ここから本文です

カメラ談義

  • 790
  • 3
  • 2017/10/30 20:24
  • rss
  • 1

    *****

    新旧の写真機、映像など、フイルムカメラ、デジカメなど、巾広く、気軽に語りあいましょう。

  • <<
  • 790 759
  • >>
  • 790(最新)

    wudifangshi 10月30日 20:24

    ニコンが中国のコンデジ工場を閉鎖


     約70億円の費用をかけて中国のコンデジ工場を閉鎖し、従業員約2300人を解雇するんだと。
    これって2016年に発表した赤字71億円に匹敵する額ではないか。
     技術はあっても商売は下手ってことだよな。まあ頑張って立て直してくれ。あんたたちがダメになるとキャノンが増長するから。とは言っても今ではソニーという強敵がいるからそれはないか www

  • キャノンとニコンの場外乱闘?


     最近キャノンはキャノンオンラインショッピングでBoco社の「骨伝導イヤフォン」の取扱を始めた。ワイヤードタイプは9800円、ブルートゥースのワイヤレスタイプは25800円。一方でニコンはイメンスという通販会社から補聴器の販売を開始し、こちらは38000円。

     ウォーキングをしながら音楽を楽しむ機会が多い身としては、ワイヤレスタイプ骨伝導イヤフォンはおおいに気になる存在ではあるが、かなり値が張る製品なのでもしも音質がいまいちだったらと考えると二の足を踏んでしまう。ただし既存のイヤフォンでは風の強い場合は風切り音が発生するのが悩みの種であるが、もしもそれが少ないというのであれば検討の余地はあるが。
     補聴器については今のところお世話になる必要はないのでニコンの補聴器を買うつもりはない。

     ビジュアル(視覚)だけでなくオーディオ(音響)の分野でもこの宿命のライバルは激突しているのか? しかし骨伝導イヤフォンと補聴器は同時に使用できるだろうから、仲良く協調して仕事ができるかも(笑)

  • 進撃のキャノン


     EFレンズに新顔が加わった。

    ●TS-E 50mm F2.8L

    ●TS-E 90mm F2.8L

    ●TS-E 135mm F4L
     
     価格は全て315,000円。TS-Eは既発売の17mmや24mmⅡに加えてこれで5種類となり、LでないTS-Eレンズはディスコンとなるだろうから、ラインナップ全てがLとなるわけだ。
     TS-Eレンズはアマチュアに大量に売れるような製品ではないからコストダウンが難しく、それでこの高価格になるのだろうな。この五本の中では17mmがAPS-Cに装着した場合でも約28mm相当として使えるところから、一番「使える」レンズと言えば言えるかもしれない。もっともこれらのレンズはAPS-Cに使われることは前提としていないだろうけどね
     シフト効果はPCと画像処理ソフトで十分補正可能な場合がほとんどだろうし、チルト効果も擬似的なものであればやってできないわけではあるまいから、これらのTS-Eをわざわざ買おうとするアマチュアは少ないだろうな。新発売の3本は、どれも70~200mmF2.8LⅡや100~400 F4.5~5.6LⅡよりも高いのだから。
     TS-E45mmなら使った一時期使ったことはあるが、私にとってはどうしても必要なレンズというわけではないことがわかったので手放した。

  • M6買うか


     メーカーの思惑に乗せられているのはわかっているが、M3では不満におもう機会が増えてきたのでやむを得ず(-_-)

  • OM-D EM1 MarkⅡがカメラグランプリで二冠を達成

     かつてEOS7D MarkⅡも同じように「大賞」と「あなたが選ぶベストカメラ賞」の二冠に選ばれているわけだが納得の結果ではある。

     さあどうするキャノンさん? いつまでも何かに遠慮しているようなミラーレスを作っていては置いていかれるだけだぜ。次回カメラグランプリの本命はソニーα9だろうけどな。

     ミラーレスはAPS-C、レフレックスはフルサイズというように棲み分けさせてはどうか? いつまでもKiss、Kissじゃいずれは行き詰まると思うが?

     これからはマウントアダプターで他社のミラーレスにキャノンレンズを取り付けて使おうかと本気で考えている。完全電子マウントの恩恵で機能にほとんど制約を受けないで使用できる製品もあるらしいし。

  • ニコンが71億円の赤字だってさ

     2016年秋には千人以上の希望退職者を出したわけだが気の毒に。カメラとステッパー以外に収益の柱がないのではデジカメ不振の昨今では無理もないか。

     そこへいくとキャノンは東芝の医療器機部門を買収して本格的に医療器機分野に進出する構えで、「もはやカメラメーカーではない」とのかつての社内からの豪語も本格化しつつあるな。
     眼底カメラではCanonの文字をよく見かけるが、これからはMRIなどにもCanonのロゴが描かれたものが普及していくわけだ。
     SEDの敵(かたき)はメディカル分野でというわけか? でもカメラ作りのほうがおろそかにならないようにしてくださいよ。まだまだAPS-C用レンズとミラーレスカメラは発展途上ですから。

  • EVF-DC1とEVF-DC-2に互換性はあるけど


     カメラ誌をめくっていたら、M6の記事が載っていたがその中でDC-2は可動式ではないという趣旨の記述があった。可動式だからこそ外付けEVFの価値があるのであって固定式ならあまり欲しくはないな。それならM5の内蔵式固定EVFと大した違いはなく、装着時には大きな出っ張りとなるぶんM5よりも不便ではないか? これならボディー+EVFのバンドル商品をわざわざ買う必要性はあまり感じない。

     こういうところがキャノンらしいと言えば言えるか。がっかりだな。

  • キャノンからM6が出る

     2017年2月15日のキャノンのwebで、2017年4月上旬にM6が発売されるとの発表。M5が出てからそんなに月日が経っていないのになぜそんなに早く新型を? と思ったがこれこそM3の後継機と言える内容のもので、M5とは棲み分けができるとキャノンは考えているのだろう。コマ速が最高9コマ/秒(ONE SHOT AF時)になったりデュアルピクセルCMOS AF採用が主なトピックと言えるか。

     M3と同様に外付けEVFが使えるが、旧型のEVF-DC1と新型のEVF-DC2の間に互換性があるのは旧型ユーザーにとっては朗報である。キャノンはアクセサリーの互換性にあまり配慮しないような印象があったので意外だ。ホットシューを使って装着するため外部フラッシュを同時装着できない欠点もそのまま引き継いでいる。
     この新型EVFはニコン1用のものにデザインが似ている気がするが?

     今回もバッテリーグリップは用意されず、LP-E17単体で使うしかないのはいかがなものかと思う。キャノンならバッテリーグリップぐらい簡単に作れるに決まっているが、これはなぜだろう?

     SDカードについては今回もUHS-Ⅱの採用は見送られたが、データの書き込み速度大幅短縮を実現する気はないのか。

     さてM3からM6に買い換えするかM6を買い増しするか迷うところだが、すぐにどうしても欲しいわけではないのでM7かM8が出るまで待った方が良さそうではある。

  •  巷ではM5への評価が低いようであるが当然ではあるだろう。あれでは小手先のスペックアップで誤魔化そうとしていると言われてもしかたあるまい。EVFを内蔵したのは自然な流れではあるのだろうが、チルト操作可能なM3の外付け方式の方がありがたい。EVFは液晶モニターと違って視度があるし、外光にも左右されないのが良いところ。外付けなら鼻が液晶モニターに接触しない角度で使うこともできるし。

     キャノンさん、もうそろそろ端的に言えばミラーレス版7DmarkⅡと言えるような製品をリリースしてください。E-M1にガチンコバトルを仕掛けられるようなハイスペックミラーレスを作らなければアドアマには支持されませんよ。ビギナークラスは家電店に並ぶようなkissや8000系に任せておけば良いのです。あるいはM2桁(いずれは3桁も?)モデルでもよいし。ミラーレスがレフレックスを追い越す下克上があっても良いのではないか?

     個人的な話で恐縮ではあるが、年をとるにつれて大口径レンズや重い一眼レフを使うのがだんだん億劫になってきた。ミラーレスの軽さはありがたいのだが、これにEFレンズを組み合わせるのは大きさ重さの点で無駄が生じている。そもそも現行のMはスナップ撮影には良いがそれ以上のミッションには力不足。ミラーレスにはミラーレス用のしっかりとしたシステムを構築するべきであろう。ボディーにしても、EFレンズにあの可愛らしいMのグリップではいかがなものか。

      このままではいつまでたってもソニーやオリンパス/パナの4/3連合軍には追いつけないぞ。「流石はキャノンだ」と思えるような製品をリリースしていただきたい。

  • >>769

    タムロンの16-300なんかいいんですけどね。残念ながらミラーレスには対応していません。
    タムロンのミラーレス用の18-200なんていうのもあるのですが、これが直近の候補です。でもこれもM5にて動作不良なんてことになりかねません。キヤノンのレンズならばこういうことは殆ど発生せず、発生してもファームの書き換えで使える様になる様なので、キヤノンのレンズが理想ですね。
    EFS18-200USM EFS18-300USMが理想なのですが、来年3月頃まで待ちますわ。
    カメラを持っているだけでも仕方ないので、明日は彼岸花畑にでも行ってみようと思います。

  • >>768

    > EF-S 18-200 USM  OR  EF-S 18-300 USM

     そんなにそういうスペックのレンズが欲しいのですか? キャノンが製品化するまでとりあえずレンズメーカー製レンズで希望に近いスペックのものを入手して我慢するというのはどうでしょうか? 希望の製品が出たら不要となった製品を下取りに出して買い換えれば良いのでは?
     
     私の場合は長いことキャノンレンズオンリーで来ましたが、キャノンにはないAPS-C用の魚眼レンズについてはやむを得ずシグマ製を使っていますし、それ以前にはこれも同じ理由で仕事用にシグマ製のフルサイズ用12~24mmを使っていました。

     カメラメーカー製のいわゆる純正レンズとレンズメーカー製レンズの違いを味わうのもまた一興ですよ(^^;)

  • 2015/09/22 進撃のキャノン


     ミラーレスの新型としてEOS M5が、EF-Mの新製品として18-150mmが出た。

     M5はパワーショットG5Xをレンズ交換可能にしたようなスペックで、私がM3に対して不満に感じていた点がほぼ解消されている。連写はサーボAF時で7コマ/秒、ワンショットAF固定なら9コマ/秒でAPS-C一眼に見劣りしなくなった。M3の最高4コマ/秒ではかったるかったのでこの点は歓迎。

     外観はEVFを内蔵した関係でパワーショットG5Xに似ている。言われなければG5Xと誤認してしまいそうだ。ホットシューが外付けEVFから解放されたので外付けスピードライトが自由に装着できるようになったこともありがたい。さらに良いのはリモートレリーズが装着可能になったこと。

     ただしここでもUHS-Ⅱは採用されていないがなぜだ? キャノンはそんなにUHS-Ⅱが嫌いなのか。サンディスクはUHS-ⅡのSDを作っていなかったっけ?

     EF-M18-150mmf3.5~f6.3は、15mm始まりなら買ってもいいけど18mm始まりなら食指が動かない。EF-Mはレンズ外径を統一している関係でこれ以上の大口径にはしない方針らしいがワイド側はやはり15mmにしてほしいところだ。

     バッテリーはLP-E17で少々がっかり。どうしてもLP-E17を使うというのであれば、2個以上装填できるバッテリーグリップを用意してほしいものである。

     さてM3をM5に買い換えるかそれともM5を買い足すか。ミラーレスならボディー2台持ち歩いても軽いので買い足してM3とM5の2台体制でも良いが。

  • 進撃のキャノン…と言いたいところだが


     このほどEF Lレンズ2種とデジ一眼1機種が発表された。レンズについては順当なリニューアルだと思うが、気に入らないのは5DmarkⅣ。記録メディアは従来どおりSDとCFなのだがこのSDが意外なことにUHS-Ⅱ対応ではないのだ。今出すのならUHS-Ⅱに対応していて当然だと思うのだがなぜだ?

     UHS-Ⅱに対応する技術はもちろんあるだろうになぜ採用しない? 本来なら7DmarkⅡで採用されていてもおかしくはない技術なのになぜケチるのだ? UHS-Ⅱに何か問題でもあるというのだろうか。UDMA7 CFよりも速度の速いタイプUHS-Ⅱ SDを同じカメラに同居させるわけにはいかないとでも?

