ここから本文です
  • 1

    *****

    活力ナベの広告みて、圧力鍋があるのにもかかわらず購入しちゃいました!
    圧のかかり方が違うのか、出来上がる時間が圧力鍋より早い!
    驚きですo(^∇^)o
    でも、厚切りにした大根など 1分の圧では柔らかったり(`ヘ´)
    失敗も。。。

    付属されてたレシピ本だけでなく 皆さんと
    いろいろお話して コツやレシピが増えたらいいなぁ〜と
    思っております。よろしくお願いします<m(__)m>


    今日は、ポトフを作ってみました。
    ★材料★
    豚バラ肉(かたまり)500g、キャベツ1個、たまねぎ2個
    じゃがいも3個、にんにく2片、ローリエ1枚

    豚バラ(かたまり)500g 粗塩50g+あらびき黒コショー大さじ1を
    まぶし一晩塩漬け。
    一晩(私は2晩置いちゃう事もあります)置いた肉を
    洗い普通の大き目の鍋に お水と肉をいれ火にかけ
    沸騰したらお湯を捨てる。
    活力ナベに 1Lの水と肉を入れ沸騰させあくを取り
    ローリエ1枚、にんにく2片、15分圧をかける。

    きゃべつ1個は、4つに切る。たまねぎは芯をつけたまま2つに切り
    じゃがいもは半分に切る。

    肉が煮えたら、取り出し1人分の大きさにcutして
    ナベに戻しきゃべつ、じゃがいも、たまねぎを入れて
    さらに1分圧力をかける。

    ふたを開け好みで塩、コショーで味を調える。
    器に野菜、スープと共に盛り合わせ出来上がり!
    (好みでマスタードを添える)

    おいしかったです♪
    朝日テレビ『おしゃべりクッキング』http://asahi.co.jp/oshaberi/
    2005年12月、キャベツたっぷりのポトフ を活力ナベで
    作ってみました。

  • <<
  • 9501 9481
  • >>
  • 9501(最新)

    Mr ボイズ 11月18日 13:25

    >>9500

    今の時点でミィーさんが団体に里親募集の依頼をしていないなら、その文面だと募集しますという連絡だけで良いです
    譲渡の時の立会いはミイーさん一人より複数で行ったほうがトラブルは起きにくいので、時間の都合が悪くなければお願いすればよろし
    団体メンバーのほうが、里親詐欺など怪しいケースを経験していて見極めはしっかりしている
    コンビニゃんは、まぁ、宅配のキャラもクロネコだから良しとしておこう
    ノラに招き猫を期待されてもにゃんこのほうでお断りですにゃ
    「招いて欲しけりゃ、避妊してから飯と寝床くれにゃ」って (^^;

    おら、飯と寝床あるけどビビリだから客引きはサボってるにゃ
    もっと働けー

    みる&ボイズでした

  • >>9499

    コンビニャンは
    しまに会う前の年に気がついたのですが
    寒い時に泣いてるようで
    かわいそうに…
    と気にかかっていましたが私はなにもかまいませんでした

    しまは
    明らかに私の職場に毎日現れて私も職場のメンバーも
    可愛がっていた子ですから
    この子が怪我をした時には
    私はこの子を構っていた職場のメンバーには
    私も含めて責任があると感じました

    皆、知らん顔なので私が一人で負担することになる覚悟の上で保護依頼しました

    私が保護したので、皆は内心ほっとしていたと思います
    無責任な奴らだ(ーー;)

    その後
    コンビニの店長に
    ここにくる黒猫
    ボランティアさんに依頼して避妊か去勢をしたほうがいいのではありませんか?

    と言いましたが

    それまでしなくても…いいと思うんだ

    とのことなので私もそれ以上はかかわりませんでした

    今、コンビニ近所には黒猫がたくさん増えてます(*_*;

    たくさん産んだそうです…

    先日しまの通院帰りに寄ったら
    また、ニャーン、ニャーンと泣いていたので
    持ち合わせのチュールをだしたら
    しまのようにぺろぺろなめてました

    みていると
    舌には藁くずのようなものがついていました
    地べたにまいた缶詰のエサの残骸があったので
    ごみと一緒にエサをたべたんだなと思いました

    見ていられないので
    もう、このコンビニには行かないことにしたのです

    招き猫にはなってませんね

    「猫の保護・飼い主探しの依頼に関する同意書」
    ボラリーダーと交わした誓約書ですが
    ●団体を介さず個人間の譲渡となった場合でも
    こちらのメンバーだれか一人を同席させるなど、トラブルを避ける対応をいたします
    ●団体に飼い主探しの依頼をしている間は団体に連絡なしに遺棄・処分・譲渡することを禁止致します

    保護時の誓約書の譲渡に関することは以上です

    募集サイトに掲載することは事前に伝えていたほうがよさそうですね

  • >>9498

    外にゃんで家猫になれるかどうかの見極め方の一つに、鳴き声を出すかどうかというのがあります
    オーナーさんの茶白もそうですが、距離はあっても「ここに居るよ」って鳴いて知らせる子は懐きやすくて飼えるということです
    けどね、自分で飼えないなら何もしてはいけないのも変わらない事実
    コンビニゃんは食べ物が足りていないとそうやっておねだりすれば貰えると学んでしまったのですね
    スリスリするほどだと危険も伴うので、ある意味不幸なことではありますが、人から食べ物を貰ってしまうとそれに依存するのはノラだと仕方ないです、この時期だと暖かいおでんがいいにゃー、とか・・・
    ミィーさんが一旦自分で保護して預かり、里親募集から譲渡まで全部自分でできなければどうにもならないこと、ボラ団体はサンタクロースではありませんし、しまちゃん一匹でも持て余しているのにプラスはありえない

    おら一匹で安心にゃ
    ボイズは増やしません

    みる&ボイズでした

  • >>9497

    >「しまちゃんを、里親として引き取る気持ちはあるのですか? あるとすればそれはいつなのでか?」という質問が一つ
    もう一つは、
    「今の段階では、保護主という経済的スポンサーが居るから飼養を引き受けているけれど、お金の負担をする人が居なくなれば、ボラリーダーがその子はTNRで外に返すと言えば従うのですか?」ということ
    きつい質問ですが、この質問に対する答えで譲渡すべきかどうかは明確になりますよね

    これ
    いつも聞きたいと思いつつ
    どう切り出していいのか、言葉を選ばなければいけない
    と思うとためらっていました

    今度会った時に、はっきりと確かめて
    それから里親募集を自らしたいことを伝えます

    それから
    いつも行くコンビニの入口に野良がいて
    この子はとても人懐っこく
    店員や客がエサを与えるのでいるのはいいのですが

    この寒い季節になると
    冷え切った体を通る人にこすりつけて
    大きな声でニャーン、ニャーンって泣くんです

    この子寒いでしょう?
    かわいそうに

    私がそういうと
    店員さんが
    いいえ、ただご飯をおねだりしているだけなんです
    私たちやお客さんがご飯を出すのでここで鳴いてるんです

    ニコニコと言いますが
    この猫は夏にもいますが
    冬の寒いときだけこうやって泣いてるんです

    可愛そうで見ていられないので
    ボラさんに保護依頼をしようかと何度も思っていましたが
    あの保護部屋の現状を見ると二の足を踏んでます

    飼えないならそっとしておいて…

    ボイズさんの声が耳元で聞こえてきます

    だからもう、あのコンビニには行かないことにしました

  • >>9494

    それとね、ミィーさんも変に遠慮して核心をついた部分を聞いていないからややこしくなるのですょ
    預かりさんには、
    「しまちゃんを、里親として引き取る気持ちはあるのですか? あるとすればそれはいつなのでか?」という質問が一つ
    もう一つは、
    「今の段階では、保護主という経済的スポンサーが居るから飼養を引き受けているけれど、お金の負担をする人が居なくなれば、ボラリーダーがその子はTNRで外に返すと言えば従うのですか?」ということ
    きつい質問ですが、この質問に対する答えで譲渡すべきかどうかは明確になりますよね

    これが、単なる人同士のことならボンヤリだらだらでもいいのですが、にゃんこの譲渡はタイミングが大事で外すと一生の不幸を背負うのはにゃんこ自身なんだから心して取り組むべし

    みる&ボイズでした

  • >>9494

    ボランティアという言葉で勘違いされるというのはボラリーダーさんの思い違いなんですよ
    差別だって、言葉をなくしても実体は無くならないのと同じこと
    でも、被差別者は被害者だけれど、ボランティア団体を名乗っておきながら、どこまでは自分達の負担で、どこからが毅然として本来負担すべき人に負担させるのか、この線引きを最初にしなかったボラリーダーさんの戦略ミスなのに、間違いを犯す人は大抵そのことに気付いていない
    最近は、保護団体もNPO法人にするところがありますね、NPOも、言葉通りなら利益を求めないということですが「損をしなければいけない」ということではないので、収支がトントンになるように代金を頂いても構わない
    お金が欲しいならプライドを捨てて「お金が欲しい」と言わなければ誰も出してくれません、きれいごとでかっこよく物事が進むのは夢の世界だけ
    ミィーさんは保護主として誓約書を交わしているはずですよね?
    そこに里親募集に関する制約が書いていなければ募集に誰の許可も要りません
    そもそも、ボラ団体が積極的に募集をかけるべきなのに何もしていないのだから、ミィーさんが痺れを切らして行動したところで咎める理由がない
    預かりさんには、そのまま保護主になって引き受けるという意思表示がないので、検査結果も良好だしミィーさんみたいなにゃんこ初心者でも通院に連れて行けて、診察中も大人しかったのでもう譲渡することへの心配はないと判断したので募集開始しますから、希望者が出てくれば面会のときはよろしくお願いします、と言えばいいです
    預かりさんが面会を渋るなら、面会日だけミィーさんの自宅に連れ帰って自宅で面会させますってことでいいでしょう
    譲渡までには、引き受け先の飼育環境確認や、居住者全員との面談などすることが多いし、相手の都合で仕事を抜けないといけないことも起きるからそれなりの覚悟は必要
    あと、譲渡したけれど出戻りってのもありうるから、そのことも含んでおかないと自分が参ってしまうにゃ

    てきぱき動いてしまちゃんの幸せにゃん生を完結させてあげようにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>9492

    ネコジルシは…
    団体最寄りのサイトなので少しの期間は遠慮しようかな

    それよりも
    次の訪問で預かりさんに
    里親募集サイトに載せることを伝えておいた方がいいでしょうか

    希望者と面接となると
    このお宅にお邪魔させてもらうことになると思うので

    そういえば
    この団体は9月から名称を変えています

    その理由として
    8月の終わりにブログで説明してありましたが

    今までは
    団体名が「○○ボランティア」とあるので誤解が生じています
    こちらは、ボランティア団体ではなく
    有料の保護団体なのでボランティアの部分を変更します
    と述べて
    英語の保護団体を意味する名称に変えています

    でも
    スタッフは皆
     秘書ボラさん
     大工ボラさん
     洗濯ボラさん
     預かりボラさん
     お掃除ボラさん…
    等々

    と言っていて、私も何度か参加しましたが当然無料奉仕でした

    線引きが難しいですね

    やがて、高価な有料保護団体に移行する予定なのかもしれません…

  • >>9491

    本当に
    必要な情報をありがとうございます

    まず
    専用メールアドレスの設定をします

    今は、しまの紹介文をどうしたらいいか思案中です

    最近は、毎日ユーチューブで
    猫ちゃんの動画を見ているんですが
    病院の待合室や診察中等
    何度行っても
    とても怖がって落ち着かなくなる子がいるのに

    しまは
    緊張していたはずですが
    とってもいい子で
    お医者さんにおとなしく従っていました

    しまは決して譲渡不可能な子ではないと思います

    預かりさんの所へ戻ったあとも
    私は気になるのでやっぱりお邪魔して様子を見ていました

    しまちゃぁ~ん♪おかえりなさ~い
    と優しく迎えてくれた預かりご夫婦の言葉をうけて
    しまは、すいすいと当然顔でお家に入っていきました

    昨日から来ているという
    1.5ヶ月の乳離れしたばかりの2ニャンがケージ内にいて
    初めてケージから出てきところに

    しまは
    そろそろと近づいてきて
    子猫に鼻チューのあいさつをしていました

    しまちゃんは子供が大好きでよくお世話してくれるのよ

    と奥さん

    私は
    また、メガパンチをくらうのでは…?
    と言ったら
    もう、大丈夫ですよ
    と奥さんが微笑んでいました

    緊張もしただろうし
    疲れていたかもしれないけれど
    お家に無事に戻ったと思って
    余裕のしぐさですね

    しまは
    とっても優しく、お行儀もよくて
    良い子です

    長い保護生活となったけれど
    この一年間は心と体の傷を癒すのに大切な時間だったのかもしれません

    もう大丈夫です
    新しい飼い主さんの所に行ったとしても
    慣れるまでは緊張だけど
    攻撃的な子ではないし
    安心して譲渡に向けることができる
    良い子です
    いい飼い主さんが見つかるといいにゃん

  • >>9489

    ざっくり見たら他にもかなりあります
    掲載されているにゃんこが重複しているので、複数で募集している保護団体がかなりありますね

    ミャウミャウ
    ttps://meow-meow.jp/
    ペットのおうち
    ttp://www.pet-home.jp/cats/
    ジモティー
    ttps://jmty.jp/all/pet-cat
    ネコジルシ
    ttps://www.neko-jirushi.com/foster/
    いつでも里親
    ttp://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

    全部に掲載しておくとチャンスが増えそうだけれど、決まったのに停止忘れたとか管理の手落ちがあると応募者に迷惑かけるから注意してにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>9489

    里親募集で使うメールアドレスは別に一つ用意したほうが管理も楽でいいです
    今は大抵のプロバイダがサブメールアドレスの設定出来るから譲渡が終わればアドレス削除してお終いにしよう

    みる&ボイズでした

  • >>9489

    今回、一連の出来事でノラの保護と譲渡はスピードが大切だと言うことを理解できたと思います
    どーしよー、って悩んでいる間にすべてが悪い方向に向いてしまうから、ぱっと捕獲し、すぐに丁寧な医療処置で避妊と健康の確保、速やかな里親探しが全部セットで始めて上手く行く
    もう、しまちゃんの次はないと思うけれど、身近に迷っている人が居たらためらわずに教えてあげよう
    逆に、中途半端にやるなら何もせずそっとしておいてあげることが大事
    産まれて間が無いちびにゃんは譲渡もスムーズだから成り行きで保護しても何とかなるけれど、それでも乳飲み子はまた違った苦労がある

    しまちゃんは新しいにゃん生に踏み出すときが来ましたね
    早く良い里親に巡り会えますよーに

    おらも応援してるにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>9488

    「いつでも里親募集」サイトは
    今すぐ簡単に募集ができるんですね

    ネコジルシも会員登録しましたが
    とりあえず
    「いつ里」に掲示してみます
    可愛い写真がたくさんあるので選択中です

    昨日は病院に私が連れて行って本当に良かったです

    しまは譲渡に問題のない健康な子で
    自信をもって募集することができるとの確信を初めてもつことができました

    しかもこの子はとっても可愛いんですもん
    この子にはきっと応募があると思います

    ビビリで引っ込み思案が気になるけれど
    時間をかけて見守ってくれる人はきっといますよね

    キャッチフレーズは
    どんなのがいいかにゃ
    どうしていいかわからないことばかりですにゃん


    見ると
    2~3歳くらいの子も結構たくさんいて
    応募者もいないわけでもないですね

    安心したので
    夕べはぐっすり眠ることができました

    しまのことが
    この一年は頭から離れなくて
    楽しみながらも心配が付きまとっていました

    しまちゃん問題
    本当に、やっと終息に向かっている実感があります
    気長に応募を待つことになるとしても
    できるだけのことはやってる満足感もあります

    どうしても飼い主が見つからなくても
    預かりさんのところで呑気に過ごすこともできる訳ですし
    しまはシアワセにゃんこです

  • >>9487

    預かりさんはうちの子にするつもりなら自分の方から言うと思う
    多分、かかる費用やタダ飯食らいの養いなどが重なって躊躇しているのでしょう
    でもにゃ、迷ったときは諦め時という言葉があって、いや、今ボイズが作ったんだけど (^^;
    なにか引っかかるものがあるときは避けて通るのがよろし
    本当にその子のことが好きなら、保護部屋からすぐにうちの子で引き取ることも出来たわけだから、しなかったということは縁がなかったということ
    里親募集の反応がすぐに無くても諦めず継続して、写真も常に最新の物に交換しながら掲載を続けよう
    ボイズがみるをいつ里で見てから連絡するまで3ヶ月くらい迷っていた、と言うより、他にご縁があって掲載がなくなればそれはそれでいいと思っていました
    ああいう掲示板は必死で探すのではなく、何となく色々な子を眺めているという人が殆どで、「!!」と感じるときがあり、それでも生き物のことだからすぐには決められず暫くは何度も見ているだけなんです
    保護主に連絡つけても印象悪くてお流れもあるし、里親との巡り会いは本当に「ご縁」だから焦らず継続してにゃ
    あと、ミィーさん側に要望があればきちんと最初に伝え、後からアーダコーダとどっかのボラさん見たいなことをしないように

    おらの保護主はボイズからのメールを一ヶ月も返事せずに放置してたにゃ
    ま、里親詐欺の変なメールも多いから仕方ないよ

    みる&ボイズでした

  • >>9486

    おはようございます

    今、里親サイトの色んな紹介文を見て勉強中です

    レントゲンのデータをSDカードでもらってます
    4枚です
    左の前面からと後面からのもの
    右の前面からと後面からのもの
    私が見てもさっぱりわかりませんが
    譲渡の時は参考になると思うので保管します

    ボイズさんなら見てわかるかもしれませんね

    今の預かりさんの所にいる限り
    同じ環境で過ごしているから
    預かりでも、ここの飼い猫としてでも
    同じだと思っていましたが

    よくよく考えてみると預かりの身では不安がいっぱいですね

    今、若い健康なウチはいいけれど
    年取って病気になり厄介な介護の時がくると
    手をあましてしまわないとも限りません

    そんな時は
    もっと若い健康な子を預かって世話をし
    しまを保護部屋の片隅に置くことになるかもしれません

    それがウチの子にするとなると
    やっぱり最後まで看取ることになると思います

    努力してもやっぱり里親が見つからないようなら
    私の方から
    あなたの子として貰ってくれませんか
    とお願いしてみようかな

    その方が安心です

    もう、会えなくなるけれど…

  • >>9484

    抱っこできない子は譲渡できないって、そんなこと言ったら茶々を引き取ったオーナーさんはどーなのよ
    保護にゃんなんて、しまちゃんみたいにカワイイ子ばかりではなく、初対面は敵意むき出しの凄いのがゴマンと居るけれど、大抵の子はコロッと気が変わって家にゃんになってるし
    絶対手に負えないからとTNRした子が、通い猫していた家では名前までつけてもらって寒い日はお布団で一緒に寝てた、とか
    にゃんこは人を見て態度を変えますから、しまちゃんは確かに預かり奥さんが大好きだから、それを一生懸命アピールしますけど、追い出そうと思って誰かに引き合わせると死んだ振りとか、結構器用なんだにゃ
    良い里親が見つかれば、皆でパタパタ扇いでささっと出してしまう潔さが物凄く大事だから心して取り組んでにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>9484

    こちらのボラさんでも、よくブログでご縁がまとまった話が掲載されていますが、保護部屋のスタッフからも「幻の猫」と言われるくらい来客があると姿を隠してしまう子が、ある日突然、来ていたお客さんの前にひょっこり出て来てそのまま抱っこされてた
    皆唖然とする中で、別の猫がお目当てで来ていた初対面のその人が「この子に決めました!!」って、嘘みたいな本当の話もあるよ
    結局のところ、不必要に「猫可愛がり」していると知らない人の前には出てこないし、抱っこはおろか触ることすら困難になるから、この子は譲渡するの無理かもって思いこんでしまうのです
    でも、猫は自分で飼い主を選び、人が選ぶのではない
    私も、みるを引き取る話のとき、まず、みるが私でもいいのか確かめるため会いに行きました、初対面で触れたし撫でてやるとケージから出て来てじっとしていたので連れてきました
    それでも初めての環境で最初の数週間は以前に書いたとおり
    受け入れる側にもある程度知識がないと、ノラは難しいのも事実
    田舎だと、縁側でお茶していると知らないにゃんこがやって来て横で寛ぐので、おやつあげるとそのままうちの子になっちゃった、なんてのもあるにゃ
    しまちゃんの場合、一回の訪問で決まる可能性が低いから、何度か顔合わせして手渡し抱っこしてみて暴れない人なら飼う事はできるはず

    おら知らない人には幻にゃ
    ま、君は居場所が決まってるからいいけどね

    みる&ボイズでした

  • >>9480

    1.ボラリーダーはまとまった一時金を要求

      組織運営に行き詰まりを感じている証だと思います
      しまの為のお金でないことは明白
      それは預かりさんが言った
      リーダーに渡したら組織運営の為に使われるから渡してはいけないとの言葉からうかがえます

    2.預かりさんは現時点で一時金は求めていないが、里親になるという意思表示もない
      「この現時点で」という部分が怪しい…です
      
      五年くらいたって年齢を重ね、病院通いも増えて
      それこそしまが譲渡不可能になった時に
      今後の費用を見繕って…
      とか言われる可能性が大です
      しかもその頃は私が身動きが取れない状況になってくればなおさらのこと
      
    3.何を根拠に「譲渡困難」と決め付けているのか説明はない。

      リーダーの言葉→抱っこもできない子を譲渡できないでしょ
      預かり奥さんのことば→しまちゃんは神経質なので…譲渡は無理

      それなら…やってみるしかないですね
      ネコジルシにいつでも里親

    4と5の考慮点は解決済み

    ふと思うのは、理屈抜きに
    しまは、確かに里親さんを探すのはスムーズにはいかないように思っています
    これが、あの怪我をする前の
    一歳にも満たない昨年の夏ごろだったら
    今頃は里親さんの家でゴロニャンだとおもいますが…
    可愛いと思った時点で保護しなかった私が悪いです…

    リーダーは明らかに間違っています
    ボランティア活動において、活動費の寄付を受け取るのは当然だと思いますが
    それは要求して受け取るものではないはずです

    舵取りの思考が曲がってしまったら
    船の進む方向がずれて行くに違いありません
    そんなリーダーのもとで活動していると
    預かりさんも相当な費用の負担をしているに違いないと推察されます
    こんな状態だと、まともな人であってもどこかでずれていく可能性もあります

    努力しても里親さんが見つからなかったら
    預かりさんとこにしまを置いたまま
    知らん顔してみますか? (;''∀'')
    そして、どうなるのか見てみましょうか

    ただ飯食いの保護にゃんこもたくさんいるようですし…

    このまま里親さんが見つからなかった時には
    話し合って良識の範囲内で一時金を置くことも
    確かに一考だと思っていますけれど…

    結論として、募集開始!!  ですね

  • >>9482

    しまちゃんの健診は無事完了で、もう、譲渡しても大丈夫のお墨付きまでもらえたら一安心
    後は、ミィーさんが里親面接して良い引き取り先を早く見つけてあげるだけですにゃ
    シーはどんなのか聞いてないから分からないけれど、多分タメ息だと思うにゃ
    あー、疲れたってね
    でも、診察中や移動中も大人しく、落ち着いていたようだからかなり慣れて来ていますよ
    戻ってからもぐったりするほどで無かったなら、通院も心配なしです
    通院くらいならミィーさんが自分で運転して連れて行くことも出来そうだから、今後はなにか気になることが起きても、預かりさんを頼らずさっさと自分で連れてゆけるね
    そろそろ、譲渡してもいいよっていうサインだからもう一踏ん張りでゴールですにゃー

    病院で画像情報のコピーをもらえるなら、譲渡のとき説明できるように持っておくのがいいから、貰っていなければまたついでのときに聞いてみるといい

    鼻炎や気管支炎はノラだった子の場合とても多いです、みるもレントゲンで気道にくっきりと痕跡がある
    ひどい子だとネブライザーでケアしないといけないけれど、大抵は寒い季節だけ部屋の乾燥に注意して暖かくしてやれば落ち着くよ
    預かりさんの所は以前聞いた石油ストーブのはずだから、加湿器までは不要
    エアコンで静電気パチパチするほどなら加湿器は必須

    いよいよ里親募集開始ですにゃ、カワイイ写真をいっぱい用意しよう

    おらもいつ里出身にゃ

    みる&ボイズでした

  • >>9480

    病院に行ってきました

    レントゲンの画像を見ながらの主治医の話では
    骨に関しての欠損部分は5月の手術の部分だけで他に異常はなく
    日常生活に支障はない

    傷が開いているといっても何分の1ミリ程度で
    これを全身麻酔をかけて縫合する必要があるかどうか…
    私は必要ないと思う
    鼻炎の症状があるがその原因がそのせいなのかどうか明確ではないので
    どうしても縫合手術をやってほしいというならするけれど
    それによって鼻炎の症状が
    改善するかどうかはわからない…

    他人に譲渡するは時は
    犬歯が一本失われていることと
    腐骨を取り除いたため、骨の欠損部分があることを伝えれば後は問題ない

    しばらくして顔が崩れてくるとか
    そのような心配は無用である

    里親募集に関しては問題なく進めることができる

    とのことでした

    しまは、とってもおとなしくていい子でした
    診察の時も大きなお目目をパッチリ開けて見上げてましたが
    抵抗することなく先生に従ってましたので
    とてもスムーズに進みました
    体も震えてませんでした

    帰る時
    しまちゃん、とってもお利口さんでしたね
    とほめたら
    小さく「シーーー」って空気の漏れるような声を出してました

    これって…「シャーー」?

    怒っていたのかもしれませんね
    でも
    口は閉じていて目は可愛く開いていましたけど…

    預かりの奥さんと病院に行った時は
    帰りに「しまちゃん、お利口さんでしたね」
    と言ったら
    小さく「ニャン」と言ったそうですけれど…

    タクシーの運転手は
    ずいぶん可愛い顔をした猫ですね
    目がすごくかわいいです

    と言ってました

    美人のしまちゃんのために
    飼い主さんを早く見つけなくてはいけませんね

    今見たんですけれど
    今朝はボイズさんが
    考慮すべき点を整理して並べてくれていましたのでとても感謝します
    よく考えて考慮し
    後でひとつづつ検討したことを伝えますので
    更なる助言をよろしくお願いします

    茶々はあくまでも室内の飼い猫にするつもりだそうです
    春まで様子を見て、どうしても慣れないときにはTNR…とのことなので
    その時は近隣皆で協力して見守りましょう
    ということでした

  • >>9479

    やっぱり茶白はすぐに懐いたのですね
    それにしてもやっぱり、すぐ懐くようなノラは怪我が多いにゃ

    茶々はリリースするなら抵抗している初期にしないと、大人しくなりかけのときに離すと人への警戒が緩んでいるから危害を加えられやすくなるよ、春まで待っては呑気すぎ
    今すぐ出すか、最後まで飼うか二択です

    しまちゃんが預かりさんの奥さんを大好きなのは分かるけれど、その条件だとその人しか居ないからってのもあるんですょ
    必ずしも、その人オンリーということではないことも知っておくべし

    どーも皆よく分かってないのが困りモノ

    みる&ボイズでした

  • <<
  • 9501 9481
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順