ここから本文です
  • 1

    モーニング娘。関連の雑談のためのトピックです。



    ・利用規約や「世間の常識」から外れない範囲で、感想・思い出話・分析・願望など、ノーテーマで、モー娘。話を楽しみましょう。
     要望は、ここに書き込むより、直接相手に対して意思表示したほうが、実際的です。

    ・事実と真実は違うということをわきまえましょう。
     一つの事実に対して、人の数だけ真実があります。

    ・公表された事実以外は、憶測・妄想・捏造と理解しましょう。
     但し、このトピックは、憶測や妄想を語ることを否定しません。
     また、公表された事実から推測されて醸成された、”認識の共有”も、否定しません。

    ・固定ハンドルの利用は、読み手の、あなたの書き込みに対する理解を助けます。
     但し、上記は私が、あなたがハンドルの変更をすることを、否定するものではありません。

    ・「インターネット上に、人格のすべてが投影されている人はいない」と考えましょう。
     異論・反論は奨励しますが、書き手の人格批判は、他人が読んでも面白くないので、控えましょう。



    趣旨説明は、次項以降に続きます。

  • <<
  • 1480 1460
  • >>
  • 1480(最新)

    big***** 2015年8月25日 21:22

    新盤をカーステレオに入れたら、「それゆけ!みちのく」と表示された・・・

    鬱々とさせられた前作と変わって、どこか6代目時代を思い出させる、落ち着いているけれども元気な感じ。
    あのころの「歌えるて踊れるアイドル」の路線に戻るのかな?

  • つんく♂・・・

    命を失うよりは、生き続けて作品を世に送り出し続けてくれたほうが嬉しいが、あの声がもう聴けないというのは残念だ。
    モーニング娘。のバックコーラスには、常につんくの声が入っていた…と思っていたが、この一年の楽曲では実のところどうだったのかな?
    ボーカロイドシステムでも使っていたのか…故人の過去の声から楽曲を完成させるという企画が最近流行っているが、存命で、歌うことを愛していた人には、かなりつらいことだったろう。

    なんか、「一粒の麦 地に落ちて…」なんて思い出した。

  • >>1477

    >・ハモり
    >3rdあたりから、ユニゾンを、声質でハーモニー風に聞かせるようになった気が・・・

    初期の頃のメンバーというのは、歌声がいい具合に混ざり合っていたように思います。
    それが、ミキティーや愛ちゃんがメインになると、メインの歌割とその他という感じに
    なったのではないでしょうか。

    >・バラエティ
    >「適度」に出続けてほしいが、芸人のマネをするくらいなら、歌や踊りを磨いて欲しいと思います。

    こうしてみると、「うたばん」や「Hey×3」等の音楽番組が終わったのは痛いですね。
    基本音楽番組でありつつ、バラエティー色もある番組というのが、なかなか見当たらなくなりました。

  • >>1476

    ・フォーメーションダンス
    私は、フォーメーションダンス自体に反対というわけではありません。
    光井が潰れたころはまだ、「フォーメーションダンス」とは詠っていませんでしたし、問題なのは、

    >振付師の自己満足としか

    と感じられるほどに高度(特に振りと振りのつなぎの部分は、かなり足腰への負担が大きい動きが多いように思います)な振り付けを、ローティーン中心の集団に与えることが、将来も考慮した上で妥当なのかどうかというところだと思います。
    この件に関しては、以前より「産業医としてのスポーツドクターの常駐」が必要なレベルだと考えています。

    それはそれとして、

    >アリーナを埋めて時にスタジアムでライブを行なう

    と考えると、今のフォーメーションは、小さいような気がします。
    TVでライブ風景を見る限り、フォーメーションに重点を置くようになって、大きなステージを小さく使うようになったように感じます。

    >ハモり
    まともにハーモニーを聴かせたのは、真夏の光線あたりまででしたねぇ。
    3rdあたりから、ユニゾンを、声質でハーモニー風に聞かせるようになった気が・・・
    モーニング娘。が、AKBやももクロと存在目的を大きく違えているのは、「音楽をやる」という点ですから、歌の面の強化は欲しいですねぇ。


    ・バラエティ
    「音楽をやる」という目的を前提にしているからこそ、「バラエティ番組の最近の風潮に迎合する必要がない」というのが私の考え方であり、「活動の宣伝」というレベル以上に力を入れることには反対です。
    全然出なければ存在を忘れられてしまうので、「適度」に出続けてほしいが、芸人のマネをするくらいなら、歌や踊りを磨いて欲しいと思います。

  • >>1475

    big*****さん、本年もよろしくお願いします。

    ※フォーメーションダンス
    私もこれは反対です。正直、振付師の自己満足としか思えないです。
    今の路線のままでは、アリーナを埋めて時にスタジアムでライブを
    行なうようなレベルには到底届かないと思います。
    もっと、歌やハモりに力を入れた方が良いかと。

    ※バラエティー
    とんねるずの企画で、全落・水落というのがありますが、今のハロメンで
    この企画を振れるのはももち位ではないでしょうか。(あとはズッキか)
    何より、事務所も最近のヲタもバラエティーを敬遠しているように
    見受けられます。

  • 今年もよろしくお願いします>各位

    >高橋愛

    今の娘。のパフォーマンスの基礎は、彼女の存在があってこそなので、そういう見方もあるでしょう。
    しかし、

    >売り上げやグループとしての知名度

    といか、歌謡界や社会に娘。が示した存在感の大きさを考えると、6代目モーニング娘。時代より8代目時代のほうが「興隆」していると思います。


    年末に鈴木・佐藤が故障とのニュース・・・前々から私は、「今の娘。の振り付けは、体が完成していないローティーン・ミドルティーンの足腰には負担が大きすぎる」と主張しているが、今回また、光井の轍を踏ませてしまうのだろうか・・・やりたいだろうけれど、充分に回復するまで「ダンス断ち」を徹底して、しっかり治してからの復帰を望みます。




    >嗣永
    道重など、最近のハロプロメンバーに多いのが、育ちが普通すぎて今のバラエティの下品さに向かない子たち。
    譜久村リーダーをはじめ、今の娘。はそういうメンバーが歴代でも特に多いような気がします。
    嗣永もそうで、普通の家庭に育ってしまったがために、今のバラエティには上品すぎると思います。
    (ここでいう「普通」は、私の感覚なので、現代の基準からすると「少々古風」かも)
    嗣永は、専門も児童教育のようだし、子供向けバラエティが丁度良いような気がします。

    道重は、ここまでTVが下品になる前にポジションを確保していた+「娘。ブランド」に対する他のアイドルのリスペクトをベースに、道重ブランドを確立できたんじゃないかと思います。
    刺激に対する欲求は、慣れるにつれどんどん先鋭化してゆき、極まるといったんリセットされるので、いずれ彼女たちにも出るチャンスが生まれるでしょう。

  • >>1473

    一部のプラチナ期ヲタの中には、高橋愛を中興の祖としたがる向きもあるようですが、
    売り上げやグループとしての知名度で、やはり道重カラフル期に勝てないでしょうから。

    >もう、しばらくはこんなメンバーは出ないだろうし、こんな在り方が上手くいく状況でもないであろう・・・

    今のハロプロとして、バラエティー面ではももちが限界でしょうか。
    ただ、そのももちがカントリーガールズとして活動を継続するのは朗報かも。

  • もう、「お疲れさまでした」としかコメントのしようのない、凄いリーダーだった。


    道重8代目の就任時に、自分がなんと書き込んだか、この板の過去ログを見ていないので定かではないが、「”中興の祖”たり得る」と書いた気がする。

    8代目の実績を振り返ってみれば、まさに「中興」。
    他の人にとっては、「モーニング娘。の再興」かもしれないが、私にとっては「モーニング娘。サーガ」における中興である。
    (昔どこかで書いたことだが、私にとっての娘。には「現在進行形の大河ドラマ」のような面がある)
    今後も、譜久村9代目から将来へと歴史は続いてゆくであろう。

    思い返せば、道重8代目は「神話時代」の娘。たちの空気を、現在に再現したようなメンバーであった。
    娘。としてのアイデンテティを確実に示しつつ、ひとりのアイドルとしても個性を発揮したその在り方は、”太古”の「中澤時代」をほうふつとさせるのものである。

    もう、しばらくはこんなメンバーは出ないだろうし、こんな在り方が上手くいく状況でもないであろう・・・AKBの人たちが、「道重流」を発展させて活用しているから。
    (バラエティ番組では、ある程度の下品が求められるが、下品が過ぎると鼻摘まみになってしまう。道重が頭角を現したころはあの程度が丁度だったが、今求められる下品さは娘。の分を超えている。)


    今後は休業だそうだが、「モーニング娘。の道重」は、娘。のメンバーだからこそ成り立つのだから、致し方ないか。
    少なくとも、タレントとしての可能性は大きいと信じているので、もし娘。以外としての在り方が見つかれば、復帰して欲しいものだ。

  • また、12チャンネルがやってくれた。
    っていうか、紺野”アナ”がここまで吹っ切って笑いを取りに行けるようになれたことが、なんだか良いことのような気がする。

    入社した春の深夜番組で先生役の芸人から、「”娘。時代も含めての自分”を封印するのでなく、武器とする」ようにアドバイスされていたのに、結局封印していた。
    封印したところで、過去から逃れたりコントロールしたりできるわけないのに。
    今まではそこのところの矛盾に苦しんでいたのかな?

    今回哀しかったのは、保田の「衰え」・・・
    一曲分以上の長さで、歌い・踊ると息が続かなくなっちゃったんだね。
    他のチームの中年女性たちの安定度と比べると、やはり声帯は筋肉で、スポーツに似てるんだなぁ。
    酷使すれば使い減りするし、使わなければ上手く動かなくなる。
    声の安定だけ見れば、垣さんがエース格に据えられていたのは当然か。

    その垣さんも、採点制のカラオケとなると、癖がマイナスに働いちゃって、「モー娘。って、やっぱ下手じゃん」という印象をお茶の間に与えちゃっただろうなぁ。

  • さすがは12チャンネルというか、この局は時として高い見識を示してくれるなぁ。

    オリメンだけで、モーコー。
    普段声を使っていないのか老化か、音を外したり声が出なかったりしていたが、ここで保田にサポートさせることなく、4人で歌わせるのが良い。

    最初はちゃんとハーモニーを作っていたんだよねぇ。
    最近の、地声の高さや質を組み合わせてハーモニーを作るのでなく、メロディを5人分作ってのハーモニー。
    そしてそれを5人が実現して見せている。
    30年くらい前のグループアイドルでは当たり前のことだったんだけれど、おニャン子あたりから地声の組み合わせでハーモニーっぽく聴かせるような作り方が普及してきたような気がする。
    これは多分、美空ひばりあたりから始まった(?)アイドル歌手が「歌手」という枠に収まらない活動をしていった流れの先にあるんだろうと思う。
    (たまに、NHKのBSとかで、3人娘とかの映画をやっているけれど、いまのAKBやジャニーズの活動形態のルーツが垣間見えるような気がする)
    アイドルがまともにコーラスでハーモニーを作るのは、こういった流れをちょっとだけ乱すものだったから、モーニング娘。の音楽的なポジションが生まれたんだろう。
    そして完全に音作りもメンバー構成も変わってしまった現在に至るまで、そのポジションは不動だ。

  • 保田が歌うらしいんで視てみたが・・・
    最初に視たときは、保田やSPEEDの2TOPと対で歌わせられるAKBが、哀れで視ていられなかったが、もう慣れた。

    保田はこの出演者の中では上手い方だが、絶対的なものでは無いんだと改めて認識した。
    何が足りないのかな・・・上手いんだけれど、何か足りない。
    むしろ前回出てきた田中の方が下手なんだけれども、保田の持つ風格とは違う何かが感じられる。
    歌って、音の再現力だけじゃないから面白い。



    といったところで、NHKの特番。
    藤本のコメントには違和感を感じたが、「全曲集」的な企画はいろいろと思い出せて、面白い。
    上記からの引き続きでいうと、歴代メインはそれほど上手かった訳じゃないんだね・・・他のメンバーより前に出るだけの何かがあるという点が共通項か・・・
    新曲から遡ると、歴代メインの中で、歌唱・風格の点で高橋が別格な気がしていたが、藤本脱退前の曲になると、急に迫力も風格も無くなって、「単に上手い子」になっちゃった。

    今、「ライバル」とされている他のアイドル達の歌や踊りって、「娘。史でいうと、10年前位~それ以下のレベルなんだ」って、再認識したが、彼女らが「10年後に今の娘。のレベルを目指しているのか?」というと、目指していなさそうな気がする。
    やはり、モーニング娘。は歴史の長さだけでなく、その指向性と実績も、空前にして絶後なんだなぁ。

  • 意外に早かった…のかな?
    過去の長期政権は、前代が緊急脱退しての繰上りだったから、通常だとこんなもんだったかな。
    なんとなく、中澤の歳までいるような気がしていたけれど。

    半年後には、本格的に「誰も知らないモーニング娘。」ばかりになるわけで、それは同時に、抜本的変革のチャンスでもあると、期待しておこう。

  • 小春ちゃんは3月でレギュラー卒業したんですね。そして4月からは、ももちがレギュラー。
    正直、今のイメージからすれば、ももちの方が番組に合ってそうですね。
    あと、おはガールも2000~2001年生まれのコということで、きらりの神通力も薄れてきて
    いるのかなあという気もします。
    (新おはガールは、あいちゃんがカワイイかな。しかし如何せん、ちゅちゅちゅ!の
    レベルが高過ぎた。)

    それにしても、木曜日の鉄拳とももち以外がまるっきり無名な件。

  • 道重、大人だ。

    さんまを初めとする、ゲストを素材として自分の芸を見せるタイプの司会者なら、ゲストがどんなキャラクターの持ち主でも、司会者の力量に応じた番組が出来上がる。
    キョショーの場合、どちらかというと、司会ではなくメインキャストなので、マチャアキとの相性が番組の仕上がりに影響する。

    道重は、以前いた、介添え役アナウンサーがやっていたような役割を果たしていた部分があったと思う。



    「”ちゃんとして”って言ったよね?」初めて道重に色気を感じた。

  • CDにおけるA面が2つとか3つとか、おかしいと思う。
    レコード時代は、本当に両側に「A」と書かれた盤があった。(厳密には刻印のある側とない側という差異があったが)
    CDは、「A面」と称してはいるが、第1トラックより始まる序列が厳然として存在してる・・・って、以前にもどこかに書いたような気が。

    第1トラックは、言葉を大事にしすぎたのか、ものすごい違和感がある。
    音全体の印象として、全盛期の小室サウンドっぽいと思った。
    サビの部分は印象的でよいんだが、ほかの部分が忙しすぎて・・・

    第2トラックは、他の2曲と比べて、地味な印象。
    今までのオリンピックタイアップ同様、あまり聴かれることのない応援歌になりそう。

    第3トラックが自分としては一番なじみやすい感じ。
    多分、単純にテンポが速いから、難しさを気にせずに済むんだろうと思う。

    今回は近年になく早い時期からプロモーション活動が始まっているような・・・発売1か月前からマスメディアで曲が聴けるのは、いつ以来かな?

  • 娘。で大掛かりに何かやるというので、何年かぶりにドッキリ番組を視た。
    実に上手く演出されていたねぇ・・・多分、「寝起きレポートがある」くらいは知らされていたんじゃないかな?

    起きたばかりで、のどが開いていないせいか、声は出てなかったけれど、鞘師の声の不安定加減が通常通りで、「さすが」と感心した。

    化粧はともかく、髪型が素のままだと誰が誰やら・・・

    それぞれ、どの程度眼が悪いのか知らないけれど、メガネで対処した譜久村石田と、「とりあえずまず、コンタクト装着」の飯窪の違いも面白かった。

    新曲の振り付け…「アメ女をプロがやるとこうなります」みたいな印象を受けたが、気のせいかな・・・

  • >>1461

    常に想像を裏切ることを第一義としているような、運営チームですね・・・
    ASAYANのころから、つんくの発言と実際に行われたことの間にズレを感じていたので、「つんく♂」というのはつんくを顔とするチームの共同ペンネームみたいなものかなと考えています。

    公表した最初から、年号を撤回する可能性を示唆しているのが、下劣な感じがして、いやなコメントでした。

    もし何かを付加するのなら、2期生加入時や、中澤卒業時などいくつもタイミングがあったのに、今やる意味が理解しがたい。
    「窮まって」という感じでもないし・・・


    モーニング娘。と他のハロプロが共演する場合、弱者連合というより、前座の扱いのような気がします。


    プロデューサーという肩書の人は、本心はともかく、成功しなかったことの自分の責任を、公に語る人はほとんどいませんね。
    自分で営業しているわけでもなさそうだし。
    「自分はベストなものを出しているのに営業が・・・」というのは普通の社会でもよく聞く言い訳ですから、そんな感覚なのかな。

  • >>1459

    何故にこうも、このプロデューサーは感覚がズレてるのか・・・!?
    娘。そしてハロプロの躍進の妨げになってるのが、他ならぬ
    プロデューサーな気がしてならないです・

    >娘。のライブ・イベントは充分多かったような気がするので、注力していたように感じますが・・・
    そこからしてズレてるのではないでしょうか。
    娘。単独とか他陣営との対バンとかならまだしも、ハロプロとばっか組んでやってるのは、
    弱いのが徒党を組んでるようにしか見えないです。

    >>No.1460
    >ただ、寺田光男氏(つんくさん)は、某番組で『今年はおまえら無理やぞ』と言われていました。
    このプロデューサーは、自分の責任というのを微塵にも感じないのでしょうか。。。orz

  • >>1458

    >3作連続オリコンNo.1も決定打にはならなかったようです。

    うーん、難しいところですね。

    ただ、寺田光男氏(つんくさん)は、某番組で『今年はおまえら無理やぞ』
    と言われていました。

    まだ、勝負の時でない事を実感されていたんでしょうね。

    これをバネに来年さらなる飛躍が期待出来るといいですね。

    参考までに、モモクロもヒットの兆しが見えた2011年は紅白落選、さらに
    躍進した2012年に初出場でしたから、来年あたり、30万枚超えのヒットを
    連発させたら行けるかもしれませんね。

  • <<
  • 1480 1460
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン