ここから本文です
  • 九州説の安本美典氏は5~8世紀の間に即位した天皇の一代平均在位年数が10.88年、
    古くなると若干在位が短くなるという統計から5世紀以前の天皇平均在位を10年とし、
    神武天皇を3世紀後半、卑弥呼を九州にいた天照大神としました。

    さてそうでしょうか。

    考古学的にも文献史的にも応神天皇元年390年が有力となってきた昨今、
    もう一度平均在位を計算し直してみました。
    平均在位と言っても短すぎるのも長すぎるの正確な数値が出ないと思われますので、
    30代を基準に25代~35代をランダムに採って見ました。

    ・25代平均  応神天皇390年~39代弘文天皇没672年  11,28年
    ・28代平均  応神天皇390年~42代文武天皇没707年  11,32年
    ・30代平均  応神天皇390年~44代元正天皇没724年  11,13年
    ・33代平均  応神天皇390年~47代淳仁天皇没764年  11,33年
    ・35代平均  応神天皇390年~49代光仁天皇没781年  11,17年

    いかがでしょう、11年弱が平均在位です。
    さらに古くなると在位が短くなると言う事ですから【11年】が妥当でしょう。

    では平均在位11年で神武天皇まで計算してみます。
    ただし神功皇后は確実な一代と見なし、15代遡ります。

    11年×15代=165年。
    応神天皇390年ー165年=225年。

    神武元年は3世紀前半となりました。
    卑弥呼の時代に重なります。

    では卑弥呼とは誰か。

    何の事はない、初代皇后ヒメタタライスズ媛でしょう。
    歴史上、卑弥呼に最も近い名前を持ってます。
    ではヒメタタライスズ媛が宗教的権威を備えていたか?
    彼女の父(祖父説もある)はあの大物主です。宗教的権威を備えていないわけがない。

    当時は通い婚の時代であり、この通い婚という制度は必然的に嫁の実家が権力を得ます。
    これが実質最高権力者が大物主であった【邪馬台国】の実態でしょう。

    ではトヨは誰かと言えば4代天皇懿徳の皇后、天豊津媛命です。
    「ヒメ」と「トヨ」がこんなにはっきり出てるのに誰も気付かない。

    http://inoues.net/waj.html

    誰一人気付いてません。
    もはや総ハゲ状態です。

    なおzarakoku氏の書き込みは禁止させてもらいます。
    それでも書き込んでくる場合は一切無視してください。

  • <<
  • 2531 2508
  • >>
  • <<
  • 2531 2508
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順