ここから本文です

>>8806

おはようございます。今朝も投稿、出来そうなので書いています。私は主体的に飼い始めたわけじゃないけれど、家族揃って犬は怖いと感じるし家内は猫の扱いに慣れているし、存在はあるけどマトワリつくような癒されるよりウザいと感じる事はありません。というのはノンタンが生後2ヶ月ぐらいで、家に来た・・2008年(平成20年)この年・・家の事業はリーマンショックに因る、不景気で仕事が底をついたのと同時に・・私も心を病むようになりました。その後私の子供たちは、ことごとく学校生活に躓いたり、して家に引き篭もる時期がありました。私が最悪の状態の時も、ノンタンは5匹の子猫を産みました。そんな小さな命との無意識なやりとりが、どんなに癒しになったかと思うと計りしれないモノがあります。子供を産んでしまったり、そのあと避妊手術をした事がノンタンにとっての一大事であって、それ以上の心配は全くない猫です。外に出す猫だけに、時々獲物を獲って来ては飼い主に見せに来るのも・・殆どがすずめだったりします。そんな本能らしい敏捷な所も見せてくれます。夏は暑いので本当に辛そうですが、涼しくなるとニャンとも気持ちよさそうな顔をしています。そう思えば思うほど・・シマちゃんが何だか可愛そうでなりません。ミィーさんのような奇特な方に出会って・・少しでも命の危機から解放されるといいですね。さて、きょうのボイズさん・・卒倒画像は趣きを変えて・・ちょっと豪華な^^栗ご飯にします。栗と相性のいい鶏肉、安い手羽元があったのでフライパンで焦げ目をつけて、だしが出るように、栗ともち米と一緒に炊き、炊けたあと手で割きました。栗のホクホク感、鶏肉の旨み、もち米のモチモチ感・・秋らしい色になりました。

活力なべ使ってる方いませんか? おはようございます。今朝も投稿、出来そうなので書いています。私は主体的に飼い始めたわけじゃないけれど

  • >>8807

    おぉー、またもや即死画像の栗ごはん、手羽元は栗と相性いいですにゃ
    糖尿病のことはすっかり忘れてどんぶりでいただいてしまいそう、おこわってところがさらにボイズの命を縮めますにゃー
    にゃーと言えば、ノンタン、視線が真剣すぎますにゃ
    生後二ヶ月ごろの子猫って一番カワイイから人気者になれますよね
    でも、まだ体力的には弱くて世話を怠ると体調を崩しやすいのもこの時期
    そんな子猫も高齢の仲間入りなんですにゃ、月日の経つのは本当に早い

    ミィーさん、クレストール服用はそんなに深刻なことではないにゃ
    長期服用になることが多い薬だけれど、一錠くらいなら副作用もないしコレステロール値が安定するまではお世話になるにゃ

    しまちゃんのほうが、食欲凄すぎで肥満街道まっしぐらかもにゃ

    ノンタンに目力で負けたにゃ、みる&ボイズでした

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