ここから本文です
  • 1

    一庶民が、過去から未来へと日本人の精神性を展望したいと(筆力からして無謀なのですけど)思ってトピを起ち上げました・・みなさん 道案内をお願いしたいと思います・・・。

    事の発端は日本映画トピに
    ( エンターテインメント > 映画 > ジャンル > 日本映画 > 邦画の傑作は・・教えて〜♪ )
    戦争映画が話題になって
    それをきっかけに新田次郎の「八甲田山死の彷徨」
    プレジデント社の「ミッドウェイの決断」
    津本陽が硫黄島を書いた「名をこそ惜しめ」などを読んでいる内に
    司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んでいた頃に
    大いに疑問の思ったことを再度思い出して
    今こそと書き始めたのですが・・
    何せ難問中の難問でとても力及びませんが
    やはりこの度挑戦したいと・・・。

    では、この辺から始めたいと思うのですが
    (日本映画のトピへ投稿したものをコピーしたので少し文面が
    ちぐはぐだと思うのですが・・・了解をお願います)

    明治時代の軍人に比して、何故その後の日本軍は狂ったのか

    何故、軍部の暴走を阻止できなかったのか
    そして、何が軍部を狂わせたのか
    また、正反対の善き例として
    日露戦争では(破滅を避けて)現実を見失うことなく
    何故、講和に持ち込むことが出来たのか。

    日露戦争の例を挙げたので
    あの当時の日本のリーダーたちは皆知っていた
    戦争が長引けば日本は破滅することを
    (侵略戦争とはいえない・・祖国の防衛戦争だったと)
    いかに金のない小国である日本が大国ロシアと負けないように
    辛うじて勝った形にしようと作戦を練って戦ったことを
    匙加減を間違えずに講和に持ち込むかと必死であったことか
    みんな現実がよく分かっていた・・前線にいる者も国内にいる者も
    しかるに大東亜戦争における軍部の狂い方は一体何なのか
    ・・・これらの決定的な違いとは一体なんだろうかと。

  • <<
  • 668 649
  • >>
  • <<
  • 668 649
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順