ここから本文です

ニーチェ

  • 74,261
  • 6
  • 2018/10/05 01:39
  • rss
  • 1

    *****

    ニーチェトピックがないので作りました。ニーチェについて語ってください。

  • <<
  • 74261 74242
  • >>
  • 74261(最新)

    Jack 10月5日 01:39

    >>74260

    うらぬすです。

    しばらく遠のいて、離散的でしたが虫のしらせか覗いてみると
    終了のアナウンスで

    後半はいろいろご迷惑をおかけしましたが
    卓越した知性は尊敬していますよ。

    ボーム本の要約は今も宝です。

    終わるとなると寂しいもんですねえ。

    いつ死んでもいいと頭では考えていも
    いざとなると生への執着でとりみだすんでしょうねえ。

    なーんか今回のことでそう思いますねえ。
    ならいっそ先回りして自分から?なんてね

    ではまあ、お元気で!

  • textreamは2018年12月末日で「株式」「FX、為替」カテだけ残し、他のカテゴリは全て終了とのこと。

    掲示板時代よりいろんな人と知りあえて、いいレス交換や議論もできたし、よい本もいっぱい教えてもらった。

    ありがとう!そして元気でね。

    また、縁があればどこかで会おう!!

  • いつも思うんやけど、北海道の地震で亡くなった人たちって、前日まではこっちの台風被害を心配してたんやろなって。

    いつも通りに一日が終わって「おやすみ」って眠った人が永眠してしまう。

    他人事ではないし、やっぱ死は生のすぐそこにある。

    人はか弱く生は儚い。死も別れも、現実は予告もなく突然やってくる。

    だからちゃんと生きなあかんやろ。いつ死んでもいいように。

    わしらは確実に一日一日、死に近づいている。

    人生の成功に近づいてるわけでも、目標に近づいてるわけでもない。

    どんなに成功しようとも、地位や名誉や財産を手に入れても、万人にとって人生のゴールや結末は死ぬってこと。

    紛れもなく、逃れようもない、絶対的な現実。

    だから?

    今に生きればええってこと。一瞬一瞬を大切にとか、一日一日を一生懸命とか、そんな説教くさく窮屈な生き方しなくても、ダラダラでも、ぐだぐだでも、風任せでも、自分なりに今に生きてりゃええねん。

    過去を後悔したり、未来を憂いても、今、ここに、過去や未来なんてものがあるわけないし、そーゆー言葉があるだけ。

    今しかないねん。だから今に生きてるし、わしらは今にしか生きられへん。

    生は奇跡的で尊く、躍動的で美しい。命の尊厳。

    而今(にこん)

  • >>74257

    > すみません私はらみです。

    気付くの遅くなってごめんちゃい♪&教えてくれて、ありがとう!

  • >>74254

    パニ、こんにちは。こちらにいらしたのですね。すみません、ニークラでの発言お読みいただけましたか。私のメールが調子悪く送れないのですが、パニのご都合の良いときでよいのでチャットでご相談できませんでしょうか。ご相談というか確認というか。ターキーさんや悠さんにも同じことをお聞きしている内容です。

    あと、ターキーさんもチャットルームについてパニへ書き込みをしています。

  • >>74252

    おお、そや。神はいるかにトピ主が戻ってきてるで。HNのスペルはちょいちゃうけど、いくつか質問したところ、どうやら本人みたい。みんなが違和感をもった初めのカキコのことを質問してみた。よかったらロムってみてちょ。

    ところで今、主戦場はどこよ?どっかのSNSかぁ?
    たまには哲板で暴れて、このぬるい雰囲気をひっかき回したり♪(笑)

  • >>74252

    おぉ!転法祖師!生きとったんかいな。

    もう遷化したんかと思ってたで!!

    ニーチェ おぉ!転法祖師!生きとったんかいな。  もう遷化したんかと思ってたで!!

  • >>74251

    久しぶりに覗いてみれば、アニさん、ゆーておることが古いでンがな。
    (@´Д`)ノ

    せめてこれくらいにせなーアキマヘンがな。
    https://www.youtube.com/watch?v=vOWQvoBC9D4
    \_( ̄д ̄ )


    正法無常宗祖師 沙門転法(/\)南無一切無常絶対超越真理

  • >>74247

    ロジックのツボは、端っこでは遺伝子が偏りやすいです。だから人間みたいに全体の集団の中で遺伝子の交換が激しいとまず大進化はしません。考えてみるとこれは過去は違ったから上手く人種の違いが起きていたと思います。

    アメリカ集団を含めてモンゴロイドはちょうど端の集団です。後これガラパゴスみたいな地形隔離も絡みます。日本人の縄文人とアメリカ先住民がまさにそれです。

    > 次回の返信も分からないことだらけならスルーするかもしれません。
    これでは議論になりませんからね。

    それが良いです。考え方の壁が大きすぎるとは感じます。

  • >>74246

    > 遺伝子なんかに固執しなくとも同じ形質が再現されるのは自然界ではなんぼでもある。

    そういうものもあるってだけでしょ。

    > ここもどういう意味で科学的思考法(現実で使い物にならない)と言ってるのかよく分からない。

    現実はそれほど厳密に考えると不味いケースが多いからです。すべての決定が遅い。後は良く分からなくても結果が出れば良いとか。

    > 自分が知ってる科学的な知見を披露してるだけでしょ、と私はウダさんに述べてるねん。

    それをどう理解するかでしょ?意味に分からずに吸収してるわけじゃないって話です。

    > パラダイムとか、暗黙知が私に伴っていないとか。そこが反証可能性とか。何を言っているのか全然分かりません。

    これは良いです。

    > 中間種が見つからないのは根本的にこの発想は違う。それは遺伝子が証明したって何のことですか?

    紹介した記事に書いてあるのですが、私から書くと、まず中立説による中立的変化で大体遺伝子の経過した時間が分かるって話が有ります。そこで多くの遺伝子の経過した時間が同一であるのが分かります。その遺伝子の時間は、今から前に20万年から10万年の間に9割の生物が新種として現れた事が分かったで、その後大半が進化してないって判明した事です。

    ここから、ちょっとずつ進化して生物の種が誕生するって進化論の漸進説派の考えが否定された点です。生物は一気に短期間で進化して、かなりの長い間全く進化せず停滞します。だから進化が早すぎて中間種が化石となって残ってこうせい見つける可能性は限りなく低いって点です。

    それはじゃどんなロジックが働いて進化するのか?で一番多いケースは大きな集団の端っこに位置する集団は中央の集団との遺伝子の混合がなくなります。そのせいで、偏った遺伝子が溜まりやすい。ようするに自然選択によってじゃなくて、偶然によって進化します。次の段階が重要です。進化した種そのものが自然淘汰されます。

    キリンの首なら首が長い集団がかなり短期間で首が伸びて誕生する。かなり伸びた後で、キリンと言う新しい種が新しい環境に適応したなら生き残るデス。例えば高い木の葉を食べるなどです。

    中間種がごくわずかの間しか存在し無いので、長くなるまでは他の種との競争にたいした有利じゃなく元の種と同じような淘汰を受ける感じです。

  • >>74244

    > それは認めます。それこそがパラダイムでしょう。パニさんが別のパラダイムに属してるとは思いません。それよりパラダイムを背景にした思考が感じられないってのが私の見方です。
    > より使える論の競争をしてる集団の中の暗黙知がパニさんには伴ってない。そんだけでしょ。そこが反証可能性の問題だと指摘してるんですよ。すべてを暗黙知から形式知にしようとしたがそれは苦しかったが、一部まあ突っ込みすぎなければ十分使える。多分それが反証可能性だと言ってるんですよ。

    まったく何を言ってるのか意味が分からない。
    パラダイムとか、暗黙知が私に伴っていないとか。そこが反証可能性とか。何を言っているのか全然分かりません。

    >おそらく永遠に大半の生物の中間種はみつからないでしょう。根本的にこの発想が間違いだと遺伝子が証明してしまったと。化石から遺伝子は古すぎると出ませんからね。私としてはシンプルな漸進的変化派閥の発想だったので、それは改めないと不味いなと思っています。

    中間種が見つからないのは根本的にこの発想は違う。それは遺伝子が証明したって何のことですか?

    次回の返信も分からないことだらけならスルーするかもしれません。
    これでは議論になりませんからね。

  • >>74243

    > > オカルトに理屈はないでしょ。
    > 理屈が形而上学的だと言うはありますよ。

    > > 何が危なくて、何がどう危なくないの?
    > 材料が無いのに、キリンの話しなんて無駄だからですよ。時間がたてば解決する形而上学に近い代物だと思います。永遠に解決しないのが形而上学の問いだとすれば、後の時代に事実が発見されてやっとまともに思考できるものもその途中経過は形而上学と変わらんと見ています。

    どいう意味で形而上学と言っているのか分からない。

    > 違いますよね。発見されて無いからです。そういう意味では既存の知識でしかものを考えられないって指摘はそのとおりだと思います。それは知識じゃなくて、事実の扱いです。例えば知識であってもそれが事実を元にしたものじゃないからそれは私考慮し無いわけです。

    繰り返しになるから無駄やろうけど、遺伝子なんかに固執しなくとも同じ形質が再現されるのは自然界ではなんぼでもある。

    > この線引きは雑ですけどね。
    > これが雑になるのは科学的思考法なんて現実生活では使い物なら無いからです。自然選択説も、元は事象という事実に対して思考するので、事実の話しなんですけど、ただその途中経過が全く事実じゃない。その辺りの線引きは私は雑です。

    ここもどういう意味で科学的思考法(現実で使い物にならない)と言ってるのかよく分からない。

    > そんでもその線引きのセンスがパニさんと全く違うんですよ。その点私は科学思考よりなんですよ。

    意味不明。

    > > ここは何が言いたいのか分からん。
    > そうですね、なんとなくパニさんの発想は神学論争臭いんですよ。

    同じく意味不明。

    > それを厳密にどう解釈するか?でしょ。要素還元的な因果関係の解明にどうしてもなってしまいます。その辺り相関関係でそのまま捉えるのとまた違うと思います。

    ここも何を言ってるのか分かりません。

    > 王様は部下の献策を選ぶのが仕事ですから。判断が思考そのものです。それを私は知性として重視してるだけです。この辺りがパニさんと決定的に発想が違うわけです。

    これも意味不明。自分が知ってる科学的な知見を披露してるだけでしょ、と私はウダさんに述べてるねん。
    だから、自分で考えてないって。

  • > わしから見ればドクマッチックに映るというだけの話。

    それは認めます。それこそがパラダイムでしょう。パニさんが別のパラダイムに属してるとは思いません。それよりパラダイムを背景にした思考が感じられないってのが私の見方です。

    より使える論の競争をしてる集団の中の暗黙知がパニさんには伴ってない。そんだけでしょ。そこが反証可能性の問題だと指摘してるんですよ。すべてを暗黙知から形式知にしようとしたがそれは苦しかったが、一部まあ突っ込みすぎなければ十分使える。多分それが反証可能性だと言ってるんですよ。


    私としては新しい新発見をどう処理すれば良いのか?が今関心があります。以前から化石証拠から進化は突発的だとは指摘がされていました。これへの漸進的進化派閥の進化論じゃは化石がまだ発見されて無いんだと片付けてきました。実際馬の進化などは見事な漸進的な段階進化です。

    遺伝子を調べる事で、これが解決してしまったんですよ。おそらく永遠に大半の生物の中間種はみつからないでしょう。根本的にこの発想が間違いだと遺伝子が証明してしまったと。化石から遺伝子は古すぎると出ませんからね。私としてはシンプルな漸進的変化派閥の発想だったので、それは改めないと不味いなと思っています。

    こういった思考をドグマチックといわれるとめんどくさいなとしか言えないわけで。ある意味使える思考法とはドグマチックである面があると見ています。

  • >>74242

    > 懐疑から入る哲学的スタンスぐらいのこと言えんかえ?(笑)

    一応分かっていますよ。その点知的好奇心が重視される基礎科学と、実学である応用科学の差みたいのを感じます。パニさんの発想法は実務的じゃないんですよ。多分パニさんは実際の生活の知性と趣味の知性を分けてるんですよ。私にはその境界線が薄い。

    その点自由な発想じゃないのは確かでしょうね。

    > オカルトに理屈はないでしょ。

    理屈が形而上学的だと言うはありますよ。

    > 何が危なくて、何がどう危なくないの?

    材料が無いのに、キリンの話しなんて無駄だからですよ。時間がたてば解決する形而上学に近い代物だと思います。永遠に解決しないのが形而上学の問いだとすれば、後の時代に事実が発見されてやっとまともに思考できるものもその途中経過は形而上学と変わらんと見ています。

    > 遺伝は遺伝子のみで遺伝するなんて、トートロジーにたいなもんやん。

    違いますよね。発見されて無いからです。そういう意味では既存の知識でしかものを考えられないって指摘はそのとおりだと思います。それは知識じゃなくて、事実の扱いです。例えば知識であってもそれが事実を元にしたものじゃないからそれは私考慮し無いわけです。

    この線引きは雑ですけどね。

    これが雑になるのは科学的思考法なんて現実生活では使い物なら無いからです。自然選択説も、元は事象という事実に対して思考するので、事実の話しなんですけど、ただその途中経過が全く事実じゃない。その辺りの線引きは私は雑です。

    そんでもその線引きのセンスがパニさんと全く違うんですよ。その点私は科学思考よりなんですよ。

    > ここは何が言いたいのか分からん。

    そうですね、なんとなくパニさんの発想は神学論争臭いんですよ。

    > 遺伝子なてなくても同じ現象が再現され続けるなんて自然界では腐るほどあるよ。

    それを厳密にどう解釈するか?でしょ。要素還元的な因果関係の解明にどうしてもなってしまいます。その辺り相関関係でそのまま捉えるのとまた違うと思います。

    > 悪いけどウダさんは何も考えてないって。

    王様は部下の献策を選ぶのが仕事ですから。判断が思考そのものです。それを私は知性として重視してるだけです。この辺りがパニさんと決定的に発想が違うわけです。

  • >>74239

    > 唯一の抜け道が、エピジェネックな遺伝によって、固定化する部分が合って、これにボールドウィン効果が起こりやすくなる点です。まともに考えられるのが、これだけです。

    考えられるってウダさんが考えたわけやないやん。
    悪いけどウダさんは何も考えてないって。

    > んまードグマチックの問題じゃないでしょ?私自身つまらないと思われるかもしれないのは分かります。
    > 私もそれに大して独自の線引きで対処してて、それがセントラルドグマによるものじゃないです。たまたまその線引きが科学的思考法する人と一致してるだけです。私かなりあかんところに突っ込みますよ。たまたまそれが出ないだけです。

    わしから見ればドクマッチックに映るというだけの話。

  • <<
  • 74261 74242
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!