ここから本文です
  • 1

    *****

    活力ナベの広告みて、圧力鍋があるのにもかかわらず購入しちゃいました!
    圧のかかり方が違うのか、出来上がる時間が圧力鍋より早い!
    驚きですo(^∇^)o
    でも、厚切りにした大根など 1分の圧では柔らかったり(`ヘ´)
    失敗も。。。

    付属されてたレシピ本だけでなく 皆さんと
    いろいろお話して コツやレシピが増えたらいいなぁ〜と
    思っております。よろしくお願いします<m(__)m>


    今日は、ポトフを作ってみました。
    ★材料★
    豚バラ肉(かたまり)500g、キャベツ1個、たまねぎ2個
    じゃがいも3個、にんにく2片、ローリエ1枚

    豚バラ(かたまり)500g 粗塩50g+あらびき黒コショー大さじ1を
    まぶし一晩塩漬け。
    一晩(私は2晩置いちゃう事もあります)置いた肉を
    洗い普通の大き目の鍋に お水と肉をいれ火にかけ
    沸騰したらお湯を捨てる。
    活力ナベに 1Lの水と肉を入れ沸騰させあくを取り
    ローリエ1枚、にんにく2片、15分圧をかける。

    きゃべつ1個は、4つに切る。たまねぎは芯をつけたまま2つに切り
    じゃがいもは半分に切る。

    肉が煮えたら、取り出し1人分の大きさにcutして
    ナベに戻しきゃべつ、じゃがいも、たまねぎを入れて
    さらに1分圧力をかける。

    ふたを開け好みで塩、コショーで味を調える。
    器に野菜、スープと共に盛り合わせ出来上がり!
    (好みでマスタードを添える)

    おいしかったです♪
    朝日テレビ『おしゃべりクッキング』http://asahi.co.jp/oshaberi/
    2005年12月、キャベツたっぷりのポトフ を活力ナベで
    作ってみました。

  • <<
  • 10444 10425
  • >>
  • 10444(最新)

    Mr ボイズ 7月18日 10:53

    >>10443

    しまちゃん自身ももう違う場所に行く事は無いと思っているはず
    だからこそ、健康を維持してあげないと大嫌いな通院や入院が一番不安になる要因
    みるもお出かけ大嫌い、先日も勝手口のドアがきっちり閉まっていなかったらしく、風で開いてしまったのですが、みるはちょっと顔を出して覗くだけで出る気配は無かったです
    この間の写真のノラがうろうろしているので気になっているはずなんだけれど、お家から出るのは怖いのでしょう

    おらお外暮らしは厳しかったから家にゃんがいいのだにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>10442

    ボイズさん
    ありがとうございます
    そうですよね

    でも、この方は決してしまちゃんを見すてる気はないようです

    この子は、賢くて、自分が寝て居る時はおとなしくしていてくれます
    可愛いんです…

    そう言ってました

    お邪魔して居る時も、細かい気配りが行き届いてて
    本当に、こんな優しい方がいるんだ…と感心したほどなんです

    8月いっぱいはじっと我慢して
    8月の末あたりに、思い切って訪問し
    今のボイズさんのお言葉をそのまま伝えたいと思います

    図太く接してください
    その方がしまちゃんの為です
    しまちゃんをシアワセにしてくれて
    本当にありがとうございます

    心からそのように伝えたいです

    これ以上のお引越しは、しまちゃんには耐えられないと思います

  • >>10441

    ペットとの暮らしというのは、あるときは厳しく接しないといけないこともあり
    ツボを押さえたメリハリがないと健康を損ねていても見過ごしてしまう
    なので、優しすぎるというのは、ペットにとって決して良いことではないです
    恐る恐るで接しているとペットもそれを感じ取るから、表現は良くないけれど「図太く」ならないと上手く行かないことが多い

    みるだってお尻拭き出来るようになるまで二年かかってます
    一日二回として1400回以上、逃げ回るのをひたすら追いかけてました

    おら歯磨きから逃げる方法をあれこれ試してるのだにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>10440

    理解できない言葉と行動…

    それには理由があるはずです…

    しまちゃんを二度と触らない、その方がいい…
    (広げた手の平でしまちゃんのお尻のあたりを触っている写真付きのメール…)

    そんなメールが来た時を境に
    ぴったりとメールが途絶えてしまいました…
    こちらからのメールの返信もなし…です
    そして、そのまま、ひと月半が経ちました…

