ここから本文です
  • 『月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也』ってこういうことかい?

    時を隔てた三様の解釈 ・事実だとして皆様も解釈に挑んでください。
    エスプリに富む解釈で相互の関連が読み取れないとダメだよね!

    ★『古池や蛙飛びこむ水の音』:
    ①真珠湾奇襲攻撃
    +②ドローン機器による遠隔攻撃

    ★『五月雨を集めてはやし最上川』:
    ①戦艦大和空挺部隊(さみだれ:空爆/殺気雨)により撃沈
    +②戦艦ミズーリ号降伏停戦協定調印(さみだれ:サイン)

    ★『閑さや岩にしみ入る蝉の声』:
    ①広島原爆投下(放射能汚染)
    +②劣化ウラン弾

    ★『一つ家に遊女も寝たり萩と月』
    ①クラスター爆弾(遊撃爆弾)
    +②誘爆型水素爆弾開発

    ★『夏草や兵どもが夢の跡 』
    ①ロッキード事件(夏:ピーナッツ)(夢:賄賂タ)(小佐野・児玉・田中)
    (丸紅・全日空ルート)TOURもの(航空機)つわもの↑
    +②毛沢東・文革(文化大革命)特権階級の衰退

    ★『五月雨の降のこしてや光堂』
    ①ナチスエニグマ暗号解読
    +②地雷原処理問題

    ★『むざんやな 甲(かぶと)の下の きりぎりす』
    ①ユダヤ人収容所(アウシュビッツ)ガス室処刑
    +②天安門事件戦車に蹂躙されるデモ隊