ここから本文です
  • 仏教では「法友」というのでしょうか、信仰のある友人を作れ、といわれています。

    自分は信仰がありますが、信仰のある友人があまりいません。

    信仰するなかで、迷い悩み苦しむこともあるので、信仰や実践について話し合える・協力しあえる友人が欲しいです。

    宗教・宗派は問いません。自分は一応浄土真宗ですが、キリスト教、仏教、イスラム教、ヒンズー教、スピリチュアル、新興宗教、哲学、神学、学問もいいとおもっています。

    バランスの趣味は、東方、ニコニコ動画・生放送、掲示板、ネトゲ、アニメ、漫画などです。

    社会貢献や人道支援、環境保護にも関心があります。

    単なる知識や議論ではなく、真に良い人生よい世の中を作ることに意欲したいと思っています。

    共感できる方、ネットでつながる友人になってください。今は富山県在住なので、近くの人ならリアルの友人になりたいです。遠い場合は、スカイプやメールなどでの交流からはじめましょう。

  • <<
  • 56 27
  • >>
  • 56(最新)

    pri***** 2月16日 09:20

    光あるうちに 光の中を歩みたい

    人々の一生はすべての人に公平に

    やがて光も消え去り真っ暗な暗闇の空間を

    見つめる時がやってくる

    暗く先の見えない「死の世界」は

    すべての人に公平に待ち受けている

    そんな宿命をもった人間に生まれてきたのなら

    ただじっと耐えて「厳粛な死」の前で震え怯えている

    だけでいいのだろうか・・・・・?

    もう我々人間には絶望と恐怖の瞬間しか選択することは

    出来ないのだろうか・・・・・?

    否、そうではないと思う・・・・・・・・・

    菩提樹の下で悟りを開いた釈迦に学ぼうではないか・・・・!

    一切の目に見えているこの世の現象はすべて過ぎ去っていくもの・・・・・

    うつろい消えていくもの・・・・・・・

    だから目に見え移ろいゆく現象のみを真実のものと錯覚するな・・・・・・と・・・

    そして

    イエス・キリストはこの思いを一歩進めて、すべてのものは過ぎ去り消えていくが

    私たち人間を創造されたおおいなる力(天地創造の神)は、これらの現世を超えた

    もはや死もなく病もない、我々を創造されたあのエデンの園に帰りつけることを

    イエス・キリストの自らの十字架の死(贖い)によって約束された。(信仰義認)

    これを信じるか信じないかは、個々人の自由意志にまかされているが

    パスカルが「同じ信じるなら望みも希望もない暗い世界の到来を信じるより

    キリストが自らの死をもって実証された、もはや死もなく病もない明るく光

    輝く世界の到来を信じたい!!」と言いきられたように、私もこの光り輝く

    世界(天国)の到来を確信したいと思う。

    そのために、あと遺された日々を人々に優しく、慈しみと愛をもって接し

    またこの世を去るときは「光り輝く花の咲き乱れる楽園」に辿りつけることを

    確信して確信して過ごそうと思う・・・・・・・・・・。

    (親鸞の信仰に学びその後キリスト教信仰によって救われたある一人の凡人の告白)

  • >>53

    この掲示板はしょっちゅうみるというわけでないので、

    ミクシイのマイミクになってもらうとはやいとおもいます。
    http://mixi.jp/home.pl?from=global

    または、メールでご連絡ください。
    mlc13696@yahoo.co.jp

    自分はネットゲームの制作あるいは、動画制作、小説執筆を本業にしたいとおもっています。まだ収入は生じていませんが、将来はプロになりたいです。

    そして、その関連で社会貢献ができればとおもっています。

    信仰のはなしもいろいろしたいです。ボランティアも。

  • >>1

    こんにちは、mlc13696(スレ主)さん。
    亜美です。

    お忙しいでしょうが、
    一度レスくださいませ。

    >>社会貢献や人道支援、環境保護

    私も色々お話いたしたく思います。

    信仰のある友人がほしいです。 こんにちは、mlc13696(スレ主)さん。 亜美です。  お忙しいでしょうが、 一度レスくださいま

  • >>50

    こんにちは、applenew1212さん、亜美です。
    はじめまして。

    暫くお話を聞いていました。
    私が今云える事は、
    自然体で構えずに
    知らない事と、知る努力

    何事も先入観を持たず、
    人から聞いた事は
    鵜吞みにせず、確かめること

    そして、知識は
    全て人のために役立てること
    デスクワークとフィールドワークを
    両立させることでしょう。

    生麦大豆二升五合(なまむぎだいずにしょうごんごう)
    民間の厄除けご利益の呪文も本当は、
    南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)
    だったりしてね。

  • >>45

    その様な人間と付き合ってもしょせん不愉快な思いするだけだと思います。

  • >>38

     はじめまして
    ある有名な女性カトリック信徒の方が、婦人会のボス 自分より高価そうなのを身に着けてる人を見ると不機嫌になる人 噂話が好きな人 自分の事しか話さない人 等々の人々は
    避けるべきだと書いてました。

  • みなさん、こんばんは。
    亜美です。

    今日は、久しぶりに
    他の教会で聖餐式に臨みました。

    日本福音ルーテル教会は、
    カトリックに
    一番近い感じがします。
    素晴らしい事です。

    CS(教会学校)にも
    参加させていただきました。

    世代別の教育環境が
    大きな障害であり、
    価値観の違いが個々人に及び
    以前のようにシャンシャンとは、
    行かない様です。

    ルカ9.32-33
    ペトロと仲間は、ひどく眠かったが、じっとこらえていると栄光に輝くイエスと、そばに立っている二人の人が見えた。その二人がイエスから離れようとしたとき、ペトロがイエスに言った。「先生わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」ペトロは、自分でも何を言っているのか、分からなかったのである。

    信仰のある友人がほしいです。 みなさん、こんばんは。 亜美です。  今日は、久しぶりに 他の教会で聖餐式に臨みました。  日本福音

  • す。でも大歓迎ですよこの掲示板自体から勉強する必要がありますので返信には時間を要ぶんs意欲的に頑張るつもりです。さて、あなたのご意見ですが、経験によってひとは学べるものではなくぎゃくに・・・
    ここまで書いたところで、あなたの文章を十分に把握していなかったことにきづきました。これからは下書きを作った上でへんしんするべきなのですね。もう一度読み返してから半ば考えていたことを再度投稿したいと思います。しつれいしました。

  • >>37

    kazumasaさん、こんばんは。
    亜美です。

    初めまして、こちらこそ
    よろしくね。

    世間ではよく、「歳を重ねると
    角が取れて丸くなる」と云います。
    果たして、本当にそうなのでしょうか?

    去年の暮れに、男性の料理教室を
    お手伝いした時の事。

    五人で一つの班(グループ)を創り
    全員に仕事を割り当て
    交代で体験して貰う心算が…。

    ある年配の男性が、
    包丁を硬く握って離さない
    それで作業が進まなくなりました。

    認知のせいかも知れませんが、
    我が強く、頑固そのもので
    他人と協調しないばかりか
    障害にさえなっていました。

    個人差は、あると思いますが、
    女性の場合は、主導権争いが
    虎視眈々と狙っている様な…。

    男性の方が、ある意味
    可愛いような気がします。
    女は泥沼のハスなのかも
    しれませんね。

                             ハスの花

    信仰のある友人がほしいです。 kazumasaさん、こんばんは。 亜美です。  初めまして、こちらこそ よろしくね。  世間ではよ

  • 信仰があるかと聞かれればじつはありませんが私も一応浄土真宗であなたと同じなのですが、いろんなことに興味を持っており、一部は試してみたこともありますただ、私は68歳の気持ちは若いがじじいです。関心のあることも共通てんがあるとおもいます。ねっとは初心者ですのでついていけるかどうかはわかりませんが、もし友人の一人に加えていただけるなら、よろしくおねがいもうしあげます。

  • >>23

    仏壇を置くのは、仏様をお祭りして身近に弔いたいがためです。
    今生きている人たちの心の問題ですから、仏壇を置きたくないのならそれでもかまわないと思うよ。
    僕は仏壇を置いて、お位牌に亡くなられた先祖の霊が宿っていると思って、毎日お線香をあげているけれど、
    信仰とはそんなものだと思うよ。
    キリスト教では、亡くなられた人のお墓にお参りするだけだよね。
    亡くなられた人に対する敬意と弔う気持ちをもっていれば、それで良いと思うよ。

  • >>34

    homuraさん、こんばんは、
    亜美です。

    仏教の信心(信仰)ではなく
    学習ですか?

    私は神戸のカトリックで
    3歳の頃、幼児洗礼を
    受けました。

    我が家は、600年代(飛鳥時代)に
    景教(古代キリスト教の一派)で
    800年代(平安時代)真言宗に帰依し、
    明治時代の廃仏毀釈を機に
    現在のカトリックに戻りました。

    従って、家にはお仏壇があり、
    お墓は、高野山にあります。

    高野山の『一の橋』から
    奥の院参道に入って
    直ぐに二手に分かれた
    右の道の方に真直ぐ進み
    青い『弘法大師夢のお告歌碑』
    を左に進むと『景教碑』が見えます。

    信仰のある友人がほしいです。 homuraさん、こんばんは、 亜美です。  仏教の信心(信仰)ではなく 学習ですか?  私は神戸の

  • 亜美さん、お久しぶりです。

    今、仏教を学んでみようかと思っているので、

    お話が合わないことがあるかも知れませんが、

    よろしくお願いします。


    スレ主さんは、お忙しいのでしょうね。

  • みなさん、こんばんは、
    亜美です。

    信仰を求める方の多くは、
    何らかの不安をお持ちです。

    信仰によって、
    その不安が解消する事を
    求めています。

    精神の安定が
    強い信仰を支え、

    その信仰が
    精神の安定を齎すのでしょう。

    また、加齢に拠り
    死を恐れ悟りの為に
    信仰を求める方がいます。

    罪を犯して裁かれず
    心に重荷を持つ方は、
    死後の裁きを恐れます。

    人は生まれ出でて
    死なない人はいません。

    いずれは必ず死ぬのですが
    野生の生き物とは違い
    『明日がある』と信じて
    今日を全力で生きる事を
    忘れているようです。

    今に感謝して
    生きましょう。

    ルカによる福音書11.2-4
    そこで、イエスは言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ、御名があがめられますように。御国が来ますように。わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。わたしたちの罪を赦してください。わたしたちも自分に負い目のある人を皆赦しますから。わたしたちを誘惑に遭わせないでください。』」

    信仰のある友人がほしいです。 みなさん、こんばんは、 亜美です。  信仰を求める方の多くは、 何らかの不安をお持ちです。  信仰に

  • >>31

    こんばんは、
    mahiponexさん、
    こちらこそ
    よろしくお願いします。

    社会に直接関与できるのは、
    私たち自身です。

    私は、交通マナーで
    歩行者の信号無視や
    自転車の右側走行に
    常々注意をしています。

    「子どもが見ています。
    信号を守りましょう。」等々

    私には、子どもの目とは、
    神さまの目だと思います。

    子どもの手前だけでも
    悪いことはしない。
    そんな事は簡単でしょうか?

    マルコ10.14-15
    しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく、子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」

    信仰のある友人がほしいです。 こんばんは、 mahiponexさん、 こちらこそ よろしくお願いします。  社会に直接関与できるの

  • 亜美さん、初めまして。
    よろしくお願いします。

    私は不信心で、周囲もそのような環境ではなかったので、
    いろいろ教えていただいて 有難いです。

    高齢者や親子など 現代の問題の原因には 
    地域の人間関係の希薄化があると思うので、

    亜美さんの言われるような宗教行為を通せば 
    そのような問題の解決につながるような気がしますね。

  • みなさんこんにちは、
    亜美です。

    戦後、お墓について
    大きく変わったと
    思うことがあります。

    お墓は、埋骨が基本なのに
    火葬場から骨上げして、
    骨壷(キャリングケース)に
    納めた儘、放置されています。

    分骨して、お寺に
    捨てられる方もいます。

    昔は、骨上げ時にお骨を全て
    冷めるまで待って持ち帰り
    後日、布袋に入れたお骨を
    お墓へ埋葬します。

    今では儀礼的に骨上げして
    お墓に埋めずに骨壷の儘
    放置されています。

    人は土より出でて土に帰る

    田舎の無い都会の人間は
    土から離れて自然の摂理を
    見失っているのかも知れません。

    信仰のある友人がほしいです。 みなさんこんにちは、 亜美です。  戦後、お墓について 大きく変わったと 思うことがあります。  お

  • >>23

    はじめまして、
    homuraさん、
    亜美です。

    江戸時代の農村では、
    毎朝晩お寺で顔を合わせて
    日々の勤行と感謝を
    していたようです。

    江戸末期には、
    昼飯が多くなり
    昼も集会勤行を
    するようになり、

    町屋では、お寺に出向かず
    お寺の本堂を土間口から
    座敷に持ち込んだのが
    お仏壇だと云われています。

    因みにお位牌は、
    お墓が遠く毎日の供養が
    容易に出来るように
    家に持ち込んだもので、

    先祖供養を目的に
    お厨子にお位牌を納め
    お仏壇と同様に
    朝夕6時にお参りします。

    従って、お仏壇の中に
    お位牌を納めるのは
    如何なものかと思います。

    仏教の檀信徒は、
    朝夕の勤行が
    基本でしょう。

                         お厨子

    信仰のある友人がほしいです。 はじめまして、 homuraさん、 亜美です。  江戸時代の農村では、 毎朝晩お寺で顔を合わせて 日

  • >>26

    はじめまして、
    mlc13696さん、
    亜美です。

    >信仰については、
    >実践が1番大事だと
    >おもいます。
    >信仰はつまるところ
    >「よいことをする」ことだと

    私は、悪い事を
    しない事だと思います。

    信仰のある友人がほしいです。 はじめまして、 mlc13696さん、 亜美です。  >信仰については、 >実践が1番大

  • >>26

    わかりました。きっと日常を越えた経験値を積み重ねているのですね!羨ましいと思います。これからもよろしくお願いします。

  • <<
  • 56 27
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順