ここから本文です

昭和天皇の責任

  • 29,384
  • 0
  • 2017/09/16 15:47
  • rss
  • 1

    *****

    昭和天皇は、なぜ自ら退位しなかったのか。400万以上の日本人が犠牲になった戦争を承認した責任をどう感じていたのだろう。自分は現人神であるから、一般人とは違い責任を取らないでもよいと思っていたのだろうか。戦争責任(敗戦責任)を取らなかった国家元首(王族を含む)は古今東西稀である。そこにはアメリカの何らかの意図があったのか。ここは、裕仁についていろいろな角度から検証するトピです。

  • <<
  • 29384 29364
  • >>
  • 29384(最新)

    faund_stars 9月16日 15:47

    >>29380

    もう一つ、日本が憲法に則り解決する方法があります。

    ご存知の通り、日本国憲法第9条は「国」の交戦権を認めていません。

    従って日韓基本条約に則り、日本が半島の主権者である韓国に朝鮮半島全体の米中立会いの下
    核の放棄を即時に実施することを要求する。

    出来なければ懲罰的賠償を韓国に支払うよう求めれば良い。

    韓国に「そんなこと出来ない」の言質をとった上で
    国連憲章53条2項の敵国条項に基づき武力で核施設を攻撃し無力化すればよい。

    敵国条項制定の1946年10月時は朝鮮半島は敵国条項の適用範囲だから、
    日本国を含めた国連加盟国は
    戦争により確定した事項に反したり、「侵略政策を再現する行動等」を起こしたりした場合、
    国際連合加盟国」や地域安全保障機構は安保理の許可がなくとも、
    当該国に対して「軍事的制裁を課すことが容認され、この行為は制止できない」
    事が可能なのです。
    「そんなこと出来ない」の言質の手続きは台湾への出兵が前例でありますし。
    勿論この活動は、「北朝鮮は国として承認していない」のでソマリアの海賊への対応と同じ。
    「国の交戦でない」のです。

    この解決方法は、大日本帝国として問題を起こしたことへの合邦国としての
    責任の取り方の一つと思いますね。

  • >>29381

    >「全部韓国に請求してください」
    なんだったら、「取立て・・手伝いましょうか(ゲス顔)」と言えば
    なおよいかもしれませんね(笑)

    仕方ないですよね。
    降伏したのだから。
    北の取り分利子の分も含めて取り立てる上で
    韓国が己の部を弁えなかった事を後悔しても
    遅いですよね(笑)

  • >降参するしかない。
    まあ降参しても問題なさそうですね。

    お詫びの金は1965年の日韓基本条約締結時に
    韓国に38度線の北の分も払っていますので、
    韓国が50年分の複利懲罰利子を付けて払ってくれるでしょう(笑)

    お詫びの金は日韓基本条約の際に清算しているので
    「全部韓国に請求してください」と言えばいい。

    え、韓国の運命?知らん(笑)

  • >>29377

    昭和天皇は核兵器で降参したことに成っている。

    ならば核を持った国には降参するしかない。

  • >>29378

    > >幾ら脅しても平気なのが日本。
    >
    > いえ、例外が最低一人います。非国民ですが。(笑)
    >
    > Faundはガクブルですよ~(笑)
    >
    > マスゴミが「ミサイル打上げ失・敗(笑)」としている事象は
    >
    > 独裁者による「打上げ責任者の更迭」や「打上げ失敗の実行部隊の兵士の処刑」を実施していません
    > それを考えると、「打上げ失敗でなく」、計画に基づいた「制御による弾頭の爆破」とみなしていますので。
    > 爆破で何を撒くかを考えるとJアラートがきちんと機能するか「不安です」
    >
    > まあ、脅しの意味では核ミサイルを大阪に落とすのも十分ありだが・・
    > まあ、漫画みたいにボコボコに殴って再起不能にしてから
    > 「俺様を怒らせると殴るぞ」と言うのが、無法者・乱暴者国家の「お約束」とは思いますが。
    >
    > 出来れば、安倍総理大臣閣下と防衛省の上層部位も北の行動をまじめに分析して欲しいですね。
    >
    > それにしてもマスゴミは「表面の事実を疑うのが仕事」だろうに・・・
    >
    > 表面の事象だけで「ミサイルの打上げ、失・敗♪(笑)」で本当にいいのかね?(笑)

  • >幾ら脅しても平気なのが日本。

    いえ、例外が最低一人います。非国民ですが。(笑)

    Faundはガクブルですよ~(笑)

    マスゴミが「ミサイル打上げ失・敗(笑)」としている事象は

    独裁者による「打上げ責任者の更迭」や「打上げ失敗の実行部隊の兵士の処刑」を実施していません
    それを考えると、「打上げ失敗でなく」、計画に基づいた「制御による弾頭の爆破」とみなしていますので。
    爆破で何を撒くかを考えるとJアラートがきちんと機能するか「不安です」

    まあ、脅しの意味では核ミサイルを大阪に落とすのも十分ありだが・・
    まあ、漫画みたいにボコボコに殴って再起不能にしてから
    「俺様を怒らせると殴るぞ」と言うのが、無法者・乱暴者国家の「お約束」とは思いますが。

    出来れば、安倍総理大臣閣下と防衛省の上層部位も北の行動をまじめに分析して欲しいですね。

    それにしてもマスゴミは「表面の事実を疑うのが仕事」だろうに・・・

    表面の事象だけで「ミサイルの打上げ、失・敗♪(笑)」で本当にいいのかね?(笑)

  • >>29376

    核ミサイル

    東京上空で炸裂したら日本は終わりに等しい。

    幾ら脅しても平気なのが日本。

    かえって不気味に思うのではないか。

    ひそかに核ミサイルを持っていると考えているだろう。

  • >悪いことを考えない、最悪の事態の考慮の忌避志向
    例えば、最悪の一例。
    以下宮内庁HPより一部抜粋。
    http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga01.html

    新年祝賀の儀:
    毎年1月1日,皇居において,「天皇陛下が皇后陛下とご一緒に,皇太子殿下をはじめ皇族方,衆・参両院の議長・副議長・議員,内閣総理大臣・国務大臣,最高裁判所長官・判事,その他の認証官,各省庁の事務次官など立法・行政・司法各機関の要人,都道府県の知事・議会議長,各国の外交使節団の長とそれぞれの配偶者」から,新年の祝賀をお受けになる儀式です。国事行為たる儀式とされています。

    新年一般参賀:

    新年一般参賀は,1月2日,皇居で次のとおり行われます。

    1 天皇皇后両陛下が,おおむね5回長和殿ベランダにお出ましになる予定です。そのうち,2回目までは皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方が,3回目以降は皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下が,ご一緒にお出ましになる予定です。

    例えば上記の皇族勢ぞろいのタイミングで北朝鮮が、あけましておめでとうの挨拶代わりに核ミサイルを
    東京上空で炸裂させるとどうなるか。

    ・そんなこと「縁起でもない」から考えない。
    ・こんなことを書くFaundは「日本を愛さない」「極悪非道」で、国民からありとあらゆる私刑後、
     死刑に処すべき「憎むべき非国民」と思う。

    日本人としては当然の心理です。しかし、核を撃つのは撃たないことを含めて、決めるのは

    「日本人ではありません」

    こういったことも考慮しないといけないと思いますがね・・・。

  • >>29374

    > 皇室典範について昭和天皇はどう思っていたのでしょうか。
    > 皇族がいなくなれば皇位継承者もいなくなる。
    > 欠陥法律だとしか言いようがない。

    皇族がいなくなるなんて「縁起でもないから」「考えない」、「書かない」、それだけ。

    井沢元彦が「逆説の日本史」に書いている、
    いわば、日本国民の持つコトダマイズムの弊害。

    悪いことを考えない、最悪の事態の考慮の忌避志向は
    米国相手の戦争を敗北に導き、福島第一原発のメルトダウンを招き、
    「皇族だんぜつによる天皇位継承不可の事態」の規定が欠如した皇室典範を生んでいる。
    そういうこと。

  • >>29360

    皇室典範について昭和天皇はどう思っていたのでしょうか。

    皇族がいなくなれば皇位継承者もいなくなる。

    欠陥法律だとしか言いようがない。

    継承者100人ぐらいはリストアップ出来る制度に替えておかねばなるまい。

    今上陛下も譲位よりもそのことを何故心配しないのか全く不可解。

  • >>29372

    日本国憲法の前提である男子皇族がいない状況で
    立法・行政機能が崩壊した場合、日本国を統治する法的根源がなくなる。
    皇位継承順位を持つ人間がいれば
    上記緊急時に日本国の意志を示す事ができるです。(本人の資質にも拠るが)

    これが立憲君主制と議会民主主義併用の「最大のメリット」なのです。

  • >>29371

    最悪のシナリオ。

    ・北朝鮮の奇襲核攻撃で日本の統治機構崩壊と男子皇族が全滅する。
    ・アメリカ議会は戦争の関与を恐れ、大統領に戦争の関与を禁止する。
     (日米安保条約で日本が助けてもらえないパターンであるが手続き上日米双方とも「合法」。)
    ・「日本国憲法の前提である男子皇族がいない」ため、憲法が機能しない為
     「日本国民を保護する」名目で米中韓が日本国内の保障占領を行う。

    この場合どうなるか、読めませんね。

  • >>29369

    >日本はABCDアタックを防御できるか?
    >無理ならどうすればよいか。

    防御できるか?と書きましたが、まあできません。
    今上天皇を国会議事堂にお迎えする通常国会初日に実施されたら
    「確実に天皇と統治システムが同時に喪失する」でしょう。

    どうすべきか?

    奇襲実施された場合、首相等は換えが効きますが、男子皇族は換えが効きません。
    即ち、男子皇族の一部を海外に出しておくべきです。

    具体的には「秋篠宮一家を半島の核問題が解決するまで海外に送り出すべき」です。

    皇太子殿下はできるだけ東京にいない方が良いでしょう。(多分・・無理ですよね)

    安倍首相が自らの無能で死ぬのは勝手です。
    今上陛下が立憲君主制を護持するのも勝手です。

    でも、石油禁輸で「日本が戦争する意志を示している」のに

    「天皇家断絶を避ける」手段を最大限取らなくていいのですかね?
    天皇家における男子系統の保持は「今上陛下の責任」のはずです。

    Faundは悲観的・心配性すぎるのでしょうか?

    安心させてくれるご意見があればお待ちしております。

  • >>29368

    あ、タイプミス発見。
    誤:77年前「石油禁輸」で戦争を開始した国はどこでしたかね?
    正:76年前「石油禁輸」で戦争を開始した国はどこでしたかね?
    すみません。

  • 核兵器使用による奇襲手順:以下に述べるABCDアタック(仮称)で攻撃を行うことが
    奇襲成功の可能性が高い。
    Faundがカリアゲ将軍なら、間違いなくこの方法で軍へ指示を出すことになると思う。
    投入する核は水爆2発と中性子爆弾が複数投入できるならなお良い。

    アタックA:
    初期警戒による弾頭速度測定による目的地探知の隠蔽、欺瞞を目的とする。
    弾頭を発射後短時間で爆発させ、チャフを撒き散らす。又パラシュートで
    弾頭部分に積んだ対X-バンドレーダ用ECM機器を緩やかに降下させ、電子欺瞞を実施する。
    その間にロフテッド軌道を用いてアタックB及びアタックCを実施する。
    Jアラートが初期警戒での目標測定だけで動作する場合、
    「電子欺瞞の成功は奇襲の成功とイコール」になるであろう。
    欺瞞に失敗しても東京の人間が対処する余裕は「10分もない」のだが・・・。

    アタックB:
    最終突入フェイズでの弾頭速度・位置測定による突入対象の測定妨害、欺瞞を目的とする。
    アタックCの前に弾頭を発射後最終突入経路で爆発させ、チャフを撒き散らす。又パラシュートで
    弾頭部分に積んだ最終迎撃レーダ用ECM機器を作動降下させ、電子欺瞞を実施する。

    アタックC:
    アタックBで妨害をかけた経路をマッハ20オーバーで突入する核弾頭で東京を核攻撃。
    統治システムの完全破壊と「男子皇族の絶滅」を目的とする。
    広く薄く焼き尽くす水爆と、重要施設内の人間を中性子線で殺傷する
    中性子爆弾を併用するとなお良い。後者は中国からの供与が必要と思われるが。

    アタックD:
    戦争と政治の統合による別名クラウゼヴィッツアタック。
    石油禁輸の解除、日本からの多額の賠償金の支払い、金王朝国家体制を保証を
    インターネットを通じアメリカに要求する。
    NGなら北朝鮮をアメリカの準州として加盟させるよう要求する。

    日本はABCDアタックを防御できるか?
    無理ならどうすればよいか。
    続きます。

  • >「70年まったく進歩していなくて本当に日本は良いのですかね(笑)」
    早速出た、歴史の無学習。

    日米 北朝鮮への「石油禁輸」も視野に追加制裁で調整へ | NHKニュース

    www3.nhk.or.jp/news/html/.../k10011119051000.html

    77年前「石油禁輸」で戦争を開始した国はどこでしたかね?

