ここから本文です
  • 『後漢書倭伝』や『隋書イ妥国(臺国)伝』、『万葉集』に記載は、
    中国北朝・魏(の少帝)斉王 芳が支持した、
    周の古公亶父(ここうたんぽ)=太公望の(本流)季歴後の、
    【●鏡圏】臺与(=台与●蘇我氏)の「邪馬臺(やまと)国(北倭→ 我が国の北朝)」
    =【トカラ列島の宝島】側。
    君が代は千代に八千代に細石の巌となりて苔の結すまで・国歌「君が代」
     国歌・「君が代」が謡われた観音堂大鍾乳洞
    見渡せば花【君臨者(太上天皇)】も紅葉【統治者(天皇)】もなかりけり
    浦の苫屋【投馬国(とまや ←逆さまから読む倒語)】の
    秋【蘇我大王家】の夕暮【没落】 
      崩壊寸前の平安時代の日本国・大和朝廷の、藤原定家

    (母)斉明太上天皇時代に八代市沖の不知火海の御所ケ浦島の比良宮。
    (娘)推古太上天皇時代に京都郡香春町御所ケ谷に、宮を置く。
    「臺国(イ妥国)王●小野妹子(蘇因高)の意味は、蘇我 卑弥呼」=【推古太上天皇】
    裴(世)清の云う「邪摩堆」=「邪馬臺」。
    http://www.yado.co.jp/tiiki/tikuhou/gosyogatani/gosyogatani.htm

  • <<
  • 29 9
  • >>
  • <<
  • 29 9
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順