     キャノンは画期的な技術でもなかなか採用しない面はある。フィルム面反射を利用したフラッシュ光の制御など、自社が基本特許を持っていながらその技術を採用するのは重立ったカメラメーカーの中で最後に近かったなどというのはその典型的な例と言える。

     やはりキャノンは技術を出し惜しみする会社なのか?

  • >>762

    >一眼レフ用のレンズとミラーレス用のレンズの設計上の最も大きな違いは何かを理解していますか?値段が高いか安いかではないですよ。

    ミラーレスには、ミラーの部分のスペースがなく、レンズと受光素子との距離が短い為に、レンズ設計がし安く、小型化しやすいとのことですが、実際に使った感覚では、EF-Mには不満があります。画質はEF-M 18-55 STM でズームを18に設定するよりも EF-S10-18 STM でズームを18に設定した方が上だと感じます。そんなことから、EF-Sの方が優れていると思っているのです。まあ、18-55で、18のところは一番きついところなのかもしれませんが。

  • >>762

    >一眼レフ用のレンズとミラーレス用のレンズの設計上の最も大きな違いは何かを理解していますか?値段が高いか安いかではないですよ。

    ハイ。お金をかけて、やる気があればいいレンズが出来るとしか理解していません。誤解が多々ある様で申し訳ありません。

    レンズの理論は、2枚のレンズの物しか読んだことがありません。EF-S10-18は、開発者との対話の記事を読んで、EF-S10-22USMよりも画質がいいという表現を見ただけで購入に至ったまでです。少しはレンズ設計に関する知識をつけた方がいいのかもしれません。すいません。

  • >>761

    いささか失礼なことをお尋ねするようですがピッコロさんはレンズ設計に関する本を読んだことはありますか?もしなければ何冊か読んでみてください。

    一眼レフ用のレンズとミラーレス用のレンズの設計上の最も大きな違いは何かを理解していますか?値段が高いか安いかではないですよ。

    カタログに書いてあることやネットで引っ張ってきた情報だけでは偏った知識しか得られません。ご自分で基本を学んでくださいねm(._.)m

  • >>760

    そうなんですか。M3は画素も2400万画素で、80Dと同じですし、コンパクトで非常に使い勝手がいいです。
    ただ、レンズに関しては、EF-Mは小さくて軽いのですが、EF-Sの方が描画性能は上なのではないかと思います。その代り、レンズが大きくて、レンズでっかちになります。先日買ったEF-S 10-18 STM 超広角は、非常に径と曲率の大きいプラスチックモールドの非球面レンズを使っているという事で、EF-S 10-22 USM よりも、歪みなどの画質は上とのことです。超広角なのに、外周部の歪みは気になりませんでした。EF-Mの超広角ではここまでの性能があるかどうか。たぶんないでしょう。
    キヤノンとしても、ミラーレスは廉価版という位置づけでしょうから、性能差をつけて当然だと思います。ですから、自分はあまり、EF-Mに期待はしていません。今後USMのEF-Mが出るかどうか怪しいものです。

  • >>759

    そうでしたか。私も今ではM3をメインに使っていますがもっと高性能の次期型を期待してます。レンズに関しても、EF-Sの売れていない旧世代製品は廃止してそのぶんEF-Mを充実させてほしいところです。

  • >>758

    カメラはM3です。コンパクト兼高機能なので気に入っています。確かにフォーカスがもたついたのは、海の水平線上にぽつりと浮かぶ、小さく見える船なので、コントラストが悪く、仕方なかったのかもしれません。M3自体、80Dなどに比べて、オートフォーカスの機能が劣る様な気がしなくもないですが。7D/7DMarkⅡや80Dあたりは、専用AFセンサーがついているので、早くて当然でしょう。^^
    ミラーレスだと、パソコンによるリモート撮影も対象外になるので、辛いところです。
    タムロンは、16-300を出しているので、キヤノンも作れないことは無いと思うので頑張ってほしいところです。定価10万位のを出してくれれば買うんですけどね。タムロンやシグマのレンズは安くて、ニーズに合ったものなのでいいのですが、80Dが新発売されると、きちんと動作するかどうかと始まるので、将来カメラを買うことを考えると、どうしたもんかと思います。

  • <<
  • 790 759
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン