ここから本文です

政治不信の極み

  • 36
  • 1
  • 2018/04/13 14:05
  • rss
  • <<
  • 28 1
  • >>
  • 28(最新)

    ako 4月5日 15:55

    またも馬脚を現した大相撲協会の体質

     春巡業の土俵上で挨拶に立った舞鶴市長がクモ膜下出血で倒れました。
    一刻を争う事態に看護婦資格を持つ女性が土俵に駆け上がり、救命措置の
    心臓マッサージを施したそうです。素晴らしい女性の勇気に感動しました。

     ところが、こともあろうに場内で二度に亘って「女性は土俵から降りて
    ください」と鬼のようなアナウンスがありました。こんなバカが財団法人
    に居るなんて絶句します。八角理事長よ、しっかり教育しなさいな!!!

  • 国民のルールを作る立場の人が
    自ら法を破り、権力をカサに着て弱い立場の人を虐めるなんて・・・。

    大新聞(6/30)には
    「人を人とも思わない言動は、国会議員として失格のそしりを免れない。
     よもや次の衆院選で出馬するなどということはあるまい」

    https://www.youtube.com/watch?v=Bc6UEvT9H_o&feature=youtu.be

  • ③ 安倍晋三 内閣総理大臣
        「地震、津波等の自然災害に対して、原子炉の安全性について万全を期している」と、第一次安倍内閣
         (2006年)で安全神話をぶちあげましたが、その後2011年に福島原発の大事故を招きました。

        「聖域なき関税撤廃を前提する限り、TPP交渉参加に反対する」と、自民党は2012年の選挙公約で
         主張しましたが、まもなく政権を取ると前提を撤回しTPP賛成に転換しました。

        「社会保障のために消費税増税を再び延期することはない。ここに皆さんにはっきり断言いたします」
         (2014年第二次安倍内閣)
         それもアベノミクスの行き詰まりから公約を破り、再延期となって財政再建は遠のきました。
         まともなら、公約違反を詫びて潔く総辞職するか、衆院を解散して民意を問うのがスジですが、
         それもしません。自己保身のためならウソも方便、公約も平然と破る口先三寸の政治家の典型でした。

        日本の成長率は先進国で最低で財政赤字は最大です。
        この30年で生産年齢人口は1千万人も激減し老人大国になりました。
        そのため人手不足の状況ですが、低収入の非正規社員が激増しています。

        更に、自国の通貨を安く貶める政策で国民の生計を圧迫し、その分、輸出系大企業には同じ額のドルを
        稼いでも円に替えると大儲けとなります。何のことは無い、国民大衆の富を減らして大企業の儲けに
        移し替えたようなものです。それによって大企業からの政治献金が活発となり、自民党はウハウハになる
        仕組みでした。そして貧しい大衆には僅かな給付金の支給で目くらましをかけているようです。

        富裕層の余剰資金は通貨安を嫌って株式市場に逃げ込み株価を押し上げました。
        政府は更に国民の大事な年金資金を政権浮揚の道具に利用し、昨年から倍増で株式に投入しています。
        ところがこの1年で海外投資家はアベノミクスに見切りをつけて大量に日本株を売ってきました。
        東証一部の時価総額は100兆円も激減し、年金資金も、この1年で数兆円も損を出したそうです。
        やがて安倍政権によって年金支給も減額される時代が来るでしょう。

  • くたばれ、嘘つき3兄弟。
     ① 野々村竜太郎 元兵庫県議
         「相手様から公表しないでくれという約束を前提に政務調査費を使ったので公表できない」と。
          結果は、検察も相手がチンピラなので、上を気にしないで逮捕に踏み切りましたね。
     
     ② 舛添要一 都知事(疑惑の総合商社と云われ、政治資金の公私混同、公金横領疑惑、公選法違反容疑等)
         「私の最大の責務は都民の生命と財産を守り1円たりとも無駄にさせない」と抱負を述べましたが・。
         「正月の家族旅行でも支援者を呼んで会議もしたので、政治資金の支出に違法性はない。
          ただ、相手方に迷惑が掛かるので支援者の名を公表できない。なんなら第三者の厳しい目で評価を
          いただく」と逃げましたが・・・。

          自分で雇った弁護士と談合では笑止千万ですが、その弁護士も舛添の言い分を聞いて、その裏付け
          もしないで、これが事実認定だとうそぶくような卑しい三百代言でした。
          舛添は口では綺麗ごとで人を騙し、裏では公職に付け込んで公金を遊蕩三昧に使う民主社会のダニ
          同然です。しかも謝罪のポーズだけでウソを付き通す性格は矯正不能な嘘つき魔です。
          こんな男が都政のトップでは万死に値します。
                                          (つづく)

  • くたばれ、舛添。
    血税タカリのゴキブリ野郎!

    「お忍び」でも公用車で1年間に数十回も都庁を抜け出して
    美術館や博物館を巡り、介護施設の視察はゼロとか。

    昔の釜ゆでの刑でも復活させて、謝罪ポーズだけのイカ様野郎と
    号泣県議を一緒に縛って釜の中に放り込んでみてはどうでしょう。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!