ここから本文です
  • 1

    *****

    ジェラルド・ダレル氏の著作

    御亡くなりになったのは大変残念です。
    成人してから読んだ著作には、その表現力に魅せられ、さらに子供のころ読んで印象に残っていた動物の本も氏の著作であることに昨今気づき、誰かと語り合いたくなりました。
    日本では功績のわりに話題にならない気がしてなりません。読んだ方も、読んでない方も、また動物が好きという方はぜひ、お立ち寄りください。お待ちしております。

  • <<
  • 6867 6848
  • >>
  • 6867(最新)

    noo***** 3月26日 17:27

    >>6866

    園芸店を回って花の苗を買っております。
    「イタリアの貴族が育種したフリル咲きパンジー」
    無農薬で育てたエディブルフラワーだそうで、サラダに添えて浮かれております。
    黒く咲く花を探していて白・黒・紫キメラ咲きのこれに行き着いたのですが、その後黒いネモフィラを見つけそれも買って来ました。tapura様の地元に青いネモフィラの名所があるようですが、海の中道海浜公園も一面青ネモ(勝手に省略)を打ち出しております。オオイヌフグリを大きくしたような花なのでしょうか。ミックスフラワー種が育てば青ネモが見られたはずなのですが、育っているのはネモフィラとは明らかに葉が異なる何かわからない3種だけ。
    そして黒くはないけど紫に白い斑が宇宙っぽく散ってるペチュニア「ナイトスカイ」が珍しくてこれも。
    地植えには持って行かれても痛手にならないエボルブルスをコンボルブルスの隣に導入します。去年ポーチュラカのあかしろきいろ~♪でたいへん賑やかでしたが、越冬出来なかったので今年はあおしろむらさき♪になる予定です。
    桔梗は5個発芽しました。
    ・・・何やら白~紫~黒のお悔やみカラーグラデーションなのが気になりますが、経過報告してまいります。

  • >>6865

    >「一汁一菜でよいという提案」だそうです。
    「一汁一菜のすすめ」ではたちまち、「ちゃんとした人」から十字砲火を浴びせられてしまいそうですよね・・・「トマトの味噌汁」が紹介されているとかで、割り当てを待っています。

    WBCはその後、「イスラエル」で冗談が言えないか考えていたのですが十字砲火を恐れ差し控えました。
    前田健太投手が試合中外国人主審から手首の数珠を外すようジェスチャーを受けたことを思い出しました。
    前田投手はすぐに従って外しましたが、相手によっては宗教上国際問題に発展しなくもなさそうです。
    他国選手を見てると爪楊枝くわえたまま投げてて「アレは?アレはいいのかよオイ?」とも思いました。実況は実況で「彼はいつもくわえて投げるそうです」「岩鬼は葉っぱくわえてますけどね」とコメントして笑い合うはで・・・
    イスラエル選手は全員アメリカ国籍だとか。そうやってみんな故国の代表になっちゃったら誰がアメリカ選手って言えるんだろ?本来アメリカ(とは呼ばなかったろうけれど)に住んでいたネイティヴアメリカン?彼らからしたらメイフラワー以降はみいんな移民だろーに。

    咲くのを楽しみにしていたベランダのチューリップの球根が、カラスにでしょうか抉られてしまいました。
    義母の命日に供えようと地植えにしていた菊を根こそぎ持って行かれたのに続く園芸禍です。
    もらった桔梗の種も今年こそ発芽させたい。クリスマスローズは、母が亡くなった連休前たくさん咲いたイメージなのに今満開です。花見に持って行こうと桜柄の缶ビールを買って来ました。まあ浮かれております。

  • >>6864

    ディック・ミネ「アイルランドの娘」と判明。
    ♪あい~のひとみ~のいじらしさ~♪
    を「藍の瞳」と思っていたらそこの歌詞では「愛の瞳」となっておりました。
    アイルランドはダレル兄弟のルーツ。一度行ってみたいと思っていますが、関口知宏の紀行番組で悪いことに行ったような気になっています。
    漢字では愛蘭か・・・
    WBCオランダ戦を見届けた末、父曰く
    寝ろか。こん人たち今から帰りんさらんまらんろうけど。
    今日が対キューバ?
    きゅっ!きゅっぽん、きゅきゅっぽん!
    ・・・ど~もステップのキレが良くないと思ったら靴の裏に・・・
    吸盤ルンバ、ね。

  • >>6863

    今日はパンじゃなくてピザを焼きました。縁にチーズが入ってる宅配ピザを真似て冷凍トッポギを縁に巻き込んで。

    実家に地下貯蔵庫がありまして、蝶番の観音開きに蓋を開けたところへ片足落ち込んだと父が申しました時は「もう骨折、さあ骨折」と覚悟致しました。ところが脚は大事なく、腕を打って痛かっただけと思ったら寝ようとして3枚重ねのシャツに血が滲んでて切り傷に気づき翌朝外科に行ったら6針縫った、と。
    こちらからかけた電話で怪我から三日目にわかった顛末でございます。それで数日様子見に行っておりました。
    久し振りに父の鼻歌
    ♪アイルランド~の村~娘~♪
    を耳にしました。
    ♪カチューシャ可愛や別れの辛さ♪
    と違ってこちらはオリジナルを聞いたことがありません。
    ちょっと、検索してみます。

  • >>6862

    >「一汁一菜のすすめ」
    「一汁一菜でよいという提案」だそうです。
    面白そうですよね。私も読んでみたいと思いました。土井さんがテレビの番組で少しだけ内容を話されていました。
    私は一人暮らしなので食事がどうしても単純になりがちで、ほぼ一汁一菜みたいな食生活です。土井さんのお料理には程遠いですが。
    野菜のごった煮を大量に作って、それがクリーム味になったり味噌汁になったりトマト味になったり。後から茹でた肉を足したりウィンナー入れたり。もちろん、焼き魚なども食べますが、メインはこの野菜のごった煮。・・・ごった煮、響きがよろしくない、でもまさにごった煮。見栄えなんぞありゃしない。これは反省点。
    今日の夕飯も野菜スープがありました。味はコンソメのみ。チーズ入りの丸いはんぺんを後から入れました。

  • >>6861

    読書のこと書き忘れました。
    「ハリー・ポッターと呪いの子」です。「スペシャルリハーサルエディションスクリプト」って・・・何なのでしょうか。「3人の著者による新作オリジナル・ストーリー」J.K.ローリング(大文字)と共にジョン・ティファニー&ジャック・ソーンって・・・つまり?
    開いて納得、「お芝居の台本みたいな書き方」って意味?

    タニタの味噌の減りが早い。割高な西京白味噌をケチって使った反動か、減塩を良いことに気が緩んだ結果か、双方相まってか、かくなる上は中辛口西京赤味噌を試す所存です。
    「一汁一菜のすすめ」でしたかが新聞で紹介されてて読んでみようと思ってて・・・今日も忘れてたのでした。

  • >>6860

    2月以来となってしまいました。
    ペヤングからは納豆焼きそばが新発売されており、こちらは大丈夫でしたことご報告致します。
    来月最寄りの水族館がリニューアルオープン予定です。
    何しろ「魚スケートリンク」からほどなくスペースワールドが閉園を発表した後です。
    イカの漁獲量が減っているそうですが、近所に「活け作り」ののぼりははためいているので影響を実感はしておりませんが、「本日開店」とか「新台入れ替え」みたいにほぼ毎日はためいているのと同じで、注文したら無いのかもしれません。活け作りの銅を刺身で食べた後、ゲソを天ぷらか塩焼きにしてくれる店が多いなか、先日は脚も刺身にする選択肢があって思わずそれを選んでしまいました。私が下ごしらえする時、イカの脚先は少し切り落としていましたが、そこもそのまま出てきました。

  • >>6859

    >うどん
    先日、近所のお味噌屋さんのことを書きました。言い忘れましたが、ここのお味噌おいしいです。種類もたくさんあります。お味噌を入れたお菓子なども評判が良いのです。
    町内にうどん店を開店して成功を収めている家もあります。苗字はうちとは違いますが(笑) 以前は製麺の工場だけだったのですが、今ではうどん店を何店舗も展開しています。ファミレスみたいな感じでいろんなメニューがあって値段もお手頃、気軽に入れるので人気が出るのもわかりますね。近くにもあるので私もたまに食べに行きます。
    この製麺所では私が子どもの頃インスタントラーメンも作っていました。その味が懐かしくて、また食べたいなあとしょっちゅう思い出します。格別おいしいというわけではなく、なんかこー安っぽいというか薬品臭いみたいなっていうか、不思議な風味がありました。なんとなーく近いと言えば言えなくもないのが日清のチキンラーメンかなあ。これは薬品臭いわけではないですけどね。

    胃の具合がちょっと心配かなあなんて時の外食って、脂っこいものが乗っていないあっさりしたうどんとかそば、ありがたいんですよねえ。タハハ

  • >>6858

    バカリズムと小峠ご両人が福岡芸人をアピールする番組を見ましたら、うどん福岡発祥を説いておりました。
    香川出張中、実は名店だったのかもしれないもののふらっと入った店のうどんがおいしかったことを忘れません。どこで食べても安くて外れがなくて。

    読書は「汝、ふたつの故国に殉ず」です。著者は「死の淵を見た男」の門田隆将氏です。後者を自分で読んだ後父に読ませたくて買いましたが、今度もそうするつもりです。
    父の父は台湾鉄道の官吏でしたので、「湾生回家」の日本語版を探しておりましたが日本語で書かれたこの本ならすぐ手に入るでしょう。あとはホワイトデーのお返しを何か見繕わなければなりません。

  • ケンミンSHOW録画を見ましたが、福岡、北九州のうどん、どれも初耳でした。私が時々食べたくなるのは、鳥栖駅6番ホームのうどんです。
    どうしても香川に対抗せざるを得ないようですが、讃岐うどんのコスパとアヴェレージには及ばないとゆうのが四国赴任経験者であるNoonの意見です。
    それどころか豚骨ラーメンが食べたくて探し、愛媛で入った居酒屋で出していたラーメンがNoonのベストラーメン。お株を奪われてさえいます。
    店主曰く「いろいろやってたどり着いた」野菜の甘み溶け込んだスープが美味しかったのです。今もあるのなら愛媛県民に言いたい。博多ラーメンよりまずアレを食べてみよ、と。
    天ぷらの「ひらお」、焼きそばの「相夫恋」が取り上げられた時はつい食べに行ってしまいましたが、今回それほどでもありません。
    グルテンフリーの抑制が効き始めているのでしょうか。
    天ぷらも焼きそばもうどんもみいんな小麦。依存症の疑いは晴れていません。

  • >>6856

    私の初代のセイコーの時計は銀枠、青の上から下にグラデーションの文字盤でした。
    母の形見のロンジンを子供に貸しました。
    私が子供に選んだ時計は樹脂の目立つ色と大きさで、教師から受験用には黒をと奨められたためそうなるとこれしかありません。
    そう言えば喪服に合わせられる時計もこれしかありませんでした。
    母が「ホーラ見て御覧」と勝ち誇っているかもしれませんが、きっと孫をも応援してくれることでしょう。

  • >>6855

    >ペヤングの新商品
    「ギリチョコ焼きそば」発見。
    >丸幸ラーメンセンター監修
    「長浜ラーメンコラボ」発見。
    まあ、バレンタイン商戦とはいえ、焼きそばは想定外でしたなあ。
    そしてタニタ減塩味噌も発見。わかめと卵の味噌汁、好評でした。
    父の幼馴染みの奥様に「ニャシュマロ」を手配しようとしたら「ニャムチャ」なる猫顔の肉まんも出ていて揺さぶりをかけられております。

  • >>6853

    そうそう、味噌。
    樽にこんもり盛って売ってる店で相談して買ってみたい気もしますが、そんなお店を知りません。
    醤油も減塩醤油という減塩醤油が口に合いませんで、コレと決めていません。
    そして「グリーンキウイよりゴールドキウイの方がビタミン豊富」とテレビで紹介された影響かゴールド品薄です。
    アメリカ産はイエローキウイと銘打っていますが、佐賀産ゼスプリゴールドキウイを応援したくて探し回っております。

  • >>6852

    私の初代時計もセイコーでした。電池入れればまだ動くかもしれません。その後退職金で買った舶来品も、母の形見のロンジンも、電池換えで憂き目に遭っており、取扱店へ持ち込む手間暇を惜しんではいけないと思い知りました。

    ここへは新製品のカップラーメンを見つけた話をしに参りまして、「丸幸ラーメンセンター監修」というから、警察犬の写真が飾ってあるあの店だと思っていたら、それは丸星ラーメンのことで、一口目の麺で小麦粉の粉っぽさを味わう、カップ麺より100円高いくらいの昔ながらのアレではございませんでした。乞う!コラボ第二弾!
    丸幸ラーメンセンターでは食べたことがあるのかはっきりしません。
    しかしペヤングの新商品「パクチー焼きそば」はいけませんでした。カメムシ臭キョーレツ過ぎ!
    ・・・思ったより深刻ですな。小麦依存症。

  • >>6851

    そうそう、味噌のことを書き忘れました。
    同じ町内にうちと同姓の味噌屋さんがありましてね、なかなか流行っています。その味噌屋さんとうちが親戚と思う方が多くて、言われるたびに「同じ町内で苗字が同じですが親戚ではないのです。」と答えるのですが、たまに「いいや絶対に昔どこかでつながってるはずだ」とあきらめない方がいます。「違う」と答えますが、あまり否定するのもなんだか変だと思って「そうかもしれませんねー」とテキトーに流してしまうこともあります。ちょっとイラっとします(笑)
    だからというわけではなく、私はお味噌はもっぱらスーパーで購入しています。最近はタニタの減塩味噌が多いかな。減塩という響きに弱いんだ。それにタニタだし(笑)

  • >>6851

    藤原てい著「流れる星は生きている」もうだいぶ前に読み終えています。すごかった。なにしろ読んで良かったと思いました。
    私が最初に母から与えられたセイコーの時計は、質流れ品でした。前に百鬼園トピに書いたことがありますが、うちは私が子供のころまで質屋をやっていまして、その時の質草だった時計です。部室の外の廊下でその時計を落としてバラバラに壊してしまい、その後、近くの時計屋さんで母が買ってくれたのが手巻きのロンジンです。今も私がメインで使っている時計です。母はロンジン好きでした。母の形見の時計もそうです。
    家の本棚に新田次郎の「ある町の高い煙突」がありましたが、もしかしたら母は「流れる星は生きている」も読んだのかも。。なーんて、今は確かめようもないですがいろいろとかってに空想をめぐらしてしまいました。

    午前中にリンゴのジャムをまた作りました。おいしいです。野菜室にまだいくつか入っていますが食べ切れそうです。
    ご近所からネギもたくさんいただきました。ありがてえ!土付きのままなのでそのまま外の物入れで保存。柔らかくて甘くてこれが実においしいのですが、ネギばかり食べているわけにもいかず、食べ終える前にシナシナになってしまいそうで少し不安になってきました。
    幸せだなあと思いますね。食べ物がこんなにある。

  • 西京味噌を使い切りました。コレと決めた味噌はなく各地の味噌を試したものの、漉すと滓のいっぱい出る地元の麦味噌が一番好きです・・・あ~~っコレもダメ?
    西京味噌は米味噌だけどちょ~っと頼りない。織田信長が京風の味付けを「薄い」ってキレて田舎者扱いされたとの逸話、名古屋の甘い八丁味噌がソウルフードだとしたら無理からぬ話。八丁味噌は豆味噌だけどゴメン!苦手なんだァ。
    グルテンフリーの本によると、グルテンの成分グリアジンには依存性があるそうです。
    ・・・そうゆうことか(Noon思い当たるフシのある顔つき)
    ギンビスの「たべっこどうぶつ」あるよね?あれさ、まず種類別に分けて数の多いどうぶつから食べて、ペンギンは3つあるから1つ食べても・・・って気づいた時にはどのどうぶつも一種一個体のレッドデータアニマルになって、ラクダなんて好きでもないから食べようとか、ヤマアラシは好きだから食べなきゃとか、一個残してもとか、なにかしら言い訳つけて食べ切っちゃってたっけ・・・これまさしく依存症!
    「おっとっと」だってそうだ!せっかく小分け包装になってるのにレアキャラ探す言い訳で大袋開けててどうすんのよ!白い粉恐るべし!
    他の食べ物こんな食べ方しない・・・かな?苺1パック開けたら明日にとっとくなんてこと・・・してないね。卑しさ故か。とほほ・・・

  • 今朝の0655、新曲「そうとしか見えない」に黒いブチを隠すと白猫にしか見えない猫が登場しました。
    ご紹介頂いたJINA様宅のハルさんそっくりでしたよ!眉上ハの字に黒、背筋に黒点、長い尾が全部黒。

    「たからのとき」を途中から見まして、「ソロモンの偽証」であれだけ「藤野さん」はまり役だった藤野涼子さん、みのり役の方言もバッチリでした。都会の中学生も地方の高校生も演じられる実力のある人材にはアイドルには出来ない役のこなせる女優を目指して欲しいなあ。
    「女城主直虎」の子役さんも、嫌みのない聞き取りやすい発音で好演だと思います。お育ち遊ばしまして、tapura様は今からが楽しみですね。
    地元ご出身の稀勢の里横綱昇進おめでとうございます。
    >次の朝ドラ、どんな方言が聞けるか楽しみでもあります。
    サイトを見てやっと仰った意味がわかりました。
    そして「鳩子の海」も茨城舞台だったと遅まきながら知りました。
    ニッポンよニッポン♪
    の歌を覚えています。
    今度は「ひよっこ」とまた鳥、酉年だからというわけでもないのでしょうね。

    最近佐賀の県鳥カササギをこの辺りで見かけます。「モネが横木に留まってる絵を描いてるけど、立ってる木のてっぺんに留まってるのしか見たことがない」と投稿したことがありますが、その気になれば手すりにも留まれるみたいです。

  • >>6848

    「グルテンフリー」については「あ~また何か言い出したね~」くらいしか思っていませんでした。
    米粉パンをわざわざ小麦グルテン入りパンミックスで焼いていたのだから「今更そんなこと言われても」とも。
    麦茶にビール、麦焼酎、押し麦にもち麦、全部ダメ?
    ハンバーグを薄切り肉を叩いてつなぎのパン粉なしで作ってみたらこれが好評でした。
    麩とマヨネーズをつなぎに作ったこともあるけど、麩のグルテンもダメ?
    2週間やってみることを奨めていますが、買い置きの粉を使い切ることを考えている時点でダメですね。捨てるくらいじゃないと。新しく買うことをやめて、やってみようかなと思っています。

  • >>6847

    >「この世界の片隅に」映画監督のご出身
    正しくは監督ご本人ではなくお父上のご出身が佐賀とのことでした。
    年賀状お年玉くじの切手シート、台紙にパンチで模様が抜かれていますね。インクジェット紙年賀状切手部の絵の幼稚さが期待外れでしたが、こちらで巻き返しました。
    「葉書62円値上げ」は「封書用62円切手の使い残しを使えます」ってゆう腹づもりでしょうか。
    当方、ふみカードを発見したものの払い戻し終了と知り憮然としております。
    以前年賀状の梅の枝を描くのにコピックの茶色だけ買いました。ドライヤーで熱すると膨らむペンのピンクだけ買って紅梅を描いて膨らませました。以来画材を探すことすらしませんでしたら、今たくさん出ているんですね。絵手紙用でしょうか。日本絵の具に蛍光色があるのには驚きました。
    図書館で日本画のコーナーを見たら、こちらもあるはあるは、絵の具は削るのではなくそのまま水で溶いて使うとありました。
    欽ちゃんの仮装大賞、てっきり見逃したと諦めていたら昨夜でした。

  • <<
  • 6867 6848
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア