ここから本文です

憲法を学ぼう

  • 3,520
  • 2
  • 2017/03/18 01:30
  • rss
  • <<
  • 3520 3500
  • >>
  • 3520(最新)

    nas***** 3月18日 01:30

    >>3516

    帝国憲法と教育勅語

    ワンセットで出来た。

    何故か。

    吾輩の解釈だが、法律が整備されると、民法出でて忠孝滅ぶ、みたいに、順法精神だけが道徳だと勘違いされる可能性が出て来る。
    これを危惧したのではないでしょうか。

  • 要警戒

    未確認情報

    北京発

    本日午後、北朝鮮国内にて、異変 との噂、流れる

  • 主流メディアが伝えない「沖縄の実態」

    BPOが審議対象とした番組(ニュース女子)が、ここに反証する
    在日左翼、極左暴力団体が、沖縄で何をしているのか
    「ヘイトスピーチ対策法」とは何か、この番組でスッキリわかる

    報道バラエティ番組「ニュース女子」東京MXテレビ
    https://www.youtube.com/watch?v=SHa3L_MgsNc

  • >>3514

    >日本も愚策は避けるが、目的のために犠牲を払うべきところでは払う、という精神が必要

    その目的が「公益」であれば、ということでしょうが
    それなら「供儀」の上代習俗に連なるかもw

    乃木将軍は「民衆」から熱く同情された、民衆と同じ「凡夫」だからでしょうか
    乃木の人格を察する上で有名な上奏(明治天皇御前、復命文)

    >旅順ノ攻城ニハ半歳ノ長日月ヲ要シ多大ノ犧牲ヲ供シ、奉天附近ノ會戰ニハ退路遮斷ノ任務ヲ全ウスルニ至ラズ、マタ騎兵大集團ノ我左側背ニ行動スルニ當タリ之ヲ撃碎スルノ好機ヲ獲ザリシカバ、臣終生ノ遺憾ニシテ恐懼措ク能ハザル所ナリ<

    「軍人」としては、悔恨というより、まるで辞世の言上、これが明治39年(1906年)

    乃木の誕生年は、1849年
    児玉源太郎   1852年
    大山巌     1842年

    教育勅語の公布 1890年(明治23年)
    つまり
    明治の軍人たちは教育勅語なんて復唱してないw
    それでこの人格ですw

    教育勅語の内容は凡庸な徳目で、普通の家庭の「しつけの延長」程度のもの
    それに「勅語」の形式をとらせようなんて、およそ軍人の発想ではない

    官僚それも文官の発想ではないかしらんwww

    憲法を学ぼう >日本も愚策は避けるが、目的のために犠牲を払うべきところでは払う、という精神が必要  その目的が「公

  • >>3506

    日本は帝国憲法をドイツから学んだ

    これは当初は良かったでしょう。

    しかし民主主義的観点から言うとどうだったか。

    主権が天皇に有るのか否か。
    形式的には天皇だが、そうでも無い様にも読める。
    しかし議院内閣制を規定していない。

    それと軍の統帥権が陸海軍大臣には無かった様にも読める。

    これでは曖昧憲法だ。

    その点、現憲法の方が分かりやすい。

  • 明治この方、日本人は「満州建国」以上の偉業を成し得ていない
    満州国の成立は、奇跡だ
    それはアジアに限らず、世界史上の奇跡だ

    いつか、アジアの諸国民が、満州国の成立を深く学べば
    必ず、その世界史観は大きく転換すると思う

    しかし日本人として、結果から考察すれば、
    日本人はアングロ・サクソンのように、異民族に対して
    割り切った付き合いができなかった(奴隷の扱いができなかった)わけで
    それではやはり「メイド・イン・ジャパン国家」の存続はムリだった

    軍人に限らず、明治エリートたちは、乃木将軍と同じ「愚直さ」を
    どこかに持ち合わせていたのだろう、愚直であり「お人よし」であり

    ドイツの国歌は戦前と同じだ、その歌詞の邦訳を見ると愕然とする
    とてもじゃないが、日本人には、こんな国歌は唄えない
    もし日本の国歌が、こんな内容であれば、大満州國は今も存続していたのかも
    https://www.youtube.com/watch?v=p2t_Ks0x0G8

