ここから本文です
  • 1

    *****

    ここでは、創価学会を中心とした、学会員による学会員の為のトピにしていきましょう。
    活動報告、体験談、決意発表、質問など、何でもOKです。
    外部の方に真の創価学会の姿を見て貰えれば幸いです。
    無論・非学会員の紳士的発言は歓迎いたします。
    但し、学会を誹謗・中傷する発言は御遠慮ください。(他トピでどうぞ)

  • <<
  • 299864 299845
  • >>
  • 299864(最新)

    san***** 11月14日 16:20

    >>299863

    > 日蓮が、生きている間も
    五老僧の活躍は、常に鎌倉幕府の言いなりになっています。

    「日興遺誡置文」に書いてあります。

    宗祖が在世中でも幕府の言いなりになっていたと書いてありましたか?
    あなたは、学会員ですよね。 日興遺誡置文については、創価大学の教授の宮田幸一さんの論文を参考にされたら、いかがかな?  

    (d-1)『遺誡置文二十六箇条』(『日興遺誡置文』)

     『遺誡置文二十六箇条』(『興全』p.282『宗全』2-131)については、『宗全』によればAN255年保田妙本寺日我写本がある(『宗全』2-133)。『詳伝』でも古写本が存在しない理由を訝っている(『詳伝』p.433)。
     またAN52年の日道の『御伝土代』の日興伝には『遺誡置文二十六箇条』については全く言及されていない。AN51年の「日興御遺告」に関しては詳しい記述があるのに(『富要』5-9『宗全』2-251)、翌年亡くなる前に定めたとされる『遺誡置文二十六箇条』に言及していないのは不思議である。また古い引用に関しても知られていない。内容的に問題があるとは思えないが、文献考証を基礎とした議論をする場合には、使用を差し控えるしかないだろう。
    「追記 東佑介は『日興門流文書とその真偽論』において、『遺誡置文二十六箇条』の記述内容を検討し、この資料の中で御書の真偽問題について言及しているが、日興在世中には、日興門流所蔵の御書に関して他門流から真偽論を提起された形跡はないこと、また本迹一致を説く偽書の存在について言及しているが、それは『法華本門宗要抄』を指す可能性が強いこと、神社参詣を厳禁することが、大石寺日有の『化儀抄』とは異なること、年号使用の異常なこと、日道『御伝土代』の「日興上人御遺告」との整合性などの理由により、日興撰述であることを否定している。(東 2007-2, p. 2-8)その上で日興門流諸派の中で偽作した可能性が高いのは重須であるとし、日有が『化儀抄』を講義した時期には、重須も神社不参を主張したと推定できることを根拠に、偽作の時期を『化儀抄』成立の時期から日我写本成立の間としている(同、p. 21-22)。この議論は大石寺が主張する日時写本の存在を否定した上で成立する議論であるが、大石寺が日時写本を公開していないので、私にも判断しかねる。」(2009/3/22)

  • >>299862

    > 宗祖滅後に六人のお弟子さんは、 ... 五老僧は天台沙門と署名したが、

    日蓮が、生きている間も
    五老僧の活躍は、常に鎌倉幕府の言いなりになっています。

    「日興遺誡置文」に書いてあります。

  • 三師御伝

    日興上人は大聖御遷化の後身延山にて弘法を致し公家関東の奏聞をなして三ケ年が間身延山に御住あり、而て大聖御滅後六人の上足奏状を捧け給ふに五人は天台の沙門と云云、興上は日蓮聖人弟子某と申状書き畢ぬこれに依つて五人は一同して、興上一人正義を立つ、欝憤して不和の間、波木井殿も五人の方に心寄せなるによつて、興上は身延山出て給ひて南条次郎左衛門時光が領駿州冨士上野の郷に越え給ふ、大聖人より時光が給はる御書に云く賢人殿と云云、これに依りて此地を占め寺を立て給ふ。

    宗祖滅後に六人のお弟子さんは、連名で幕府に対して立正安国論のような申状を提出したが、五老僧は天台沙門と署名したが、日興上人は日蓮聖人の弟子と署名した。 日蓮聖人在世時代は天台法華宗の中の本門派とか日蓮派だったということであって、日蓮聖人は天台法華宗から独立をしたという話は聞かない。もちろん、当時の法華を絶つ天台宗に対しては、お弟子さんたちはそれぞれ、折伏していった。 そして誰もが、日蓮聖人の弟子と思っていたでしょう。 宗祖、滅後6年の内三年間を日興は身延山を守っていたが、実長と神社参拝に関して、実長が五老僧側の考えになり、日興上人とうまくゆかなくなり、身延を驪山したという事でしょう。

    ● 日興上人御遺告、元徳四年正月十二日日道之を記す。

    一大聖人の御書は和字たるべき事
    一鎌倉五人の天台沙門は謂れ無き事
    一一部五種の行は時過たる事
    一一躰仏の事
    一天目房の方便品読む可らすと立るは大謗法の事

    日郎が鎌倉から離れることが許されてから、富士に立ち寄って、歓談した。 鎌倉五人の天台沙門は謂れ無き事とあるように、天台宗に退転したというのは、単なるうわさ程度という事で了解を得たものと思われる。

    それよりも、本迹にたいして、方便品読む可らすという、富士門流にもかなり影響があった。

    天目上人は伊豆国波多野の住人とされ、有力な檀越・熱原神四郎の外孫とされる。1282年(弘安5年)日蓮から曼荼羅を授与される。日蓮没後、日蓮遺文の蒐集の必要性や本迹勝劣の是非を巡って、同じく本迹勝劣を奉じる日弁とともに日昭・日朗・日興・日向ら六老僧と争った。その教義は、日弁の系統に引き継がれたとされている。

    命に合掌

  • >>299852

    >日道の書だよ。

    日朗上人去る正中の頃冨士山に入御あり日興上人と御一同あり、実に地涌千界の眷属上行菩薩なり、御弟子にてまします貴とむべし●●

    日興が日郎上人を貴とむべしといわれている。 君には理解できないようだね。 この書は元々、富士門流の書だから日興寄りになっている。 大聖人の教えから、現在の日蓮正宗は外れていると言っているのよ。おかしいよね。なぜ正宗が掲げる唯一人血脈や、唯一戒壇の本尊がでてこないのは、日興の遺訓の書だが、顕彰会のような信徒とは関係ないみたいだね。<


    ばかでないかい?
    ハトは自分で「日道の書」だと言いながら、舌の根も乾かない内に「日興が日郎上人を貴とむべしといわれている」と日道が言ってることを「日興が言ってる」と言ってる。

    >君には理解できないようだね<
    ってあーた。
    理解できないのはハトのようだヨ{笑う)。

    >この書は元々(中略)日興の遺訓の書<
    ってあーた。
    この書は「日道の書」じゃなかったんかい{笑う)。

    てかさ、この部分は離反していた日朗が、日興のいる富士の寺にやってきたという内容で、それを改心の兆し在りと見た日興が日朗に対して紛うことなく日蓮の弟子だ、と喜んだ、という内容の話。

    マトモに文章も読めない支離滅裂な言い募りはみっともないだけではないかい?{笑う)。

    そもそも身延系は所詮、屑肉を寄せ集めた烏合の衆とちゃうん?

    日蓮からは『身延で書いた』三大秘法禀承事で

    戒壇とは王法仏法に冥じ仏法王法に合して王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて有徳王覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時勅宣並に御教書を申し下して霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か時を待つ可きのみ事の戒法と申すは是なり

    と、身延以外の地に『霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き』と言われて、身延は既に捨て去る事を日蓮自身が述べててさ、この書を更に、誰あろう身延の管長に収まった日向自身が書き写した三大秘法禀承事、何をトチ狂ったのか、身延自身が数年前に日向700年遠忌で披露して、身延自体の存立基盤を崩壊させとる{笑う)。

    日蓮は「身延はイラン」と言うとるヨ。

    そんなニセモノ狂義を洗脳されてっからハトは支離滅裂な発言をしてるにもかかわらず、自身が身延の害毒で狂ってることに気付けないノダヨ{笑う)。


    お大事に♪{笑う)

    創価学会の学会員によるトピ >日道の書だよ。  日朗上人去る正中の頃冨士山に入御あり日興上人と御一同あり、実に地涌千界の眷

  • >>299859

    この日蓮宗信者のハトさんについてこんな記述を見つけましたヨ



    u_tolee2000(「浜」ゃと、うふふ) こと 狂ぃハト(sankoutensi)

    h ttp://textream.yahoo.co.jp/personal/history/comment?user=vSfTJq1hizUtBMwsEbGIbA--

    h ttp://profiles.yahoo.co.jp/-/profile/?sp=vAmoGC8kRLKoGrJPE5nuVw--

    ◆「こんなものいいな! できたらいいな! 世界に無いものの開発をしています。
      精密部品の加工はお任せ下さい」

    うふふ、確かにこんなチンケな詐欺紛い小学生商品をコサエる人間なんざ、
    ぃゃ、ハトなんざ、おまえしか居らんが、うふふ↓

    h ttp://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/003/168/807/3168807/p1.jpg?ct=681f5306922b

    どぅゃら、このチンケな詐欺紛い小学生商品を「6000円」で売り付けてるらしぃ、うふふ


    >u_tolee2000

    このHNひ~~さ~~し~~ぶ~~り~~だ~~なー(嗤う)

    sankoutensiHNと同一人物であることがバレて、ドコのダレかが判明したヤツだ(爆笑)


    No.2
    初めまして右京様   浜と申し…
    u_t*****

    初めまして右京様   浜と申します。
    (中略)
    メールアドレスは
    info:yty.jp です。
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

    うふふ、「info:yty.jp」これ、メアドゃと、うふふ。

  • >>299858

    h ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~yutori/gaiyou.html

    会社概要

    社名 ユートリー株式会社 (英文名称: U-TOLEE CORPORATION)
    創業 1960年4月
    事業内容 金属、樹脂機械加工全般、セラミックス等精密機械加工、
    マシニング加工、放電加工、治工具・装置の設計製作、
    金型の設計製作、組み立て
    所在地 神奈川県横浜市瀬谷区北町43-1
    電話番号 電話045-461-9002     FAX 045-461-9003
    メールアドレス info@ytr.jp
    代表取締役社長 奥澤 和広
    資本金 1000万円
    社員数 10人


    おや?もう既にハズカシすぎて削除したこのサイトには

    h ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~yutori/myweb1_003.htm

    会社概要 ユートリー株式会社 539.88㎡
    約163.6坪 準工業地域 重量鉄筋鉄骨 三階  892㎡  約270坪
    本社工場 地目 敷地 構造 建物
    代表取締役 奥澤 和広
    資本金 1000万円
    社員数 6名
    事業内容
    取引銀行 三井住友銀行中山支店 静岡中央銀行中山支店 横浜信用金庫鴨居支店
    精密機械部品、半導体機器、治工具、油圧機器、各種産業機械、
    金型等の機械加工及び設計製造

    代表挨拶
    先先代より半世以上に亘り小人数ながら技術一筋に邁進してきました。
    これも皆様の弊社に対する暖かいお心添えのお陰で続けてこられた事です。
    あらためてここに御礼申し上げます。
    厳しい世界経済の中で皆様の期待に応え社会に貢献する会社を目指す所存でいます。
    会社を大きくする事よりも、小さくても個性ある強い会社を目指します。
    若輩ですが、なにとぞ、お引き立て下さるようお願い申し上げます

    横浜市西区北幸町にて個人で創業
    創業者 落合 秀吉
    代表取締役 落合 秀吉

  • >>299857

    沿革
    1960年 4月 個人から有限会社合沢製作所として創立 資本金 40万円
    1962年 4月 横浜市緑区白山町に工場建設 本社及び工場移転
    1985年 4月 有限会社合沢製作所からユートリー株式会社に社名及び組織変更
    1985年 7月 資本金600万円に増資
    1995年 2月 横浜市都筑区池辺町に本社及び工場移転
    2009年 5月 資本金1000万円に増資
    2013年 1月 横浜市瀬谷区北町に本社及び本社工場移転

    会社名 ユートリー株式会社
    TEL 045-461-9002 FAX 045-461-9003
    〒246-0002 横浜市瀬谷区北町43-14
    代表取締役 奥澤 和広
    代表取締役に奥澤 和広 就任 現在に至る
    +++++++++

    「社員数 6名」ゃったのに、新たに作ったサイトの社員数を「10人」なんて
    見栄張って書いちゃっとるょ、うふふ

  • >>299856

    Apache さんの投稿をそのまま載せてしまいました

    富士五山といわれるのが、 北山本門寺、西山本門寺、 大石寺、 下条妙蓮寺、 小泉久遠寺 です。
    日興上人が法華経をしたが、説法したおもすが北山本門司寺で現在は小泉久遠寺の末寺と共に日蓮宗として合同しています。 西山は、どうしても、日興上人を2祖にしたいために、現在も独立しています。
    日目上人は公家達に日蓮聖人の教を伝える為、日郷、日尊を連れて、京に向かったが、途中病で倒れた。
    大石寺は日郷が継ぐと思われていたが、結局新田家に近い、日道が継いだ。 小泉久遠寺そして房州の妙本寺は、日郷に関係の深い寺です。  いくら歴史があるといわれても、大石寺は只一人血脈、そして、願主弥四郎国重なる戒壇本尊を掲げる寺です。  池田大作はこの本尊を拝まない者は、謗法だと出鱈目、教義をしてしまって、今の学会がある。 京都の要法寺は日尊の寺で、日目のお弟子です。 大石以外の寺では、このような事は言わないでしょう。
    これが門だです。

    http://park16.wakwak.com/~honmonji/

    日興上人の正墓がある、寺に往かれた事は?

    合掌

  • >>299853

    文面読むとハトさんは日蓮宗の教義。僕は日蓮正宗の教義。
    お互い歴史があるようにそれぞれ異なる性質になっている。
    これからも、この関係が続くならどこかで接点を持たないと
    まったく別々の道を歩むことになるんでしょうね。

    そして全く別の教義を展開する宗派同士が対立して争うことに
    なっていく。されば話し合いが可能な時期に話し合う機会を
    持つというのが安全では?

    いがみあっても無駄なだけですよ。
    健康上よくないですから。

  • お財布を持たずスマホも持たずに

    友達と食事に行ってもお財布がないからって言い訳できる。
    おごり高ぶる輩には割り勘無理って話。

  • 昔はスマホ・携帯は必須品。
    今はスマホは自宅へ

    Apple WatchとBaetXさえあればどこへでも行ける。

    創価学会の学会員によるトピ 昔はスマホ・携帯は必須品。 今はスマホは自宅へ  Apple WatchとBaetXさえあればどこへ

  • 文面読むとハトさんは日蓮宗の教義。僕は日蓮正宗の教義。
    お互い歴史があるようにそれぞれ異なる性質になっている。
    これからも、この関係が続くならどこかで接点を持たないと
    まったく別々の道を歩むことになるんでしょうね。

    そして全く別の教義を展開する宗派同士が対立して争うことに
    なっていく。されば話し合いが可能な時期に話し合う機会を
    持つというのが安全では?

    いがみあっても無駄なだけですよ。
    健康上よくないですから。

  • >>299851

    ≫大聖人の書というのは弟子の関係上一致しない部分もあるよね。
    どのような状況でどのような指導をされていたかは、そのお弟子さんの状況や時と場合による。
    日蓮宗なんぞはお弟子であった人が結局は退転されてしまい本来広宣流布で役立つであろう大聖人の大事な書を蔑ろにしてきた謗法者だと思っております。≫  <

    君は日蓮正宗の人の教えられたことしか信用できないようだね。 誰が、日蓮聖人の教から、どにょうに離れたというの? 口先だけでは悪口で終わるよ。

    日道の書だよ。

    日朗上人去る正中の頃冨士山に入御あり日興上人と御一同あり、実に地涌千界の眷属上行菩薩なり、御弟子にてまします貴とむべし●●

    日興が日郎上人を貴とむべしといわれている。 君には理解できないようだね。 この書は元々、富士門流の書だから日興寄りになっている。 大聖人の教えから、現在の日蓮正宗は外れていると言っているのよ。おかしいよね。なぜ正宗が掲げる唯一人血脈や、唯一戒壇の本尊がでてこないのは、日興の遺訓の書だが、顕彰会のような信徒とは関係ないみたいだね。

    南無妙法蓮華経

  • >戒壇の板本尊などまるで出てこない

    でてくるわけないよ。
    当り前。そんな詐欺紛いな法論して恥ずかしくないですか?

  • >ははは、大聖人の書をきちんと、あなたは読まれていないことが露呈される。 日興の遺訓だって、まともに解釈はできないようだね。 日有、日寛信徒は、教えが日興と変わっていることも気がつかない 残念ですね。日蓮も仏だというのなら、有ったかもしれませんが 釈尊をないがしろにしての日蓮本仏論は外道だよ。 ♪

    大聖人の書というのは弟子の関係上一致しない部分もあるよね。
    どのような状況でどのような指導をされていたかは、そのお弟子さんの状況や時と場合による。
    日蓮宗なんぞはお弟子であった人が結局は退転されてしまい本来広宣流布で役立つであろう大聖人の大事な書を蔑ろにしてきた謗法者だと思っております。

    怒るは愚かという言葉もあるように、これは日蓮正宗から永遠と受け継がれた法です。日興上人が新田家と南条家縁の人である日目上人に法を託され日目上人も日道上人に法を託された。君たちはさっきこんなことを書きましたね?日興上人は厳格な人という内容を書かれました。ではその厳格な人がなぜ日目上人を選んだのか?なぜ日目上人が日道上人をお選びになったかです。日興上人様の夢想御書にも師弟相対の本章をハッキリ自身の想いを書き綴られております。文句あるならいつでもかかってこいという思いすら感じられますね。12歳という年齢で自身の人生を決意されたわけです。日蓮大聖人様が清澄寺に入門した時と同じですわ。日昭はもともと天台宗の僧侶。日朗は十六歳出家。日向は大聖人の墓の輪番を守らず日興上人に問われた時には折伏で忙しかったと説明していたが本当は日蓮大聖人の弟子を否定し天台沙門を名乗っていた。他の弟子も似たような理由でこれという説明ができないほど外道経典を学んでいる。

    大聖人から日興上人様の関係から見ると身延久遠寺に戻られた日向や日郎・日昭らを退け日興上人様を選ばれたのも同じです。こうやって血脈が受け継がれてきたのが今の日蓮正宗ですよ。法論を挑めば自ずからボロがでることは辞めた方が良いです。人間は素直が一番です。僕も凡夫ですから誤りはありますけどね。日蓮大聖人の御書を全て読むとなれば一生かかります。だって大聖人様が一生かけて残された書ですから軽い気持ちで読めるような書ではないですよ。

  • >>299844

    >そのとおりですよ。血脈相承した上で日蓮大聖人様が生きておられたら
    日興上人様以外のお弟子さんは同じような行動を執ったか?
    答えはNOですよ。真実はハトさんが今「落ちぶれた大石寺」と相手に失礼な文章を書き綴って
    いるところにある。これは相手が誰であれ攻撃したがる創価学会と同じ思想じゃないのか? <


    それぞれの方が、受け持っていた地域が違うのです。 上足の日昭、日郎は厳しい鎌倉幕府のおひざ元。
    日興上人は比較的、鎌倉より緩やかなところでの流布ですね。 日道以後の大石寺はこれといったものは、出てこなかった。 攻撃と捉えますか?  あなたは日興の遺訓である、日道が記された、 三師御伝土代を読まれていないのですか?読んだら、唯一人血脈相承だとか、戒壇の板本尊などまるで出てこない。 日寛がいう、日蓮本仏論は出てこない。  当然日興の教えが現在の日蓮正宗と違うのなら、正すのが筋だと思うね。

    南無妙法蓮華経

  • >>299846

    https://kominato-kataumi.jimdo.com/不動-愛染感見記-一考

    これは、房州保田に伝わる日蓮聖人の拝見です。生身愛染明王拝見

    正月一日日蝕之時
    ( 愛染明王図像 真言陀羅尼※1 )
    自大日如来至日蓮廿三代
    嫡々相承
    建長六年六月廿五日
    日蓮授新仏


    ここで宗祖が自ら大日如来至日蓮廿三代 嫡々相承 し、日蓮授新仏を授かった、自解仏乗でしょう。
    ここで大日如来とあると、真言密教を批判したのに、おかしいと思われる人もいるかもしれませんがたぶん、日目はオオヒルメ と呼び、廿三代 とは、応神天皇から数えて廿三代に当たる。応神天皇は、胎中天王とされ、八幡大菩薩の生まれ変わりとされる。

    日蓮聖人は真言密教の大日如来を多宝如来の迹仏としている。曼荼羅にも勧請されている。
    http://juhoukai.la.coocan.jp/mandara/018.html

    南無妙法蓮華経

  • >>299846

    >日蓮大聖人様から直々に血脈を
    お受けになられた日興上人様が全ての「南無妙法蓮華経」ですよ。

    こういうアホな事を言うのが、日蓮正宗だね。 日興だって、宗祖が六人の弟子を中心に広めることを遺言されたことを知っているから、自分も六人,新六人の弟子を指名した。 唯一人血脈は、日有や日寛の謗法は明らか

    南無妙法蓮華経

  • >>299845

    >最後に釈尊が地より湧きだされた菩薩が地涌の菩薩だった。
    その菩薩さんがどんな姿でどんな人だったか知ってますか?

    法華経でどのような菩薩か、予証されているのだから、もちろん知っているよ。日蓮聖人は末法に出でた、釈尊の元々の弟子である、地涌の菩薩の本化上行菩薩という境地に立たれて、先頭に立たれた。

    >>仏教界には、この「大日蓮華山」を山号としている寺院が大石寺以外に複数存在してます。

    〉いえいえ仏教というのは日蓮正宗以外にありません。日蓮大聖人様から直々に血脈を
    お受けになられた日興上人様が全ての「南無妙法蓮華経」ですよ。他のお弟子さんは日興上人様
    に仕えなければならないのに嫉妬したんですよね。


    ははは、大聖人の書をきちんと、あなたは読まれていないことが露呈される。 日興の遺訓だって、まともに解釈はできないようだね。 日有、日寛信徒は、教えが日興と変わっていることも気がつかない 残念ですね。日蓮も仏だというのなら、有ったかもしれませんが 釈尊をないがしろにしての日蓮本仏論は外道だよ。 ♪


    〉 富木常任も四条金吾も曾谷殿も蓋を開ければお弟子さんの中では信徒さんのレベルだった。
    他にもいろんなお弟子さんがいますけど鎌倉時代から大聖人の説法を聞いて信心された名も無き
    信徒さんも日興上人様の教えを受け継いでおられる。逆に日蓮宗に固まったお弟子さんたちは
    謗法者であることは明らかですよ。

    だれが、どのような謗法を犯したの?  他のお弟子さんたちは皆、宗祖の教えを踏襲している。むしろ、神社参拝を禁じてしまった、日興上人の方が、外れている。

    南無妙法蓮華経

  • 上行菩薩というのは地涌の菩薩のリーダーのことを指しているんですけどね
    二処三会の儀式で最後に末法の世に誰が法華経を広めるかと話し合って最後の
    最後に釈尊が地より湧きだされた菩薩が地涌の菩薩だった。
    その菩薩さんがどんな姿でどんな人だったか知ってますか?

    ついでに鳩さんは日蓮正宗に興味がある?
    よく調べてますね?僕なんかは日蓮宗なんて全く興味ありませんから調べませんよ
    ああ、なんか言ってるなぁ~としか思ってません。

    大石寺も800年を迎えるし、やはりその時代毎に看板も変わる。
    変わらぬ情報はネットを調べると分かりますよ。

    >仏教界には、この「大日蓮華山」を山号としている寺院が大石寺以外に複数存在してます。

    いえいえ仏教というのは日蓮正宗以外にありません。日蓮大聖人様から直々に血脈を
    お受けになられた日興上人様が全ての「南無妙法蓮華経」ですよ。他のお弟子さんは日興上人様
    に仕えなければならないのに嫉妬したんですよね。

    富木常任も四条金吾も曾谷殿も蓋を開ければお弟子さんの中では信徒さんのレベルだった。
    他にもいろんなお弟子さんがいますけど鎌倉時代から大聖人の説法を聞いて信心された名も無き
    信徒さんも日興上人様の教えを受け継いでおられる。逆に日蓮宗に固まったお弟子さんたちは
    謗法者であることは明らかですよ。

  • <<
  • 299864 299845
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!