    緊張した顔の、しまちゃんの顔と飼い主様の手が写っている写真が最後で
    その時はハリネズミのような固い毛で
    筋肉が思いの他、固かった…とのこと…

    しまちゃん、飼い主様の初お触りに、相当緊張した模様です

    そんな一コマは私は別に気にはしませんでしたが…

    ただ

    二度としまちゃんに触らない
    その方がいい…

    この言葉がとても気になってました

    「何度でも挑戦してみてください…」

    そう返信したのですが…

    そして、写メが途絶えたのです…
    その後のしまちゃんは、どんな表情をしているのか…
    今もあのクッションでくつろいでいるのか
    里親様のお食事の場に近づいてきて甘えた顔を見せているのか…

    そんな今までの日常の写メが途絶えたので
    とても気になってました

    里親様は忙しくて、体調崩れている
    だから、しばらくはそっとしておこう

    そうは思いつつ、気になっていましたが

    その訳が
    今、少し、わかってきたように思います

    しまちゃんの飼い主様
    優しすぎるんです…
    そして、しまちゃんは飼い主様のことが大好きで…
    このおウチもとても気に入っていて…

    しまちゃんの固まった表情が気になって触れなくなってしまった飼い主様
    そして
    しまちゃんは
    またアタチは捕まって、どこかへ連れて行かれる
    イヤだにゃん、ずっとここにいたいのに…

    そう思って二人は近づくことが出来なくなっているのでは…?

    だから、ロイカナのレビューで
    食事の準備の時だけ、瞳を輝かせて近づいてくる…

    と、書き込んだのかもしれない…

    今、写メがないのは、二人の関係が少し緊張しちゃってるからかもしれない…

    そうなのかもしれません…ね

    ボス吉やジャン君とは、また違った難しさが
    しまちゃんにはあるのかもしれません

    懐いては退けられる…
    そんな残念な経験がしまちゃんの心に傷になったのかな

    わが家に連れて行けなかった私が、一番最初に傷つけてしまった
    ようにも思います…

  • >>10439

    そちらは
    暑いのでしょう
    大変ですニャン

    今こちらは、
    25℃、曇り空ですが、過ごしやすいです

    今年は、こちら地方、夏はないのかもしれません
    盆が過ぎれば、秋風が吹く地なので…

    ちぐらごとおっこちてしまったみるちゃん
    痛い所はありませんか
    ネコさんは転ぶのも落ちるのも上手ですからいいのでしょうけれど
    ちぐらごとおっこちちゃうと、調子狂っちゃいますよね

    成猫譲り受けて半年…

    色々ネットで検索しても
    触れないので、そのまま構わないで時間をかけます
    とか
    触るのに2年かかりました
    とか

    と言う人がたくさんいますね

    知恵袋でも、そのように書き込む人がたくさんいますから
    しまちゃんの里親様の方法もあるのでしょう

    こちらの方法を押し付けるようなことは控えなくてはいけません

    ただ
    私が感じるのは、あまりの忙しさと、体調不良は
    少し判断力が鈍くなるかもしれない
    とも思っています

    怪我の後遺症のために
    自分が、将来、多大な心痛と出費を負うことも覚悟をしています

    譲渡の当日、初対面の預かりさんと
    私の前で、きっぱりと言った里親様です

    そこまでの覚悟があるのなら
    私としては
    早いうちから観察して、予防などの措置をしなくてはいけないと
    少し焦っちゃいますが…

    ま、もう半年、されど、まだ半年ですもんね

    とにかく、9月に
    しまちゃんの執刀医の見立てを伺います

    その頃には
    里親様の体調も軌道に乗っていることでしょう
    完全に治る病気ではないのですよね

    中腰やかがみこむことが辛い病気ではないでしょうか

    しまちゃんを、抱いたり、撫でたりすることを
    躊躇する訳は、その辺にもあるのかもしれません

    抱っこは無理でも
    せめて、ナデナデくらいは、早めにクリアして
    爪切りやブラッシングくらいできるようになってほしいです

    でも
    この方がしまちゃんの飼い主様になってくれたおかげで
    しまちゃんは、シアワセに暮らしている
    そう思うと、感謝の気持ちでいっぱいです

  • >>10438

    飼えなくても、にゃん生の最後までの道筋をつけてあげられたという思い出は、自己満足の世界ではありますが小さな幸せ

    おらも小さな幸せを一杯持ってるにゃ
    出窓に置いてあるちぐらを蹴飛ばして遊んでいて、ずれているのにそのまま入って寝返り打ったらちぐらごとドッスーンと大きな音を立てて落っこちてました

    みる&ボイズでした

  • >>10437

    投稿制限の件
    そんなに大勢の人からクレームが来ていたら
    きっと改善されますね

    あさって、7月18日はしまちゃん譲渡から半年の記念日
    あと2日です
    しまちゃんが、晴れて、念願の飼い猫になった日から半年たって
    私としては、一区切りの大切な日です

    私は一人でお祝をし、しまちゃんの思いでに浸りながら
    今後のしまちゃんを思いめぐらします

    本当は
    里親様にメールし、感謝の気持ちを伝えたいのですが
    今回はやめておきます

    健診の日が近くなった頃、連絡して見ようと思います
    一度の健診はお伴をしたいと思っているので…

    私の予想では
    今は飼い主様の健康や、仕事のことなどで
    あんまり、最初の頃程は、しまちゃんに、構ってはいられないかもしれません

    そんな風に思っているのです

    なので、そっとしておいた方がいいと感じています

    あれから
    預かりさんが訪問して
    しまちゃんの爪切りを無事にしてもらえたかな…

    それは、今月末くらいに
    預かりさんに、それとなく聞いてみようと思っています

    2年前の今頃
    お店のホールを、お掃除スタッフがお掃除完了して
    水打ちをし、暑いので、暖簾の扉を開けておいたら
    野良のしまちゃんが、トコトコ、ホールに入ってきて
    ウチの社長はんに、一声
    「ニャァ~ン」と言ったのが
    しまちゃんとお店の人とのかかわりの初めでした

    私が、しまちゃんの存在に気付いたのは
    8月に入ってからですが
    一番、私が深くかかわってしまいました

    しまちゃんは
    とにかく、お外が怖くて、おウチに入りたかったんでしょうね

    今のしまちゃんは、念願が叶って
    本当によかったです

    ペットを飼えない私でも
    このように、かかわれたことで
    ほんの少し、保護主としての立場で
    しまちゃんとの思い出ができたこと
    シアワセです

    本当にシアワセな思い出ができました

  • >>10436

    投稿に一回失敗すると、次に投稿できるまで10分待たされるそうで、その投稿も失敗だとさらに10分・・・・と延々と続くらしい

    こちらはついに40度になりました、あ゛づい゛ーーー

  • >>10435

    それでは…
    どうすれば…いいのでしょうか

    ttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12162605957?__ysp=5oqV56i%2F5Yi26ZmQ

    こんなのも見てみましたが…

    活力なべ使ってる方いませんか? それでは… どうすれば…いいのでしょうか  ttps://detail.

  • >>10434

    今回のは過去のと大分違うみたいです
    私はeoNetという回線を使っていますが、日本で最初に光で1ギガを提供した高速回線の事業者ですが、この回線からの通信をYahooが全部遮断しているようなのです
    多分、荒しをする人が同じプロバイダを使っていて、それが原因だと思いますが、巻き添えで全部の人がアクセス拒否されるのはいかがなものかと・・・

  • >>10432

    生き物と暮らすということは
    健康上の管理が必要であることは承知の上での応募だと思いますし
    しまちゃんの飼い主様は
    責任感の強い方です
    数度お会いして信頼できる方であることはよくわかっています

    しまちゃんも
    この方を慕っていますから
    安心してお任せできます

    おそらく、飼い主様が自覚している以上に
    しまちゃんは、飼い主様に懐いています

    ただ
    老婆心から、心配なだけです

    なら、自分がひきとればいいって
    言われますよね

    それができなくて里親募集し、良いご縁に恵まれたのですから
    本当に良かったのです

    それに、無理して私が家に連れて帰っても
    今の飼い主様のしている以上のことは
    私にはできません
    私には経済力も残りの人生も限られているのです

    でも、飼い主様はとても忙しく
    体調おもわしくないとのことなので
    できれば、少しでもお役にたちたいと思って居るだけですが

    今は静かにしている方が良いですね

    9月にはしまちゃんに会えますから
    それを楽しみにしています

    しまちゃん
    良い方に巡り合えて、本当に良かったね
    早く、もっともっと懐いて、安心して飼い主様に甘えてね
    お願いだから、心配かけないでね

    手術の跡の縫合痕が少し開いている…
    そこだけが気がかりなんですが
    今、早急に激変するものでもないようですから
    私もしまちゃんに見倣って、おとなしく待つことにします

    ボイズさん
    どうして、投稿できないのかわかりません

    でも
    10年ほど前に掲示板だった時ですが
    ダイエットのトピでお仲間になったトピ主様が
    よく言ってました

    投稿制限されてばかりで
    イヤになる…と

    それでも、数日たつと、また活発にやり取りができるようになるのですが
    いったい、どういうことなのでしょうね

    私も何度かありましたよ…

    続けて投稿制限…

  • >>10432

    今、「みるちゃんの個室」に投稿しましたので
    見てください

    ここは
    満杯が近いようですね

    たまにだけ、使うことにしましょうか

  • >>10430

    こんばんは

    しまちゃん日記

    譲渡当日 今年1月18日PM4:00頃新居に到着
    その夜8時頃、キャリーケースから出てきて、キョロキョロ
    嫁入り道具の段ボールハウスに入ったと思ったら
    お風呂場に籠城
    飼い主様が、寒いからと心配になり
    抱きかかえたら、暴れて、飼い主様、両腕に引っかき傷満載
    その後、リビングの隣のお部屋をしまちゃんのお部屋として
    誘導する
    しまちゃん、その後クローゼットの片隅にうずくまり動かなくなる
    夜中の2時頃、シクシクニャンニャン、小声で泣き始める
    飼い主様
    傍に寄り添って「しまちゃん大丈夫だよ」と語り続け
    しまちゃんは、明け方6時に眠る…

    結果、飼い主様一睡もせず…

    譲渡翌々日
    夜勤で夜中の1時過ぎに帰った飼い主様がリビングにいると
    しまちゃんが、出てきて、大きなあくびと伸びをする
    その後、一緒にテレビを見る

    「しまちゃんと、やって行けそうです」

    嬉しいメールが届く

    成猫譲渡半年で
    まだ触れないとはいえ、順調だと思います
    今は、甘えてニャンニャン近づいてくるし
    飼い主様のお帰りを待っていて、玄関にお出迎えをしている

    猫飼いに慣れた人なら、とっくに撫で撫でくらいはできていそうですが
    この方にとっては、精一杯のことだと思います

    素晴らしい環境を与えてくれて
    これ以上の、しまちゃんの飼い主様はいないと思います

    今はどういう生活なのか、見ることができませんが
    体もしんどく仕事も忙しい…

    そうは言っても、4日働けば5日目は休日のサラリーマンです

    年中無休の自営業で、お茶々を引き取った
    焼き鳥屋のオーナーより、いいと思います

    焼き鳥屋のオーナーは
    今もニャンコレストラン開店中でカリカリフードをお店の前に置くので
    野良が集まってきます

    その結果、今、7匹のニャンコがリビングでご主人のお帰りを待っているそうです

    しまちゃん、出戻りにはなりませんね
    今は安心できています

    健診をもっと早くしたかったけれど
    キャリーINのストレスを最小限にしたい
    と言う、飼い主様の意見だったので
    ワクチンと同時になりましたが、それも、あとわずか一か月後となりました

    本当に月日の経つのは早いですね

  • >>10429

    ミィーさんはしまちゃんに何か問題があって出戻りが怖いと時々言うけれど、私はもうそんなことは起きないと思いますにゃ
    その部分では里親さんを信頼して良い
    残っている宿題は、本来なら春に終えているべきことが終わっていないので、それだけです

    そこから先はもうミィーさんとは関係なくなり、里親さんとしまちゃんだけのこと
    ま、しまちゃんはとっくにうちの子でお気楽に暮らしているから、あとはお任せにゃ

    おらもお任せで歯磨きも自分でやるから知らん振りしててにゃ
    怪しい・・・

    みる&ボイズでした

  • >物を噛んだり飲み込んだりするのに支障が出ていなければ、小さな傷は徐々に閉じてくる

    飲食に支障は全く出ていません
    本当に傷が閉じてくれればいいと切に願っています
    そうなるといいですね

    しまちゃん
    譲渡の三日前も少し口元が歪んでいましたが
    4月に会った時は全然歪んでいなかったので
    ゆったりした生活の中で
    傷も回復してきているのかもしれない、とも思っています

    これ、切なる願いです

    しまちゃん
    ドンくさくって、お顔の真ん中に石があたってしまったんです
    かわいそうに…

    私も思いますよ
    他の部位も打撲しているにちがいない…と
    でも、走り回って元気ですから
    今は問題はないと思います
    MRIとかCTとか大げさな検査は必要ないと思いますし
    このままでいいでしょう

    しまちゃんは最初に見た時から、どこか、野良っぽくなくて
    お嬢様っぽかったから、根はのんびりした子なんだと思います (#^.^#)

    お引越しから4か月くらいで
    新生活も軌道に乗った頃
    飼い主様の仕事の忙しさと体調不良が重なり
    今、少し、しまちゃん中心の生活から
    飼い主様の注意が離れているかもしれません

    そんな今だから、案外
    しまちゃんの方からすり寄って来るかもしれませんね

    相変わらず、トイレを覗きに来る、と言ってましたから

    里親応募の時とは、いろいろ状況が変わっているようですが
    しまちゃんを、手放そうとはしていないようですから
    この半年で愛情をはぐくんできたのだと思います
    そっとしておきます

    しまちゃんと飼い主様
    乗り越えて絆を強めてほしいです

  • >>10427

    口の中って唾液が守っているから簡単には炎症を起こさない
    また、物を噛んだり飲み込んだりするのに支障が出ていなければ、小さな傷は徐々に閉じてくる
    完全に閉じるということは少ないけれど、問題が起きるほどのことにはならないはず
    ちゃんとした医師であれば、再縫合が必要ならもっと早いタイミングに再検査して判断しているはずだから、もう一度手術した先生に診てもらえば後はなにも起きないでしょう

    私はむしろ、しまちゃんがドンくさくて投石を顔面に命中させられたということは、他にもどこかぶつけられているかも、って方が気になる

    もう、ここまで来てしまえば9月まで待つしかないから、里親にはそれまでに自分の体をしっかり治療してもらおう
    健康不安を抱えてペットと暮らすのはよろしくない

    おらの親分も体調良くないからおらが家事一切引き受けてるにゃ
    嘘です・・

    みる&ボイズでした

  • >>10426

    >手術した部分の後遺症は無いはず

    術後のレントゲンは顔全体のものですが異常なしです

    私と里親さんの心配する後遺症とは
    術後の縫合痕の開いたところが
    化膿したりしないか…ということです

    なのでケアが必要だと思います
    9月には執刀医に見てもらい、時間の経過によって
    どのように変化しているか見てもらわないといけません

    一度開いた縫合痕がふさがって正常になってるとは思えません
    再度縫合しないなら
    そこに汚れや食べカスなどが入りこみ
    問題が生じないか

    それが心配なんです

    里親さんが後遺症と言ってるのはそこなんです
    4月に訪問した時に話しあって確認しました

    だから、経過観察が必要なんです

    それなのに
    里親さんは気にはしつつも、
    なんとなく、頼りないです

    だから
    とりあえず、今の所は
    具体的に、近所の動物病院とのつながりをつくり
    何かの時には往診してもらえるように段取りをしておかなくてはいけないことを
    気づかせたいのです

    そんなことを、機敏に動かない方なら
    しまちゃんは、決して長生きなどできないでしょう

    8月いっぱいは様子を見てみますが
    健診を機にはっきりと、具体的に提案したいと思っているのです

  • >>10425

    しまちゃんに関しては、
    手術した部分の後遺症は無いはず
    受傷してすぐにちゃんとした検査をして居ないので見落としが無いかの検査は必要
    それで何も無ければ、以後、健康上の何かが起きたとしても里親の管理下で起きたこと
    里親は触ることすら出来ない間に何かが起きても自分で対処出来ないから、ボラさんやかかりつけの病院と相談するはず

    ということで心配は無用ですにゃ

    おらも心配ごとが無いのだにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>10423

    このまま健診だけでおしまいにしたら
    放棄っ子のようになって
    体調不良も気づいたら手遅れ…しかも仕事優先で
    困った困った…

    しまちゃん、待っててね
    とか言って仕事に行って
    帰ったら…死んでた…

    なんてことになったらどうしましょう

    なので、健診の後、近くの病院に行って
    簡単な診療をして帰り
    その後、定期的に往診依頼で経過観察していれば
    健康管理ができるのでは…と思うのですが…

    そんなことまで、こちらが提案しなければいけないようなら
    いかがなものか…ということですか?

    とにかく、今は9月の健診が第一目標ですね

    その後のケアについては、その時の必要に応じて考える
    ということにしてもらって

  • <<
  • 10444 10425
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