ここから本文です
  • 1

    *****

    邪馬台国論争が好きな人集まれ!!

    邪馬台国については議論百出、何が正しいのかわかりません。
    ここを覗かれる歴史好きなあなたの意見を聞かせてください。
    このトピックで、真実に迫る議論ができれば嬉しいです。

  • <<
  • 248428 248409
  • >>
  • 248428(最新)

    福田光 10月19日 07:15

    倭は燕に属す
    という事からは
    「倭」を意識した列島の人々は
    その地の後継の公孫氏に
    「属」していたと考えるべきでしょう
    まただからこそ
    「倭」である邪馬台国は
    公孫氏を征服滅亡させた魏に使いしたのでしょう

  • >>248341

    m:
    あれは、同じか違うかを検証しているので、
    検証途中では「実数」で考えてはいけません。



    <あれは・・・>の
    あれって、コレだよな



    m:
    n×m=c=√c×√c
    √c=三百雉(一辺)
    ∴ n=√c、m=√c



    手前勝手な話だ。

    m:
    算術理論は、形式化された論理であり、
    誰がやっても同じ答えになり、
    一番、客観性を有します。



    意味不明のシリーズを滾々とヨクモよくも爺だな。
    違うだろう、
    オマエの話は一番主観性を有しているぞ。
    アホのオマエが生息している域内だけで理解されている算術理論堕悶邪老。

    まぁまぁ元が、オイオイまじかよの

    m:
    「徑舊作經」:「徑」は、もとは「經」に作る



    レベルだからしょうがないと言えばしょうがないかもな。

    黙して語らず、は、オマエには最良の手段だろう。
    だって、
    言えば言うほどメッキ剥落爺じゃもんな。

  • >>248425

    > 殉葬
    >
    > 殉死に近い物ではないか。
    > 慕わない人を無理やり殺しても嬉しくないでしょう。
    > 一緒に死にたいと思う人が徇葬されたのではないか。


    一緒に死にたいと思ってくれるような、そういう人たちを奴婢とは呼ばないし奴婢にはしない。

  • >>248420

    殉葬

    殉死に近い物ではないか。
    慕わない人を無理やり殺しても嬉しくないでしょう。
    一緒に死にたいと思う人が徇葬されたのではないか。

  • >>248423


    > 先に「埋葬部分(円墳)」を作っておかねば、
    > いざ亡くなった時に、すぐに埋葬できないでしょ。
    > また、墳頂部に埋葬するなら、
    > 葬列がそこまで通れる黄泉への道(階段状では無く、平坂)も、
    > 円墳と同時に配慮されると思いますよ。
    > あなたは・・・・
    > 「女王の屍」を物か何かと同じに考えていませんか?

    考古学的にも文献史的にもそんなもの(円墳が先という事実)はない。
    ないことを夢想しても仕方ない。

    >
    > >「「富士大宮司(和邇部臣)系図」も和邇部氏が孝昭天皇にまで行きついてるはず。その孝昭天皇が魏志倭人伝のトヨやヒミコとなんなりかの繋がりがあるか否か、
    > それが大きなポイントですから、それ以外の話は別段関係がない。」
    >
    > ・・・・?
    > 「トヨ」や「ヒミコ」等の「女王」を皇家の記録から消したのは、
    > 神武天皇の後から崇神天皇の前までの「欠史八代」の部分ですよ。
    > それを頭にいれて置く必要があるでしょう。
    > この八代の天皇は、系譜だけがあって、
    > 天皇としての事跡が全くありません。
    > つまり、
    > この八代の天皇は、「女王」を史実から消すために、
    > 「天皇(王)」では無かった系譜に、
    > 「天皇(王)号」を後から追号したに過ぎないと思いますよ。
    > また、
    > 「古事記」に崇神天皇を「所知初國御眞木天皇」、
    > 「日本書紀」に「御肇国天皇」と両書で謂われる所以もこのあたりにあるか・・・
    >
    > 余談ですが、
    > 和邇部臣氏と東大寺山古墳を結びつけた情報源は、
    > 岸俊男さんらしいですね。
    > 彼の博士論文と言う『日本古代政治史研究』(塙書房 1966)も
    > 古書店に注文しましたので、確認してみます。

    岸俊男さんでなくても和田萃さんも中平銘鉄刀の発見者・金関 恕さんもみな同じです。
    というか誰でもわかる事です.
    ただし「和邇氏と卑弥呼がどうつながるのか」これが難問であり分からない。

    でも私から言えば簡単、和邇氏の祖・孝昭天皇のお母さんがトヨ津嬪、つまり台与。
    彼女がトヨである証拠は3世代前のヒメの存在。
    ともに最高位の女性です。
    しかしこれはあくまで私の主張、証拠が必要です。
    その証拠が鴨族の聖地・高天原「御所市高天)にある径百余歩の奴婢が埋葬された塚です。

  • >>248416

    >「円墳部分を先に造ったなどという 「史料」はありません。
    また考古学的にもありません。」

    ・・・・・?
    人の死は予見できません。
    だから、
    先に「埋葬部分(円墳)」を作っておかねば、
    いざ亡くなった時に、すぐに埋葬できないでしょ。
    また、墳頂部に埋葬するなら、
    葬列がそこまで通れる黄泉への道(階段状では無く、平坂)も、
    円墳と同時に配慮されると思いますよ。
    あなたは・・・・
    「女王の屍」を物か何かと同じに考えていませんか?


    >「「富士大宮司(和邇部臣)系図」も和邇部氏が孝昭天皇にまで行きついてるはず。その孝昭天皇が魏志倭人伝のトヨやヒミコとなんなりかの繋がりがあるか否か、
    それが大きなポイントですから、それ以外の話は別段関係がない。」

    ・・・・?
    「トヨ」や「ヒミコ」等の「女王」を皇家の記録から消したのは、
    神武天皇の後から崇神天皇の前までの「欠史八代」の部分ですよ。
    それを頭にいれて置く必要があるでしょう。
    この八代の天皇は、系譜だけがあって、
    天皇としての事跡が全くありません。
    つまり、
    この八代の天皇は、「女王」を史実から消すために、
    「天皇(王)」では無かった系譜に、
    「天皇(王)号」を後から追号したに過ぎないと思いますよ。
    また、
    「古事記」に崇神天皇を「所知初國御眞木天皇」、
    「日本書紀」に「御肇国天皇」と両書で謂われる所以もこのあたりにあるか・・・

    余談ですが、
    和邇部臣氏と東大寺山古墳を結びつけた情報源は、
    岸俊男さんらしいですね。
    彼の博士論文と言う『日本古代政治史研究』(塙書房 1966)も
    古書店に注文しましたので、確認してみます。

  • 魏に朝貢する前は
    当然のこととして
    属していた燕の地の跡の支配者
    公孫氏に朝貢していたと考えるのが必然ですね
    公孫氏が滅亡したからこそ魏に朝貢したのですね

    ただこの場合の倭は
    燕に属した海浜民族の倭でありそれは半島を含む海峡海浜に生活していた民族となるのですね
    勿論瀬戸内海も外海以上の豊饒の海だったでしょう

  • 現代では、材質(成分)まで解っちゃうんだよ♪

    この神功開宝は、銅銭なんだけど、分析してもらったら、銀が3.5%、金が1.3%含まれているんだ♪

    邪馬台国論争が好きな人集まれ!! 現代では、材質(成分)まで解っちゃうんだよ♪  この神功開宝は、銅銭なんだけど、分析してもらったら、

  • 偽内科医師hnじゃないんだから、贋物じゃぁないよ♪

    走査電子顕微鏡、エネルギー分散型分析、蛍光X線分析などで、科学的に真贋を見極めてもらったもの♪

    邪馬台国論争が好きな人集まれ!! 偽内科医師hnじゃないんだから、贋物じゃぁないよ♪  走査電子顕微鏡、エネルギー分散型分析、蛍光X線

  • あと3カ月弱しかないんだよ♪
    邪馬台国論争より、趣味を楽しもう♪

    神功開宝♪ 説明は不要だよね♪

    邪馬台国論争が好きな人集まれ!! あと3カ月弱しかないんだよ♪ 邪馬台国論争より、趣味を楽しもう♪  神功開宝♪ 説明は不要だよね♪

  • >>248413

    > >「どちらにしても円墳部分が先に造営されたなどとは考古学的にもありません。」
    >
    > ・・・・・?
    > 所謂考古学者は、「史料」や「世間(工事関係)」に疎いのでしょう。
    > それを基準にしてはいけませんよ。
    >

    円墳部分を先に造ったなどという 「史料」はありません。
    また考古学的にもありません。

    > >「東大寺山古墳は和邇氏の墓という事でいいですね。」
    >
    > ・・・・?
    > そこは「和邇地域」ですが、「和邇氏(皇別)の墓」とは言えませんね。
    > 「和邇氏(皇別)」が誕生するのは、
    > 仁徳天皇から雄略天皇の間ですから、
    > 年代的にも、少し合わないと思いますよ。

    4世紀の和邇下神社古墳の後円墳部分に和邇氏の祖・天足彦国押人命などを祀る和邇下神社が存在してること、
    これは古墳の主を和邇氏が神とみなし直接祀ってるわけで、被葬者自身が和邇氏と関わってる以外に説明はできません。

    > 余談ですが、
    > クセガクさんのホームページで気になる記述がありますので、
    > それをコメントします。
    > ホームページでは、
    > 「系譜に関心を持った古代史研究者の田中卓博士が、原本を求めて浅間大社を訪れ、この系図を探した。だが似た系図は在ったが、これほど詳しい系図ではなかったとする。」
    > としますが、
    >
    > 田中卓博士の言葉では、
    > 「私は原本を求めて、先年、浅間大社を訪れ、大社においても手を尽くして探して下されたが、遂に見当らなかった。」
    > (『田中卓著作集5(P168)』(国書刊行会)所収『不破の関をめぐる古代氏族の動向(1958年発行)』 )
    > だいぶニュアンスが異なりますが、
    > これはどうしたことなのか?
    >
    > そして見当たらなかった当該系図が、
    > 『静岡県史』(1989年発行)に「富士大宮司(和邇部臣)系図」
    > として所収されている。
    > これはどうしたことなのか?

    「富士大宮司(和邇部臣)系図」も和邇部氏が孝昭天皇にまで行きついてるはず。
    その孝昭天皇が魏志倭人伝のトヨやヒミコとなんなりかの繋がりがあるか否か、
    それが大きなポイントですから、それ以外の話は別段関係がない。

  • >>248186

    m:
    日本語の都合で出来た訓読文だけで理解しようとしても、
    「漢語文」の理解は無理ですよ。
    「漢語文」は「漢語」の都合も理解しなさい。



    ところで、確認だが

    m:
    「徑舊作經」:「徑」は、もとは「經」に作る



    で、上記は

    ①「漢語文」は「漢語」の都合
    ②日本語の都合で出来た訓読文

    どちらに該当するんや?

    で、どちらかに該当しているとして
    ありなの?

    これは、①②のどちらかになるの?
    「徑舊作經」:「徑」、もと「經」と、作(な)す

  • >>248186

    m:
    日本語の都合で出来た訓読文だけで理解しようとしても、
    「漢語文」の理解は無理ですよ。



    ンダ、オメェーが言うんだ。

    m:
    >「俺は、スカタン言ってる、唐変木邪老と判断している。」

    ・・・・・
    どうぞ、ご自由に。

    いずれにしろ、あなたとの議論は、面白かったが、
    俗に言う「馬の耳に念仏」・・・・かな?
    これ以上は時間の無駄でしょう。



    エラク幕引きを急いでるな。
    答える答えないは自由だから咎めはしない。


    m:
    「徑舊作經」:「徑」は、もとは「經」に作る



    この読み下しでいいと
    思っている?
    思っていない?

    オマエも自分が言ったことに間違いがないのならば
    ハッキリと

    <「徑舊作經」:「徑」は、もとは「經」に作る >
    の読み下しで何ら問題は無いと言えばいい。

    タダそれだけのことだがどうしたの?
    違ってるの?

    どう?

  • >>248406

    >「どちらにしても円墳部分が先に造営されたなどとは考古学的にもありません。」

    ・・・・・?
    所謂考古学者は、「史料」や「世間(工事関係)」に疎いのでしょう。
    それを基準にしてはいけませんよ。


    >「東大寺山古墳は和邇氏の墓という事でいいですね。」

    ・・・・?
    そこは「和邇地域」ですが、「和邇氏(皇別)の墓」とは言えませんね。
    「和邇氏(皇別)」が誕生するのは、
    仁徳天皇から雄略天皇の間ですから、
    年代的にも、少し合わないと思いますよ。

    余談ですが、
    クセガクさんのホームページで気になる記述がありますので、
    それをコメントします。
    ホームページでは、
    「系譜に関心を持った古代史研究者の田中卓博士が、原本を求めて浅間大社を訪れ、この系図を探した。だが似た系図は在ったが、これほど詳しい系図ではなかったとする。」
    としますが、

    田中卓博士の言葉では、
    「私は原本を求めて、先年、浅間大社を訪れ、大社においても手を尽くして探して下されたが、遂に見当らなかった。」
    (『田中卓著作集5(P168)』(国書刊行会)所収『不破の関をめぐる古代氏族の動向(1958年発行)』 )
    だいぶニュアンスが異なりますが、
    これはどうしたことなのか?

    そして見当たらなかった当該系図が、
    『静岡県史』(1989年発行)に「富士大宮司(和邇部臣)系図」
    として所収されている。
    これはどうしたことなのか?

  • >>248186

    > >「つまり、訓読においては(日本語の都合で)再読しなきゃいけない、のだ。」
    >
    > ・・・・・
    > だ・か・ら、
    > 「漢語文」は”先ず”「原語」で理解しなさい。
    >
    > 日本語の都合で出来た訓読文だけで理解しようとしても、
    > 「漢語文」の理解は無理ですよ。
    > 「漢語文」は「漢語」の都合も理解しなさい。

    青朱白玄がその投稿について、また、相手を試すような投稿をしていますが、そのようなアホウがする投稿は相手にせず、mkp*****さんの持論を展開されていけばよいと思います。

  • 日本人なら、和同開珎♪
    泣く子も黙る、大和通宝♪
    勿論本物。

    但し、大和通宝は、ベトナム♪
    あはははは

    邪馬台国論争が好きな人集まれ!! 日本人なら、和同開珎♪ 泣く子も黙る、大和通宝♪ 勿論本物。  但し、大和通宝は、ベトナム♪ あはは

  • <<
  • 248428 248409
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順