洗わない人だ。
    体を拭いて湿ったまま、掛けてある。
    雑菌が増えるのでは、臭いがするのではとおもうのだが、
    平気だ。

    洗剤類も、並べて雑然と出しっぱなしだ。
    棚などを置いてしまうということをしないのだ。
    なので、広めの脱衣所だが、
    汚いと見えてしまう。

    おばあちゃんは、これでいいと言うのだ。
    しまうと、どこに何があるか分からなくなるとのことだ。
    化粧品やクリームなどは、
    寝室の隣の部屋に置いてある鏡台に持って行って、
    そこで化粧をしたらいいのにと思う。

    主人は、脱衣所で化粧しているおふくろが見えると、
    嫌になっちまあと。

  • <<
  • 1287 1268
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順