  • >>3512

    > 三月十日は陸軍記念日、「愚直もパワー」であることを思うてみる日。
    >
    > 満州、ロシア軍占拠の奉天城
    >
    > 斥候兵が司令部に報告
    > 「シナ人たちが、城内からロシア兵の身の回り品を持ち出しています」
    > 「ん?!ロシアは城から撤退したのか?」
    > 「先の巡回では、城内に敵兵は確認されません」
    >
    > ついに突入を決断、決死隊は「大阪歩兵第三十七連隊第二大隊」
    > ほどなく、奉天城に日の丸が揚がる、
    > 満州軍総司令官大山巌元帥、 奉天会戦の勝利と終結を宣言
    > 日本兵、戦死一万六千五百五十三名、戦傷五万三千四百七十五名
    > 時に明治三十八年、1905年 3月10日、これより陸軍記念日
    >
    > なぜ、最強のロシア陸軍がそうも易々と奉天城を退いたのか?
    > ロシア軍総帥クロパトキン大将曰く
    > 「乃木希典第三軍が迫ってくるのを怖れた」と
    > 「日本兵は倒れても倒れても、更になお、屍を踏み越えて突入してくる」と
    > 「旅順陥落までの二百三高地の激戦、その想像を絶する光景は脳裏から離れず」と
    >
    > 乃木の愚直さは、敵には恐怖だったろう
    > ただロシア人にとって「愚直であること」は直ちに「バカ」とみなすわけでなく
    > ある限度をこえて「愚直であり続けること」は、むしろ「尊敬」に近い感情を生起させるのか、
    > とは、ロシア民話も伝えるところだ
    >
    > 「愚直」な人間が一人もいない組織を想像してみるといい、「ゾっ」とする
    > それこそ恐怖だ
    > https://www.youtube.com/watch?v=UethLpP5Dno

     確かに乃木将軍の無策ぶりは、戦史上の大問題ですが(まあ、参謀の問題がおおきいが)、そのいわば「愚直さ」というか、目的の放棄を全く考えずに、損害を度外視する戦闘指揮振りを、評価するのは、ロシアのある意味、懐の広さでしょう。
     中国の人海戦術なども、朝鮮戦争時の米軍~国連軍に畏怖を呼び覚ましたかもしれません。
     日本も愚策は避けるが、目的のために犠牲を払うべきところでは払う、という精神が必要なのでしょう

  • >>3512

    クロパトキン曰く
    「余は予定の退却をしたのだ」

    実際もう日本は北に向かえなかった。

    そこらで止めた当時の日本は偉い、というか常識があった。

    日本海海戦の勝利の後でも同じ。

    惜しむらくは樺太奪還に向けた熱意が薄かった事。

  • 三月十日は陸軍記念日、「愚直もパワー」であることを思うてみる日。

    満州、ロシア軍占拠の奉天城

    斥候兵が司令部に報告
    「シナ人たちが、城内からロシア兵の身の回り品を持ち出しています」
    「ん?!ロシアは城から撤退したのか?」
    「先の巡回では、城内に敵兵は確認されません」

    ついに突入を決断、決死隊は「大阪歩兵第三十七連隊第二大隊」
    ほどなく、奉天城に日の丸が揚がる、
    満州軍総司令官大山巌元帥、 奉天会戦の勝利と終結を宣言
    日本兵、戦死一万六千五百五十三名、戦傷五万三千四百七十五名
    時に明治三十八年、1905年 3月10日、これより陸軍記念日

    なぜ、最強のロシア陸軍がそうも易々と奉天城を退いたのか?
    ロシア軍総帥クロパトキン大将曰く
    「乃木希典第三軍が迫ってくるのを怖れた」と
    「日本兵は倒れても倒れても、更になお、屍を踏み越えて突入してくる」と
    「旅順陥落までの二百三高地の激戦、その想像を絶する光景は脳裏から離れず」と

    乃木の愚直さは、敵には恐怖だったろう
    ただロシア人にとって「愚直であること」は直ちに「バカ」とみなすわけでなく
    ある限度をこえて「愚直であり続けること」は、むしろ「尊敬」に近い感情を生起させるのか、
    とは、ロシア民話も伝えるところだ

    「愚直」な人間が一人もいない組織を想像してみるといい、「ゾっ」とする
    それこそ恐怖だ
    https://www.youtube.com/watch?v=UethLpP5Dno

  • >>3509

    日米関係は英米関係ほど上手く行くとは考えられない。

    寂しいけど、日本は孤高の文明じゃないかな。

  • >>3508

    通貨統合はあくまでも財政統合の前段階、同棲は結婚の前段階と云うに同じ。
    財政統合は国家統合に他ならない、
    EUは「結婚するつもり」だったが、今や運命の別れ道に来たw

    別れて他人となるか、結婚して一家となるか

    私のような「EU懐疑派」は当初から「結婚なんかできるか、同棲なんてダメだ」と思っていたが
    EU参加国は「今はまだ結婚しなくても、このまま同棲を続けたい」と言ってるし・・

    ひょっとしたら、Fintechは同棲関係の延命に利用されるかも・・
    未来は誰もわからないが、今、起きていることなら観察できる
    今は、銀行業務をバラバラに分解中(図上演習)
    万が一、EUが崩壊したり、戦争で混乱したときに、生活者レベルでのリスクヘッジでもFintechが

    日本は野心を抱かない国柄だから、仕方ないが
    国家プロジェクトでやっちゃえよ、「やっちゃえ、日本」w

    日本は孤高の文明か

  • >>3507

    それでユーロは上手く行ってるのですか?

    どうもそうとも思えないんですがね。

  • >>3506

    >環太平洋でそんなことが出来ますかね。

    すでに最低限の準備は完了w
    通貨統合の一歩手前ですがね、昨年、仮想通貨を「通貨」と認める法案は可決された

    これは歴史的転換点かもしれなくて、中央銀行の聖域が民間銀行によって崩される事態

    今年の秋からは、ある都銀でサービスが開始されますよ
    (この都銀、平然と日銀に逆らうことで有名)
    だってTPPは始まるものと、誰もが思って折込み済みだったもの、この都銀に限らず
    まさかのトランプ登場ですよ

    ユーロ誕生のときと環境で大きく異なるのは
    ・基軸通貨が参加していることと、
    ・Fin-Tech(finace × Technology)

    Fin-Tech企業は、日本でも既に100社以上、米国では1500社以上とも
    識者に言わせると、勝負は「高等数学のセンス」なんだとかw

    蛇足ながら、世界的に有名なIT企業の元CEOによれば
    AIなどの「高等数学応用」の分野は、日本人はイケてるんだとか
    この方、ほとんど日本のことを評価しなかったのに・・

    日本銀行券が必要なのは、冠婚葬祭だけ、、なーんて世が!?

  • >>3503

    TPPを徹底すれば貨幣の統一が不可欠。

    ドイツ統一も関税同盟から始まった。
    東西ドイツ統一もマルクの統一から始まった。

    環太平洋でそんなことが出来ますかね。

    混乱するだけじゃろう。

  • 緊急事態か?

    24日、尖閣周辺海域で、中国海軍が遭難した漁民を捜索中とのこと
    海警(コーストガード)ではなく、海軍(フリゲート艦)が尖閣周辺で行動中
    遭難漁民20名のうち、1名救助とのこと( China Military news、中共公式サイト)

    「1名だけ救助」との報道に注目、
    救助された漁民の証言ということで、
    中国海軍は遭難者捜索の名目で尖閣諸島に上陸してくることが予想されるからだ

    海警には海保
    海軍には海自

    北の核を巡って、現在は米中協調対処
    もし、中国海軍の尖閣上陸に、自衛隊が何も行動できなければ
    先の日米会談での「トランプ・コミットメント」は効力がないことを証明する

    シナは、北朝鮮の核を最大限利用して、尖閣上陸を謀るのか?

    今回はちょっとヤバイぞ

  • >>3502

    関税を撤廃すると市場は1つになる、各国各産業の競争力が最大化され
    結果的には、参加各国の消費生活水準は向上する(短期的には)

    ここまではバラ色だが、その後、参加各国で問題になるのは「為替レート」
    負け組産業からは必ず不満が自国の政府にぶつけられる

    ほんで最終的には「ほなら統一通貨でいこうや」となる(EU化)
    ココが大大問題なんや

    EUが通貨統合するのとは根本的に違うんや、TPPには基軸通貨の「米ドル」が参加するんやで
    ユーロは基軸通貨米ドルに対抗する目的があったが、TPPは「米ドル」が支配するんや!

    ほんなら、TPP参加国の各「中央銀行」は、いらんやないか
    各国が独自の「金融政策」も、とれんやないか!

    しかもや、「米ドル」を発行するFRBは、日本銀行と違うて、完全な民間銀行の集まりやで
    日銀の発行株の50%は日本政府保有だが、米国連邦政府は準備銀行の株なんかもってへん
    ただFRBの仕切り役の任命権を議会が持ってるだけや(なーんの役にも立たへん)

    そうなったら、とてつもないパワーを「在米の民間銀行」が持つ事態になる
    ここに到れば、米国民も日本国民もあれへん、自国政府のコントロールが効かない「民間銀行団」に
    好きなように振り回される

    何のために「政府」が存在するのか、国民は生活実感として政府不要論に奔る
    そのタイミングで誰かが言い寄る「all together now」、、アホか、イヤじゃボケ

    繰り返すが連邦銀行は100%民間銀行や、
    その発行株の50%以上をワイがもってるなら、文句はないがの

  • >>3498

    >「近代米国史上、最も重要な行動の一つは、TPPからの即時撤退だ。それは我々の主権を取り戻すことだ」と主張した。<

    そうです。
    関税自主権のために日露戦争までした経験を忘れてはならない。

  • 「主権」という言葉の意味を確実に理解していないと、以下に報道されたバノン氏の発言は理解できない。
    戦後教育が強調する「国民主権」なんて、およそ社会主義革命を夢見た「戦後の出来心」に過ぎない

    主権の意味を理解していないから、国民主権なんて「過激な言葉」を口にできたのだ
    「憲法を学ぶ」このスレッドでも、繰り返されるキーワードの1つが「主権」

    朝日新聞:23日にワシントン近郊であった「保守政治活動会議(CPAC)」に、首席補佐官のラインス・プリーバス氏と登壇。バノン氏はトランプ政権誕生1カ月の功績として「近代米国史上、最も重要な行動の一つは、TPPからの即時撤退だ。それは我々の主権を取り戻すことだ」と主張した。

    もしTPPが実現していれば、たとえ中国経済圏を包囲したところで、
    TPP参加国に従来の国家主権が毀損していれば、中国にとっては脅威どころか、版図拡大のチャンス到来だった
    それへの対抗策は「EU化」するしかない。

    ちょっと前まで、「ボーダーレス社会」という言葉が流行った
    これが「グローバル」に代わったところだった

    「人も情報もマネーもグローバルに移動する」と云われているが、
    よく見ろ!
    それらは自然現象ではないのだ、意図的に「移動させて」利益を発生させている
    その利益はどこに還元されるのか?
    それらの利益は、どの国の国庫にも収まらないように、逃げ回っているのだ

    最後は全て私のポッケに入れば文句はないが

  • 映画『沈黙』と日本国憲法

    なぜ、日本人は今日に到るまで憲法を変えてこなかったのか?

    なぜ、近代憲法は自然科学のように理解されないのか、

    日本人にとって、理解することと、信じることは、異次元なのか

    護憲派も改憲派も、日本人は憲法の為に死ねるか?

    日本人は「デモクラシー」を信じているか、憲法を、9条を、信じているか

    日本人が「信じる」とは、生きることではなく、死ねることではないのか

    スクリーンを眺めながら、脳裏に浮かんだ「日本国憲法」

    原作:遠藤周作 監督:マーチン。スコセッシ
    https://www.youtube.com/watch?v=0cUtOR-DL1A

  • >>3499

    フリン辞任表明の当日に、辞表が公開されとるやんけ!

    どないなっとんねん

    間者が白亜館におる、ちゅうことか
    ん?しーあいえーか、ほなら避けられない喧嘩やなw

    後任のケロやんも、プロの政治家や官僚がキライみたいや
    まぁ、一回演説観ただけの感想やけど

    たのむでぇー、ほんま、しっかり戦後秩序を壊してや

    憲法を学ぼう フリン辞任表明の当日に、辞表が公開されとるやんけ!  どないなっとんねん  間者が白亜館におる、ちゅ

  • <<
  • 3520 3500
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア