ここから本文です
  • 1

    *****

    活力ナベの広告みて、圧力鍋があるのにもかかわらず購入しちゃいました!
    圧のかかり方が違うのか、出来上がる時間が圧力鍋より早い!
    驚きですo(^∇^)o
    でも、厚切りにした大根など 1分の圧では柔らかったり(`ヘ´)
    失敗も。。。

    付属されてたレシピ本だけでなく 皆さんと
    いろいろお話して コツやレシピが増えたらいいなぁ〜と
    思っております。よろしくお願いします<m(__)m>


    今日は、ポトフを作ってみました。
    ★材料★
    豚バラ肉(かたまり)500g、キャベツ1個、たまねぎ2個
    じゃがいも3個、にんにく2片、ローリエ1枚

    豚バラ(かたまり)500g 粗塩50g+あらびき黒コショー大さじ1を
    まぶし一晩塩漬け。
    一晩(私は2晩置いちゃう事もあります)置いた肉を
    洗い普通の大き目の鍋に お水と肉をいれ火にかけ
    沸騰したらお湯を捨てる。
    活力ナベに 1Lの水と肉を入れ沸騰させあくを取り
    ローリエ1枚、にんにく2片、15分圧をかける。

    きゃべつ1個は、4つに切る。たまねぎは芯をつけたまま2つに切り
    じゃがいもは半分に切る。

    肉が煮えたら、取り出し1人分の大きさにcutして
    ナベに戻しきゃべつ、じゃがいも、たまねぎを入れて
    さらに1分圧力をかける。

    ふたを開け好みで塩、コショーで味を調える。
    器に野菜、スープと共に盛り合わせ出来上がり!
    (好みでマスタードを添える)

    おいしかったです♪
    朝日テレビ『おしゃべりクッキング』http://asahi.co.jp/oshaberi/
    2005年12月、キャベツたっぷりのポトフ を活力ナベで
    作ってみました。

  • <<
  • 10132 10112
  • >>
  • 10132(最新)

    ミィー 4月24日 07:25

    >>10128

    おはようございます

    みるちゃん
    その後、いかがですか?
    頼もしいボイズさんがついていて、本当によかったですね

    言うこと聞いて、よい子にしていれば
    少しの辛抱で病気もよくなります
    これからでも、なんでもおいしくいただけますから、安心して
    飼い主様に身をゆだねてくださいね

    しまちゃんは
    先日の訪問では動画をとりましたが
    写真は撮らなかったので公開できないのが残念です

    体全体がスラリとした感じでした
    ブラッシングもできないのに
    毛艶もよくて、なにより、手足が長くなっていました

    ネコジルシの写真と比較して
    飼い主様のお母様が

    「この子、背が高くなってる… ネコジの写真は子猫のようだけど
     この3か月ですっかり大人猫の雰囲気になってる
     年齢から考えると、今の状態が正常だと思う」

    そのように言ってるそうです

    私が見ても、落ち着いた、それでいて可愛い、優しい表情のしまちゃんでした

    見た目では、決して太ってはいません

    預かりさんの家に居た時は、本当にくるくるお目目の
    チョロチョロ子猫さんでした

    それがまた可愛かったのですが

    でも、今の方がさらに可愛いです
    そして、とても安定した表情で、おっとりしています

    今でも、お目目パッチリの可愛いしまちゃんですよ (*^^)v

    環境によって
    このように、表情さえ変わるんだな…

    と、びっくりしています

    預かりさんのおウチでは
    やっぱり、少し緊張してたんだと思います

    身を低くして背中を丸めていたのかもしれません

    今は堂々としていて
    安心して手足を伸ばし、体も縮めることなく
    安心して過ごしているのでしょう

    なので
    背が高くなったように、成長したように見えるのかもしれません

    譲渡時4キロは決して成長不足ではないですし…

  • >>10130

    しまちゃんのお口
    手術の跡の写真です

    今度行ったら、現時点での写真ももらってこようと思います

    活力なべ使ってる方いませんか? しまちゃんのお口 手術の跡の写真です  今度行ったら、現時点での写真ももらってこようと思います

  • >>10128

    すみません
    今しまちゃんのお口の写真をUPしたら
    病院名が表記されていたので
    あわてて削除しました…

    みるちゃん、右上の歯が一本失ってるのですか
    しまちゃんのお口の写真と比較すると
    みるちゃんの歯は、大きくて長くなっているように見えます…

    人間の歯槽膿漏の人の歯と同じようにみえます…


    何度もやり直してはいけないし…
    本当に、慎重に治療しなくてはいけないですね

    本当にびっくりしてしまいました
    無事に済めば、後々安心できますね


    しまちゃんの手術の時の写真を見てみると
    お口内部が大きくアップされているので、
    わかる人が見るとわかるとおもうのですが
    よく見ると
    しまちゃんの歯は短くて歯茎の中に埋め込まれているように見えます

    手術の跡は痛々しいけれど、歯茎そのものはあの時点では
    健康そうに見えます

    私には、よくわからないけれど
    今のところ、しまちゃんは、
    歯周病と言うところまでは至ってないのではないかと思われます…

    医者が言ったのはおそらく
    犬歯を失ったことにより、歯が空いてきて、この先
    歯並びが悪くなり、歯周病のリスクが大きくなりますよ

    ということだったのではないかと思うのですが…

    その点も含めて、今後のケアについての指導も受けたいので
    病院へは連れて行こうと思います

    そういえば
    ロイヤルカナンで「オーラルケア」と名のついた
    ドライフードがあるようです

    このようなものを与えるといくらか効果があるのでしょうか

  • >>10126

    写真はこれです、上がここに来た直後、下が今年
    犬歯を挟んで対称に6本ないといけないのですが・・
    上の歯が一本なくなってる、トホホ

    狩をする生き物は、食いついた相手のほうが大きくて逃げられたときに歯を失うことがあるので、抜歯には耐性があるのですが、みるの場合は歯茎が化膿していて、このまま放置すると毒素が悪影響を及ぼすので対策が必要なんです

    手術の後、再手術ということにならないようケアするのがちょっと大変そうだけれど、嫌がっても歯茎の消毒は日常的にやらないといけません
    オゾン水を使って丁寧に洗ってやる必要があるので、慣れるまで大分抵抗されそうです

    おらは手術が怖いから、一本足りないのは見ない振りしてにゃ
    出来ませんっ

    みる&ボイズでした

    活力なべ使ってる方いませんか? 写真はこれです、上がここに来た直後、下が今年 犬歯を挟んで対称に6本ないといけないのですが・・ 上の

  • >>10125

    ちょっと失礼して

    みるちゃんの大口の写真を見つけたので保存してから
    貼りつけます

    前歯がなくなってますか?
    歯がたくさんあって、健康そうですよ
    この写真はいつのものですか?
    この時点ではとても健康な感じですが…

    活力なべ使ってる方いませんか? ちょっと失礼して  みるちゃんの大口の写真を見つけたので保存してから 貼りつけます  前歯がなくなっ

  • >>10125

    口臭は病気のサインなんだそうですね

    しまちゃんは
    2016年10月18日に預かりさん宅に来た時
    口臭のある子だったそうです

    2017年5月15日に手術した後は口臭が全くなくなったそうです
    2018年1月18日の譲渡の日も口臭のない状態のはずです

    しまちゃんの口臭の原因は
    折れた骨が鼻をふさぐように入りこみ
    その周りが化膿して、口のなかに膿が落ちてきたせいでした

    そして
    手術で取り除いた後は、口臭がなくなったとのことなので
    おそらく、譲渡の時点では歯周病にはなってないのではないと思っています

    でも
    油断はできませんから、お口の中のチェックはしなくてはいけないと思っているのです

    歯周病の心配ばかりではなく
    術後の開いてしまった縫合の跡がさらに開いていないか

    その点も心配です

    でも、今の時点では、それほど深刻ではないかもしれない

    そのように楽観視している自分がいます

    そんな折
    みるちゃんの情報は、警告を与えられたような緊張感を感じます

    そういえば
    今、探したのですが、見つけられなくて…
    いつだったか、みるちゃんが大きなお口を開けて歯を見せてくれた写真があったはずです

    あれを見て
    歯が揃っていて、いいにゃーー、と思ったのでした
    しまちゃんは犬歯がないので、一つください
    そう思ったのでした…

    前歯が行方不明でしたか
    あの写真はいつのものなのかにゃん…

    一生懸命さがしたのですが…もう一度探してみます

  • >>10124

    みるは口臭があったので、ここに来てすぐに一度診てもらっています
    そのときには、緊急性は少ないけれど経過を見ましょう、ということだったのにカルテに継続の書き込みを忘れていたらしく、発見が遅れました
    ちょうど病院が移転してスタッフの異動や担当変更があり、すっぽり抜け落ちたよう
    一番の被害者はみるですが、仕方ない
    前歯の一本が行方不明なんだけれど、こちらに来てからなのか、元々無かったのかは定かではない、他にもグラグラしている歯が何本もあるので、根元がダメなら抜歯になる
    まだ強い痛みを感じるほどでは無かったので、食欲もあり体調も安定している今のうちにやっておこうと思ってます
    顎の関節炎が重症化すると食べられなくなるから私的には結構焦っている

    しまちゃんの成長が止まっていたというのはありえないから気のせいだと思う
    明らかに大きくなっているなら体重調べないと肥満の入り口に居るかもにゃ、ご用心

    おら歯がなくなっても気付いてないから怖いことはやめにしてにゃ
    ダメですっ

    みる&ボイズでした

  • >>10123

    歯周病は

    ある程度の年齢がすすめば、どのネコにも起こり得ることです
    それでも、処置をきちんとして
    治療をすれば、抜歯となったとしても
    心配するようなことではありません

    しまちゃんは歯周病のリスクが他のネコよりも高いけれど
    それほど心配するものでもなく
    寿命に影響するものでもありません

    医者はそのように言いました

    ですから
    歯周病そのものは、それほど心配していませんが

    しまちゃんのように、病院になかなか連れていってもらえないとなると
    それは
    心配になります

    でも、みるちゃんも
    まだ若いネコさんなのに
    早いですね

    顎関節の炎症にまで発展していたなんて…
    痛いでしょうに…

    ネコさんは病気を気づかれないようにするって言いますから

    我慢していたのでしょうね…

    でも、みるちゃん

    手術は痛いし怖いけれど
    お医者様の治療で楽になりますから
    よい子にして我慢してくださいね

    しまちゃんも
    連休後には絶対に診察してもらえるようにしますから
    一緒に頑張ろうね

  • >>10122

    親戚の不幸があり
    急きょ、昨日、早朝から、葬儀の為、夫の実家のある北見へ行ってきました
    ついさっき戻ったところです

    みるちゃんのことは、とても心配ですが
    ボイズさんがついてるし
    ベテランのお医者様が治療してくださるので
    その点は心配ないですね

    しまちゃんについてですが…
    とても心配です

    里親様が健診を引き延ばすには理由があるのだと思います

    しまちゃんは2歳4か月で里親様のところへ
    引き取られていますが

    その時、しまちゃんは
    とても小さくてまるで子猫のようでした

    それが、里親様の元で
    今、急に成長しているかのように見えます

    先日、少しその点について話しあったのですが

    何らかの理由で成長がとまっていたのではないか…

    今、ストレスのない生活と十分な栄養で
    体力が回復して背が伸び、手足も長くなり、年齢相応の体形になったように見えます

    里親様は
    しまちゃんの健康回復が十分得られ
    免疫力が高まったところで健診と術後のチェックをしたいに違いありません

    その方が何らかの健康問題が発見されたとしても
    治療がスムーズに行くと思います

    そのために
    今、家庭での食料や環境に気を遣っているのだと思います

    ありがたいことです

    それでも
    せめて、しまちゃんの口腔チェックだけでも早めにしておきたいことを
    再び伝えようと思います

    私が一人で連れて行きます…と
    連休後に、しまちゃんを手術した医者に診てもらうことを申し出てみます

    痛いことさえしなければ
    しまちゃんは、病院でも良い子にできますから
    馴染んだ病院へ連れていけば、ちゃんとできると思います

    その後
    里親様のおウチに戻り、里親様が優しく迎えてくれれば
    しまちゃんは安心できると思います

    そのようにことを進めて行こうと思います

    保護部屋の200匹のネコさんたちは
    皆、ノラだし、大半が成猫ですが
    歯周病が蔓延しているとの話は…聞かないです…よ

    放っといてるのかにゃん…?

  • >>10120

    猫の場合、歯垢が歯石に変化するのに要する日数はほんの数日で4~5日もすると歯ブラシでゴシゴシした位では取れません
    なので、歯磨きするならほぼ毎日ということになるのですが、平気で大人しくしている子も居れば、断固拒否の子も居るからなんとも言えない
    私も口の周りを触ることから何度もトライしていましたが、ここに来たときから軽い歯肉炎があり、そのときは注意しましょうね程度のやり取りでその後すでに6回も健診を受けていますが見落とされてしまっていました
    触られるのを嫌がったのは、違和感があったからかも知れませんが、今となっては後の祭り
    今回受け持ちの先生は歯科が専門なのですぐに見つけましたが、内科の先生だともっと深刻になるまで気付かない、というか診ることも忘れてしまうことがよくある
    こちらも、他に気になるところがあるとそちらに気を取られてすっぽり抜け落ちることも・・ごめんね、みる

    今月はゴールデンウィークも間近なので、連休前に手術して運悪く休診日に体調急変なんてことになると命を落とすから、連休明けに一番乗りしてやってもらう予定
    昨日も大嫌いな病院通いで疲れ、昼過ぎから発熱してぐったりしていたので頻繁な通院は避けたいのがホンネ

    しまちゃんも、傾向として歯周病が悪化しやすいと分かっているなら口腔の検査は頻度を増やすなど工夫したほうがいい、可愛がる=安全、ということではないから

    しまちゃんガンバレ、おらも頑張るにゃ
    今日は復活してます

    みる&ボイズでした

  • >>10120

    みるはかなり重症で、奥歯の根元が化膿し、それが原因で顎関節の炎症が起きるという猫特有の症状です
    全抜歯も視野に入れるけれど、先ずは入院、レントゲン検査などを経て歯を温存するか、将来の再発を考えて抜くかを判断します
    どちらにしても、飼い主が希望しても現実的に選択肢が無ければその時に出来る最善で行くしかないです
    いずれにせよ、飼い主が歯磨きしたところで予防できたレベルの話ではないので、医師に任せるだけ

    先の投稿に書いたとおり、医師が「診る」のと素人が「見る」のでは大きな違いがありますから、楽観的も悲観的も過ぎればよくないけれど、やるべきことはやっておかないと後からでは取り返しがつかない

    里親が忙しくて難しければミィーさんが代わって連れて行くのも悪いことではないので、異変を感じたら速やかに行動しないと小さな命はあっけなく終わってしまう

    おらは手術が死ぬより怖いんだにゃ、病院嫌い

    みる&ボイズでした

  • >>10119

    みるちゃんのことは…
    とても意外な現実です

    みるちゃんが、そんなことに…
    まだ、4歳ですよね

    ボイズさんでも
    みるちゃんは、お口を触らせることができなかったのですね
    本当に、お口の手当は大変な作業ということです…

    歯周病は、どの猫もやがては起きる…

    しまちゃんを手術した医者の言葉です

    しまちゃんは、特に、歯周病のリスクが高いと言われているんです…

    こちらの医者は言いましたよ
    歯周病になってしまったら
    一度の施術で、全部抜歯した方が後々のことを思えば安全だと…

    歯が全部なくても
    野良ではないのだから、狩りもしないし
    お食事にはこ困らない…と

    カリカリフードも平気で食べれる…と

    実際
    ハナマルキおねーさんのみるちゃんも
    数年前、8歳の時点で、歯が一本もないけれど
    ドライフードも平気で食べていますよ

    >健診は可能なら一日でも早めたほうが良いですからご検討を

    本当に呑気にはしていられないですね
    半年といえども、人間の感覚とはちがいますし
    ネコさんの場合はもっと長い、時の経過だと思います

    里親様は
    ご自分に慣れてくれるまでは、健診を見送っていたいようですが…

    その気持ちもよくわかります

    ですから
    私が申し出てみます

    私が嫌われ役になってもいいから
    私一人で病院へ連れていき

    まず、健診を行い

    結果がどうであれ

    歯磨き、爪切り、ブラッシングを毎月
    私が行うことにしたい

    里親様が慣れてきて、
    病院帰りにしまちゃんが拗ねてしまわないようになった頃
    バトンタッチでいいと思います

    しまちゃんは
    病院で、とても素直でいい子ですから
    何度も同じ手当をすることで
    慣れてきて
    恐怖心がとれて、緊張しなくなると思います…

    今、里親様が、また、お仕事が忙しいらしく
    この4日間連絡なしです

    落ち着いた頃にはメールがあると思うので
    その時に申し出てみます

    4日くらいの連絡なしは
    決して気にするものではないですね(^^;)

    それだけ
    しまちゃんの里親様は誠実な方ということになります

    ありがたいことですにゃん

  • >>10118

    健診は可能なら一日でも早めたほうが良いですからご検討を

    みるも朝から健診だったのですが、去年の暮に健診に行きそびれて一回抜けていたら厄介なことに
    歯周病がひどくなっていて、歯肉炎のひどい部分で歯が一本知らない間に抜け落ちてしまっていました
    奥歯付近の顎関節も炎症を起こしていて、全面的な歯茎のケアと必要なら抜歯も視野に入れなければならない状態
    日帰りだけれど全身麻酔で一日掛かりの処置になるから気が重いですにゃ
    のらだった子に歯周病はつきものなので気にはなっていたけれど、口はまだ触らせてくれないので見つける機会が無くて半年ほどで急激に悪化した模様
    術後のケアも毎年同じ処置が必要なので麻酔の負担も大きくてちょっと可哀相ですが健康には変えられない

    おら呑気だから気にしてないにゃ、手術怖いよ、病院嫌い
    ま、そう言わずに頑張ろう

    みる&ボイズでした

  • >>10117

    そうですね
    ボイズさんが言うと安心できます

    今、緊急な問題がないようなら

    健診、5月が9月でも
    たいして違わないようにも感じます

    里親様は
    とても、慎重に食事や環境に気を配っていますから
    私の心配事等
    全て考慮してのことなんでしょうね

    ネコさんについても
    ものすごく、勉強しています

    先日訪問した時も
    しまちゃんの行動を分析して、色々教えてくれました

    今はね、こう思っているよ…とか

    私が聞きかじったことを言っても
    ボイズさん経由の助言も
    全て、聞くのは聞くけれど
    自分で調べています

    それでも
    ネズミのおもちゃの誤飲の動画を示したら
    すぐに、納得して処分してくれたところをみると
    ちゃんと、他の人の意見を聞く方です

    知れば知るほど信頼できる方です


    なので、慣れて、しまちゃんが安心して病院に行けると
    判断できたら
    もっと早くに連れて行ってもらえると思います

    でも、一回目の健診と口腔チェックは
    私も同伴したいと思っています

  • >>10116

    今のところ目立った問題が無ければ健診は9月でも問題ないでしょう
    ただし、私の経験からですが年一回だけの健診だと、らてのように命に関わるような異常があっても見落として手遅れになりやすいので、半年に一度は健診を受けるように念押ししておこう
    これは、医療のプロが”診る”のと素人が”見る”ことの違いだから、そこのところはしっかり言っておこう

    おらも病院は嫌いにゃ
    連れて行くタイミングを見計らっているので察して警戒してます

    みる&ボイズでした

  • >>10114

    昨年5月15日手術

    半年後の11月15日術後のチェック

    私としては、さらに半年後の5月の半ばに
    再度のチェックと口腔ケア…と思っていたのです

    そして、ボイズさん提案のとおり
    春には健康診断を…

    譲渡となり、今、しまちゃんには飼い主様がついていますから
    私の予定通りに進める義務はないと思いますが

    私としては
    ここまでは、私の責任として行いたい

    再度申し出ているのですが

    里親様は
    しまちゃんは、すでに、ウチの子なので
    自分の責任で、ケアも健康診断も行う…と言います

    いつ、健康診断をしますか?

    と聞くと

    9月のワクチン接種の時でいいです…と

    飼い主様がそういうのですから
    私が口をはさむことでもないのは承知しておりますが…

    しまちゃんのお口の中…大丈夫かな~

    開いた縫い目から黴菌などが入りこみ
    歯周病が早く訪れたらどうしよう…とか

    飼い主様にすれば
    病院に連れて行って、それがストレスで
    また、ひきこもりになったら困るから
    慎重にことをすすめたいのでしょうね…

    せっかく、慣れてきて、警戒心がとれてきたのだから
    もう少し様子をみようという飼い主様の判断も正しいと思います

    いずれにしても
    慣れてきていますから、本当にもう少しですね

    飼い主様
    お仕事も責任が増えて、ますます忙しそうですニャン
    しまちゃんのことが、重荷にならなければいいのですが…

    でも…
    女房子供を抱えるよりも
    一匹のネコちゃんの方が楽ですよね

    しまちゃんは
    とっても、お利口さんだし
    お母様もついてるし…

    私の心配することは何もないです…

    口腔ケアが5月の予定が9月になっても
    それほど遅すぎでもないですよね

    https://youtu.be/hVFSSV51SFk?t=1
    これ、見て涙がでました
    しまちゃんに似ています…

  • >>10113

    ミィーさん
    どんなに先回りして心配しても、健診を受けて何が必要かを明確にしてからでないと全部がカラ回りになるのだにゃ
    なので、普段一緒に居る里親さんが問題に気付けばすぐに対処するだろうし、それまでは偽医者の出番は無いから様子見でいい
    歯周病は色々な予防法があり、みるは飲み水に混ぜる液体歯磨きを使っています
    これも、健診で「緊急を要しないが予防は必要」という診断があってからの導入なのです
    人間と違ってにゃんこは自分で症状を訴えないから、早めのケアは良いことだけれど抱っこも保定も難しいタイミングで無理にすると関係が悪くなるから、飼い主との信頼関係が最優先

    おら何されても遊びだと思ってるにゃ、病院は嫌い

    みる&ボイズでした

  • >>10112

    しまちゃん

    手術した医者が言った言葉ですが

    しまちゃんの場合
    これから先、歯周病になる可能性が大きいと…

    その場合、歯を抜くということになる…

    歯周病→抜歯
    これは、どんな猫にも多くみられることで
    歯のない猫でも、食事には困らない…と

    どんな猫でも、やがては歯を失う…

    その言葉で、あんまり気にしなくてもいいのかな
    と感じてしまったのですが…

    でも、色々調べたら
    抜歯だって全身麻酔ですよね…

    ネコさんって、検査とか、ちょっとしたことでも
    全身麻酔になってるようですよ…

    抜歯で全身麻酔
    検査で全身麻酔
    検査の結果次第で手術となり、またまた全身麻酔って…

    しまちゃんの場合は
    お口のケアが大事なのではないでしょうか…

  • >>10111

    お湯にさらして色落ちしなければ大丈夫ですにゃ
    羊毛は自分の毛と同じだから、万一口に入っても比較的安全
    ま、コロコロを丸ごと飲み込んだなんてのはいただけませんが、飲み込むのは大抵ストレスが原因だからストレスの元をなくしてやるほうが先なんだにゃ
    しまちゃんはストレスなさそうだから大丈夫

    玉の輿かぁ、ま、他人からみるとそうなのかもにゃ
    でも、私はどんなにゃんこもそれぞれが行き着くべきところに自然と辿り着いているだけだと思うんだにゃー
    ハナマルキにゃんずみたいに、ちょっとミスマッチですよーってのもあるけれど、しまちゃんと他の子が入れ替わるってことはありえないから、やっぱりそれなりなんだ

    手作りの蹴りぐるみは喜ぶよ、大きさや形を変えてどんなのが一番好きか試すといい
    中にマタタビ仕込んでおくと大興奮にゃ

    おらにもそんなのくれにゃ、けりけり
    ボイズの足は蹴りぐるみではありませんけど・・

    今夜はステーキ焼くにゃ

    みる&ボイズでした

  • <<
  • 10132 10112
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順