    その国が「石油禁輸」するなら実弾を飛び交う覚悟とそれに対する準備をすべき。
    ちなみにJアラートは準備のうちに入らない。
    準備とは次の戦争の形態を予測し、それによって受ける致命的な国益の損失を
    軽減することだ。

    Faundがカリアゲ将軍なら日米韓の石油禁輸包囲を「核兵器の使用」で打ち破り
    国家存続のための多額の賠償を入手するならどこを狙うか?まずは記述する。

    アメリカ:
    アメリカの国家体制を核兵器1発炸裂で崩壊に追いやれない。反撃で自国の崩壊の可能性大。
    狙えない。

    韓国:
    ソウルに核兵器1発炸裂で国家体制を崩壊に追いやれる。
    但し国連軍がどう出るかはリスク。
    国家崩壊後多額の賠償は入手できない。
    狙う価値が少ない。

    日本:
    東京に核兵器1発炸裂で国家体制を崩壊に追いやれる。
    国家崩壊後多額の賠償は入手が期待できる。
    統制システム崩壊後の自衛隊と米国議会がどう出るかはリスク。
    3国中で狙う価値が最大。

    どの様に核兵器で狙うか?
    続きます。

  • Foundの意見:
     では、当時の日本として「どうすればよかったのでしょうか」
     特攻は組織的必死攻撃という、「戦術の革新」です。
     1回目だけは奇襲効果のボーナスが得られますので
     奇襲効果を最大に利用すべきです。

    ①特攻を行うのは「マリアナ諸島攻防で実施すべき」

    ・特攻自体に携わる突入攻撃を行うのは陸海軍機500機。
    ・護衛はエースによる戦闘機200機。
    ・偵察、発信基地直衛、位置把握用の支援に艦艇と50機以上の航空機を割り当てる。

     上記大戦力を一挙に投入し最大の「奇襲ボーナスを狙う」べきです。

    ②マリアナ諸島死守以外は放棄を含め「戦力温存を徹底」すべき

    ・実際の戦史でありましたがマリアナ攻略の先触れとして
     ビアク島の空襲に日本は反撃し100機単位の航空機を失っています。
     ビアク島を含めその他の領域は「反撃なしで放棄し」特攻戦力の温存、支援部隊の訓練に徹するべきです。

    ③政治と「連動して実施」すべき!

     ・マリアナ諸島攻略の兆候が見えたら手段を選ばず外交は連合国と折衝し終戦を試みるべきです。
     ・特攻を実施したら「必要最小の条件」を申しいれる。
      具体的には本土、朝鮮半島、台湾、満州国の保全、禁輸物資の貿易再開、
      仏印、満州以外の中国領土を含む戦争での占領地からの引き上げを申し入れる。
     ・作戦実施して3日でダメなら「天皇制の保持」以外の条件を放棄して此方から降伏するべきです。

     クラウゼビッツは「戦争は政治の一形態」であると言いました。
     これは「主権国家成立以後の真理」です。
     軍事に統合して連合国との政治交渉を「ワンチャンスで実施」すべきなのです。

    ④繰り返すな!でもブラフは行え!

     ・小規模な特攻作戦など「絶対にやってはいけません」
     ・より大規模な特攻作戦を実施する情報は連合国に流すべきです。
     ・「特攻より効果的な攻撃方法を起案し、訓練中」の情報を連合国に流すべきです。

    きっと①~④の一つも当時の日本は実施できないでしょう。日本が前例第一の軍事腐敗官僚国家で
    目的遂行と軍事革新を旨とする「軍国主義でない」からです。

    前例第一。軍国主義でない。どこかの国ですね。そう今の日本です。

    「70年まったく進歩していなくて本当に日本は良いのですかね(笑)」

  • >>29365

    いよいよ妄想ターイムです(笑)
    特攻の功罪ですが、まず功の方ですが・・

    ①戦後の日米同盟の堅実化に寄与した。

     組織的必死攻撃が出来ちゃう国の軍隊は大抵の事は何でも出来ます。

     「人間死ぬ気になれ何でもできる」というじゃないですか(笑)

     アメリカは日本が裏切らない限りアメリカから日本を裏切らないと思います。
     アメリカの日本を見る目は明らかに米西戦争で独立を約束しながら
     アメリカから裏切った「フィリピン第一共和国へのそれ」と違います。
     その中に「キ○ガ○を見るような怯えの」視線が含まれているのをスルーするのは
     お約束です。

    ②天皇制の維持に寄与した。

     「天皇陛下を廃止だと?爆弾抱えて特攻だ~」という一億総○チガ○の台詞を
     普通のアメリカ市民は聞きたくないですからね。

    この意向を日本が得たからポツダム宣言の受託をしたと思います。

    さて罪のほうです。こっちも2つ。

    ①Too little! ,Too late!,No repeat!

    特攻が最大の効果を発揮したのは最初の実行時です。いわば奇襲ボーナスです。
    4隊?少なすぎます。エース・教官以外の可動機全て投入です。
    実施がレイテ島攻防?遅すぎます。マリアナ攻防で航空隊全てすべきです。
    最もいけないのは「特攻を繰り返した」事です。
    まあ腐敗官僚は効果あると思えば、前例として踏襲して繰り返すのが
    彼らの行動様式です。
    無駄に損害を恐れ、戦果拡大の不徹底。
    真珠湾も第1次ソロモン海戦もこの特攻もみーんな一緒です。
    アホ。特に海軍上層部はアホばかりです。

    NAS様>回りがアホな割にはまあまあ良くやったのが昭和天皇。

    本当にそう思います。
    (やっとNAS様の意見への賛成にたどり着けました(笑))

    ②もしかして特攻ジレンマでアメリカは北の将軍様を怖がっている?

     北朝鮮は行動様式は大日本帝国の行動を引き継いでいます。
     アメリカ相手に北朝鮮の人民が総特攻をするのを恐れてるのではないでしょうか?
     北朝鮮で無くシリアやイラク相手なら今頃は核施設は全て灰塵のはずです。
     確証は無いですが・・、なんとなくそんな気がします。

  • >>29364

    ここで関の発言を分析すると

    ①そもそも当時の日本で「日本が負ける」という分析を
     関が分析できたか。
    ②発言内容のような事を関が思考できたか
    ③関が第3者(小野田)に話す事がありえるか

    それぞれFoundの考えを書きます。

    ①戦力比と日本軍の下がる技量と米軍の補充の能力を考えると
     「負けて当然」が推測される。というか軍のメンツだけで戦っているのは明白。

    ②決死攻撃でなく、「確定した死を伴う必死攻撃」だからこそ
     エリザベス・キューブラー・ロスの5段階モデル(死の受容モデル)で
     関発言の内容に思考が到る事はありうる。教官が出来る優秀な技量のパイロットが
     確定した死の実効を強要されているのです。怒りや自分の行動の意義を
     見出さないとおかしいと思います。
     逆に関の技量を評価して、例えば艦隊旗艦(戦艦ニュージャージ)の艦橋司令部への
      急降下爆撃任務(決死攻撃)ならこういった思考や発言に至らない。

     先の通り、決死攻撃は「結果によっては生還の望みがあるから」です。

    ③判断が難しいが、最初の特攻だからこそ「失敗が許せない」理由で
     技量優秀で教官が出来る関に特攻志願の依頼があった場合は有りうる。


    いよいよFoundの評価という「妄想」に続きます(笑)。

  • >>29363

    さて特攻ですが、関行男は艦爆の操縦が本職です。
    遺書で分かるとおり、飛行教官に任命されている通り
    操縦の技量抜群です。

    旧制一高か海軍兵学校かで選択したそうで、Foundと違い、頭の出来も優秀です。

    海軍(勿論陸軍もですが)は将校の練成課程で座学をやらされます。
    そこで出てくるのが戦力2乗の法則(戦後ランチェスターの第2法則)です。

    補充が無く同一錬度の軍の一人が多数に対して攻撃が可能な戦闘を前提とし、
    双方の戦闘力を二乗した上で戦闘力が優勢な方が勝利する。
    戦力技能比が1の場合、例えば同一技量のA軍5とB軍3が戦ったら、
    実際の戦力差はA軍25対B軍9であるためB軍3が全滅する形で、A軍が勝利し、
    A軍兵力は4(√(25-9=16))残ります。

    これを踏まえて、4ヶ月前にマリアナ沖の海戦では1年半前と比べて
    米空母の稼動数は0から正規空母7、軽空母8の15隻に補充され
    日本は正規空母3、軽空母6で戦いました。
    (基地航空隊は米国側の奇襲で壊滅)
    その結果アメリカの空母は2隻小破し飛行機130機損失、
    日本は正規空母2、軽空母1他が沈没し飛行機750機損失です。

    その4ヵ月後のレイテ島攻防戦は日本の空母の補充はありません。正規空母1、軽空母3。
    アメリカは補充され空母17隻、軽空母18隻です。艦隊に損害を出さないよう
    艦載機の75%が戦闘機ですが米軍航空機は1500機を越えます。日本は陸上機全てかき集めて300機。
    戦力比で言うと日米の勝敗はもう「勝負は時の運」のレベルを超えています。

    通きます。

  • <<
  • 29384 29364
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順