ここから本文です

>>1816

オタクは、『西鄕らの武力をもってでも打倒を目指した幕府は消滅していたからです。』ということで、本当にいいのかね?



>慶喜が朝廷に大政奉還して、朝廷よる新しい日本が始まっておる。そして将軍職も返している。朝廷は10月22日、諸大名が上京してくるまで、外国の事情に精通している「両三藩」と申し合わせて外交問題を処理せよ、という指示を下した。25日には慶喜は将軍職も返したが、朝廷は、諸大名が上京してくるまでは、慶喜に政務を一時委任するという指令を発している。さらに朝廷は10月21日に「賊臣慶喜を殄戮せよ」さらに会津宰相、桑名中将に「誅戮を加う」という指令も撤回した。そして慶喜はこのすべての天子の命を遵守している。…


 その慶喜が、大政奉還直後から、江戸の幕軍を呼び寄せているのはなぜ?そんなことをせずとも、10月の段階で在京の幕府戦力は、薩摩その他を圧倒しているのに。
 薩摩も11月に主力艦春日を新規購入し、また藩軍を上洛させた。それでも、幕軍の方が優勢だった。だから11月に三田尻で協議した薩長芸の首脳は、計画の中に決戦で敗れた場合の作戦まで盛り込まざるを得なかった。
 それに、慶喜が幕府の支持を失い、幕軍が沸き立っていたのはすでに提示した史料の通りだ。
 ところで、幕府がすでに消滅しているなら、薩摩藩藩邸の焼き討ちは、大名同士の私闘になる。そして鳥羽伏見の戦いは、政府に対する反乱になる。




>薩摩藩藩邸の焼き討ちは、西鄕の謀略によって盗賊らの巣となっていた薩摩江戸藩邸に彼らを引き渡わすように求めたが、薩摩側が拒否したことにより起こったもので、「大名同士の私闘」とは言わんよ。


 私闘でないなら、政府からの命令があるはず。その史料を提示してくれるかね?これがオタクの口から出まかせでないなら、当然提示できるよね。
 そもそも大名の藩邸には、幕府全盛時代でも介入できないよ。それを、大政奉還後に焼き討ちするとすれば、旧幕府側の大名が、薩摩藩に戦争を仕掛けたことになる。
 


>鳥羽伏見の戦いも、慶喜が詔勅により入朝するための先触れの兵に薩摩藩がいきなり大砲をぶっ放なしたことで、仕方が無く武門の習いで起きたものであるので、「反乱」とは違うと思う。勿論どちらも「私闘」とみる見解もあるがね!


 
 慶喜が上洛するのに、完全武装の大軍を引き連れてこいなんて詔勅は出ていない。そして北上する幕軍の主力は会桑藩軍だが、この二藩には帰国命令が出ていたよ。それを無視して完全武装で上洛を強行する以上、天子を蔑ろしていること甚だしい。どう見ても彼らは逆賊である。w






 ともかくオタクは、『西鄕らの武力をもってでも打倒を目指した幕府は消滅していたからです。』ということで、本当にいいのかね?
 そうなれば薩摩藩藩邸の焼き討ちは、大名同士の私闘になる。そして鳥羽伏見の戦いは、政府に対する反乱になる。オタクとしては、絶対にあってはならないことじゃないのか。w


>そんなものはありゃせんよ!強いて言えば、君の資料にたいするピント外れの解説です。


 「幕府が消滅」というのが、ピント外れの解説だと自覚しているならそれでいい。

  • >>1820

    > その慶喜が、大政奉還直後から、江戸の幕軍を呼び寄せているのはなぜ?

    西鄕らの逆賊連合軍を牽制して、朝廷をお守りするためです。

     >それに、慶喜が幕府の支持を失い、幕軍が沸き立っていたのはすでに提示した史料の通りだ。

    は~
    どちらの史料ですか??

     >私闘でないなら、政府からの命令があるはず。その史料を提示してくれるかね?これがオタクの口から出まかせでないなら、当然提示できるよね。

    盗賊を取り締まるのに、いちいち「政府からの命令」はいらんよ!

    > そもそも大名の藩邸には、幕府全盛時代でも介入できないよ。それを、大政奉還後に焼き討ちするとすれば、旧幕府側の大名が、薩摩藩に戦争を仕掛けたことになる。

    薩摩藩の実質指導者である西鄕から徳川を挑発する使命を受け、伊牟田尚平、益満休之助を盗賊の取りまとめ役として江戸へ下らせている。この薩摩藩賊徒は江戸城の後閣に放火してことごとく炎上させ、さらに、市中取締の兵営を攻撃している。この応戦により、芝三田の薩摩藩邸に逃げ込んだ薩摩藩賊徒らの犯人の引渡を求めたが、薩摩側が拒否したことにより起こったものである。江戸市民を恐怖に陥れていた薩摩藩のテロ行為にたいしての取り締まり一環としてなされたものであるので私闘とは言わんよ。しかし、薩摩藩はこれにより徳川との決戦に藩論が纏った。つまり、西郷らの陰謀によって、公儀政体派の慎重論に薩摩藩の藩論が変わっていたのが、徳川との決戦に誘導されたということでしょう。徳川家に対して戦争を仕掛けた西鄕らの陰謀により、鳥羽伏見の戦いが始まったといえる。

    > 慶喜が上洛するのに、完全武装の大軍を引き連れてこいなんて詔勅は出ていない。そして北上する幕軍の主力は会桑藩軍だが、この二藩には帰国命令が出ていたよ。それを無視して完全武装で上洛を強行する以上、天子を蔑ろしていること甚だしい。どう見ても彼らは逆賊である。W

    その「帰国命令」はいつ発令されたのですか?

    > 慶喜が大政奉還したにもかかわらず、松平容保がこの段階でもなお長州征伐を公言していること自体、慶喜が幕府組織を統制できていない証拠だよ。そして会桑を統制しかねるからこそ、自らが直率して大阪に引き下げざるを得なかった。

    自らが直率して大阪に引き下げておるから、慶喜が統制している証拠だよ。