ここから本文です
  • 1

    *****

    でけた

    ◆投稿済引出し用URL・No5 (下記URLをクリック)
     ●http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/28145830.html
    ◆投稿済引出し用URL・No4 (下記URLをクリック)
     ●http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/24126839.html 
    ◆投稿済引出し用URL・No3 (下記URLをクリック)
     ●http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/18938106.html 
    ◆投稿済引出し用URL・No2 (下記URLをクリック)
     ●http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/15902223.html
    ◆投稿済引出し用URL・No1 (下記URLをクリック)
     ●http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/15902625.html

  • <<
  • 14513 14494
  • >>
  • 14513(最新)

    伸 介 10月22日 14:10

    >>14510

    ◆偽装事案「パチンコの偽装」反論求む
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。
    日本社会で様々な偽装が発覚する中で、最も胡散臭いパチンコもやはり『偽装』がありました。

     ●2015年に表面化しパチンコ史上最大の遊技機撤去に発展した事態は、多くの遊技客が認識していない「パチンコの偽装」が表面化した結果です。
    遊技機メーカーが撤去する「検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機」と表現している遊技機は、「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」のことです。
    この「客の遊技結果がパチンコ店の意図で決定可能な遊技機」は、明確な不正遊技機(※)です。

    ※不正遊技機とは:
    「風営法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

    ※関連発言:「不正遊技機撤去問題の本質」
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-34.html

    ◆パチンコ業界側の皆さんは、苦々しい思いで伸介発言を見ている事と思います。
    小生は業界側の皆さんに日本最大偽装事案《パチンコの偽装(下記URL)》に対する反論を求めます。
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

     ●上記伸介発言に反論したい方は、努めて根拠・ソースを示し要点を明確(可能であれば簡潔)に記述し主張してください。

    要点の不明確な反論、単なる幼稚な否定工作、ヤジ・冷やかしと判断する発言等《返答に値しない投稿》はスルーとさせて頂きます。


    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介

  • >>14510

    ◆最大偽装事案[パチンコの偽装](No14511の続き)

    ★遊技機制御用チップの外部信号受信機能は、ホールコンにより遊技機(台)を制御する遊技機制御技術(例※)の開発が可能となりました。

    ※遊技機制御技術の例:
     ▲【特許第3909606号】([ネット式制御]と仮称)
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
     ▲【特許第4060388号】(「ダイコク式制御」仮称)
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

     ●「遊技機制御技術」の存在は、パチンコ遊技機が外部装置により制御され、客の遊技結果がパチンコ店の意図で意のままに決定可能であることを証明しています。

    ◆前述の遊技機撤去問題における「検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機」と表現している遊技機は、「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」のことであり、この不正遊技機が「保通協」の型式認定検査を受け遊技機市場に流通し、最終的に遊技客に提供され客の射幸心を巧みにそそっていたのです。

     ●遊技客に対する不正遊技機の供用は、日本社会における最大規模の偽装「パチンコの偽装」です。
    ギャンブルの親元パチンコ店が客の遊技結果を左右する事は「イカサマ」とも言い、イカサマ要因であるホールコンに制御される遊技機は、明白に「法(風適法)」に違反するもので厳しく断罪されなければなりません。

     ●しかし、「パチンコの偽装」が判明しても他の「偽装」のように、直ちに国民が「パチンコの偽装」と認識することにはなりません。
    警察による全容解明努力がされる事も報道されることも期待はできません。

     ●当面多くの遊技客が認識していない「パチンコの偽装」は継続され、パチンコ店には客の遊技結果を意のままに左右可能な不正遊技機が堂々と鎮座し、何も知らない客を待っているのです。


    ◆上記発言の根拠及び主要研究文献

     ●風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則
     ●特許公報:
      ・《特許第3526615号(平16.02.27登録)》
      ・《特許第4226845号(平20.12.05登録)》
     ●参考文献:標準技術集「遊技機及びその関連技術」

    「★客が知らない遠隔制御」:by 伸 介

  • ◆最大偽装事案[パチンコの偽装]
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。

     ●パチンコ店には、客の遊技結果を意のままに左右可能な不正遊技機(※)が設置され、パチンコ客はこれを知らずに高額の遊技料金を費消し、管理された「当り」の出現有無に一喜一憂しています。

    ※「不正遊技機」とは:
    「風営法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

     ●2015(平成27)年に表面化した不正遊技機撤去問題は、当初「釘曲げ遊技機」、その後「検定機と性能が異なる可能性がある遊技機」と表現されるパチンコ史上最大の遊技機撤去事態となりました。(※)

    ※関連発言:「不正遊技機撤去問題の本質」
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-34.html

    ★パチンコ店に設置された全ての遊技機(台)は、製作時から遊技機メーカーの認めた管理装置(以下「ホールコン」)に制御される機能を搭載しています。

     ●遊技機が管理装置に制御される根本要因は、遊技機の頭脳・心臓部とも言える部分に「主制御装置」として搭載した部品「遊技機制御用チップ(※)」の外部信号受信機能にあります。

    ※「遊技機制御用チップ」とは:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html
    パチンコ店に設置する遊技機のために開発した遊技機部品。CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
    全てのチップはID(識別番号)により個別管理され、第3者がプログラムを確認できないように構成している。
    外部信号の受信は、CRユニットを介し遊技機を製作したメーカーが認めたホールコン等の外部装置からの信号に限定し許可される。

    《以下続く》

  • ◆イカサマ技術と特許権
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。 隠された遊技機制御技術は、唯一の情報源「特許文献」にのみ存在します。

     ●パチンコ業界は、多くの客にイカサマ関連技術の使用実態が漏れ、パチンコ業界が壊滅状態となる事を恐れています。場合によっては各パチンコホールで暴動が起きる可能性もあります。

     ●したがって、パチンコ業界はイカサマ関連技術の使用によって得られる巨額資金を背景に、政治家・警察(検査機関を含む)・マスコミに対し影響力を行使し、不利益な情報が漏れないように最大限の努力をしているものと推察します。

     ●しかし、一方でパチンコ業界の遊技機等メーカー側は、会社収益確保の為「経費」「時間」「労力」を使用し会社をあげて新技術の開発に努めています。
    開発した新技術から「お金(利益)」を生む為には、技術特許として「特許権」を取得し開発技術の権利を主張することとなります。

     ●遊技機(台)制御技術を開発した遊技機等メーカー側は、本来は客側に隠したいイカサマ技術に関する情報が漏れるリスクを有していても、「お金(利益)」を得るためにやむを得ず「特許」という形で技術を公開しているのです。

     ●特許権を取得した技術が多くの顧客(遊技機メーカー)に認められ、自社製品に技術を搭載しその製品を販売したり、他社に技術の使用を許諾し「特許料」を得て初めて「特許権」が「お金(利益)」を生む事になります

    ◆法令に違反する「遊技結果がパチンコ店により決定される遊技機」は、パチンコ店に設置され何も知らない客を待っています。
    皆さんは特許技術の実用を幼稚な論法で否定する工作に騙されてはいけません!

    ◆関連発言:
     ●「特許プール」と否定工作
    https://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/35414724.html
     ●隠された遊技機制御技術
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-24.html

    ◆客が知らない遠隔制御:by 伸介

  • ◆「パチンコの不正」を許さない!
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。
    イカサマ性をもつ背後には「巨悪の存在」が見え隠れしています。

     ●パチンコ業界はイカサマ技術を隠し続けたまま実用して巨利を得、この資金力を背景として政治・警察行政・マスコミに大きな影響力を行使しえる巨大産業になりました。
    国民はパチンコ業界が社会に及ぼす影響力の増大をこのまま許してはいけません。

    ★指導監督すべき立場にある警察は、パチンコ業界との癒着が「異常」と言うべき状態にあります。
    この異常な癒着の象徴は、業官癒着の総本山と言われる「日工組社会安全研究財団(旧称:社会安全研究財団※下記URL参照)」の存在、及び、警察組織上層部OBによるパチンコ業界への再就職です。
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-21.html
      
     ●警察は、「法(風適法)」の番人のみならず社会正義のよりどころでなければなりません。この警察がイカサマギャンブル産業と異常な癒着を続ける事は、社会正義の腐敗を意味し絶対にこれを許してはいけません。

    ◆一人でも多くのパチンコ客がイカサマの実態を承知し、パチンコを止めることが日本社会の将来に利益をもたらします。
    これが、警察とパチンコ業界の関係を絶ち、警察が真に正義の味方として社会の安全に寄与する組織となるものと信じます。
     
     ●パチンコを止める事は、貴方自身のため、貴方の大切な人のため、日本の未来のために必要な事です。

     ●国民は、治安の悪化、社会正義の腐敗、その他様々な害悪発生につながる「パチンコの不正」を許してはいけません!
     
     ●パチンコ客は巧妙に射幸心を煽られ、餌(エサ)である「当り」に騙されています。 惰性的行動は過去の事として思い切ってパチンコを止めましょう。

    ※関連発言 最大偽装事案「パチンコの偽装」:
      http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介

  • >>14506

    ◆不正遊技機の存在とその証拠(No14506の続き)

    ※遊技機制御技術の例:下記URL参照
     ●ネット式遊技機制御(仮称):
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
     ●ダイコク式遊技機制御(仮称):
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

    (2)遊技機が制御された事例の存在:

     ア. 遊技機自体は改造せずにコンピュータソフト使用により遊技機を制御した事例:
    http://www.youtube.com/watch?v=ddHtu3p0yc8
     イ. インターネット上に流失した、コンピュータソフト使用による制御実態漏えい事例:
    http://www.youtube.com/watch?v=MY8geEy9mzM

    《上記ア及びイで提示したURL動画に関する見解:》
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-15.html

    ◆4、結 言 :
    パチンコ店に設置された全ての遊技機(台)は『遊技結果がパチンコ店の意図により決定可能』です。
    これは、「風営法」施行規則第9条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、明白な違法遊技機です。

     ●パチンコ店における 客の遊技結果を左右する不正遊技機の設置・供用は、客を欺く『パチンコの偽装(※下記URL参照)』です。
    ※ http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
     * * * * * *

  • ※既投稿内容を一部変更


    ◆不正遊技機の存在とその証拠
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆1、全 般 :
    パチンコ&スロット最大の問題点は、実態がギャンブルであるのに「遊技」と言い換えて、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに決定できる「イカサマ性」にあります。
    パチンコ業界は、パチンコ店が遊技結果を決定できる不正遊技機(※)の使用を隠し続けて巨利を得ています。

    ※不正遊技機とは:
    「風営法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

     ●パチンコ店に設置された遊技機は、客の遊技結果がパチンコ店の意図で決定される不正遊技機です。遊技機が外部から制御される根本要因は、遊技機メーカーの認める管理装置(ホールコン)等外部機器から制御可能な機能が搭載されていることにあります。

    ◆2、遊技機が制御される根本要因:
    パチンコ業界(日本遊技機工業組合)「内規」により全ての遊技機(台)に搭載指定した、「遊技機制御用チップ」(※)の外部信号受信機能。

    ※「遊技機制御用チップ」とは:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html
    パチンコ店に設置する遊技機のために開発した遊技機部品。CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
    全てのチップはID(識別番号)により個別管理され、第3者がプログラムを確認できないように構成している。
    外部信号の受信は、CRユニットを介し遊技機を製作したメーカーが認めたホールコン等の外部装置からの信号に限定し許可される。

    ◆3、不正遊技機存在の状況証拠等:

    (1)遊技機制御技術の存在:
    遊技機は「遊技機規則」において外部から制御されない構造を求められています。
    しかし、遊技システムを含む全ての遊技機制御技術(※)は、遊技機への「遊技機制御用チップ」の搭載指定により、外部からの制御を受け入れる(信号受信する)事でのみ成立する。つまり、遊技機制御技術は遊技機が外部から制御可能である事を証明する状況証拠です。

    ※遊技機制御技術の例:下記URL参照
     
    《以下続く》

  • ◆「遠隔操作」は諸悪の根源
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。
    パチンコ店が行う「遠隔操作(遊技結果への介入)」は、パチンコに起因する諸悪の根源であり、「イカサマ」と同義語です。

    ★パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「遠隔操作」は、客に対する「当り」という「餌(エサ)」で時には興奮状態を与え、時には期待感や悔しい思いを度々演出します。

     ●つまり、パチンコ店は客の精神状態を意のままに左右しているに等しく、「パチンコ依存症(※)」は、パチンコ店による客の精神状態左右の結果です。
    ※「パチンコ依存への誘導技術」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-23.html

     ●パチンコ店による「遠隔操作」は、パチンコ依存症を発症させるばかりでなく、パチンコに起因する犯罪誘発や、我が国を恫喝する国の軍事費にも関係しています。

     ●したがって、「遠隔操作」の問題は、パチンコの議論をするにあたり避けられない、避けてはならない重要な問題なのです。
    しかし、イカサマ問題は、パチンコ業界側によって他の問題へ誘導されています。

    ★警察庁は「遊技機規則改正」、パチンコ業界は「内規改正」に向けた動きがあると聞いています。
    果たして、客の遊技結果を左右する不正遊技機を消してしまう証拠隠滅が早いのか、国民が「パチンコの偽装」を承知するのが早いのか。

     ●読者はパチンコというものが存在している時代において、伸介発言の真偽判定審判官を努めることになります。
    早晩「パチンコの偽装」(不正)は、多くの国民が承知する事になると信じています。(2010/06/20)

    ◆関連発言:
     ●日本最大偽装事案「パチンコの偽装」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
      ***************

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>14502

    ◆遠隔動画の正体と不正制御(No14502の続き)

    ◆結論に至った主な理由:

    ★1.「監視追尾システム」技術を商品化したと判断し得る使用実態映像の確認:

     ●「ダイコク社」が開発した「監視追尾システム」は、撮影・人物検出・追尾・遊技データ収集・会員番号読み取り・会員認証(客判別)・客遊技履歴作成等の実施を特徴とする技術であり、上記動画内容にはその特徴が確認し得る映像が存在する事。

    ★2.同じ「ダイコク社」が開発し、特許権を取得した「ダイコク式制御」と同一技術と思われる映像確認:

     ●撮影された映像に存在する「発砲」による制御(「当り」「無抽選」)は、「ダイコク式制御」の「特賞指令」(※)と同一技術と判断される事。

    ※特許登録内容(図6~図7フローチャート):
    【特賞指令】により、「抽選処理」を経ないで「当り」を出す、又は「外れ」とする制御図示。

    ★3.ダイコク社の特許に関する対応:

     ●過去に摘発・報道された有名な「横浜ボナンザ遠隔操作事犯」動画映像(※)においても、ネット上に流失した上記動画と良く似た遠隔操作用ソフトが使用されていました。
    http://www.youtube.com/watch?v=ddHtu3p0yc8

    これらの動画内で使用されたソフトが「ダイコク社」の商品でないならば、「ダイコク社」の特許を侵害している可能性が極めて高い。

     ●技術を開発し特許権を取得した「ダイコク社」は、権利侵害技術(商品)の拡散を阻止するため告発、又は、何らかの措置を講じて然るべきですがそれらに関する情報は伝わってこない事。

    ◆ 結 言 :
    パチンコ店に設置された遊技機が外部から制御される根本要因は、遊技機製作メーカーが認めたホールコン等からの外部信号を、遊技機が受信できる機能保持にあります(下記URL参照)。
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

     ●ネット上に流失した遠隔操作実態動画は、パチンコのイカサマを証明する有力な証拠の追加です。

    ※関連発言「最大偽装事案[パチンコの偽装]」:
    fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」: by 伸 介

  • ◆遠隔動画の正体と不正制御
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆パチンコ業界を震撼させ、何も知らない客が驚く遠隔操作実施動画(※)がネット上に存在します。
    ※『パチンコの遠隔操作と個人情報に基づく出玉調整』
    http://www.youtube.com/watch?v=MY8geEy9mzM

     ●遊技機(台)の制御実態を隠し続けるパチンコ業界は、制御実態が流失した動画を「捏造された動画」と主張しています。
    しかしこの主張は、パチンコ業界側掲示板工作員が漏れた情報に対する火消工作を展開したものと推察します。
    撮影には被写体となる事物存在が必要であり、存在しない事物を撮影し動画として提示する事はできません。

     ●上記動画の原動画は何故か理由不明で削除され、現在ネット上に存在するのは原動画のコピーです。
    この動画はHN「okorudesikasi2005」(YY氏)が画像分析し下記投稿(※)を行っています。
    https://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/34831551.html

     ●パチンコの遠隔操作関係不正を専門に研究する筆者は、上記動画及びYY氏のすばらしい画像分析をじっくりと確認しました。
    そして、過去に調査・研究した技術から動画内容に合致する特許取得技術を特定し、動画及び分析文と特許登録内容を照合し考察した結果下記結論に至りました。

    ◆ 結 論 :

     ●動画内で示された遠隔制御ソフト名《ノストラダムス2009VerM》の正体は、「遊技管理システム」(※1)《特許第4398034号》及び、「遊技場用の遊技システム」(※2)《特許第4060388号 》の技術を合体させ使用し易く商品化したもの。

    ※1.《特許第4398034号》以下「監視追尾システム」と仮称:
    http://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/15725802.html
    ※2.《特許第4060388号》以下「ダイコク式制御」と仮称:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

     ●ネット上に流失した動画は、上記遠隔制御ソフト使用による遠隔操作の実態を撮影した映像。

    ◆結論に至った主な理由:

    《以下続く》

  • ◆特許技術と幼稚な否定工作
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。

     ●特許技術の実用を「休眠特許」の用語を持ち出して、全ての遊技機制御技術実用を否定し隠そうとする幼稚な論法を目にしたので参考として記述します。

    ★「休眠特許」とは、特許権を取得した技術が活用されず未利用である状態をいい、「未使用特許」ともいいます。
    活用され新技術登場に伴い役目を終えた特許技術や、特許権を取得していない公開技術は当然だが「休眠特許」とは言いません。
    「休眠特許」と呼ばれ当該技術が利用されない理由は:

    1. 他の代替案と比較して効果が少ない。
    2. 商品化による利益が少ない。
    3. 防衛特許として出願(他社に権利を取られると問題である)。
    4. 新技術が後から開発された。等々です。

    ★「休眠特許」を話題として取り上げる場合には、個別の技術を指定し当該技術が何故利用されていないかを論ずる場合が多いのです。

     ●パチンコ掲示板で「休眠特許」について記述される場合には、パチンコ遊技機(台)の不正制御技術を隠す否定工作として「休眠特許」の用語が記述されます。

     ●上記否定工作は『特許には休眠特許が多い、したがって特許を取得しても利用されていない』と幼稚で極めて乱暴な論理を展開しています。
    一部の特許取得技術の休眠状態を理由に全ての技術が休眠技術であるかのように主張するのです。

    又、特許を取得しても「法・規則に違反するから使用されていない」と主張する者もいます。

     ●これらの主張では、メーカー等が技術開発の為に多くの人力・資金・時間を投入し、苦労の末特許権を取得した「遊技機(台)制御」に関する全ての技術が「休眠特許(未利用)」に該当してしまいます。

    このような主張は、特許権を取得した遊技機制御技術の実態を覆い隠そうとする子供騙しの主張です。

     ●パチンコ特許について「休眠特許」であることを主張する場合には、個別の特許番号又は技術名を示し、当該技術は「○○の理由で休眠特許である」と主張することが必要です。

    ◆特許技術の実用を幼稚な主張で否定する工作に騙されてはいけません!

    ★客が知らない遠隔制御:by 伸 介

  • ◆パチンコは楽しめれば良いか
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    Q:■>『まあまあ伸介さん、店も商売ですから(笑)客が負けて成り立ってる商売ですよ。私も自動遠隔派ですから、逆にこれがないと困るかな~て感じです。
    この業界もフタを開けるととんでもないところかもしれないですが、もっと気楽に遊戯代払って遊べる範囲で楽しもうという考えです。』

    A:★貴兄と同じような考えを持つパチ客は多いかもしれません。
    伸介は他人の考え方に対しとやかく言いたくはないが、日本の将来を心配する観点から異論を主張します。

     ●実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を制御する「イカサマ性」にあります。 
    パチンコ業界は、客には遊技機(台)の制御実態を隠し続け、客の遊技結果がパチンコ店の意図で決定される違法遊技機を使用し「出玉制御」により巨利を得て巨大産業と言われるまでになっています。

     ●遊技機(台)を改造することなく制御する技術(例:※注)が開発され、数多くの遠隔操作摘発事例が起きていたのは、「法(風適法)」に違反する遊技機が存在したことに原因があります。

     ※改造不要の遊技機制御技術の例:
     ▲【特許第3909606号】(「ネット式制御」仮称)
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html

     ●「客の遊技結果がパチンコ店の意図により決定される違法遊技機」の使用によって巨利を得ているパチンコ業界は、その資金力を背景に政治・行政・マスコミに対する影響を増大させています。

     ●巨大ギャンブル産業を指導監督する立場にある警察は、上記のような違法遊技機の取り締まりに熱意を示さないばかりか、警察組織OBが多数その業界に再就職するという異常な癒着状態にあります

    ◆以上のような背景がある中で、「自動遠隔は許す」とか「楽しめれば良い」とか「パチンコ業界が雇用に貢献している」とか「業界が壊滅すると影響が大きい」等の発言は、「イカサマパチンコ」を容認している事と同じです。

     ●巨大ギャンブル産業と警察の癒着は社会正義を腐敗させます。
    また、巨大ギャンブル産業が日本社会の様々な面に影響力を増大させる事は、日本の将来、特に、安心安全な社会生活に大きな禍根を残す要因となります。

    by 伸 介

  • ◆[完全確率]&[ボーダ論]の否定
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。
    ギャンブルの不正行為を「イカサマ」とも言いイカサマが可能なパチンコは、「確率」を考えることに意味がありません。

     ●パチンコ客の中には未だに騙されているとも知らずに、「当りの出現は釘による調整」や、パチンコ業界の造語「完全確率」等を信じている者がいます。
    そして、パチンコ掲示板ではパチンコ店に誘導する事を目的に、「勝った・収支はプラス」「完全確率」等のガセ情報を宣伝する者達が存在します。

    ★パチンコ店の経営の重点は、「集客」と「常連客の確保」です。
    この為、いかに「集客」するか、「集客」した客をいかに上手に常連客として飼いならしていくか知恵をふりしぼっているのです。

     ●管理・制御された「当り」は客の「エサ」とも言えるものであり、この「エサ」をいかに上手に出すか否かで客が逃げるか、また来るかが決まります。

     ●パチンコ店が提供する「エサ」は、しっかりとコンピュータが管理しています。
    したがって、数学的な「確率」はイカサマギャンブルの「勝ち・負け」には関係なく、「ボーダー打ち」も意味がありません。
    パチンコ店は、客に対する「エサ」を「何時」「如何なる状態で」「どの位の客に」「どの位の量を与えるか」に関して意のままに操作可能です。

    ◆「確率」の強調や「ボーダー」の宣伝は、「イカサマ隠し」とパチ店に誘導する集客が目的なのです。

    ※関連発言「完全確率はガセ情報」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-14.html 

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸介

  • >>14497

    ◆「特許プール」と否定工作(No14497の続き・一部再掲)

    ★インターネットが普及した現在は、遊技機制御に関する技術も「特許文献」として誰でも見る事が可能になりました。
    業界が開発し隠し続けてきたイカサマ遊技機制御に関する情報もネット上に漏れています。

     ●この為、パチンコ業界の工作員と思しき連中が業界の弱点をカバーするためネット上で暗躍しています。連中は、漏れた情報に対する「火消し工作」として、開発した全てのイカサマ技術が使用されていない事を滑稽に主張しています。

     ●遊技機メーカー等は、会社の生き残りをかけて会社を挙げて技術を開発します。
    開発した技術により利益を生み経営に貢献させ会社を存続させることができるのです。

     ●会社を挙げて開発した全てのイカサマ技術を理由も説明せずに『使用していない』の主張は通用しません。
    客の遊技結果を左右するイカサマ技術使用に関して、『法の改正後使用』や、『ゲームセンターで使用』等の主張は常識ある大人には通用しません。

     ●過っては特許権を重視していたパチンコ業界、現在は『イカサマ特許技術は使用していない』と主張します。
    読者の皆さんは、イカサマ技術を覆い隠そうとする否定工作に騙されてはいけません!

    ◆関連発言:
     ●日本最大偽装事案「パチンコの偽装」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html
     ●不正遊技機の存在とその証拠
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
      *****************

  • ◆「特許プール」と否定工作
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ&スロット最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を制御するその「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。
    この業界は過去にその弱点であり客に隠し続けるイカサマ技術の特許を「特許プール※」で管理していたのです。

    ※「特許プール」とは:
    ある技術にかかわる特許を保有する会社や団体が集まり、特許使用料のやり取りを一括して管理する方式のこと。 開発した技術を有効に活用する事による産業の発展が本来の目的。

    ★パチンコ&スロット遊技機は様々な特許技術の集合体です。
    パチンコ台はその誕生以来1950年代まで特許紛争が繰り返され、パチンコ業界はこの反省から1959年「日本遊技機特許運営連盟(以下、日特連)」を立ち上げました。
    そして、パチンコ業界メーカーが共同で特許権を持ち寄って「日特連」が管理し、前述の「特許プール」でお互いに使用し合っていたのです。

     ●ところが「日特連」は、1997年に公正取引委員会から、メーカー間の競争を制限し、新規参入を妨害しているなどを理由に排除勧告を受け同年解散となりました。
    ここに、30年近くにわたりパチ業界の談合、闇カルテルを取り仕切っていた組織が形の上では消滅しました。

     ●しかし、果たして現在は取り仕切る者がいないのか真相は不明ですが、裏事業と確信する「産業財産権の運用」と称してパチンコ業界の特許管理により収益を上げている団体(※「日工組社会安全研究財団」)が存在します。

    ※関連発言「警察とパチ業界癒着の総本山」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-21.html

    ★インターネットが普及した現在は、遊技機制御に関する技術も「特許文献」として誰でも見る事が可能になりました。
    業界が開発し隠し続けてきたイカサマ遊技機制御に関する情報もネット上に漏れています。

     ●この為、パチンコ業界の工作員と思しき連中が業界の弱点をカバーするためネット上で暗躍しています。連中は、漏れた情報に対する「火消し工作」として、開発した全てのイカサマ技術が使用されていない事を滑稽に主張しています。

    《以下続く》

  • >>14495

    ◆「パチンコ依存」への誘導技術(No14495の続き・一部再掲)

    ★パチンコ客の頭脳を無意識下で刺激する「サブリミナル効果」に関する技術は、複数の類似技術が存在するが、前述した実施の狙い及び技術内容に大きな差異はありません。

     ●下記に一般的な遊技機に現在搭載実用されていると確信する「特許権取得」技術を紹介します。
    (下記特許取得案件以外は、後から出願され技術内容に大差ない事を理由に特許拒絶となっています。)

     ●特許権取得案件:
      特許第3029562号(平12.2.4)
      発明の名称 : 弾球遊技機、
      出 願 人 : (株)藤商事

     ▲発明効果の概要 :
     ・遊技者に有利な状態(大当り)を暗示する暗示図柄を短時間t だけ表示させる暗示図柄表示制御手段を設けているので、暗示図柄により遊技者の意識を刺激して、遊技者にゲーム続行の意欲を喚起することができる。

     ・暗示図柄により遊技者の潜在意識を刺激してサブリミナル効果を得ることができる。
     ・暗示図柄により遊技者に不可思議さを与え、遊技者の思考性を喚起できる。
     ・表示図柄の停止中及び変動中並びにリーチ毎に遊技者の意識を刺激できる。

    ★パチンコ依存(客)への誘導技術として現在実用されていると確信する、客の心理状態の感知とその結果に応ずる制御を可能とする技術(※下記URL参照)も存在します。
    https://blogs.yahoo.co.jp/fuseiyurusazu/36138878.html

     ●上記技術は遊技機の基盤的技術として普及し、その技術効果として玉発射ハンドルへの手の接触から、遊技状況に応じて遊技者が呈する心理状況の変化を読み取って心理情報を収集し、その結果を遊技機制御に反映する事も可能とします。

    ◆パチンコが「イカサマ性」を持つ背景には巨悪と闇(ヤミ)が存在します。
    パチンコ客が冷静に物事を判断できる人間性回復の第一歩は、今すぐパチンコを止める事から始まります。
     (2011/07/16)

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸介

  • ◆「パチンコ依存」への誘導技術
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。

     ●パチンコ店は、営業努力による「集客」及び「常連客の確保」を経営の重点にしています。
    集客された者は無意識のうちにパチンコ店に精神を支配され、「当たり」という餌(エサ)と精神状態コントロール技術によって常連客へ、更には「パチンコ依存客」へと誘導されています。

    ★パチンコ店は客の遊技結果を意のままに制御する事が可能(下記URL参照)であり、パチンコ客は遊技の間、無意識のうちに「サブリミナル効果(※)」により脳が刺激されています。
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

     ※サブリミナル効果とは:
    1.ある知覚刺激が非常に短時間であるなどの理由で意識としては認識できないが、潜在意識に対して一定の影響を及ぼすことができるとされる効果。

    2.意識に上らない程度に、間欠的に、瞬間、ある種の画像を提示することで、挿入画像に応じた生理的、心理的要求あるいは状態を促進する効果。

    ★ パチンコにおける「サブリミナル効果」は、表示部での図柄変動中又は停止中に、所定の条件が成立したとき特定画像を瞬間的に表示させ、遊技中の遊技者の脳を無意識下で刺激します。

     ●「サブリミナル効果」実施の狙いは、遊技の継続と更なる投資を促すことで遊技機の稼働率向上による利益増加を期待しています。
    実施要領は、一定量の玉(メダル)が打ち込まれた頃を見計らって、遊技者に対し当りを予感させるサブリミナル演出を実行し、抽選に当らず遊技を終了しようとする遊技者に対して、近々に当るかもしれないという予感を抱かせる事で行います。

    ★パチンコ客の脳を無意識下で刺激する「サブリミナル効果」に関する技術は、複数の類似技術が存在するが、前述した実施の狙い及び技術内容に大きな差異はありません。

     ●下記に一般的な遊技機に現在搭載実用されていると確信する「特許権取得」技術を紹介します。
    (下記特許取得案件以外は、後から出願され技術内容に大差ない事を理由に特許拒絶となっています。)

    《以下続く》

  • ◆「日工組社会安全研究財団」の裏事業
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    (「公益財団法人 日工組社会安全研究財団」が実施している「産業財産権の運用」に関する読者投稿)
    ■>『これは、YYの、単なる推測に過ぎませんが、「財団法人社会安全研究財団」に一定額の寄付をしていれば、各パチンコ関係企業の所有する特許技術は、全てフリーパスで使用できる仕組みになっているのではないでしょうか?w』

    ★「日工組社会安全研究財団(以下「財団」)」が実施する裏事業であるパチンコ関連特許権の運用業務は、解散した「日本遊技機特許運営連盟(※)」の業務と大きな違いがないと推測されます。

    ※関連発言「特許プール」と否定工作:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-26.html

     ●財団「理事長」の要職として「日工組理事長又は経験者」を配置している最大の理由は、パチンコ&パチスロ関連特許の管理運用を円滑に行うためと思量します。

     ●貴兄が言う「一定額の寄付」でイカサマ関連特許を「全てフリーパスで使用できる」としたならば、日工組理事長又は経験者を要職に配置している意味がありません。

     ●また、会社資源を使い開発したイカサマ技術を「全てフリーパスで使用できる」仕組みは、過去に特許紛争を繰り返したパチンコ業界であるが故に極めて難しいと言わざるを得ません。

     ●パチンコ&パチスロに関する特許、特に、業界各社が開発したイカサマ関係特許を「財団」に届け出て特許の管理運用台帳を作成し、それに登録した特許(技術)を使用するにあたり、使用者(社)が特許料名目の金銭を支払い、その一部を財団が特許の管理運用名目で徴収すると考える方が自然です。

    ◆パチンコ業界の特許管理運用を、過去に経験したような紛争を起こすことなく円滑に実施する為には、「日工組理事長」又はその経験者が「財団理事長」の要職でパチンコ業界に睨みを利かせる事が重要になります。

     ●実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。

    ★ by 伸 介

  • <<
  • 14513 14494
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン